信仰の戦いを立派に戦い、
永遠のいのちを獲得しなさい。

(新約聖書 テモテへの手紙第一 6章12節)

日記一覧 日記ダイジェスト 読者の声

2024年5月26日

リバイバル

コメントを書く Feedback

宇部のよし女さんが数年ぶりに復活してくださって嬉しいですね。

そのことを智恵子さんを通じて三原の董雨さんにお伝えしたら今日の選句ログにお名前を発見しました。おおよそ一年ぶりです。このようにリバイバル組が増えることは嬉しく私にとっては何よりの励ましです。

感謝!

2024年5月15日

青畝俳話:観念に溺れるな

コメントを書く Feedback

互選高点句がみのる選から洩れることに疑念をもたれる方は少なくないと思います。

その理由は、初心者比率の高い の場合、互選の高点が必ずしも秀句を反映しているとは言えず、たとい互選没句であっても見過ごすことの出来ない作品もあるからです。

何度も繰り返していますが俳句は季語が命なのでありその命が的確に捉えられているか否かが最も重要なのです。たとい新感覚の作品であっても季語が動くものは俳句とは言えません。それを忘れて観念的な視点に共感したり、ことばの言い回しの面白さに騙されて選んでいる人が多いように思います。

会員諸子には互選の成績のみで良しとするのではなく、みのる選を目標に挑戦してほしくその意味でもう一度下記の青畝俳話に心をとめてほしいのです。

青畝俳話:観念に溺れるな

とくに上記俳話最終章の警告を肝に銘じて作句に励みたいですね。

ことばの言い回しということも重要であるが、……もともとことばの言い回しだけでは俳句に成功しないことを断言してはばからない。

初心者はしばしば言い回しの面白さにひっかかってしまう。真実とか、自然の底にあるいのちとかいう最も肝心なところに意をそそがねばはなはだつまらないことと思う。

2024年5月8日

パスワードファイルの破損対策

コメントを書く Feedback

最近毎日句会のログインパスワードファイルの破損トラブルが頻発してご迷惑をおかけしています。

投句認証は、パスワードファイルのデータと照合するだけなので破損は生じないのですが、選句ログインに関してはログインされた日時を更新する仕組みになっているためにファイルの書き換えが発生します。

この書き換え処理が複数同時実行によって衝突するとパスワードファイルが破損します。ログイン時間帯にはばらつきがあり同時アクセスの確率は極めて低いのですが、昨日に関してはたまたま22:40頃に衝突が生じたみたいです。

そこで今回ファイルロックという仕組みを導入しました。パスワードファイルに対して同時書き換えをさせないようにロックするというものです。もし同時アクセスで衝突が生じそうなときは次のようなエラーメッセージが出ます。

  1. データファイルを開けません
  2. データファイルに書き込めません

いずれも選句ログインのときに発生します。本当にエラーなのではなくて、

いま他の人がログイン認証中なのでちょっと待ってね。

という意味だとご理解ください。ファイルロックの仕組みを導入したことで想定外の不具合がでるか否かは運用してみないとわかりませんが、少しでも異常を感じられたときはすぐに教えてください。

2024年5月2日

明石句会がウイズあかし登録メンバーに

コメントを書く Feedback

申請していた明石句会が『 俳句会 』として、明石市公認の市民活動グループとして正式に承認されました。

 ウイズあかし登録メンバー

これによって活動情報がウイズあかしのホームページで紹介されますので新入会者が見込めます。

またアスピア北館8階(JR明石駅より徒歩5分)にあるフリースペースを無料で予約することが出来るので句会も可能になります。10人くらいまでならこのフリースペースで十分だと思います。

参加者が10名を超えるようになれば有料の会議室を借りて運用することも検討する予定です。

2024.5.4:活動紹介文を修正していただきました。新メンバーが与えられるようにお祈り下さい。

俳句会

2024年4月22日

俳句バイブル

コメントを書く Feedback

吟行で即吟するためには直感を働かせる必要があります。そのためには日頃から訓練が必要なのです。

ただ漫然と吟行し具体的に句を詠むこともなく家に帰ってから思い出しながら作る…

句会のない吟行は得てしてこうなりがちです。考えて作る俳句は観念や理屈に傾きやすく極端な場合は作意がもろに見えて俗臭な作品になりがちですが、直感で詠む俳句は自ずとそれを隠します。

直感力は使わないでいると退化します。句会のない吟行のときでも出来るだけ即吟するように心がけましょう。日々の生活身辺句を即吟したり日課の散歩でも直感を働かせて句を拾うなど常に意識していれば必ず成果が得られます。

今年の春先に初心者を対象にメールによる俳句レッスンをしました。それは阿波野青畝師の俳話を三話づつ毎日メールで配信し、その感想を返信でレポートするという仕組みです。

その折に使用した『掌俳話』をWEBページとして読めるように編集して入門俳句のページに載せています。全66話の構成になっていて聖書の新旧約あわせて66巻と同じなので「俳句バイブル」と名付けました。

 俳句バイブルを読んでみる

一気読みされるよりは、聖書日課のように毎日二、三話づつ読み進まれると効果的です。直感について触れられた一話を下記に転載しておきます。

ぜひお読みいただいて感想をフィードバックして下さい。

04.

ある対象を見たときに生き生きとした感情が揺らめきます。

その感情をなるべくそのままの純粋さを損なわないように、しかもその時の対象を常識によって覆い隠さぬようにと充分に注意する必要があります。

子供は感じたものを遠慮せずに素直に発表してくれます。これは直感であります。自分の感情で傍から加えられたものと違います。

常識とか概念とか言われているものは直感と反対に他より教えられて知る一般的になったものであります。そこには生きた感情が消えて一般化し、自分でないものがのさばるのみです。

子どもの発表はただ幼稚であるが、この直感を巧妙に、強力に工夫すれば立派な作品を生み出せるのです。

ところが、常識的な、それは借り物に過ぎない内容で俳句を詠む人が多い。俳句らしい俳句を真似る人が多いと言うことを私は残念がります。

自分を見出せ、それは自然を自分の心で感じ取ることにあるという訳であります。

(阿波野青畝著「掌俳話」より)

2024年4月21日

TOPページのメニュー変更

コメントを書く Feedback

オフライン開催の明石句会が明石市の複合型交流拠点「ウィズ明石」の活動メンバーとして承認される見通しです。

複合型交流拠点「ウィズ明石」

上記WEBページには の活動状況やホームページへのリンクも貼られますのでそれに対応するためにTOPページのメニュー構成を変更しました。ころころと変更してごめんなさい。ネット句会の吟行句会/雑詠句会は SELECT.Me からアクセスできます。

WEB添削の一日一句は廃止しましたが郵送による無料添削は従来どおり続けています。

申込み時に自信作五句を添えていただくようにしました。これによって作句経験の有無や俳句の基礎が身についておられるかどうかを見極めやすくなります。多作を苦にされず熱心な方にはメール添削による学びも提供する予定です。

2024年4月18日

別れの句会(天声人語)

コメントを書く Feedback

2024年4月18日付の朝日新聞朝刊の「天声人語」 を読んで胸がいたんだ。死刑囚らの俳句についての記事であるが、それは人の命の尊厳について深く考えさせられる内容であった。

著作権に抵触するので全文転載は叶わないが、大阪拘置所で死刑囚に俳句指導した北山河(きたさんが)のことと、処刑告知後に詠まれた死刑囚たちの俳句などが紹介されている。

土壇場にまだ欲ぬけず春寒き

人を殺せし掌に小雀は安心す

俳句は自然の命を写すもの…と教えられてきたが死刑囚たちが詠んだ自らの命の写生はまことに凄まじく、あらためて俳句という文芸の深さを思わされた。

日記一覧

2024 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2023 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 日記ダイジェスト  読者の声

お問合せはお気軽に

感想やお問合せはお気軽にどうぞ。

Feedback Twitter