やまだみのるの自己紹介です。

基本的な情報

名前:山田 実(やまだみのる)
生年:1943年生まれ、男性
家族:妻、長女、長男、次女
住居:兵庫県神戸市
信仰:プロテスタントのクリスチャン
特徴:黒々とした髪
好物:甘いものなら何でも好き
其他:短所弱点多々(^^)

俳句を詠んでいます

40才のときに俳誌「ひいらぎ」主宰であられた小路紫峡師との不思議なご縁を得て俳句作家を志しました。先生が将来指導者として奉仕できるようにと特訓してくださったからです。

ところが1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の復興に忙殺されて俳句どころではなくなり結社からも離れました。数年後仕事も落ち着き何度かお勧めもいただいたのですが結社へは戻らずインターネットで自由な活動をする道を選びました。

結社は離れましたが、青畝師や紫峡師から学んだ本物の俳句の心を継承すべくほそぼそと活動を続けています。

初心者の俳句指導もしています

深い深い愛をもって導いてくださった小路紫峡先生のご恩に報いたいと進むべき道を模索する中で、教わったことをホームページに公開し、先生の精神を継承して初心者指導の無料奉仕をすることが私の使命だと考えるようになりました。

入門俳句塾 無料添削

ブログも書いています

WEBサイトの宣伝も兼ねてブログも書いています。分かりやすく読みやすい文章を書く訓練は作句にも役立つと紫峡先生から勧められました。結城浩さんの書かれた [ 文章を書く心がけ] はとても良い教科書です。

みのるのブログ 四時随順

全自動のネット句会システムを作りました

もともと理系人間なのでコンピュータープログラミングも大好きです。同じプロセスで繰返し行う作業はコンピューターにさせるべき…という理念で自動化を考えるのが愉しいのです。このサイトで稼働しているインターネット句会のシステムも全て自作です。

毎日句会 WEB句会

アイコンがトトロなのは?

アイコンはネット上に拡散するので顔写真は恥ずかしくトトロにしています。俳句作家の多くは本名を使わず俳号を使います。俳号を使うことで現実とは違う自分に切り替えて思考できるからでしょう。

Twitter

師系について

1992年 青畝先生のご自宅「かつらぎ庵」で
(左:みのる 右:青畝師)

みのるの先生は「俳句結社ひいらぎ」主宰であられた小路紫峡先生です。阿波野青畝先生は、紫峡先生の先生にあたります。

ひいらぎ事務局の奉仕をする中で阿波野青畝師とも近しいご縁が得られました。先生もまた将来の俳句界を担うような作家になれと励まして下さったのです。このことは今も私の俳句活動の大きな支えです。

私がひいらぎ在籍中はご高齢ながらまだ「俳誌かつらぎ」の主宰として青畝先生がご健在でした。写真はその頃に青畝先生のご自宅「かつらぎ庵」をお訪ねしたときのものです。

青畝師追慕~みのるの日記より

紫峡師追慕~エッセイ集より 

俳句歴

2000年7月無料添削指導を始める。
1999年5月ホームページ・ゴスペル俳句を公開。
1993年ひいらぎ結社賞を受賞。
1992年ひいらぎ推薦作家となる。
1991年ひいらぎ同人となる。
1986年俳句結社かつらぎ入会。阿波野青畝先生に師事。
1985年俳句結社ひいらぎ入会。小路紫峡先生に師事。

  • クリスチャンでなくても参加できるのですか?

  • ゴスペル俳句の参加資格はクリスチャン、ノンクリスチャンを問いません。一人でも多くの方に俳句の素晴らしさを伝えたいというのが目的で、決してキリスト教信仰を強要するものではありません。


  • ゴスペル俳句は俳句結社ですか?

  • 俳句結社ではなく俳句を愛する仲間が集う趣味のホームページです。 営利を目的とせず正しい伝統俳句の普及に寄与するために会員同士が互いに協力して自主的に運営されています。


  • あなたは主宰ですか?

  • 俳句指導を本業とする主宰ではありません。 結社で育ちましたが現在はどの結社にも属さずどの組織とも関わりありません。 先生…と言われるのは好きではなく、気軽に『みのるさん』と呼んで下さる方が嬉しいです。


  • あなたはクリスチャンですか?

  • 私はイエスキリストを信じているクリスチャンです。通っているのはプロテスタントの教会です。私の個人情報をまとめてありますので興味がある方はお読み下さい。

    みのるの個人情報を見る


  • 俳句を始めたいのですが、どうしたらいいですか?

  • 大切なことは次の四点だけです。
  • 進むべき方向を決める

    俳句には伝統俳句、現代俳句、自由律俳句などのジャンルがあります。はじめにまずどの方向を目指したいのかを明確にしてから進むべき道を選んでください。GHは有季定型の伝統俳句です。

    仲間と一緒に学ぶ

    独学では上手になりません。仲間と一緒に楽しく交わりながら互いに切磋琢磨することをおすすめします。結社で本格的に学ぶまでの準備としてGHを利用して下さい。参加費は無料です。

    たくさん詠んでたくさん捨てる

    吟行による実作を繰り返し学ぶことによって、知識や理論ではなく感覚としての作風を身につけることができ、生涯楽しく俳句と付き合えるようになるのです。

    添削指導で学ぶ

    客観写生に徹して努力すれば必ず上達します。本物への道は決して甘くはないですが忍耐強く真剣勝負で臨んで下さい。

    無料添削を申し込む

    感想・お問合せは気軽に

    みのるへの感想やお問合せは、Feedback,Twitter からお気軽にお声掛けください。

     

     Search  Feedback  Twitter About Me About This Site