新しい歌を主に向かってうたえ。

(詩篇 96篇1節)

 日記一覧  日記ダイジェスト

2020年8月4日

ご存知ですか力石


力石研究の高島先生から下記のメールが届きました。「力石を詠む(十)」で丁度きりなのかと思っていたのですが、そうではなさそうで先生の熱意には頭が下がります。 先生のご厚意にお応えするためには、感謝の気持ちを述べることは当然ですが、一句でも多く力石の句を詠んでご協力することかと思います。コロナ禍との戦いもありますが、みなさまよろしくお願いいいたします。

現在、拙ブログ「ご存知ですか力石」にて寄せられた俳句や短歌を吟詠地写真とともに掲載させていただいています。 本日豊能町高山「高札場」を記載いたしましたが、並記の作品はすべてゴスペル俳句の皆様のものでした。

https://kawasaki0607.blog.fc2.com/

全国の力石と寄せられた作品を並記して紹介させていただいております。暇があれば覗いてみてください。皆様に連絡いただければ幸いです。現在「力石を詠む(十一)」に向かって動き出しました。大田様をはじめ御仲間の皆様から力石に関する俳句、短歌などを御提供いただけるようお願いいたします。 作品に吟詠地がございましたら並記していただけるようお願いいたします。掲載誌は謹呈させていただきます。

下記 URLには、これまでに寄せられた力石に関する作品も3000作以上、掲載しておりますので暇があれば覗いてみて下さい。
高島愼助<元四日市大学教授>
URL: http://www.za.ztv.ne.jp/takashim

2020年8月1日

千原叡子さんの逝去を悼む


虚子坐像涼し闘志は秘めしまま 千原叡子

たか子さんからの知らせで、先月7月11日に、千原叡子さん(享年91歳)が亡くなられたことを知った。虚子の「椿子物語」のモデルとして有名な方で、いろんな面で虚子先生との関わりの深い方だった。ご主人の千原草之先生には、小路紫峡師の親友であられたこともあって特別研修生として切磋琢磨していた頃からよく可愛がっていただいた。

毎月、初めの週の夜に、紫峡師の会社のオフィスに数名が集まり、かつらぎに発表される青畝師の作品の合評会がもたれた。まったくの無知であった私も紫峡師に促されるまま参加していたが、草之先生もそのメンバーの一人であった。 ご自宅が私の家と近かったことから合評会のあとはいつもマイカーに乗せていただいて送ってくださった。その道中、いろいろとお話をお聞きできるのが愉しみであった。そんな御縁から紫峡師や智寿子夫人から託されたものをご自宅へお届けすることも時々あり、そのときに叡子夫人がにこにこと歓迎してくださり、家宝である椿子にもお目通りさせてくださった。若かりし頃のなつかしい思い出である。

叡子さんはとても気配りの効くかたで、ひいらぎの事務方として奉仕していた頃、何かと貴重なアドバイスも頂戴した。虚子先生を厚く信頼され、その信念を堅く貫かれているかたであったと思う。ひいらぎを離脱して以降は、粗縁になっていたが、最近は体調を崩され句会指導のお仕事も辞退されてお嬢様と同居されていると聞いていた。心からご冥福をお祈りしたい。

椿子物語・高浜虚子

椿子のご縁涼しと悼みけり みのる

2020年7月23日

掲示版で対話するときの記号について


ひとこと掲示板で対話する場合のわかりやすい書きかたを説明します。ルールは簡単です。

自分が誰に話しかけているかを表す記号:>

あむ:どこに住んどん? >たらさん
たら:関西でんねん>あむさん

あむさんはたらさんに「どこに住んどん?」と尋ね、たらさんはあむさんへ「関西でんねん」とこたえています。

どの内容に対する発言かを表す記号:<

あむ:大阪?京都?>たらさん
たら:どっちでもないです <大阪・京都

たらさんはあむさんの「大阪?京都?」の質問に対して「どっちでもないです」と答えています。

2人に対して同時に話したり、違う内容を一度に話すとき://

あむ:そうなんや!>たらさん// 知ってた?>としさん

あむさんはたらさんに「そうなんや!」と相槌を打ち、その事をとしさんに「知ってた?」と聞いています。

(笑)(爆)(涙)(泣) etc.

あむ:女かと思ってました(笑)>たらさん
たら:そんな・・・ひどい(涙)

あむさんは大笑い。たらさんはショックを受けている様子がよくわかります(笑)

(^o^) (^^)v (^^; ; (T-T) etc.

あむ:ごめんなさいm(_ _)m >たらさん
たら:まいった・・・(>_<)

あむさんはたらさんにおじぎをして謝っています。たらさんは相当こたえたようです。絵文字を活用すると感情も伝えられます。ただし、スマホ用の絵文字は使っていけません。PCでは表示されないからです。

おおる みなさま ALL etc.

あむ:こんにちは>みなさま
たら:どんな音楽が好きですか?>ALL

あむさんもたらさんも全員に対してあいさつ、質問をしています。

なう ナウ Now

あむ:神戸なう
たら:あら!早いわね

あむさんが「いま神戸に着いたよ!」と言ってます。こちらは、TwitterやLINEなどでよく使われます。

短い文字数で気持ちを伝える…俳句と同じですね。LINEグループでの発言なんかもこのやり方をすると解りやすくて楽しいですよ。

2020年7月22日

コロナ自粛下における特別資格


コロナ禍の現状を配慮して、毎日句会の参加資格を一部変更していましたが、わかりにくかったので編集しました。メンバーの皆様の了解を得てから実施すべきだったと反省していますが、ご了承下さい。

また、お友達の方でお薦めいただける方がいらっしゃったら遠慮なくご相談下さい。

毎日句会参加資格 

2020年7月21日

9月定例句会は中止します


コロナの感染が再び拡大していて出口が見えなくなりましたので、9月から定例句会を再開させる予定で夙川公民館を予約していましたがキャンセルしました。人数制限して三密を防ぐなどの対応はできるのですが、交通機関を利用しての移動にはなお不安が残ります。

句会場での短冊の扱いや清記の回覧行為も、ある意味では接触リスクの一つになることもありえます。今後たとい状況が好転したとしてもコロナ完全安全宣言までにはまだまだ遠いと道のりが予想されますので、当面は多人数での句会実施は無理だと判断しました。

9月以降の定例句会については、可能であれば吟行のみとし、WEBシステムを使った後日句会形式で再開したいと考えています。そうすれば朝夕の通勤ラッシュを避けて移動することもできますし、小グループで別の日時に吟行することも可能でしょう。

同じ場所に佇ち、同じ風情を感じて句を詠み、木陰で一緒にお弁当をいただきながらお喋りするのが吟行句会の愉しさなので、せめて吟行だけでも復活できたらと願い祈っています。

2020年7月19日

コロナ禍の俳句


コロナ禍を詠まれた作品が増えてきました。吟行に出づらい今やむを得ないと思いますが、できることなら暗くて憂つな状況を詠むのではなく、 元気や勇気のでるようなウイットな捉え方をしたいですね。

マスクの句は少し気になります。「コロナ禍」という前提で鑑賞しないと意図が通じないからです。コロナ禍の文字無く「マスク」の文字が入っていて冬季ではない句を詠むのは無理だと思います。

2020年7月18日

重複投句について


誰でも意図的に重複投句することはありえないですから、鬼の首をとったかのように責められる程のことではありません。けれども避けられるべき対策をしないでうっかりミスを重ねることは、マナーとしてよくないことです。

あなたは、詠み溜めて俳句手帳やノートに列挙した自分の作品の中から選んで投句されていませんか?

この方法はかなり高い確率で重複投句が発生する恐れがあります。これを避ける方法は投句控専用のノートをつくって管理することです。新規に投句する前にまず投句控のノートに書き込んで、過去の投句と重複が生じていないかをチェックしてから投句するのです。

私も結社時代は、投句控専用のノートを作っていました。いろんな句会に出席していましたし、「ひいらぎ」や「かつらぎ」の当月集だけでなく、新聞や雑誌の紫峡選、青畝選にも投句していたからです。具体的な方法は日記の過去記事にありますのでお読みください。

俳句整理法

パソコンが得意な方は、エクセルなどに整理されてもいいですね。電子データだと検索機能を使うことで簡単に重複チェックができるのでより確実です。

日記一覧

2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 日記ダイジェスト  読者の声

感想・お問合せは気軽に

みのるへの感想やお問合せは、Feedback,Twitter からお気軽にお声掛けください。

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site