新しい歌を主に向かってうたえ。

(詩篇 96篇1節)

 日記一覧  日記ダイジェスト

2019年10月21日

日課の散歩を再開しました


涼しくなり体調も大分回復してきたので日課の散歩を再開しました。

団地から10分ほど歩くと田んぼや畑の残った旧の村落(今は村ではないのですが…)があります。高齢化で休耕田も増えてきました。それを区画して家庭菜園に開放しておられるところもあり、定年後の趣味として野菜づくりを楽しまれたり、小さい畑にお花を一杯育てておられるおばあちゃんもおられます。

散歩しながら立ち話をしたりして毎日句会の句材を探しています。

2019年10月16日

毎日句会への投句


毎日句会への投句を始めて3週間が経ちました。毎日四苦八苦しながらなんとか続いています。

昨日の定例句会でみなさんの感想を聞いてみました。

みのるさんの句を予想するのが楽しみになった…と言ってくださる方があって嬉しかったです。でも、みのるの作品らしい…と気づかれても決して選ぶ必要はありませんよ。ほんとうに自分が良いと思う句を選ぶようにしてください。

"互選の結果をみていると、同じようなメンバーが同じ句に集中しているように思う。"

との意見もありました。「類は類を呼び、友は友を呼ぶ」という諺のとおりですね。自分の作品がいつも同じメンバーに選ばれている…という傾向にならないように幅広い作風を心がけましょう。

また、成績の虜になるのも感心しません。俳句の場合は、安定して平均な成績を残すアベレージヒッターになるよりは、常に新しさを追求して "ホームンか三振か" というようなスラッガーを目指したいですね。冒険句が受け入れられられたときの充実感は最高です。

2019年10月3日

Gmailのおすすめ


随分スマホが普及してきましたが、スマホのメールアドレスとパソコン用のメールアドレスを分けておられる方が多いようです。スマホアドレスは、auとかdocomoといった携帯会社のアドレスを使い、パソコンの方はjcomやOCNとかのプロバイダーから割り当てられたアドレスを使う…という設定が多いのではないかと思います。

アドレスを使い分けるのは悪いことではないですが、このような回線依存型の設定にしてしまうと携帯会社やプロバイダーを乗り換えるたびにアドレスを変えなければなりません。また日常的にスマホ主体で使うことが多いと思うので、パソコンアドレス宛に重要なメールが届いていても気づかずに失敗するということもあります。

私のおすすめは、フリーメールのGmailアカウントを取得して携帯もパソコンも同じアドレスで使う方法です。Gmailは、ウイルスなどに対するセキュリティーが堅固で、かつ迷惑メールにたいする強烈なフィルター機能(一度迷惑メールとして扱うと二度目からは学習して自動でブロックします)を持っているのでとても安心です。

さらに、インターネットブラウザとしてChromeを導入し、Gmailアカウントでログインしておくことで様々なログイン情報、お気に入り、連絡帳等々をすべて同期して保存してくれます。スマホの機種変更をしたり、パソコンを買い替えたりしても、GmailアカウトでChromeにログインするだけで以前の状態に復元してくれます。また複数の端末(スマホ、タブレット、パソコン)を使ってもすべて自動で同期されますのでとても楽です。

いまや、複数のネット端末の情報を同期させるのが常識になりつつあるのが現状で、知る人達の間では、Chrome & Gmailは必須のアイテムなのです。詳しいことはまた、勉強会のときにお話しましょう。

2019年10月2日

毎日句会


毎日句会に投句しはじめました。

まだ一週間ほどですが毎日継続することがいかに大変で努力がいることかということを実感してます。毎日句会やWEB句会には、できるだけ冒険句を投句するように心がけています。そうした作品がみなさんに受け入れていただけたときはとても嬉しいです。

先の勉強会では袋回しを体験しました。これは単なる遊びではなくて即興で連想を働かせる…という訓練になります。この訓練を重ねることで吟行でなかなか句が授からないという苦手意識を払拭することができます。

吟行で作句が行き詰まるのは、連想をひろげて自由に心を遊ばせることができずに、「頭で考えて句をひねる」スタイルから脱却できないからです。 毎日句会でも、袋回しの応用で

"今日はこの季語で詠んでみよう"

という感じで即興句を詠む訓練をされるといいと思います。ただし決して虚構の句を作るのではなく、過去の吟行体験の記憶の引き出しから探り出すして連想を広げることを忘れないでください。

少しづつですが体調も戻ってきました。今週末は稲刈りの手伝いで広島へ帰省しますので足腰の鍛錬のために日課の散歩も再開しました。年々年齢による限界を感じながらですが無理せずに頑張ってきますので、続いてお祈りいただきたくよろしくお願いします。

2019年9月25日

遊留里


四月の結婚記念日に行く予定をしていた能勢の遊留里行、家内の術後の治療があってのびのびになっていたのですがようやく今日実現しました。

素晴らしい秋晴れを授かり家内のお友達も誘って三人でドライブしました。ご馳走に満足したあと遊留里から30分ほどの亀岡穴太寺まで足を伸ばして曼珠沙華の里を訪ねました。お忙しいなか時間をさいて馳せてくださった、うつぎさん、よし子さんと穴太寺で合流、見事な曼珠沙華に圧倒されながら小一時間ほど吟行しました。

曼珠沙華の畦を歩きながら家内もしきりに指を折っていましたので満足したようでよかったです。

畦といふ畦塗りつぶし曼珠沙華 みのる

2019年9月24日

万博記念公園


今日の日本庭園吟行は13名の参加でした。ご協力を感謝します。

句会場としてすぐ隣の大阪日本民芸館をお借りできたので時間的にもゆったりと吟行を楽しむことができてよかったです。期待した彼岸花はいまいちでしたし、紅葉にもまだ早い時期でしたので苦吟でしたが、みんなでお弁当を食べおしゃべりしながらの一日で良いリフレッシュができました。

一番の感動はバラ園にあった紫色の睡蓮でした。あの色は始めてみました。睡蓮池では源五郎にも出会えてラッキーでしたね。沢山の出会いがあったので思い出しながら句を詠んでください。カメラで写すようにマクロ(接写)で見たり広角でみたり、また望遠で見たりといろいろ視点を工夫すると新しい発見があります。

毎日句会の出句楽しみにしています。

階をなせる水苑ひつじ草 みのる

2019年9月18日

萩の寺吟行


一年ぶりに東光院萩の寺を訪ねました。夏バテで体調が思わしくないせいかもしれないのですが寺苑を吟行していても詩情が昂ぶらず不調でした。

でも、菜々さんと一緒に紫峡先生の句碑の前に佇んでいると、「しっかりしなさい」というお声が聞こえてきて我に返りました。そのあと茶室でみんなでお抹茶を頂きながら、掲げられていた大先輩らの俳句を誦して元気を取り戻しました。

墨薄き絶筆三句子規祀る みのる

近詠・萩の寺 

日記一覧

2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 日記ダイジェスト  読者の声

感想・お問合せは気軽に

みのるへの感想やお問合せは、Feedback,Twitter からお気軽にお声掛けください。

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site