最新のみのる選

過去一覧 縦書PDF 検索

2021年1月24日

1月16日~1月22日

2021年01月22日
合掌の軒すだれなす大氷柱凡士
天平の大塔仰ぎ大根干す凡士
焚火する大工火種の鉋屑素秀
点々と岩場に居るは海苔摘み女こすもす
2021年01月21日
懐の小犬顔出す焼芋屋なつき
大寒や墨壺弾く船大工素秀
風花す部活の子等の校庭にあひる
四温晴心も仄とほころびぬたか子
片足の戦禍の鳥居冬日さすぽんこ
熱燗や釣果一尾に舌鼓豊実
初場所や髷も結へぬが勝ち名乗り凡士
2021年01月20日
わが影をみて背を伸す寒さかななつき
臘梅を活ければほろと金の粒明日香
引きずりし手橇の中に子は寝落ち豊実
ことごとく物に影あり日脚伸ぶみきお
2021年01月19日
藁苞を覗く雀や寒牡丹智恵子
朝陽燦梢に残るしづり雪みづき
風花の舞ひ散る路地に立ち話ぽんこ
朱を極めいよよ華やぐ寒ぼたん
山里の闇の深さや冬銀河隆松
雲上に雪の伊吹峰今朝晴るる隆松
日かげりてより蝋梅のつつましく菜々
風花の窓に額を押し付けて満天
2021年01月18日
片側は凍てつきしまま川堤こすもす
牡蠣殻の積み重なりて宴果つあひる
錆び深き手押しポンプや寒の水やよい
左義長の火掻きの竹の爆ぜにけりなつき
藁苞に箱入り娘寒牡丹宏虎
2021年01月17日
電線に音符ならびす寒雀やよい
千代の春ダイヤ婚過ぎ卒寿来る宏虎
剥製の鷹の眼ひかる榾明り凡士
寒九の水六腑に染みて薬飲むやよい
悴める身体湯船に溶けゆけり凡士

2021年1月18日

1月9日~1月15日

2021年01月16日
祢宜ひとり烟るどんどを育てをりせいじ
鶴首に一茎凛と黄水仙満天
隙間風ことことと鳴る鍋の蓋豊実
連山に一灯ともる寒さかなみづき
愚痴いはず小言もいはぬ懐手もとこ
三寒の朝礼長し消防署素秀
どんどの火消えて居眠る祢宜の午後あひる
2021年01月15日
健願ひどんど焼を浴びにけりぽんこ
木霊棲む峡を響もす大とんどうつぎ
機を織る外は近江の虎落笛凡士
記念日の二つ重なり小豆粥こすもす
どんど焼分別されてをりにけりたか子
竹林にいまはの際の冬日燃ゆあひる
浮島の葎が鴨のハレムかなせいじ
冬夕焼棚田の畦の幾何模様素秀
2021年01月14日
長老の片肌脱ぎや弓始なつき
雪雲の裾をこぼるる日射しかなやよい
牧牛の尾の先の触れ草萌ゆる音吉
燃え盛るストーブ囲み相寡黙あひる
枝絡む陽に天を突く冬芽かなやよい
臘梅の日差しふふみて香を放つ満天
託されし老犬撫でて春を待つむべ
2021年01月13日
五箇山の結いでつなげる雪下ろし凡士
竹馬に親の背越ゆる笑顔かな素秀
どんど燃ゆ躍る炎の影法師智恵子
左義長の焦げあと凹む郷の宮こすもす
2021年01月12日
大淀の風に機嫌や七連凧あひる
しんしんと降る雪に鹿身じろがずあられ
登山具の遺品に夫の胼薬むべ
白き息ぴたと止まりて矢を放つなつき
連凧の忙しく向きを変へにけりあひる
2021年01月11日
老松の手当のごとく菰巻きすなつき
糟糠の妻もほんのり屠蘇の酔宏虎
百歳は近くて遠し福寿草宏虎
奥能登の二重に構ふ風囲凡士
2021年01月10日
的中に姿勢揺るがぬ弓始なつき
凍滝といへどかそけき水の音素秀
神座すと仰ぐ美空の淑気かなむべ
朝まだき風紋のまま川凍る明日香
御慶述ぶ手に手にほうき清掃日たか子

2021年1月10日

1月2日~1月8日

2021年01月08日
薺粥庭のはこべら摘みて足すむべ
風花のコロナ自粛の街に舞ふもとこ
朝ごとに屋根の積雪確かむるこすもす
しずり雪枝撥ね鳥を翔たせけり音吉
日だまりに鳩のふくらむ寒さかな凡士
肩ならべ老い励ましつ七日粥小袖
2021年01月07日
蝋梅の大豆サイズに膨らみぬせいじ
水涸れて地層の貝の息づかひむべ
母がりの目覚め七草たたく音菜々
金槌で叩かれてをる鏡餅明日香
くちびるに木の匙やさし若菜粥更紗
福寿草小笹隠れに子沢山うつぎ
2021年01月06日
凧糸の弧の美しき初御空せいじ
獅子舞のあとを付きゆく中華街智恵子
礼者顔して窓に来る雀かなたか子
裸木を翔ちては戻る群雀満天
池静か逆さ紅葉に色づきてやよい
甲高き声の発矢と初稽古素秀
セコイアの枯れて天地の柱なすむべ
2021年01月05日
淑気満つ千本鳥居通り抜け凡士
初凪やおのころ島を遥かにしたか子
寒禽の声透き通る神の杜やよい
めし屋混む客は手に手に破魔矢持ちたか子
探梅や歩き初む子に抜かれもしむべ
2021年01月04日
単線となりて始まる雪景色こすもす
リハビリの成果うべなひ去年今年やよい
高枝に鴉もの見す冬木立せいじ
旅終へし安堵我家の雑煮食ぶたか子
2021年01月03日
老の春夫の分まで生き抜かむはく子
大淀の風をはらみて凧揚る菜々
コロナ禍やマスクの御慶な咎めそこすもす
籠居の父と詣でる三日かななつき
共白髪なる偕老の祝箸宏虎
脈々と秩父連山初御空むべ
まつさらな青空高く吾子の凧豊実
初景色沖に孤高の島の影三刀
2021年01月02日
笛に舞ふ巫女あどけなき初神楽智恵子
退院を待ち侘ぶ部屋の初明かりやよい
白息を吐きて叔父貴の土佐なまり素秀
交番に日の差し込んで鏡餅凡士
生かされてゐるを実感する初日むべ

2021年1月3日

12月26日~1月1日

2021年01月01日
国産みの斎庭に凍てしさざれ石たか子
松影の揺るる蹲ひ淑気満つ菜々
大楠の枝の高きに初鴉素秀
年少の順が習ひと屠蘇を注ぐせいじ
初日の出西の月にも手を合わせ明日香
定年を迎える年の初日かな豊実
初空の茜に向かふ一番機凡士
2020年12月31日
まどかなる月を仰ぎて年惜しむ菜々
最終の飛機の尾灯や大晦日凡士
キッチンの虜になりて年用意満天
生かされて初曾孫へとお年玉宏虎
2020年12月30日
藁匂ふ大注連縄や鷲の門素秀
年の瀬やウーバーイーツ駆ける音もとこ
字たらずのような一日冬籠
寒柝の裏拍取りて犬吠えぬむべ
寒柝の遠ざかるまで窓を開け豊実
寒の月磨き上げたる玻璃窓にせいじ
2020年12月29日
忠魂碑裏は山茶花落ちどころたか子
看板は右書き屋号注連飾る凡士
皺の手をかざしあひたる囲炉裏かな潤道
2020年12月28日
母逝きてこころもとなき年用意もとこ
煤逃げの家苞に買ふ御座候凡士
野良猫の呼べば媚び寄る冬日向やよい
数へ日や抜き差しならぬ歯科通ひうつぎ
2020年12月27日
炬燵から聞こゆお手玉数へ唄素秀
万両や写経する座に加はりぬみづき
マスクして世事みな遠くなりにけりみづき
弁当の届く夜勤や子のサンタ智恵子
2020年12月26日
童らの地団駄攻めや初氷音吉
凍み豆腐旨く炊けたとお供えす智恵子
暁光の一筋走る雪野かな隆松
年暮るるクレーンは全て首を折りたか子
スケーター夜叉ともなりて舞ひにけりもとこ
ゆくりなく明智の里の帰り花うつぎ
寒月を揚ぐ橋立の砂嘴の松凡士

2020年12月27日

12月19日~12月25日

2020年12月25日
海荒れて能登の間垣の冬構へ凡士
着膨れて見るともなしのテレビかな潤道
火の中に答を探る焚火かな豊実
プランター小さき森なし霜柱智恵子
蝋燭を手に手に揺らし聖歌隊素秀
2020年12月24日
元気かと息子の電話冬ぬくしもとこ
亭々とセコイヤ並木冬晴るるはく子
聖樹に灯子ども食堂サンタ来る凡士
老夫婦揃ひのマスクして受診三刀
雪に色染めて聖樹の灯りけり素秀
窓なぞる夜露に滲む聖樹の燈素秀
蜜蝋を灯して祈る聖夜かなうつぎ
2020年12月23日
友来る爆弾の如鰤提げて音吉
林道のゲートを鎖して山眠る素秀
着膨れて日課の握手老園長たか子
小雪降る街の電飾消えてより素秀
聖樹灯る窓をジプシー夜の散歩うつぎ
交番に小さき電飾クリスマス凡士
茅葺きの一村灯る雪景色智恵子
大山が見ゆる暮らしや芋洗ふ潤道
2020年12月21日
大徳寺下駄裏返る師走かな潤道
家族又一人増えたりクリスマス音吉
年用意特価めぐりの妻元気たかを
ポストまで冬三日月をお供にしたか子
コロナ禍をくぐりてけふの冬至の湯凡士
2020年12月20日
電飾の街に孤高の冬の月なつき
少年と渡船を待てる都鳥素秀
寄せ植ゑの聖樹に巨き金の鈴せいじ
物忘れ互ひに笑ひ冬ぬくし明日香
聖菓切る父にはりつく幼たちむべ
2020年12月19日
杉玉の暖簾くぐりて新走りぽんこ
寒柝の音遠ざかる星の夜みきお
病む友の峠越えしと冬日燦むべ
空晴れて白き肩出す庭大根菜々

2020年12月20日

12月12日~12月18日

2020年12月18日
煮凝の奥に虚ろな目玉見ゆ素秀
禅寺の大樹の枝に掛け大根智恵子
味噌桶の底に屋号や冬日向なつき
よきことの魁ならむ福寿草潤道
三日ぶり先ず除雪して買物にこすもす
2020年12月17日
古の栄華の間歩や山眠る凡士
味噌桶にたまりの滲む寒灯下なつき
市章旗千切らんと吹く空っ風たか子
茶の花の蕊美しき金こぼす智恵子
2020年12月16日
後ろ手に門松立つを見守りぬなつき
ビル街の日差しの中を風花すせいじ
演習林鉄扉を鎖して山眠る凡士
年用意外なることは夫の役たか子
荒海の迫りし宿や松葉蟹もとこ
2020年12月15日
玻璃越しに猫と見て居る深雪かなこすもす
山の湯の桶に揺れゐる枯木星素秀
交番の赤灯冴ゆる真夜の町凡士
ひと葉また地に還らんと朴落葉むべ
寒風の磨きあげたる蓮如像素秀
堰落つる水音に募る寒さか宏虎
2020年12月14日
ボーゲンに突き出すお尻初スキー智恵子
亡き母の口調で湯ざめさとしけりもとこ
細竹のしなりて重し煤箒なつき
2020年12月13日
花舗の前真つ赤つかなるクリスマスたか子
術後の目文字くつきりと冬ぬくしやよい
大津絵の鬼が睨める歳の市凡士
マスクずれ歯抜けばれたる不覚かななつき
御仏のお顔に冬日届きけりあられ
2020年12月12日
やわらかな日差し窓辺に賀状書く菜々

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site