みのる選:最新6週分

過去一覧 縦書PDF 検索

2020年3月29日

3月21日~3月27日

2020年03月27日
囀りに窓全開す朝かなやよい
老い元気ラジオ体操朝ざくらうつぎ
遠目にも桜とわかる四囲の山明日香
中洲なる花菜明かりに鳥あそぶなつき
畦道に春耕の土匂ひ来るこすもす
2020年03月26日
歩き初む児と蝶渡る太鼓橋なつき
ひこばえも負けじと蕾膨らますぽんこ
タンカーを持ち上げてをる蜃気楼智恵子
朝ざくら守衛きびきび門開く菜々
浜辺にて雑魚ひろげ干す島長閑宏虎
老ひ愉し西へ東へ花の旅もとこ
2020年03月25日
つばくらめダム湖を掠めまた掠め素秀
蜜蜂の羽音楽しむテラスかな智恵子
苗代の水の濁りに土匂ふ素秀
2020年03月24日
子らのこと案ず疫禍の春休みせいじ
2020年03月23日
湧き水を手杓で掬ふ春の苑そうけい
大川の長堤駈けて花菜風やよい
ぼた餅は母の直伝お中日菜々
2020年03月22日
踏み石を跨げば四散蝌蚪の群智恵子
吊橋に子ら数珠つなぎ山笑ふなつき
照り翳るたび紫雲英田の色変はるみづき
2020年03月21日
揚土を雀啄む春田かな愛正
大干潟真白に光る群れ千鳥三刀
雪柳風の形に波打ちぬたか子
壇上に盆栽の松卒業歌うつぎ

page_top

2020年3月22日

3月14日~3月20日

2020年03月20日
大橋を渡れば故郷春の潮うつぎ
鐘楼門くぐる一歩に初桜ぽんこ
せせらぎの楽に和すごと笹鳴けるせいじ
2020年03月19日
石鹸玉幼の小さき一息に素秀
柔らかな日差しに馬鈴薯植へにけり三刀
春日燦畑へ出たまま昏るるまで明日香
受験絵馬合格と書く幼き字なつき
春の野にサックス復習ふ部活女子はく子
糸桜袴乙女ら撮り合へるもとこ
彼岸入り供花に加へる庭のものこすもす
願ひ込め柄杓に満たす春の水なつき
2020年03月18日
寺町の路地に迷ひぬ沈丁香なつき
暖かいだけで嬉しいひと日かな明日香
青空を吾がものにして唸り凧はく子
うぐいすの声の間近に耕しぬ三刀
2020年03月17日
竹秋の嵯峨野路巡る人力車菜々
春彼岸無沙汰詫びつつ香を焚くたか子
濃紅梅父母の遺愛の庭になほもとこ
2020年03月16日
春うららぽんぽん船の小気味よくはく子
石窟の弥勒菩薩へ春日差すぽんこ
次の歩に二の足を踏む春の泥たか子
ほまち田の一枚菜の花浄土かななつき
ご城下の水路は四通風光る菜々
2020年03月15日
お迎へのママへと土筆一握りなつき
偕老の仲良くかがみつくし摘むはく子
2020年03月14日
鐘一打余韻嫋々山笑ふぽんこ
ご城下をミニSLや山笑ふたか子
竹の秋里山の裾明るうす菜々
初蝶の高きに風の変はりたる素秀
囀りに負けじと樹下に姦しくたか子
卓うららマーマレードは夫手製もとこ

page_top

2020年3月15日

3月7日~3月13日

2020年03月13日
草萌や一つ傾ぎて六地蔵なつき
黒板に祝と大書や卒業す素秀
泣き虫が長身となり卒業す菜々
総玻璃の高層ビルに春の雲ぽんこ
青空に辛夷の映ゆる朝かな明日香
サイン帳互ひに記し卒業す菜々
大楠の洞を覗けばもの芽吹くたか子
2020年03月12日
淀堤秘密の此処につくし摘むはく子
紅梅の秀に抜きん出て天守閣たか子
春日燦鉢の植え替えすべて了明日香
比良山の蒼空遥か鳥帰る宏虎
2020年03月11日
豪商の梁に釘打ち吊し雛なつき
春泥に難儀しながら奥宮へはく子
磯の香の路地に漂ふ白子干し素秀
2020年03月10日
陽春の水のかげらふ橋渡るみづき
一枚に書きし双子の受験絵馬なつき
ときどきは梅見サイクルロードかなせいじ
春愁や予定なき日はことさらにもとこ
春愁の息吹きかけて眼鏡拭くうつぎ
畦道を埋めてなずな仏の座はく子
2020年03月09日
天辺の一つ魁紫木蓮三刀
春泥や水掛け不動へ歩み板なつき
春泥に行く手阻まれ回り道宏虎
2020年03月08日
春泥の隠しやう無き靴の跡うつぎ
梅咲くや疎林に古りし一軒家愛正
春愁を絶たんと髪を短くす菜々
春昼の閑キッチンにつまみ食ひ満天
2020年03月07日
春愁の身を持て余す亭午かな菜々
辻地蔵牛乳瓶に沈丁花智恵子
音楽を聞かせて醸す蔵うららうつぎ

page_top

2020年3月8日

2月29日~3月6日

2020年03月06日
芽柳のつつく水面に稚魚遊ぶ智恵子
池の面の青天井や犬ふぐりうつぎ
あひ互ひ寄り添ふ猫や寒戻りたかを
黒牛の朱の舌からむ花菜かな素秀
2020年03月05日
老い母の部屋に手おりの紙雛せいじ
咲き満つる梅の下なる蜂巣箱うつぎ
春光やぬり絵大きくはみ出す児なつき
青空に黄の初蝶の舞ふ軌跡やよい
テニスボール転がる処ぬふぐりぽんこ
2020年03月04日
残る鴨ばらばらに散り陣なさずたか子
針箱に糸も揃ひし雛調度うつぎ
春しぐれ空のどこかが明るくて菜々
風力計強東風捉えいま必死たか子
2020年03月03日
居酒屋の地酒の棚に郷土雛うつぎ
春日差す茶の間に声の弾みをり菜々
マスクして目と目で会釈待合室三刀
2020年03月02日
野火果てて境界石の残りたる素秀
2020年03月01日
陽炎ひて対岸揺らぐ大吊橋素秀
雛祭り母を偲びて手まり寿司智恵子
吸物に菜の花浮かせお朔日こすもす
2020年02月29日
菜種梅雨ひがなパソコン開けしまま明日香
ウィルスに翻弄されて二月尽たか子

page_top

2020年3月1日

2月22日~2月28日

2020年02月28日
梅の香や楷書でしかと祈願絵馬たか子
藪椿天蓋なせる磨崖仏智恵子
大涅槃絵図の裾懸け余しけりはく子
2020年02月27日
ショーウインドに髪整える街うららやよい
大木の侍者の如くに水仙花ぽんこ
凍て空に星のまたたく峡の里宏虎
2020年02月26日
枝垂れ梅傘代はりとす野点席なつき
濃く淡くグラデーションに草萌ゆるかかし
2020年02月25日
うららかや駄菓子屋は扉を開け放ち満天
春愁や外部者見舞ひお断り明日香
一万歩までと背を押す木の芽風たかを
あるだけの庭水仙を今朝の供花菜々
降り立ちてオリオン仰ぐ郷の駅こすもす
2020年02月24日
川船の飛沫に春の光見ゆ智恵子
墓詣でついでに丘の梅探るはく子
矢印は乗馬倶楽部と芽木に札菜々
下萌に白亜のグリンチャペルかなせいじ
春風に髪なびかせて騎馬乙女菜々
かたばみを敵のごとく抜いてをり明日香
2020年02月23日
春しぐれ少し傾げて蛇の目傘菜々
口笛のごと笹子鳴く里山路せいじ
春昼やのんびり聞こゆ鳩時計みづき
2020年02月22日
馬場うらら馬蹄模したるゴール板たか子
釜出しの壺にぶつかる春の雪みづき

page_top

2020年2月23日

2月15日~2月21日

2020年02月21日
園児等の町のお散歩春うらら満天
寒暖の日々に思案の旅支度たか子
暖かや信楽陶たぬき臍出して菜々
降りながら朝日に消ゆる春の雪なつき
梅匂ふ袋小路の土蔵塀愛正
2020年02月20日
春風になびく尻尾や返し馬ぽんこ
2020年02月19日
馬場うらら騎手の黄帽子赤帽子菜々
河口から見ゆる外海風光るせいじ
冴返る馬場に混戦ひづめあと菜々
百円で春昼遊ぶ競馬場明日香
旅情いま引きては返す春渚たか子
2020年02月18日
パドックへ騎手の一礼草青むたか子
うららかや公園のごと競馬場明日香
泡吹いて気合漲る競争馬たか子
金閣寺白変したる春の雪満天
フリージア葉書に押して島便り智恵子
2020年02月17日
磯泊まりあをさ尽くしの朝餉かなたか子
ギャロツプでパドック巡る春の駒素秀
暗闇に架橋のライト冴え返る宏虎
春田打ち肥料袋の点々とこすもす
針山のごと徒長して梅開くせいじ
2020年02月16日
野歩きの余録の幸の蕨摘む智恵子
古書街のワゴンセールや春うららなつき
春潮のさざめくテトラポツドかな素秀
2020年02月15日
朝東風にハンガーの鳴る古着市素秀
光秀の首塚の苔青みけりぽんこ
湧水にさ揺れやまざる座禅草愛正

page_top

過去一覧

2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site