みのる選:最新6週分

過去一覧 縦書PDF 検索

2019年8月18日

8月10日~8月16日

2019年08月16日
耳遠き父は早寝や盆の月なつき
渓流の水際縁どる草紅葉智恵子
一駅を途中下車して星月夜宏虎
2019年08月15日
渇筆の万葉仮名の文字涼しかかし
藪枯あらぬ辺を向く道標みづき
2019年08月14日
帰省子の自由研究付き合ひぬせいじ
端正な大仏の顔月涼しこすもす
熱帯夜間遠に響く救急車満天
大橋の下に涼める渡し守素秀
帰省子の釣果に夕餉賑ひぬせいじ
灯を消して月光入るる仏間かなはく子
2019年08月13日
迎火の煙誘ふごとく風ぽんこ
早稲の花弘法道を詣で人菜々
大花火果てて河原の虫浄土はく子
2019年08月12日
神苑に聴く初声や法師蝉やよい
朝顔や幼子の靴干す垣根みづき
2019年08月11日
日盛りや陰へ陰へと植木鉢明日香
わんぱくがねずみ花火に逃げ惑ふ菜々
銀鱗の眩し大漁鰯網素秀
高塀を越えて向日葵顔出しぬなつき
研ぎ終えし刺身包丁盆用意三刀
帰省子のいがぐり頭撫で回すせいじ
2019年08月10日
湾を呑むぞと高波や台風裡なつき

page_top

2019年8月11日

8月3日~8月9日

2019年08月09日
五具足は父祖の形見や盆支度こすもす
秋草の起ち直りをる今朝の雨明日香
霊水の岩の常濡れ苔の花ぽんこ
2019年08月08日
辻堂に合掌深き秋遍路素秀
味噌汁の熱きをすすり暑に耐ふる宏虎
2019年08月07日
梅花藻に日の斑の遊ぶ泉川せいじ
街中の小田の一枚稲の花はく子
山裾に寝落ちし四五戸星流る菜々
2019年08月06日
湧水や富士の裾野の新豆腐宏虎
蜩や森間包む夕帷そうけい
2019年08月05日
喜寿すぎてなほチャレンジや雲の峰やよい
せせらぎの音を覆ひし真葛原そうけい
花火師の中洲に浮かぶ影法師智恵子
更けて尚風に乗り来る踊唄菜々
朝涼のラジオ体操足軽したか子
道の駅レシピを添へて夏野菜明日香
2019年08月04日
ゼンマイの螺子巻くやうに夜蝉鳴くうつぎ
元気だせよと朝蝉の啼きはじむうつぎ
寄付集む盲導犬へ団扇風なつき
2019年08月03日
おはぐろの水面広しとホバリング素秀

page_top

2019年8月4日

7月27日~8月2日

2019年08月02日
かなかなや山の空気に変はる道うつぎ
目玉見え全身透ける目高の子素秀
2019年08月01日
反響す鍾乳洞の声涼し素秀
骨切りの手際も見せて鱧料理はく子
風涼し千本鳥居吹き抜けてさつき
2019年07月31日
梅花藻や水の匂へる湖畔駅みづき
熊蝉の腹震はせて絶叫すせいじ
筆置けばわつと高鳴く蝉時雨よう子
縦横に山の風入れ夏館うつぎ
水平線遥かに見えて岬涼しさつき
老翁の仙人髭やパナマ帽さつき
夫婦滝連理をなして水激つたか子
2019年07月30日
所在なき風鈴の舌風吹かずぽんこ
大吉の浮かぶ納涼水みくじさつき
素足よし母手作りの布草履うつぎ
楼門を射抜くごとくに鬼やんまさつき
日の上り蝉時雨いまソプラノに満天
2019年07月29日
返事すもとんちんかんや昼寝覚明日香
足垂らす堂縁の下蟻地獄うつぎ
2019年07月28日
古堂の蟻地獄にも参拝すうつぎ
梅雨雲の切れて日の射す主峰かな隆松
降りたつや否や全島蝉時雨さつき
湖涼し縮緬波を湛えけりたか子
熊笹の隠さふ道も登山道せいじ
2019年07月27日
島のごと浮く円墳や青田中明日香
大堰堤一文字引く夏の山ぽんこ
山の上に半分覗く遠花火はく子
千年の社鎮めて夏木立菜々

page_top

2019年7月28日

7月20日~7月26日

2019年07月26日
人波にぶつかる肩や町炎暑菜々
満水のダム湖縁どる夏木立せいじ
浜木綿や綿津見神へ荒磯道たか子
未来への手紙のポスト避暑ホテルこすもす
2019年07月25日
キッチンの窓染めあげて大夕焼菜々
神の杜滾る疎水の音涼しやよい
手花火の子らの瞳に玉映る素秀
ウエーブをなす千枚の青田波宏虎
2019年07月24日
空谷に激つ瀬波や夏山路せいじ
夏雲を串刺しにして飛行雲智恵子
押し寄せるごとくに畳む青田波明日香
松浜の樹間に沖のヨット見ゆよう子
避暑散歩遅れがちなる夫を待つぽんこ
猪のヌタ場と化しぬ滝の道たか子
2019年07月23日
雨晴れてより声高に蝉時雨ぽんこ
くろがねの岩をた走る滝涼しはく子
瀧道の瀬音左手にはた右手にはく子
さながらに天降るミストや梅雨の滝せいじ
すつぴんを見られたくなくサングラス智恵子
大原女の木桶に受けし岩清水みづき
屋敷町日傘すぼめて道譲るそうけい
満面の笑顔がみやげ帰省の子なつき
2019年07月22日
神木の大樹の殊に蝉時雨やよい
2019年07月21日
大夕立路面電車に駆け込みぬなつき
打水亭一番のりの客となりみづき
2019年07月20日
針穴へ糸やほどよき梅雨じめり満天
山巓に残る灯のあり明易しみづき
白南風に沖の島影動くごとたか子
海亀の足あと数多夏の月素秀

page_top

2019年7月21日

7月13日~7月19日

2019年07月19日
夏木立抽んでてをる時計台みづき
大師像臨む裏見の滝すだれ素秀
荘涼しどこに立ちても水の音菜々
鉄塔の踏んまへ立ちし青田かなはく子
おほかたは鬼籍や黴の紳士録うつぎ
岩清水両手で掬ひ漱ぐ素秀
くつきりと潮目を見せて夏来たるたか子
2019年07月18日
夕立去り雀来てゐるにはたづみみづき
五条坂深き軒端に吊り忍みづき
2019年07月17日
白桃のするりと剥けしうれしさよはく子
梅雨じめりして朝刊の手に重し満天
腰かけによき切株や避暑散歩菜々
山荘の小径を綴る苔涼しせいじ
四阿に見下ろす夏の海まさをやよい
2019年07月16日
常濡れの一寸仏岩清水小袖
朝蝉やけふの予定の目白押しやよい
夏越とて噴井の水を家苞にうつぎ
萱草の彩る径を山荘へ菜々
瀬の岩を研ぐごと激つ梅雨の渓せいじ
行厨は半夏生咲く四阿にはく子
青楓トンネルなせる渓の径明日香
部活女子素足で駈ける海岸線宏虎
2019年07月15日
天空てふ駅眼下とすビアホールなつき
沖汽笛間遠に聞こゆ夏座敷みづき
航跡の帯となりたる夜光虫素秀
夏料理海の藍なる食前酒みづき
空腹に響くや午下の牛蛙やよい
2019年07月14日
海開き神事待てずに駈けだす子素秀
早天の祈りに和して蝉しぐれせいじ
夕鐘の音の間遠に時鳥みづき
2019年07月13日
到来のメロン切り分け仏へも菜々

page_top

2019年7月14日

7月6日~7月12日

2019年07月12日
ハイカーの帽子に憩ふ銀やんま智恵子
館涼し案内嬢の声も又菜々
2019年07月11日
見て触れて楽しむ科学館涼しはく子
尾根の道涼しき風の吹き上げ来愛正
2019年07月10日
蚊遣り焚きテラスにはこぶ夕餉かななつき
泰山木かかげし花の高さかなぽんこ
2019年07月09日
目力に生命の名残り蝉の殻やよい
川床料理綺羅の南座真向かひに満天
平凡な暮らしが宝合歓の花宏虎
2019年07月08日
三輪山の天辺隠す梅雨の雲明日香
初蝉の乾きつつあるみどり羽宏虎
寺田屋の今も商ふ軒すだれ菜々
草葎より分け出でし梅雨きのこやよい
2019年07月07日
曙の霊山映す代田かなさつき
梅雨雲に呑みこまれたる機影かなぽんこ
風鈴の上機嫌なる峠茶屋宏虎
鴨川の両岸賑はふ夕涼み満天
顔寄せて頒けてもらへり団扇風なつき
夏山の今歩きしは雲の中智恵子
2019年07月06日
洋館の開かずの窓や立葵たか子
万緑の中に火床や東山明日香
瑞垣に添ふてほつほつ夏の萩菜々
牛蛙古墳の池を震はせてやよい
木洩れ日に光放ちて苔の露こすもす

page_top

過去一覧

2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site