最新のみのる選

過去一覧 縦書PDF 検索

2022年9月25日

9月17日~9月23日

2022年09月23日
鶺鴒の遊べる川に鎌洗ふ素秀
田を渡る風に稲穂の重さありうつぎ
砲台跡海を眼下に風は秋ふさこ
古刹へと辿る長坂曼殊沙華せいじ
露天湯に稲刈終へし顔そろふひのと
2022年09月22日
吊り橋の影くつきりと秋の潮あひる
水神の岩祠より秋の蝶豊実
海峡を渡る車列や鰯雲あひる
家並みの途切れ車窓に豊の秋澄子
過疎の村生徒総出の落穂狩みきお
膝で寝る犬の温もり秋寒しかえる
2022年09月21日
泣くやうに艫綱軋む夜寒かなひのと
神杉の木漏れ日を浴ぶ曼珠沙華明日香
日の高き一番風呂よ草刈女なつき
木々あまた倒れ野分の置き土産千鶴
2022年09月20日
四つ目垣少し緩みて野分去るたか子
突上げし指にとまりしあきつかな素秀
祝はれて背筋伸ばせり敬老日なつき
落人の道はこのへん花芒むべ
一滴に味引き締まる阿波すだちせつ子
夜行バス窓うつ秋の雨に覚む素秀
2022年09月19日
賛美歌の声澄みわたる秋の空あひる
秋蝶をしばし留めて旅鞄ひのと
吠ゆるかに怒涛なす雲台風来きよえ
女王の柩千草の花の蓋せいじ
古希迎ふ敬老の日の初祝ひあられ
沖泊の船に灯ともる夜霧かなひのと
握り跡残る鍬の柄天高しみきお
2022年09月18日
秋晴や駆けだしさうに靴ならぶひのと
秋扇を天に翳して踊り果つひのと
けだものの目鼻となりて茸狩澄子
2022年09月17日
老舗宿備前の壺に千草活けたか子
曼珠沙華さざ波寄する湖畔かなみきえ
碑に停まりたるとんぼうの思慮深したか子
天高し足場積み上ぐ金属音たかを
虫の音のリズムはいまし子守唄きよえ

2022年9月18日

9月10日~9月16日

2022年09月16日
竹春の葉擦れさやけし嵯峨小径宏虎
蜻蛉の翅が一枚落とし物かえる
子規句碑に添ひし丈余の萩愛づるたか子
寡婦となり早七年や栗供ふひのと
新蕎麦をすすりかしまし旅楽しもとこ
更待や夜勤の仮眠室の窓豊実
剥く吾子の肘まで落つる梨の汁そうけい
元気だせよと叱咤する鵙高音明日香
2022年09月15日
幼な子の背伸びの先に柿ひとつかえる
珈琲を淹れて独りの夜長かな澄子
発掘の遺跡に群るる赤とんぼなつき
広芝をスクランブルす秋津かなせつ子
紅芙蓉きりりと絞り今日を閉づ満天
蒲の穂に触れもし水上橋渡るぽんこ
魚信なき竿立て掛けて寝待月豊実
青蜜柑剥きたる爪の芳しきむべ
三つ編みを解いて花野に遊びけりひのと
秋霖に浮かぶ巨岩は石舞台明日香
2022年09月14日
矢印を曲がれば匂ふ菊花展みきお
青空へ縺れやまずよに蝶の恋あひる
野の花と共に供へる新走り澄子
白々と激つ瀬に秋惜しみけり明日香
ののさまへ供ふ新米ひとつまみひのと
影もまた恋のリズムや揚羽蝶あひる
白寿なほこころざしあり秋そうび董雨
寝ころびし顔をくすぐる花芒素秀
2022年09月13日
健吟を願ひて子規忌修しけりたか子
立待や庭に見得きる松の影豊実
どの書にも父の遺筆や秋燈下ひのと
火口なる奈落の水の澄みにけり素秀
遠山の裳裾真白き蕎麦の花せつ子
鰹木の菊の御紋へ秋日燦明日香
古暖簾褪せし酒蔵新走り智恵子
宅急便父丹誠の今年米智恵子
いつぷくのお薄に和む萩の寺宏虎
車椅子止めし路端の草紅葉そうけい
2022年09月12日
祈る児の手の先まんまるお月さませつ子
投錨の音朝霧へ消えゆけりひのと
十六夜に寄る木星の淡きかな豊実
地球儀をまはして夜学始まりぬひのと
恙無く仕舞湯に聴く虫の声せつ子
2022年09月11日
草千里白露にまつ毛濡らす馬智恵子
十六夜やこけしにもある夜の顔素秀
開け放つ生家の仏間鬼やんまみきお
十六夜にゆふべの残り団子食ぶむべ
大琵琶を覆ひつくして鰯雲たか子
街灯の尽きたる路に月新たひのと
園児らの返事高らか小鳥来るたか子
火灯窓風の芒の影法師智恵子
2022年09月10日
ものがたり始まりさうな野分雲あひる
萩活けて匂ひの残る手を合はすひのと
虫の音に露天気分のわが家風呂素秀

2022年9月11日

9月3日~9月9日

2022年09月09日
ひぐらしの間遠となりて夕日落つもとこ
推敲に推敲せよと法師蝉せつ子
女王逝く大虹かかる宮殿へ千鶴
わが前を蝶のいざなふ花野径澄子
秋霖や逝きし夫の男傘むべ
鎌捨ててすくむ翁や秋の雷素秀
秋灯し鞍馬の里の小糠雨あひる
時化の日は沖見るばかり秋団扇ひのと
ゆつくりと水車吐き出す秋の水宏虎
2022年09月08日
イヤホンの片耳はずす虫の夜なつき
青栗を蹴つて競ふや下校道かえる
刈り入れの済みし畦道捨案山子みきお
草野球とんぼと共に盗塁す満天
釣り銭を両手で受くる秋祭ひのと
雲裂けて隠沼に射す秋日かな素秀
早起きの子が数へみる牽牛花あひる
沿道に飛び火の如く曼珠沙華澄子
2022年09月07日
帯となり白衣となりて山の霧たか子
風渡る尾根の細道吾亦紅智恵子
舟ひとつ浮かべて湖の澄めりけりひのと
青柿の顔のぞきをる葉かげかなあひる
2022年09月06日
砲台の残る島影鳥雲にみきお
出羽三山ななめに仰ぐ案山子かなひのと
成人の吾子と楽しむ夜長酒もとこ
木立抜け秋麗の富士あらたなり澄子
秋あざみ挿して職員室の窓あひる
荒海の如く波打つ稲穂かな千鶴
山頂にパゴダの白き霧の町素秀
ひと日終へ老には長し秋の夜ふさこ
2022年09月05日
鎌を引く花かたばみを避けもしてあひる
台風の魁カーテン揺れ通しこすもす
駅長の奏づるピアノ星月夜ひのと
遠山を越え迫りくる野分雲せいじ
折りとれば露の重さの蛍草素秀
叡山に谺すごとく法師蝉せいじ
爽やかや十七文字が吾を呼ぶたか子
2022年09月04日
澄む川面遡るやに白き雲満天
朝月や海より明くる漁師町ひのと
離れへの足をとめたる秋海棠明日香
来し方や受洗記念の九月来ぬせいじ
竜胆にひと息つきて山の道あひる
2022年09月03日
満たさるる故に募りし秋思かな明日香
小流れに誘はれ散る桐一葉智恵子
高牧の起伏に群るる夕蜻蛉せいじ
石蹴りの石持ちかへる秋の暮ひのと
地鎮祭終へし更地へ月さやかひのと

2022年9月4日

8月27日~9月2日

2022年09月02日
露けしや草で拭へる花鋏ひのと
しやがむ子の頭を撫づるゑのころ草素秀
相聞の鹿の聲きく夜明け前澄子
ゆくりなく旅に出会ひし流れ星たか子
自販機は火蛾の虜や近づけず智恵子
2022年09月01日
雨乞ひの宮に的射る音澄めりなつき
母子像の伏し目やさしき秋日かなひのと
秋風に軋みやまずよ舫ひ舟たか子
稲妻の折れ入る溪の深きかな素秀
ゲリラ雨嘘のごとくに星月夜智恵子
長き夜が足りぬ思ひ出話かななつき
四阿に誰かの栞小鳥来るひのと
2022年08月31日
空つぽのゴンドラ霧の山頂へひのと
つる草の絡みつきたる秋簾せいじ
また来るね小さき指切り夏休みみきお
川に沿ふサイクルロード葛の花せいじ
断捨離の逡巡として秋暑しもとこ
2022年08月30日
振り向かず駅に消えゆく帰省の子なつき
山襞の霧押し上げて雨上がるたか子
さやけしや駅頭に聴くバイオリンむべ
夕霧に湖底めくなり峡の里澄子
荒畑を分けて狼藉鹿の道素秀
白粉花ねむりに入りし亭午かなあひる
秋晴や日の匂ひする子のつむじひのと
2022年08月29日
パフェ崩しながら秋思の銀の匙むべ
風呂掃除して帰りたる帰省の子なつき
一村の命の疎水山澄めり澄子
流木をベンチに島の星月夜ひのと
秋すだれ浜風抜ける海の家千鶴
子ら去りて夫婦で分くる缶ビールなつき
2022年08月28日
長き夜や凪待つ水夫の針仕事ひのと
鴨川のデルタにまろび夏惜しむせいじ
竹箒はき目くつきり涼新たうつぎ
山霧の晴れし刹那や鹿過ぎぬ澄子
眠る子に癒やされ送る団扇風かえる
食べる顔浮かべて葡萄送りけり千鶴
2022年08月27日
履き慣れぬ鼻緒ぎくしやく浴衣の子たか子
団扇手に母の愚痴聞く里帰りみきお
志し半ばの訃報身にぞ沁むたか子
相槌をうちつつ秋思募りけりもとこ
糊ききしエプロン広げ涼新たむべ
大富士をかけのぼるやに秋の月澄子

2022年8月28日

8月20日~8月26日

2022年08月26日
虫の夜の独り寝の杯重ねけりうつぎ
秋風や筆立てに挿す竹とんぼひのと
すり減りし点字ブロック秋時雨みきお
蟷螂の大見得きつて固まりぬ明日香
種無しを舌で合点巨峰食むあられ
うち返す秋の渚や誰も居らずこすもす
幼帝の眠る墳丘ちちろ鳴く明日香
穂芒の生糸のごとく日をはじく素秀
体重をかけて切り分く南瓜かな満天
長き夜のレコードへ針落としけりひのと
2022年08月25日
海鳴りのほかに音無く星月夜かえる
忘却と戦ふ母の夜長かなもとこ
新しき墓加はりて山澄めりひのと
余情もて鳴きおほしけり法師蝉せいじ
転ぶ児の傷のかさぶた夏の果なつき
闘病も武勇伝とす生身魂なつき
黄金田となりて湧き立つ匂ひかなみきお
2022年08月24日
星月夜ぐらり傾き着陸すひのと
蒲の穂のさざ波となる池広しそうけい
夏逝くや履かずに小さくなりし靴ひのと
秋の蝶草から草へジプシーすむべ
民宿の外厠へと虫すだく智恵子
蜩や羊歯群落となる山路豊実
細筆で描きし如くに今朝の月明日香
2022年08月23日
共白髪偕老願ふ夜長かなたか子
ほ句の秋自由に動く足が欲し宏虎
畳目の指に冷たき庵の秋素秀
裏路地の微風を捉ふ猫じゃらしそうけい
針箱に娘の釦小鳥来るひのと
海峡の巨船呑み込む秋没日うつぎ
夏雲と秋雲空に隣りあふたか子
2022年08月22日
朝靄の晴れし牧場鬼やんま智恵子
蔵に積む新米袋ほの温しみきお
水うてば土の匂ひも涼新たかえる
納骨を終へたる背ナに法師蝉素秀
受付けに忘れ物なる秋扇あひる
朝顔の芯に夜明けの色ひそむひのと
2022年08月21日
みささぎの御前で昼餉野路の秋明日香
軋みては閉づる門扉や虫の夜ひのと
二学期の少女が隠すピアスかなひのと
2022年08月20日
過ぎし日を老いたる姉と秋の盆たか子
もろこしにかぶりつく子の歯は真白もとこ
旅人の吾により来る蜻蛉かなうつぎ
しもつけの花の淡さよ霧の山あひる
駅の椅子背中合はせや秋暑しうつぎ
数行の吾子の返信日々草あひる

2022年8月21日

8月13日~8月19日

2022年08月19日
一日を包みて木槿落ちにけりうつぎ
新涼や肌にしみこむ化粧水満天
飛行雲大夕焼を二分けすきよえ
カーテンを押しのけてくる秋気かな満天
二階へとのぼる糸瓜の青簾智恵子
朝顔の蔓ととのへて出勤すひのと
己が影と追いかけつこの蜻蛉かなはく子
去る船の水脈いつまでも秋入日ひのと
大文字消えてかそけき山の影せいじ
2022年08月18日
石畳たたら踏ませし蝸牛こすもす
雷鳴に小走りとなる帰り道かえる
追伸に店畳むこと秋燈ひのと
和箪笥のひきだし重き秋湿りむべ
最後まで話聞いてよ法師蝉もとこ
投網うちひろげしごとく鰯雲あひる
月さして水槽の魚ひるがへるひのと
朗吟の声響かせて星月夜千鶴
2022年08月17日
つくばひの杓を離るゝ蜻蛉かなひのと
灯下親し古りし机の輪染みかなたか子
登山帽脱いで一礼磨崖仏みきお
白萩や遠流の島の能舞台澄子
大文字ビルのあはひに現るるあひる
肩車せし子の指呼に大文字せいじ
大いなる夜の帳に大文字あひる
船を出す父の背中へ秋日燦ひのと
生身魂むかしむかしは三人娘宏虎
2022年08月16日
好物の珈琲飲ませ送り盆うつぎ
驟雨急善意の傘に助けられみきえ
流灯の橋裏の闇照らしつつ素秀
老いてなほお洒落忘れぬ生身魂明日香
帰省の子自分の部屋を断捨離すぽんこ
這う如くぞめきの中を阿波踊りたか子
2022年08月15日
初盆や父の座椅子のでんとありなつき
吾子の手に余る鈴緒や秋湿りひのと
書きだしに迷ふ手紙や秋暑しむべ
風船葛遊んでゐたる風の精うつぎ
初盆や父知らぬ嬰加はれりなつき
電話ボックスまず蜘蛛の囲を払はねばよう子
闇に浮く五重の塔や万灯会ぽんこ
直立の脚絆の父や終戦忌素秀
2022年08月14日
朝採れの秋茄子母の仏前に豊実
金にゆれ銀にそよげり芒の穂むべ
ふるさとの青田に風のあそびけりひのと
2022年08月13日
連獅子のごと草煽ち台風来むべ
小さきシャツ物干しにゆれ盆休みもとこ
寝惜しみて亡夫と明かす盆の月うつぎ

過去一覧

2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site