みのる選:最新6週分

過去一覧 縦書PDF 検索

2019年6月16日

6月8日~6月14日

2019年06月14日
抽んでし架橋の主塔夏霞素秀
よき風をいなして揺るる軒簾せいじ
林道を抜けて展けし麦の秋愛正
八つ橋の陰頼みとす蝌蚪の国たか子
2019年06月13日
どくだみの花の白さや夕散歩こすもす
水遣ればふはり風立つ菖蒲茶屋なつき
腰下ろす畦に干し草匂ひ立つ三刀
2019年06月12日
下校児の奇声に覚めし昼寝かなせいじ
峠茶屋足休ませて心太宏虎
田の泥に足取られつつ苗起こす明日香
青天井縦横無尽みずすましたか子
名水の岩の常濡れ苔の花ぽんこ
2019年06月11日
ジャンプして脚長きこと雨蛙たか子
医通ひもドライブ気分青葉道菜々
初生りの茄子で夕餉や共白髪よう子
たたなづく青嶺幾座や展望台明日香
2019年06月10日
立葵谷戸に明治の木の校舎宏虎
夕焼を映して燃ゆる忘れ潮素秀
ごろ寝ふと覚むれば傍に蚊遣香せいじ
2019年06月09日
葉隠れにお化け胡瓜となつてゐしやよい
丹精のトマトを孫の家苞に三刀
2019年06月08日
公園の要の古墳青葉闇菜々
日々太る庭のトマトに夫機嫌菜々
堀端に小舟一艘花菖蒲愛正
燕の巣今朝は空つぽ小糠雨智恵子

page_top

2019年6月9日

6月1日~6月7日

2019年06月07日
夫の船戻るを待てる日焼海女やよい
雨憎し庭の紫陽花皆お辞儀明日香
大杉に侍るがごとく濃紫陽花さつき
2019年06月06日
夏草に隠れて傾ぐ売地札たかを
保育士の四囲より子らの水鉄砲たか子
蟻の道たたらを踏みし靴の先たか子
達筆の御朱印帳の文字涼しそうけい
かけつこの子らを追越すつばくらめ素秀
飛行雲スクランブルす夕焼空せいじ
2019年06月05日
蛍火の水面に乱舞高瀬舟素秀
花あふち砦に縄文遺跡あり三刀
2019年06月04日
豆飯を炊いて遺影に話しかくはく子
たまねぎ干す不揃ひなれど庭の幸菜々
さす棹に蛍火絡む高瀬舟素秀
万緑の底ひに隠れ耶蘇の里なつき
2019年06月03日
クレーンの掴まんとする雲の峰やよい
注連縄の古りて下闇なせりけりこすもす
園児らの目の高さなる花しょうぶたか子
改札を出で入り自由つばくらめやよい
汗光る屋根師口より竹の釘よう子
会釈して菖蒲田の畦譲り合ふたか子
明易や夫を看取りし日々のごとはく子
2019年06月02日
野辺の草摘みて供華とす露の墓ぽんこ
笑ひ声路地に洩れくる簾かな智恵子
鉢のもの息も絶え絶え大西日明日香
梅雨じめりしたる投薬袋かなたか子
シルバー族薔薇のテラスにテイータイム菜々
2019年06月01日
餌を欲りて鯉の競りあふ池薄暑ぽんこ
廃坑を塞ぐ格子に滴れる素秀
野仏に鳴りつぐ風の小判草智恵子

page_top

2019年6月2日

5月25日~5月31日

2019年05月31日
せせらぎの涼しく奏づ詣で道菜々
漣に植田の風の見えにけりこすもす
微かなる木々のそよぎや池涼しやよい
2019年05月30日
車椅子押して寄せたる若葉陰満天
濃紫陽花山の樹間を埋め尽くし素秀
青蔦を御手に絡ませ六地蔵ぽんこ
2019年05月29日
万緑の丘を一望道の駅ぽんこ
あひたがひ釣り具自慢や鮎の宿宏虎
大仰に風をいなして今年竹宏虎
流木を仏と祀る寺涼しなつき
大橋を見上ぐ露天湯明易しやよい
2019年05月28日
雨弾きをる枇杷の実の産毛かな素秀
まなかひに朝焼の富士露天の湯智恵子
瀬しぶきに光る一筋蜘蛛の糸さつき
さみだるる四囲の翠黛滲ませて菜々
2019年05月27日
潮干狩り迷い子を告ぐるスピーカー智恵子
小流れを狭む汀の花菖蒲さつき
そら豆の莢の無垢なる白さかなたか子
松の芯大空指して鬩ぎあふぽんこ
山上のキャンパスフェスタ囀れるはく子
2019年05月26日
今年竹もろ肌脱ぎに皮つけて明日香
素麺をすする老舗の江戸切子智恵子
巣燕のちぎれんばかり首伸ばしさつき
2019年05月25日
浜木綿を籬としたる島食堂智恵子
木下闇五百羅漢の苔むしてはく子

page_top

2019年5月26日

5月18日~5月24日

2019年05月24日
初生りの胡瓜根性曲りをり董雨
夏空へ切妻屋根の連なりぬせいじ
波飛沫浴びて遊覧船涼し智恵子
2019年05月23日
源流の森に群生著莪の花愛正
十薬の群落廃坑隠すほど智恵子
持て余すかちんかちんの氷菓かななつき
迷ひなく鋏を入るる雨後の薔薇さつき
亡き夫の恋文ならめ落し文はく子
2019年05月22日
新茶揉む老婆の皺の手窪かな愛正
摺り足で闇に踏み入る蛍狩素秀
渓流の楽に和すごと遠河鹿隆松
代田いま入江のごとく広ごりぬせいじ
膝ついて傅くごとく薔薇手入れ菜々
2019年05月21日
谷戸広し代田に青天井展けせいじ
雨晴れてさ緑深きお茶畑やよい
雨粒の珠を宿して薔薇真紅満天
ジョギングの影が縫ひゆく夏木立さつき
2019年05月20日
野辺草の風の波間に石仏たかを
緑風や真白き馬柵に凭るればこすもす
和太鼓の打ち揃ひたる五月晴満天
2019年05月19日
堂涼し阿弥陀の前に朱印受くなつき
渓谷の茶屋に一服河鹿鳴く智恵子
2019年05月18日
一村に水匂ひ立つ植田風うつぎ
五月雨のオランダ坂をたもとほりやよい
百磴の緑さす途に石仏ぽんこ

page_top

2019年5月19日

5月11日~5月17日

2019年05月17日
玻璃皿の透明感や夏料理宏虎
緑陰に集合したるベビーカー満天
麦の穂の整列乱し風渡る明日香
池ほとりの涼し靴づれ休めけりなつき
長屋門大鉈振るふごと飛燕たか子
耳鳴りにあらず間遠の蝉の声素秀
衣更へてお洒落楽しむ米寿翁宏虎
2019年05月16日
田水張り終えて連邦パノラマにもとこ
浜駈けてゆく白帯の裸足かな智恵子
庭いぢりしたる手なれば蚊も打てずせいじ
2019年05月15日
川底に銀翻し鮎遡上智恵子
里山に摘みきしといふ蓬餅うつぎ
噴水の弧を駈け抜けて児ら遊ぶぽんこ
2019年05月14日
次々に干潟呑み込む五月潮三刀
高木の森を砦に薔薇の園菜々
塗香して仏にまみゆ安居寺はく子
耕運機土くれこぼす青田道小袖
降り始む雨に田蛙騒がしきうつぎ
竹秋の脊山を戸々に棚田村うつぎ
2019年05月13日
母の日や子の来て弛む夫の顔よし女
百畳の棚に滝なす藤の花やよい
2019年05月12日
山藤の彩を失ふ暮色かなうつぎ
ハーブティー試飲コーナー園薄暑さつき
2019年05月11日
青蔦や象のはな子を偲ぶ檻さつき
山路いま森林浴となる奈落せいじ
若楓磴はたたみにたたみたるやよい
えごの花散って星屑撒き散らすよし女
靴跡のハの字ヘの字や田水張るよう子

page_top

2019年5月12日

5月4日~5月10日

2019年05月10日
新樹光見守り隊のかんばせに明日香
早朝の夏の山気を深呼吸たか子
スナックの看板に添ふ薔薇の鉢ぽんこ
2019年05月09日
今年竹さざめく中にエジソン碑菜々
小手毬の組んづ解れつす風いなすせいじ
風の丘見渡す限りラベンダーぽんこ
魚河岸に飛ぶだみ声や初鰹宏虎
若葉風大きく逸れるフリスビーなつき
河鹿鳴く早瀬に摩崖弥勒仏もとこ
夏落葉分水嶺はこのあたりたか子
2019年05月08日
沖つ島見え隠れする卯波かな智恵子
天指して鬩ぎ合ふやに松の芯素秀
首塚の主寧かれとれんげ畑もとこ
百蝶のとまりたるかに花水木れいこ
2019年05月07日
夏燕沖ゆく船のゆつくりとうつぎ
坂がちの歌劇の道の花水木宏虎
実の数を当てつこしつつ豌豆剥くこすもす
下闇に苔むす墓の累々とはく子
水底に届く日差しや水草生ふれいこ
吟行は始発電車や明易しさつき
2019年05月06日
窓繰れば卯の花匂ふ雨上がりせいじ
吊橋は丸太造りや渓若葉さつき
出港の弧を曳く水脈に風光るやよい
薔薇香るグリンチャペルの広庭にさつき
夕牡丹耐えきれずして崩れけりうつぎ
2019年05月05日
道渡り終えし毛虫に安堵しぬたか子
麦の秋地平線から飛行雲たかを
普賢岳まなかひにして潮干狩りさつき
2019年05月04日
母の唄上機嫌なる菖蒲の湯智恵子

page_top

過去一覧

2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site