最新のみのる選

過去一覧 縦書PDF 検索

2022年1月23日

1月15日~1月21日

2022年01月21日
ちやんちやんこ企業戦士の面は無くたか子
寒風に揺るるおでんの赤提灯みきえ
幼子の笑顔のピース冬ぬくしきよえ
歌留多よむ声恋歌に上ずりぬ素秀
灯ともせば結露の玻璃は万華鏡智恵子
貼りたての障子仄かに朝日射す千鶴
少年の淡い口ひげ春隣千鶴
2022年01月20日
風花の路地にひしめく先斗町もとこ
霧氷林窓に触れもす電車かなうつぎ
マルチングとれば生き生き冬野菜明日香
雪降るやしづかにほどく仕付糸ひのと
湯治場の長き廊下や雪明り凡士
大寒に耐ふのど飴をまろばせてやよい
2022年01月19日
懐手して漁師らの沖見癖ひのと
寒風に研ぎ澄まされて月孤高はく子
ペンギンの親子さながらスケートすあひる
石段に折るる我が影日脚伸ぶみきお
水の面をたたら走りに鴨翔ちぬせつ子
青空の透けて疵無し初氷素秀
懐手解いてくぐりし注連柱凡士
2022年01月18日
雪山を転がり落つる風を見よ素秀
つのる鬱蝋梅の黄に癒やされぬもとこ
鬼の的を発しと射抜き弓始はく子
忘の字の闇に灯るや阪神忌あひる
風花の神馬の睫毛くすぐりぬうつぎ
女正月湯船に浮かぶ絆創膏なつき
花筒の氷を割りて供花を挿すたか子
湯もみ女の高窓に舞ふ細雪智恵子
をさなごのみやげ話や雪うさぎあひる
片方は淀の葦原冬の虹凡士
生き延びし汝れも鬼籍や阪神忌せいじ
真つ白な雪の沖より船もどるひのと
息白く天突き朝礼体操すみきお
2022年01月17日
小さき口開け待つ孫に蜜柑剥くもとこ
凍てついて尖る轍や山の道みきお
冴ゆる夜の家のどこかが軋む音凡士
しずり雪避ける術なし墓の径たか子
石ひとつ生の字におく震災忌凡士
震災を知らぬ瞳や冬茜ひのと
少年ら正座凜凜しく寒稽古宏虎
寒風にテニスボールのよろけけりぽんこ
2022年01月16日
川凍るひとひらの葉を封じ込めひのと
農一筋豊作祈り鍬はじめみきお
野地蔵の雪を払ひて合掌す智恵子
小走れば枝から枝へ枯木星あひる
着膨れて津波の報に怯えけりふさこ
とんど火に燃ゆ直会の紙コップよう子
雪道を夫の靴跡なぞりつつたか子
2022年01月15日
春近しプラスマ思考へ転じけり明日香
母の味探り白菜漬けにけりむべ
女正月三人寄ればよく笑ふやよい
尼寺の寒の厨に灯の点りみづき
竹爆ぜて宮に谺すどんどかなもとこ
舞ひ終へし帯のほてりや垂り雪ひのと
命毛を利かせ一巻初写経うつぎ

2022年1月16日

1月8日~1月14日

2022年01月14日
ローカル線窓辺に眩し雪景色智恵子
幾度も雪の窓開け子規思ふうつぎ
姫を舞ふ神楽の人の喉仏みきお
行間にふるさと匂ふ寒見舞凡士
どこまでも雪吹き込めるシャッター街素秀
形見なるセーターまくり皿洗ひむべ
農小屋の前は浄土やほとけのざあひる
2022年01月13日
ストーブを背に荷を下ろす行商婦凡士
左義長の火柱となり空焦がすみきお
むささびの星を抱へて渓渡る素秀
顎上げて投薬と呑む寒の水たか子
ありたけの酒積みていざ初漁へひのと
突風に舞ひ落ちて来し寒雀みきえ
2022年01月12日
やはらかき手首を持ちて筆始むべ
風花やひざ掛け紅き人力車凡士
男には頼らぬ鏡開きかなひのと
更くる夜の家を揺るがすしづり雪みきお
船追うて鳶の去りゆく松納ひのと
気に入りて持ち帰りたる初神籤たか子
2022年01月11日
雪残る橋な滑りそ初詣こすもす
両の手に雪玉持つて登校すひのと
鰤引いて仕事始めの手鉤かなひのと
たつぷりと小豆を炊いて鏡割りみきえ
練りきりの虎と目の合ふ初茶湯むべ
校庭の隅まで伸びし冬木影あひる
対局の袴凛々しく年新たせいじ
笛鳴らす警官もまた新成人素秀
初句会なれど目当ては飛鳥鍋明日香
2022年01月10日
深酒や船出せぬ日の古炬燵ひのと
読初の聖書ふたりで開きけりせいじ
だみ声を残して翔ちぬ寒鴉ぽんこ
福寿草咲ひて日常回りだすみづき
譲らるる席に一礼着膨れてうつぎ
煮凝や父の認知のふと戻りむべ
稽古着のままの一団初詣こすもす
欅枯れ千手の瘤を日に曝す凡士
2022年01月09日
放水の的撃ち抜きし出初式豊実
亡夫在さば金婚の筈家の春こすもす
百寿なる松の下なる歌はじめひのと
冬耕の手を振りくれし卆寿翁うつぎ
成人の日の島ぢゆうが母のかほひのと
兜煮の目玉いただく松の内宏虎
2022年01月08日
弾初や松脂弓にすべらせてむべ
不機嫌を隠して母はくず湯吹く素秀
伸びやかな鳶の笛降る初御空やよい
凍雲の切れ目に白し伊吹山隆松
初髪を解けば火の粉の匂ひたつひのと
偕老の肩寄せあひて日向ぼこ明日香
着脱に十指もつるる寒の朝たか子
やれ嬉し孫より声の年賀状みきえ
寒の水喉にするりと常備薬満天

2022年1月10日

1月1日~1月7日

2022年01月07日
懐に子犬抱へて御慶述ぶひのと
コンビニの七草パック山と積むもとこ
煎り酒の匂ふ厨や雪しづりむべ
二種足らぬ七草なれどお祝いす宏虎
七種や故郷に残す母のことひのと
どんど焼きウイズコロナの文字も燃ゆ明日香
和太鼓のドンと響きて寒稽古せつ子
箸置きを二つ並べて七日粥豊実
2022年01月06日
恵方へと糸弛ませるいかのぼりたか子
川の字に孫を挟みて寝正月素秀
小さき手より薄氷を譲らるるひのと
夕空に小寒の月研ぎ澄ますなつき
赤き掌で湯気の臼よりちぎり餅豊実
大白鳥水面の朝日啄みぬひのと
吾ひとり祈るチャペルに淑気満つせつ子
ドライバー募集と札や初荷行くうつぎ
冬木立空つぽの巣が二つ三つあひる
鐘を撞く梢の冬芽震はせてはく子
初雪の地につくまでに消へにけり満天
2022年01月05日
獅子舞の大き口から眼鏡顔素秀
面とれば湯気立つ剣士初稽古凡士
乗初は一山越ゆる郷帰り素秀
孫ら来て変顔ごつこ初笑せつ子
重ね着や色のことなど言ふてをれずたか子
除夜の鐘燭ふるはせて撞きにけりはく子
2022年01月04日
独楽の色同心円に溶け込めり豊実
突と湯気吹きてケトルの叫びだすあひる
手に破魔矢帰宅の夫の機嫌よしみきえ
次々の御慶に応ふ神馬かなうつぎ
外つ国の嫁の手慣れの雑煮かな凡士
巫女の鈴頭に戴きて初詣うつぎ
畝幅を整へ直し寒に入る千鶴
2022年01月03日
みな去にて珈琲旨き三日かなもとこ
風花の湯気に玉砕露天風呂宏虎
初夢に宇宙旅行の吾のゐてあひる
笹鳴きの参道抜けて神社へとこすもす
子ら去りてやつと私のお正月明日香
2022年01月02日
大人びし孫と手つなぎ初詣たか子
夢かしら子供たちからお年玉明日香
賜りし長寿に感謝初日の出宏虎
皿盛りの仕上げに添へる実千両あひる
初詣で迷子がかりは婦警さん智恵子
一の字に銀翼よぎる初御空みきえ
雑煮椀代々といふ黒漆千鶴
2022年01月01日
明星を残して峡の初明り素秀
古都の旅母と初乗り人力車智恵子
ずわい蟹バイト仕込みの子の捌きせいじ
黒潮の岬に初松籟を聞く素秀
金箔の黒豆摘む祝い箸豊実
うたた寝を起こし起こされ去年今年なつき
恭しく孫にいただくお年玉ぽんこ

2022年1月2日

12月25日~12月31日

2021年12月31日
除夜の鐘間合ひに落ちて夢の中素秀
大晦日捲るトイレのカレンダー豊実
目瞑りて大晦日なる仕舞風呂せいじ
いく筋も杣の煙や山眠るあひる
金婚の二人あひ謝し晦日そばたか子
大晦日遅れを正す古時計むべ
寒風にブレークダンス濯ぎものはく子
2021年12月30日
一穢なき峡の凍空鳶の笛素秀
コロナ禍に余白の多き日記果つ千鶴
しあわせと母のひとこと園小春あひる
二日目の孫打ち解けし年の暮せいじ
2021年12月29日
泥田からゆるり足抜く蓮根掘りせつ子
国訛り弾む団欒掘炬燵千鶴
年送る孫と人生ゲームしてせいじ
寒鴉陸軍墓碑を閲兵すぽんこ
小つごもり簡素となりし厨ごとたか子
漬樽のならぶ師走の京老舗凡士
野仏の福耳を打つ雪つぶて素秀
2021年12月28日
冬耕の人と烏の黒き影素秀
水仙や墓所は港の見える丘素秀
年用意日がな黒豆煮る匂ひ千鶴
冬鴎群れ飛ぶ沖の大漁旗凡士
花瓶へと活くる雪折実南天こすもす
2021年12月27日
夜を走る鼬の口の赤きかな素秀
久に訪ふ吾にふるさと山眠るあひる
北風にぞめく竹林裏参道せいじ
車窓いま袋叩きに玉霰せつ子
ひさびさに家族集ひて年惜しむもとこ
木枯しの山頂古都をパノラマにせいじ
延々と風車連ねて山眠る凡士
2021年12月26日
枯木宿樹影揺らめく磨り硝子むべ
菰巻かれ蘇鉄はオブジェ然となす凡士
冬天の真澄に舞へる鳶高しせつ子
2021年12月25日
羽欠けしままに聖樹の天使かなあひる
剪定の小枝で飾り松創るたか子
断捨離のごとくに庭木剪定す明日香
着ぶくれて散歩の犬に追ひ越されせつ子

2021年12月26日

12月18日~12月24日

2021年12月24日
小さきベル揺るる垣根の聖樹かななつき
連弾の姉妹の頬に聖夜の灯凡士
聖夜いま燭から燭へ火をうつしむべ
2021年12月23日
鉢巻も泥だらけなり蓮根堀せつ子
しまひ湯のふやけし柚子を愛しみ千鶴
みせまじき不覚の涙月冴ゆる明日香
冬至粥亡夫のくれし橅の匙むべ
2021年12月22日
柚子揉みて軟らぎし湯に肩沈めぽんこ
置き去りにされて星見す雪だるま素秀
湯あがりの髪の匂へる柚子湯かなむべ
ガラス戸のなきやに磨く年用意董雨
古希間近真赤なカーディガンを買ふもとこ
2021年12月21日
雀どち浮きつ沈みつ枯葎明日香
小剣士面から洩るる息白し素秀
狼藉は芽芋狙ひの猪の穴千鶴
捨てられぬ贔屓力士の古暦こすもす
しぐれ雲稜線越えて雪崩落つ智恵子
2021年12月20日
登校の子らの地団駄初氷凡士
生駒山靄を裳裾に眠りけりはく子
手水舎は人感センサー宮小春せいじ
介護靴新調するも年用意やよい
ハーモニー手話も加はり降誕歌むべ
裸木となりて苔美しき満天
チェンソー唸る杣山冬支度智恵子
2021年12月19日
尖塔の十字影嵌む冬の望むべ
明日検査寒満月に祈りけりなつき
木枯しに耳裏がへるピーグル犬たか子
気の早い凧上がりをり年の暮うつぎ
畳一面に版画の賀状乾す智恵子
2021年12月18日
乾杯のグラスに揺るるペチカの火たか子
砕けよとテトラポットへ冬怒濤宏虎
箸焦がし鰯焼きゐる朝市女なつき
大公孫樹天へ直立して枯るる素秀
茎漬や軋む町家の箱階段凡士

2021年12月19日

12月11日~12月17日

2021年12月17日
大欠伸して憚らぬマスクかな千鶴
煤逃げの夫の丸き背な咎めそたか子
ナンクロと格闘しをる炬燵かなあひる
雪ばんば薪割る山の一軒家やよい
キャタピラの土塊落とす冬田道せいじ
剪定に広ごりし庭寒椿みきえ
足早の人に抜かるる師走かなたか子
石庭のしるき紋様冬日燦せいじ
五代像見下ろす商都師走くるもとこ
2021年12月16日
一鍬に土よみがへる寒起こし千鶴
鯛焼の鰓から割れば餡の湯気素秀
髪染めて若づくりなる毛糸売なつき
着膨れて恵比寿顔なる巡査かな智恵子
秒針と氷雨の音を独り聞くあひる
一筋の日矢に煌めき銀杏散るぽんこ
真夜の能登どかんとの沖の鰤起し凡士
メモになき物に迷へる歳の市満天
2021年12月15日
弾痕の古りし石柱注連縄を張る凡士
着膨れて電飾街の人波にたか子
腐葉土を脱ぎて顔だす実生の芽豊実
ガジュマルを聖樹としたる島のカフェもとこ
2021年12月14日
瞬くと見るや流れし枯木星むべ
手套脱ぎ手話の二人は饒舌に素秀
枯山の天辺焦がし朝日出づ隆松
日照るとき枯山躁となりにけり明日香
伸び縮みせる艫綱に冬鴎凡士
海光の絣模様に冬凪ぎぬうつぎ
冬ざれの浜に朽ちたる手漕ぎ船智恵子
2021年12月13日
杣人の拓きし道や滝涸るる素秀
手袋にちやうど良き穴スマホ繰るあひる
カレンダーメモだらけにす年用意たか子
2021年12月12日
滔々の川面へ伸びし冬木の芽ぽんこ
小春日に鋏のはずむ園手入れ明日香
家中の断捨離に凝る師走かなやよい
友厚像睨む北浜十二月たか子
気は急けど手足動かぬ煤払満天
ダミ声のとびてアメ横年の暮智恵子
6Bをすこし寝かせて描く枯野凡士
2021年12月11日
凩や屏風岩背に塞の神うつぎ
息白く吾子の駆け来る川堤たかを
冬ぬくし落ちて尻もちパンダの仔凡士
無違反の免許返納して温しみきお

過去一覧

2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site