最新の7件を表示しています。

菜々句集について 過去一覧

着膨れて愛染さんへ二人連れ ひとこと 合評を書く

臼井菜々  

(きぶくれてあいぜんさんへふたりづれ)

合評

ひざ掛けもどうぞとクリスマスチャペル ひとこと 合評を書く

臼井菜々  

(ひざかけもどうぞとクリスマスチャペル)

合評

古びたる七輪出番牡蠣を焼く ひとこと 合評を書く

臼井菜々  

(ふるびたるしちりんでばんかきをやく)

  • 七輪はガスではなく炭火で焼くのが特徴。
  • 炭火で食材を焼くと、旨みを引き出すのに重要な赤外線の発生量が、ガスの炎の約4倍になるといわれています。
  • この赤外線の働きによって肉の中に旨みを閉じ込めたまま、表面がしっかり焼けると同時に、中まで素早くふっくら火が通ります。

合評

去年今年ほ句に癒され励まされ ひとこと 合評を書く

臼井菜々  

(こぞことしほくにいやされはげまされ)

合評

窓の日に透きて産み立て寒卵 ひとこと 合評を書く

臼井菜々  

(まどのひにすきてうみたてかんたまご)

合評

産土の軒高々と年木積む ひとこと 合評を書く

臼井菜々  

(うぶすなののきたかだかととしきつむ)

合評

神楽舞ふ湯立の巫女へ風花す ひとこと 合評を書く

臼井菜々  

(かぐらまふゆだてのみこへかざはなす)

合評

過去記事一覧

2024年|0102|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2023年|01|0203040506070809101112
2022年|010203040506|07|08|09|10|11|12|
2021年|010203040506070809101112
2020年|03040506070809101112
2016年|060708|09
2015年|0708
2014年|030405060708