成績一覧

過去一覧

2月27日 (投句29名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春ぼこり拭く地球儀の一回転 あひる 12 せいじ.やよい.智恵子.素秀.明日香.はく子.なつき.ふさこ.こすもす.もとこ.凡士.和子.
斜張橋の弦かき鳴らし春疾風 凡士 8 せいじ.あひる.やよい.きよえ.ぽんこ.あられ.たか子.みきお.
舞ふ人の影しなやかに春障子 ひのと 6 董雨.みきえ.たかを.みづき.あられ.千鶴.
蒼天へ辛夷のうぶ毛光りけり 満天 3 豊実.智恵子.ひのと.
猫の尾の居場所を探る春炬燵 素秀 3 豊実.なつき.もとこ.
満月の残りし空に辛夷咲く もとこ 3 あひる.きよえ.ひのと.
跳び箱へ長き助走や風光る ひのと 3 むべ.みきえ.凡士.
大橋を渡る島並み風光る 智恵子 3 董雨.はく子.みきお.
枝ぶりはよけれど咲くは梅二輪 凡士 2 隆松.宏虎.
車椅子押すも晴れ晴れ四温かな やよい 2 満天.明日香.
一人居の春の寒さを諾へり はく子 2 たかを.ぽんこ.
猫の恋はげし今宵はことのほか せいじ 1 宏虎.
アンケート答ふレ点にある余寒 素秀素秀 1 こすもす.
春の野へ父と子並びペダル踏む みきえ 1 満天.
春の野に巣箱のやうなミニ図書館 むべ 1 素秀.
枯草を鋤込む畑春大根 みきお 1 みづき.
悲鳴ごと土竜飲み込む大白鷺 豊実 1 かえる.
折鶴の直線の影日脚伸ぶ みきお 1 むべ.
流木に鯵寿司つまむ春の海 智恵子 1 たか子.
梅三分いぼ取り岩へ影淡し なつき 1 かえる.
暖たかや天地一気に動き出し 宏虎 1 ふさこ.
雛飾り出すに佳き日や陽燦々 明日香 1 和子.
撫で牛を撫でずに詣る梅三分 なつき 1 千鶴.

2月26日 (投句23名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
いちまいの光となりぬ春の海 ひのと 5 はく子.みきお.こすもす.ふさこ.やよい.
雛飾る共に老ひたる月日かな もとこ 5 あひる.みづき.素秀.なつき.明日香.
兜煮の目玉から食む桜鯛 千鶴 5 みきえ.なつき.凡士.せつ子.あられ.
春眠し猫の欠伸を貰ひけり 宏虎 5 たかを.むべ.きよえ.満天.やよい.
水禽の去りたる川の広さかな みきお 5 きよえ.せいじ.もとこ.千鶴.ひのと.
春光をしっかり巻きてキャベツ畑 満天 3 智恵子.凡士.あられ.
しまい湯の窓下にわかに猫の恋 あひる 3 たかを.豊実.みきお.
梅東風や引越しますと若夫婦 むべ 3 素秀.もとこ.うつぎ.
蒼天に降り注ぐごと枝垂れ梅 智恵子 3 みづき.満天.千鶴.
録画せし古き映画や春炬燵 こすもす 2 むべ.ひのと.
鳥枝にとまるや否や雪しずり 隆松 2 あひる.こすもす.
囀りに聴き耳立てる犬ふぐり ふさこ 2 宏虎.ぽんこ.
春日差す抹茶茶碗に光る泡 せいじ 2 ふさこ.明日香.
可動橋くぐり朧の河口かな 素秀 2 智恵子.はく子.
耳あてる鉄路の先につくづくし 凡士 2 豊実.ぽんこ.
ひそやかに佐保姫ソナタ奏で初む 凡士 1 たか子.
春寒し検査室入る重きドア なつき 1 みきえ.
定年の背をいつまでも春の雪 ひのと 1 たか子.
長老のミサの春眠な咎めそ みのる 1 せいじ.
田返しの済みし畝畝はや乾き 明日香 1 隆松.
かたくなに生きるのも由朧かな 宏虎 1 せつ子.
春水の小さき渦巻く澪つくし 素秀 1 うつぎ.
春寒やランチタイムの皆静か こすもす 1 宏虎.

2月25日 (投句26名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春淡し茶筅に残るうすみどり せいじ 7 むべ.もとこ.ぽんこ.みきお.かかし.凡士.ふさこ.
桜餅卒寿の女将立つ老舗 凡士 7 豊実.宏虎.ぽんこ.隆松.なつき.千鶴.せつ子.
糸柳風の形に靡きけり みきお 6 むべ.満天.董雨.みきえ.和子.ひのと.
描く人の面差しに似て雛の顔 やよい 4 明日香.あられ.凡士.ひのと.
まだ名無き仔牛鳴きたる声おぼろ なつき 4 たかを.せいじ.あられ.千鶴.
春の日へ一礼をして舞ひ始む ひのと 3 宏虎.素秀.たか子.
紅梅を揺らして小鳥飛び立ちぬ 満天 3 あひる.董雨.たか子.
堰落つる激しき飛沫雪解水 智恵子 3 満天.みきお.かかし.
蹴ってみる石ころひとつ春うらら 明日香 2 たかを.智恵子.
大道芸つぼみの固し梅まつり なつき 2 豊実.明日香.
学び舎の別れの窓辺風信子 智恵子 2 もとこ.うつぎ.
しだれ梅おさな手を伸ぶ低さかな むべ 2 あひる.智恵子.
山麓の畑のひと畝茎立ちて 明日香 1 こすもす.
踏青や抱つこをせがむマルチーズ みのる 1 せいじ.
朝東風に通学の列乱れなし 満天 1 みきえ.
梅ひらく風格今も長屋門 凡士 1 うつぎ.
霾やひた垂れのごと街おおふ たか子 1 素秀.
コーヒ缶片手に親子麦を踏む みきお 1 和子.
涙誘う遺影の笑顔止まぬ雪 こすもす 1 きよえ.
取り壊す家や白梅残る庭 豊実 1 なつき.
内海の霞む島山うつつなる 素秀 1 きよえ.
寄する波音柔らかく春兆す 宏虎 1 ふさこ.
冴え返る座せば軋みし車椅子 あひる 1 せつ子.
草の葉に輝く粒よ春の雨 ふさこ 1 こすもす.

2月24日 (投句28名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
旅立ちの島を離るる春帽子 凡士 5 きよえ.みきお.みきえ.やよい.せつ子.
マスクして疫禍の中を卒業す あひる 5 たかを.智恵子.はく子.こすもす.和子.
けんかして壊してゆけり雪だるま ひのと 5 たかを.豊実.たか子.やよい.うつぎ.
うしろから妻のハミング青き踏む みのる 5 むべ.あひる.せいじ.あられ.みきえ.
五百羅漢春の足音千の耳 宏虎 5 智恵子.ぽんこ.ふさこ.もとこ.せつ子.
降り立てば馴染む訛りや蕗の薹 凡士 4 きよえ.もとこ.千鶴.なつき.
願ひ札貼らるる仏梅二月 なつき 3 かかし.明日香.凡士.
有馬筆糸巻く嫗に春日かな 和子 3 宏虎.ふさこ.凡士.
椪柑の香にまみれつつ電話受く むべ 3 素秀.うつぎ.ひのと.
通夜帰り頬打つ痛さ雪解風 こすもす 2 はく子.ぽんこ.
開け放つ仏間の遺影春の風 みきお 2 満天.かかし.
雛の間や鼻歌混じりのおままごと せつ子 2 あられ.隆松.
春陰や薄茶を啜る音ふたつ せいじ 2 隆松.みきお.
猫の日の過ぎて天皇誕生日 素秀 1 明日香.
春暁や空気清浄機の起動 豊実 1 こすもす.
ジーパンの膝見せてをり春寒し 満天 1 なつき.
鯛焼の餡なきしつぽ貰ひけり ひのと 1 素秀.
賑やかや紅白梅に目白来て はく子 1 満天.
春スキー喧騒抜けて夜行バス 智恵子 1 豊実.
体調に懸念のあるか残る鴨 たか子 1 あひる.
両の手に抹茶茶碗の暖かし せいじ 1 ひのと.
靴紐のゆるみ度々冴返る 千鶴 1 むべ.
揚雲雀空の深さを量りけり みきお 1 和子.
鰆焼く味噌と焦げの香入り混ぢり みきえ 1 千鶴.
ぼうたんの芽に雨弾く力あり うつぎ 1 せいじ.
サーブ球風を味方に春の空 ぽんこ 1 たか子.

2月23日 (投句26名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
残照に鴨翔つ雫煌めけり 凡士 8 せいじ.あひる.たかを.紫陽花.はく子.せつ子.やよい.うつぎ.
稚を背にあやしながらの牡蠣割女 みきお 7 満天.豊実.あられ.なつき.千鶴.かかし.せつ子.
肩の雪払うて酒場覗きけり ひのと 7 せいじ.たか子.みきえ.豊実.素秀.たかを.ぽんこ.
春の鴨水輪大きく飛び立てり なつき 4 満天.みきえ.みきお.むべ.
六地蔵囲む木の芽の淡き影 なつき 4 あられ.ぽんこ.もとこ.なおこ.
百千鳥ステレオなれや夫の墓 むべ 3 明日香.かかし.はく子.
川沿ひの朝日まとひて猫柳 満天 3 きよえ.ふさこ.なおこ.
啓蟄や祠何やらざわめきて 智恵子 3 たか子.紫陽花.ひのと.
御膳屋の幟裂くやに東風強し せつ子 3 あひる.千鶴.ひのと.
手の内に塗香たまわる涅槃伽陀 和子 3 なつき.もとこ.やよい.
饅頭につくしの絵ある春茶会 あひる 3 董雨.むべ.和子.
春眠や六時は暗し二度寝する 董雨 2 凡士.こすもす.
農園の片隅あざやか犬ふぐり 満天 1 董雨.
猫の日の子猫ごろごろ喉鳴らし 千鶴 1 宏虎.
白梅に先駆け紅の見頃かな 明日香 1 ふさこ.
真夜中の玻璃戸しらじら春の月 あひる 1 みきお.
母御許へ手枕の釈迦涅槃かな ふさこ 1 智恵子.
池に浮き供花のごとくや山椿 素秀 1 明日香.
クラスごと校庭の角春の鉢 たか子 1 こすもす.
農作業黙々励む生身魂 みきお 1 凡士.
吾子の言ふ蕗の味する蕗の薹 豊実 1 和子.
長浜の盆梅展の便り来し 千鶴 1 宏虎.
雪絡み表も裏もなき木枝 隆松 1 きよえ.
幻想めく雛の明かりの並ぶ街 董雨 1 智恵子.
春の波引つ張つてゆく小舟かな ひのと 1 素秀.
ケアマネのリモート訪問あたたかし やよい 1 うつぎ.

2月22日 (投句26名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
男には負けぬ手足よ雪を掻く ひのと 7 董雨.千鶴.菜々.やよい.こすもす.なつき.うつぎ.
強東風に干烏賊踊る島の波止 凡士 7 せつ子.千鶴.なつき.かかし.あられ.もとこ.和子.
大見得の仁王春塵払ひけり 素秀 6 みきえ.満天.やよい.たか子.たかを.和子.
魚屋に鯛の鏝絵や風光る なつき 5 みきえ.豊実.せいじ.隆松.うつぎ.
食卓に磯の香散らし若布飯 きよえ 4 董雨.明日香.たかを.はく子.
水やりの我の影追ふ春の蝶 智恵子 4 あひる.むべ.みきお.たか子.
猫の日てふニの並ぶ日や春炬燵 こすもす 3 みきお.かかし.もとこ.
蝌蚪の池覗きて猫の滑り落っ 智恵子 3 せつ子.素秀.ぽんこ.
わが鉢に覚えなき芽や桜草 あひる 3 ふさこ.凡士.はく子.
と見る間に鯨が象に春の雲 せいじ 2 あひる.ぽんこ.
恋猫の旅の三日や帰り来ず 宏虎 2 素秀.ふさこ.
焼き芋は残り二本や買ひ占めむ あひる 2 宏虎.菜々.
春の雪発掘される藤原京 明日香 2 むべ.こすもす.
春潮の膨らむ水の青さかな みきお 2 明日香.あられ.
春寒しポタージュスープ満杯に みきえ 1 ひのと.
灯をともし各屋に並ぶ夜の雛 董雨 1 智恵子.
春の夜や笑顔で終へるオリンピック 満天 1 きよえ.
上履きを雪の校舎へ届けたり ひのと 1 せいじ.
テロップに地震情報地虫出ず たか子 1 豊実.
春うらら喧嘩種食ふ犬寝そべ ふさこ 1 凡士.
鐘霞む菩提寺山の頂に 素秀 1 宏虎.
パチパチと音立て焼野拡がれり 千鶴 1 きよえ.
園丁を恐れるでなく囀れる うつぎ 1 満天.
犬散歩話題尽きぬか日脚伸ぶ きよえ 1 智恵子.
二月の雨玻璃越しながむ珈琲館 凡士 1 ひのと.

2月21日 (投句26名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
玄関を開ければ笑まふ立雛 せいじ 5 素秀.満天.あひる.凡士.うつぎ.
芽柳にもつれ始めし濠の風 たか子 5 宏虎.せいじ.なつき.素秀.あひる.
ひじき刈る夜中の磯の波静か 千鶴 4 董雨.きよえ.みきえ.ふさこ.
薔薇の芽を絡ませ鉄扉閉ざしけり ひのと 4 なつき.明日香.千鶴.みきお.
縁側は猫のまほろば山笑ふ ひのと 4 宏虎.せいじ.満天.こすもす.
紙雛の直線の影柔らかし みきお 4 もとこ.明日香.たか子.むべ.
海鳴りの磯に春告ぐ陣太鼓 凡士 4 みきえ.ぽんこ.ふさこ.うつぎ.
下萌に歩き初む子の赤い靴 満天 3 やよい.ぽんこ.みきお.
球根の一寸伸びる春日差し 明日香 3 隆松.きよえ.千鶴.
蓬餅微かに土手の香りあり みきえ 2 豊実.こすもす.
涅槃絵図まづは拝して座禅くむ やよい 2 董雨.智恵子.
田返しや畦に積まれる捨て野菜 明日香 2 もとこ.やよい.
春雨やのぼり初めたる豆の蔓 あひる 2 智恵子.はく子.
爪痕をへそに残して春蜜柑 素秀 2 隆松.たかを.
濡れ縁に干されし布団島の宿 智恵子 2 はく子.たか子.
早春の風硬けれど嵯峨が好き 宏虎 1 凡士.
唯一の母の形見や古雛 ぽんこ 1 むべ.
伊根の春女杜氏の醸す酒 凡士 1 せつ子.
末黒野の焦げし匂ひや雨に消ゆ 千鶴 1 豊実.
目薬の溢れる頬や冴え返る みきお 1 ひのと.
春暁や浅き夢見し夢の中 宏虎 1 たかを.
街灯の誘蛾灯めき春の雪 うつぎ 1 せつ子.
何度でも決勝シーン春の昼 もとこ 1 ひのと.

2月20日 (投句23名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
まだ我の入る余地あり涅槃絵図 うつぎ 8 菜々.せいじ.隆松.ふさこ.やよい.もとこ.ぽんこ.たか子.
常緑の森の社の梅真白 せいじ 6 菜々.みづき.素秀.満天.千鶴.みきお.
ひと筆で表情変はる雛の目 満天 4 豊実.たかを.ぽんこ.ひのと.
ハ荒や舟子は太き櫂握る 素秀 4 せいじ.むべ.みきえ.和子.
犬放ち銅鑼打ち鳴らし春の猟 千鶴 3 智恵子.ふさこ.たか子.
スニーカーが誘なふ春の河川敷 凡士 3 満天.明日香.うつぎ.
階段でじゃんけん遊び日脚伸ぶ 豊実 3 たかを.なつき.みきお.
わが道を吾娘は行きをり雛飾る あひる 3 智恵子.凡士.むべ.
春雨や静かに田畑潤せり みきえ 3 宏虎.千鶴.はく子.
車椅子乗る背押す背に春日影 むべ 2 きよえ.はく子.
薄氷に映る空揺る手水鉢 きよえ 2 豊実.みづき.
両の手で豆腐掬ひぬ春の水 ひのと 2 もとこ.あられ.
教会のステンドグラス風光る みきお 2 やよい.ひのと.
切れ長の御目描き仕上ぐ土雛 なつき 2 明日香.みきえ.
雲走り春満月も追ひゆけり 千鶴 1 きよえ.
雪解けに急ぐでもなしSLに ふさこ 1 こすもす.
枝折れのミモザ大地を抱へけり 素秀 1 あられ.
恋知らぬ暢気な猫を誘ふ雄 宏虎 1 凡士.
焼き蛤を目指し母乗せ九十九里 智恵子 1 宏虎.
緑青の鰹木に降る春の雪 ぽんこ 1 あひる.
曇天も鳥語飛び交ふ春の朝 きよえ 1 こすもす.
春風となりて坂道駆け下り来 ひのと 1 素秀.
春陰や地下通路抜け検査室 もとこ 1 うつぎ.
諸鳥の砂洲に犇めく雨水かな たか子 1 あひる.
三度目の接種は明日除雪する こすもす 1 なつき.
蛍光ペン本カラフルな受験生 智恵子 1 和子.

2月19日 (投句26名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朧月波が波押す舟だまり みきお 9 むべ.きよえ.智恵子.豊実.たかを.たか子.もとこ.はく子.千鶴.
涅槃会の福火に焚べる御札かな うつぎ 5 智恵子.ぽんこ.なつき.明日香.やよい.
薄氷や軋みてひらく朝の門 ひのと 5 素秀.かかし.もとこ.明日香.せつ子.
対峙かと見れば合流鴨の陣 せいじ 3 かかし.たか子.うつぎ.
母描きし雛ふくよかに笑んでをり あひる 3 ふさこ.こすもす.千鶴.
どことなく万葉美人吉野雛 あひる 3 せいじ.やよい.ひのと.
しら梅や本に倦みたる館の窓 たか子 3 たかを.素秀.はく子.
星一つ月に寄り添ひ冴え返る 満天 2 豊実.宏虎.
間歩あまた残る里山野蒜掘る 和子 2 きよえ.あひる.
渋滞の雪の轍を外すまじ 智恵子 2 ふさこ.うつぎ.
春浅し若いと言はれ背すじ伸ぶ もとこ 2 むべ.ひのと.
春雪や葛城山のロープウェイ 明日香 2 宏虎.みきお.
涅槃図のあらぬ辺を見る梟は うつぎ 2 あひる.ぽんこ.
月桂樹ならぬ蔦の冠雪だるま こすもす 1 みきお.
甘き香や白き苺の売られをり みきえ 1 満天.
ラケットの芯に当たらず冴え返る ぽんこ 1 せいじ.
正面に春月を見る家路かな 素秀 1 凡士.
三寒や玻璃窓結露涙して せつ子 1 満天.
ランドセル背負ふ訓練新入生 みきお 1 なつき.
楮煮る灰汁が大釜吹きこぼれ なつき 1 凡士.
結果良し内科の窓の風信子 たか子 1 こすもす.
薪くべて天地返して楮煮る なつき 1 みきえ.
春雪に眠る五箇山道鎖す 智恵子 1 みきえ.
身をくねるリフトの上のしづり雪 豊実 1 せつ子.

2月18日 (投句26名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
火の中に身の反りかへる干鰈 ひのと 6 宏虎.むべ.うつぎ.たか子.やよい.ぽんこ.
雪帽子被りてしづる庭の木々 千鶴 6 せつ子.満天.たかを.智恵子.せいじ.はく子.
児の質問浴びて涅槃図絵解僧 うつぎ 5 たかを.智恵子.なつき.はく子.ぽんこ.
春睡の釣師は竿を離すまじ 素秀 4 せつ子.豊実.千鶴.和子.
税務署の蛇行の列や春の雪 豊実 3 宏虎.和子.ひのと.
炬燵出て降り立つ庭の下駄の冷え 智恵子 3 きよえ.ふさこ.紫陽花.
朝東風に帽子押さへて登校子 満天 3 うつぎ.みきお.ひのと.
春きざすビルから赤き観覧車 もとこ 3 みきえ.あられ.やよい.
雪折れの竹が覆いし今朝の土手 こすもす 3 ふさこ.明日香.凡士.
丸太橋覗く河原の猫柳 智恵子 2 明日香.あられ.
山合いの千寿観音梅二月 宏虎 2 みきお.紫陽花.
列島に万の自死あり冬銀河 みきお 2 せいじ.たか子.
春月やほほ紅ほどに雲を染め 明日香 1 豊実.
山や野の春の装いまだ早し 宏虎 1 千鶴.
しばらくは屋根にとどまる春の雪 みきお 1 凡士.
風花の暫しとどまるボンネツト 素秀 1 みきえ.
小綬鶏の赤き庭の実食べ尽くす 董雨 1 なつき.
夫立つる剪定の音たどたどし なつき 1 あひる.
雪の畑黒一点の烏かな やよい 1 こすもす.
春陽射す車窓は黙やスマホ繰る あひる 1 満天.
校庭の破れネットや黄砂降る たか子 1 もとこ.
山里の声弾みをり雪間草 凡士 1 もとこ.
日溜りの雪間に鳩の啄める 凡士 1 こすもす.
草青む朝練の子等白き靴 満天 1 きよえ.
同窓のライン賑はす春の月 せいじ 1 むべ.
卒業の靴底で消す煙草の火 ひのと 1 素秀.
代表が来てをり涅槃図の鴉 うつぎ 1 あひる.
春満月瞬く機影横切りぬ みきえ 1 素秀.

2月17日 (投句24名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春一番ぶつかり合ひて絵馬踊る ふさこ 7 満天.みきえ.あひる.みきお.やよい.なつき.和子.
雪解けて鉄路ひとすぢ伸びゆけり ひのと 7 せいじ.素秀.もとこ.なつき.凡士.うつぎ.むべ.
細波をはしる春光魚影めく なつき 4 きよえ.ぽんこ.明日香.紫陽花.
遠霞稜線淡く緩びをり 明日香 4 宏虎.かかし.はく子.千鶴.
湯通しの緑したたる新わかめ 千鶴 3 董雨.みきお.凡士.
襷がけ紙漉く雛や和紙の里 なつき 3 きよえ.智恵子.せつ子.
薄紙を剥がすやすくと立雛 はく子 3 たか子.素秀.董雨.
小雪舞ふグランド駆ける青ジャージ みきえ 3 満天.こすもす.和子.
氷瀑の一本柱音もなし 智恵子 3 もとこ.うつぎ.せつ子.
定置網船を迎ふる孕猫 和子 3 豊実.ぽんこ.あられ.
東寺の塔聳えて昏き余寒かな 凡士 2 やよい.千鶴.
臥して見ゆ厨の夫の暖かし 明日香 2 みきえ.あられ.
車椅子押す背ナにある余寒かな せいじ 2 豊実.こすもす.
早春の獣医忙しき厩舎かな 凡士 2 たか子.むべ.
地下足袋で探るたかんな竹林 みきお 2 せいじ.はく子.
小さき庭出会い頭に春の猫 みきえ 1 たかを.
土手一面夕日に遊ぶ春水仙 素秀 1 ふさこ.
約束をひとつ違えて大朝寝 素秀 1 ひのと.
揺れるたび光り零せり樟若葉 みきお 1 紫陽花.
梅の宮垂る枝二輪紅の色 きよえ 1 ふさこ.
家ひとつ春一番にからかわれ あひる 1 たかを.
梅東風に自転車降りて廻り道 満天 1 ひのと.
鳥帰る空いつまでも見てをりぬ ひのと 1 あひる.
反り返り腰励まして道は春 たかを 1 明日香.
朝日燦柔軟体操息白し 豊実 1 宏虎.
お浸しにしたしと眺む花菜かな せつ子 1 智恵子.
玻璃窓の春一番を奏でをり あひる 1 かかし.

2月16日 (投句25名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
踏青や犬のリードの伸び縮み みきお 6 豊実.智恵子.小袖.みきえ.むべ.和子.
また一羽来て春鴨の庭となる ひのと 4 きよえ.たかを.たか子.むべ.
春袷鏡の前の留学生 むべ 3 はく子.明日香.凡士.
雨音の心地良き午後目借時 智恵子 3 千鶴.こすもす.せつ子.
泣き虫の子が水換える風信子 素秀 3 豊実.宏虎.せつ子.
春雨や夫の背丈に傘さして せつ子 3 素秀.あられ.みきえ.
残光に透けて蝋梅昏れ残る 凡士 3 宏虎.千鶴.ぽんこ.
落椿たどる山路や二十四丁 千鶴 3 きよえ.小袖.なつき.
お涅槃や白象鼻を振りて泣く よう子 2 たか子.もとこ.
宮道に昭和のポスト風光る あひる 2 せいじ.かかし.
ふらここや立てば眼下に夜の街 素秀 2 あひる.ふさこ.
新調の靴と帽子よ春の山 千鶴 2 みきお.あられ.
摩天楼春の水面に揺らぎけり ぽんこ 2 あひる.せいじ.
江戸雛錆びし冠の重さうに なつき 2 素秀.ふさこ.
駄菓子屋の小さきのれんや春の風 なつき 2 みきお.ぽんこ.
若冲の果蘇涅槃図や墨豊か もとこ 2 智恵子.和子.
春一番帽子飛ばして駆け抜けし ふさこ 2 はく子.うつぎ.
春寒やまったり熱の身を抱き あひる 2 うつぎ.凡士.
柏手の手の甲白き初明かり みきお 1 ひのと.
あれこれと届くカタログ春の旅 たか子 1 明日香.
アスファルトの隙のムスカリ小さき春 やよい 1 満天.
接種後はあへてごろごろ春炬燵 せいじ 1 こすもす.
待ち並ぶキッチンカーや息白し 豊実 1 もとこ.
冬五輪リンク狭しと舞ふ乙女 みきえ 1 ひのと.
減塩の味噌汁に浮く若布かな みきえ 1 満天.
春泥や農機具小屋へ点々と こすもす 1 たかを.
冴かえる金星今朝も輝きて せつ子 1 なつき.
その昔旅館の女将和布干す ひのと 1 かかし.

2月15日 (投句26名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
水仙や島の岬は風粗く 凡士 5 あひる.せいじ.はく子.明日香.よう子.
釣り人に小鷺隣りて春の堀 むべ 5 せいじ.智恵子.こすもす.もとこ.あられ.
若布刈竿交互に挿して親子船 素秀 5 きよえ.せつ子.なつき.かかし.うつぎ.
春の雨万物洗ひ活かしをり きよえ 4 宏虎.満天.もとこ.ふさこ.
バレンタイン手作りチョコの嫁の愛 ぽんこ 3 宏虎.はく子.あられ.
跨げずに踏絵のごとく椿踏む 素秀 3 たか子.せつ子.たかを.
パイを焼く傘寿の春の初体験 はく子 3 千鶴.凡士.小袖.
風途切れ春の日射しに包まるる たかを 2 あひる.みきお.
犇めきて空仰ぎをり犬ふぐり せつ子 2 明日香.ひのと.
雛となり並ぶ貝殻緋毛氈 みきえ 2 満天.ひのと.
悴む手乗換駅の手動ドア 豊実 2 やよい.ぽんこ.
梅一分絵馬に見つくる母校の名 なつき 2 素秀.ぽんこ.
猫の恋相手変われば声変わる 宏虎 2 智恵子.むべ.
春霞富士はあそこと指さす子 智恵子 2 やよい.凡士.
予備校の教師墨濃き受験絵馬 なつき 2 豊実.小袖.
跳ねしもの目で追ひかける春の土手 こすもす 1 たか子.
傘の上を玉と転がる春時雨 せいじ 1 たかを.
キャタピラーの通過の跡や青き踏む こすもす 1 かかし.
春寒や太夫の声色引きちぎれ 千鶴 1 みきえ.
盛り上がる土の下から蕗の薹 宏虎 1 みきえ.
愛の日の大西洋上晴れと記す ひのと 1 素秀.
青ひかる酢じめ寒鯖皮むけば やよい 1 千鶴.
春の池白き斑を載せ水鏡 ふさこ 1 きよえ.
終ひ湯に浮かぶ木の船あたたかし ひのと 1 ふさこ.
ムーミンの小箱にバレンタインチョコ せいじ 1 なつき.
花一輪渦に遊ばせ春の水 たか子 1 豊実.
老姉妹想ひ出飾る雛祭り みきお 1 むべ.
梅瑞枝豆粒ほどの蕾つけ 和子 1 うつぎ.
春雪の描く友禅棚田映ゆ 明日香 1 みきお.
あかねさすビルの谷間の寒落暉 みきお 1 よう子.
味噌仕立て減塩なほ良し蜆汁 せつ子 1 こすもす.

2月14日 (投句26名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
約束のごとく顔出し名草の芽 素秀 6 智恵子.はく子.たか子.やよい.うつぎ.ひのと.
チョコ供ふバレンタインの仏前へ 千鶴 4 やよい.なつき.凡士.ひのと.
海迫る島の坂道猫の恋 みきお 4 かかし.なつき.あられ.和子.
レジ袋腰に揺らせて草摘める 素秀 4 豊実.せいじ.もとこ.凡士.
陽春や江ノ電抜きゆく人力車 智恵子 4 ぽんこ.明日香.千鶴.せつ子.
逃水の足もと浚ふ葬の列 みきお 3 ぽんこ.素秀.たか子.
春雨や傘回し行く日曜日 せいじ 3 豊実.たかを.せつ子.
接種終へ饒舌となる四温かな せつ子 3 かかし.こすもす.和子.
讃美歌に小さき湯気の渦まきて あひる 3 もとこ.むべ.きよえ.
蕗の薹小さきを夫の持ちくれし 明日香 2 せいじ.小袖.
薪小屋の完成まぢか木の芽吹く ひのと 2 あひる.むべ.
冴えかへる形見の器粉々に もとこ 2 あひる.みきえ.
掲示板の選挙結果や囀れる こすもす 2 満天.うつぎ.
湖越えの薄霞抜く伊吹山 隆松 2 ふさこ.小袖.
磨崖仏墨絵のごとく雪しまく 智恵子 2 ふさこ.みきお.
春の雨静かに消へる恋ひとつ ふさこ 2 はく子.みきお.
梅林やどの道行くも梅蕾 宏虎 2 こすもす.千鶴.
春立ちて連日低温続きけり 満天 1 宏虎.
丈長のズボンお直し春の雨 みきえ 1 たかを.
昼霞向う岸からトランペット むべ 1 満天.
水色のヒモの靴履き青き踏む 和子 1 みきえ.
蝋梅や園の小暗さ灯しけり たか子 1 明日香.
踏青や元気な夫の背晴れの空 きよえ 1 智恵子.
春雨や善意の傘の置かれをり みきえ 1 きよえ.
銀嶺の鈍色となる薄霞 隆松 1 宏虎.
春泥の顔見合はせて大笑ひ ひのと 1 素秀.
児の小さき雪玉小さき雪だるま なつき 1 あられ.

2月13日 (投句27名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
背伸びして鈴の緒振れば山笑ふ ひのと 6 豊実.あられ.紫陽花.ふさこ.こすもす.智恵子.
威勢よき杜氏の手拍子寒造 凡士 5 あられ.みきえ.みづき.和子.千鶴.
猿山のボスは雌猿山笑ふ 凡士 4 素秀.みきお.小袖.せつ子.
鳥の声入れて出窓のヒヤシンス みづき 4 豊実.あひる.たかを.もとこ.
日うらうらおもちゃのクマも干されけり もとこ 4 きよえ.やよい.凡士.ひのと.
杜氏帰る真つ白な靴置きしまま ひのと 4 せいじ.なつき.たか子.小袖.
鳶の影わが背を過ぎる春の土手 あひる 3 素秀.明日香.凡士.
春の鹿四肢全開の大ジャンプ 千鶴 3 むべ.せつ子.ひのと.
春の宵五冠達成若き棋士 みきえ 3 満天.ぽんこ.みきお.
雪解泥を蹴散しゆくや耕運機 せつ子 3 ぽんこ.みきえ.こすもす.
早咲きの菜の花島のさじきかな 千鶴 2 やよい.和子.
踏み入りて焼野に足の黒き犬 素秀 2 隆松.きよえ.
散り落つも栴檀の実の艶々と あひる 2 満天.千鶴.
日差し飲み込むや嵩増す雪解川 隆松 2 せいじ.あひる.
城は今ワクチン会場梅堅し たか子 2 なつき.うつぎ.
湯の中で名乗りは不要皆の春 たかを 2 もとこ.むべ.
晩学の吾を励ます春遠し やよい 1 明日香.
円座なしおおばこ相撲の幼き日 せつ子 1 たかを.
銀嶺の鈍色となる薄霞 隆松 1 紫陽花.
亀石の眠ってるかなうららけし 明日香 1 宏虎.
湖を渡る風の痛さよ春未だ来 智恵子 1 ふさこ.
漣の湖畔に春光散らしけり 素秀 1 みづき.
祇王寺の澄みて静かや涅槃西風 みづき 1 智恵子.
床の間の盆梅まづは年褒めて なつき 1 うつぎ.
皇居前松影白き斑雪 智恵子 1 宏虎.
半陰に色の震える節分草 みきお 1 たか子.

2月12日 (投句27名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
石ひとつ置きたる墓や下萌ゆる はく子 7 隆松.みきえ.あられ.あひる.せいじ.満天.もとこ.
しやぼん玉名も知らぬ子と吹き合へる ひのと 5 豊実.小袖.ぽんこ.たか子.こすもす.
飛翔せるスノーボードの空深し あひる 5 せいじ.小袖.明日香.千鶴.みきお.
春風に乗りて特急縄電車 なつき 5 智恵子.あられ.せつ子.ぽんこ.はく子.
息吸ふて演奏合図春うごく むべ 3 たかを.もとこ.ひのと.
振る舞ひの酒ある社殿建国日 千鶴 3 宏虎.こすもす.やよい.
春寒や伊吹の峰の未だ白 隆松 3 きよえ.なつき.和子.
早春の雲を串刺し飛機一機 たか子 3 きよえ.みきお.はく子.
叱られて春の炬燵の隅にゐる ひのと 3 素秀.やよい.和子.
日の匂ひ水の匂ひや日脚伸ぶ 宏虎 3 豊実.みづき.たか子.
宿木の少しふくらみ春立ちぬ 和子 2 凡士.明日香.
堵列する供華なき陸墓草萌ゆる ぽんこ 2 隆松.宏虎.
河口へと土手の菜の花金こぼす 智恵子 2 むべ.みきえ.
手の平に受けばすぐ消ゆ別れ雪 和子 2 智恵子.たかを.
氷上に一礼し去るスケーター せいじ 2 満天.ひのと.
裏町の路地の闇裂く猫の恋 宏虎 2 みづき.ふさこ.
走り根に足取られつつ浅き春 ぽんこ 1 凡士.
火事見舞ふ皆無事を聞く春の夜 きよえ 1 せつ子.
いちどきにどこもかしこも仏の座 たかを 1 素秀.
蒼天に真白き梅のほつほつと 満天 1 千鶴.
メタセコイア林立の先春の月 たか子 1 ふさこ.
コロナ禍の移動販売春うらら 智恵子 1 なつき.
石器人歩む如しに春の雲 たかを 1 あひる.
春きざす捨て鉢の土撫でてをり 明日香 1 むべ.

2月11日 (投句27名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
冬霧の帳あけゆく里しずか やよい 5 せいじ.智恵子.こすもす.みきお.たか子.
父偲ぶ振り子時計や冬座敷 みづき 4 みきえ.みきお.なつき.凡士.
真っ直ぐに大路は雪の比叡へと あひる 4 せいじ.みづき.みきえ.和子.
起重機の春昼月へ鉤かけて もとこ 4 たかを.豊実.やよい.明日香.
春雪を乗せて帰りし検診車 ひのと 3 董雨.なつき.むべ.
幼な児の転びて掴む名草の芽 みづき 3 隆松.凡士.せつ子.
春浅し山伏駈くる古道かな 凡士 3 ぽんこ.千鶴.うつぎ.
海風にむせる匂いや花菜道 智恵子 3 豊実.はく子.むべ.
採血のさなか淡雪見てゐたり ひのと 2 素秀.小袖.
早朝の電車の軋み花の冷え みきお 2 もとこ.ひのと.
霜柱倒して耳を澄ましけり 智恵子 2 ふさこ.隆松.
淀川の土手は長しよ下萌ゆる はく子 2 あひる.満天.
草青む万葉の森鳥語飛ぶ きよえ 2 満天.ふさこ.
雪野原足跡点々二方向 こすもす 2 董雨.うつぎ.
下萌のひと雨ごとに色深む 満天 2 みづき.明日香.
菜の花の曇り空こそ黃の映へし ぽんこ 1 もとこ.
積雪や片足抜けず都会つこ ふさこ 1 ぽんこ.
子授けの夫婦石置く寺ぬくし 明日香 1 素秀.
受験子の足を直撃首都の雪 千鶴 1 宏虎.
靴紐を結び直して初仕事 みきお 1 やよい.
笊洗ふ岸に青青草氷柱 よう子 1 智恵子.
雪舞ふや夫と日課のウォーキング なつき 1 はく子.
時折の頬さす風や春浅し 満天 1 こすもす.
春禽やさながら森の音楽家 きよえ 1 たかを.
ひもすがら散水ヘリの山火事へ せつ子 1 きよえ.
ヘルメット脱いで弁当梅ふふむ 豊実 1 和子.
初音かや換気の窓を過ぎし声 素秀 1 きよえ.
自転車の黒合羽打つ春みぞれ むべ 1 たか子.
父と叔父肩寄せあいて掘炬燵 たかを 1 ひのと.
余寒なほ空どこまでも突き抜けり せいじ 1 千鶴.
くしゃみ一つ日毎コロナに気を使ふ 董雨 1 小袖.
スケーターの大挑戦や回転技 千鶴 1 せつ子.
参道に屋台の並ぶ梅見かな 董雨 1 あひる.
風優し仰ぐや上弦春の月 みきえ 1 宏虎.

2月10日 (投句24名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
子を寝かすやうに畳みぬ春袷 ひのと 7 みきえ.智恵子.せつ子.ふさこ.みきお.凡士.よう子.
三代目は女杜氏や寒造 凡士 5 董雨.ぽんこ.やよい.明日香.こすもす.
マネキンの淡きブラウス春浅し 満天 4 みきお.なつき.よう子.ひのと.
竹林のそよぎて春の空を食む せいじ 4 智恵子.たかを.むべ.もとこ.
老眼鏡掛けて爪切る春日向 みきお 4 きよえ.やよい.小袖.ひのと.
楽しげに除雪す親子頬真っ赤 こすもす 4 満天.たかを.はく子.せつ子.
天指して盆栽の芽は春を待ち もとこ 4 みづき.小袖.ふさこ.あられ.
囀りが途切れぬやうに遠回り ひのと 4 豊実.あひる.せいじ.素秀.
朧夜や転職迷う子の電話 なつき 3 あひる.凡士.もとこ.
せせらぎに上機嫌なる芹葎 智恵子 3 素秀.はく子.こすもす.
幼児の春の野一歩また一歩 きよえ 3 みきえ.なつき.うつぎ.
カミソリの鋭き刃先花の冷え みきお 2 むべ.あられ.
白梅のほころび頬の緩むごと 素秀 2 宏虎.千鶴.
江の島を越へて霊峰雪の富士 智恵子 2 董雨.ぽんこ.
スケートの削れる線の縺れあひ あひる 1 千鶴.
もうもうと烟る能登路や杉の花 凡士 1 明日香.
風光る祭事終えたる宮清し 明日香 1 みづき.
冴返る珈琲館のドアチャイム むべ 1 豊実.
三郎の土手に土筆を摘みてわれ 素秀 1 せいじ.
真青なる空に映えたり梅真白 千鶴 1 満天.
春寒し地方銀座はシャッター街 みきえ 1 宏虎.
蒼天へ淡き朝月春浅し 満天 1 きよえ.
集まりて声音いろいろ浮かれ猫 たかを 1 うつぎ.

2月9日 (投句25名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ボール蹴り靴も飛ばす子春隣 もとこ 6 董雨.たかを.小袖.みきえ.千鶴.凡士.
腕白や霜柱踏み尽くすまで よう子 5 せいじ.たか子.たかを.小袖.ふさこ.
春光を御手にすくいし観音像 ぽんこ 5 満天.素秀.明日香.あられ.やよい.
針供養持ち物に名を縫いし日々 たか子 3 もとこ.みきお.なつき.
寒明けの日射しに瀬戸の波光る きよえ 3 宏虎.ぽんこ.やよい.
秘めやかに雛鳴く藪や竹の秋 千鶴 3 智恵子.素秀.せつ子.
風花に不意に顔出す池の鯉 智恵子 3 満天.明日香.せつ子.
島見えて子らの駆け出す春の土手 ひのと 3 むべ.宏虎.きよえ.
白杖の小流れに聞く春の声 素秀 3 きよえ.ぽんこ.あられ.
鈴鳴らし岨路踏み入る探梅行 凡士 2 こすもす.千鶴.
カーテンに羽ばたく影や春きざす むべ 2 あひる.ひのと.
恋猫の通う物置トタン屋根 たかを 2 たか子.みきお.
離れより将棋指す音冴返る ひのと 2 むべ.豊実.
側溝の流れの早し雪解水 こすもす 1 董雨.
灰被りつくし頭をもたげたる 素秀 1 みきえ.
春寒しビニール越しの診察室 凡士 1 もとこ.
春の杜運つかめるか力石 明日香 1 凡士.
いたづらな風にあらがふさくら草 せいじ 1 豊実.
早春のまなざし澄みし別れかな あひる 1 せいじ.
オリンピックの技と度胸や春炬燵 満天 1 こすもす.
青き空より四五片の春の雪 あひる 1 なつき.
梅の丘胸突き八丁登り来て はく子 1 ふさこ.
水音の高き畦道雪解川 こすもす 1 智恵子.
見渡してやつと二輪の椿かな 明日香 1 ひのと.

2月8日 (投句26名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春雪を跨いで来たり郵便夫 ひのと 8 ぽんこ.素秀.むべ.たかを.みきお.こすもす.小袖.よう子.
淀の葦焼きて春立つ大けぶり 凡士 8 ぽんこ.きよえ.ふさこ.あられ.こすもす.千鶴.もとこ.小袖.
物の影なべて柔らか春障子 みきお 5 豊実.あひる.むべ.はく子.明日香.
絵手紙や一枝の梅の八重に咲く きよえ 4 隆松.ふさこ.千鶴.紫陽花.
水平線沖のタンカー春霞 智恵子 3 みきえ.宏虎.満天.
寒風が押してゴールの決まりけり なつき 3 満天.せいじ.よう子.
小径行く子犬も春のコート着て せつ子 3 董雨.もとこ.凡士.
水仙花黙に読書の金次郎 ぽんこ 2 たか子.せつ子.
春泥にむしろ被せて上棟式 千鶴 2 みきえ.なつき.
尾を振ってテレビ体操猫の冬 たかを 2 豊実.やよい.
夫に贈るバレンタインの心拍計 きよえ 2 やよい.あられ.
梅東風に恋の絵馬揺れざわめけリ 宏虎 2 きよえ.ひのと.
雪止みの夕や息つくサンピラー 隆松 2 智恵子.せいじ.
初孫のネクタイ凛々し卒業す せいじ 2 なつき.せつ子.
我がボストに神社の豆の一握り 董雨 1 隆松.
春雲と同じ淡さや昼の月 むべ 1 あひる.
春立つや空あをあをと広々と やよい 1 宏虎.
朝東風の頬を撫でゐく防波堤 素秀 1 紫陽花.
針走る幾何学模様薄氷 豊実 1 董雨.
待春に旅のパンフの厚みかな もとこ 1 素秀.
春色のクロスに変へてティタイム 智恵子 1 ひのと.
蕗の薹苦みが旨く歳取りぬ 宏虎 1 たか子.
船頭の構へし舳先風光る ひのと 1 みきお.
そのうへに春の雪積む大江山 凡士 1 たかを.
春色のショーウィンドーに吸ひ込まる みきえ 1 凡士.
夜の更けて尖る三日月冴返る 満天 1 はく子.
畑返しくず野菜でもいとおしく 明日香 1 智恵子.

2月7日 (投句24名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春寒し地球儀廻すだけの旅 凡士 7 豊実.きよえ.なつき.ぽんこ.たか子.隆松.ふさこ.
野を駆けて来し子に春の匂ひかな ひのと 5 豊実.智恵子.せいじ.小袖.あられ.
畑より帰宅の夫へくず湯かな 明日香 5 董雨.はく子.やよい.小袖.みきお.
芽吹き待つメタセコイヤは背を正す はく子 4 満天.きよえ.もとこ.千鶴.
春寒し左右揃はぬ描く眉毛 満天 4 やよい.もとこ.千鶴.凡士.
したたかな寒の戻りやシチュー煮る 千鶴 4 あひる.たか子.凡士.うつぎ.
吹き募る風より湧きし春の雪 せいじ 4 あひる.はく子.あられ.ふさこ.
鞦韆いま水平線を越えゆけり ひのと 3 たかを.智恵子.素秀.
勢子走り赤鬼のごと夕野焼 素秀 3 せいじ.こすもす.みきえ.
春風に向かひて長きすべり台 あひる 3 むべ.素秀.明日香.
潮の香やひじき真黒に茹であがる やよい 3 董雨.むべ.みきお.
余寒なほ友と再会ならぬまま もとこ 2 なつき.ぽんこ.
寒鴉勝るものなし濡羽色 みきえ 2 宏虎.せつ子.
教会の屋根探しをり春霞 あひる 2 うつぎ.ひのと.
つづら折り山影入れば凍結路 智恵子 2 明日香.こすもす.
落款の朱に寒鴉緊まりけり 凡士 1 せつ子.
小さき雪だるま囲みて子らピース なつき 1 満天.
真新し切株すでにひこばゆる むべ 1 宏虎.
自販機の音冴返る深夜かな 満天 1 ひのと.
春浅し帰省デビューの新車かな 千鶴 1 たかを.
母縫ひし褞袍を今も愛用す みきお 1 みきえ.

2月6日 (投句25名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
菜の花や島々結ぶ連絡船 みきお 7 智恵子.やよい.はく子.きよえ.明日香.せいじ.こすもす.
立春の空にとけゆくわだかまり せいじ 5 たかを.せつ子.あひる.むべ.凡士.
母の膝奪ひ合うてはあたたかし ひのと 4 素秀.きよえ.小袖.凡士.
春泥を蹴散らし子らは草野球 智恵子 4 満天.ぽんこ.あられ.うつぎ.
北風に突如よろめくハイヒール 豊実 3 たかを.やよい.せつ子.
白杖のホーム打つ音春立てり みきえ 3 豊実.素秀.あひる.
この頃は手櫛のままの冬帽子 凡士 3 智恵子.たか子.ひのと.
春浅き生簀の底に魚眠る ひのと 3 なつき.もとこ.小袖.
春立つや小康得たる友見舞ふ はく子 3 みきえ.なつき.みきお.
膝深く曲げ寒明けの太極拳 素秀 3 豊実.みきえ.うつぎ.
凍雲に日の輪郭の浮かびけり むべ 2 ふさこ.せいじ.
立春大吉わらふ門には福の来る やよい 2 宏虎.千鶴.
熱の身に憂いの深し余寒かな たか子 2 ぽんこ.もとこ.
小さき庭白梅ニ輪綻びぬ みきえ 2 董雨.はく子.
風光る江の島一望鳶の笛 智恵子 2 満天.みきお.
ちびっ子の足跡点々雪の庭 こすもす 2 董雨.ひのと.
待春の木立ちの中を登り行く あひる 1 宏虎.
卒寿遊ぶ俳句となじみ黄水仙 宏虎 1 千鶴.
春禽の声に朝窓繰りにけり せつ子 1 明日香.
薄氷や浮きたる物を閉じ込めし 宏虎 1 たか子.
春寒し鯉は動かず水の底 満天 1 こすもす.
何するも落ち着かぬ日や麦を踏む 明日香 1 あられ.
時計塔ひかりて園に春を待つ あひる 1 むべ.
苔纏ふ石の透き間に春の水 ぽんこ 1 ふさこ.

2月5日 (投句25名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
見晴るかす沖の群青瀬戸は春 素秀 7 満天.きよえ.あられ.ふさこ.もとこ.千鶴.せつ子.
春光の飛沫となりて雀散る ひのと 6 かかし.満天.せいじ.あられ.うつぎ.むべ.
追儀豆踏みて赤鬼よろけたり やよい 6 董雨.ぽんこ.なつき.たか子.せつ子.ひのと.
春立ちてゆたかに急須まはしけり ひのと 5 素秀.たか子.もとこ.凡士.むべ.
ふらここや小さき上着ひるがへし あひる 5 たかを.智恵子.せいじ.董雨.はく子.
立春や色紙短冊掛け替へる 満天 4 かかし.みきえ.明日香.こすもす.
立春の土黒々ともぐら塚 なつき 3 みきえ.たかを.素秀.
庭石の色変わりけり春の雨 みきお 3 豊実.宏虎.凡士.
手助けの腕に重たき丸大根 せいじ 3 豊実.ぽんこ.みきお.
春立つや野に畑人の動き初む よう子 2 智恵子.こすもす.
かろやかに列車の音にも春立ちぬ きよえ 2 宏虎.ひのと.
立春のひかり野山に溢れけり 千鶴 2 やよい.明日香.
週間予報七個並びし雪だるま こすもす 1 はく子.
大泣きの吾子にくずおれ追儀鬼 やよい 1 うつぎ.
ブーケトス森の教会雪あかり 智恵子 1 やよい.
立春や天然酵母パン焼けり むべ 1 あひる.
奥入瀬の雪解の水の嵩増しぬ 宏虎 1 千鶴.
若鳥の尾羽は青し春たちぬ 豊実 1 なつき.
春立ちて五輪の開幕シヨー刻む せつ子 1 きよえ.
幼な子の父に続きて鬼は外 千鶴 1 みきお.
鳶の輪を残して猪名の春立ちぬ 凡士 1 ふさこ.
立春の空一点となるとんび せいじ 1 あひる.

2月4日 (投句26名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
子の頬に飯粒一つ春立てり なつき 6 むべ.こすもす.あられ.かかし.みきお.よう子.
くれなゐの帯胸高に鬼やらひ ひのと 5 みきえ.千鶴.せつ子.もとこ.小袖.
恵方巻丸太のごとく積まれをり みきえ 4 あひる.ふさこ.もとこ.うつぎ.
室咲きの花園となり葬果つる あひる 4 満天.せいじ.せつ子.凡士.
蝋梅の香る待ち合ひワクチンうつ やよい 3 満天.なつき.はく子.
年の豆数へて踊る皿の上 素秀 3 宏虎.きよえ.ぽんこ.
寿の封書舞い込み春隣 せつ子 3 素秀.なつき.明日香.
登校の子の声弾む春障子 みきお 3 たかを.智恵子.あられ.
起き抜けの腹式呼吸春立てり なつき 3 たか子.こすもす.明日香.
豆を撒く仕草だけして鬼やらひ 凡士 3 宏虎.たか子.きよえ.
鬼やらひ手に受く豆は袋入り たか子 3 智恵子.素秀.小袖.
日向ぼこテニスボールを目で追ひぬ よう子 2 あひる.ひのと.
洗車する泡の向かうに冬の虹 素秀 2 やよい.むべ.
後ろ手に沖見る人へ日脚伸ぶ ひのと 2 豊実.せいじ.
春かなし大往生とうべなへど せいじ 2 やよい.ぽんこ.
横綱の年の豆欲し大童 宏虎 1 ふさこ.
土手をゆく犬連れ多し日脚伸ぶ むべ 1 みきお.
つばき祭再会すると島便り 智恵子 1 はく子.
春時雨小走りの人濡れる人 きよえ 1 豊実.
真夜中の高速道路山眠る 豊実 1 ひのと.
いまさらにどつち向いても恵方巻 たかを 1 みきえ.
春寒や釣人もなき淀湾処 はく子 1 うつぎ.
三つ並ぶ灯油の缶や二月果つ こすもす 1 たかを.
母偲びうぐひす餅をお薄にて せいじ 1 千鶴.
笹鳴きや八幡様の杜深く たか子 1 かかし.
節分や太巻き一本黙食す こすもす 1 凡士.
年の豆四捨五入してほふり込み もとこ 1 よう子.

2月3日 (投句24名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
参列の叶わぬ葬や春の星 あひる 6 むべ.なつき.満天.たか子.ぽんこ.凡士.
風花や笹の葉さらと受け流し よう子 5 豊実.たかを.こすもす.あひる.せつ子.
漁良しと電信来たり島小春 ひのと 5 董雨.むべ.きよえ.素秀.みきお.
寒晴の空へ新船組み上がる ひのと 5 なつき.素秀.はく子.小袖.うつぎ.
音符ある短きメールあたたかし あひる 4 せいじ.みきえ.うつぎ.ひのと.
受験生揺れる御守り門潜る 智恵子 4 たかを.ぽんこ.あられ.明日香.
喜寿祝ふテレビ電話や春立てり なつき 3 やよい.きよえ.凡士.
福寿草花びら形の影生まる むべ 3 せいじ.あひる.千鶴.
亡き母の句集読み合ふ春灯下 せいじ 3 董雨.やよい.はく子.
それぞれが杖を右手に日向ぼこ みきお 3 もとこ.明日香.せつ子.
ポンポン船隅田川ゆく光風裡 智恵子 2 小袖.もとこ.
家苞に走井餅や寒明くる たか子 2 智恵子.みきえ.
早春の先制ゴール左足 みきえ 2 こすもす.千鶴.
冴返る高層ビルの灯り窓 満天 1 豊実.
大根煮る自宅待機の名のもとに 豊実 1 あられ.
白梅や蕾の先は仄紅し 明日香 1 ふさこ.
死ぬまでは達者でゐたし涅槃寺 宏虎 1 かかし.
ホ句あまた遺せし母の春に逝く せいじ 1 たか子.
星空に冬との別れ湯の帰り たかを 1 よう子.
釣人を桟橋に追ふ玉霰 素秀 1 ふさこ.
曇天に黄の溢れさせ蝋梅花 もとこ 1 宏虎.
パソコンの画面に浮きし春埃 千鶴 1 よう子.
仄と灯の洩るる雪垣合掌家 凡士 1 みきお.
ウインドウのカラフルファッション春を待つ 満天 1 ひのと.
着膨れて孫の小さき手痒き脊に ふさこ 1 宏虎.
病む夫へ入れる湯たんぽ両脇に やよい 1 智恵子.
多田道も妙見道も日脚伸ぶ 凡士 1 かかし.

2月2日 (投句22名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
日脚伸ぶ鍵の振れゐるランドセル 素秀 6 たかを.あられ.ふさこ.うつぎ.みきお.かかし.
春泥の靴散らばるや書道塾 ひのと 6 むべ.宏虎.千鶴.たかを.あられ.もとこ.
クヌギ伐る音谺して春近し 凡士 4 せいじ.あひる.たか子.ふさこ.
母逝きし朝や真白き春の雲 あひる 4 満天.せいじ.みきお.なつき.
フラスコの光透かしてヒヤシンス もとこ 4 智恵子.素秀.なつき.やよい.
早梅や墓誌に加はる白き文字 なつき 4 満天.ぽんこ.たか子.もとこ.
左右から畦塗りはじむ夫婦かな みきお 4 董雨.豊実.凡士.ひのと.
春迎ふ老いたればこそダンディーに せいじ 4 むべ.宏虎.ぽんこ.きよえ.
雪平に鰭反りかへる赤眼張 むべ 3 豊実.あひる.こすもす.
薄氷を踏むや母の手振り払ひ ひのと 3 きよえ.かかし.よう子.
嗅ぎ回る犬に任せて青き踏む なつき 3 よう子.小袖.ひのと.
風の哭く能登の崎の野水仙 凡士 3 董雨.みきえ.やよい.
階を降りくるやうに風花す 素秀 3 こすもす.うつぎ.小袖.
鰐口を叩き二月の風となる たか子 2 素秀.千鶴.
大屋根より降るかに枝垂る梅二月 千鶴 2 明日香.凡士.
一月尽何処もコロナ禍人さびし 董雨 1 明日香.
コウノトリ悠悠三羽雪野原 こすもす 1 みきえ.
木漏れ日の影くっきりと風光る 千鶴 1 智恵子.

2月1日 (投句25名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
長箸に伸びる素麺寒造り 千鶴 7 智恵子.ふさこ.明日香.みきお.たか子.やよい.うつぎ.
赤マフラーして吟行すわれ白寿 董雨 6 せいじ.宏虎.みきえ.こすもす.千鶴.あられ.
けんけんぱして春泥を飛び越しぬ ひのと 4 なつき.みきえ.かかし.凡士.
苗分けし花の消息春きざす 明日香 4 素秀.小袖.もとこ.はく子.
あたたかや人を繋ぎて母逝けり あひる 4 せいじ.きよえ.なつき.たかを.
ランドセルから福豆の五つ六つ ひのと 4 むべ.素秀.たか子.もとこ.
ちゃぽちゃぽと埠頭に春の波唄ふ 智恵子 3 明日香.ぽんこ.ひのと.
一擲の声の刺さるや寒の鵙 素秀 3 智恵子.あひる.かかし.
春近し三つの川の出会う景 たか子 2 むべ.ふさこ.
美容師の指にうたた寝春の昼 よう子 2 たかを.ひのと.
冬朝日山肌はきと播磨富士 みきえ 2 満天.きよえ.
寒の庭一際目立つピラカンサ 満天 2 宏虎.こすもす.
裸木の囲む校庭子ら駆ける みきえ 2 董雨.はく子.
煮凝りや爆発しそう黙と黙 宏虎 2 豊実.小袖.
飛来鴨まはりまはりて着地決め もとこ 2 董雨.千鶴.
塗り替へる白き短艇日脚伸ぶ 凡士 2 みきお.やよい.
芽吹き初む園よちよちと毬を蹴る あひる 1 あられ.
水涸れて軽き軋みや鎖樋 たか子 1 ぽんこ.
リズムもて雨に跳ねたり冬青の実 むべ 1 あひる.
年下の住職の喪や風凍つる 明日香 1 うつぎ.
春近しせわしなき鳥枝移り 満天 1 凡士.
茶の花や湯煙り上がる旅の宿 みきお 1 豊実.
突風に枯れ葉の踊るビル谷間 みきお 1 満天.

1月31日 (投句24名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
墨痕に微かな震へ寒見舞 ひのと 13 董雨.豊実.たかを.みきえ.素秀.やよい.そうけい.こすもす.むべ.たか子.なつき.凡士.千鶴.
調律のギター爪弾く春隣 素秀 6 みきえ.宏虎.智恵子.ぽんこ.なつき.ひのと.
色鉛筆削りそろへて春を待つ ひのと 5 智恵子.満天.はく子.よう子.凡士.
無精ひげ咎むる妻と冬籠 せいじ 5 たかを.あひる.うつぎ.もとこ.たか子.
せり上がる春満月や天守閣 みきお 3 あられ.明日香.ひのと.
七曜の書き込みのなき一月尽 満天 3 きよえ.ふさこ.もとこ.
風紋の砂丘真白く星冴ゆる 凡士 3 董雨.素秀.こすもす.
ケーブルカー追儺の宮へ斜度を上げ たか子 2 せいじ.あひる.
枯れ草をしとねにほつほつ浅緑 智恵子 2 あられ.きよえ.
浜辺の子犬と駆けっこ冬ぬくし きよえ 2 ぽんこ.はく子.
風花やショパンのピアノ練習曲 よう子 2 満天.明日香.
しらす揚ぐ匂ひ濃厚釜の中 千鶴 2 やよい.みきお.
冬ぬくし手にまろやかな木の地蔵 やよい 2 せいじ.千鶴.
参道の冬芽ふくらむ石畳 ぽんこ 1 みきお.
幼苗に春風よぎる長き畝 あひる 1 ふさこ.
大粒のいちごサンドのふくよかや あひる 1 そうけい.
風花に口開け戯む幼子よ ふさこ 1 豊実.
冬の浜松原越へし波凪ぎて きよえ 1 宏虎.
資料配布のみの総会春隣 こすもす 1 よう子.
納竿や明日は鯛かと悴む手 豊実 1 うつぎ.

過去一覧

2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site