成績一覧

過去一覧

10月30日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
炭爆ぜて秋刀魚の脂匂い立つ かえる 6 豊実.せいじ.満天.たかを.こすもす.千鶴.
ペン先にインク滲み来る夜寒かな ひのと 5 むべ.澄子.もとこ.素秀.あられ.
力石ほのとぬくしや杜小春 こすもす 5 せいじ.もとこ.なつき.あひる.ふさこ.
コスモスの丘で乗りたる園列車 あひる 3 なつき.あられ.明日香.
大漁旗干すや秋空いつぱいに ひのと 3 はく子.うつぎ.きよえ.
ハグせむと太陽の塔天高く あひる 3 たかを.はく子.ひのと.
回廊に並ぶ羅漢のうそ寒し 素秀 3 豊実.満天.うつぎ.
花芽出づ汝が種くれし蝋梅に せいじ 3 たか子.あひる.千鶴.
秋惜しむ放し飼いする宇治鵜匠 ふさこ 2 むべ.隆松.
コスモスの揺れて丘陵蒼き空 智恵子 2 宏虎.こすもす.
川霧に足をすくわれ潜水橋 素秀 2 智恵子.みきえ.
手に余る柿をもぎては転げ落ち 董雨 2 ふさこ.きよえ.
デザートの会話途切れし葡萄食む 満天 2 かえる.ひのと.
書院へとつづく飛石草の花 澄子 1 みきえ.
寄りかかる壁温かき小春かな 智恵子 1 澄子.
気合い入るママの見せ場七五三 もとこ 1 宏虎.
秋天に鰹木光る大鳥居 ぽんこ 1 素秀.
天辺の枝の朝日に留まる鵙 豊実 1 たか子.
食欲のなき日のメニューとろろ飯 たか子 1 明日香.
ガザニアの雲無き空の日を受けて 董雨 1 智恵子.
具材足し三日三晩のおでんかな みきえ 1 かえる.

10月29日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
飛石の窪みに残る木の実かな 素秀 6 かかし.むべ.かえる.澄子.董雨.みきえ.
湯治客待つ玄関のななかまど 素秀 4 智恵子.董雨.みきえ.あひる.
凛と立つかの人思ひ秋更けぬ たか子 4 澄子.満天.せいじ.もとこ.
百年の白壁の蔵こぼれ萩 千鶴 3 かかし.ぽんこ.みきお.
朱の鳥居潜りて宮の秋を聞く 宏虎 3 素秀.せいじ.ふさこ.
切り貼りの梅を散らせり古障子 なつき 3 素秀.ぽんこ.あひる.
風待ちの浦に潮満つ神の旅 澄子 3 たかを.たか子.みきお.
針仕事不器用なりし夜なべかな きよえ 2 かえる.智恵子.
こんもりの紅葉交じりて古墳守る 宏虎 2 たか子.ふさこ.
秋の夜や赤線を引く住所録 ひのと 2 豊実.宏虎.
冬近し届く五度目の接種券 せいじ 2 宏虎.千鶴.
倒木に座りおにぎり山は秋 ふさこ 2 はく子.あられ.
新米の室に湯気たつ酒造り 智恵子 2 はく子.あられ.
露けしや細おもてなる人追悼す たか子 2 満天.もとこ.
久々の出勤の朝鰯雲 豊実 2 なつき.きよえ.
葉のすべて散らして残る柿光る 満天 1 きよえ.
庭園の白き椅子あり小鳥来る 満天 1 なつき.
紙コップ転がし遊ぶ鴉の子 みきお 1 むべ.
破れはすの映りて池を被いけり もとこ 1 豊実.
小鳥来る遊具や子らのお昼寝中 なつき 1 たかを.
俳号は孫の名とかや紅葉散る せいじ 1 こすもす.
やつと来た国際通り那覇さやか 明日香 1 ひのと.
ハロウィン渋谷に群れるお化け達 智恵子 1 ひのと.
陸奥は口伝の宝庫鳥渡る 澄子 1 千鶴.

10月28日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
巡礼の白衣染めゆく秋落暉 澄子 6 宏虎.智恵子.たか子.こすもす.なつき.千鶴.
肩越しに釣り銭もらふべつたら市 ひのと 5 たかを.みきえ.せいじ.董雨.なつき.
ひとり子に大人取り巻く七五三 もとこ 5 豊実.みきえ.董雨.満天.明日香.
北国の土の黒さよ馬肥ゆる ひのと 5 ぽんこ.智恵子.せいじ.素秀.もとこ.
団栗を拾ひ尻餅おむつの児 智恵子 4 たかを.ぽんこ.みきお.ふさこ.
むかご飯炊いて欲しいと五六粒 明日香 2 豊実.澄子.
破れ蓮に砕けて落つる雨無惨 たか子 2 あひる.きよえ.
刃の背にて皮を剥がるる牛蒡かな かえる 2 むべ.みきお.
秋寒し鍋いっぱいのシチューかな みきえ 2 こすもす.きよえ.
ボール打つ友の背中に赤とんぼ こすもす 2 むべ.素秀.
泡立ちの人肌よろしとろろ芋 素秀 2 満天.もとこ.
秋の朝SUP横切る湖鏡 隆松 2 あひる.ひのと.
垣間見の石碑に天蓋蔦紅葉 ぽんこ 2 かえる.宏虎.
秋寂ぶや喪中のはがき書き始む せいじ 2 せつ子.たか子.
デザートの柿食べ比べゴルフ後 こすもす 1 ひのと.
朝晴れや伊吹竹生の影清か 隆松 1 千鶴.
松手入れ最後はそろと引き抜きし たか子 1 ふさこ.
腰痛をほぐすリハビリ暮れの秋 千鶴 1 明日香.
高枝に残る熟柿鳥語降る 智恵子 1 かえる.
古篭に蜜柑艶めく夕厨 あひる 1 澄子.
秋日濃く目尻のなみだ乾かせり むべ 1 せつ子.

10月27日 (投句26名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋の日を畳みて仕舞ふ露天商 ひのと 7 豊実.ぽんこ.素秀.たかを.みきえ.むべ.もとこ.
門灯の切れかけてゐる夜寒かな ひのと 5 ぽんこ.あひる.なつき.むべ.千鶴.
箒目を荒らす靴跡神の留守 なつき 3 こすもす.たか子.ふさこ.
絶壁の紅葉ひときわ孤高なる 素秀 3 智恵子.澄子.せつ子.
ゆく向きは秋の朝日や漁り舟 隆松 3 豊実.素秀.きよえ.
余生には派手なる秋の衣更え 董雨 3 宏虎.せいじ.千鶴.
庭の隅明るさ増すや石蕗の花 こすもす 2 宏虎.董雨.
手の届くとこの柿から捥ぎりけり 千鶴 2 ふさこ.ひのと.
湯の窓に揺れてる冬の小笹かな たかを 2 かえる.みきえ.
山葡萄つまみて笑ふ青き口 智恵子 2 せつ子.みきお.
晴れ着着て泣く子笑ふ子七五三 もとこ 2 智恵子.みきお.
身に入むや流島の俊寛波の音 宏虎 2 澄子.きよえ.
身に入むや久しき便り喪中はがき 満天 2 はく子.董雨.
産土の社抜けゆく律の風 澄子 2 隆松.明日香.
女子高生肩組み合って秋夕焼 きよえ 1 たか子.
大空や花野となりし淀土堤 あひる 1 満天.
新米や息災願ひ寿司巻きぬ みきえ 1 満天.
地蔵尊守るかなめの金木犀 ぽんこ 1 せいじ.
ジョウビダキ隙間飛び込み羽壊す 董雨 1 ひのと.
秋深し有王おとなふ果ての海 澄子 1 なつき.
楽々と吾に捕へらる秋の蚊よ みきえ 1 あひる.
カーブミラー秋の日の出を分かちをり かえる 1 たかを.
うそ寒し袖まくり上げ打つ注射 せいじ 1 はく子.
富有柿色も一緒に頂きぬ みきお 1 かえる.
激つ瀨に大文字草の可憐かな 智恵子 1 明日香.
すし詰めの遅延電車の窓の秋 豊実 1 もとこ.
梨齧る子の手を伝ふ果汁かな みきお 1 こすもす.

10月26日 (投句24名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
掃き終えて又ほろほろと金木犀 みきお 7 かえる.ふさこ.むべ.澄子.満天.明日香.たか子.
秋冷や湯屋の朝告ぐ時太鼓 澄子 6 みきえ.あられ.千鶴.もとこ.こすもす.明日香.
小鳥来る堂に古びし葵紋 なつき 6 かえる.ふさこ.素秀.満天.たか子.董雨.
一擲に墨の飛び散る文化祭 せいじ 5 みきえ.智恵子.あひる.あられ.ぽんこ.
三山の囲むコスモス畑かな 明日香 3 澄子.せいじ.なつき.
虫喰いの小さき穴の菜間引きけり 千鶴 3 智恵子.こすもす.なつき.
河川敷に棉の吹きたるひと処 はく子 3 あひる.素秀.ぽんこ.
豆腐屋のラッパの音に秋夕焼け もとこ 3 宏虎.隆松.みきお.
をさなごの祝福式や小鳥来る あひる 3 むべ.せいじ.きよえ.
古畳に横たわり聞く秋の声 なつき 2 豊実.せつ子.
園児より保護者の多きお芋掘り みきえ 2 たかを.ひのと.
新走巡り歩いて灘の浜 豊実 1 宏虎.
赤い羽根欠席の子へ届けたり ひのと 1 豊実.
地蔵尊へ供華のあふれて小鳥来る 満天 1 みきお.
我が影を踏むに踏まれず秋日射し ぽんこ 1 きよえ.
秋澄みてラジオ体操一、二、三 千鶴 1 ひのと.
秋雨や砂のお城を崩しおり かえる 1 董雨.
十字架の墓石に翳すオリブの実 あひる 1 せつ子.
落ち葉踏むあの中七をいかにせん たか子 1 もとこ.
始まりは夜中の二時や秋の雷 こすもす 1 千鶴.
散紅葉川面の空へ色ちらし 満天 1 たかを.

10月25日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
十月の雨を跳ねゆくハイヒール 素秀 7 豊実.澄子.きよえ.ぽんこ.たかを.もとこ.みきえ.
小さき手で木の実に目鼻描きにけり ひのと 5 満天.せつ子.みきお.こすもす.たかを.
開きたる雨戸の幅の虫の声 みきお 5 かえる.むべ.せつ子.たか子.もとこ.
紅き実をなお紅くして秋夕焼 あひる 4 たか子.ふさこ.なつき.みきえ.
秋雷や暗闇を打つ大太鼓 千鶴 3 宏虎.なつき.あひる.
霜降や窓拭きあげて雲近し なつき 3 かえる.はく子.こすもす.
雁渡し岩礁越へてうねり波 澄子 3 きよえ.素秀.ぽんこ.
桟橋の撓む渡船や雁渡し 素秀 3 澄子.千鶴.みきお.
竈門より掠れる声や残る虫 みきお 2 豊実.智恵子.
蔓たぐる思いの外の長さかな 明日香 2 ふさこ.あひる.
対岸は馴染みなき町鳥渡る ひのと 2 せいじ.素秀.
すくすくと皇帝ダリア軒を越ゆ せいじ 2 満天.明日香.
ハロウィンのクッキー作る代休日 なつき 1 明日香.
きのこ汁お椀啜れば喉温し かえる 1 千鶴.
三年ぶり市長も祝辞文化祭 こすもす 1 宏虎.
香を偲ぶ金木犀の花仰ぎ せいじ 1 智恵子.
イラストの楽器紹介文化祭 こすもす 1 ひのと.
絵硝子の彩こぼれ居て秋館 たか子 1 せいじ.
順を待つリハビリ室や破れ蓮 千鶴 1 ひのと.
新築の門柱オシャレ秋ともし きよえ 1 はく子.
秋惜しむ妻との散歩八千歩 たかを 1 むべ.

10月24日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
土の香の匂ふ野良着や星月夜 みきお 7 豊実.智恵子.せいじ.はく子.みきえ.むべ.なつき.
一面のコスモス畑村おこし せいじ 4 たか子.満天.智恵子.澄子.
秋晴や絶えず子の来る水飲み場 ひのと 4 あひる.素秀.明日香.ぽんこ.
地のはだら日のしたたりを秋の蝶 澄子 4 あひる.せいじ.きよえ.たかを.
抜けたての乳歯を洗ふ水澄めり ひのと 3 豊実.なつき.千鶴.
湯上がりの髪乾く間の金木犀 豊実 2 むべ.もとこ.
金木犀散り敷く道を遠廻り 満天 2 かえる.みきお.
下枝を払ふ杉山秋陽入る 智恵子 2 こすもす.みきお.
朱の鳥居落葉敷きつむ段葛 智恵子 2 宏虎.ふさこ.
退院の薄き背ナにも秋日燦 むべ 2 たか子.千鶴.
こすもすの野に父と子のかくれんぼ あひる 2 ふさこ.ひのと.
息切らし戻る石段紅葉谷 たかを 1 澄子.
瀬戸内はレモンの産地波静か みきお 1 満天.
祖母によく似たる男の子や七五三 せいじ 1 はく子.
松の香を腹まで吸うて鋏入る 千鶴 1 素秀.
ハロウィンのお化け並びて飴もらふ なつき 1 明日香.
秋の宵炎の乱舞空焦がす ふさこ 1 きよえ.
一里塚面影残し榎の実 澄子 1 たかを.
夜長なる積もる話に時忘れ 千鶴 1 宏虎.
秋朝の光芒に浮く竹生嶋 隆松 1 ぽんこ.
あと幾度数へてしまふ冬支度 明日香 1 もとこ.
鉄瓶沸く古酒に別れの夕かな 素秀 1 隆松.
蹲の水を染めたる落葉かな ぽんこ 1 みきえ.
天をつく葉の騒ぎ居り竹の春 宏虎 1 かえる.
文化祭はコーラス舞踊エトセトラ こすもす 1 ひのと.

10月23日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋冷や速歩の馬の湯気立ちぬ 澄子 4 せいじ.きよえ.千鶴.ぽんこ.
月のかけら空に残して夜勤明け 素秀 4 智恵子.もとこ.なつき.たかを.
眠る子のおくるみのぞく宮さやか なつき 3 たか子.明日香.みきお.
欲しきもの問ふ焼芋と老母答う あひる 3 きよえ.素秀.千鶴.
秋夕日彩雲広ぐ瀬戸の海 きよえ 3 かえる.みきえ.澄子.
でこいちの煙たなびく紅葉渓 智恵子 3 ふさこ.みきお.なつき.
秋晴れやお散歩カーは超満員 もとこ 3 あひる.明日香.こすもす.
臥せばより高きの見へて鳥渡る むべ 2 たか子.素秀.
聖堂の椅子の長きに秋の冷え たか子 2 豊実.もとこ.
小鳥来る宮に打ち鳴る子らの絵馬 なつき 2 せいじ.満天.
キッチンの窓辺に揺れる山葡萄 ぽんこ 2 むべ.たかを.
蒲の穂の風に打ち合ふ湖畔かな せいじ 2 むべ.あひる.
行く秋や売り地の札の彩あせり 宏虎 1 豊実.
古し綿打ち直したる新蒲団 みきえ 1 こすもす.
松茸を裂きてその夜の指匂ふ ひのと 1 隆松.
日曜日俄か農夫の鎌さばき たかを 1 澄子.
新築に表札二つ秋の空 みきお 1 みきえ.
個性ある作品展示秋祭り 満天 1 宏虎.
藁塚に遊ぶ里の子隠れんぼ 智恵子 1 かえる.
秋天に寝具を干して子を迎ふ 千鶴 1 智恵子.
甘樫より見下ろす明日香豊の秋 明日香 1 宏虎.
銀杏を踏みて洗うやスニーカー かえる 1 ふさこ.
セレモニーは吹奏楽部の秋祭り 満天 1 ひのと.
久々のグランドゴルフに秋惜しむ こすもす 1 ひのと.
左見右見風はまだかと秋桜 明日香 1 ぽんこ.

10月22日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
新走り止まり木に飲む米処 智恵子 5 たか子.澄子.はく子.なつき.ぽんこ.
星流る子午線上の天文台 千鶴 4 たか子.せつ子.もとこ.みきお.
木の実落つ音聞き分ける深夜かな かえる 4 あひる.むべ.ふさこ.みきえ.
行列の先に湯気立つ豚饅頭 みきえ 3 智恵子.あひる.こすもす.
目を少し病みて勇気のサングラス あひる 3 かえる.せいじ.ひのと.
小菊からこぼれる雫ほどの倖 素秀 3 せつ子.むべ.きよえ.
落日に羽透き通る痩せ飛蝗 豊実 2 素秀.きよえ.
大銀杏黄落頻り古き杜 澄子 2 智恵子.千鶴.
白鷺を映す水面や水澄めり 満天 2 明日香.なつき.
伊勢街道始点はここと初紅葉 たか子 2 満天.もとこ.
萩散るや墓誌に童の名がひとつ ひのと 2 かえる.素秀.
神磐をゆっくり巡り小春の日 こすもす 2 明日香.ぽんこ.
墨痕に気魄こめたり書家の秋 千鶴 2 はく子.みきえ.
教室は水槽のやう鰯雲 ひのと 2 たかを.せいじ.
柿の実の紅の増しゆく上日和 素秀 2 豊実.澄子.
コスモスの畑の明るさ晴るる空 きよえ 1 ふさこ.
玉砂利の間を埋めたる木の実かな あひる 1 こすもす.
寄りかかる箪笥うとうと母夜なべ 智恵子 1 たかを.
さりげなく気を引く妻のサングラス せいじ 1 ひのと.
古井戸は猫のたまり場石蕗の花 なつき 1 みきお.
椿の実弾けて秋の土用かな 澄子 1 千鶴.
木犀の香に七五三絵馬掛けり なつき 1 宏虎.
忘れ得ぬ日より幾年秋さやか こすもす 1 豊実.
絶え間なく木の実落ちけり裏の山 みきお 1 宏虎.
朝夕の梵鐘の音秋澄めり みきお 1 満天.

10月21日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小糠雨とどめて光る芒の穂 素秀 7 かえる.満天.智恵子.せつ子.明日香.みきお.ぽんこ.
放流を飲み込む川や冬間近か ふさこ 4 豊実.あひる.澄子.きよえ.
逆さ富士湖鏡に映ゆ裾紅葉 智恵子 3 宏虎.なつき.千鶴.
どんぐりでお店ごっこのお支払い かえる 3 たかを.素秀.きよえ.
喜寿揃う同窓会や金木犀 千鶴 2 宏虎.こすもす.
嘱目の景を拾ひて秋山路 せいじ 2 みきえ.澄子.
コスモスの揺れる向かふに弾む声 満天 2 小袖.あられ.
神池は澄みて寂しき神の留守 澄子 2 智恵子.たか子.
ごめんねと言へずに木の実踏みにけり ひのと 2 満天.みきお.
朝靄の溶けて粧ふ山の綺羅 智恵子 2 豊実.せいじ.
馬肥ゆる何度も計り乗ってみる 明日香 2 ふさこ.千鶴.
幾世代子供育てし家の秋 たかを 2 はく子.あひる.
朝寒の腕大振りにウオーキング 満天 2 はく子.ひのと.
夕花野癇癪の子を置いてゆく ひのと 2 素秀.もとこ.
コスモスを活けて座敷の日のにほひ きよえ 2 なつき.あられ.
大銀杏幣の真白き二分かれ たか子 2 かえる.みきえ.
葛の葉の裏まで見せて右往左往 こすもす 1 ふさこ.
柿実る塀の内外たんまりと たかを 1 こすもす.
穂芒や居間が野になる心地かな あひる 1 もとこ.
見晴るかす新幹線よ藁ぼつち なつき 1 たかを.
闇に舞ふ白い指先盆踊り みきお 1 せいじ.
霧ぶすま開けば動く杉木立 素秀 1 たか子.
燦めいて出番待ちたる神輿かな あひる 1 明日香.
半透明の屋根にカラフル落ち葉かな こすもす 1 ひのと.
菊晴れやガラシャ所縁のチャペルへと たか子 1 ぽんこ.
断層の地層やしるき小鳥来る 澄子 1 小袖.

10月20日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
牧の朝嘶く馬の息白し 智恵子 6 かえる.ぽんこ.せつ子.みきお.たか子.みきえ.
金木犀籠もりし母の窓辺にも あひる 5 澄子.ぽんこ.こすもす.なつき.もとこ.
風倒樹異形となりて冬隣り たか子 4 かえる.素秀.もとこ.千鶴.
秋蝶の紛る野の花草の径 千鶴 4 智恵子.あられ.満天.はく子.
露草の踏むをためらふ回り道 ぽんこ 3 隆松.あひる.ふさこ.
倒木をすり抜け空へ蔦紅葉 もとこ 3 はく子.きよえ.ふさこ.
観覧車巡れば釣瓶落としかな 澄子 3 智恵子.きよえ.なつき.
探鳥のカメラ重たし秋日和 豊実 3 澄子.たかを.ひのと.
着飾って一家総出の七五三 みきお 2 宏虎.明日香.
新築の槌音激し秋の夕 たかを 2 豊実.あられ.
干し終えて背伸びをすれば薄き月 明日香 2 素秀.こすもす.
大病を抜けし友の背秋日差し たかを 2 満天.せつ子.
花街のよどみを抜けて星月夜 素秀 2 豊実.あひる.
稲藁をふんはり敷きし刈田かな せいじ 1 たか子.
揚々と訪う菊花展期日前 みきえ 1 宏虎.
痩せ犬の吠えて身震ひする夜寒 素秀 1 千鶴.
軒下へ影畳みけり秋日傘 みきお 1 たかを.
鳥渡る先陣切って奥琵琶へ 千鶴 1 せいじ.
紅引いて大人じみたる七五三 かえる 1 せいじ.
懐メロを客も唱和す秋の宴 たか子 1 ひのと.
お互ひの保護犬自慢秋うらら 澄子 1 明日香.
秋高しただ蒼天の谷戸の朝 隆松 1 みきえ.
垂るる穂の腕に触れもす稲田道 せいじ 1 みきお.

10月19日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
玉砂利に裾を引きずる七五三 なつき 7 宏虎.智恵子.せいじ.明日香.ぽんこ.みきお.きよえ.
トタン屋根撥ねる木の実の音楽し こすもす 5 かえる.あひる.ふさこ.たかを.みきえ.
濡れ髪に櫛目の残る夜寒かな ひのと 5 かえる.せいじ.もとこ.千鶴.ぽんこ.
鳥渡る町に小さき幼稚園 宏虎 4 素秀.もとこ.たかを.なつき.
稲藁のロール転がる刈田跡 千鶴 4 智恵子.隆松.こすもす.ひのと.
雲梯にてこずる子らや小鳥来る せいじ 3 豊実.あひる.千鶴.
草の花部屋ごと活けて書道展 智恵子 3 満天.明日香.みきえ.
煎りたての胡桃仄かに油の香 かえる 2 豊実.こすもす.
虫集く恐竜眠る化石山 素秀 2 みきお.なつき.
色変へぬ松のはざまに青き空 せいじ 2 満天.たか子.
秋の風波走らせて光出づ もとこ 1 きよえ.
手に触れし温みの残る力石 ぽんこ 1 澄子.
黄落の只中にいて静かなり 澄子 1 たか子.
喪の家に手合はせてゆく月夜かな ひのと 1 素秀.
初鴨や水面に映る空の雲 豊実 1 宏虎.
トラクター進み蟋蟀敗走す 素秀 1 澄子.
身にぞ入む最後はいつも二次元コード 明日香 1 ひのと.
陽を仰ぐそよ風やさし花野かな きよえ 1 ふさこ.

10月18日 (投句24名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
あくびするカバの大口秋日和 みきお 5 みきえ.素秀.ふさこ.せつ子.あられ.
山道の採るに採られぬ柿たわわ ふさこ 5 豊実.澄子.きよえ.満天.明日香.
人知れぬ古道をふさぎ花芒 素秀 4 きよえ.智恵子.ぽんこ.せつ子.
からからとみくじの棒引く秋高し 宏虎 3 たかを.満天.もとこ.
秋晴れやキャッチボールの球消ゆる ぽんこ 3 せいじ.あひる.ひのと.
山粧ふ地図より消えし村いくつ ひのと 3 智恵子.なつき.千鶴.
コンサート果てて秋気の濃くなりし たか子 2 かえる.たかを.
高原に波打つ芒黄金色 みきえ 2 宏虎.こすもす.
一歩づつタイルの壁を枯蟷螂 せいじ 2 こすもす.あられ.
皆若き家族写真や七五三 澄子 2 宏虎.みきお.
辻ごとに猫ゐる湯町秋うらら ひのと 2 素秀.なつき.
子の裂いたシャツを繕う夜なべかな かえる 2 ぽんこ.ひのと.
ビルのすそ囲むコスモス揺れやまず 満天 1 かえる.
小鳥来る紅き鳥居を望むカフェ もとこ 1 みきお.
秋蒔きの発芽気になる長雨かな 明日香 1 ふさこ.
浮寝鳥湖畔に描くベレー帽 智恵子 1 千鶴.
襄と八重秋霖けぶる夫婦塚 千鶴 1 せいじ.
ながき夜ポキポキポキと指鳴らす たかを 1 澄子.
木犀の小さき十字架散り初むる あひる 1 豊実.
塩茹での喉にまったり落花生 せつ子 1 明日香.
木犀の香の濃き雨の朝かな せいじ 1 みきえ.
レジ横の備前の花器や杜鵑草 こすもす 1 もとこ.
教会の見える畑や蓼の花 豊実 1 あひる.

10月17日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
立てかけし杖に影あり真夜の月 せいじ 6 豊実.たかを.みきお.きよえ.もとこ.あられ.
秋晴や両手を挙げて一輪車 満天 6 澄子.智恵子.みきえ.素秀.なつき.みきお.
名人の落語聴き入る夜長かな 澄子 4 豊実.宏虎.ぽんこ.明日香.
鈴の音の結ひ髪に降る七五三 なつき 3 千鶴.ぽんこ.もとこ.
軒下の吊りし柿の実風のまま 宏虎 3 かえる.せいじ.明日香.
新藁の香りあふるる斑鳩路 あられ 3 あひる.せいじ.こすもす.
組みなほし山の峰ゆく雁の棹 澄子 3 あひる.せつ子.なつき.
指揮棒を静かに下ろす秋の果 ひのと 3 たかを.素秀.あられ.
七五三背まで伸ばせし髪結ひて なつき 2 かえる.宏虎.
門灯へ枯蟷螂の岩登り あひる 2 隆松.せつ子.
蟷螂の最期の場所を風に問ふ 豊実 2 澄子.たか子.
秋蒔きの種ほつほつと芽を出しぬ 明日香 2 ふさこ.きよえ.
秋祭り神輿合はせのヨーイヤサ みきえ 2 満天.ひのと.
旅心ふつふつ湧くや鰯雲 千鶴 1 ふさこ.
一本を田中に残し楠の秋 素秀 1 智恵子.
店先にハロウィンかぼちゃ笑ってる 千鶴 1 ひのと.
十月桜ふと顔上げて君に逢ふ もとこ 1 たか子.
もう誰も弾かぬオルガン冬近し ひのと 1 こすもす.
匙と手と口で熟柿と格闘す あひる 1 千鶴.
オカリナの音は深々と秋奏ず たか子 1 満天.
枝折戸の閂堅き紅葉かな 宏虎 1 みきえ.

10月16日 (投句25名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
観音の御手に置かるゝ露の玉 ひのと 3 豊実.みきえ.あられ.
夏霧や棚田を巡る水の音 みきお 3 あひる.せいじ.こすもす.
燻製の塩にむすぶや今年米 素秀 3 智恵子.澄子.なつき.
磨崖仏天蓋紅葉に頬染めて 智恵子 3 たか子.ふさこ.みきお.
同行は影と御大師秋遍路 素秀 3 みきえ.千鶴.たか子.
肴には昭和歌謡で温め酒 もとこ 2 満天.たかを.
ランドセルからぺしやんこの赤い羽根 ひのと 2 素秀.もとこ.
どの道を曲るも香る金木犀」 満天 2 宏虎.ふさこ.
身にしむやウイズコロナの世となりて 千鶴 2 智恵子.ひのと.
秋鰹燻す煙の目に痛し かえる 2 ぽんこ.千鶴.
秋まつり子供みこしのエンヤコラ きよえ 2 宏虎.ひのと.
散策の最後に柿を二袋 せいじ 2 素秀.澄子.
祭り太鼓遠音に聞きし句座のペン たか子 2 ぽんこ.明日香.
茶処の自販機の茶や火恋し なつき 1 もとこ.
風待ちのように呼吸の秋の蝶 たか子 1 なつき.
秋の夜破顔一笑三冠王 みきえ 1 豊実.
円山川隠す背高ススキかな こすもす 1 満天.
吾が厨わが意のままや柿を食む あひる 1 こすもす.
瀬戸の島みかん畑の広がりぬ みきお 1 きよえ.
近江路や湖を侍りし豊の秋 宏虎 1 みきお.
秋さびし縁にひらりと猫来たり なつき 1 あひる.
トロ箱にまるまる太り秋の鯖 智恵子 1 きよえ.
遅れ蚊に刺された痕の残る頬 明日香 1 たかを.
三軒に挙りて香る金木犀 あひる 1 せいじ.
身にかなふ古き着物や秋の晴れ 澄子 1 あられ.
放置田の一隅数珠玉占めにけり こすもす 1 明日香.

10月15日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
かわらけを投げて厄除け紅葉山 智恵子 6 はく子.たかを.こすもす.みきお.なつき.明日香.
暮れなずむ紀淡海峡雁の棹 千鶴 5 宏虎.智恵子.せいじ.ぽんこ.うつぎ.
語らひの背に団栗の一つ落ち あひる 4 かえる.もとこ.ふさこ.あられ.
干し物に盗人萩の二つ三つ せいじ 4 もとこ.澄子.ふさこ.明日香.
夕萩や雨の始めの音しづか ひのと 4 豊実.たか子.せいじ.素秀.
秋風や黄金の棚田さざめきて 明日香 3 満天.きよえ.せつ子.
古希間近若見せ秋の衣更 もとこ 3 あひる.こすもす.千鶴.
陋屋のきしむ音にも秋の声 せいじ 2 みきお.ぽんこ.
泡立草廃線跡に黄金なる 智恵子 2 かえる.宏虎.
和菓子屋の店頭に活け草の花 満天 2 みきえ.智恵子.
チェンソーを少し休ませ草の花 満天 2 素秀.あひる.
まさに今日芳香記念日金木犀 たか子 2 満天.ひのと.
三年ぶり開催されし美術展 澄子 1 ひのと.
暮易き庭を華やぐ薔薇かな 澄子 1 あられ.
月桃の実三線の音風に乗せ ふさこ 1 なつき.
秋の夕ふつくら肥ゆる聖母様 宏虎 1 たかを.
羊雲間遠に聞こゆヘリの音 こすもす 1 うつぎ.
黒髪を腰まで垂らす秋の人 みきえ 1 千鶴.
艶麗に楓紅葉の枝配り 素秀 1 澄子.
山の端に薄紅となす朝の霧 隆松 1 たか子.
丸みたる沓脱石や秋日濃し なつき 1 みきえ.
獰猛な姿は見せず祈り虫 みきお 1 豊実.
朝月のまだ中天に微笑みて 明日香 1 きよえ.
朝なさなテラスに香る金木犀 たか子 1 はく子.

10月14日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
野仏の濡れたる朝や秋薊 隆松 6 せいじ.あひる.もとこ.みきお.こすもす.うつぎ.
チェンソー担ぐ杣人冬支度 智恵子 5 かえる.みきお.なつき.隆松.みきえ.
椎の実の顔をそろへてやじろべえ 素秀 3 かえる.たかを.智恵子.
波高し岬の果てに鷹柱 澄子 3 豊実.宏虎.せいじ.
山影を引き摺り寄せて秋暮るる 明日香 3 きよえ.素秀.たか子.
帆船のマスト高きへ秋夕焼 千鶴 3 満天.ふさこ.ぽんこ.
落暉より四方に拡がる鰯雲 せいじ 2 こすもす.澄子.
夕月や掛行灯の女文字 ひのと 2 素秀.みきえ.
水澄めり飛び石超えて神の苑 もとこ 2 ふさこ.澄子.
仰向けるサーブ失敗いわし雲 ぽんこ 2 もとこ.うつぎ.
秋水で洗ふ泥んこ遊びの子 なつき 2 宏虎.ぽんこ.
秋日和鳥語飛び交ふ尾根を行く きよえ 2 明日香.千鶴.
古戦場今しジブリの森となり 智恵子 1 たか子.
大木の影もそよげる稲田かな あひる 1 明日香.
みな帰りひとりぼっちの案山子かな かえる 1 豊実.
秋の瀬戸赤銅色の陽の落ちぬ 千鶴 1 きよえ.
茸飯調味料は目分量 みきえ 1 なつき.
焼き芋の手で割る切り口険山ぞ そうけい 1 たかを.
秋晴や園児の散歩賑はひて 満天 1 ひのと.
干潮の鳴門の上を鳥渡る 宏虎 1 千鶴.
夕空にビッグバンめく鰯雲 せいじ 1 智恵子.
鶺鴒のヒップアップのダンスかな きよえ 1 ひのと.
銀輪を押す坂道に小鳥来る あひる 1 満天.
厳めしき門を潜れば赤まんま 澄子 1 あひる.

10月13日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
もの捨てし家の余白や冬隣 ひのと 6 かえる.もとこ.澄子.なつき.千鶴.そうけい.
猪の怒り凄まじ罠の檻 かえる 6 たかを.智恵子.澄子.こすもす.きよえ.そうけい.
沖雲を引き摺り込みし秋落暉 せいじ 4 あひる.ぽんこ.紫陽花.千鶴.
毬栗の落つる音する獣道 豊実 4 宏虎.智恵子.素秀.ふさこ.
御手洗の水のあふれや小鳥来る 満天 3 明日香.ぽんこ.こすもす.
夜学生灯油を足して帰りけり ひのと 2 豊実.素秀.
柿剥くや皮ヨーヨーのごと弾みけり みきえ 2 あひる.ふさこ.
新松子美保の松原波静か 智恵子 2 宏虎.はく子.
踏み出しし一歩の先に飛蝗かな こすもす 2 明日香.みきえ.
秋の雲どんな怪獣あばら骨 たか子 2 たかを.ひのと.
戸を繰れば訪いしごとバッタかな こすもす 2 かえる.ひのと.
母と子のリュックの並び行く花野 あひる 2 豊実.なつき.
コミックと蜜柑残して子ら去りぬ あひる 1 もとこ.
扇状に空荘厳す鰯雲 せいじ 1 はく子.
大病を抜けし友との秋夕陽 たかを 1 満天.
色変へぬ松が目隠し遥拝所 なつき 1 隆松.
倒木が丸木橋ごと秋の川 明日香 1 満天.
漆黒の古りしピアノや蔦紅葉 澄子 1 せいじ.
葉隠れの柿の実かぞへ実のり待つ 董雨 1 紫陽花.
畦散歩稲架芳しき夕まぐれ 智恵子 1 みきえ.
鬼の子の泣きじゃくるやう風の声 素秀 1 たか子.
部屋分けて夫婦映画を観る夜長 なつき 1 たか子.
ワイパーの一掻きに散る露雫 隆松 1 せいじ.
外灯の早く点きたる秋の暮 満天 1 きよえ.

10月12日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
尻もちをつけど甘薯は手離さず ひのと 8 かえる.豊実.たか子.智恵子.みきえ.千鶴.たかを.ぽんこ.
蜘蛛の糸垂れて一葉離すまじ 智恵子 6 澄子.たか子.せつ子.明日香.ふさこ.千鶴.
稲の香を四囲に振り撒くコンバイン みきえ 4 満天.せいじ.はく子.きよえ.
巫女の鈴細やかに揺れ宮さやか 明日香 4 みきえ.そうけい.なつき.ぽんこ.
島の子に捥いでもらひし柚子ひとつ ひのと 4 豊実.素秀.はく子.ふさこ.
杉玉も緑あらたに新走り 澄子 3 智恵子.こすもす.たかを.
立ち上がり秋思を除けて米を研ぐ かえる 2 あひる.ひのと.
副菜は煮魚新米の夕餉 こすもす 2 せいじ.あひる.
朝日見て山に消え行く月丸し 豊実 2 せつ子.きよえ.
初鴨や城址の濠の日の溜まり なつき 2 澄子.素秀.
団栗を小さき手の中宝物 きよえ 2 満天.董雨.
自販機でホットコーヒー笑みふたつ たかを 2 かえる.隆松.
香り良し今日の仏飯は新米 こすもす 1 ひのと.
かまどより微かな音色残り虫 みきお 1 なつき.
烏帽子付け角切られ立つ鹿捨て身 ふさこ 1 もとこ.
門前の臥竜の松の青青と 智恵子 1 みきお.
老木の添木に掛かる桜紅葉 ぽんこ 1 こすもす.
走り根を覆ふ落葉に雨しとど せつ子 1 みきお.
毬爆ぜてこぼれし栗の艶々し 千鶴 1 そうけい.
鶺鴒の人怖がらず近寄らず たか子 1 董雨.
突堤や入江すみずみ秋日燦 澄子 1 明日香.
枝払ひ終えて湯殿にシャボンの香 あひる 1 もとこ.

10月11日 (投句24名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
四阿の屋根を覆ひて草紅葉 せつ子 5 ぽんこ.澄子.ふさこ.こすもす.明日香.
ビデオ見て着付け練習七五三 なつき 3 智恵子.明日香.ひのと.
ずっしりと手にあまる稲刈り取りぬ みきお 3 せいじ.みきえ.せつ子.
ちびっ子は二時間だけの運動会 たか子 3 智恵子.たかを.ひのと.
露の世に紅き首輪を遺しけり 澄子 3 あひる.素秀.たかを.
四阿に傘残されて初紅葉 むべ 3 きよえ.もとこ.素秀.
黒牛の霧を背中に山降りる 素秀 2 豊実.千鶴.
余命より三年過ぎて柿を食ふ ひのと 2 せつ子.なつき.
秋風やくの字への字に磯馴松 せつ子 2 豊実.千鶴.
土手に揺る河原撫子花盛り 智恵子 2 ふさこ.みきお.
暮れるまで一家総出の落穂狩 みきお 2 たか子.澄子.
円描いて始まるあそび赤蜻蛉 ひのと 1 なつき.
池のごと動かぬ川に鴨渡る 素秀 1 きよえ.
満月や黒雲去りて煌々と みきえ 1 満天.
名月や江の島黒く光る海 智恵子 1 みきお.
かさ高き物出し替へて冬用意 千鶴 1 かえる.
頭垂れ刈取りを待つ稲穂かな たか子 1 みきえ.
不揃ひの箸で味見や栗きんとん なつき 1 もとこ.
二日目となりし干し物秋陰り せいじ 1 こすもす.
パーティーの果てて宵より秋の雨 せいじ 1 あひる.
身にしむや杉玉褪せし古酒屋 もとこ 1 ぽんこ.
花壇脇中に入れてと猫じゃらし 明日香 1 かえる.
石たたきここよここよと遊ぶごと 明日香 1 たか子.
溝蕎麦や溝の広さを埋めつくし あひる 1 満天.
十五夜の月の白さやビルあはひ 澄子 1 せいじ.

10月10日 (投句23名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
相席の目の置きどころ走り蕎麦 ひのと 7 豊実.澄子.もとこ.明日香.みきお.むべ.みきえ.
手になじむ聖書の重み秋灯下 むべ 5 豊実.満天.せいじ.たか子.ぽんこ.
どよめきの家まで届く運動会 せいじ 4 澄子.きよえ.あひる.明日香.
太き梁残し帰燕の長屋門 素秀 4 智恵子.千鶴.みきお.せつ子.
新蕎麦や背に徳利の陶狸 ひのと 4 智恵子.たかを.素秀.ふさこ.
秋時雨筆談の文字滲みけり 澄子 3 なつき.こすもす.千鶴.
湯気立てて転げるざるの衣被 かえる 3 素秀.ぽんこ.そうけい.
少女より親が真剣運動会 宏虎 2 満天.ひのと.
赤い羽根急に姿勢の良くなりて 明日香 2 かえる.もとこ.
山道に迫り出す萩を押し分けて 豊実 2 きよえ.あひる.
芋煮鍋講釈垂れし爺出番 ふさこ 2 たかを.ひのと.
角伐や勢子と神官息あわせ みきお 2 こすもす.はく子.
降らずみの空へ勝鬨運動会 せいじ 1 たか子.
参道は桜紅葉の段葛 智恵子 1 はく子.
菊香る墓にコーヒー半分こ 智恵子 1 むべ.
体重計乗る爪先の秋湿り たか子 1 そうけい.
秋雨を友の愚痴るを聴く夜かな もとこ 1 かえる.
お持たせは駅の出店の栗きんとん なつき 1 みきえ.
秋刀魚焼く臭いに目覚む浜の宿 そうけい 1 せいじ.
どの木とて風船葛すがりつく 満天 1 ふさこ.
枝豆は話の接ぎ穂長談義 たか子 1 なつき.

10月9日 (投句25名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
うっすらと膜張るミルク小鳥来る 澄子 5 豊実.智恵子.もとこ.むべ.なつき.
家古りて庭に増えゆく石蕗の花 なつき 4 澄子.みきえ.ぽんこ.そうけい.
少年に父の面差し鯊を釣る ひのと 4 豊実.素秀.千鶴.みきお.
秋霖や厩舎に牛の声高し 智恵子 3 せいじ.そうけい.あひる.
鳶職のニッカポッカや天高し たか子 3 澄子.みきえ.明日香.
グランドゴルフ桜もみぢの散る中で はく子 2 満天.ひのと.
首擡げ咲く日伺う石蕗の花 こすもす 2 もとこ.ぽんこ.
赤い羽根爺の帽子で揺れてをり かえる 2 たかを.智恵子.
泰然と老境に有り新酒酌む 宏虎 2 たか子.せいじ.
星消える夜業の煙黒々と 素秀 2 きよえ.あひる.
思ひ出もしまひて後の更衣 むべ 2 たかを.こすもす.
山下りる四方八方秋の空 たかを 2 宏虎.きよえ.
肌掛にくるまる心地十三夜 むべ 2 素秀.千鶴.
黙祷の絶えぬ八月慰霊の碑 みきお 1 明日香.
朽ち欠けし館の芒二三本 もとこ 1 みきお.
食の秋パンと牛乳フェルメール そうけい 1 ひのと.
雨上がり色づきそめし南天の実 満天 1 ふさこ.
ガラス越し兄と面会秋寒し はく子 1 なつき.
小さき花選びて止まる蜆蝶 あひる 1 こすもす.
ひさびさの一家団らん体育日 せいじ 1 宏虎.
秋寒や曇りガラスの車窓行く 明日香 1 満天.
石清水アルミカップに陽の射せり みきお 1 かえる.
濁酒や釣り損ねたる魚のこと ひのと 1 むべ.
毛氈に開く句帳や古都の秋 智恵子 1 かえる.
龍口に近寄れば出る秋の水 ぽんこ 1 たか子.
線路沿いあふるるばかり葛の波 明日香 1 ふさこ.

10月8日 (投句25名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一生を農に終へたり草の花 宏虎 6 澄子.せいじ.むべ.満天.なつき.みきお.
故郷の花野に牛の目は静か 素秀 4 豊実.せいじ.かえる.千鶴.
滂沱たる雨にとぼけし案山子かな 千鶴 4 あられ.みきえ.あひる.ぽんこ.
答弁のしどろもどろや赤い羽根 たか子 4 宏虎.明日香.満天.もとこ.
秋の雨しずかに今朝をとほりけり きよえ 3 むべ.たかを.こすもす.
運動会手振り走る子ビリケツに ふさこ 3 豊実.もとこ.ひのと.
出格子の暗き町筋秋夕焼 もとこ 3 みきえ.たか子.みきお.
大嵐葉裏に蝶々翅たたむ みきお 2 たかを.こすもす.
里山や霧立ち込みて静もれり みきえ 2 きよえ.そうけい.
参道に蒸籠の湯気や栗おこは なつき 2 きよえ.ふさこ.
学び舎のフェンス囲ひに蔦紅葉 満天 2 なつき.たか子.
高々と幟はためき秋祭 こすもす 2 澄子.宏虎.
鶴の足構え一気に彫る夜長 そうけい 2 素秀.千鶴.
牛膝びっしり付けて犬帰る 澄子 2 智恵子.明日香.
小さき傘稲穂ゆらして帰りゆく あひる 1 はく子.
カップルのベンチを去らず石叩き たか子 1 ひのと.
寝返りす足の冷やりと布団の中 そうけい 1 ふさこ.
手庇しの案山子の真似っ子道草す せつ子 1 そうけい.
紙飛行機秋風つかみ空に消ゆ 智恵子 1 ぽんこ.
秋霖や途切れし会話繋ぎけり あひる 1 かえる.
種取りてチャック袋に名を記す 豊実 1 かかし.
老木の下を居場所の草の花 素秀 1 智恵子.
踏まれたる山栗うすき古道かな なつき 1 素秀.
萩咲くや縺れもせずに風に舞ふ 満天 1 かかし.
稲刈りを足踏みさせる今朝の雨 明日香 1 はく子.
庭木打つ雨の晴れ間に小鳥来る せいじ 1 あひる.
障子貼る裏に吾子らの笑い顔 かえる 1 あられ.

10月7日 (投句25名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
奥山に薪割る音や冬隣 みきお 6 かえる.満天.ぽんこ.澄子.こすもす.みきえ.
味噌蔵は奥より昏れて秋深し ひのと 5 たか子.せいじ.素秀.千鶴.あひる.
虫の音に目瞑る母の足洗ふ ひのと 5 なつき.智恵子.澄子.素秀.むべ.
秋天を白き腹見せ飛行船 素秀 4 たかを.明日香.そうけい.せつ子.
軽やかに熊よけの鈴秋の声 みきお 3 きよえ.満天.もとこ.
参道のフリマは昭和秋日和 はく子 3 豊実.うつぎ.こすもす.
鍵探るバッグの底に櫟の実 こすもす 2 なつき.たかを.
明日香川どんぐり一つ投げもして 明日香 2 せいじ.あひる.
口笛を追ひかけて行く草の絮 うつぎ 2 たか子.ふさこ.
鵙高音空を切り裂く羽根の音 宏虎 2 みきお.そうけい.
タトゥーする指や異国の夜学生 かえる 2 千鶴.明日香.
デッサンの未完なるまま秋の虹 澄子 2 豊実.ふさこ.
秋麗や稜線くきり空を斬る もとこ 2 きよえ.智恵子.
山畑に夕陽を浴びし赤まんま あひる 1 ぽんこ.
七輪の並ぶ食卓土瓶蒸し 智恵子 1 宏虎.
日に二食てふダイエットのぞむ秋 千鶴 1 ひのと.
白萩やながき不在に花溢つ 澄子 1 うつぎ.
ローファーの縫目に滲みて秋の雨 むべ 1 もとこ.
娘を送り思はず衿に夜寒かな きよえ 1 みきえ.
黒たまご芒が原の奥に富士 智恵子 1 せつ子.
啄かれて熟柿の傷の無惨かな あひる 1 かえる.
村祭の囃す法被や意気高し せつ子 1 宏虎.
静けさやストーブ燃ゆるぽつぽつぽ たかを 1 むべ.
本堂の屋根の曲線いわし雲 ぽんこ 1 みきお.
運動会見学数に限りあり みきえ 1 ひのと.

10月6日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
新藁の匂ふ牛小屋灯のともる みきお 7 せいじ.みきえ.智恵子.そうけい.こすもす.せつ子.千鶴.
秋桜や面会室の十五分 あひる 5 豊実.はく子.澄子.むべ.こすもす.
案山子翁泣き出すやうな藁の顔 素秀 4 満天.たか子.むべ.せつ子.
鰹船もどる黄金の波を曳き ひのと 4 せいじ.なつき.ぽんこ.うつぎ.
赤い羽根つけて何やら誇らしげ 明日香 3 宏虎.うつぎ.ひのと.
草千里霧の海浮く厩舎かな 澄子 3 きよえ.みきお.たかを.
秋の虹消えて残れり茜雲 なつき 3 かえる.満天.明日香.
打つ塩を海色にして秋刀魚かな たか子 3 きよえ.素秀.もとこ.
あつあつの栗おこは詰め友見舞ふ むべ 3 智恵子.そうけい.なつき.
五束ほどガードレールを稲架かけに 明日香 2 あひる.たかを.
天空の花野に続くリフトかな 智恵子 2 みきえ.みきお.
稲田刈る威風堂々のコンバイン うつぎ 2 かえる.はく子.
子規句碑の遠巻きにして式部の実 宏虎 2 もとこ.明日香.
秋桜や岐路の地蔵が案内せり もとこ 1 豊実.
のぼり旗なびく狗尾草もまた せいじ 1 あひる.
ウクライナへ吹けよ援軍神渡 千鶴 1 ぽんこ.
ランナーはなんば走りに露の土手 素秀 1 澄子.
寝台の旅満喫す夜長かな みきえ 1 宏虎.
雁渡り祭り提灯揺れやまず 澄子 1 たか子.
焼松茸上戸たまらぬ匂ひかな 宏虎 1 千鶴.
登校子の白のソックス爽やかに 満天 1 ひのと.
流れなき水に河骨ま直ぐ立つ たか子 1 素秀.

10月5日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手探りで閉ざす閂虫の闇 うつぎ 6 たか子.あひる.素秀.こすもす.みきお.せつ子.
夜学まで浅き眠りの路線バス かえる 6 智恵子.せいじ.そうけい.澄子.たかを.なつき.
追伸のやうに揺れをり秋桜 ひのと 4 かえる.素秀.なつき.もとこ.
トルソーの首に巻き尺蔦の窓 ひのと 4 豊実.たか子.みきえ.せいじ.
新しき棚に古書おく秋灯下 あひる 3 かえる.明日香.もとこ.
笑ひ声絶えぬ再会秋日和 なつき 3 むべ.明日香.はく子.
訪ふ人のなくてもみづる奥の池 むべ 2 ぽんこ.はく子.
無花果は捥ぎて食ぶもの今もなほ なつき 2 うつぎ.せつ子.
自然薯や土に自由を形づく 素秀 2 澄子.千鶴.
棉ふくや子等の賑わう農園に たか子 2 満天.あひる.
新米の炊きて輝く朝餉かな 満天 2 宏虎.きよえ.
磯鴫の波の間に間に音符めく 智恵子 2 満天.きよえ.
叢となり舞ふ一畝や秋桜 そうけい 2 紫陽花.うつぎ.
無視さるる唯のぼろ切れ鳥脅し たか子 2 みきえ.ぽんこ.
飛ぶ度に増ゆる不思議や稲雀 宏虎 2 智恵子.そうけい.
赤らみて並ぶ夜明けの鰯雲 せいじ 2 こすもす.千鶴.
風さやか思ひ思ひに雲動く きよえ 1 豊実.
退院のメールに安堵秋晴るる こすもす 1 ひのと.
豊の秋畏み神を待つ旧家 澄子 1 みきお.
黄葉敷けば狛犬も目を細めけり そうけい 1 宏虎.
亡友の面影描く秋の空 あひる 1 むべ.
立ちのぼる稲穂の香り雨上がる 明日香 1 たかを.
久々の修学旅行秋うらら みきお 1 ひのと.
転び咲く鉢に無垢なる曼珠沙華 智恵子 1 紫陽花.

10月4日 (投句24名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
群れなして秋蝶渡る渦の瀬戸 千鶴 5 かえる.きよえ.あひる.せいじ.そうけい.
引越しの荷物見送り鰯雲 豊実 5 明日香.みきお.たかを.もとこ.うつぎ.
柿吊す日にち薬といふくすり ひのと 5 むべ.素秀.澄子.なつき.もとこ.
玉垣に風の吹き抜くこぼれ萩 ぽんこ 4 智恵子.満天.澄子.そうけい.
背後より来て影となる秋の蝶 せいじ 4 豊実.あひる.満天.素秀.
木犀を掃けば箒も匂ひ立つ かえる 4 きよえ.たか子.なつき.千鶴.
干してより色増す軒の唐辛子 うつぎ 2 かえる.豊実.
弁慶も駆け下りし崖花芒 むべ 2 せいじ.宏虎.
神苑の秋の七草数へつつ はく子 1 ぽんこ.
篤農の庭先に買ふ富有柿 せいじ 1 たか子.
子と孫と十月生まれ集合す あひる 1 宏虎.
秋空に飛機引っぱって線一本 もとこ 1 明日香.
一等のビデオ鑑賞運動会 なつき 1 ひのと.
色づきぬ桜紅葉の並木道 きよえ 1 みきお.
雑草も様変りして秋の土手 明日香 1 ぽんこ.
秋夕焼庭の木々まで朱に染まり 明日香 1 こすもす.
細筆をなめて整へ彼岸花 智恵子 1 みきえ.
秋祭中止回覧届きけり みきえ 1 ひのと.
子ら帰る釣瓶落しに急かされつ みきえ 1 千鶴.
指にタコして皮剥くや栗ご飯 そうけい 1 こすもす.
奥入瀬のせせらぎ聞こゆ紅葉晴 宏虎 1 たかを.
朝刊を配るバイクや明けの月 みきお 1 みきえ.
南蛮煙管見んとて覗くススキかな こすもす 1 智恵子.
天高し嶺もくっきり雲もなし 宏虎 1 うつぎ.
気まぐれに夜店で買ひし秋帽子 澄子 1 むべ.

10月3日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝露や厩舎に眠る引退馬 ひのと 8 かえる.澄子.みきえ.せつ子.ぽんこ.千鶴.うつぎ.むべ.
煙草火とすれ違ふなり霧の夜 ひのと 4 素秀.もとこ.たか子.うつぎ.
引つ越しは山見ゆる町秋澄めり なつき 3 たかを.宏虎.明日香.
奥入瀬の川磊磊と紅葉燃ゅ 宏虎 3 ぽんこ.みきお.なつき.
えのころのくすぐってをり地蔵様 明日香 3 はく子.せつ子.なつき.
上弦の月や駅舎の明りとり むべ 3 智恵子.素秀.たか子.
ものさしで背中掻きもし夜なべかな なつき 3 もとこ.みきお.千鶴.
蜻蛉の舞ひ重なりて茜富士 澄子 3 たかを.せいじ.むべ.
秋日和ケーキ販売軽トラで 満天 3 宏虎.みきえ.ひのと.
吾が影をよこぎる影や秋津飛ぶ あひる 2 せいじ.きよえ.
潮風の匂ふ波止場や烏賊襖 みきお 2 智恵子.そうけい.
秋祭りこの狭き辻回し終え たか子 2 豊実.澄子.
穂薄を分けて幾枝もけもの道 澄子 1 あひる.
霧の朝柔和に灯るフォグランプ かえる 1 こすもす.
単輌の電車花野をめぐり行く 千鶴 1 満天.
ジャンケンで決まる係や運動会 こすもす 1 豊実.
放送係は人気の係運動会 こすもす 1 ひのと.
上弦の月の向かふの雲流る みきえ 1 明日香.
黄落のなり良き間合ひ散りしむる 素秀 1 そうけい.
稲穂波二両編成颯爽と たかを 1 あひる.
傾きて下弦の細月凛々しとも はく子 1 きよえ.
稲妻の止まぬ棚田や実の太る みきお 1 かえる.
細川を隠してしまふ萩の道 明日香 1 はく子.
漆塗りの箸奮発し今年米 千鶴 1 こすもす.
婦人会野点賑はふ竹の春 智恵子 1 満天.

10月2日 (投句26名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
水澄て繰り返し鯉数える子 ふさこ 5 もとこ.そうけい.明日香.千鶴.こすもす.
怪獣の着ぐるみ走る運動会 智恵子 5 素秀.なつき.はく子.こすもす.ひのと.
交番はいつも空つぽ虫すだく うつぎ 4 満天.せいじ.宏虎.たか子.
秋天へ朱の大鳥居威を放つ はく子 4 たかを.澄子.ぽんこ.智恵子.
白線を引き直す昼運動会 みきお 4 素秀.豊実.せいじ.みきえ.
山荘に星を灯せる夜露かな ひのと 3 かえる.そうけい.みきお.
保育園お昼寝タイム小鳥来る たか子 3 満天.ぽんこ.ひのと.
倒伏の稲に項垂れ案山子立つ もとこ 3 なつき.きよえ.千鶴.
たわわ生る貧乏柿の種だくさん 素秀 2 かえる.はく子.
秋の雲ゆっくり通過句座の窓 たか子 2 あひる.かかし.
菊花展入勝狙ふ友長寿 宏虎 2 みきお.かかし.
銭湯をたゝむ噂や秋の星 ひのと 2 豊実.むべ.
柿熟れて樹下に置かれし脚立かな あひる 2 たかを.みきえ.
山頂の展けて行厨秋の富士 智恵子 1 明日香.
稜線に映える青空風爽か みきお 1 きよえ.
青蜜柑おさまりよろし籠に山 素秀 1 もとこ.
あした踏む木犀の花溢つ径 澄子 1 あひる.
手芸店の閉店セール九月尽 なつき 1 むべ.
はしやぎ合ふ花野に親子水入らず せいじ 1 智恵子.
秋耕の畝覆ふなり黒シート みきえ 1 隆松.
紅葉降る六地蔵の目平らにし そうけい 1 宏虎.
ビルの間に富士堂々と天高し かえる 1 澄子.
一声に応ふ五声や小鳥来る 澄子 1 たか子.

10月1日 (投句25名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
稲の香や夜汽車は光こぼしゆく ひのと 13 豊実.かえる.たかを.ふさこ.素秀.智恵子.澄子.せいじ.そうけい.みきお.ぽんこ.千鶴.むべ.
指折りて声に出しての秋七草 満天 4 ふさこ.智恵子.きよえ.明日香.
肩車のみどり児の手葡萄狩 みきお 3 隆松.きよえ.千鶴.
花野より日差しの匂ひ着て帰る ひのと 3 はく子.なつき.たか子.
秋茜石の温もり抱きけり みきお 3 豊実.こすもす.ぽんこ.
カメラマンの父疲れけり運動会 なつき 2 宏虎.ひのと.
つる引けばひょんな処に零余子の実 たか子 2 あひる.明日香.
秋高し瀬戸を行き交ふしらす漁 千鶴 2 満天.うつぎ.
富士見上げ柿吊されし峠茶屋 智恵子 2 宏虎.なつき.
冠雪の富士に目覚めし九月尽 澄子 2 せつ子.そうけい.
下校子の列伸びきつて秋暑し なつき 2 はく子.もとこ.
大山が押し留めたる野分雲 あひる 2 澄子.もとこ.
みだれ萩無尽に侵す神の庭 もとこ 2 満天.たか子.
一斉に飛び立つ鳩よ天高し かえる 1 こすもす.
秋さやか車掌の声も軽やかに せいじ 1 素秀.
冬瓜の翡翠の色の刹那かな 澄子 1 むべ.
糞に見へ蹈鞴踏みをり落胡桃 隆松 1 あひる.
駅前に南瓜おばけの破顔かな あひる 1 かえる.
人面魚忍野八海水澄めり 智恵子 1 みきえ.
ケアバスを外に出て待てり秋日和 せいじ 1 うつぎ.
谷戸晴れてV型となる秋の空 隆松 1 せいじ.
安全確認するやに萩の右左 こすもす 1 たかを.
晴天の久しぶりなる運動会 満天 1 ひのと.
力石を取り囲めるは力芝 うつぎ 1 せつ子.
案山子立つ峠越えれば西飛鳥 明日香 1 みきえ.
こんにちは元気な児等や秋高し きよえ 1 みきお.

9月30日 (投句25名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
天辺で呵呵大笑の柘榴かな たか子 7 かえる.宏虎.みきえ.智恵子.満天.ぽんこ.小袖.
母の手はいつも濡れをり菊膾 ひのと 7 かえる.むべ.素秀.ぽんこ.もとこ.なつき.ふさこ.
香久山へ刈田の道の続きをり 明日香 5 せいじ.素秀.澄子.あひる.千鶴.
馬止めて流星仰ぐ装蹄師 ひのと 4 豊実.せいじ.せつ子.みきお.
天高し白無垢わたる朱の回廊 もとこ 4 たかを.みきえ.はく子.そうけい.
木犀の香の風髪をなでゆけり むべ 3 宏虎.きよえ.せつ子.
髪型のまとまりし朝小鳥来る たか子 2 豊実.あひる.
新涼や洋菓子店の最後尾 豊実 2 澄子.なおこ.
倒木の穢れなきかな秋の湖 素秀 2 たか子.小袖.
太っても瘠せても不安秋惜しむ 宏虎 2 ふさこ.うつぎ.
古木の洞出入り騒がし蟻の国 ぽんこ 2 もとこ.なおこ.
燃え移りさうな団地の夕焼け雲 あひる 2 むべ.こすもす.
献花への続く行列菊日和 みきお 2 智恵子.なつき.
バス連ね校外学習鰯雲 そうけい 1 満天.
秋晴やグランドゴルフ高き打音 満天 1 ひのと.
教会のくぐもる鐘や霧襖 みきお 1 そうけい.
老人会のウォークラリー秋桜 こすもす 1 うつぎ.
アップルパイ夫がおごると決まりけり あひる 1 隆松.
練習のゴールの笑顔運動会 なつき 1 ひのと.
高原に長き火球や星まつり 智恵子 1 たか子.
薄紅のつぼみの微香藤ばかま 千鶴 1 みきお.
虫籠を片し少年思春期に 素秀 1 たかを.
爽やかやウォークラリーの寺社巡り こすもす 1 明日香.
銀輪かご収穫芋の弾む路地 そうけい 1 千鶴.
蝶いざなふ仕掛け秘めたる花野かな 千鶴 1 はく子.
秋の夕隣保に突如救急車 みきえ 1 こすもす.
一夜にて此岸突き抜く彼岸花 澄子 1 明日香.
白雲の川面にひらり散る紅葉 満天 1 きよえ.

過去一覧

2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]