成績一覧

過去一覧

12月30日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
泥田の面ゆるり足抜く蓮根掘り せつ子 8 せいじ.董雨.たかを.ふさこ.むべ.千鶴.ぽんこ.なつき.
漬樽のならぶ師走の京老舗 凡士 7 豊実.満天.みきお.あられ.たか子.こすもす.ぽんこ.
お国訛りの弾む団欒掘り炬燵 千鶴 6 宏虎.智恵子.たかを.こすもす.明日香.もとこ.
野の羅漢福耳を打つ雪つぶて 素秀 5 みきえ.あひる.みきお.たか子.千鶴.
小つごもり簡素になりし厨ごと たか子 4 かかし.智恵子.むべ.明日香.
参道に玉砂利まきて年の暮 智恵子 4 豊実.素秀.あられ.なつき.
山腹の傷あらはにし薄ら雪 あひる 3 せいじ.ふさこ.小袖.
久々に帰りし娘らと鍋つつく 千鶴 2 董雨.はく子.
車窓から武蔵野統べる雪の富士 むべ 2 宏虎.満天.
ふるさとの義姉こそ要としの暮 あひる 1 はく子.
すらすらと今年も暮れる老二人 たかを 1 かかし.
冬ざるる迷子チラシの犬の顔 なつき 1 凡士.
年送る一人住まゐも六年に はく子 1 凡士.
群鴉舞ひ踊らせし茂刈笛 あられ 1 あひる.
年送る人生ゲーム孫として せいじ 1 みきえ.
自転車に包丁研ぎ屋年の暮れ 満天 1 もとこ.
浮かびをる冬の社の巴紋 明日香 1 素秀.
鴉二羽啼く鉄塔の雪催ひ 凡士 1 小袖.

12月29日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
冬鷗群れ飛ぶ彼方大漁旗 凡士 5 満天.みきお.こすもす.ふさこ.せつ子.
冬耕や烏と人の黒き影 素秀 4 宏虎.ぽんこ.むべ.たか子.
黒豆をコトコト煮るや年用意 千鶴 4 董雨.みきえ.みきお.たかを.
水仙や墓所は港に近き丘 素秀 4 みきえ.明日香.あひる.はく子.
枯銀杏地球の芯へ根を張りぬ みきお 4 あられ.千鶴.かかし.ふさこ.
雪積んで幾千万の河原石 あひる 3 智恵子.せいじ.せつ子.
落とされし手袋一つ杭の先 豊実 3 あられ.ぽんこ.もとこ.
蝋燭の消えて静まる聖夜かな せいじ 3 豊実.かかし.なつき.
公園の花壇整ふ年の暮れ 満天 3 こすもす.明日香.はく子.
天蓋の宝珠鳴らして煤払い 智恵子 3 せいじ.なつき.あひる.
大鷹の不意に翔び立ち柿花火 あひる 2 たか子.もとこ.
靴に押し込む霜焼の薬指 なつき 2 凡士.むべ.
寒暁に湯の沸く音や聖書読む むべ 2 満天.豊実.
別々のテレビ見てゐる大晦日 宏虎 2 董雨.凡士.
木の葉ふるそつと見上げる老夫婦 たかを 1 宏虎.
両堤うづめ尽くして枯れ葎 明日香 1 素秀.
凍て星や空気は凛と張りつめる 宏虎 1 智恵子.
真夜中の咳ひとつして部屋広し もとこ 1 たかを.
枯柳透かして見れる赤き橋 ぽんこ 1 素秀.
寒気団等圧線の凄まじき たか子 1 千鶴.

12月28日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
延々と風車連ねて山眠る 凡士 8 あひる.せいじ.満天.素秀.明日香.こすもす.小袖.智恵子.
三刀さん!偲ぶカルスト冬銀河 智恵子 5 せいじ.宏虎.なつき.たかを.ぽんこ.
北風に竹林軋む裏参道 せいじ 4 満天.こすもす.みきお.たか子.
夜を走る鼬の口の赤きかな 素秀 4 豊実.むべ.小袖.凡士.
降り立つはふるさとの駅山眠る あひる 4 豊実.みきお.みきえ.あられ.
風花や仁王の留守の仁王門 凡士 3 素秀.もとこ.あられ.
序破急に車窓に弾む玉霰 せつ子 3 あひる.千鶴.ぽんこ.
朝まだき中天の月さえざえと 明日香 3 たか子.かかし.せつ子.
年用意年々手抜き歳取りぬ 宏虎 2 ふさこ.かかし.
冬銀河犬寝付かせて読む句集 たかを 2 むべ.千鶴.
靴跡が雪の園庭一直線 なつき 2 ふさこ.せつ子.
クリスマス終われば並ぶ福袋 なつき 2 凡士.智恵子.
木枯しの展望台に古都望む せいじ 1 なつき.
寒波来てすれ違ふ人小走りに 満天 1 もとこ.
寒オリオン光年を経ていま暗し むべ 1 たかを.
昨日より新雪更に二十センチ こすもす 1 みきえ.
一斉に集合解散寒すずめ たか子 1 明日香.
家族みなひさびさ集ひ年惜しむ もとこ 1 宏虎.

12月27日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
菰巻いて蘇鉄オブジェに変身す 凡士 5 みきえ.はく子.小袖.こすもす.明日香.
波しぶき軋む桟橋冬怒涛 みきお 4 あられ.ぽんこ.明日香.せつ子.
羽たたみ青菜のあはひ冬の蝶 明日香 4 あひる.はく子.小袖.せつ子.
木洩れ日を鳴き鳴き移る笹子かな みきお 4 たか子.素秀.あひる.かかし.
雲間より天使のはしご冬夕焼 たか子 4 豊実.せいじ.満天.なつき.
奉納の弓の稽古や年の内 豊実 4 智恵子.素秀.あられ.なつき.
冬空の真澄に舞へる鳶高し せつ子 3 たかを.せいじ.みきえ.
年の瀬や居間に転がる妻の愚痴 宏虎 3 むべ.もとこ.凡士.
祝祭の果てて氷雨となる聖夜 せいじ 2 宏虎.満天.
風冴ゆるきざす肋間神経痛 素秀 2 むべ.凡士.
冬日燦樹影揺らめく磨り硝子 むべ 2 宏虎.ぽんこ.
黒松の枝に優しき冬日蔭 宏虎 1 豊実.
今日のこと明日の予定を柚子湯かな 満天 1 たか子.
たすき掛け雪舞ふ京を駆け繋ぐ 千鶴 1 こすもす.
ちつぽけな日溜り老いとかじけ鳥 凡士 1 智恵子.
仏壇にみな隠れたる冬座敷 もとこ 1 かかし.
くじ外れじやんけん負けて年忘れ なつき 1 たかを.
空を這ふ枝てふ枝に冬芽あり せいじ 1 千鶴.
下弦の月青空高く布を干す 董雨 1 もとこ.
胸縮む除けれど減らぬ雪地獄 隆松 1 千鶴.

12月26日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鼻欠けしままに聖樹の天使かな あひる 6 豊実.せいじ.たかを.素秀.董雨.はく子.
剪定の小枝で創る飾り松 たか子 5 智恵子.ぽんこ.はく子.こすもす.ふさこ.
たこ焼きをくるり返して年詰まる 凡士 4 たかを.ぽんこ.たか子.なつき.
脈々と眠りに入りし大比叡 みのる 4 満天.素秀.みきえ.むべ.
年の瀬や断捨離のごと庭木切る 明日香 3 あひる.満天.せつ子.
凍てつく夜救急サイレン遠ざかる みきえ 3 董雨.ふさこ.せつ子.
凍つる朝右折徐行の救急車 素秀 3 豊実.あられ.もとこ.
顔見世や大向こう無き見得を切り もとこ 3 せいじ.明日香.みきえ.
鰭酒や吾が人生を回顧する 宏虎 3 あひる.凡士.むべ.
オルガンの音に引き込まれゆく聖夜 せいじ 2 あられ.明日香.
寒雲の濃し明星を隠しをり 素秀 2 隆松.千鶴.
あたたかや天寿と感謝せる訃報 みのる 2 もとこ.なつき.
押しつまりけふは何より賀状書く みきえ 2 凡士.こすもす.
懐かしきおもちゃの並ぶ果弘法 はく子 1 たか子.
恋愛のドラマ見ているクリスマス たかを 1 宏虎.
年の瀬や焼きたてパンの匂ふ辻 むべ 1 智恵子.
クリスマスワインとケーキで乾杯す 満天 1 宏虎.
仲見世の参道華やぐ団子花 智恵子 1 みきお.
手づくり聖菓ひとつは子供食堂に 凡士 1 みきお.
白磁器の一輪挿しに実万両 かかし 1 千鶴.

12月25日 (投句22名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
連弾の姉妹の頬に聖夜の灯 凡士 8 智恵子.せいじ.あひる.あられ.たかを.ぽんこ.みきえ.せつ子.
聖夜いま燭から燭へ火をうつし むべ 5 あひる.たか子.明日香.凡士.せつ子.
小さきベル揺るる垣根も聖樹かな なつき 4 素秀.もとこ.たか子.明日香.
窓灯り霞が関の聖夜かな 凡士 3 豊実.せいじ.あられ.
電飾のトンネル抜けて冬銀河 智恵子 3 かかし.董雨.こすもす.
聖書読む声澄みわたる聖夜かな あひる 3 宏虎.満天.むべ.
花の苗貰ひて嬉し歳の市 みきえ 3 智恵子.豊実.はく子.
クリスマスなんて忘るる老二人 もとこ 2 はく子.凡士.
ストリートピアノ流るる歳の市 みきえ 2 素秀.もとこ.
クリスマスイブはケーキと懷メロで こすもす 2 宏虎.かかし.
冬怒濤テトラポツトに砕け飛ぶ 宏虎 2 みきえ.こすもす.
蝋燭をひとつ聖夜の予約席 素秀 1 ぽんこ.
孫たちを待ちわびてをる聖菓かな せいじ 1 むべ.
ハンドベル響く教会生誕祭 智恵子 1 満天.
二日目のおでんの玉子よく浸みて せいじ 1 たかを.
ベールなす古稀のマリアの生誕劇 せつ子 1 千鶴.
年頃の孫と正月最後かも 董雨 1 千鶴.
花舗前の燃ゆるごとくにポインセチア 満天 1 董雨.

12月24日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鉢巻きも泥化粧なり蓮根堀 せつ子 9 たかを.満天.たか子.智恵子.董雨.はく子.素秀.ぽんこ.千鶴.
冬至粥亡夫のくれし橅の匙 むべ 9 かかし.隆松.せいじ.あひる.智恵子.素秀.あられ.みきお.せつ子.
ひとことの不覚の涙月冴ゆる 明日香 5 せいじ.たか子.あひる.みきお.凡士.
焚火の輪工事現場の昼休み 智恵子 3 豊実.董雨.こすもす.
電飾の煌めく街を焼藷屋 凡士 3 たかを.こすもす.なつき.
ゆず風呂の肩先つつく柔らかさ たか子 3 かかし.明日香.あられ.
カピバラも柚子湯に浸る園ゆるり せつ子 2 もとこ.なつき.
冬ざれや雨粒たまる仏足石 ぽんこ 2 はく子.もとこ.
尾白鷲風を捉へて大空へ みきお 2 みきえ.むべ.
ダイヤ婚夫婦茶碗や年の市 宏虎 2 みきえ.せつ子.
クリスマス師より句帳のプレゼント 菜々 2 満天.むべ.
収集車追いひて駆け来る年の暮 智恵子 2 ぽんこ.ふさこ.
クリスマスソング流るる隣家より 満天 2 宏虎.凡士.
葉牡丹の小かぶ一鉢華やかに 満天 1 宏虎.
顔見世や五役変化の艶やかさ もとこ 1 千鶴.
剪り過ぎし蝋梅未だ花芽なし せいじ 1 ふさこ.
家々の窓の飾りもクリスマス 凡士 1 豊実.
背高のネットで守る冬菜畑 こすもす 1 明日香.

12月23日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
置き去りにされて星見る雪だるま 素秀 9 たかを.智恵子.あひる.豊実.あられ.たか子.ぽんこ.小袖.もとこ.
ガラス戸のなきかに磨く年用意 董雨 6 みきえ.宏虎.智恵子.こすもす.ふさこ.明日香.
柚子を揉み軟らかき湯に身を沈め ぽんこ 4 豊実.ふさこ.小袖.せつ子.
湯あがりの髪の匂へる柚子湯かな むべ 3 隆松.みきえ.宏虎.
古希間近買ふは真っ赤なカーディガン もとこ 3 むべ.千鶴.菜々.
社会鍋そつとお札を入る老女 凡士 3 たかを.あられ.せつ子.
小鳥待つ万の実燃えてピラカンサ あひる 3 みきお.こすもす.もとこ.
着地せる影もちぢれて散紅葉 あひる 2 せいじ.なつき.
動かざるふくら雀や軒の下 みきお 2 かかし.素秀.
アドバルーン歳末かかげ道の駅 智恵子 2 董雨.満天.
鏡拭き我が顔映る年の暮 たかを 2 隆松.むべ.
冬凪の朝日に浮かぶ烏帽子 智恵子 2 みきお.ぽんこ.
冬日の斑淡し三等三角点 なつき 2 せいじ.素秀.
七輪で土鍋炊きたり冬至粥 凡士 1 なつき.
師走とて何やら忙し街の音 せいじ 1 菜々.
早々と風呂洗ひけり冬至の日 みきお 1 凡士.
短日のお稽古仕舞い早々と たか子 1 千鶴.
濁り水更に踊りぬ紙を漉く 宏虎 1 あひる.
体育館の天窓開けて煤払ひ なつき 1 董雨.
力入れ冬至南京切込みす 満天 1 かかし.
舞い上がる鴉二声北風激し たかを 1 たか子.
大木に僧等千余の大根干す みきえ 1 満天.
柚子湯にて手足の痺れリハビリを かかし 1 凡士.

12月22日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小剣士面から荒き息白し 素秀 6 豊実.あひる.あられ.ぽんこ.こすもす.小袖.
枯れ葎浮きつ沈みつ群雀 明日香 4 隆松.せいじ.智恵子.みきお.
母と妻微妙な間合ひ帰り花 みきお 4 たか子.むべ.凡士.ふさこ.
冬霧の立つや湖上をよろけ鳥 隆松 3 千鶴.もとこ.かかし.
青空にペン先のごと朴冬芽 むべ 3 たかを.せいじ.みきお.
仏壇に明るく置ける冬至柚子 素秀 3 たか子.董雨.かかし.
捨てられぬ贔屓力士の古暦 こすもす 3 みきえ.素秀.ぽんこ.
柚子も湯もたつぷり入れて冬至の湯 凡士 2 千鶴.なつき.
小児科がシルバー施設へ年の暮 たかを 2 智恵子.満天.
挑戦の一人の旅や冬休み あひる 2 凡士.董雨.
QRコードの旗も歳の市 せいじ 2 明日香.満天.
しぐれ雲稜線越えて湖を包む 智恵子 2 小袖.ふさこ.
道行も恋の聖地に近松忌 凡士 2 宏虎.もとこ.
大掃除まずは朝陽を拝む窓 たか子 2 なつき.あられ.
峠道芽芋狙ひの猪の穴 千鶴 1 むべ.
見慣れたる山も小春や母の窓 あひる 1 こすもす.
毛糸帽お日様拝む病み上がり たかを 1 隆松.
尊厳死湯豆腐踊り結論出ず 宏虎 1 豊実.
あしたへ尖り突き抜け冬木の芽 もとこ 1 たかを.
年の暮れ長蛇の列の両替機 満天 1 宏虎.
凩の強弱にわく藪の鳥 明日香 1 あひる.
切つかぬ掃除ここまで年用意 ぽんこ 1 明日香.
忘れもの声掛くらるる歳の市 みきえ 1 素秀.
本堂でははの年忌や隙間風 宏虎 1 みきえ.

12月21日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ハーモニー手話で奏づる降誕歌 むべ 5 みきえ.素秀.たかを.もとこ.凡士.
チェンソー唸る里山冬支度 智恵子 5 満天.なつき.ぽんこ.かかし.むべ.
登校の子ら踏みしだく初氷 凡士 5 みきえ.たかを.むべ.あられ.はく子.
生駒山靄を裳裾に深眠り はく子 4 豊実.宏虎.ぽんこ.ふさこ.
高野山延命水の涸れぬまま 宏虎 3 智恵子.たか子.かかし.
高層ビル合わせ鏡の冬日燦 ぽんこ 3 せいじ.千鶴.もとこ.
鎌倉へ日に膨らめる枯葉道 なつき 3 あひる.みきお.凡士.
介護靴新調するも年用意 やよい 3 なつき.千鶴.たか子.
街路樹の受難の日々やクリスマス 凡士 2 隆松.満天.
冬芽噴く木肌艶めく山桜 なつき 2 智恵子.はく子.
大阪の影絵となりて冬夕焼 あひる 2 素秀.あられ.
塀越しに子等のピョンピョン冬帽子 たかを 2 あひる.せいじ.
手水舎はオートマチック宮小春 せいじ 2 豊実.明日香.
帰り道我を見守る冬の月 みきえ 1 こすもす.
幹捻れ苔むす先に冬芽かな 明日香 1 ふさこ.
溝切りの了へし田暮れて霜の声 千鶴 1 宏虎.
歴史負ふ門の傷跡凍返る 明日香 1 みきお.
風止んでさらに寂しき冬の景 たかを 1 こすもす.
月光の返して寺の鴟尾照らし 宏虎 1 明日香.

12月20日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
木枯しに耳ひるがえるピーグル犬 たか子 7 せいじ.たかを.智恵子.もとこ.明日香.凡士.うつぎ.
気の早い凧上がりをり年の暮 うつぎ 4 あひる.むべ.こすもす.千鶴.
色付けて畳一面賀状乾す 智恵子 4 豊実.素秀.凡士.うつぎ.
歳晩や第九熱唱高らかに 千鶴 3 宏虎.満天.せつ子.
遠吠えに足竦みたり枯木道 凡士 3 智恵子.素秀.せつ子.
冬満月十字架の影生まれけり むべ 3 たか子.千鶴.やよい.
「金」一位世相映して年暮るる 千鶴 2 宏虎.ぽんこ.
年惜しむ漫才推しの敗退し 素秀 2 もとこ.明日香.
凩に窓を打たれて聖歌隊 あひる 2 たかを.なつき.
競落とす一本釣りの凍て鮪 凡士 2 あられ.たか子.
明日検査寒満月に祈りたり なつき 1 かかし.
短日の前屈みなり急ぎ足 満天 1 みきえ.
短日のあれもこれもの手つかずに 満天 1 なつき.
チャレンジの自作焼芋大成功 こすもす 1 はく子.
玉砂利を埋め尽くすかに木の葉散る 明日香 1 満天.
山茶花を挿して露天の湯のきぶん あひる 1 むべ.
忙しなく回る空き缶鳥威し みきえ 1 はく子.
丑三つ時屋根に煌々冬満月 やよい 1 こすもす.
霜柱朝日に潤むなぞえかな 智恵子 1 豊実.
年の暮チラシ抱えて妻忙し たかを 1 みきえ.
強風や落葉の海に波がしら 明日香 1 あられ.
神さぶや日当たりながら散る銀杏 せいじ 1 かかし.
還暦や十年日記買ひ求む なつき 1 やよい.
図書館の標語に埋まる聖樹かな 素秀 1 あひる.
宙吊りの風倒木や冬の空 豊実 1 せいじ.
淀殿之墓いまここに冬日差す せいじ 1 ぽんこ.

12月19日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
箸焦がし鰯焼きたる朝市女 なつき 7 たか子.みきえ.智恵子.むべ.明日香.ぽんこ.やよい.
茎漬や町家に軋む箱階段 凡士 6 みきえ.智恵子.豊実.あられ.ぽんこ.うつぎ.
冬怒濤テトラポットを噛み続く 宏虎 4 満天.千鶴.かかし.やよい.
蒼天へ幹まっすぐに銀杏枯る 素秀 4 董雨.せいじ.豊実.あひる.
乾杯のグラスに揺れるペチカの火 たか子 4 たかを.なつき.あられ.うつぎ.
母の嘘なつかしきかなクリスマス あひる 3 たかを.はく子.むべ.
山茶花や淀殿眠る九輪の塔 ぽんこ 2 せいじ.かかし.
せきれいの日の斑を叩く冬うらら 明日香 2 満天.あひる.
目潰しの光に満ちて冬の川 せいじ 2 たか子.隆松.
口遊ぶロシア民謡寒波来る 凡士 2 はく子.明日香.
サンタ帽かぶるハチ公待ち合わせ 智恵子 1 千鶴.
手袋を火で乾かして飲むココア 豊実 1 素秀.
クロワッサン買ふ行列の渦巻いて なつき 1 素秀.
ぶらさがる天使おもたし聖樹立つ あひる 1 もとこ.
往年の手帳処理して年の暮 たかを 1 もとこ.
手際よく掛け紙かけて年の暮 むべ 1 こすもす.
駅師走エスカレーター駆け上がる せいじ 1 なつき.
河口から遡上波くる冬嵐 素秀 1 宏虎.
水洟や鼻先つまむ朝の道 隆松 1 凡士.
窓たたく風音強し月冴ゆる やよい 1 こすもす.
前庭は斑模様や雪景色 こすもす 1 宏虎.
病み上がり不安の一歩小春の日 みきお 1 凡士.

12月18日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
キャタピラの落とす土塊冬田道 せいじ 6 たか子.たかを.あひる.むべ.ぽんこ.凡士.
雪ばんば薪割る山の一軒家 やよい 4 たかを.せいじ.素秀.みきお.
カルテ横小さき聖樹の検診日 素秀 4 なつき.明日香.満天.もとこ.
石庭の小石の波紋冬日燦 せいじ 3 隆松.明日香.満天.
月冴えて星降る夜の遠汽笛 智恵子 3 千鶴.なつき.ぽんこ.
易断も店を構へる歳の市 凡士 3 豊実.素秀.小袖.
暖房に百合匂ひ濃し二七日 なつき 3 智恵子.あひる.もとこ.
若き日の鉄棒自慢着膨れて 宏虎 3 こすもす.かかし.うつぎ.
ナンクロと格闘となる炬燵かな あひる 3 隆松.やよい.うつぎ.
煤逃げの疑い夫の丸き背な たか子 2 みきえ.むべ.
朝霜や杉の葉先の玉の色 隆松 2 せいじ.董雨.
剪定に広ごりし庭寒椿 みきえ 2 宏虎.小袖.
冷凍庫ひとり占めたるたらば蟹 智恵子 2 豊実.みきえ.
五代像見下ろす商都冬ざるる もとこ 2 千鶴.ふさこ.
うだつある町のベンチに日向ぼこ なつき 2 みきお.かかし.
マスク下のつい出てしまう欠伸かな 千鶴 2 宏虎.凡士.
通り雨これぞ時雨とけふ合点 みきえ 1 こすもす.
昼火事やZOOM会議は進行中 豊実 1 やよい.
地平線炎浮きたつ冬夕焼 ぽんこ 1 たか子.
銀山を懐に抱き山眠る 凡士 1 智恵子.
枝先のひとひらとなり冬紅葉 素秀 1 ふさこ.
短日のメモを片手の買物を 満天 1 董雨.

12月17日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一鍬に土よみがえる寒起こし 千鶴 7 みきえ.満天.みづき.もとこ.みきお.やよい.小袖.
秒針と氷雨の音や吾ひとり あひる 5 隆松.みきえ.たか子.もとこ.こすもす.
真夜の海どかんと能登の鰤起し 凡士 5 満天.智恵子.たか子.ふさこ.小袖.
着膨れて交番に笑む巡査かな 智恵子 4 豊実.せいじ.素秀.あられ.
鯛焼を鰓から割りて餡の湯気 素秀 4 豊実.あられ.かかし.むべ.
街騒やビルの狭間の師走空 せいじ 2 たかを.なつき.
ホットココアのんびり続く会話かな あひる 2 凡士.やよい.
庭師来て年用意終ふ老の家 もとこ 2 明日香.かかし.
棘太く絡み合ひたり冬薔薇 みきお 2 みづき.千鶴.
通夜に流る本人動画冬銀河 こすもす 2 隆松.宏虎.
山里の静かな駅舎山眠る みづき 2 智恵子.ぽんこ.
早朝の池塘の藪や笹子鳴く 豊実 2 明日香.ぽんこ.
客待ちの香具師ジャンバーに首すくめ なつき 2 せいじ.ふさこ.
冬温し鍵盤叩くもみじの手 みきえ 2 こすもす.みきお.
小劇場出ればそれぞれ息白し たか子 2 あひる.むべ.
小包を取り違へたる十二月 むべ 1 素秀.
枯山をオレンジ色へ朝日影 隆松 1 あひる.
草むらに小舟一艘冬の川 みきお 1 たかを.
個性あるマスク手を振り急ぎ足 満天 1 千鶴.
遺された犬抱きかかふ冬の坂 みきえ 1 凡士.
車窓より淡く時雨れる生駒かな 明日香 1 宏虎.
銀杏黄葉一筋の日矢に煌めけり ぽんこ 1 なつき.

12月16日 (投句20名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
弾痕を残す石柱注連を張る 凡士 7 せいじ.豊実.みづき.あられ.千鶴.なつき.うつぎ.
腐葉土に実生現る落葉掻 豊実 6 智恵子.あひる.小袖.むべ.みきお.ふさこ.
海峡の冬の電飾架橋浮く 千鶴 5 宏虎.みづき.こすもす.やよい.明日香.
宮小春今更なれど恋みくじ せいじ 5 みきえ.たかを.かかし.ぽんこ.もとこ.
休みつつ湿布匂はせ年用意 なつき 4 たかを.かかし.小袖.こすもす.
風花や能登の果なるかくれ宿 凡士 3 隆松.やよい.なつき.
錆色の池枯蓮の暮色かな 宏虎 3 満天.ぽんこ.うつぎ.
ガジュマルに聖樹も並ぶ島のカフェ もとこ 3 せいじ.素秀.なおこ.
寒造り手延べそうめん今佳境 千鶴 3 智恵子.満天.凡士.
注ぐばかり友は口下手忘年会 たかを 2 豊実.もとこ.
をさなごに山羊親しげや冬の園 あひる 2 素秀.むべ.
野菜売るギョロ目の案山子店番に なつき 2 みきえ.なおこ.
冬うらら足取り確と杖の夫 やよい 2 たか子.凡士.
試供品かごにサンタのアルバイト 素秀 2 みきお.明日香.
臥す父のおもてに淡き冬日差 むべ 1 あられ.
まな板に冬至南瓜のふてぶてし 素秀 1 あひる.
曽根崎のお初の悲恋冬桜 ぽんこ 1 宏虎.
薄雪の直に消えるや里の尾根 隆松 1 ふさこ.
枯木の枝よりの一声とびの笛 あひる 1 たか子.
冬晴や手足出し児ら飛び回る みきえ 1 隆松.
年の瀬のアメ横響く手締めかな 智恵子 1 千鶴.

12月15日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手套脱ぎ手話の二人は饒舌に 素秀 9 みきえ.豊実.もとこ.たか子.むべ.ぽんこ.千鶴.ふさこ.なつき.
冬ざれの浜に朽ちたるもやい船 智恵子 7 みきえ.豊実.みきお.かかし.たかを.あられ.せつ子.
瞬きて時に流れし枯木星 むべ 4 素秀.やよい.こすもす.なつき.
艫綱の伸びて縮みて冬鷗 凡士 4 智恵子.素秀.あひる.せつ子.
マスクして牧師の熱きメッセージ せいじ 3 宏虎.たか子.うつぎ.
定休日知らせる木札そぞろ寒 みきお 3 たかを.むべ.凡士.
湯豆腐や遠き昔のあの話 宏虎 3 かかし.ぽんこ.あられ.
朝刊の嵩ばるチラシ十二月 凡士 2 隆松.ふさこ.
寒風を衝き弾む息はずむまま 千鶴 2 せいじ.凡士.
海光の絣模様に冬の凪 うつぎ 2 せいじ.あひる.
山茶花の散り敷く白に佇みて 満天 2 宏虎.千鶴.
踏み入れば枯野にけもの道続く 素秀 2 みきお.うつぎ.
山峡の貴重な晴れや冬菜畑 こすもす 2 もとこ.明日香.
参道の熊手掻き終へ山椿 豊実 1 満天.
ビル谷間我関せずと冬薔薇 もとこ 1 こすもす.
南京はぜ実の白白と大空に あひる 1 明日香.
大の字を枯れ木が囲む如意ヶ嶽 あひる 1 やよい.
凍蝶の生きてる如し鉢の中 ぽんこ 1 智恵子.
青空を透かし裸木煌めけり 明日香 1 満天.
銀びかりのドームの屋根や冬青空 こすもす 1 小袖.
暖房に葬の白百合匂ひ濃し なつき 1 小袖.

12月14日 (投句19名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
杣人の拓きし道や滝涸るる 素秀 6 せいじ.豊実.千鶴.むべ.あられ.ぽんこ.
手袋にちょうど良き穴スマホ繰る あひる 6 なつき.隆松.みきえ.満天.凡士.うつぎ.
会釈有り大きなマスク何方かな 宏虎 3 せいじ.みきえ.明日香.
義士の日や切れ味鈍き出刃包丁 凡士 3 隆松.たかを.もとこ.
小春日の父が母訪ふケアホーム あひる 3 智恵子.満天.むべ.
さざ波に遊ばれている小鴨かな ぽんこ 3 豊実.みきお.凡士.
山茶花のほろほろほろと我が肩に せいじ 2 宏虎.千鶴.
柿ならぶ蔕を台座のごとくして せいじ 2 素秀.こすもす.
寒風やバイパス下に一里塚 なつき 2 明日香.うつぎ.
水神に打つ柏手や雪蛍 豊実 2 素秀.みきお.
日だまりに冬よもぎ萌ゆ一里塚 なつき 2 あひる.智恵子.
閉め忘れ僅かな隙間虎落笛 みきお 1 あられ.
防波堤越ゆる荒波冬あらし 智恵子 1 宏虎.
葱作る畝の有る無し貸農園 宏虎 1 ぽんこ.
越前蟹茹でて括られ鎮座せり 凡士 1 なつき.
サイレンの過ぎ去り冬の夜は鎮む 素秀 1 もとこ.
山茶花や花弁散らしつ咲き満つる 千鶴 1 たかを.
秋の彩求めて一歩山に入る みきお 1 あひる.
庭なれば置いておきたや散紅葉 みきえ 1 こすもす.

12月13日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ダミ声を浴びてアメ横年の暮 智恵子 9 豊実.隆松.満天.みきえ.せいじ.たかを.はく子.あられ.凡士.
6Bをすこし寝かせて描く枯野 凡士 6 豊実.なつき.素秀.ぽんこ.みきお.千鶴.
小春日のはずむ鋏や園手入れ 明日香 5 みきえ.智恵子.かかし.みきお.こすもす.
滔々の水面を覗く冬木の芽 ぽんこ 4 たか子.隆松.宏虎.せつ子.
家中の断捨離に凝る師走かな やよい 3 むべ.せいじ.智恵子.
日溜りのベンチに誰待つ冬帽子 智恵子 3 満天.かかし.あられ.
チューリップ口ずさみ子と球根植う なつき 2 はく子.明日香.
夕づつのはや煌めけり枯木星 凡士 2 あひる.ぽんこ.
極月の瑕疵無き空の真澄かな 素秀 2 千鶴.せつ子.
友厚の睨む北浜十二月 たか子 2 あひる.もとこ.
冬ざるる池の中洲に鷺一羽 みきえ 2 宏虎.こすもす.
行列の減るだけ並ぶ年の市 なつき 1 もとこ.
栗の木や滂沱するごと葉を落とす 千鶴 1 素秀.
猫可笑し冬帽子の吾に戸惑いぬ こすもす 1 むべ.
吠え来たる小犬おしゃれなセーターで あひる 1 なつき.
クリスマスソングに合はせ雪降らせ あひる 1 たかを.
石焼藷笛と匂ひを追いかけり 宏虎 1 明日香.
気ばかりの手足動かぬ煤払 満天 1 凡士.
ウインドにビル丸ごとと冬の雲 もとこ 1 たか子.

12月12日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
無違反の免許返納冬の月 みきお 7 はく子.なつき.もとこ.こすもす.あられ.むべ.やよい.
冬ぬくし落ちて尻もちパンダの仔 凡士 4 豊実.むべ.うつぎ.千鶴.
息白し君の駆け来る川堤 たかを 4 みきえ.智恵子.あられ.かかし.
冬ぬくし公会堂のオムライス もとこ 4 せいじ.あひる.明日香.小袖.
首を振る張り子の寅や歳の市 凡士 4 素秀.せいじ.ぽんこ.こすもす.
高層のビルを屏風に冬薔薇 ぽんこ 3 みきえ.満天.明日香.
茶柱の立ちて炬燵に長居かな なつき 3 たか子.もとこ.小袖.
日矢射して冠雪の富士茜なる 智恵子 3 宏虎.満天.千鶴.
凩や屏風岩背に塞の神 うつぎ 2 ぽんこ.隆松.
枯はちす幾何学模様に折にけり みきお 2 宏虎.かかし.
校正の赤ペン走る師走かな せいじ 2 凡士.やよい.
箒持て日課となりぬ散紅葉 みきえ 1 たかを.
鴨の陣集う辺りに獅子の像 たか子 1 隆松.
ポスト覗くたびに匂ふや花ひいらぎ やよい 1 あひる.
お歳暮の淡雪苺良き甘さ 満天 1 はく子.
水鏡鴨の水尾の消え行きて 豊実 1 たかを.
健のみと宛名に祈り賀状書く 満天 1 智恵子.
お隣の車庫の壁際花八手 こすもす 1 豊実.
凍て空にライトアップの観覧車 智恵子 1 なつき.
フリーウェイ迫る背中の冬夕焼 素秀 1 たか子.
ひろびろと青き空ある冬野かな あひる 1 うつぎ.
星空や角笛たかく降誕祭 せつ子 1 素秀.
動物園お先にと熊穴に入る みきえ 1 凡士.

12月11日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
磯の香を腹まで吸ふてひじき刈る 千鶴 7 たかを.あひる.はく子.あられ.こすもす.うつぎ.やよい.
出棺の空に消えゆく冬の虹 なつき 7 たか子.せいじ.はく子.あられ.素秀.満天.むべ.
日向ぼこ小さくなりたる夫の背 やよい 5 宏虎.せいじ.もとこ.凡士.むべ.
老松の覗く断崖冬怒濤 宏虎 4 ぽんこ.みきえ.豊実.うつぎ.
スマホ持て並ぶ日だまり冬帽子 なつき 3 たか子.みきえ.満天.
冬三日月教会堂の灯の消えず むべ 3 素秀.なつき.せつ子.
さざ波を揺りかごとして浮き寝鳥 せつ子 2 ぽんこ.みきお.
ざつくりと刈られ白菜ごろり寝る 豊実 2 千鶴.せつ子.
大の字に寝たき芝生の冬日向 たか子 2 宏虎.やよい.
遠火事に目覚めてからの胸騒ぎ 素秀 2 豊実.凡士.
句の道に終点は無し漱石忌 宏虎 2 智恵子.ふさこ.
側溝の落葉どこにももう行けず うつぎ 1 ふさこ.
午後四時の真横から射す冬日かな 凡士 1 千鶴.
美容室出るに忘れる冬帽子 満天 1 なつき.
枯れ色に染まる一山冬来たる みきお 1 こすもす.
四方から鼻突き合わす消防車 素秀 1 たかを.
締め雑炊小粒の牡蠣の二つ三つ 凡士 1 智恵子.
虚飾なき小さきチャペルのクリスマス せいじ 1 あひる.
陣組まずゆるゆるゆると鴨遊ぶ もとこ 1 かかし.
義士の墓四方の隅に落葉風 ぽんこ 1 かかし.
校庭に踊る枯葉やつむじ風 智恵子 1 みきお.
冬木の芽なんだなんだと吟行子 たか子 1 もとこ.

12月10日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
海光の眩しき沖や鰤漁船 千鶴 6 むべ.智恵子.明日香.みきお.ふさこ.ぽんこ.
闘病の部屋の奥まで冬日燦 やよい 6 あひる.あられ.たか子.かかし.なつき.うつぎ.
自販機の吐き出すコイン星凍る 素秀 5 むべ.あられ.たか子.なつき.もとこ.
スプーンを添えて熟柿を老い母へ あひる 5 千鶴.たかを.菜々.かかし.凡士.
古希の夫今年限りの賀状書く なつき 3 千鶴.みきお.せつ子.
枯菊といへど色香の残りけり 満天 3 豊実.凡士.やよい.
ビル街に孤高なるかな冬の薔薇 たか子 3 豊実.満天.ぽんこ.
干し柿に白き粉ふく寒さかな 凡士 2 みきえ.あひる.
小春空川面のビルはふにゃふにゃに 明日香 2 もとこ.うつぎ.
忘れ物追ひかけゆくや落葉道 むべ 2 素秀.満天.
冬温し己背負いて老女行く たかを 2 素秀.ふさこ.
三和土まで冬至の光り届きけり みきお 2 せいじ.智恵子.
冬薔薇うなづきあいつ風に耐ふ せつ子 2 菜々.明日香.
冬木の芽外皮を脱いでいたりけり 明日香 1 宏虎.
行き場無く猫と遊びぬ日向ぼこ 宏虎 1 やよい.
手を振るや冬の水都に遊ぶ船 もとこ 1 はく子.
打たせ湯を肩に置くよな冬日差し たか子 1 せいじ.
枯山の木立の影絵茜空 智恵子 1 こすもす.
石垣の温き坂道冬日和 みきお 1 はく子.
冬凪の浦に海光あまねしや 千鶴 1 せつ子.
大雪や夕餉に白きもの並ぶ 素秀 1 みきえ.
妻からの師走の掃除スケジュール 凡士 1 たかを.
匂ひ立つ檜葉のリースやクリスマス せいじ 1 こすもす.
戦死せし祖父のこと聞く霜降る夜 あひる 1 宏虎.

12月9日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
父知らぬ人生を生き開戦日 たか子 7 せいじ.はく子.あひる.むべ.かかし.ぽんこ.せつ子.
缶珈琲懐炉かはりに行く夜道 凡士 6 たか子.智恵子.満天.やよい.みきお.こすもす.
白菜を漬けてはみ出す桶の縁 ぽんこ 4 たかを.むべ.やよい.明日香.
歳晩や多めに貰ふ処方薬 せいじ 4 たか子.もとこ.なつき.凡士.
薄氷杓に掬ひし手水かな 智恵子 3 豊実.あられ.ふさこ.
軍服と春着の親と腹に吾 凡士 3 千鶴.豊実.素秀.
開戦日に生れて洋子と名付けられ やよい 3 千鶴.はく子.かかし.
一輪の侘助好きな織部へと 智恵子 3 満天.ふさこ.せつ子.
花ひいらぎ袋小路の曲り角 あひる 2 みきえ.智恵子.
冬晴れや市街地望む丘に立つ みきお 2 たかを.明日香.
十二月八日は吾子の歩きし日 素秀 2 あひる.なつき.
喪帰りの夫婦無言で蜜柑食ぶ なつき 2 せいじ.もとこ.
スコップで居場所を探る芋の腹 豊実 1 凡士.
泥人参悪戯小鬼の脛のごと あひる 1 ぽんこ.
畳替え部屋の明るく香りよし 宏虎 1 こすもす.
祝宴の予約もとれて小六月 たか子 1 宏虎.
底冷えや行き倒れをり貂むくろ 千鶴 1 あられ.
空青し冬用タイヤへ交換す こすもす 1 みきえ.
辺りには見かけぬ平屋菊明り むべ 1 みきお.
甘くなれ柔らかくなれ干し柿揉む やよい 1 素秀.
来年こそ良き書き込みと日記買ふ 満天 1 宏虎.

12月8日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
梁太く築百年の隙間風 千鶴 10 隆松.みきえ.智恵子.素秀.やよい.もとこ.たか子.みきお.凡士.なつき.
介護メモ読み返したる炬燵かな なつき 4 豊実.あひる.こすもす.凡士.
阿羅漢の目元穏やか帰り花 素秀 3 あられ.たか子.明日香.
師走とて天井裏も賑やかし せいじ 3 たかを.むべ.せつ子.
父逝きて3日続きの冬の雨 なつき 3 せいじ.満天.やよい.
入選句記すページや古日記 みきお 3 宏虎.素秀.なつき.
別れ際善いお年をと云ふ日々に たか子 3 もとこ.千鶴.こすもす.
街川を周遊船の繋ぐ冬 素秀 2 豊実.あられ.
クッキーもアメも聖樹の飾りとす あひる 2 智恵子.なおこ.
雀荘の紫煙に烟る室の花 凡士 2 たかを.ぽんこ.
新暦先づは皆の誕生日 智恵子 2 せいじ.明日香.
電線に押しくらまんじゅう寒雀 たかを 2 満天.ふさこ.
着膨れて寄り添う散歩杖の人 智恵子 1 ぽんこ.
北風に翻弄さるる鎖樋 せいじ 1 なおこ.
ラガーマンまえへ前へと意地を見せ 宏虎 1 隆松.
十二月八日開戦忌いなレノンの忌 凡士 1 千鶴.
渾身の力の成果大根引く 千鶴 1 あひる.
板塔婆かすれし文字や冬桜 ぽんこ 1 みきえ.
峰々の天辺切り取る冬の雲 たかを 1 みきお.
帰り路今日も昨日の帰り花 豊実 1 ふさこ.
銀杏黄葉散りしく池はも庭木々も はく子 1 宏虎.
地震(ない)止まぬトカラ列島冬銀河 みきお 1 せつ子.
雪彦にこだます懸巣の相呼びて せつ子 1 むべ.

12月7日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
海鳥の骸は白き冬の浜 素秀 6 智恵子.むべ.小袖.あられ.もとこ.なつき.
新酒告ぐ青き杉玉二尺寸 千鶴 5 ぽんこ.隆松.みきえ.みきお.こすもす.
晒されて美脚もしなふ懸け大根 凡士 5 豊実.ぽんこ.満天.千鶴.はく子.
湖涸るや古銭の上がる遙拝所 隆松 5 千鶴.明日香.みきお.たかを.たか子.
寒風や湊の跡の常夜灯 隆松 4 豊実.智恵子.素秀.小袖.
風見鶏落葉回して上機嫌 智恵子 3 むべ.明日香.はく子.
笹鳴きの影追ひかけて朝月夜 豊実 3 あひる.せつ子.もとこ.
冬夕焼並木も頬も色づける 智恵子 2 たかを.こすもす.
海峡の照り一面や蒲団干す 素秀 2 隆松.あられ.
亡き友と登りし山に年惜しむ せいじ 2 宏虎.あひる.
引力に負けそうになり冬の蝶 明日香 2 せつ子.凡士.
法蓮草縮みのひだの旨味かな たか子 1 凡士.
夜学の灯消えて鎮もる校舎かな みきお 1 たか子.
逸翁も歩きし坂か花八手 凡士 1 なつき.
みかん食ぶ遺影の父と向き合ひて なつき 1 せいじ.
尾灯の朱並ぶ時雨の交叉点 宏虎 1 せいじ.
隼人瓜もらふ里山ハイキング むべ 1 みきえ.
庭蜜柑白き祭壇転がれり なつき 1 素秀.
年ゆくや電波時計に狂ひなし せいじ 1 宏虎.
母娘どつちがどつちマスク顔 たかを 1 満天.

12月6日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
棺へと父丹精の小菊摘む なつき 5 智恵子.たか子.むべ.素秀.うつぎ.
潮風に身を震わせる野水仙 智恵子 4 みきえ.豊実.はく子.明日香.
納棺の父の軽さや菊白し なつき 4 せいじ.満天.あひる.もとこ.
顔見世や桟敷彩る芸舞妓 凡士 4 宏虎.ぽんこ.なつき.千鶴.
焼芋にブランドのあり列をなす はく子 3 隆松.もとこ.凡士.
電飾にがんじがらめの冬木立 満天 3 みきえ.智恵子.こすもす.
膝の水抜きて踏みだす冬の道 素秀 3 せいじ.凡士.千鶴.
下校児の塾へと走る冬夕焼 智恵子 2 あられ.みきお.
廃屋の籬に混じる枯芒 せいじ 2 あられ.あひる.
はしごする五軒目の店街師走 こすもす 2 たか子.なつき.
身を細う餌箱覗く寒雀 素秀 2 たかを.ぽんこ.
吊さるる塩鮭あらは赤き腹 凡士 2 豊実.こすもす.
ディスタンス守るレジ待ち年の暮 こすもす 2 たかを.はく子.
冬帽を鞄に載せて旅支度 たか子 2 小袖.みきお.
北風に髪を梳かれて背筋伸ぶ みきえ 1 うつぎ.
松みどり唐招提寺冬構へ もとこ 1 小袖.
一滴の点眼冷たし身震ひす 千鶴 1 明日香.
北壁に背をつけ猫や日向ぼこ たかを 1 隆松.
合唱の筒抜けなりて冬木立 満天 1 素秀.
山小径銀杏落葉の吹き溜まり 豊実 1 宏虎.
雪吊りの縄に見惚れし兼六園 宏虎 1 満天.
北風におでこ丸出しペダルこぐ あひる 1 むべ.

12月5日 (投句21名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
新藁を敷いて厩舎に仔馬起つ 凡士 6 豊実.たか子.あられ.たかを.ぽんこ.千鶴.
冬空の鳥になりたき余命かな たかを 3 あひる.素秀.なつき.
猪鍋は夫の十八番の味噌仕立て 千鶴 3 みきえ.はく子.こすもす.
お日様と一緒に眠る干布団 みきお 3 智恵子.たかを.凡士.
小さきツリー老いの暮らしの彩りに たか子 2 こすもす.明日香.
満天星の刈られ四角に紅葉燃ゆ あひる 2 智恵子.明日香.
流木に玉を飾りて聖樹とす せいじ 2 隆松.なつき.
半纏に背中の丸き将棋好き 素秀 2 豊実.もとこ.
鈍色に光る瓦や冬の空 みきお 2 せいじ.みきえ.
大漁旗くぐる歳末魚の棚 凡士 2 はく子.もとこ.
焼芋屋買ひ迷ふうち行き過ぎる 満天 2 菜々.凡士.
蓮の骨あたかも首の折れたかに 明日香 1 宏虎.
暦年のまろき柱や冬の寺 もとこ 1 せいじ.
冬夕焼姫路城とて燃えあがる 宏虎 1 あられ.
冬支度私の鉢を軒先へ みきえ 1 菜々.
朝日冴ゆ湖の鳥居に鳥の影 隆松 1 千鶴.
死化粧の頬ふつくらと冬灯し なつき 1 素秀.
悴む手ポッケの中のグ・チョキ・パー 智恵子 1 満天.
吊り橋を渡り紅葉の湯屋ありぬ むべ 1 たか子.
冬日差よく当たるのは応接間 明日香 1 宏虎.
冬暖か「寂聴の世界」再読す はく子 1 満天.
医務室の孫の手袋脱がせけり 宏虎 1 あひる.
鵙の贄高き梢に干涸らびて 智恵子 1 ぽんこ.

12月4日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鰤起こし闇を駆け抜く日本海 宏虎 6 豊実.はく子.みきえ.ぽんこ.千鶴.みきお.
鷗群る牡蠣打つ殻のボタ山に 凡士 5 智恵子.宏虎.あひる.ぽんこ.明日香.
冬雷の次に来たりし震度四 千鶴 4 はく子.むべ.満天.凡士.
また一つ新疫生まる師走かな 智恵子 3 こすもす.もとこ.なつき.
一雨に里山冬の景深む 凡士 3 みきえ.こすもす.むべ.
備忘録ともなる日記買いにけり たか子 3 智恵子.みきお.菜々.
寒鴉一声発てる朝のなゐ 素秀 3 たか子.あられ.千鶴.
小春日や皇帝ダリア花掲ぐ せいじ 3 菜々.満天.明日香.
列島のなゐの連鎖や泥鰌掘る 千鶴 2 たか子.素秀.
妹と父を看取りて冬ぬくし なつき 2 たかを.凡士.
吹きだまる団栗踏みて坂の道 あひる 2 隆松.せいじ.
号鼓鳴る杜の躑躅の帰り花 豊実 2 あひる.素秀.
山茶花の紅彩りて竹さやぐ もとこ 1 豊実.
吹き抜けの中庭今し聖樹立つ 智恵子 1 せいじ.
練習のボール飛び出す落葉中 ぽんこ 1 たかを.
若者の聖書読む会蜜柑食ぶ むべ 1 宏虎.
三歳児片言英語のクリスマス会 こすもす 1 なつき.
燃ゆるごと黒き幹へと桜紅葉 満天 1 あられ.
短日や会議資料の決算書 こすもす 1 もとこ.

12月3日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
菓子置きし懐紙代わりの紅葉かな むべ 6 たか子.満天.みきえ.ぽんこ.ふさこ.凡士.
日向ぼこ明るき愚痴に笑ひつつ あひる 5 たかを.はく子.もとこ.こすもす.凡士.
鴟尾掴みまほろば制す寒鴉 もとこ 4 あひる.明日香.ふさこ.あられ.
寒暁や研ぎ澄まされた鎌の月 明日香 3 智恵子.はく子.あられ.
夜学終へ夜勤に向かふ一人あり 凡士 3 智恵子.千鶴.なつき.
数へ日や喪中ハガキの届く朝 みきお 3 豊実.もとこ.千鶴.
侘助とマドラー並ぶカウンター 素秀 2 たかを.むべ.
暮早し母と語りしティータイム せいじ 2 むべ.なつき.
奥山の遠き灯りや枯木宿 素秀 2 せいじ.みきえ.
焼芋の故郷のことあれこれと 満天 2 素秀.みきお.
山城のいにしへ辿る小六月 明日香 1 たか子.
翁媼の下ネタ話銀杏散る たかを 1 宏虎.
マネキンに落葉散り敷くショーウィンドー 凡士 1 みきお.
城垣を風の唸りや落葉積 隆松 1 明日香.
とっときの綿もて聖樹飾りけり 千鶴 1 豊実.
一日づつ懇ろに消す古暦 たか子 1 満天.
露天湯の湯煙に揺る冬の望 智恵子 1 せいじ.
蒼天に櫨の実星のごと光る せつ子 1 素秀.
盛りあがる会話三つの焼き芋に あひる 1 こすもす.
持ちくれしココアに憩ふ炬燵の間 せいじ 1 宏虎.
土寄せの畝盛り上る葱畑 みきお 1 ぽんこ.
紅葉且つ散るや小さき鬼子母神 なつき 1 あひる.

12月2日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
弾むほど落葉の袋ぎゅう詰めに 凡士 6 豊実.素秀.こすもす.明日香.ふさこ.智恵子.
枯れ菊を焚きて墓石に纏ふ香 智恵子 5 隆松.たか子.あひる.なつき.ふさこ.
栗鼠のごとコイン貯め母ふゆに入る あひる 4 たかを.もとこ.せつ子.明日香.
焼芋のぬくぬく父の懐に はく子 3 豊実.たかを.うつぎ.
幾筋と鴨の水尾引く日の出時 隆松 3 宏虎.満天.こすもす.
ひと腹の鱈子焙るや妻の留守 凡士 3 せいじ.なつき.あられ.
冬木立空の青さへ突き通す 満天 2 たか子.ぽんこ.
寄墓に元禄の彫小六月 ぽんこ 2 うつぎ.みきお.
寒雷の家震はせる丑三つ むべ 2 千鶴.せつ子.
裸木や装ひ棄ててありのまま もとこ 2 せいじ.満天.
日向ぼこ節目の多き木のベンチ なつき 2 ぽんこ.むべ.
空き缶を捨てる雨夜や冬の雷 豊実 2 みきお.むべ.
ぽつねんと独り天下の木瓜の花 ぽんこ 2 あひる.素秀.
ボロ市に買ふ気で値切る指輪かな なつき 2 千鶴.凡士.
信号を待つ横顔に冬の雷 素秀 1 あられ.
村おこし休田一変埋むイルミ 智恵子 1 もとこ.
雷神の降り来し暴る冬の夜半 千鶴 1 宏虎.
師走とて箪笥預金を数へけり せいじ 1 凡士.
茜空凍みて遠峰に朝日影 隆松 1 智恵子.

12月1日 (投句17名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
背中から闇の寄りくる焚火かな 素秀 7 あひる.隆松.むべ.豊実.せいじ.あられ.たか子.
老い母にいつもの五年日記買ふ せいじ 5 素秀.かかし.凡士.なつき.もとこ.
枯葉舞ふ駅構内の急ぎ足 もとこ 4 満天.明日香.たか子.ぽんこ.
耳遠き母と夫居て冬ぬくし あひる 4 むべ.素秀.もとこ.うつぎ.
軍手刺す楤の木の棘冬の風 豊実 4 智恵子.千鶴.あられ.はく子.
あかつきに向かひ放つや氷魚網 隆松 3 あひる.智恵子.かかし.
残照の淡し伊吹峰冬ざるる 隆松 3 満天.せいじ.はく子.
夕日背に麦踏む影の長さかな みきお 3 たかを.こすもす.ぽんこ.
あるなしの風に残りの紅葉散る 明日香 2 豊実.うつぎ.
カレンダーの残る一枚雪景色 満天 2 こすもす.なつき.
四季桜黙のダム湖の雅かな 智恵子 1 たかを.
巨人降り屋根で四股踏む冬の雷 千鶴 1 凡士.
昨日との温度差十度小春の日 こすもす 1 隆松.
竹生島小夜時雨して雲動く 宏虎 1 千鶴.
池の中体折り込む枯蓮 ぽんこ 1 明日香.

11月30日 (投句21名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
柿とどく郷の夕陽の色溜めて あひる 8 智恵子.豊実.はく子.なつき.もとこ.みきお.むべ.千鶴.
ほこほこの焼き芋湯気も頬張りぬ はく子 7 かかし.素秀.ぽんこ.あられ.むべ.せつ子.千鶴.
大枯木支ふ蒼天昼の月 せつ子 3 満天.宏虎.あられ.
日没の日差しに揺れる枯れ芒 豊実 2 かかし.みきお.
鈴生りの一枝しだる実南天 董雨 2 隆松.智恵子.
列なして韮の果実のほうけをり 董雨 2 素秀.せつ子.
時雨るるも少年野球続行中 こすもす 2 たかを.はく子.
赤身食ふ解体ショーの鮪かな 凡士 1 たかを.
靴越しに知るふかふかの落葉道 せいじ 1 こすもす.
ひとところ寄り合ふ鯉の日向ぼこ ぽんこ 1 せいじ.
小春日の本丸跡の昼餉かな 明日香 1 あひる.
名前つけ小春の庭の雀かな なつき 1 あひる.
新聞に暦はさまれ寒い朝 素秀 1 もとこ.
綿虫の小谷さまよふ奈落かな 智恵子 1 凡士.
頭だけ出して落葉の三角点 せいじ 1 明日香.
園児らは銀杏落葉の雪合戦 凡士 1 なつき.
学び舎を包むがごとく冬夕焼 菜々 1 こすもす.
石柱を鎧ふごとくに蔦紅葉 ぽんこ 1 満天.
境内もお堂の屋根も紅葉色 こすもす 1 宏虎.
紅葉茶屋熱き湯呑を盆にのせ むべ 1 せいじ.
黙々と植ゑる手捌き花八手 千鶴 1 凡士.
冬入日藪の天辺輝かせ 菜々 1 明日香.
散り際の光芒透けり冬紅葉 千鶴 1 豊実.
枯葉風さかさゆらぎの沼鏡 隆松 1 ぽんこ.

過去一覧

2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site