成績一覧

過去一覧

1月30日 (投句24名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
金山の手掘の跡や寒の月 宏虎 5 そうけい.みきえ.たかを.あひる.ふさこ.
夕刻の市歌のチャイムや日脚伸ぶ せつ子 5 満天.きよえ.明日香.こすもす.みきお.
野を行けば春の空あるにわたづみ あひる 5 たかを.せいじ.智恵子.ぽんこ.凡士.
熱燗や儲からぬ日は口閉ざし ひのと 4 豊実.素秀.ふさこ.むべ.
下萌えの足裏を弾く野原かな あひる 4 そうけい.ぽんこ.たか子.あられ.
春を呼ぶ木曾より出でし新大関 凡士 4 満天.はく子.明日香.もとこ.
それぞれに過去を持ち寄る焚火の輪 みきお 4 やよい.素秀.たか子.あられ.
誘ひ合ひ競ひ合ふかに梅ひらく 千鶴 4 宏虎.智恵子.きよえ.なつき.
猿団子一番外は寒かろう 豊実 3 やよい.よう子.千鶴.
黒犬の背にかろき荷や六花 むべ 3 せいじ.あひる.もとこ.
嚔して漁場の話つづきをり ひのと 2 豊実.小袖.
吉事かな鬼門の南天たわわなり 明日香 2 千鶴.凡士.
湧水の流れも早し春隣 ぽんこ 2 小袖.よう子.
鉢植の蕾並ぶや春隣り 満天 2 みきえ.こすもす.
花舗前の色とりどりの春を待つ 満天 2 宏虎.なつき.
朝霧の晴れて山容泰然と 千鶴 1 はく子.
冬晴るる夫の葬終へ友凛と もとこ 1 ひのと.
寒に耐ふ昭和歌謡を口ずさみ せいじ 1 ひのと.
冬温し猫にも会えた散歩道 たかを 1 むべ.
こたつ船潜る大橋松江城 智恵子 1 みきお.

1月29日 (投句23名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
糠床をしづかに寝かす夜の雪 ひのと 8 あひる.豊実.はく子.たかを.素秀.千鶴.みきお.小袖.
凍雲を穿ち光芒一直線 せいじ 6 みきえ.やよい.こすもす.明日香.せつ子.小袖.
水仙や朝の汽笛を運ぶ風 豊実 6 むべ.宏虎.智恵子.素秀.そうけい.うつぎ.
針に糸通してもらふ縁小春 ひのと 4 むべ.せいじ.やよい.うつぎ.
身を委ぬマッサージ機や日脚伸ぶ はく子 4 みきえ.きよえ.満天.凡士.
着膨れて畑打つ鍬の調子良し みきえ 3 智恵子.ぽんこ.ひのと.
湧水の流れも早し春隣 ぽんこ 3 もとこ.ふさこ.千鶴.
藁ぼっち牧場に雪のモンスター 智恵子 3 たか子.あられ.せつ子.
節分の豆と干し魚自粛見舞 こすもす 2 ふさこ.なつき.
鍋に盛る白菜の嵩相撲茶屋 凡士 2 たか子.みきお.
鹿威しこぼす滴や藪柑子 智恵子 2 豊実.こすもす.
寒風や夫の背につくウォーキング なつき 2 せいじ.明日香.
畳目も無き家に住み日脚伸ぶ たか子 2 ぽんこ.もとこ.
マックのMさやかに灯る寒暮かな あひる 1 たかを.
玻璃越しに見える冬田のコウノトリ こすもす 1 宏虎.
冬木立集いて去りて村雀 きよえ 1 かかし.
上り坂ペダル漕ぐ背に冬夕焼 みきえ 1 ひのと.
寄せ植へしパンジー深き海の色 むべ 1 あられ.
1月の仏貼らるる願ひ札 なつき 1 かかし.
片仮名を会得せし孫春隣 宏虎 1 凡士.
沈黙の小さき蜜柑をむく二人 素秀 1 あひる.
ストーブ列車するめを焙る匂ひ満つ 凡士 1 なつき.
寒禽や眼下は波の怒濤音 宏虎 1 そうけい.
虫喰ひの皮の古木に梅ふふむ 千鶴 1 きよえ.
寒風に登校子等の見守り隊 満天 1 はく子.
あふれたるパステルカラー春の花舗 あひる 1 満天.

1月28日 (投句25名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
振り向けば鉄路消え去る吹雪かな ひのと 8 宏虎.うつぎ.満天.たか子.はく子.みきお.なつき.千鶴.
畑の幸ごった返すやほうとう鍋 あひる 6 たかを.小袖.うつぎ.はく子.きよえ.凡士.
畳なはる比良の嶺々笹子鳴く 凡士 5 あひる.せいじ.みきお.ぽんこ.せつ子.
恋猫の伏目にひそと帰る朝 素秀 4 もとこ.凡士.むべ.あられ.
丸木橋渡る足もと風光る みきお 4 あひる.小袖.せいじ.なつき.
香煙に咽せありがたし初大師 なつき 4 たか子.もとこ.明日香.ひのと.
隧道にゆるき勾配雪解水 ひのと 3 智恵子.素秀.かかし.
鳥よ来いみのりすぎたる実南天 あひる 3 豊実.明日香.せつ子.
ちゃんちゃんこ働き者の傘寿刀自 はく子 2 智恵子.きよえ.
柑橘類納屋で寝かせて春を待つ 明日香 2 満天.こすもす.
ひそむ猫氷下動かぬ錦鯉 智恵子 2 ふさこ.千鶴.
お好みのソース談義や日脚伸ぶ もとこ 2 隆松.こすもす.
四阿に朝日のさして池涸るる むべ 1 宏虎.
現代の仕組変わりて春隣 宏虎 1 豊実.
寒肥や縦横根有り油粕 宏虎 1 かかし.
室の花仙人髭をもてりけり せつ子 1 ぽんこ.
大根食ふ昔訳ある好好爺 隆松 1 素秀.
電線の楽譜のごとし寒雀 満天 1 たかを.
寒暁やこごみて急ぐ勤め人 せいじ 1 みきえ.
露天商の碑の裏灯す実南天 なつき 1 ふさこ.
加湿器に潤ひ貰ふ室の花 凡士 1 みきえ.
川沿ひの紅ちらつかせ春を待つ 満天 1 むべ.
冬の波止魚釣りし子のおもちゃ竿 きよえ 1 あられ.
久々に磨くバイクや小六月 やよい 1 ひのと.

1月27日 (投句26名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
せせらぎの調べ軽やか四温晴 ぽんこ 6 董雨.豊実.宏虎.満天.智恵子.やよい.
畏まる小さき足うら雛の客 みきお 5 たかを.みきえ.智恵子.たか子.あられ.
北へゆく貨車は短し雪の原 ひのと 5 せいじ.素秀.むべ.なつき.せつ子.
古地図から変はらぬ字名花八手 凡士 4 たか子.あられ.はく子.なつき.
北風吹くやみちのくの山尖らせて ひのと 3 せいじ.小袖.はく子.
子の恋は行方知らずや春の雪 なつき 3 豊実.ふさこ.凡士.
茎紅くほうれん草の色香かな 素秀 3 あひる.むべ.凡士.
生駒嶺に最後の一閃冬夕焼 たか子 3 宏虎.小袖.みきお.
日の出でて金嶺となる雪の嶺 隆松 3 みきえ.千鶴.ひのと.
露地売りの桶の水仙凛と香す せつ子 2 ぽんこ.もとこ.
水仙と風車をゆらり岬風 素秀 2 かかし.みきお.
冬の瀬戸引き波連れて波止の船 きよえ 2 やよい.こすもす.
古時計なほ刻きざむ冬館 凡士 2 たかを.かかし.
整列し朝日燦々畝の雪 みきえ 2 満天.隆松.
プランターに黄色溢れる冬菫 ぽんこ 2 董雨.明日香.
師の句碑を訪ねがてらに梅探る はく子 2 きよえ.千鶴.
老人であること楽し冬うらら 宏虎 1 あひる.
寒すみれ草に紛れて耐えてをり よう子 1 ぽんこ.
橙色の雪野果てから朝日影 隆松 1 素秀.
格子戸の間に積り初む古都の雪 智恵子 1 ふさこ.
着ぶくれて釣り人餌蒔く鳥や背に きよえ 1 せつ子.
天辺に日の出迎ふる枯木立 豊実 1 明日香.
世迷言水仙だけがうなづきぬ もとこ 1 きよえ.
飼主も犬も着膨れ散歩道 みきお 1 ひのと.
裸木にあまねく朱き落暉かな むべ 1 もとこ.
寒晴や白光りせる木々の枝 せいじ 1 こすもす.

1月26日 (投句25名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
がうがうと鱈場荒ぶる能登の沖 凡士 4 みきえ.あられ.ふさこ.そうけい.
原稿に散らすひとひら室の花 素秀 4 きよえ.ふさこ.ぽんこ.なつき.
襟巻の母の思ひ出巻いてをり あひる 4 むべ.素秀.はく子.みきお.
畝起こし整ひ広ぐ寒の畑 みきえ 3 智恵子.ぽんこ.たかを.
白菜の藁の鉢巻畑を占め みきお 3 智恵子.あられ.そうけい.
その話もう五回目と温酒 もとこ 3 満天.かかし.たか子.
鉄橋の孤なる鳥影寒夕焼 よう子 3 宏虎.かかし.こすもす.
しゃぶしゃぶの鰤二振りの煮え加減 たか子 3 はく子.うつぎ.せつ子.
雪女郎イエスを知らず釈迦知らず 宏虎 2 豊実.凡士.
不機嫌を見破られたるマスクかな ひのと 2 たか子.よう子.
正月の名残消えゆく厨かな 明日香 2 あひる.ひのと.
寒夕焼隔て無く世を染めにけり 宏虎 2 きよえ.千鶴.
しづリ雪枝から枝へリス駆ける 智恵子 2 みきお.うつぎ.
林道の木漏れ日散らす寒雀 そうけい 2 みきえ.たかを.
寒風に寄り添ふて耐ふ猿団子 みきえ 2 もとこ.せつ子.
バリバリに凍つた車動くかな 明日香 2 むべ.小袖.
隅っこに座布団重ね冬座敷 こすもす 2 よう子.ひのと.
人の群れ混じりて鳩も初天神 凡士 2 もとこ.明日香.
機首上げて突っ込めば雲春隣り たか子 2 あひる.小袖.
薮の中ひっそり一輪寒椿 みきお 2 董雨.こすもす.
粕汁の配給受くる完走者 豊実 2 千鶴.明日香.
冬夕日仏舎利塔の真向かひに はく子 1 満天.
鴨群るる土手や中洲の日の溜まり なつき 1 素秀.
落椿一輪残し庭灯す 満天 1 なつき.
ペダルこぐ髪逆立ちて悴む手 ぽんこ 1 豊実.
寒紅の酔客を見る薄笑ひ 素秀 1 凡士.
夜明け前いよいよ暗く月冴ゆる むべ 1 宏虎.
バスツアー渓に歓迎雪ほたる 智恵子 1 董雨.
寒の雨いま夕闇に落ちはじめ あひる 1 せいじ.
寒の湯屋常の三倍温もれり 千鶴 1 せいじ.
街闊歩子のお古なるジャケツ着て せいじ 1 隆松.

1月25日 (投句25名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
底冷えの朝市の幌きしみたり 宏虎 7 素秀.明日香.たかを.そうけい.よう子.ぽんこ.ひのと.
トロ箱の疵繕うて春を待つ ひのと 6 素秀.みきえ.こすもす.ぽんこ.やよい.むべ.
凍蝶の翅寄せ合うて楠のうろ 素秀 5 きよえ.明日香.たかを.千鶴.やよい.
自家製の野菜で暮らす冬籠 明日香 4 智恵子.あひる.満天.はく子.
育ち初む昨日しづくの軒氷柱 凡士 4 小袖.千鶴.ふさこ.ひのと.
盆梅の白咲き満ちて百余年 むべ 3 菜々.なつき.かかし.
父と子に丁度良き風凧揚がる はく子 3 菜々.満天.たか子.
見送りの牧師夫人の声ぬくし せいじ 3 きよえ.よう子.むべ.
鶺鴒の水際弾み春を待つ 満天 3 あひる.はく子.うつぎ.
北風やきりっと被る野球帽 たかを 2 せいじ.小袖.
まな板の大根の山千六本 あひる 2 智恵子.そうけい.
寒椿踏む能舞台添えし紅 智恵子 2 あられ.ふさこ.
待春や白き尻毛のぼっち鹿 千鶴 2 みきお.もとこ.
看板はまだ頑なに関東煮 凡士 2 豊実.もとこ.
寒紅をさして逢ふ人最早なし うつぎ 2 なつき.凡士.
柴犬の親子じゃれ合ふ雪催 千鶴 2 豊実.みきお.
鳶を追ふ声に闘志や寒鴉 ひのと 1 うつぎ.
病みあがりシーツぱっと干す厄払 そうけい 1 かかし.
古書店のドア閉ざされし寒の昼 智恵子 1 宏虎.
捨てきれぬ熊の置物冬麗 ふさこ 1 凡士.
冬籠繰り返し読む文庫本 みきお 1 あられ.
外は雨居間は底冷え日曜日 豊実 1 宏虎.
着膨れてスマホ見る人眠る人 みきえ 1 こすもす.
大根を刻むいつしか無になりて あひる 1 せいじ.
指先に御岳の嶺寒日和 なつき 1 みきえ.
夫と聞く医師の面談寒日和 なつき 1 たか子.

1月24日 (投句27名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寒紅梅八重に雫の光りかな むべ 5 豊実.小袖.きよえ.みきお.あられ.
寒紅を差して写真の列に入る うつぎ 4 せいじ.みきお.凡士.ひのと.
漂ひぬ真珠筏に冬落暉 もとこ 4 素秀.小袖.ふさこ.なつき.
薄氷の水へと戻るたなごころ ひのと 3 もとこ.たか子.はく子.
皮剝けばしわの蜜柑の瑞々し あひる 3 智恵子.せいじ.こすもす.
蓋取れば泡の鎮まる蟹雑炊 豊実 3 あひる.宏虎.そうけい.
中天に小道具のごと寒満月 みきえ 3 たかを.はく子.こすもす.
寒の堂心柱守る四仏かな よう子 3 満天.ぽんこ.千鶴.
畑土の渇き潤す寒の雨 千鶴 3 みきえ.ぽんこ.かかし.
寒蜆夜中音立て砂を吐く 宏虎 3 みきえ.むべ.ふさこ.
エプロンをきりりと締めて寒厨 満天 2 うつぎ.凡士.
寒行の唱へる心経滝しぶき みきお 2 千鶴.せつ子.
風花や眼鏡に残る雪模様 せつ子 2 たかを.素秀.
ダイヤモンド富士待つ円居焚火なす 智恵子 2 そうけい.せつ子.
寒鯉の深く沈みて動かざる 宏虎 2 きよえ.ひのと.
三寒やテレビ桟敷の千秋楽 素秀 2 宏虎.明日香.
寒紅や鏡は暗き奥座敷 素秀 2 豊実.あられ.
冬の田や着地一列群すずめ たかを 1 たか子.
霜焼の指の麻痺してお砂踏 なつき 1 うつぎ.
息白く負けた力士が通りけり ひのと 1 あひる.
はふはふと息を吹きけりほうとう鍋 あひる 1 むべ.
針仕事さくさく進む寒の雨 やよい 1 明日香.
冴ゆる夜のスマホが鳴らすエリアメール 凡士 1 満天.
雪原を駆くるSL釧網線 凡士 1 智恵子.
冬晴やヘリコプターの音間近 明日香 1 もとこ.
人気なき宮居に梅のふふみをり せいじ 1 かかし.
宮裏は貸畑冬菜青々と はく子 1 なつき.

1月23日 (投句25名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山颪カラカラ唄ふ凍み豆腐 智恵子 12 満天.うつぎ.せいじ.素秀.ふさこ.やよい.むべ.あひる.明日香.そうけい.もとこ.よう子.
野仏の供花新しく里小春 ひのと 5 はく子.ぽんこ.やよい.もとこ.小袖.
真白なるしぶきの真中鯨の尾 あひる 4 たかを.素秀.千鶴.せつ子.
紅殻の褪せし格子や藪柑子 凡士 4 豊実.智恵子.みきお.たか子.
酸っぱさも塩っぱさも滋味ひね沢庵 素秀 4 みきえ.はく子.千鶴.凡士.
山深く入る足跡の凍てつきぬ ひのと 3 そうけい.よう子.小袖.
ヘリ離陸人命救助寒の空 きよえ 3 満天.宏虎.こすもす.
大名剥き小さくなりて蕪ま白 たか子 3 隆松.あひる.せつ子.
籾殻を鋤込む畑春隣り みきお 3 みきえ.ぽんこ.明日香.
水神の幟軋ます空つ風 なつき 3 たかを.みきお.こすもす.
冬温し稚児の膝当てミシン掛け みきえ 2 なつき.凡士.
トンガへと早く届けと寒の水 満天 2 智恵子.きよえ.
風花や無心に漁る池の鷺 ぽんこ 2 豊実.せいじ.
夕日浴び萎む切干かごの中 素秀 1 きよえ.
真青なる空広がりて春近し 千鶴 1 宏虎.
梅ふふむ青空さへも引き連れて せいじ 1 あられ.
寒満月たかだか仰ぎみなひとり もとこ 1 ひのと.
笑初おませな吾子の独り言 なつき 1 うつぎ.
玄関で袖から落ちる落葉かな 豊実 1 むべ.
冬野菜あれこれ持って帰れと父 はく子 1 ふさこ.
陽沈みて咲き切らず落つ藪椿 ふさこ 1 ひのと.
コロナ禍を祓ふ豆撒き黙々と みきお 1 あられ.
枝折れの生肌白し雪氷林 隆松 1 なつき.

1月22日 (投句23名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
貼りたての障子仄かに朝を告ぐ 千鶴 11 豊実.せいじ.はく子.智恵子.たかを.あひる.なつき.きよえ.もとこ.凡士.うつぎ.
少年の淡い口ひげ春隣 千鶴 9 豊実.はく子.なつき.ふさこ.ひのと.もとこ.あられ.むべ.よう子.
大寒や玻璃に結露の万華鏡 智恵子 5 みきえ.せいじ.素秀.満天.ぽんこ.
寒風に揺るるおでんの赤提灯 みきえ 3 宏虎.満天.ひのと.
大寒の魚網に掬ふ夕日かな ひのと 3 素秀.みきお.あられ.
スヌーピーの切手貼らるる寒見舞 なつき 3 千鶴.こすもす.みきお.
島々を結ぶ航路や春の潮 みきお 2 明日香.うつぎ.
磴のぼりきつたるところ梅ふふむ せいじ 2 たか子.あひる.
ちゃんちゃんこ企業戦士の面は無く たか子 2 ぽんこ.よう子.
暖房の部屋に滝行みる寒さ やよい 1 千鶴.
冬晴に鳥の挨拶糞ひとつ たかを 1 ふさこ.
赤城おろしさらされ育つ法蓮草 ぽんこ 1 凡士.
歌留多読む声恋歌に上ずれり 素秀 1 むべ.
実南天辿れば小さき母の家 ひのと 1 たか子.
尾根伝い風に傾く樹氷たち 智恵子 1 きよえ.
膝痛を気にせず座る掘り炬燵 みきえ 1 智恵子.
枯すすき夕陽に光る穂綿かな あひる 1 こすもす.
大寒の手足しびらす薬湯や むべ 1 隆松.
吐く息の歯医者の匂い息白し 豊実 1 宏虎.
冷やかしが嵌る骨董初弘法 凡士 1 みきえ.
小さき手や笑顔のピース冬ぬくし きよえ 1 たかを.
灯消し冬満月は瑠璃の中 もとこ 1 明日香.

1月21日 (投句24名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雪降るやしづかにほどく仕付糸 ひのと 10 みきえ.董雨.せいじ.素秀.菜々.たか子.小袖.もとこ.凡士.あられ.
湯治場の長き廊下や雪明り 凡士 8 豊実.董雨.せいじ.うつぎ.ぽんこ.やよい.ひのと.あられ.
寒鯉の動かざる背に朝日差す 満天 3 紫陽花.ふさこ.ひのと.
競い合ひ薄氷を踏む登校児 みきお 3 満天.ふさこ.よう子.
初場所や付き人走る負け相撲 素秀 3 あひる.ぽんこ.もとこ.
丸火鉢するめ焼く手の忙しなし よう子 3 みきえ.智恵子.素秀.
追悼の鬼平を観る霜夜かな 凡士 3 むべ.千鶴.明日香.
喪帰りの寒満月と靴の音 うつぎ 3 むべ.はく子.小袖.
よちよちと姉追いかける小春の日 智恵子 2 たかを.みきお.
寒椿落ちてなほ庭鮮やかに 満天 2 紫陽花.きよえ.
寒晴るる漁港見下ろす八幡宮 千鶴 2 たかを.みきお.
皸や吾が手も母の手になりぬ むべ 2 宏虎.うつぎ.
紅き実を宿して白き冬薔薇 あひる 2 智恵子.明日香.
あかぎれの割れて関節太き指 素秀 2 よし子.はく子.
風花の街灯に散り先斗町 もとこ 2 なつき.やよい.
白線で電車待つ間の日向ぼこ 豊実 2 あひる.こすもす.
倒木の丈さまざまに雪被る たか子 2 満天.よう子.
大寒や腿太き子の半ズボン みきお 1 豊実.
卒寿とてぼつぼつ歩む去年今年 宏虎 1 なつき.
単線の始発電車に霧氷林 うつぎ 1 宏虎.
大寒や朝明け眩し結露越し ふさこ 1 こすもす.
山の端に雲の棚引く四温の日 せいじ 1 きよえ.
魚屋の呼び込む口上寒を付け ぽんこ 1 千鶴.
畳まれて亡父の蒲団の小さきこと ひのと 1 菜々.
モニターの我が胃袋に四温光 せいじ 1 たか子.
歩かねば歩行できなや日脚伸ぶ 宏虎 1 凡士.
時々は日射しもみえる今日大寒 こすもす 1 よし子.

1月20日 (投句26名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
懐手して漁師らの沖見癖 ひのと 6 豊実.みきえ.むべ.満天.もとこ.せつ子.
石段に折れる我が影日脚伸ぶ みきお 6 せいじ.あられ.明日香.やよい.凡士.きよえ.
水の面をたたら走りに鴨翔ちぬ せつ子 5 隆松.たかを.あひる.千鶴.ひのと.
青空の透けて傷無し初氷 素秀 4 たかを.紫陽花.あられ.ふさこ.
ペンギンのごとスケートの父子かな あひる 4 智恵子.素秀.やよい.よう子.
寒風に研ぎ澄まされて月孤高 はく子 4 智恵子.満天.明日香.みきお.
寒空にチラシ配られ尋ね犬 明日香 3 むべ.こすもす.なつき.
懐手解いてくぐるや注連柱 凡士 3 たか子.素秀.ひのと.
蒸しあがる豚まんの湯気街寒し 凡士 3 千鶴.こすもす.きよえ.
宮の裏清き笛の音初神楽 智恵子 3 董雨.豊実.ふさこ.
氷瀑を伝ひし水は神の道 素秀 2 たか子.ぽんこ.
風花や高層ビルの社長室 豊実 2 あひる.せいじ.
初泳ぎ手を振る幼ガラス越し みきえ 2 ぽんこ.せつ子.
散歩道土手下りて踏む霜柱 なつき 1 宏虎.
電卓のリズム整ひ帳始 ひのと 1 みきえ.
嫁御手にマリトッツォとやら女正月 もとこ 1 隆松.
寒風や痛み突き抜く帯疱疹 そうけい 1 凡士.
灰色の彩無き景に青木の実 ぽんこ 1 みきお.
梅探るうわさ頼りに藪を抜け 千鶴 1 董雨.
マスクにもとんどの匂ひ移り来て 宏虎 1 よう子.
花園のやうなカーテン北塞ぐ なつき 1 うつぎ.
大寒や力士の髷の乱れをり 千鶴 1 もとこ.
明るさについ窓開けて空っ風 明日香 1 うつぎ.
歌会始佳子のひめみこ美しき せいじ 1 宏虎.
源流の鬱蒼として冬満月 むべ 1 紫陽花.
ウォーキングは完全装備雪催 こすもす 1 なつき.

1月19日 (投句27名 選句33名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風花の神馬の睫毛くすぐりぬ うつぎ 6 豊実.せいじ.あられ.せつ子.千鶴.よう子.
真つ白な沖より雪の船もどる ひのと 5 あひる.せいじ.ふさこ.そうけい.なつき.
忘の字の闇に灯るや阪神忌 あひる 5 満天.宏虎.ぽんこ.みづき.むべ.
湯もみ女の高窓に舞ふ細雪 智恵子 4 やよい.あられ.素秀.ふさこ.
片端は淀の葦原冬の虹 凡士 4 みきえ.小袖.なつき.はく子.
生き延びし汝も逝きにけり阪神忌 せいじ 4 あひる.やよい.うつぎ.はく子.
をさなごのみやげ話や雪うさぎ あひる 4 智恵子.素秀.たか子.たかを.
朝礼の天突き体操息白し みきお 4 隆松.みきえ.董雨.そうけい.
寒紅梅苔むす幹の男振り むべ 3 ぽんこ.もとこ.うつぎ.
女正月湯船に浮かぶ絆創膏 なつき 3 こすもす.もとこ.たかを.
冬ざれや災禍疫禍の水の星 やよい 3 たか子.みきお.千鶴.
積む程に震るふ木立や雪けむり 隆松 3 董雨.小袖.明日香.
早梅の紅く匂ふや忌明け朝 素秀 2 せつ子.凡士.
風花を呼んでをるなり虫籠窓 うつぎ 2 宏虎.ひのと.
花筒の氷をそっと墓地の裏 たか子 2 智恵子.明日香.
戯む吾子風花追ひて口紡ぐ ふさこ 1 きよえ.
蝋梅の黄の明るさや心沁む もとこ 1 むべ.
忘れまじと火文字の祈り阪神忌 せつ子 1 みきお.
舞台終へ冬満月を真正面 ひのと 1 満天.
霜やけの十指が疼く厨事 なつき 1 みづき.
日の差すに泥あらはなり除雪山 隆松 1 こすもす.
歌会の語尾のびやかに始めけり 千鶴 1 凡士.
息白し池一周の長電話 豊実 1 ひのと.
湯けむりの奥の嶺々みる初露天 せつ子 1 きよえ.
雪山を風一目散に転がり来 素秀 1 よう子.
デイケアのバス待つ母の着膨れて せいじ 1 豊実.

1月18日 (投句27名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
春泥の尖る轍や山の道 みきお 7 むべ.あひる.せいじ.みきえ.はく子.明日香.よう子.
震災を知らぬ瞳や冬の虹 ひのと 7 たか子.小袖.素秀.みづき.ぽんこ.あられ.千鶴.
少年の正座凜凜しく寒稽古 宏虎 5 満天.智恵子.董雨.みづき.きよえ.
石ひとつ“生”の字におく震災忌 凡士 5 なつき.せつ子.もとこ.やよい.よう子.
ただならぬ揺れに覚むあの凍つる朝 千鶴 3 宏虎.ふさこ.こすもす.
蜜柑剥く小さき口開け待つふたり もとこ 3 あひる.董雨.やよい.
語り部の若き女性や阪神忌 満天 2 なつき.凡士.
おでん屋に病気自慢の老二人 素秀 2 たかを.ひのと.
耳遠き人へ手振りや初句会 ひのと 2 たか子.素秀.
直立の黙祷一分震災忌 こすもす 2 みきえ.ひのと.
干し物を掻き分け仰ぐ冬の月 せいじ 2 豊実.もとこ.
日溜まりで失敗自慢老の春 たかを 2 隆松.はく子.
ニ三粒てのひらに跳ね霰散る あひる 2 たかを.こすもす.
日溜りに腹這ふ犬や冬すみれ うつぎ 2 豊実.小袖.
寒風にテニスボールのよろけけり ぽんこ 2 せいじ.うつぎ.
冴ゆる夜のビシッと家のどこぞ鳴り 凡士 1 きよえ.
生木裂く雪の重みは重量級 みきえ 1 ふさこ.
唐突の冬満月や曲り角 あひる 1 あられ.
天色をとどめて青し氷面鏡 隆松 1 せつ子.
せせらぎを辿り仄か探梅行 智恵子 1 みきお.
ストーブを夫消し忘る言わずおく 明日香 1 むべ.
しずり雪避けつつ歩む墓の径 たか子 1 ぽんこ.
鉢の梅米粒ほどの冬芽かな はく子 1 凡士.
体育館の入口に待つ焼芋屋 なつき 1 明日香.
防災無線の黙祷合図震災忌 こすもす 1 うつぎ.
雪女双手に連山抱へこみ 素秀 1 智恵子.
二十七年経ちし寒暁震災忌 千鶴 1 満天.
冬夕焼け水鳥切り絵のシルエット せつ子 1 千鶴.
初電話入れ代わる人みな土佐弁 よう子 1 みきお.
祥月(しょうつき)の墓参叶へて冬ぬくし たか子 1 宏虎.

1月17日 (投句25名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雪道を夫の靴跡なぞりつつ たか子 7 あひる.せいじ.あられ.もとこ.せつ子.うつぎ.ひのと.
川凍るひとひらの葉を封じ込め ひのと 7 隆松.隆松.豊実.満天.こすもす.よう子.きよえ.
冬深夜恐怖走りし津波報 ふさこ 4 董雨.千鶴.あられ.むべ.
農百年豊作祈り鍬はじめ みきお 4 宏虎.智恵子.みづき.ぽんこ.
野地蔵の雪を払ひて村下る 智恵子 4 みきえ.董雨.よう子.ひのと.
直会の紙コップ燃えとんど果つ よう子 4 たかを.みきお.なつき.明日香.
伐倒の地鳴りの余韻冬の空 豊実 3 あひる.ぽんこ.うつぎ.
寒雀群れて着地し群れて飛ぶ 満天 3 みのる.みづき.きよえ.
箸弾く指に手応え寒卵 みきお 3 たか子.小袖.凡士.
おさらばと床打つ足袋や男舞 ひのと 3 たか子.素秀.せつ子.
冬天の夕日は山に移りけり みづき 3 せいじ.小袖.明日香.
大寒や老骨音あぐストレッチ 宏虎 2 かかし.はく子.
根付かせて変はらぬよしみ福寿草 みづき 2 宏虎.智恵子.
湯畑に吊るされたぎる寒卵 千鶴 2 みきえ.こすもす.
小さき手の小さき柏手寒の空 凡士 2 満天.みきお.
畝白菜つむり結われてみな傾ぎ あひる 2 豊実.もとこ.
ひたすらに無音の墓地の残り雪 たか子 2 素秀.はく子.
寒晴や唇荒れて開けしまま もとこ 1 凡士.
納骨へ出かけに配る紙カイロ なつき 1 たかを.
焼き芋屋追火で止まる墓地の前 そうけい 1 むべ.
冬の昼孤を描く鷺の輝けり みきえ 1 みのる.
臘梅の古葉のすべてを散り尽くす 満天 1 千鶴.
ペチカ燃ゆ港に古し洋食屋 凡士 1 なつき.
雪積もる段々畑のなぞえなる 智恵子 1 かかし.

1月16日 (投句27名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
舞ひ終へし帯のほてりや垂り雪 ひのと 9 豊実.素秀.たかを.あられ.ぽんこ.そうけい.ふさこ.たか子.やよい.
白菜漬いまだ及ばぬ母の味 むべ 6 みきえ.董雨.みきお.千鶴.きよえ.凡士.
女正月三人寄ればよく笑ふ やよい 4 みきえ.みづき.はく子.千鶴.
ビル群を透かせセコイヤ大枯木 はく子 3 満天.董雨.ぽんこ.
自販機のお茶に温もる寒詣 凡士 3 せいじ.素秀.たかを.
口笛に飛び来る鳥や雪しづる 智恵子 2 ふさこ.こすもす.
冬銀河メトロは地下の大深度 凡士 2 宏虎.そうけい.
乳牛の涎たらりと小正月 千鶴 2 豊実.凡士.
歯の抜けて喜ぶ吾子や小正月 こすもす 2 はく子.ひのと.
置き薬の効能を見る寒灯下 素秀 2 たか子.もとこ.
南座の瓦暮れゆき寒の月 みづき 2 あひる.よう子.
刃に触るや抜き立て大根弾けけり うつぎ 2 小袖.あられ.
人去りて我と白鳥眼を交わす たかを 2 あひる.もとこ.
命毛を利かせ一巻初写経 うつぎ 2 小袖.智恵子.
校庭に煙一筋とんど焼き みきお 2 せいじ.なつき.
竹爆ぜて神威かすどんどかな もとこ 2 みづき.やよい.
鉢花に春はまぢかと語りかけ 明日香 1 智恵子.
尼寺の寒の厨に灯の点り みづき 1 みきお.
左義長の炎くすぶる昼下がり ぽんこ 1 こすもす.
ワンカップに鰭を持参の年始客 よう子 1 むべ.
結はえられおでん提灯傾ぎをり あひる 1 ひのと.
鯛めしで祝ふ我が家の小正月 みきえ 1 なつき.
畑のもの寒九の雨にピンと立つ 千鶴 1 満天.
忌を修しケーキ食べたる女正月 なつき 1 隆松.
北風や揺らぐ日射しに鷹の舞 たかを 1 きよえ.
凍雲のい行き憚る生駒山 せいじ 1 よう子.
ベランダに月美しき小正月 こすもす 1 宏虎.
歌留多して負けた男の子がよう喋る ひのと 1 むべ.

1月15日 (投句22名 選句34名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
行間にふるさと匂ふ寒見舞  凡士 8 たかを.せいじ.むべ.やよい.みづき.みきお.よう子.紫陽花.
ローカル線窓辺に眩し雪景色  智恵子 6 董雨.みきえ.かかし.ぽんこ.みきお.こすもす.
姫を舞ふ神楽の人の喉仏  みきお 6 豊実.みきえ.素秀.隆松.みづき.もとこ.
吹き込める雪どこまでもシャッター街  素秀 5 あひる.せいじ.そうけい.小袖.ひのと.
幾度も雪の窓開け子規思ふ  うつぎ 5 たか子.かかし.小袖.千鶴.明日香.
形見なるセーターまくり皿洗ひ  むべ 5 あひる.豊実.なつき.よう子.うつぎ.
白杖に添ひて少年雪の朝  凡士 3 たか子.あられ.はく子.
農小屋の前は浄土やほとけのざ  あひる 3 智恵子.やよい.凡士.
風花の突として生れ何処へやら  たか子 3 宏虎.きよえ.こすもす.
一人居てくさめの響く父の部屋  なつき 3 素秀.あられ.むべ.
喪ごころや焼べるものなきどんどの火  ひのと 3 そうけい.ぽんこ.もとこ.
左義長の火柱高く空焦がす  みきお 3 きよえ.満天.紫陽花.
悴みて濯ぎ物干すけふの朝  みきえ 2 智恵子.凡士.
寒稽古根性大事柔道場  宏虎 2 董雨.満天.
足つりて真夜に飲みたる寒の水  なつき 1 宏虎.
源流を訪う奥明日香初吟行  明日香 1 千鶴.
暖炉燃ゆピアノ大きく屋根立てて  ひのと 1 うつぎ.
松葉酒露天湯に呑む旅の宿  智恵子 1 なつき.
アスファルトに粉雪風の形なす  素秀 1 たかを.
寄り道をする子のごとく雪の降る  せいじ 1 ひのと.
あれそれで事の足りるや冬座敷  やよい 1 ふさこ.
保護林の四つん這いなる落葉掻き  豊実 1 はく子.
陋屋に籠もる他なし寒の雨  せいじ 1 ふさこ.
寒風に外で順番ATM  満天 1 明日香.

1月14日 (投句22名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
むささびや星を抱へて渡る渓 素秀 9 豊実.たかを.智恵子.かかし.小袖.もとこ.みきお.あられ.うつぎ.
ストーブを背に荷を下ろす行商婦 凡士 6 宏虎.小袖.ぽんこ.千鶴.やよい.ひのと.
突風に舞ひ落ちて来し寒雀 みきえ 5 せいじ.かかし.満天.凡士.なつき.
左義長の火柱高く空焦がす みきお 4 たかを.智恵子.たか子.なつき.
顎上げて投薬ととも寒の水 たか子 4 隆松.みきえ.もとこ.こすもす.
な転びそ上がり根多き探梅行 こすもす 3 みきえ.明日香.ふさこ.
初漁へありたけの酒積まれゆく ひのと 3 たか子.むべ.千鶴.
人気なき大型遊具凍ててをり なつき 3 宏虎.明日香.満天.
小雪落つスマホ画面に虹の粒 あひる 3 豊実.素秀.あられ.
絮ひとつ過ぎりて空へ春隣 むべ 3 あひる.せいじ.そうけい.
切干を刻みし指にまめの痕 千鶴 2 あひる.素秀.
落とし物拾う術なくつむじ風 たか子 2 ぽんこ.ひのと.
松過ぎて客なき午後の湯呑かな ひのと 1 うつぎ.
シャンデリア灯りしカフェや小雪舞ふ あひる 1 むべ.
大窓の外は木枯らしすする麺 たかを 1 こすもす.
冬日差し蒼天に映ゆ公会堂 明日香 1 みきお.
小正月小言うるさく妻強し 宏虎 1 凡士.
我が街に見惚れてしまふ寒茜 もとこ 1 やよい.
中洲現れ汀を走る川千鳥 なつき 1 ふさこ.
此処彼処機音ひびく五日かな 凡士 1 董雨.
松過ぎて梯子酒めく医者通ひ せいじ 1 そうけい.
寒風へ負けじと園児お散歩へ 満天 1 董雨.

1月13日 (投句25名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風花やひざ掛け紅き人力車 凡士 10 みきえ.豊実.宏虎.たかを.董雨.せいじ.はく子.小袖.こすもす.なつき.
やはらかき手首を持ちて筆始 むべ 8 あひる.せいじ.たか子.あられ.凡士.もとこ.うつぎ.ひのと.
夜の更けて家を揺るがすしづり雪 みきお 5 董雨.明日香.はく子.あられ.やよい.
船追うて鳶の去りゆく松納 ひのと 4 素秀.ぽんこ.もとこ.紫陽花.
三寒の風未だ吹きし四温晴 宏虎 3 千鶴.ふさこ.こすもす.
小夜更けて波板を打つ寒の雨 せいじ 3 みきえ.ぽんこ.みきお.
男には頼らぬ鏡開きかな ひのと 2 むべ.凡士.
川涸れてなぎ倒されし草のあと あひる 2 隆松.たかを.
冬の疫禍ねずみ算より凄まじく 千鶴 2 満天.ふさこ.
雲去れば山半分を雪帽子 素秀 2 千鶴.明日香.
海鳴りの揚浜小屋に波の花 凡士 2 かかし.智恵子.
冬ざれて東寺見下ろす鷺一点 もとこ 2 むべ.素秀.
野禽来る崩れ落ちたる杉の雪 隆松 2 智恵子.ひのと.
凧あげの親子に青空広やかに はく子 1 小袖.
搗きたての黒豆大福よく売れる 満天 1 やよい.
大小の餅のぜんざい鏡割 豊実 1 なつき.
山峡の冬霧纏ふくつな石 明日香 1 うつぎ.
初雪の瓦を白く飾りけり 董雨 1 満天.
戸を繰れば鈍色の空小雪舞ふ せいじ 1 かかし.
丘に立つ裸木空を解放す みきお 1 たか子.
さざ波になすが儘なる鴨の陣 ぽんこ 1 みきお.
鼬罠下校の児らの騒ぎけり せつ子 1 あひる.
炉話の佳境に向かふ怪異談 素秀 1 宏虎.
凍空や機影ひとすじぐんぐんと 千鶴 1 豊実.
雪霧や谷に隠るる尖り屋根 隆松 1 紫陽花.

1月12日 (投句23名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
練りきりの虎と目の合ふ初茶湯 むべ 10 あひる.豊実.みきえ.せいじ.素秀.ふさこ.凡士.なつき.紫陽花.もとこ.
笛鳴らす警官もまた新成人 素秀 5 智恵子.たかを.はく子.やよい.うつぎ.
対局の袴も凛々し年新た せいじ 4 満天.董雨.千鶴.こすもす.
両の手に雪玉持つて登校す ひのと 3 小袖.たか子.はく子.
朝一番小豆火に掛く鏡割り みきえ 3 智恵子.みきお.せつ子.
若武者や寝ぐせのままの初手合 せいじ 3 あられ.なつき.もとこ.
寒柝の音遠ざかる夜道かな みきお 3 素秀.こすもす.ひのと.
魚引いて仕事始めの手鉤かな ひのと 3 むべ.たか子.うつぎ.
福耳の隠れる帽子入学児 みきお 3 そうけい.小袖.ひのと.
寒雀仏足石の日溜りへ なつき 2 あひる.ぽんこ.
御降や四囲の山より靄昇る 明日香 2 満天.せつ子.
浜千鳥足跡残し波に消ゆ 智恵子 2 みきお.やよい.
脹ら脛なだめすかして去年今年 宏虎 2 たかを.ぽんこ.
初場所の地元力士に声弾む 満天 2 むべ.明日香.
緑青の甍に淑気松の影 ぽんこ 2 ふさこ.千鶴.
雪残る橋を渡りて初詣 こすもす 2 隆松.せいじ.
着膨れてたった一人で待つ手術 やよい 2 凡士.かかし.
嬰を抱く腕のあやふや寒月光 千鶴 2 宏虎.そうけい.
猿廻し本殿裏の日溜まりに たか子 1 董雨.
初稽古サッカー女子の腿太し もとこ 1 みきえ.
校庭の隅まで伸びて冬木影 あひる 1 明日香.
御神楽の巫女の緋衣淑気あり たか子 1 あられ.
短日の灯り眼下に手術待つ やよい 1 かかし.
探梅や翳す病む手の色仄か そうけい 1 紫陽花.
月光の煌めく畑猫の恋 たかを 1 宏虎.
寒暁のトレセン駆くる馬の息 凡士 1 隆松.
風下に蕊を向けたる寒桜 素秀 1 豊実.

1月11日 (投句25名 選句33名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
欅枯れ千手の瘤を日に曝す 凡士 7 隆松.小袖.もとこ.菜々.うつぎ.やよい.千鶴.
深酒や船出せぬ日の古炬燵 ひのと 6 たか子.素秀.はく子.そうけい.ぽんこ.なつき.
稽古着のままの一団初詣 こすもす 6 あられ.せいじ.素秀.みづき.やよい.明日香.
譲らるる席に一礼着膨れて うつぎ 5 董雨.みきえ.たか子.ひのと.明日香.
鉄瓶に湯気立ち昇る囲炉裏端 智恵子 4 豊実.むべ.みきお.せつ子.
晴れの日の振袖眩し成人式 満天 3 宏虎.はく子.こすもす.
福寿草咲ひて日常回りだす みづき 3 もとこ.菜々.凡士.
打つ音に森に佇む霰かな 豊実 3 あひる.せいじ.たかを.
晴れゆくや痩せゆくも立つ雪だるま 隆松 3 そうけい.ふさこ.せつ子.
押す人も乗る人共に着膨れて みきお 2 豊実.こすもす.
はぐれ鴨水脈一条のきらめきて 素秀 2 小袖.かかし.
成人の日の去り難き男女かな たか子 2 満天.ひのと.
枯れ葎荒れ地をネット被すごと 明日香 2 智恵子.うつぎ.
振袖や記念写真はマスクとり 凡士 2 宏虎.なつき.
艶やかに美容室出づ成人日 やよい 2 あられ.董雨.
初場所や塩ほうり上ぐ照強 千鶴 2 あひる.かかし.
蒼天に手の平広げ枯木立 たかを 1 満天.
煮凝や父の認知のふと戻り むべ 1 ぽんこ.
ピザの具を豪華に焼けり成人日 なつき 1 みづき.
寒鴉だみ声残し枝渡り ぽんこ 1 凡士.
球児らの均すグラウンド冬木影 あひる 1 みきお.
青空を透かしてメタセコイヤ枯る はく子 1 千鶴.
十日戎坂年毎に辛くなり 宏虎 1 たかを.
成人式こぼれる笑顔写真館 智恵子 1 みきえ.
寄り添ひて日向ぼこりの鴨つがひ はく子 1 智恵子.
牛日(ぎゅうじつ)の撫で牛消毒まみれなる たか子 1 ふさこ.
松過ぎて二人で開く聖書かな せいじ 1 むべ.

1月10日 (投句23名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
成人の日の島ぢゆうが母のかほ ひのと 11 豊実.あひる.智恵子.せいじ.素秀.あられ.千鶴.やよい.凡士.はく子.うつぎ.
兜煮の目玉飛び出る松の内 宏虎 9 たか子.素秀.むべ.みづき.千鶴.みきお.もとこ.なつき.みきえ.
放水の的を撃ち抜く出初式 豊実 5 満天.あひる.あられ.明日香.みきお.
悴みて半音ずれる街ピアノ 素秀 3 たか子.やよい.なつき.
児童らの蹴る突く一礼寒稽古 凡士 3 かかし.ぽんこ.みきえ.
冬耕の手を振りくるる卆寿とや うつぎ 2 たかを.かかし.
雪山の水色めきし反射光 あひる 2 小袖.こすもす.
青バット振る少年の息白し せいじ 2 豊実.満天.
百年の松の下なる歌はじめ ひのと 2 みづき.小袖.
熊手持ち恵比寿顔なる翁かな みきえ 2 せつ子.もとこ.
数の子をこれで終りと出す朝餉 明日香 2 隆松.凡士.
ラガーらのガッツの腕の力瘤 たか子 2 ひのと.ぽんこ.
老犬のコート唐草模様かな あひる 2 せいじ.せつ子.
曾孫来て令和四年の初笑い 宏虎 2 隆松.智恵子.
晴着過ぐ成人の日と気づかされる ぽんこ 1 宏虎.
初場所や装束華やぎたる行司 せつ子 1 こすもす.
初稽古足並み揃へランニング なつき 1 うつぎ.
四世代集い散りけり日向ぼこ もとこ 1 はく子.
成人式母の手縫ひのお振袖 智恵子 1 むべ.
通学路点検整備春隣 みきお 1 ひのと.
寒卵カレーの辛口まろやかに 満天 1 宏虎.
境内に餅焼く煙立ち込めて 千鶴 1 明日香.
ランニング一人遅れし七日かな なつき 1 たかを.

1月9日 (投句24名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
伸びやかな鳶の笛降る初御空 やよい 9 満天.はく子.もとこ.せつ子.みきお.あられ.千鶴.なつき.なおこ.
着脱に十指もたつく寒の朝 たか子 6 ひのと.隆松.豊実.満天.もとこ.こすもす.
凍雲の隙間に白し伊吹山 隆松 6 みきえ.やよい.小袖.うつぎ.明日香.なつき.
弾初や弓に松脂すべらせて むべ 5 あひる.せいじ.智恵子.ぽんこ.明日香.
不機嫌を隠さず母はくず湯吹く 素秀 4 あひる.やよい.たか子.凡士.
羽子板を抱きて電車に眠る吾子 智恵子 3 せいじ.あられ.なおこ.
寒の水喉にするりと常備薬 満天 3 ふさこ.みきお.こすもす.
舞初や見立ての雪に触れもして ひのと 3 素秀.たか子.凡士.
一穢なき新春の空凧上る せいじ 3 せつ子.小袖.かかし.
窓際の定位置猫の日向ぼこ こすもす 2 たかを.ふさこ.
初髪を解けば火の粉の匂ひたつ ひのと 2 豊実.むべ.
初春や野に寝転びて子規思ふ せいじ 2 宏虎.みきえ.
裸木の透き間に見ゆる星ひとつ ぽんこ 2 たかを.うつぎ.
初場所やぶつかり稽古熱気帯ぶ 凡士 2 宏虎.千鶴.
行く年や疎遠となりし友思ふ 明日香 1 はく子.
老い二人いたわり合ひて日向ぼこ 明日香 1 むべ.
蒼天を翔る風の子寒四郎 千鶴 1 ぽんこ.
さざんかの長き垣根や村の道 はく子 1 ひのと.
同日開催どっちに行こう初句会 こすもす 1 かかし.
初点前普段着なれど粛として なつき 1 智恵子.
寒晴の葬儀の列に連ねけり 千鶴 1 素秀.

1月8日 (投句22名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
煎り酒の匂ふ厨や雪しづり むべ 7 豊実.せいじ.もとこ.千鶴.ぽんこ.小袖.紫陽花.
和太鼓のドンと響きて寒稽古 せつ子 6 智恵子.満天.はく子.たか子.こすもす.明日香.
ストーブ列車客は丸出し津軽弁 凡士 4 たかを.豊実.ふさこ.せつ子.
七種や故郷に残す母のこと ひのと 4 むべ.あられ.やよい.せつ子.
箸置きを二つ並べて七日粥 豊実 4 ひのと.みきえ.せいじ.素秀.
箱背負ひ撒く寒肥の粒白し 千鶴 3 もとこ.こすもす.小袖.
無人駅一人じゃないと雪だるま 智恵子 3 あひる.隆松.ふさこ.
懐に子犬を抱へ御慶かな ひのと 3 むべ.なつき.やよい.
ぎくしゃくと健康体操寒の内 たか子 3 かかし.みきえ.あられ.
失敗を重ねし母子の凧上る せいじ 2 あひる.董雨.
七草の三種を散歩の畔に摘み はく子 2 隆松.凡士.
普段着のおうむ返しの御慶かな ぽんこ 2 ひのと.凡士.
干大根萎む早さや強き風 みきお 2 かかし.ぽんこ.
七草がゆコロナに閉ざすホームにも あひる 1 はく子.
七種や名を挙げつ食ぶ今朝の粥 みきえ 1 満天.
窓繰るや雪庇嵩なすカーポート 隆松 1 紫陽花.
枯芭蕉墨絵のごとく黙しをり あひる 1 千鶴.
普段着のおうむ返しの御慶かな ぽんこ 1 宏虎.
打ち揃ひサッカー少年初詣 凡士 1 なつき.
アニメ好き剣士めざして初稽古 なつき 1 たかを.
恙なき日々に感謝の七草粥 満天 1 董雨.
寒梅やひそと蕾のかさなりて 素秀 1 たか子.
動かざる寒鯉の鰭小刻みに みきお 1 明日香.
初春や野に子どもらの高き声 せいじ 1 素秀.
コンビニも七草パック山積みに もとこ 1 宏虎.
七種やさまざま行事恙無く 明日香 1 智恵子.

1月7日 (投句23名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
臼の湯気手の平赤くちぎり餅 豊実 7 紫陽花.智恵子.ぽんこ.こすもす.隆松.あられ.うつぎ.
小さき手より薄氷を譲らるる ひのと 5 たかを.素秀.むべ.ふさこ.もとこ.
ドライバー募集も掲げ初荷行く うつぎ 4 たかを.みきえ.小袖.明日香.
夕空に小寒の月研ぎ澄ます なつき 4 宏虎.素秀.満天.うつぎ.
川の字に孫を挟みて寝正月 素秀 4 明日香.ひのと.なつき.あられ.
天辺にからの巣掲げ冬木立 あひる 3 董雨.智恵子.もとこ.
人日や御慶もあれば愁傷も 千鶴 3 満天.たか子.凡士.
底冷に旨味の増せる京菜漬 凡士 3 みきえ.豊実.千鶴.
酒尽きて話は尽きぬ春近し たかを 3 むべ.ふさこ.千鶴.
大白鳥朝のひかりを啄みぬ ひのと 3 みきお.たか子.せつ子.
鐘を撞くいてふ枯木を震はせて はく子 2 紫陽花.みきお.
初雪の地につくまでに消へにけり 満天 2 あひる.豊実.
畦に摘む薺刻みて朝粥に 智恵子 2 はく子.凡士.
淑気満つチャペルに一人祈りけり せつ子 2 せいじ.なつき.
江戸の世や出初めの梯子勇ましき みきえ 2 董雨.せつ子.
冬木の芽はや繚乱の鼓動あり 凡士 2 せいじ.ぽんこ.
いかのぼり高みの空の恵方へと たか子 1 はく子.
工事中の声賑やかや冬うらら こすもす 1 ひのと.
粉雪や気づけば真白ぼたん雪 智恵子 1 こすもす.
名を問ふは雪山となる二山かな あひる 1 小袖.
六七日屋根積もる雪見てゐたり なつき 1 あひる.
流れゆく雲の間に間に雪の富士 せつ子 1 宏虎.

1月6日 (投句20名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
獅子舞の大き口から眼鏡顔 素秀 13 たか子.豊実.せいじ.たかを.智恵子.むべ.明日香.みきお.もとこ.ふさこ.ぽんこ.あられ.うつぎ.
面とれば湯気立つ剣士初稽古 凡士 9 豊実.こすもす.みきお.ふさこ.ぽんこ.千鶴.小袖.あられ.せつ子.
乗初は一山越える里帰り 素秀 6 たか子.智恵子.明日香.なつき.こすもす.凡士.
赤味さす米粒ほどの冬芽かな みきお 3 せいじ.紫陽花.せつ子.
吾子の笑みもらひて吾の初笑い 智恵子 3 満天.宏虎.はく子.
玄関に靴脱ぎながら御慶の子 なつき 2 ひのと.あひる.
五七日父居たままの古暦 なつき 2 たかを.あひる.
袋競り指握り合ひ河豚落とす みきえ 2 むべ.千鶴.
朝一番一気に呑むや寒の水 千鶴 2 満天.みきえ.
ゲレンデは大雪リフトフル稼働 こすもす 2 董雨.みきえ.
潮騒に香り濃きかな野水仙 智恵子 2 董雨.素秀.
数の子を噛む音骨に響きけり 豊実 1 宏虎.
亡母(はは)編みし手袋はめて寺参り みきお 1 なつき.
犇めきて固き蕾やシクラメン あひる 1 紫陽花.
山門の彩無き庭に初松籟 ぽんこ 1 小袖.
見渡せる常の山々にも淑気 はく子 1 ひのと.
ごった煮やお節の余りいろいろと 明日香 1 凡士.
除夜の鐘ろうそく明かりに撞きにけり はく子 1 うつぎ.
孫ら来て変顔ごっこ初笑 せつ子 1 はく子.
半世紀続く添へ書き年賀状 満天 1 もとこ.
小寒やまだ柔らかき雲の色 たか子 1 素秀.

1月5日 (投句20名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
独楽の色同心円に溶け込めり 豊実 11 千鶴.たか子.宏虎.せいじ.むべ.紫陽花.ぽんこ.せつ子.小袖.かかし.あられ.
畝幅を整へ直し寒に入る 千鶴 4 たか子.はく子.素秀.凡士.
外つ国の嫁の手慣れの雑煮かな 凡士 4 せいじ.たかを.みきお.あられ.
次々の御慶に応ふ神馬かな うつぎ 4 智恵子.明日香.もとこ.なつき.
酒蔵の路地にほろ酔ひ寒仕込み 智恵子 3 素秀.みきお.ふさこ.
大甕の上澄みを汲む若出水 素秀 3 むべ.紫陽花.ふさこ.
遠山の並ぶ風車や初景色 素秀 2 満天.こすもす.
詠初の十七文字や天仰ぐ たか子 2 智恵子.せつ子.
老妻へ感謝の御慶声大なり 宏虎 2 満天.小袖.
四日はや靴音高しサラリーマン 満天 2 千鶴.ぽんこ.
ごまめ噛む歯の真白きや三歳児 もとこ 2 あひる.こすもす.
虫眼鏡なければ読めぬ年賀状 せいじ 2 董雨.うつぎ.
検査後の熱き珈琲四日かな なつき 2 明日香.かかし.
三兄妹のままごと遊び三が日 なつき 2 董雨.うつぎ.
繰り返す綾取りやっとバイバイす こすもす 2 あひる.みきえ.
黒豆もぐつたりだれて三日明け たかを 1 凡士.
手に破魔矢帰宅せし夫機嫌よし みきえ 1 豊実.
煮込まれしスープの湯気も香も満ちて あひる 1 たかを.
田作りをまだ噛める歯に喜びを 満天 1 なつき.
膝に乗る猫の体温吹雪く夜 こすもす 1 はく子.
案の定うたた寝したる四日かな たか子 1 豊実.
コロナ禍の回し飲み止む屠蘇祝 ぽんこ 1 宏虎.
静かにね正月の犬注意され たかを 1 もとこ.
湯気吹きてケトルの笛のけたたまし あひる 1 みきえ.

1月4日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
みな去りて珈琲旨し三日かな もとこ 7 千鶴.むべ.はく子.明日香.凡士.かかし.うつぎ.
風花や湯に触れて消ゆ露天風呂 宏虎 5 董雨.隆松.あひる.ふさこ.こすもす.
駅弁を一つ窓辺に冬の海 智恵子 4 みきえ.豊実.たかを.小袖.
箱根路を駆ける若人雪の富士 みきえ 4 せいじ.満天.智恵子.みきお.
除夜の鐘撞きし余韻や雪の舞ふ はく子 3 智恵子.ぽんこ.こすもす.
白き獅子舞ひて賑わう中華街 智恵子 3 みきお.たか子.小袖.
年新た犬の寝床の守り札 たかを 3 素秀.はく子.凡士.
初日記楷書で記す一日目 満天 3 せいじ.なつき.明日香.
神社へと笹鳴きの径登り行く こすもす 3 豊実.あひる.かかし.
水鏡樹冠貫く初日の出 豊実 2 たかを.ふさこ.
朝日差す軒に賑はふ寒雀 満天 2 むべ.なつき.
開け閉めに少しゆるみし注連飾り たか子 2 素秀.ぽんこ.
七秒差繋げぬ襷冬駅伝 みきえ 2 千鶴.もとこ.
駅伝を見終へて始動年初め せいじ 1 宏虎.
振り分けてじつくりと読む賀状かな せいじ 1 たか子.
神域ヘ神鼓高鳴る松の内 宏虎 1 あられ.
年玉をそれぞれ胸に子らの寝し 素秀 1 董雨.
ラガーらの死闘の果ての歓喜かな 凡士 1 うつぎ.
生駒嶺の裾野延びたる初景色 たか子 1 宏虎.
初凧のほつ枝に遺し人去ぬる むべ 1 もとこ.
天色を映す雪野や谷戸の晴 隆松 1 あられ.
買ひ過ぎた食材溢る三日かな 明日香 1 満天.
急カーブよろける二人初電車 たかを 1 みきえ.

1月3日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
初詣で迷子をあやす婦警さん 智恵子 5 董雨.たかを.あられ.千鶴.たか子.
雑煮椀幾代伝ふ黒漆 千鶴 4 あひる.かかし.せつ子.ふさこ.
皿盛りの仕上げに一枝実千両 あひる 4 豊実.みきえ.満天.こすもす.
風に乗る鳥も初富士見はるかす むべ 4 素秀.はく子.もとこ.紫陽花.
大人びし孫の手借りて初詣 たか子 3 明日香.せいじ.隆松.
初春や光る銀翼一直線 みきえ 3 むべ.あひる.せつ子.
賜りし長寿に感謝初日の出 宏虎 3 はく子.明日香.かかし.
大漁旗掲げ出港出初式 智恵子 3 満天.千鶴.みきお.
浅き夢さざなみのごと宝船 素秀 3 智恵子.もとこ.みきお.
ポチ袋九つ用意する二日 なつき 2 ぽんこ.こすもす.
御慶の如く参道に鳴く鴉かな こすもす 2 素秀.たか子.
初詣磴百一気に兄卒寿 はく子 2 みきえ.なつき.
子供からお年玉とは夢かしら 明日香 2 ぽんこ.凡士.
出汁しむる焦げ目の甘き雑煮餅 豊実 2 むべ.せいじ.
漣の立ちし神池初詣 こすもす 2 智恵子.紫陽花.
大護摩の瓔珞焦がさん修正会 はく子 2 あられ.ふさこ.
二年振り子供交えてお正月 明日香 1 なつき.
初売りの家族総出のスーパーに 満天 1 宏虎.
彼からと知れる手書きの年賀状 せいじ 1 豊実.
また一人今日も去り行く鏡餅 ぽんこ 1 凡士.
ひとつひとつ黒豆好きや四歳児 もとこ 1 たかを.
凧揚げに孫と興ずる二日かな 千鶴 1 董雨.

1月2日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
古都巡る母と初乗り人力車 智恵子 7 豊実.みきえ.董雨.はく子.明日香.ぽんこ.なつき.
黒潮を臨む岬に初松籟 素秀 6 豊実.宏虎.智恵子.ぽんこ.紫陽花.ふさこ.
明星を残し山家の初明り 素秀 6 たか子.満天.明日香.なつき.凡士.あられ.
うたた寝を起こし起こされ去年今年 なつき 5 たかを.せいじ.むべ.凡士.もとこ.
金箔の黒豆摘む祝い箸 豊実 5 みきえ.こすもす.素秀.千鶴.紫陽花.
除夜会へと行燈明かりの石畳 はく子 3 こすもす.素秀.ふさこ.
初御空どうだとばかり鴉鳴く たかを 3 たか子.せいじ.あひる.
うつすらと屋根に雪積む今朝の春 せいじ 3 満天.かかし.あられ.
思いかけず孫より貰ふお年玉 ぽんこ 2 むべ.菜々.
まな板に蟹の甲羅や寒厨 たか子 2 董雨.千鶴.
ずわい蟹バイト仕込みの子の捌き せいじ 2 はく子.あひる.
50年会わず仕舞の年賀状 宏虎 1 もとこ.
里帰りの子と二人入る初湯かな なつき 1 菜々.
人人人江ノ島からの初日の出 董雨 1 智恵子.
おめでたう水の地球よISS 凡士 1 たかを.
霜晴やなぞへ煌めく朝日燦 明日香 1 かかし.
令和四年幕開け除夜の鐘を撞く はく子 1 宏虎.

1月1日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
いく筋も杣の煙や山眠る あひる 6 豊実.たかを.せいじ.なつき.明日香.むべ.
寒風にブレークダンスの濯ぎもの はく子 5 たかを.満天.あひる.ぽんこ.千鶴.
金婚の二人黙して晦日そば たか子 5 素秀.宏虎.あられ.もとこ.なつき.
目瞑りて大晦日の仕舞風呂 せいじ 4 素秀.満天.かかし.うつぎ.
古時計遅れを正す大晦日 むべ 3 豊実.こすもす.みきえ.
海光のひときは眩し宝船 千鶴 3 智恵子.董雨.もとこ.
紅白の知らぬ曲ばかり大晦日 千鶴 2 宏虎.董雨.
除夜の鐘間合ひに落ちる夢の中 素秀 2 智恵子.たか子.
鰐口の余韻を残し昨年今年 素秀 2 はく子.ふさこ.
蕎麦すする遠鐘聞きて年納め 智恵子 2 ぽんこ.千鶴.
比叡山風も切り裂く除夜の鐘 宏虎 2 ふさこ.みきえ.
キッチンにさする腰痛大晦日 ぽんこ 2 凡士.うつぎ.
また一打昭和の翳む除夜の鐘 凡士 1 かかし.
除夜の鐘聞きつ感謝の蕎麦すする 智恵子 1 あられ.
山峡の冬霧纏ふくつな石 明日香 1 あひる.
宿り木を四つ纏ひておしやれな木 あひる 1 明日香.
我が車庫はよその落葉の吹き溜り せいじ 1 凡士.
牡蠣貰ふ重ねて貰ふ至福かな みきえ 1 せいじ.
年越せばさらに遠のく昔事 たかを 1 たか子.
駅降りて歩くは一人大晦日 みきえ 1 むべ.
散歩道猫には会えぬ寒波かな たかを 1 こすもす.
大晦日子が淹れくれしハーブティー なつき 1 はく子.

12月31日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
瑕疵ひとつ無き凍空を鳶の笛 素秀 5 宏虎.せいじ.ふさこ.かかし.千鶴.
二日目の孫打ち解けし年の暮 せいじ 5 むべ.あひる.智恵子.はく子.こすもす.
しあわせと母ひとことの園小春 あひる 5 智恵子.素秀.みきお.たか子.みきえ.
あとにする郷の雪山鳶の笛 あひる 3 たかを.みきお.凡士.
数へ日や余白の多き手帳閉づ 凡士 3 豊実.もとこ.ぽんこ.
軍手して丸める餅の柔らかき 千鶴 2 凡士.なつき.
寒波来るハープのやうな等圧線 凡士 2 あひる.こすもす.
気嵐に顔出す島や瀬戸の凪 智恵子 2 せいじ.かかし.
恙なく夫婦揃ひて年惜しむ 宏虎 2 むべ.あられ.
買ひ忘れ有りや無しやと小晦日 みきえ 2 明日香.うつぎ.
寂光を纏ひ翅伏す冬の蝶 素秀 2 ふさこ.千鶴.
木枯しや庭の清掃追ひつかず せいじ 1 明日香.
陸軍墓地行く手を阻むピラカンサ ぽんこ 1 もとこ.
洋風に人参グラッセお節とし たか子 1 あられ.
小包のつぎつぎに来て小晦日 むべ 1 なつき.
着膨れて母の形見の指輪嵌む みきえ 1 たか子.
嘴鳴らし枝から枝へ鶲来る みきお 1 たかを.
就農の苦労話を聴く晦日 たか子 1 素秀.
ビニールハウスの反射の眩し冬菜畑 こすもす 1 董雨.
もやい綱伸び縮むする冬渚 みきお 1 満天.
コロナ禍の非常なる日々日記果つ 千鶴 1 うつぎ.
送りきしおせち料理の美しく 董雨 1 宏虎.
漕ぎいでよいつか会えると冬銀河 もとこ 1 満天.
手分けして家族で済ます煤払 満天 1 はく子.
ひと臼はうるちを混ぜた「ねこ餅」に 明日香 1 ぽんこ.
餅つきも止めて何年一人住む はく子 1 みきえ.
退院の友の知らせや年詰まる なつき 1 豊実.

過去一覧

2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site