成績一覧

過去一覧

11月29日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
仰向けになりて糶らるる松葉蟹 凡士 9 豊実.智恵子.あられ.菜々.ぽんこ.明日香.はく子.なつき.せつ子.
ほの昏き湖に小舟や寒蜆 凡士 6 豊実.せいじ.智恵子.董雨.明日香.千鶴.
色添へて四方の山の眠り初む 満天 5 董雨.菜々.こすもす.凡士.もとこ.
一燭の明るき待降節に入る むべ 4 あひる.せいじ.素秀.せつ子.
激つ瀬も手練れの櫓捌き紅葉燃ゆ はく子 3 隆松.あられ.千鶴.
冬帽子福耳消えてうさぎ耳 もとこ 2 宏虎.はく子.
遠景の山々すっぽり初冠雪 こすもす 2 満天.ぽんこ.
熊笹の音の高きや冬の雨 素秀 2 むべ.もとこ.
柿の種手摺りに鳥の置きみやげ 智恵子 2 むべ.なつき.
ぶるるっと犬が首降る落葉かな 豊実 2 たかを.凡士.
初雪の薄しと伊吹に朝日差す 隆松 1 満天.
一日中庭に出ていて風邪心地 明日香 1 こすもす.
地滑りの痕をなだるる落葉かな せいじ 1 あひる.
初雪や回覧板をお隣に こすもす 1 たかを.
逆光のスマホに影や浮寝鳥 隆松 1 素秀.
水路閣もみぢの雅南禅寺 智恵子 1 宏虎.

11月28日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
四歳のマリヤの声や聖夜劇 あひる 7 たかを.せいじ.智恵子.素秀.せつ子.もとこ.凡士.
星一つ布の聖樹に縫ひつけり むべ 5 豊実.素秀.あひる.なつき.はく子.
古民家の深き庇に干大根 かかし 5 千鶴.宏虎.あられ.むべ.ぽんこ.
潜る輪の付かず離れず二羽の鳰 豊実 4 かかし.もとこ.うつぎ.明日香.
鉄塔の映る河口や冬夕焼 なつき 4 豊実.たかを.みきお.ぽんこ.
縄張りを守りて鷹の空統べる 宏虎 2 せつ子.かかし.
倒木の谷また谷や冬ざるる せいじ 2 隆松.むべ.
掘割に緋鯉と競ふ散紅葉 凡士 2 あひる.はく子.
障子貼りおぼゆる母の割烹着 もとこ 2 千鶴.智恵子.
日に幾度現れては消える時雨雲 明日香 2 満天.こすもす.
戸を繰れば土間かけ抜ける落葉達 智恵子 2 こすもす.明日香.
宇宙より届く列島紅葉色 智恵子 1 宏虎.
身に入むや伴侶の喪中てふ便り 凡士 1 せいじ.
湯ざめしてパソコンのメール返信す 満天 1 なつき.
冬ざれや栄枯を偲ぶ城の跡 かかし 1 みきお.
お城下も天守も包む小六月 たか子 1 うつぎ.
木枯らしにパパを走らすよういドン たかを 1 あられ.
国道を跨ぎ二重の冬の虹 こすもす 1 満天.
冬ぬくし子はすくすくとスマホ中 はく子 1 凡士.

11月27日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小春日やリハビリ終へて廻り道 満天 5 音吉.なつき.かかし.凡士.明日香.
金髪の代継も連れ松手入れ こすもす 4 千鶴.ぽんこ.せつ子.もとこ.
あかつきの小さき咳や四人部屋 むべ 4 千鶴.はく子.たかを.あられ.
川涸れて一筋となる堰の水 せいじ 4 隆松.たか子.宏虎.なつき.
耳遠き二人肩寄せ小六月 なつき 4 豊実.あひる.もとこ.むべ.
母の句を母へ読みあげ冬ぬくし あひる 4 隆松.智恵子.満天.凡士.
残り柿穫る人もなき過疎の郷 凡士 3 豊実.音吉.みづき.
棉虫の漂へるのみの無重力 宏虎 3 素秀.ふさこ.こすもす.
錦繍を垣間見せをる杉美林 せいじ 2 ふさこ.ぽんこ.
紅葉散る茶屋の床几に緋毛氈 凡士 2 宏虎.満天.
湧水に踊る砂金と落葉かな 智恵子 2 せいじ.こすもす.
小流れの落葉に稚魚の見え隠れ 智恵子 2 あられ.みづき.
コンテナの大根山積み漬物屋 素秀 2 はく子.なおこ.
雲切れてプリズムのごと冬日射す せつ子 2 せいじ.明日香.
少しだけ本音伝へる帰り花 みづき 1 たか子.
白雲のゆっくり動く冬木の芽 ぽんこ 1 あひる.
風強き冬田の中の一軒家 みきお 1 むべ.
小さく揺れ落ち葉の道をシャトルバス みづき 1 たかを.
冬日燦日がな農事に明け暮れて 千鶴 1 かかし.
揚げたてを小皿に一つ牡蠣フライ 豊実 1 なおこ.
磐座に亀甲のひび冬桜 なつき 1 素秀.
果てしなき白一色の冬景色 みきお 1 智恵子.
大根炊く病みて泣く友温もれと もとこ 1 せつ子.

11月26日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
滑り台逆登る児ら寒風裡 うつぎ 8 智恵子.むべ.もとこ.こすもす.ぽんこ.たか子.董雨.凡士.
ビル風に舞ひて落葉のロンドかな 凡士 5 音吉.あひる.明日香.あられ.なつき.
丸刈りも五分刈りもある刈田かな せいじ 4 豊実.なつき.せつ子.千鶴.
手袋の白き残像憂国忌 もとこ 4 素秀.あられ.こすもす.凡士.
斎場のビニール傘や初時雨 豊実 4 たかを.もとこ.みきお.たか子.
砦めく合掌造りの雪囲ひ 凡士 4 隆松.宏虎.董雨.はく子.
阿蘇五岳白煙なびく初時雨 宏虎 3 音吉.智恵子.みきお.
綿虫来淋しくなったこの庭へ 明日香 3 せいじ.あひる.むべ.
玉葱植うエールと聞こゆ鳶の笛 千鶴 3 たかを.せつ子.はく子.
寺小春木漏れ日に笑む百羅漢 なつき 2 満天.みづき.
寒月夜遠吠へに増す郷恋し 智恵子 1 豊実.
トナカイの登場園の冬じたく あひる 1 せいじ.
冬帽に肩に香煙擦り込ませ なつき 1 明日香.
絵の多し病棟にゐて小六月 むべ 1 ぽんこ.
水涸るる事無く井戸の暗さかな たか子 1 千鶴.
久々のおしゃべり小春のカフェテラス はく子 1 みづき.
パンプキンパイの真中に絵のかぼちゃ あひる 1 素秀.
ドラえもんと並びてピース七五三 こすもす 1 満天.
アルプスを縄張りにし鷹一羽 宏虎 1 隆松.
朝日差すもみづる山の稜線に せいじ 1 宏虎.

11月25日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝市の姥と掛け合ふ蕪漬 凡士 10 ぽんこ.たかを.豊実.素秀.あられ.董雨.こすもす.明日香.うつぎ.千鶴.
野地蔵に蓑笠着けて冬支度 智恵子 9 ぽんこ.隆松.豊実.なつき.あられ.もとこ.みづき.みきお.せつ子.
よく肥えし赤子の笑ふ小春かな なつき 5 智恵子.宏虎.むべ.せいじ.明日香.
能登の涯海の果てより冬来る 凡士 4 宏虎.みづき.小袖.はく子.
落ち葉して彩重ねけり裏参道 もとこ 4 たかを.菜々.こすもす.はく子.
釣人の後ろ離れぬ冬鴎 素秀 3 たか子.満天.せいじ.
短日や買ひ忘れたるものひとつ こすもす 3 あひる.凡士.うつぎ.
湖涸れてあらはとなるや穴太積 隆松 3 たか子.あひる.千鶴.
孫説くや紅葉の科学さんぽ道 あひる 2 むべ.せつ子.
街路樹の裸木続き空広し 明日香 2 なつき.もとこ.
と見る間に大皿は空カキフライ あひる 1 凡士.
冬の月朝刊取りに出て仰ぐ 明日香 1 満天.
湯豆腐の湯気立つ先の笑顔かな みきお 1 素秀.
榧の木に杖を預けて実を拾ふ むべ 1 小袖.
園児らが育みたりし賞の菊 せつ子 1 智恵子.
川に向く高き城壁鵙猛る なつき 1 菜々.
一年半ぶりの孫らと牡蠣フライ せいじ 1 董雨.
笹鳴きと見れば小枝に百舌一羽 智恵子 1 みきお.

11月24日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山城の天守浮かせる冬霞 素秀 7 隆松.あられ.なつき.たかを.千鶴.せつ子.紫陽花.
老猫の目を細めつつ日向ぼこ みきお 6 満天.宏虎.むべ.たかを.凡士.せつ子.
明烏冬月落つにけたたまし 隆松 3 たか子.もとこ.紫陽花.
七五三案内の巫女の拡声器 豊実 3 たか子.智恵子.素秀.
露天湯へ寒灯てらす磴の径 凡士 3 豊実.せいじ.明日香.
熱燗や量産の句を皆忘る うつぎ 3 隆松.むべ.千鶴.
画材にと虫喰ひ選ぶ柿落葉 凡士 3 こすもす.素秀.明日香.
名にし負ふ京の湯豆腐人の列 せいじ 2 こすもす.あひる.
釣り人の並ぶ勤労感謝の日 なつき 2 せいじ.みきお.
校舎よりコーラス洩るる紅葉山 せいじ 2 豊実.みきお.
パソコンはオフに勤労感謝の日 素秀 2 智恵子.なつき.
冬の蝕缺けゆく月を君見しや 千鶴 1 あられ.
地に落ちて又舞ひたがる落ち葉かな たか子 1 ぽんこ.
灯瞬くごとし南京櫨紅葉 あひる 1 凡士.
朝霧のすっぽり包む峡の村 みきお 1 宏虎.
笹鳴きや余りに寂しと御陵道 たか子 1 もとこ.
初産を迎へ勤労感謝の日 千鶴 1 あひる.
世俗には染まらぬ白さ冬薔薇 もとこ 1 満天.
川面へと散華のごとし枯葉散る 満天 1 ぽんこ.

11月23日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
冬山の馬の背なぜて雲の影 せつ子 7 豊実.隆松.たかを.素秀.ぽんこ.うつぎ.むべ.
小流れに堰を築けり草紅葉 むべ 6 豊実.智恵子.たかを.明日香.凡士.あひる.
紅葉降る浅瀬に鷺の忍び足 豊実 6 はく子.智恵子.もとこ.こすもす.千鶴.むべ.
田圃鋤く今日も勤労感謝の日 凡士 5 満天.あられ.もとこ.みきお.せつ子.
茅葺の山家に落葉挿さりけり 素秀 4 隆松.せいじ.こすもす.あひる.
柚子風呂に鼻唄の母上機嫌 智恵子 3 たか子.凡士.せつ子.
鈴の緒のまだ振れぬまま神の留守 ぽんこ 2 宏虎.なつき.
なすべりそ声かけ楽し落葉道 あひる 2 満天.はく子.
大根切る夕餉仕度の音高し 満天 1 千鶴.
老人会の余興は三味線冬ぬくし こすもす 1 みきお.
冬銀河音した如し錯覚す 宏虎 1 素秀.
本心を語れず帰る星月夜 みきお 1 たか子.
冬たんぽぽ丸き穂絮のふるへけり なつき 1 小袖.
朝刊の嵩のちらしや師走来る 満天 1 明日香.
地のみかん賞品にしてクイズかな 明日香 1 小袖.
たたまれて氷雨にならぶショベルカー あひる 1 せいじ.
沈む鳰水尾引く鳰や阿蘇の海 凡士 1 あられ.
勤労感謝の日会ふ人も無き暇一日 宏虎 1 なつき.
北風にそびら(背)押されて歩きけり みきお 1 宏虎.
太鼓橋入れて撮りたや紅葉苑 智恵子 1 うつぎ.
尼寺の石仏朽ちて冬ざるる たか子 1 ぽんこ.

11月22日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
六十四年結婚記念菊薫る 宏虎 10 せいじ.智恵子.はく子.あひる.満天.小袖.ぽんこ.凡士.千鶴.せつ子.
雪吊りの匠の技を見惚れをり 凡士 4 宏虎.智恵子.こすもす.千鶴.
海街の坂登りきり柿花火 もとこ 4 むべ.せいじ.明日香.あられ.
着ぶくれの影が先ゆく句作かな せつ子 3 素秀.ぽんこ.なつき.
太子像肩に睦まじ冬燕 素秀 3 もとこ.たか子.なつき.
残月冴ゆ兎模様のあらはなり 隆松 3 宏虎.もとこ.みきお.
訥々と話すあるじや室のはな せつ子 3 豊実.素秀.あられ.
にごり湯の時雨落つればなほ白く むべ 3 豊実.あひる.せつ子.
異常なし再検査終え冬うらら 豊実 1 凡士.
寒雀小首かしげて庭の畑 智恵子 1 こすもす.
とびとびに池塘を囲む石蕗黄なり せいじ 1 満天.
落葉松に夕日射しきて霧幽か 凡士 1 隆松.
笑顔して枯葉蹴散らす幼子ら 満天 1 たかを.
せせらぎのリズムに和して実むらさき せいじ 1 たか子.
祀られて寒し狸の源九郎 素秀 1 小袖.
天体ショー終えて輝く冬の望 はく子 1 明日香.
シャンパンは子供用なりミニ聖樹 智恵子 1 みきお.
七五三慣れたポーズでピースかな たか子 1 たかを.
ベランダにふくら雀のデートらし あひる 1 むべ.
カメラ四台小さきスターの七五三 なつき 1 はく子.

11月21日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
落葉踏む音谺せりビル谷間 凡士 6 隆松.なつき.はく子.あられ.せいじ.みきお.
夕映への車窓に展ぐ牡蠣筏 凡士 5 豊実.宏虎.智恵子.明日香.むべ.
枯れ蓮の音の乱れて通り雨 素秀 5 たかを.豊実.あられ.あひる.千鶴.
茶の花へ日ざし優しき尼の寺 なつき 4 はく子.せいじ.あひる.みきお.
月蝕にあらわとなるや寒昴 隆松 3 素秀.ぽんこ.こすもす.
立ち枯れと見えて根を張る風倒木 たか子 3 満天.ぽんこ.ふさこ.
黄落の欅通りや見守り隊 こすもす 2 たかを.もとこ.
天井画へ届かんばかり聖樹立つ 素秀 2 なつき.せつ子.
入念に神棚を拭く神の留守 みきお 2 たか子.智恵子.
逸る蝶そよぐ冬菜に群なして たかを 2 紫陽花.むべ.
浮寝鳥日射す隠沼黙の景 智恵子 2 紫陽花.こすもす.
果てしなき黄金の並木銀杏散る むべ 2 隆松.満天.
冬ざれや訃報はいつも突然に 千鶴 2 せつ子.凡士.
捨てがたき彩り深き柿落葉 満天 1 明日香.
冬温しそれとはなしに回り道 たかを 1 ふさこ.
小松菜の名を疑いし太さかな あひる 1 凡士.
伊吹峰の影ある湖や寒昴 隆松 1 千鶴.
蝕去りて孤高を保つ冬の月 せいじ 1 もとこ.
此処に来て余白うまりし古暦 もとこ 1 たか子.
冬木立静寂の中に奥の院 明日香 1 宏虎.
外遊びしたいと絵馬や七五三 なつき 1 素秀.

11月20日 (投句22名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ガラス戸に孫の手の跡冬温し あられ 6 むべ.智恵子.みきお.ぽんこ.こすもす.うつぎ.
蝕戻る月皓々と冬の天 はく子 5 豊実.こすもす.小袖.千鶴.うつぎ.
満月へと戻りて今し月冴ゆる こすもす 3 隆松.なつき.もとこ.
月蝕の夜のボジョレーヌーボー かな 素秀 3 宏虎.あひる.千鶴.
白波へ落ちゆく棚田冬立ちぬ 凡士 3 隆松.たか子.明日香.
二刀流貫き栄誉冬銀河 千鶴 3 満天.ぽんこ.せつ子.
マスクからはみ出す笑顔久の句座 うつぎ 2 あひる.なつき.
蝕去れば上空凛と冬の月 せいじ 2 宏虎.満天.
頬染めて初恋の君照紅葉 たかを 2 みきお.凡士.
冬月や沈影濃しと竹生嶋 隆松 2 むべ.小袖.
手で掬い散らす落葉や滑り台 豊実 2 たかを.あられ.
冬菊の色競ひをり地蔵尊 満天 2 凡士.もとこ.
新豆腐水よし豆よし腕もよし みきお 1 せつ子.
下校子に手を振る僧や落葉焚 智恵子 1 せいじ.
冬満月玄関出たり入ったり こすもす 1 豊実.
寒月の陰に我有り月の蝕 たか子 1 あられ.
室生寺の紅葉散り敷く鎧坂 明日香 1 たか子.
月蝕の闇にコートの溶け込めり むべ 1 明日香.
みかん盛り上げて女子会始まりぬ あひる 1 たかを.
遠い空月蝕ありて冬に入る 宏虎 1 素秀.
日時計の針伸び折るる小春かな なつき 1 素秀.
暗赤の地球の影見ゆ寒の月 凡士 1 智恵子.
向かひ風かわし飛び立つ冬の蝶 みきお 1 せいじ.

11月19日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
新藁に仲良く眠る牛と猫 智恵子 8 たかを.宏虎.みきお.ぽんこ.千鶴.せつ子.はく子.うつぎ.
新米を掬う手のひらほの温き みきお 6 せいじ.なつき.紫陽花.凡士.もとこ.せつ子.
プリンタのインク買ひ足す冬支度 せいじ 4 隆松.宏虎.こすもす.はく子.
どんぐりを手に手に唄ふ園児どち せつ子 4 あられ.小袖.みきお.明日香.
楽しげな足跡のこるカーペット あひる 3 たかを.むべ.凡士.
しぐれてもなほ極彩を中華街 凡士 3 素秀.小袖.こすもす.
冬耕や微妙に曲がる畝となり 千鶴 2 たか子.あひる.
山肌に雲縫ひ届く冬朝日 隆松 2 満天.明日香.
湖静や峰に冬月上る頃 隆松 2 むべ.うつぎ.
穴空きをお面と当つる朴落葉 うつぎ 2 素秀.ぽんこ.
日記買う表紙は藍と決めている 2 たか子.豊実.
遊具のみ風に揺られて冬夕焼 素秀 2 智恵子.なつき.
行く人をしばし留めおく落葉風 むべ 2 豊実.せいじ.
蹲踞に水漬き鎮もる散紅葉 せいじ 2 紫陽花.あひる.
小春日の公園集ふ車椅子 満天 1 董雨.
何にする問へば鍋もの夫答ふ たか子 1 千鶴.
冬ざれの空へ一声カラスかな たかを 1 あられ.
地獄絵も極彩色や冬の色 宏虎 1 もとこ.
七五三絵馬は元気に名前書き なつき 1 智恵子.
木枯の開けろと聞こゆ窓の音 素秀 1 隆松.
隊列のヘリコプターや秋うらら せつ子 1 董雨.

11月18日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
居並びて糶場の屋根に冬鷗 凡士 7 たかを.智恵子.満天.みきお.なつき.明日香.むべ.
若返るダウンベストは娘のおふる あひる 4 豊実.こすもす.千鶴.うつぎ.
背中の子を落葉に降ろし小休止 豊実 4 せいじ.あひる.たか子.なつき.
カリヨンの流る小春の街を往く 凡士 4 宏虎.素秀.もとこ.せつ子.
筆談の読めぬ父の字冬灯 なつき 4 邑.あひる.隆松.ぽんこ.
金継ぎの湯呑みの厚し今朝の冬 素秀 3 あられ.もとこ.ぽんこ.
二つ三つレシピ聞きつつ柚子をもぐ あひる 3 こすもす.千鶴.なおこ.
カラカラと空濠駈くる風落葉 せつ子 2 なおこ.むべ.
届く日に冬霧赤し谷の朝 隆松 2 豊実.あられ.
小春日やズラリと亀の甲羅干し こすもす 2 満天.せつ子.
冬霧の湧くも離れじ谷の朝 隆松 2 紫陽花.明日香.
香具師の子は枝でちやんばら七五三 なつき 2 たかを.せいじ.
膝掛けを肩にも掛けて車椅子 智恵子 2 みきお.凡士.
順々に棚田を巡る落し水 みきお 1 智恵子.
よたよたと羽化の冬蝶無音界 宏虎 1 邑.
冬ばらの咲かぬ覚悟のある如く たか子 1 うつぎ.
園児らの赤白帽や小六月 こすもす 1 素秀.
蕪蒸し母の味には今一歩 もとこ 1 隆松.
紅葉散り色彩混じる川の底 宏虎 1 紫陽花.
次々と闇の膨らむ落し水 みきお 1 たか子.
たそがれの路地を曲がれば花八手 素秀 1 凡士.
冬花壇新しき土艶めけり 明日香 1 宏虎.

11月17日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
園児らの渡る飛び石小春かな 凡士 5 宏虎.満天.むべ.みきお.なおこ.
街道の戸ごとに並ぶ菊の鉢 菜々 4 あひる.隆松.なつき.明日香.
ゴトゴトと登るトロッコみかん山 智恵子 4 こすもす.みきお.うつぎ.凡士.
ゆく川の底くれないに散紅葉 満天 4 せいじ.たか子.なつき.あられ.
園丁の手もと小春の土香る あひる 3 たかを.せいじ.素秀.
這ひ登るにつれて照り増す蔦紅葉 隆松 3 菜々.満天.千鶴.
小春日やお散歩カーから手を振られ むべ 3 菜々.うつぎ.もとこ.
蹲踞の底に層なす散紅葉 せいじ 3 豊実.むべ.せつ子.
行厨を覗きみる如冬の蝶 こすもす 3 宏虎.ぽんこ.明日香.
野仏の賽銭飛ばす秋嵐 みきお 3 あひる.ぽんこ.たか子.
繕ひもの小春日和の縁に座し 菜々 2 凡士.千鶴.
宮小春御朱印受くる誕生日 なつき 2 素秀.もとこ.
銀杏のごろごろ飯や峠茶屋 智恵子 2 たかを.あられ.
女性皆にやり至福の焼藷屋 宏虎 1 せつ子.
赤色をきれいに残し枯れ紫陽花 明日香 1 豊実.
開かずの間縁に冬日の柔らかに たか子 1 智恵子.
紅葉の茶室を訪ぬる苔の道 ぽんこ 1 隆松.
公園の芝生彩る散紅葉 満天 1 こすもす.
見事なる山の綾なす冬紅葉 宏虎 1 智恵子.
園の薔薇いろとりどりに小春の陽 あひる 1 なおこ.

11月16日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ヒーローの面つけ帰る七五三 なつき 7 豊実.満天.はく子.みづき.たかを.ぽんこ.せいじ.
枯野道ねこ車押す影長し 明日香 6 素秀.なつき.みきお.むべ.たか子.せいじ.
肩揉めば背中に長き木の葉髪 素秀 4 なつき.むべ.凡士.あられ.
貸畑の所狭しと冬菜萌ゆ はく子 4 なおこ.明日香.千鶴.たか子.
冬紅葉川面の空に紅散らす 満天 4 宏虎.はく子.たかを.明日香.
定年のなき老菊師無口なり みきお 3 素秀.もとこ.せつ子.
形見なる父の手紙や冬の星 みづき 3 みきお.ぽんこ.あひる.
味噌汁や庭の小蕪をドンと入れ たかを 2 豊実.菜々.
錦木を眼下に小便小僧像 素秀 2 あひる.あられ.
山門を額と見做すや紅葉撮り 隆松 2 満天.凡士.
七五三こけるもシャッターチャンスかな なつき 2 なおこ.こすもす.
放棄田の思い思いの草も枯れ 明日香 2 隆松.もとこ.
冬麗の空へ皇帝ダリア伸ぶ せいじ 2 隆松.せつ子.
大原の畔にぽつりと残り柿 凡士 2 智恵子.みづき.
秋夕日すとんと落ちる日本海 みきお 1 菜々.
薄明のしづけき青の十一月 むべ 1 千鶴.
カラフルに境内の隅菊花展 こすもす 1 宏虎.
散る黄葉夕陽に映える古墳山 たかを 1 こすもす.
カメラへとポーズ決める子七五三 こすもす 1 智恵子.

11月15日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
あどけなき四冠の棋士や菊薫る せいじ 6 宏虎.智恵子.あられ.満天.せつ子.ぽんこ.
月と星入れてしばしの冬夕焼 はく子 5 せいじ.たか子.あひる.こすもす.凡士.
袴着の雪駄引きずり七五三 素秀 4 宏虎.せつ子.ぽんこ.千鶴.
畑仕事終わりに鍬と蕪洗ふ みきお 4 はく子.なつき.あひる.むべ.
日の入りの遅き離島や冬夕焼 もとこ 3 隆松.なつき.みきお.
七五三袴すそより光る靴 なつき 3 智恵子.あられ.満天.
電飾の灯りて華やぐ冬木立 智恵子 2 みきお.みづき.
月冴えて夜より黒きヒマラヤ杉 むべ 2 素秀.こすもす.
帰国子の社に怯え七五三 凡士 2 素秀.むべ.
冬蝶の風に煽られ消えにけり みきお 2 せいじ.豊実.
彩窓にはりつく桜紅葉かな せいじ 2 豊実.明日香.
大銀杏散り敷く黄葉日を包み 満天 2 みづき.千鶴.
小春日や仁王に草履奉納す 凡士 1 明日香.
民宿の襖で仕切る泊客 豊実 1 凡士.
日当たりて山裾までの冬田かな 明日香 1 たか子.
池小春鯉はゆるりと向きを変へ 満天 1 たかを.
稲架襖温もりに放つ日の匂ひ 智恵子 1 はく子.
踏み入るや逆さ紅葉の隠沼へ 隆松 1 たかを.

11月14日 (投句20名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
わたぼこり焼くる匂ひや初炬燵 素秀 6 豊実.智恵子.みきお.あひる.凡士.むべ.
コンビニのレジに湯気立つおでん鍋 凡士 5 宏虎.満天.こすもす.董雨.なつき.
本棚に猫の居座る小春かな 素秀 4 たかを.凡士.なつき.むべ.
山襞を縫ふて鞍馬の初時雨 凡士 4 満天.あられ.みきお.千鶴.
窓拭きて部屋に取り込む小春かな 智恵子 3 豊実.あられ.はく子.
磨崖仏かんざしめきて藪椿 智恵子 3 もとこ.董雨.明日香.
柚子もぎて貰ふひととき和みけり あひる 2 せいじ.明日香.
顔までも泥んこになる蓮根堀り 宏虎 2 隆松.こすもす.
神の留守隠岐の漁り火ひっそりと 宏虎 2 智恵子.千鶴.
悪態の飛び交う茶席冬温し たかを 2 せいじ.あひる.
ビル街の馴染みの道ももみづれり もとこ 2 宏虎.はく子.
微笑仏に笑ひ誘はる冬うらら うつぎ 1 素秀.
百度石大蓑虫の揺れゐたり なつき 1 たかを.
色変へぬ松や古道の栄枯知る たか子 1 ぽんこ.
前山に目潰し食らふ秋夕焼 せいじ 1 たか子.
先様に送り添へたる実南天 千鶴 1 たか子.
冬夕焼堀の箆鮒見えぬほど むべ 1 隆松.
冬晴れや島より紀伊の街見ゆる 千鶴 1 素秀.
陽に映えてたわわに蜜柑揺るぎなし たかを 1 もとこ.
菊人形お花着てると子らが愛づ なつき 1 ぽんこ.

11月13日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
みかん剥く独居の部屋に香りけり みきお 5 あひる.もとこ.凡士.うつぎ.むべ.
火球過ぎ何事もなき冬銀河 素秀 5 たか子.智恵子.こすもす.せつ子.うつぎ.
阿羅漢の肩を撫でゐく神渡 素秀 5 隆松.あられ.ぽんこ.はく子.やよい.
寒暁に白寿の媼大往生 千鶴 4 宏虎.満天.董雨.せつ子.
いつまでもじっと蝶待つ帰り花 たかを 3 豊実.せいじ.ぽんこ.
北風と共に童謡灯油売り 満天 3 隆松.宏虎.凡士.
農に就く子の奮闘や花八つ手 たか子 3 たかを.満天.あられ.
古き良き回転木馬や木の葉舞ふ 凡士 3 たかを.素秀.千鶴.
その向こう海展けたる大枯野 こすもす 3 もとこ.やよい.なつき.
柿吊るす天空の郷五軒のみ 明日香 3 たか子.董雨.むべ.
鴉二羽組んず解れつ冬木立 むべ 2 せいじ.こすもす.
リクエストに応へ今宵はぶり大根 やよい 2 はく子.明日香.
初冬の日溜りに群れ磯雀 凡士 1 智恵子.
小春日や知らぬ小鳥の声のする 豊実 1 明日香.
迂回して妻に教はる柿花火 せいじ 1 豊実.
綿虫のふはふは飛ぶや雨上がり 満天 1 千鶴.
暇有れば読書にふける一葉忌 宏虎 1 あひる.
角部屋は今し落葉の吹き溜り 智恵子 1 素秀.
木枯らしが裏木戸ばたり閉めにけり 宏虎 1 なつき.

11月12日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鳴き場所を変えぬ一徹残る虫 むべ 6 あひる.豊実.智恵子.素秀.たか子.もとこ.
縁石にリュックの並ぶ落葉道 なつき 5 せいじ.宏虎.みきお.こすもす.むべ.
一陣の風に落つ葉の潔し 智恵子 3 千鶴.凡士.せつ子.
ガレージの車すれすれだいこ干す こすもす 3 隆松.明日香.なつき.
今宵聴かむ寂聴法話秋寂し やよい 3 あられ.満天.千鶴.
膝折りて仔牛三匹冬日中 なつき 3 たかを.智恵子.むべ.
無住寺の山門崩れ冬椿 みきお 2 董雨.ぽんこ.
風に乗り風に押される冬の霧 明日香 2 あひる.たか子.
海底に日の斑の揺らぐ小春かな もとこ 2 あられ.はく子.
膝ついて大根の太り確かめり 千鶴 2 豊実.ぽんこ.
時雨るるやボール重たきテニスコート ぽんこ 2 たかを.こすもす.
サイフォンの蒸らす香りや今朝の冬 凡士 2 せいじ.紫陽花.
蓮池や枯葉の風に揺るるのみ はく子 2 紫陽花.凡士.
晩年の武蔵のごとき枯蟷螂 凡士 2 宏虎.素秀.
と見る間に冬霧包む展望台 明日香 2 はく子.やよい.
冬帽のコロナマスクに手を振られ 満天 1 もとこ.
風邪ひきの父へ娘の焼くプリンかな あひる 1 やよい.
冬ぬくし一日娘の来る誕生日 せいじ 1 満天.
老いし母背負ふ銅像紅葉川 宏虎 1 みきお.
空家とて匂ひ変わらぬ金木犀 素秀 1 董雨.
ひとつひとつネット被せて柿干さる こすもす 1 明日香.
終業のチャイムの鳴りて日短 豊実 1 なつき.
秋夕陽おそろしきほど朱なりけり あひる 1 せつ子.

11月11日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
悪態を一つ覚えて七五三 素秀 6 隆松.たかを.智恵子.ぽんこ.もとこ.あられ.
うしろから落葉踏む音追ひ抜かれ みきお 4 豊実.宏虎.董雨.むべ.
笠雲を冠る富士山木守柿 智恵子 4 やよい.みきお.こすもす.なつき.
黒雲を焦がして釣瓶落としの日 はく子 3 せいじ.あひる.あられ.
空と海一色にして冬立てり 千鶴 3 素秀.あひる.なつき.
濡れて着く喪中のはがき初時雨 せいじ 3 はく子.満天.たか子.
穂すすきになでられて居る父母の墓 菜々 3 隆松.豊実.はく子.
白雲の流るる川面照紅葉 満天 2 みきお.明日香.
大漁旗立てて入港冬日向 宏虎 2 董雨.満天.
枯れ蟷螂負けてはおらんと云ふ構え たか子 2 菜々.こすもす.
鮒釣りの動かぬ浮きや冬隣 豊実 2 むべ.凡士.
一粒づつ雫のひかる実千両 満天 2 千鶴.せつ子.
小春日や 釈迦 も羅漢も頬ゆるめ はく子 2 菜々.もとこ.
山颪からから鳴らす凍み豆腐 智恵子 2 ぽんこ.やよい.
明日の晴れ信じて洗車冬の空 こすもす 2 智恵子.宏虎.
明日香村棚田に三つ藁の塚 明日香 1 凡士.
石蕗咲きて淋しき庭の華やげる ぽんこ 1 千鶴.
記念写真僧侶も入る庭紅葉 こすもす 1 素秀.
試着だけ乙女の花柄カーディガン あひる 1 たかを.
革ジャンが社務所を出でて緋袴に 凡士 1 せいじ.
寒菊や濡れそぼちつつ色増せり 千鶴 1 たか子.
枯色に尾根一面の芒原 素秀 1 明日香.
顔洗ふ水凛として今朝の冬 凡士 1 せつ子.

11月10日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
紅葉渓つなぐ吊り橋揺れ止まず 智恵子 6 明日香.みきお.たか子.たかを.なつき.やよい.
墨絵にも彩すこしのせ紅葉山 凡士 5 ぽんこ.ふさこ.こすもす.もとこ.なおこ.
紅白の小菊で市章菊花展 なつき 5 宏虎.智恵子.はく子.たか子.菜々.
寝静まる茅葺きの家星流る みきお 4 豊実.あられ.董雨.こすもす.
ときめきを隠して贈るシクラメン あひる 4 宏虎.満天.董雨.凡士.
牧閉じてあらはに山毛欅の遠木立 凡士 3 せいじ.たかを.やよい.
鳥居の上願い石置く冬帽子 明日香 3 素秀.満天.ぽんこ.
軽鴨の首伸び縮む日向ぼこ むべ 3 素秀.あひる.せつ子.
一晩で季節移ろふ時雨かな 千鶴 3 むべ.明日香.凡士.
気の病めく吾に妻のホットレモン せいじ 2 むべ.なつき.
馬止の傾く宿場冬ざるる たか子 2 みきお.菜々.
服一枚肩に重たし冬迎ふ 素秀 2 隆松.もとこ.
薄曇り杜の椎茸ほっこりと 豊実 2 あひる.千鶴.
ラッセルのエンジン始動冬隣り みきお 2 せいじ.せつ子.
海原や地球は丸し小春空 もとこ 1 あられ.
愛猫の大きな欠伸冬日向 宏虎 1 千鶴.
山茶花の静かな雨に色極め 満天 1 智恵子.
神の森まがきに積もる落葉時 ぽんこ 1 ふさこ.
北塞ぎ独り居の姉案じをり たか子 1 はく子.
軽トラに人数分とて長大根 こすもす 1 豊実.
音もなく庭木々濡らす初時雨 満天 1 なおこ.

11月9日 (投句22名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋さぶや解体を待つ観音像 素秀 5 更紗.たかを.小袖.明日香.なつき.
隣席に紅葉ひらりと浮見堂 むべ 5 あひる.せいじ.みきお.こすもす.明日香.
辻々の地蔵にほのと冬日差し たか子 4 満天.ぽんこ.みきお.なつき.
釣瓶落し沖に残照残りたり 凡士 4 たか子.宏虎.小袖.千鶴.
駒留も傾く宿場冬迎ふ たか子 4 むべ.素秀.もとこ.やよい.
教会の小窓に触れて冬の薔薇 智恵子 3 菜々.あひる.更紗.
長老の座る席あり秋祭り みきお 3 智恵子.うつぎ.凡士.
片言でコンビニおでん売る店員 素秀 3 たかを.豊実.やよい.
あと五分子ら待つ林檎のパンケーキ あひる 3 むべ.はく子.凡士.
灯台の螺旋階段空高し もとこ 3 せいじ.董雨.あられ.
陣敷かず思ひ思ひに朝の鴨 うつぎ 2 たか子.豊実.
神の留守十種のみくじ並びたる なつき 2 もとこ.千鶴.
ひらひらと別れを告げて冬の蝶 たかを 2 満天.せつ子.
紅葉川手を振る乗客遊覧船 ぽんこ 2 智恵子.宏虎.
白壁へ色鮮やかに冬紅葉 満天 2 董雨.あられ.
冬桜親鸞像の笠に降る なつき 1 ぽんこ.
モノレール三階ホームそぞろ寒 宏虎 1 こすもす.
寄道を断念したる時雨かな こすもす 1 菜々.
藤の実の裂けて八の字爽紅し やよい 1 せつ子.
木犀の花の屑にな気兼ねせそ せいじ 1 素秀.
味も香も小さきりんごや棗の実 はく子 1 うつぎ.
冬に入る予報通りの日本晴 せいじ 1 隆松.

11月8日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
重なりし亀なだれ落つ沼小春 あひる 9 たかを.はく子.あられ.もとこ.みきお.せつ子.凡士.うつぎ.明日香.
御朱印の達筆競ふ神の留守 宏虎 4 ぽんこ.素秀.もとこ.千鶴.
行厨の石の温もり小春かな 智恵子 4 あひる.ぽんこ.なおこ.せいじ.
胸薄く透けて阿国の菊人形 なつき 4 素秀.むべ.たか子.明日香.
行く秋を追ふて入江に波頭 凡士 3 豊実.みづき.せつ子.
いにしへの参道灯す烏瓜 うつぎ 3 満天.みきお.凡士.
讃美歌やオリーブ実る霊園に あひる 3 智恵子.むべ.董雨.
釣り人の鳴らすラジオや鴨来る 豊実 2 なおこ.なつき.
島めぐり橋また橋へ秋惜む もとこ 2 みづき.なつき.
鉄橋に紅葉列車の吐く煙 智恵子 2 せいじ.やよい.
石畳枯れ葉の音を遊びけり 明日香 2 豊実.たか子.
尼寺の垣根茶の花ひっそりと みづき 2 智恵子.こすもす.
タイガース惜敗となり冬に入る 千鶴 2 宏虎.はく子.
半世紀経し生家跡大花野 みきお 2 こすもす.やよい.
ドクターヘリ発つ釣瓶落しの峡へ 凡士 2 あひる.満天.
鳥の声微かに聞こゆ冬田かな たかを 1 宏虎.
色極め凜と立ちたる冬薔薇 満天 1 董雨.
大合唱コールコールと白鳥沼 隆松 1 うつぎ.
金髪の父の目立てり七五三 なつき 1 たかを.
うそ寒し宿場の旧家取壊し たか子 1 あられ.
杭のごと冬田に残る稲の株 せいじ 1 隆松.
ゆらゆらと指に触れさう冬の蝶 明日香 1 千鶴.

11月7日 (投句23名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
足つかぬ椅子で順待つ七五三 なつき 12 ぽんこ.豊実.たかを.智恵子.みづき.素秀.せいじ.あられ.こすもす.たか子.千鶴.やよい.
老いてなほ野球少年草紅葉 かかし 8 豊実.満天.智恵子.はく子.なつき.せいじ.こすもす.明日香.
角隠し渡る廊下や菊日和 智恵子 4 満天.宏虎.もとこ.なつき.
粗削りの木喰仏に照紅葉 かかし 2 あられ.なおこ.
冬隣勉強机の向きも変へ 菜々 2 隆松.凡士.
義経の騎馬像濡らす夕時雨 素秀 2 みきお.たか子.
虫籠窓西国街道冬迎ふ たか子 2 宏虎.もとこ.
行く秋に台場クヌギを伐る炭師 凡士 2 かかし.千鶴.
秋夕焼照柿色の家路かな むべ 2 素秀.あひる.
木犀の香に浸りつつ立ち話 満天 2 なおこ.凡士.
脚立より声降りかかる松手入れ みきお 1 ぽんこ.
リクエストの生演奏や文化祭 こすもす 1 たかを.
断ち切られ残る年輪冬日差し たかを 1 みきお.
秋惜しむ如く旋回コウノトリ こすもす 1 うつぎ.
家並を余光漂ふ冬隣 素秀 1 やよい.
にこやかに花嫁姿菊日和 宏虎 1 はく子.
臥竜松門に天蓋新松子 智恵子 1 みづき.
四阿のひとり座りて秋惜しむ 満天 1 かかし.
秋高し高炉の煙真っ直ぐに やよい 1 うつぎ.
枯れ芒道しるべとは逆向けり なつき 1 あひる.
捕虜の墓傾くままの菊の供華 ぽんこ 1 明日香.

11月6日 (投句22名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
時雨るるや湖に漂ふ棄て小舟 宏虎 5 たか子.明日香.菜々.千鶴.やよい.
水車舞い水草紅葉浮き沈み 董雨 5 たかを.ぽんこ.はく子.かかし.こすもす.
寂びさびと古りし羅漢に秋惜しむ はく子 4 宏虎.あられ.かかし.たか子.
残照の柳生の里の木守柿 凡士 4 智恵子.みきお.素秀.もとこ.
芋の葉の次々枯れて畦高し みきお 2 豊実.智恵子.
ごみ箱をめがけ這ひ這ひ小春の児 なつき 2 むべ.やよい.
吾が厨なわばりらしき秋の蜘蛛 あひる 2 もとこ.凡士.
ゆつたりと白雲進む冬田かな たかを 2 満天.せいじ.
大小の石くつきりと秋の川 みきお 2 豊実.はく子.
荒れ寺のいよいよ紅し烏瓜 もとこ 2 ぽんこ.凡士.
馥郁や堵列の墓に金木犀 ぽんこ 2 せいじ.あひる.
人力車ピカピカにして奈良の秋 明日香 2 あひる.千鶴.
公園に点る灯早き冬隣 満天 2 たかを.こすもす.
かえるでの下に薄目の観音像 素秀 1 あられ.
知らぬ人に髪の落葉を教えられ こすもす 1 むべ.
小流れに逆らふ鯉や水の秋 むべ 1 隆松.
柿好きの子規のあの句碑法隆寺 千鶴 1 みきお.
照葉あり朝日の届く渓の底 隆松 1 素秀.
冬灯並ぶ羅漢揃って六等身 宏虎 1 満天.
比売神の島にいましも黄落期 素秀 1 なつき.
風のまま縺れて解けて花すすき たか子 1 なつき.
売土地へ翳すかに沿ふ石蕗の花 満天 1 明日香.
ようやくの正倉院展秋日和 明日香 1 菜々.
子らと鹿たわむれ遊ぶ奈良公園 千鶴 1 宏虎.

11月5日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
陸軍墓地一基残らず菊の供華 ぽんこ 6 宏虎.智恵子.なつき.みきお.こすもす.やよい.
迷いたる小蟻をつけて柚子届く あひる 6 たか子.素秀.なつき.たかを.もとこ.千鶴.
潮騒に望む富士山新松子 智恵子 5 董雨.はく子.あられ.みきお.ぽんこ.
初鴨の次々堰に並びたる 素秀 4 せいじ.満天.あひる.こすもす.
紅葉の落ち葉も入れて出す便り みづき 4 隆松.満天.やよい.明日香.
冬の星旅の約束せしままに みづき 3 たか子.あひる.むべ.
先端は空へと解けて枯れ尾花 たか子 3 豊実.みづき.あられ.
ペンダントめきてぶらりと烏瓜 あひる 3 董雨.たかを.凡士.
木犀香満つる歩道を遅刻の子 なつき 2 豊実.素秀.
撮影の掛け声庭に秋の婚 むべ 2 宏虎.千鶴.
穭田と海とびとびに小浜線 凡士 1 せいじ.
山の辺の水の折れゆく草紅葉 凡士 1 はく子.
城址(しろあと)の崖の崩れし石蕗の花 みきお 1 ぽんこ.
高窓を放ち取り込む木犀香 智恵子 1 もとこ.
農作業紅葉の山を眺めつつ たかを 1 明日香.
秋の山彩を求めて踏み込みぬ みきお 1 みづき.
稲屑火の日暮れて燠に顔赤し 素秀 1 むべ.
冬日差し欠伸している今日の猫 たかを 1 凡士.
旅前夜寝つかれぬまま柿かじる 千鶴 1 智恵子.

11月4日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一斉に風に伏したる尾花かな たか子 6 豊実.せいじ.みきお.あひる.凡士.明日香.
パンパンのリスの頬っぺや冬支度 智恵子 6 みきお.ぽんこ.たか子.あられ.凡士.もとこ.
紅葉して九十九折れたる峠道 董雨 4 宏虎.満天.みづき.智恵子.
矢印を曲がれば匂ふ菊花展 みきお 4 董雨.宏虎.みづき.なつき.
色変へぬ松橋立の砂嘴一里 凡士 3 はく子.素秀.ぽんこ.
直ぐ傍に電子辞書あり文化の日 満天 3 はく子.邑.たか子.
カフェ・オ・レに朝日も注ぎ冬隣 むべ 3 満天.あられ.もとこ.
藁ぼっち積む草原やいわし雲 智恵子 2 せいじ.むべ.
籾焼の跡そこここに夕日落つ 明日香 2 董雨.素秀.
自転車の片手スマホや文化の日 満天 2 隆松.邑.
市最古の仏画公開文化の日 はく子 2 千鶴.こすもす.
文化祭定番なるやフラダンス 凡士 2 たかを.明日香.
鬼おろし覆い隠すや焦げ秋刀魚 もとこ 1 あひる.
セコイアの緑剥ぎをり冬朝日 隆松 1 豊実.
冬の蠅陽だまり求め手すり合わす ぽんこ 1 たかを.
最前列で聞くコンサート文化の日 こすもす 1 なつき.
末枯れの原にそこここ池塘有り たか子 1 智恵子.
ねころべば窓はいわし雲の海 あひる 1 むべ.
ようやくに一書読み終え文化の日 はく子 1 こすもす.
鶏頭の深紅の鶏冠朝日透く やよい 1 千鶴.

11月3日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
巫女の鈴高く振りたる神の留守 なつき 8 豊実.たか子.満天.千鶴.ぽんこ.みきお.やよい.たかを.
落語より浪速は漫才文化の日 凡士 6 宏虎.智恵子.千鶴.もとこ.みきお.こすもす.
気嵐に飛び交ふ汽笛秋深む 智恵子 4 せいじ.はく子.明日香.あられ.
行く秋の九輪の空を鳶の笛 凡士 3 紫陽花.素秀.あられ.
山茶花や古戦場訪ふ道の辺に ぽんこ 3 智恵子.董雨.こすもす.
照紅葉千本鳥居と競ふ赤 智恵子 3 満天.なつき.明日香.
石蕗の花鉄の足場を和らげり むべ 3 豊実.せいじ.ぽんこ.
柿をもぐ先ずは背伸びで届くとこ こすもす 2 隆松.董雨.
踏み入れば足裏にやさし落葉径 千鶴 2 たか子.凡士.
獣(けだもの)の背に似し尾根や芒原 たか子 2 むべ.あひる.
訳ありと声張りあげる林檎売り 素秀 2 なつき.やよい.
賜リたる余生楽しむ新松子 宏虎 2 もとこ.はく子.
林檎割る包丁とんと軽き音 素秀 1 たかを.
円月島円を横切るなみの秋 明日香 1 宏虎.
行く秋や夕日に伸びる我が影に 満天 1 紫陽花.
黒豚の食む団栗のまるまると あひる 1 凡士.
三川の交わる土地に神の秋 明日香 1 素秀.
暮秋の廃屋に鍋転げけり もとこ 1 あひる.
日を追ひて木犀の花いぶし銀 せいじ 1 むべ.

11月2日 (投句20名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
遠峰に冬霞あり湖の朝 隆松 4 豊実.たかを.せいじ.千鶴.
鳥渡る白き怒濤の明石の門 宏虎 4 ぽんこ.満天.なつき.明日香.
海峡をまたぐ主塔や小春凪 千鶴 4 隆松.たかを.あられ.はく子.
哲学のやうな会話や秋夜長 あひる 3 豊実.素秀.せいじ.
犬蓼の花活けらるる牧師館 むべ 3 智恵子.素秀.あひる.
帰りたき冷たき父の手を握る なつき 2 もとこ.凡士.
山裾の屋根の十字架秋夕焼 豊実 2 むべ.うつぎ.
庭隅の一輪楚々と石蕗の花 満天 2 こすもす.千鶴.
石仏の笑みの茶の花日和かな もとこ 2 あひる.たか子.
秋時雨三千院の庭の黙 宏虎 2 隆松.むべ.
ベランダの半分彩る柿すだれ 満天 2 智恵子.なつき.
窯変のうねり一天秋の虹 素秀 2 あられ.凡士.
行く秋を奈良に院展御物かな 凡士 2 宏虎.こすもす.
かいつぶり首伸ばすなり潜るなり 隆松 1 宏虎.
今年又老医師訪ね冬備え たかを 1 もとこ.
直線のひとつだに無き芒原 たか子 1 明日香.
父見舞ふ毛布に細き足の線 なつき 1 うつぎ.
人吞みし古井のいわく黄落期 素秀 1 たか子.
錦秋の風芳しきいろは坂 智恵子 1 はく子.
熊野来て神話の逸話秋深む 明日香 1 満天.
朝寒や取りし新聞やや湿る やよい 1 ぽんこ.

11月1日 (投句19名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
健啖の卒寿三人秋闌ける 千鶴 7 素秀.あられ.こすもす.明日香.やよい.凡士.うつぎ.
古き門四手揺るるごと蔦紅葉 明日香 4 豊実.素秀.ぽんこ.凡士.
金木犀かそけくかほる投票所 たか子 3 豊実.宏虎.満天.
犬吠へて泣く魔女の児やハロウィン 凡士 3 智恵子.あられ.あひる.
投票所桜紅葉を投じたし むべ 2 智恵子.もとこ.
給食に初めて知りし零余子飯 こすもす 2 せいじ.むべ.
羅漢座す落ち葉の褥やわらかし はく子 2 満天.千鶴.
初鴨のまだ陣組まず山の池 やよい 2 隆松.もとこ.
晩秋の海に落つ日露天の湯 智恵子 2 宏虎.なつき.
惹かれ入る秋の菓子舗の林檎パイ あひる 2 こすもす.千鶴.
秋しぐれ深海魚めくテールライト 素秀 2 せいじ.たかを.
十字架を留めしままに山粧ふ あひる 2 なつき.うつぎ.
宅配便間引菜ギュウギュウでも軽し こすもす 2 やよい.あひる.
ハロウィンや筋トレコーチも魔女となり もとこ 1 たかを.
蓋盾に銀杏炒りて茶碗蒸し 智恵子 1 むべ.
木犀の花へと踵上げにけり せいじ 1 たか子.
転げ落つ木の実納まる子のポケに 宏虎 1 ぽんこ.
人参を神馬に供ふ末社祭 なつき 1 たか子.
はぜ紅葉夕陽に応へいよよ紅 たか子 1 明日香.

10月31日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋思ふ埴輪の眼孔(まなこ)闇深し 凡士 5 豊実.たかを.宏虎.千鶴.たか子.
懸崖の菊鉢庭を狭くせり 宏虎 5 豊実.智恵子.せいじ.あひる.明日香.
ケ−ブルカー呑みこまれゆく紅葉山 宏虎 4 満天.あられ.みきお.なおこ.
秋日射し波と船舶銀色に 明日香 3 千鶴.こすもす.なおこ.
掌で包む湯呑みや寒き朝 みきお 3 たかを.あられ.むべ.
ふろふきの裏の十字に味滲みる たか子 3 もとこ.やよい.凡士.
茶の花や饒舌過ぎる蕊疎し たか子 3 もとこ.素秀.凡士.
秋澄むや木の天辺に朝の月 豊実 3 はく子.せいじ.明日香.
登高や踏ん張りたぐる鎖綱 千鶴 3 隆松.宏虎.やよい.
病む父に千羽鶴折る夜長かな なつき 2 満天.ぽんこ.
蓑虫や糸一本の天が下 素秀 2 むべ.こすもす.
秋惜しみ紙ナフキンに句を留む 凡士 2 隆松.なつき.
秋深し熊野大社の甃 明日香 2 素秀.みきお.
供花挿すや否やに舞ひ来秋の蝶 うつぎ 1 あひる.
籾焼きの煙畦に写生の子 智恵子 1 ぽんこ.
柚子坊や枝のみ残す太りよう もとこ 1 たか子.
人知れず鎮守の杜の杜鵑草 豊実 1 はく子.
秋澄めり低空飛行の機体の字 なつき 1 智恵子.
船越の回り舞台も行秋ぞ むべ 1 なつき.

過去一覧

2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site