成績一覧

過去一覧

10月30日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
大根に友の名のあり道の駅 みきお 7 豊実.あられ.こすもす.むべ.あひる.凡士.なおこ.
ハロウィンや逃げ出す猫を追ふ小魔女 素秀 4 たかを.もとこ.千鶴.なつき.
晩秋や物干し竿の位置変える 明日香 3 隆松.みきお.凡士.
初鴨の小さき円陣池真中 なつき 3 せいじ.素秀.うつぎ.
秋冷の通過列車の余韻かな 豊実 3 ぽんこ.千鶴.むべ.
生駒峯をしずしず撫ぜて竜田姫 たか子 3 智恵子.宏虎.もとこ.
古町の続く参道菊日和 はく子 3 智恵子.満天.みきお.
魔女達の集ふ店先金木犀 素秀 2 隆松.あひる.
ぬばたばの闇に広がる落とし水 みきお 2 なつき.はく子.
街路樹の日毎色づき秋深む 満天 2 宏虎.こすもす.
晩秋や鰐口錆びて音微か もとこ 2 たか子.ぽんこ.
行く秋を鼻ふれあはす親子象 凡士 2 明日香.素秀.
語らひの静かに弾むホットレモン あひる 1 はく子.
石蕗の花門前灯す空き家かな 智恵子 1 満天.
図書館へ木目の階段秋日濃し こすもす 1 せいじ.
ハロウィンのクイズ満載歯科の秋 せいじ 1 たかを.
爽籟や真澄の空の澄みに澄む せいじ 1 あられ.
湯たんぽの口に飛び跳ぬゆだまかな あひる 1 なおこ.
半鐘へ梯子六段冬温し たかを 1 うつぎ.
渋柿の池に触るほどたわわなり 明日香 1 豊実.
山に来て白樺混じる渓紅葉 宏虎 1 明日香.
こすもすの光背となす力石 ぽんこ 1 たか子.

10月29日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
木の実拾ふ子ら呼び戻す保母の笛 なつき 6 豊実.たかを.満天.こすもす.凡士.うつぎ.
人出より提灯多し秋祭り あひる 5 智恵子.せいじ.こすもす.たか子.凡士.
パンの餌に鴨の円陣崩れたる なつき 5 もとこ.みきお.千鶴.あひる.なおこ.
朴葉味噌焦がす暮秋を飛騨泊り 凡士 5 隆松.なつき.智恵子.あられ.やよい.
碧天や手摺り狭しと干す布団 智恵子 5 豊実.宏虎.邑.うつぎ.なおこ.
島の秋海峡はさみ大落暉 千鶴 4 紫陽花.ぽんこ.明日香.やよい.
苔庭の紅一点の返り花 うつぎ 3 董雨.素秀.あひる.
後継ぎのなき家手入れ身にしみて 明日香 3 なつき.もとこ.むべ.
沓脱ぎに露の垂るるや藁の屋根 隆松 2 紫陽花.むべ.
鎌の手を最期に畳むいぼむしり 豊実 2 素秀.ぽんこ.
ブービー賞嬉し恥ずかし山装う こすもす 2 宏虎.はく子.
牛蒡ひく「貝になりたい」ふと思ふ 明日香 2 せいじ.邑.
手術終へそっと握手や秋愁ひ あひる 2 満天.千鶴.
照紅葉長岡京の光明寺 宏虎 1 みきお.
手すり付け老後に供ふ秋の暮れ 董雨 1 明日香.
暮れなずむ川辺に立てば雁の声 むべ 1 董雨.
久々の絵仲間集ひ秋惜しむ 満天 1 はく子.
小鳥来る鳩も負けずに駅闊歩 せいじ 1 たかを.
食後には果物欲しく初みかん 董雨 1 隆松.
冬落暉小笹揺れてる窓の外 たかを 1 たか子.
露時雨スマホ持つ手を滑る玉 隆松 1 あられ.

10月28日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
露天湯に秋の星座をなぞる指 素秀 8 むべ.豊実.智恵子.あられ.たか子.隆松.やよい.千鶴.
天平の眠る野辺ゆく菊日和 凡士 5 宏虎.せいじ.紫陽花.ぽんこ.千鶴.
はぐれ鹿白き尻毛の震へをり 千鶴 5 むべ.もとこ.ぽんこ.凡士.うつぎ.
さざ波に紅葉の影の定まらず せいじ 4 豊実.たかを.たか子.うつぎ.
曇天に冬菜輝く緑かな たかを 4 あられ.あひる.満天.なおこ.
勾玉の出でし古墳や大花野 やよい 4 なつき.あひる.明日香.こすもす.
温め酒ひとり酌む夜の月は無し 素秀 3 せいじ.董雨.もとこ.
日当たりて墓石の上の秋蛙 明日香 2 なつき.素秀.
羅漢道木の実木の葉の埋め尽くす はく子 2 こすもす.なおこ.
雀瓜若き実に置く露寒し むべ 2 紫陽花.明日香.
流星の衝突ありし夜の静寂 あひる 1 やよい.
半月の有明西にたゆたひて 明日香 1 素秀.
帰り花あの日の蝶は今何処 たかを 1 智恵子.
水引の赤きブーケや書道展 智恵子 1 凡士.
夜雨上がり墨絵の如し秋の谷戸 隆松 1 満天.
山霧を纏ふ谷あり里の朝 隆松 1 董雨.
昼ちちろ傾ぐベンチの坂途中 なつき 1 たかを.
屋根甓波のごとくに今日の月 満天 1 宏虎.

10月27日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
公園の一樹膨らむ百舌鳥の声 やよい 5 宏虎.豊実.たか子.はく子.凡士.
深き秋ゆるりと参る奈良時間 たか子 4 あられ.みきお.千鶴.もとこ.
音たてて谷の紅葉を踏み行かむ あひる 3 せいじ.豊実.董雨.
あきつ来てかしづく岩に不動尊 もとこ 3 隆松.素秀.たかを.
秋寂びし国宝修理募金箱 明日香 3 ぽんこ.こすもす.もとこ.
小鳥くる午後の紅茶の甘く濃く 2 むべ.凡士.
長雨や刈田を湖と仕立てたり 素秀 2 せいじ.満天.
妻ワイン我は日本酒夜は長し たかを 2 やよい.千鶴.
秋の空楼門の反り壮大に ぽんこ 2 たか子.明日香.
五七五の言葉揃わぬ夜長かな あひる 2 こすもす.はく子.
錦繍のメサの底なるふるさとよ せいじ 2 あひる.あられ.
牡蠣小屋に爆ぜ飛ぶ殻と叫び声 智恵子 2 あひる.董雨.
終礼をまてずに釣瓶落としかな 素秀 2 智恵子.明日香.
秋寂ぶや奈良の古刹の供養塔 たか子 2 智恵子.かかし.
秋雲や名筆の如跳ねて止む 隆松 2 たかを.ぽんこ.
谿紅葉宿の亭主はかの末裔 凡士 2 やよい.なつき.
「星のしずく」といふ名持ちて草の花 はく子 1 満天.
毬栗の仙道数多散らばれリ 宏虎 1 かかし.
セコイアの葉擦れあるいは秋の声 むべ 1 邑.
やっと咲きほのかに香る金木犀 満天 1 宏虎.
鵯の鋭声飛び入る朝の窓 豊実 1 むべ.
苅田ゆく一本道は果てしなく たかを 1 みきお.
もう使わぬ大きトランク鰯雲 凡士 1 なつき.
錦繍の連山空に挑むごと せいじ 1 素秀.
我が庭も隣の家も金木犀 こすもす 1 邑.

10月26日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
日向ぼこ犬のイビキに猫パンチ 智恵子 7 むべ.たかを.隆松.せいじ.かかし.邑.やよい.
木の実降る生家の蔵に蓄音機 凡士 5 むべ.豊実.たかを.みきお.やよい.
立て掛けし梯子外すや木守柿 豊実 5 たか子.智恵子.素秀.もとこ.なつき.
天高し老いて今こそ身も軽し たかを 4 せいじ.宏虎.はく子.かかし.
荒れ寺の庫裡にひそめる水引草 もとこ 3 あひる.ぽんこ.明日香.
秋深し旧姓告げる老女かな たかを 3 豊実.素秀.凡士.
石榴裂け大笑いする粒揃い 宏虎 3 千鶴.智恵子.凡士.
またひとつ放棄田のあり草紅葉 凡士 3 あられ.はく子.みきお.
間引く菜の小さき虫喰ひやり過ごし 千鶴 2 隆松.なつき.
こすもすをアートに飾る般若寺 ぽんこ 2 満天.明日香.
身に沁むや古色の楼門閉じしまま たか子 2 満天.ぽんこ.
海豚いま落暉を回るごとく跳ぶ せいじ 1 たか子.
冬支度薪割る山の一軒家 やよい 1 こすもす.
夕食後夫と分け合ふ柿一つ 満天 1 あられ.
鉄塔を一人占めして鵙猛る みきお 1 こすもす.
焼栗やオーブンに立つ破裂音 素秀 1 あひる.
ボジョレーのワイン到着夕時雨 あひる 1 宏虎.
冬野菜交換に湧く貸し農園 智恵子 1 邑.
奈良阪の昭和な小部屋走り蕎麦 たか子 1 もとこ.
秋暁の空に茜は藍を追ひ むべ 1 千鶴.

10月25日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
里芋の吹きこぼれたる長電話 むべ 6 たか子.豊実.あひる.はく子.なおこ.凡士.
穭田をバリカンのごと耕運機 小袖 4 宏虎.せいじ.こすもす.なおこ.
秋寂ぶや苔の首塚供華もなし ぽんこ 4 宏虎.満天.やよい.もとこ.
色変えぬ黒松龍の化身とも なつき 4 ぽんこ.千鶴.素秀.小袖.
鋏手に枝透かしみる松手入 千鶴 3 智恵子.満天.みきお.
気温差に入れ替へ慌て冬支度 満天 3 智恵子.やよい.こすもす.
月光に目の爛々と檻の豹 凡士 2 たかを.むべ.
勝負手の駒音高し紅葉寺 せいじ 2 千鶴.豊実.
ハロウィンのかぼちゃ出迎へ理髪店 素秀 2 なつき.はく子.
コスモスの彩閉じ込めて瑠璃キューブ もとこ 2 たか子.明日香.
木枯やからくり時計の鐘の音 豊実 2 あひる.みきお.
石仏の御手に游げり秋桜 もとこ 2 たかを.明日香.
山頂はただコスモスと風ばかり あひる 1 せいじ.
四方仏慈悲を放ちてコスモス寺 明日香 1 もとこ.
鉢合わせする選挙カー秋時雨 こすもす 1 なつき.
荒れ寺を風と撫でるや秋桜 たか子 1 素秀.
首仏螺髪に秋日遍はす やよい 1 小袖.
青銅の鳥居引き潮海の道 智恵子 1 むべ.
手相見の心外な返そぞろ寒 宏虎 1 凡士.
正門の閂の錆冷まじく たか子 1 ぽんこ.

10月24日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
愛染明王の憤怒慰む秋桜 もとこ 5 満天.明日香.やよい.たか子.うつぎ.
般若寺の土塀のくずれ身にぞしむ ぽんこ 4 隆松.満天.千鶴.こすもす.
待ちをりし秋の一気に通り過ぐ はく子 3 邑.なつき.やよい.
山形の水よく吸ってラ・フランス あひる 3 小袖.邑.凡士.
一陣の風に縺れず秋桜 ぽんこ 3 豊実.明日香.あひる.
白妙の富士にぬかづく尾花かな むべ 3 智恵子.あられ.うつぎ.
飛び石をモデル気取りの黄鶺鴒 豊実 2 せいじ.たか子.
秋あかね由緒の岩に動かざる たか子 2 素秀.もとこ.
老いてなほ固く手つなぎペアルック あられ 2 宏虎.凡士.
吊るし雲かかる遠山空っ風 智恵子 2 たかを.素秀.
銀漢や賢治の世界と同じ宙 凡士 2 千鶴.みきお.
虫食ひの山栗供ふ地蔵かな なつき 2 豊実.なおこ.
枯露柿や風吹くごとの白き粉 素秀 2 あひる.むべ.
激つ瀬を滑り台めき落葉過ぐ 智恵子 2 ぽんこ.むべ.
凩や目深に被るハンチング 隆松 2 宏虎.みきお.
岸壁に竿を垂らして新走り 素秀 2 せいじ.あられ.
静かなりヨットハーバー鯔跳ねる 宏虎 1 こすもす.
洋なしのカーブ愛しく皮をむく あひる 1 なおこ.
力石見守る如く秋桜 こすもす 1 ぽんこ.
神木に火搔き棒立て宮焚火 なつき 1 智恵子.
般若寺の秋桜の陰五輪塔 明日香 1 隆松.
野路の秋スビード落とし選挙カー こすもす 1 なつき.
本堂を守る石仏や鵙高音 たか子 1 もとこ.
お守りや団栗一つポケットに なおこ 1 小袖.
木枯や依る木の無くて傾ぎゆく 隆松 1 たかを.

10月23日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手に重き日の温もりの熟柿吸ふ 凡士 8 千鶴.豊実.智恵子.邑.やよい.もとこ.小袖.なおこ.
群青の空より小鳥降りて来し 宏虎 5 千鶴.なつき.たか子.あられ.小袖.
闘犬の瞳に赤しななかまど 素秀 4 ぽんこ.なつき.せいじ.あられ.
夕鵙や槌音止まぬ宮普請 なつき 3 たかを.素秀.明日香.
走り根は落葉に埋もれな躓きそ ぽんこ 2 智恵子.はく子.
こも巻きの荒縄匂ふ縮景園 みきお 2 かかし.やよい.
ツアーバス降りて渋滞花野かな やよい 2 たかを.こすもす.
白き筋取り尽くしたる蜜柑かな せいじ 2 宏虎.凡士.
秋潮に乗り大漁旗帰港せり 凡士 2 ぽんこ.満天.
秋思憑くもみづる前の刈り込みに せいじ 2 邑.明日香.
ペダルこぐ二人の空に鰯雲 あひる 2 せいじ.はく子.
籾焼きの煙棚引く谷戸の景 智恵子 2 むべ.たか子.
雁渡しかぶく岬の松黒し むべ 1 素秀.
黒豆の枝豆堅め茹で上がる 満天 1 宏虎.
保育の子うがい一列暮の秋 たか子 1 もとこ.
晩秋の水より雲の早き流れ 満天 1 隆松.
病む友のドラマ評価や冬近し もとこ 1 あひる.
力石囲むコスモス色数多 こすもす 1 なおこ.
妻のぐち駄洒落で返す夜長かな 明日香 1 こすもす.
遠目には棚田装ふ泡立草 素秀 1 満天.
人住まぬ生家の庭も草紅葉 みきお 1 むべ.
窓口で日付出て来ず秋小寒 明日香 1 豊実.
コスモスの根元に鎮座力石 こすもす 1 あひる.
陽だまりの絵馬掛け秋蚊払ひつつ なつき 1 かかし.
井戸端会議何がおかしや芋洗ひ 智恵子 1 凡士.

10月22日 (投句24名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋空を蹴飛ばし一人逆上がり 満天 10 千鶴.豊実.たかを.たか子.智恵子.隆松.よし子.せいじ.凡士.なつき.
やや寒や母と無言の茶を喫す 5 こすもす.もとこ.凡士.むべ.明日香.
小鳥来る梢の先の九輪塔 ぽんこ 5 たかを.たか子.隆松.素秀.みきお.
梵鐘の茜に流る秋の暮 凡士 3 ぽんこ.満天.智恵子.
人事異動桜紅葉の散り始め 豊実 2 よし子.うつぎ.
冷まじや肩より狭き手術台 素秀 2 うつぎ.なつき.
秋寒や昔話の相手亡き もとこ 2 宏虎.あひる.
ほとばしるすだちの酸味鼻腔にも 千鶴 2 あられ.こすもす.
十重二十重古き社の夕紅葉 明日香 2 豊実.素秀.
朝霧や峰の狭間に隠る里 隆松 1 宏虎.
菊膾生家終ひし友とゐて むべ 1 もとこ.
幹までも黄に染め上ぐ大銀杏 みきお 1 あひる.
丹精の甘藷に丹波の土湿り たか子 1 明日香.
行く秋や古偲ぶ与力窓 明日香 1 やよい.
黄金田の真っ只中に我が母校 菜々 1 せいじ.
紙飛行機子ら競ひ合ふ大花野 智恵子 1 みきお.
戸を閉づるときしみじみと十三夜 せいじ 1 満天.
寛容に自づとなりぬ十三夜 せいじ 1 むべ.
後の月隠くし行く雲後光さす やよい 1 千鶴.
大量の銀なん落とし四百齢 はく子 1 やよい.
朝冷えに母の手編みのカァでガン 董雨 1 あられ.
黄落や少女の像の手に一葉 凡士 1 ぽんこ.

10月21日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
甘藷堀りの子らの頭に日の匂ひ なつき 6 ぽんこ.豊実.せいじ.みきお.もとこ.あひる.
色鳥に返す術なき羽根拾ふ たか子 6 たかを.せいじ.やよい.むべ.うつぎ.もとこ.
夫の墓へ曾孫の紹介秋日和 はく子 6 隆松.宏虎.満天.なつき.こすもす.千鶴.
店頭に活気とけむり焼き秋刀魚 あひる 5 たかを.満天.董雨.みきお.こすもす.
雲散らし風を味方の十三夜 素秀 4 ぽんこ.隆松.智恵子.明日香.
梟も祀らる祠大欅 うつぎ 3 やよい.たか子.凡士.
人知れず古木装ふ蔦紅葉 むべ 2 なおこ.うつぎ.
子の堀りし傷ある藷は藷ご飯 なつき 2 董雨.あひる.
婆ちゃんと二人三脚運動会 智恵子 2 はく子.菜々.
冬隣象の乳房の萎びをり 千鶴 2 豊実.むべ.
秋耕や神の欅を仰ぎつつ うつぎ 2 なおこ.菜々.
花の上(へ)に日をたたむ翅秋の蝶 みきお 1 千鶴.
行く秋や売り地の札の色褪せて 宏虎 1 たか子.
見定めし聡太の勝利長き夜 せいじ 1 明日香.
むしるには愛しき秋の小花かな せいじ 1 智恵子.
灯下親しそれぞれに在る過ごし方 もとこ 1 邑.
落し水奔流となり下り落つ 明日香 1 凡士.
秋深しハーフボトルの赤ワイン 豊実 1 邑.
秋深し五百羅漢の背格好 宏虎 1 素秀.
黒日傘見え隠れして薄原 やよい 1 なつき.
熟柿落ち裂け散りしまま干からびぬ 千鶴 1 宏虎.
追う程に曇る車窓や秋の虹 隆松 1 素秀.
落暉得て更に輝く稲田かな 明日香 1 はく子.

10月20日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
村ぢゆうの子が出て九人秋まつり 凡士 8 たか子.智恵子.はく子.もとこ.千鶴.こすもす.なつき.やよい.
古の磴の歪みやそぞろ寒 なつき 5 たか子.満天.素秀.うつぎ.紫陽花.
秋潮の満つる舞台を観世能 凡士 4 たかを.みきお.あられ.はく子.
濡れそぼつキトラ古墳や秋寂びて 明日香 4 素秀.みきお.あられ.ぽんこ.
吊るし柿夕日を集め日の暮るる みきお 4 智恵子.満天.ぽんこ.千鶴.
まかされて田畑にひとり捨案山子 素秀 3 たかを.明日香.なつき.
秋の夜の駒指す音の澄んでをり あひる 2 むべ.やよい.
内覧の四神の館秋惜しむ 明日香 2 せいじ.こすもす.
曇天に目覚む一括百舌哮る 智恵子 2 豊実.もとこ.
芒原父母に挟まれ笑顔の子 むべ 2 豊実.宏虎.
運動会騎馬戦有るとざわめきぬ 宏虎 2 明日香.あひる.
祝福式のをさな七人秋うらら あひる 1 むべ.
鵙のゐる三ッ合堰の澪標 素秀 1 紫陽花.
穭田やこぞりて伸ばす緑の穂 たか子 1 凡士.
ゆらめきし平和の灯秋桜 こすもす 1 あひる.
さへぎるは碧空のみや刈田原 せいじ 1 隆松.
昨日買ふ柿の旨さに今日も買ふ やよい 1 凡士.
伊吹峰に引く雲薄し秋の朝 隆松 1 せいじ.
晴れの日が最も味方運動会 宏虎 1 うつぎ.
雀らは刈田へ人はスーパーへ せいじ 1 宏虎.

10月19日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
乗り換への駅舎の椅子やそぞろ寒 みづき 6 隆松.豊実.せいじ.ぽんこ.たかを.なつき.
懸崖に蕾の揃ふ菊花展 宏虎 5 みきお.こすもす.みづき.凡士.明日香.
秋声は古き商家の虫籠窓 満天 4 素秀.あられ.はく子.なつき.
朝寒や散歩に選ぶ日向道 隆松 3 素秀.邑.こすもす.
ふたりして輪読すすむ夜長かな せいじ 3 凡士.明日香.むべ.
嵐山秋の灯点す屋形船 みづき 3 隆松.宏虎.みきお.
手枕に鼾小さき秋の暮 素秀 3 豊実.邑.あられ.
賑はへる刈田に隣る貸農園 せいじ 3 あひる.満天.はく子.
菊日和傘寿還暦祝はるる はく子 2 満天.千鶴.
丹波栗買うて今宵の月愛でる 凡士 2 宏虎.やよい.
氷雨降る湯気に寛ぐ朝の厨 智恵子 2 ぽんこ.むべ.
橋半ば供華の白菊身にぞ入む やよい 2 たか子.千鶴.
からし色羽織りて銀杏並木へと たか子 1 たかを.
山刀を振りて作務僧竹を伐る 凡士 1 たか子.
幽玄なり月暈出づる十三夜 千鶴 1 智恵子.
コスモスの満開の寺迷路めく こすもす 1 なおこ.
寺囲む雑木紅葉の彩増して 明日香 1 みづき.
秋雲に豆粒程の飛機消ゆる ぽんこ 1 うつぎ.
リレー勝つチーム弾ける秋日和 なつき 1 智恵子.
大空に掌広げ冬木立つ たかを 1 やよい.
子の見舞ひ重ねてけふは十三夜 むべ 1 もとこ.
大蕾ゆさりと下げて破れ芭蕉 あひる 1 もとこ.
舞い上がる伊良子岬の差羽かな みきお 1 うつぎ.
秋灯し友の句集に丸つけて なつき 1 せいじ.
朝寒や父母の夢見し夜明前 素秀 1 あひる.
碧天と風をわがもの破れ芭蕉 あひる 1 なおこ.

10月18日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
帯締に母の残り香萩の花 11 豊実.たかを.智恵子.あられ.ぽんこ.みきお.なつき.むべ.凡士.なおこ.やよい.
尺ほどの野仏はおる野菊かな 智恵子 4 隆松.もとこ.あひる.ぽんこ.
水澄むや羽音大きく鷺立てり 満天 3 なつき.むべ.うつぎ.
言の葉に何処か棘ありそぞろ寒 宏虎 3 たか子.智恵子.うつぎ.
行く人の声の聞こえて芒原 素秀 3 豊実.あひる.みづき.
大幟締める荒縄秋祭り みきお 3 満天.こすもす.はく子.
海峡の名ある橋越え鳥渡る 素秀 2 宏虎.なおこ.
秋日和幸すそ分けの餅拾ふ なつき 2 こすもす.明日香.
誕生日の花束ハロウイン仕様なる こすもす 2 素秀.千鶴.
父よりも長く生きたり曼珠沙華 みきお 2 もとこ.小袖.
まっすぐに秋の虹へと高速道 あひる 2 あられ.みづき.
割烹着の案山子姉さん被りして なつき 2 せいじ.はく子.
朝寒のハイヒールの音響きけり 満天 2 たかを.せいじ.
追葬の玄室の中ちちろ鳴く 明日香 2 たか子.やよい.
竜田姫駆け足ではや来たりけり もとこ 1 明日香.
還る土探し彷徨う落葉かな たかを 1 凡士.
秋声や首大仏の大き耳 やよい 1 小袖.
小面にモナリザの笑み十三夜 凡士 1 素秀.
月天心木曾七谷を煌々と 凡士 1 千鶴.
街も駅も増えし人出や秋深し こすもす 1 宏虎.
身に入むや供華の置かれし石舞台 明日香 1 満天.
和太鼓の園児の演舞秋祭り 豊実 1 みきお.

10月17日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夢一文字法被に書きし運動会 こすもす 6 たかを.宏虎.素秀.みきお.なつき.明日香.
剥き方に家族の個性吊し柿 豊実 6 せいじ.はく子.邑.凡士.明日香.むべ.
津軽発つ木箱の林檎香しき 千鶴 5 ぽんこ.たか子.智恵子.あひる.みきお.
自然薯の醜男ぶりを選びたり 凡士 5 隆松.もとこ.やよい.千鶴.うつぎ.
新藁で編む大草鞋奉納す みきお 4 たか子.満天.菜々.こすもす.
倒れ込むアンカーの目にうろこ雲 智恵子 3 豊実.もとこ.うつぎ.
外壁に組まれし足場小鳥来る こすもす 3 せいじ.素秀.凡士.
弓張月背負ひて急ぐ家路かな むべ 3 やよい.あられ.花茗荷.
どの爪も曲がりに曲がり唐辛子 たか子 2 はく子.あひる.
白壁の蔵に柿映ゆ旧家かな 明日香 2 宏虎.なつき.
五枚では足らぬ新蕎麦出石かな 凡士 2 満天.花茗荷.
縁日の参道抜くる七五三 なつき 2 たかを.こすもす.
段々に秋の水落つ坂の街 あひる 1 隆松.
庭に影落とし往来秋茜 やよい 1 豊実.
山峡に轟く太鼓秋祭 うつぎ 1 菜々.
秋麗や御目優しき首仏 やよい 1 ぽんこ.
夜を徹し歩いてみたし十三夜 宏虎 1 千鶴.
パソコンの変換遅き秋暑し 満天 1 邑.
秋天へ本茅葺きのうだつかな 明日香 1 智恵子.
初鴨や運河に嘴をすすぎたり なつき 1 むべ.
薄紅きはじかみ添へて古伊万里に もとこ 1 あられ.

10月16日 (投句25名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋耕や島に畑はこの二反 凡士 8 隆松.たか子.せいじ.素秀.あひる.やよい.こすもす.うつぎ.
野仏も御目上げませ鰯雲 うつぎ 6 あられ.みきお.花茗荷.もとこ.ぽんこ.やよい.
明日香路や指を伸ばせば赤とんぼ 明日香 5 せいじ.あひる.凡士.なつき.はく子.
ダウン干す団栗ぽろり又ぽろり 智恵子 3 花茗荷.なつき.むべ.
父と娘の師弟と見たり菊人形 せいじ 3 満天.ぽんこ.うつぎ.
声をかけ声かけられる今朝の秋 みきお 2 満天.素秀.
哀れ蚊がわたしの話の腰を折る 2 なおこ.凡士.
柿吊しひとつひとつの余生なり 素秀 2 宏虎.あられ.
浮寝鳥顔をうずめて浅き夢 智恵子 2 みきお.千鶴.
零れても光ありけり金木犀 明日香 2 豊実.智恵子.
実南天日に日に赤を深めゆく 満天 1 なおこ.
装ひし山の中腹墓仕舞ひ みきお 1 隆松.
薄もみじ子抱地蔵の面ざしに たか子 1 たかを.
打ち立てのコンクリートに色鳥来 せいじ 1 もとこ.
挟み竿届かぬ先に柿熟るる 千鶴 1 こすもす.
皆で剥く寺の大樹のいてふの実 はく子 1 明日香.
鉄塔の細き先突く鰯雲 董雨 1 豊実.
地酒酌む旧知の友と白露かな 花茗荷 1 むべ.
残照の幕引き釣瓶落しかな 素秀 1 たか子.
老人を引き取る子無き世の寒し 董雨 1 智恵子.
月旅行今に乗客十三夜 宏虎 1 はく子.
母の忌の読経の墓上小鳥くる やよい 1 千鶴.
手水舎の糺の森や秋の水 ぽんこ 1 宏虎.
運動会孫WCに鉢合わせ 宏虎 1 たかを.
オーエスの掛け声今も運動会 もとこ 1 明日香.

10月15日 (投句22名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
庭木に干す軍手軍足秋日和 うつぎ 11 智恵子.あひる.邑.菜々.もとこ.みきお.素秀.こすもす.千鶴.董雨.やよい.
秋蝶や風にあづける翅薄し もとこ 7 豊実.たか子.むべ.ぽんこ.千鶴.花茗荷.うつぎ.
芋掘りてテンション高き子らの泥 智恵子 4 たかを.満天.はく子.凡士.
パトカーの見張る踏切そぞろ寒 こすもす 4 宏虎.たか子.満天.隆松.
蕎麦ならば葱たっぷりの鴨南蛮 千鶴 3 智恵子.花茗荷.うつぎ.
ジーと鳴く蚯蚓か螻蛄か耳鳴りか 凡士 3 邑.はく子.かかし.
蓑虫の鳴くや日暮れのかつら垣 3 豊実.あられ.もとこ.
団栗の傾ぎて戻るやじろべえ 千鶴 3 たかを.あられ.凡士.
秋夕焼鴨かと見えた石二つ たかを 3 みきお.素秀.こすもす.
子に送る新米詰める夫の背ナ 明日香 2 せいじ.なつき.
村中の人の集まる馬の市 みきお 2 せいじ.やよい.
孫からのアイマッサージャー冬ぬくし せいじ 2 菜々.むべ.
末枯の廃寺跡にも日燦々 せいじ 1 なつき.
白壁の蔵屋根渡る烏瓜 素秀 1 ぽんこ.
母植えし木瓜コロナ禍に帰り咲く なつき 1 あひる.
一切を雲霧包みし杣の郷 明日香 1 かかし.
寒桜ダム湖に姿映しけり 智恵子 1 明日香.
秋晴や園児お散歩赤白帽 満天 1 宏虎.

10月14日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
合掌の軒を余さず柿簾 凡士 9 智恵子.満天.小袖.あられ.明日香.みきお.うつぎ.むべ.なおこ.
星座表手にする秋の夜警かな たかを 6 たか子.豊実.小袖.素秀.もとこ.千鶴.
広がりし苅田の空に昼の月 小袖 5 はく子.満天.なつき.あられ.明日香.
乳飲み子のごとく大樹のけらつつき あひる 4 たかを.うつぎ.もとこ.凡士.
いつしかに濡るる踏み石秋時雨 菜々 3 せいじ.こすもす.ぽんこ.
秋行くや愚痴言ひ合へる人もなく はく子 3 宏虎.邑.凡士.
枝折戸の閂堅き薄紅葉 宏虎 2 素秀.ぽんこ.
とりどりの秋果盛りたる朝の卓 もとこ 2 花茗荷.千鶴.
明滅のはやまり秋に恋ふ蛍 素秀 1 たか子.
屋上は秘密の花園秋桜 智恵子 1 あひる.
匂ふかと顔寄せてゐる酔芙蓉 うつぎ 1 むべ.
石垣の山家に添へリ花薄 小袖 1 豊実.
秋風や銀座てふ名のシャッター街 凡士 1 あひる.
窓広し街一望の秋の海 董雨 1 みきお.
荻の風通ふ宮跡夕間暮れ むべ 1 なおこ.
蒼天や稲架のあひより猫車 明日香 1 智恵子.
花芯へと管を刺しこむ秋の蝶 ぽんこ 1 花茗荷.
無人駅野菊いとしき一輪挿し 宏虎 1 たかを.
秋しぐれふるさと山河けぶらする 菜々 1 こすもす.
乗り降りのなき無人駅秋の昼 みきお 1 宏虎.
ストーブで見返る猫や我さそふ たかを 1 せいじ.
長き夜やけぢめのつかぬテレワーク せいじ 1 邑.
キッチンのリフォームあれこれ夜長の灯 千鶴 1 なつき.
バス停へどんぐり踏んで走りけり あひる 1 はく子.
花屋にも赤きかぼちゃやハロウィン たか子 1 隆松.

10月13日 (投句21名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
貝殻も踏みし足跡秋の浜 こすもす 7 たかを.せいじ.ぽんこ.みきお.なつき.あひる.花茗荷.
一枚を刈れば稲田の風替る たか子 7 豊実.むべ.智恵子.小袖.素秀.あひる.うつぎ.
湖岸ゆく秋夕照の比良比叡 凡士 6 宏虎.せいじ.明日香.はく子.たか子.千鶴.
秋桜や風と駆けたるお下げ髪 なつき 4 豊実.あられ.小袖.千鶴.
稲架かけて天日にたのむ旨味かな たか子 4 むべ.董雨.満天.凡士.
喉越しに醸す香りや新走 千鶴 3 あられ.智恵子.宏虎.
流行のロングドレスに秋日傘 満天 2 董雨.菜々.
狛犬のお腹のあたり秋の蜘蛛 明日香 2 邑.凡士.
立ち漕ぎで巡る旧道風は秋 2 隆松.こすもす.
土手今は泡立草の吉野川 素秀 2 隆松.なつき.
谷霧やカーブ抜け来る前照灯 隆松 2 素秀.ぽんこ.
枯山水砂利に染み入る秋時雨 智恵子 2 満天.みきお.
若狭路の海は濃さます秋時雨 凡士 2 うつぎ.花茗荷.
苦瓜のレシピ増えたる夕厨 もとこ 2 明日香.こすもす.
戸惑うているらしちちろ玄関に あひる 1 たか子.
乗換えの駅鈴なりの木の実かな こすもす 1 菜々.
秋天をクレーンあちこち突き上げる 満天 1 邑.
山降る霧に滲むや藁の屋根 隆松 1 はく子.
屋上の駐車は疎ら天高し せいじ 1 たかを.
暴れ川を治める女綱秋明日香 明日香 1 もとこ.
五十年待つ駅の高架や秋澄めり なつき 1 もとこ.

10月12日 (投句23名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
渡船から影降りたちて秋夕焼 素秀 4 たかを.たか子.もとこ.むべ.
三日月の顎にしたたる一つ星 素秀 4 豊実.そうけい.あられ.明日香.
実る柿捨て置くままの過疎の町 たかを 3 邑.もとこ.はく子.
丹精の芙蓉酔はせて和尚留守 うつぎ 3 豊実.たか子.千鶴.
ベレー帽浅く被りし小楢の実 むべ 3 ぽんこ.はく子.なつき.
稲刈や一家に見ゆる気の荒さ たか子 3 あひる.凡士.なつき.
翳す手の稜線に見ゆ渡り鳥 智恵子 3 紫陽花.せいじ.千鶴.
下校子ら鰯か鯖か雲問答 智恵子 2 ぽんこ.花茗荷.
天空の本丸跡を雁渡る 凡士 2 智恵子.あられ.
パーパットことりと穴へ秋の音 みきお 2 せいじ.宏虎.
美容室通草がひとつ窓際に 明日香 2 董雨.むべ.
蔓たえだえ青瓢箪の太りけり あひる 2 満天.そうけい.
秋茗荷揚げて今宵も一人酒 2 素秀.あひる.
すずめ鳩ともに啄む刈り田跡 みきお 2 紫陽花.たかを.
観音を奈良に訪ふ旅菊日和 千鶴 2 満天.花茗荷.
パラグライダーゆるりと三機秋の山 あひる 1 邑.
藁屑を均して敷きし刈田かな せいじ 1 凡士.
丘の央更にコスモス吹かれおり そうけい 1 素秀.
校庭の空を自由に赤とんぼ 満天 1 こすもす.
いつまでも小犬とじゃれる草紅葉 満天 1 明日香.
六日ぶりの風呂に鼻歌虫の夜 やよい 1 智恵子.
爺婆は動画に応援運動会 もとこ 1 こすもす.
焼芋の土産所望と即答す せいじ 1 宏虎.
柳散る温泉街の朝散歩 宏虎 1 隆松.

10月11日 (投句23名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
天高く蛇行の川の青さかな あひる 6 豊実.宏虎.むべ.たか子.みきお.うつぎ.
ななかまど燃へて夕日を寄せつけず 凡士 5 豊実.そうけい.明日香.なおこ.やよい.
どんぐりの兵隊並ぶ砂の城 なつき 4 たかを.邑.あられ.千鶴.
廃線路ゆく月明の切通し 凡士 4 素秀.あひる.ぽんこ.紫陽花.
大原女に道問ふ古都の菊日和 智恵子 4 もとこ.せいじ.なつき.うつぎ.
水の来て家事さくさくと秋日和 やよい 3 満天.千鶴.明日香.
島の秋つなぐ吊橋海越ゆる もとこ 3 素秀.ぽんこ.花茗荷.
海峡の渦を標に月の道 素秀 3 そうけい.あひる.紫陽花.
夜長し百科事典のインクの香 豊実 3 凡士.なおこ.やよい.
ひさびさに集ふチャペルや秋気満つ せいじ 2 むべ.なつき.
巫女の舞ふ鈴の音さやか天満宮 明日香 2 もとこ.満天.
秋高し遠目の風車十四基 千鶴 2 隆松.こすもす.
ふと我に返れば繁し虫の声 うつぎ 2 せいじ.花茗荷.
秋草に混じり芽を出すこぼれ種 なつき 2 たかを.みきお.
幟のみはためく参道秋祭 こすもす 2 隆松.邑.
紅葉狩風雅におぼれ木にもたる 宏虎 1 智恵子.
はざ組まず鉄柵に掛け稲高く たか子 1 宏虎.
秋収め煙ひとすじ上りをり 明日香 1 智恵子.
櫟落葉無人末社を埋めけり そうけい 1 こすもす.
ばさばさと無聊な音の芭蕉風 たか子 1 凡士.
目瞑りて秋風に身を曝しけり せいじ 1 たか子.
銀木犀朝風にのり部屋駈ける 智恵子 1 あられ.

10月10日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
閉店の張り紙古りし寒露かな なつき 5 たかを.宏虎.豊実.董雨.あられ.
栗強飯ひとつかみふる能登の塩 凡士 4 隆松.やよい.なつき.千鶴.
軋み着く終着駅やあきつ群る なつき 4 たかを.素秀.そうけい.こすもす.
秋の蝶日差しの庭を舞ひつづけ 満天 3 豊実.あひる.うつぎ.
不動明念怒のゆるむ萩浄土 ぽんこ 3 満天.やよい.智恵子.
一鳴きに草を揺らして鶉かな 素秀 3 たか子.花茗荷.あられ.
閑けさや秋の湖岸の竿の音 隆松 3 智恵子.ぽんこ.うつぎ.
鱗雲父住む街の上にまで むべ 3 せいじ.明日香.あひる.
実ざくろや仄かに紅し終の家 もとこ 2 宏虎.千鶴.
走り根の青きままなる木の実落つ 満天 2 ぽんこ.こすもす.
花柄のリュックを背負い秋の山 豊実 2 はく子.みきお.
通水の濁り水やる大根畑 やよい 2 董雨.なおこ.
自動ドア一緒に肩の秋の蜂 こすもす 2 もとこ.そうけい.
遠山の伐採の音や秋澄む日 あひる 2 花茗荷.凡士.
ごみ袋おばけとなりてハローウィン あひる 2 なおこ.明日香.
龍田姫そろそろタクト振りはじむ 凡士 2 満天.なつき.
秋耕やたい肥たちまち土くれに 千鶴 1 凡士.
稲刈りや鳥除けカラスぼろぼろに たか子 1 みきお.
天を突くオクラのさややひいふうみ 明日香 1 たか子.
螺子回す普請の音や秋の暮 せいじ 1 もとこ.
泡立草あき地黄金に上機嫌 智恵子 1 素秀.
色隠す朝霧深き寒霞渓 素秀 1 はく子.
美しの原は闇なり天の川 智恵子 1 せいじ.

10月9日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
譲り合ふ足湯の席や鰯雲 花茗荷 7 たかを.千鶴.素秀.せいじ.もとこ.こすもす.凡士.
秋草に総入れ替への花時計 せいじ 6 むべ.豊実.千鶴.満天.あひる.やよい.
新酒汲む山河に遠きビル酒場 宏虎 4 あられ.隆松.もとこ.花茗荷.
天ぷらの紅葉葉かじり滝の道 凡士 3 宏虎.隆松.明日香.
みのる田にひときわ高きばつたんこ みきお 3 紫陽花.ぽんこ.たか子.
震度五や気もそぞろなる長き夜 むべ 2 智恵子.なつき.
断水見舞ふ電話つぎつぎ長き夜 やよい 2 ぽんこ.こすもす.
カーテンの小さく孕む寒路かな なつき 2 そうけい.豊実.
係留の船底打つや秋の潮 花茗荷 2 智恵子.明日香.
温暖化身にしみじみと寒露の日 凡士 2 満天.花茗荷.
秋澄むや白雲流る用水路 満天 2 たかを.宏虎.
山梨の実鈴生る森の美術館 智恵子 2 なつき.やよい.
憂愁を投げ上げてみる天高く あひる 2 たか子.あられ.
蹲を洗ふ側からひと葉落つ 智恵子 1 むべ.
音かそか苑の小流れ水澄める はく子 1 紫陽花.
新米を運ぶ媼に助け舟 こすもす 1 せいじ.
稲架に顔埋めて土と陽の匂ひ 素秀 1 あひる.
蓮の実を飛ばせる首は二つ折 ぽんこ 1 素秀.
身に入むや猫背になりぬ脹ら脛 宏虎 1 凡士.
打たせ湯に肩をゆだねて帰り花 素秀 1 そうけい.

10月8日 (投句22名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
撫で肩におはす観音秋気澄む はく子 9 隆松.たかを.宏虎.智恵子.素秀.満天.もとこ.ぽんこ.千鶴.
のびやかな子規の句愛でつ萩の寺 たか子 6 宏虎.はく子.あられ.ぽんこ.みきお.なつき.
秋深し妻の介護と友帰る たかを 4 むべ.智恵子.素秀.もとこ.
島つなぐ高圧線や鳥渡る 宏虎 4 たかを.あひる.こすもす.やよい.
運動会児らのゴールはママの元 智恵子 3 あられ.なつき.凡士.
川原へと降りて外湯は月明り 素秀 3 せいじ.豊実.うつぎ.
前撮りの主役は嫁御薄紅葉 もとこ 3 みきお.凡士.そうけい.
小鳥来る庭へ二つの白き椅子 満天 2 あひる.はく子.
朝霧の海に聳ゆる剱岳 凡士 2 せいじ.やよい.
小鳥来る六百齢の椋大樹 はく子 2 豊実.満天.
表札の二つ並ぶや小鳥来る 満天 2 たか子.なおこ.
ショーケース栗の犇めくモンブラン せいじ 2 花茗荷.そうけい.
奥山に連れ呼ぶ鹿や鳴きつのる 千鶴 2 たか子.花茗荷.
秋薔薇や一途に贈る幾十年 凡士 1 千鶴.
車椅子のおさな団栗踏むまじく むべ 1 なおこ.
辛夷生る不思議の国の実のごとく あひる 1 うつぎ.
鯔の群潮に押されて上りけり みきお 1 明日香.
真っ直ぐに筧囲みて砥草かな たか子 1 明日香.
大いなる松の根元にこぼれ萩 ぽんこ 1 こすもす.
秋の宵宇宙ステーション過りけり 明日香 1 むべ.

10月7日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
遠山も手に取るやうや秋澄める せいじ 5 智恵子.満天.明日香.豊実.なおこ.
小さき字の母の家計簿秋灯下 なつき 5 ぽんこ.明日香.みきお.もとこ.花茗荷.
海原を超えて渚へ月の道 智恵子 4 宏虎.やよい.こすもす.なおこ.
藁の香を撒いて進みぬコンバイン 宏虎 4 みきお.凡士.そうけい.花茗荷.
下校子ら立ちこぎで行く豊の秋 たかを 3 なつき.もとこ.うつぎ.
大規模の断水パニック身にぞ入む やよい 3 たか子.智恵子.満天.
蔦かずら絡みつかれた六地蔵 ぽんこ 3 隆松.たか子.なつき.
薄霧のプリズム抜くや朝日影 隆松 2 せいじ.千鶴.
水澄んで色極まりぬ池の鯉 みきお 2 むべ.こすもす.
毬はぜてこぼれし栗の艶つやし 千鶴 2 たかを.そうけい.
校庭に漏れくる笑いひょんの笛 智恵子 2 あひる.素秀.
秋天や航跡白き関門橋 素秀 1 宏虎.
数珠玉や土手に立つ柵子に高し なつき 1 うつぎ.
夜の更けて高層階へ虫の声 みきお 1 たかを.
辻風に落葉もろとも襲はれぬ せいじ 1 あひる.
壁面の燃ゆる画廊や蔦かづら 凡士 1 やよい.
御手洗の水音高し小鳥来る 満天 1 せいじ.
阿波すだち貰ひて愚痴も貰ひけり もとこ 1 豊実.
白萩の散りしくベンチ推敲す ぽんこ 1 はく子.
街を行く鹿と眼の合ふ大通り 宏虎 1 はく子.
萩叢に思わせ振りな小径あり たか子 1 ぽんこ.
航跡のひとすぢ与謝の海の秋 凡士 1 素秀.
遠山に木を伐る音の近き秋 あひる 1 千鶴.
ドリル見てクイズ三昧長き夜 こすもす 1 凡士.
給食を配る白衣や秋日和 豊実 1 むべ.

10月6日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手開きの光る鰯やつみれ汁 もとこ 7 あられ.みきお.こすもす.凡士.満天.智恵子.明日香.
かりんの実虫喰い穴より香り立つ たか子 4 あひる.むべ.もとこ.智恵子.
森林の奉仕活動小鳥来る 豊実 4 むべ.たか子.菜々.みきお.
薄紅葉映す水面や水御籤 智恵子 4 素秀.やよい.明日香.紫陽花.
子規句碑に風のもてなし萩白し たか子 4 菜々.千鶴.もとこ.満天.
薄紙の鶴の羽根揺れ風さやか 素秀 3 たかを.ぽんこ.紫陽花.
上空をヘリの旋回豊の秋 たかを 3 せいじ.なつき.こすもす.
替鉢に毛虫一匹連れ帰る せいじ 2 隆松.なおこ.
高層のビルより湧いて鰯雲 あひる 2 たかを.素秀.
と見る間に毛虫一葉召し上がる せいじ 2 たか子.凡士.
旅する蝶色なき風を捕らへけり 千鶴 2 ぽんこ.やよい.
連理句碑肩に積もるるこぼれ萩 ぽんこ 1 宏虎.
礼状はパクリと葡萄食む動画 あひる 1 なつき.
神杉を透かす日射しに散り葉舞ふ 明日香 1 千鶴.
幽けきもちちろ爪弾く恋の歌 素秀 1 なおこ.
稲架小屋ある大一枚の刈田かな うつぎ 1 豊実.
植え跡の曲直著き刈田かな うつぎ 1 あひる.
晴天の校庭静か運動会 満天 1 宏虎.
秋澄むや心ほどきてLETITBE 千鶴 1 せいじ.
盛り上る河口の津波鮭遡上 智恵子 1 あられ.
靴飛ばしの靴を避けたり赤とんぼ なつき 1 豊実.

10月5日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
萩散るや石に刻みしマリア像 ぽんこ 7 たか子.みきお.隆松.なつき.もとこ.明日香.なおこ.
海道を高舞ふ鳶や秋遍路 凡士 5 満天.せいじ.なつき.花茗荷.なおこ.
説法の漏れくる萩寺薬医門 たか子 5 満天.ぽんこ.そうけい.もとこ.明日香.
校庭に並ぶ赤帽秋高し 豊実 4 宏虎.素秀.花茗荷.あられ.
イナバウアーして枝先の毛虫かな あひる 4 たかを.こすもす.凡士.うつぎ.
焼き芋の皮剥く母の目の力 あひる 4 たかを.素秀.むべ.豊実.
垂れこぞる稲穂の重み掌に はく子 2 たか子.そうけい.
たまゆらの秋日差し込む奥座敷 明日香 2 智恵子.千鶴.
すり寄りて猫の離れぬ秋の暮 たかを 2 みきお.あられ.
細穿つ鬼師は手練れ秋ともし せいじ 2 千鶴.紫陽花.
ゆっくりとシンバル鳴らす秋の蝶 明日香 2 あひる.むべ.
一穢無き摂津の山を鳥渡る 宏虎 2 あひる.せいじ.
湖辺ゆくハンズフリーや秋の声 隆松 2 凡士.うつぎ.
破れ芭蕉葉脈に沿い裂け尽くす ぽんこ 2 こすもす.紫陽花.
種採りて空き部屋多き長屋かな なつき 1 豊実.
穭穂に雀の揺れる朝かな 素秀 1 ぽんこ.
登高や真青なる空広がりて 千鶴 1 宏虎.
稻穗垂れ今年も良しと農夫笑む 宏虎 1 智恵子.

10月4日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
名水をたつぷり汲んで新豆腐 凡士 8 隆松.宏虎.満天.なおこ.ぽんこ.やよい.明日香.花茗荷.
漣に綺羅生るるや秋日燦 隆松 7 紫陽花.たかを.はく子.素秀.なおこ.明日香.花茗荷.
大盛りに供えし今朝の今年米 千鶴 6 豊実.はく子.みづき.やよい.こすもす.たか子.
市松の刈田彩る山の裾 素秀 4 紫陽花.宏虎.むべ.たか子.
付き合ひのみくじ大吉新松子 みづき 3 豊実.たかを.もとこ.
一軒のための電柱芋嵐 凡士 2 あひる.ぽんこ.
陰日向どちらも宜し秋日和 みきお 2 智恵子.素秀.
彩ちゃんの花嫁姿秋うらら こすもす 2 せいじ.凡士.
黙想の家に団栗落つる音 むべ 2 あひる.せいじ.
這ひ這ひの動画に笑顔秋うらら はく子 2 みづき.なつき.
水澄むや鯉の緋模様鮮やかに ぽんこ 1 千鶴.
電線に我を見送る秋の鳥 たかを 1 あられ.
新幹線山の綾なす薄紅葉 宏虎 1 満天.
川の音変はり錦秋始まりぬ みづき 1 千鶴.
枝ぶりに同じもの無き秋の森 たかを 1 あられ.
籠開くや命拾いの赤蜻蛉 豊実 1 むべ.
秋の花いっぱい抱え姪結婚 こすもす 1 智恵子.
豊の秋爺が乗りたるコンバイン 宏虎 1 こすもす.
あをあをと地球を照らす今日の月 みきお 1 なつき.
妻曰く地中に成ると落花生 せいじ 1 凡士.
作り堰大亀ゆるり秋の水 たか子 1 もとこ.

10月3日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
聖堂の練塀長し蔦紅葉 凡士 7 せいじ.宏虎.みづき.やよい.こすもす.菜々.なつき.
参道の幟褪せたる秋祭 素秀 5 たかを.豊実.智恵子.こすもす.千鶴.
豊作の風の膨らむ大地かな 宏虎 4 たかを.満天.明日香.あひる.
黒雲の垂れ来て激し虫の声 たかを 3 あられ.せいじ.みづき.
秋天にトランペットの息切れて もとこ 3 みきお.むべ.あひる.
秋天やアサギマダラの旅途中 千鶴 3 智恵子.もとこ.凡士.
農道を渡りきれずに穴惑 素秀 3 豊実.そうけい.たか子.
ご神木千木に触れもす秋日影 ぽんこ 3 素秀.はく子.そうけい.
おばしまに凭れるように式部の実 ぽんこ 2 たか子.菜々.
幾重にも枝を伸ばして柿たわわ 明日香 2 宏虎.凡士.
水澄むや二匹の鯉は寄り添ひて 満天 2 紫陽花.むべ.
鯊の竿蟹が万歳して釣れり なつき 2 明日香.花茗荷.
寺詣古都の秋気に浸りけり こすもす 2 満天.なつき.
稲光走る雲間に星ひとつ 智恵子 1 やよい.
スカイタワー見上ぐ骨組み秋日燦 たか子 1 もとこ.
煮ても良し焼くも又良し秋なすび 菜々 1 ぽんこ.
夜雨明けの路傍の艶や野菊叢 隆松 1 紫陽花.
風に乗る木犀の香の微かなり こすもす 1 千鶴.
人だかり産地直売富有柿 満天 1 みきお.
摘まむ手の斯くも止まらぬ落花生 せいじ 1 隆松.
遠案山子刈り取りまでの命かな みきお 1 花茗荷.
常連の宿のお迎え濁り酒 豊実 1 素秀.
渦を巻く干潮眼下鳥渡る 宏虎 1 ぽんこ.
笑ひ泣き見直す映画夜半の秋 なつき 1 はく子.
蒼天に轟く空砲運動会 智恵子 1 あられ.

10月2日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
饒舌な幽霊もゐて村芝居 凡士 10 たか子.たかを.そうけい.あられ.素秀.せいじ.みきお.明日香.なつき.なおこ.
野分跡ドミノ倒しの田の辛し 智恵子 6 ぽんこ.隆松.隆松.そうけい.千鶴.凡士.
足首に熊笹擦れる霧の道 豊実 5 ぽんこ.智恵子.せいじ.千鶴.明日香.
菊月の佳き日佳き風佳き嫁御 千鶴 4 智恵子.あられ.菜々.みきお.
点在す古墳のあはひ秋の声 明日香 4 素秀.あひる.もとこ.むべ.
本堂の炎の揺らぎ秋の風 みきお 3 たか子.たかを.こすもす.
無縁墓囲みて燃ゆる曼珠沙華 智恵子 3 豊実.満天.なつき.
休肝日松茸飯を張り込めリ 宏虎 2 菜々.こすもす.
海峡に銀漢沈み夢道句碑 素秀 1 むべ.
秋雨や明日こそ妻と牧場へ たかを 1 あひる.
新米も無洗米にて妻の留守 せいじ 1 もとこ.
山路きて地面すれすれ秋の蝶 明日香 1 満天.
水澄むや水脈遠ざかり何処までも 満天 1 宏虎.
手水舎にしんと日の射す木の実かな 凡士 1 豊実.
天高し遠投し合ふあにおとと せいじ 1 凡士.
ビル谷間真っ直ぐ上る今日の月 みきお 1 なおこ.
小鳥来る朝の始まり池の畔 ぽんこ 1 宏虎.

10月1日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小鳥来る遠まなざしのガラシャ像 凡士 10 たか子.満天.もとこ.せいじ.素秀.むべ.なおこ.花茗荷.ぽんこ.なつき.
肌なずる風に日毎の秋気かな たか子 4 智恵子.あられ.こすもす.千鶴.
庭の菜でつくる味噌汁九月尽 たかを 4 豊実.もとこ.あられ.なつき.
山の子ら刈田を駈けてとんぼ釣り うつぎ 3 そうけい.なおこ.みきお.
秋の声露仏の足の曼陀羅絵 たか子 3 素秀.こすもす.千鶴.
日々疎くなりし読書やちちろ虫 やよい 2 明日香.花茗荷.
秋うららサファリのライオン檻の上 凡士 2 明日香.はく子.
蜻蛉や輪舞の空は茜色 素秀 2 豊実.せいじ.
蟲の声湯船たっぷり聴き分けし 宏虎 2 たかを.たか子.
藁なべて苅田の土へと刻まれて はく子 2 みきお.凡士.
藪からし遺跡すつぽり隠しをり 明日香 2 むべ.あひる.
赤とんぼ見失いたる交差点 あひる 1 そうけい.
秋天に正午を知らす通天閣 ぽんこ 1 たかを.
とんび二羽続けてよぎる鰯雲 せいじ 1 隆松.
散歩する土手に眩しき朝の露 こすもす 1 満天.
赤ペンの掠れし丸や九月尽 なつき 1 ぽんこ.
しなやかにガードレールを超ゆる萩 豊実 1 あひる.
建替えの箱形多し身にぞしむ 満天 1 凡士.
昼月や雲の欠片に隠れけり あひる 1 はく子.
吾も後期高齢者なり九月尽 こすもす 1 宏虎.
湾岸を高し燕の去ぬる朝 素秀 1 宏虎.
綿吹いて日本晴れなる雲並ぶ もとこ 1 智恵子.

9月30日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
フェンス出てかぼちゃ歩道に実を結ぶ やよい 6 隆松.せいじ.たかを.はく子.明日香.うつぎ.
刈リ頃の熟るる稲田やゴッホの黄 千鶴 6 あられ.素秀.ぽんこ.そうけい.紫陽花.うつぎ.
落葉早やバスが蹴散らす並木道 せいじ 5 董雨.豊実.こすもす.そうけい.花茗荷.
露天湯の静寂にひとり寝待月 凡士 5 あられ.董雨.やよい.もとこ.なつき.
ふる里は近くて遠し鰯雲 あひる 4 智恵子.素秀.やよい.こすもす.
客待ちのポニー秋草食んでをり なつき 4 豊実.明日香.凡士.あひる.
泥つきの泥鰌そのまま鵙の贄 みきお 3 宏虎.はく子.なつき.
にごり酒峡の湯宿の囲炉裏端 凡士 3 千鶴.ぽんこ.花茗荷.
花野駆け単線一輛彩に溶け 宏虎 3 千鶴.紫陽花.もとこ.
職退きし夫も見まねで大根撒く なつき 3 せいじ.凡士.あひる.
山麓の修道院に秋気満つ むべ 2 宏虎.たか子.
学び舎の裏門閉ざし昼の虫 満天 1 たか子.
吟行のことば探しや秋日傘 もとこ 1 智恵子.
黄色めく瀬戸の島々秋深む みきお 1 満天.
藁塚も稲架もなきこの苅田かな はく子 1 たかを.
獣道フェンス隔てて鳥兜 智恵子 1 満天.

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site