成績一覧

過去一覧

8月30日 (投句19名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風抜ける土間の片隅ちちろ鳴く 智恵子 6 たかを.宏虎.やよい.ぽんこ.みきお.凡士.
赤とんぼ群れて休耕田の空 せいじ 6 たかを.宏虎.はく子.むべ.やよい.素秀.
公園の子らに影なしつくつくし 明日香 5 あられ.満天.あひる.たか子.なつき.
木槿落ち紙屑のごと掃かれけり うつぎ 3 智恵子.明日香.満天.
観覧車影くつきりと八月尽 素秀 3 あられ.千鶴.もとこ.
町はずれ眼よりも低く赤とんぼ たかを 3 せいじ.こすもす.もとこ.
四阿を素通りせしも風は秋 宏虎 3 明日香.ぽんこ.たか子.
土手歩く人群青に秋の宵 素秀 2 せいじ.むべ.
油照り泥を掻き出すボランティア みきお 2 智恵子.なつき.
秋暑し父を見舞へばいつも寝て なつき 2 あひる.凡士.
噎せ返る都会の田んぼ風は秋 せいじ 2 はく子.みきお.
水抜いて池は青鷺独壇場 やよい 1 こすもす.
自販機の水の売り切れ秋暑し なつき 1 千鶴.
里芋を煮置けば鍋は空っぽに 智恵子 1 豊実.
人住まぬ垣根に朝顔色の濃き たか子 1 豊実.
防災日近くなりての水予約 満天 1 素秀.

8月29日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
肩寄せて浦に十戸の島の秋 凡士 8 満天.やよい.たか子.みきお.ぽんこ.もとこ.こすもす.むべ.
絵日記に三日連続赤とんぼ 素秀 5 宏虎.千鶴.なつき.凡士.あひる.
泥洗ふだけで香るや新生姜 あひる 4 あられ.智恵子.千鶴.こすもす.
蜩や石で竈を組む河原 豊実 4 智恵子.素秀.やよい.うつぎ.
秋夕焼空水色に暮れ残る はく子 4 せいじ.豊実.明日香.そうけい.
残暑などものともせずや球児どち こすもす 3 満天.明日香.なおこ.
せせらぎに流す笹舟秋の水 智恵子 3 みきお.ぽんこ.そうけい.
月明かり反る指先や風の盆 たか子 2 たかを.あられ.
押し入れに庭師の免許生身魂 なつき 2 たか子.うつぎ.
西日さすゼロ番ホームふるさと線 凡士 2 せいじ.なつき.
野あざみや一夜堤にほつほつと なつき 2 あひる.むべ.
華やかや空き家の庭の花木槿 せいじ 1 宏虎.
刈り残る露草美しきなぞえかな やよい 1 素秀.
夏野球ふりがな付きの選手名 明日香 1 もとこ.
初秋のブルーベリーのパンケーキ あひる 1 凡士.
蟋蟀の片脚なくてなほ跳べり むべ 1 豊実.
コンビニの深夜営業盆の月 もとこ 1 たかを.
つくつくし迷ふ夕餉の献立に 満天 1 なおこ.

8月28日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
胡弓の音二百十日の風にのる 凡士 5 せいじ.素秀.やよい.もとこ.花茗荷.
恐竜の吐くミスト浴ぶ残暑かな なつき 5 豊実.むべ.花茗荷.凡士.うつぎ.
ひき潮の砂に染む音鳥帰る みきお 5 せいじ.千鶴.たか子.むべ.明日香.
杖上げて見送る爺や夕端居 みきお 5 智恵子.そうけい.こすもす.明日香.もとこ.
星月夜先師先輩天の句座 宏虎 4 智恵子.千鶴.満天.やよい.
白秋や車椅子舞う競技場 たか子 3 宏虎.はく子.なおこ.
ハンググライダー小さく見つけ秋の空 こすもす 3 なつき.素秀.あひる.
人知れぬ里の石碑や芒原 素秀 3 たか子.ぽんこ.うつぎ.
ほろ苦き抹茶プリンや涼新た むべ 2 みきお.あられ.
山椒をたっぶり降らせ鰻飯 董雨 2 たかを.なおこ.
逃げ足の速きちちろや夜の座敷 やよい 2 そうけい.あひる.
十六夜の能登の渚に流人秘話 凡士 2 なつき.みきお.
一片の雲影うれし猛暑かな 智恵子 1 はく子.
甲子園残暑吹っ飛ぶ九回裏 満天 1 こすもす.
陋屋を包み込みたる虫の声 せいじ 1 あられ.
ワクチン打つ列の途切れず秋暑し なつき 1 満天.
爽やかやメダルの死闘パラ選手 ぽんこ 1 宏虎.
星瞬く庭に幽しちちろ鳴く あひる 1 ぽんこ.
風捉えもっともっとと猫じゃらし 明日香 1 たかを.
化粧する電車の乙女残暑かな もとこ 1 凡士.
芙蓉落つ朝の光に急かされて たか子 1 豊実.

8月27日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鉄塔に引っかかりたる秋の雲 たか子 5 たかを.満天.あられ.ぽんこ.やよい.
辻立ちの僧鉄鉢に蜻蛉かな 凡士 5 豊実.むべ.みきお.たか子.もとこ.
爽やかや両手あげこぐ一輪車 満天 5 せいじ.あひる.素秀.董雨.みきお.
一畝はオクラの花の舞踏会 あひる 4 智恵子.明日香.花茗荷.千鶴.
霧雨や三輪山の物言わぬ景 明日香 3 たかを.ぽんこ.こすもす.
嫁姑ほど良き間合ひ桐の花 みきお 3 満天.たか子.凡士.
処暑過ぎて迷わず捨つるもの多し なつき 3 宏虎.明日香.千鶴.
無花果を植えた亡き子に供ヘけり 董雨 3 智恵子.あひる.やよい.
蟋蟀やコインパークの車止め 豊実 2 せいじ.凡士.
天高し疫に回らぬ観覧車 智恵子 2 董雨.もとこ.
唐津よりざるに盛らるる新豆腐 もとこ 1 こすもす.
黒格子越しの白衣や秋遍路 素秀 1 花茗荷.
一夜花秋川に落ち二度咲きぬ 智恵子 1 なつき.
OB会中止の葉書身にぞ沁む こすもす 1 なつき.
新涼やカーテン替ふる父の部屋 なつき 1 素秀.
身に入むや言わずもがなのひとことに 明日香 1 宏虎.
秋風や間口の広き京の茶舗 凡士 1 むべ.
パン焼く香みつる廚や涼あらた やよい 1 あられ.
馬耳なるも聞き澄ます寒蝉の声 せいじ 1 豊実.

8月26日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
水澄みて透ける夕陽のしづくかな 素秀 7 たかを.智恵子.明日香.あられ.そうけい.豊実.なつき.
夫ひらく鱚の小さきフライかな なつき 4 千鶴.せいじ.あひる.素秀.
新涼や勝利の校歌甲子園 満天 4 智恵子.ぽんこ.みきお.こすもす.
見逃して茗荷の花を咲かせけり むべ 3 あひる.たか子.凡士.
蜩の声に佇み深呼吸 豊実 3 宏虎.満天.なおこ.
秋めきて六甲に飲むミルクかな 凡士 3 そうけい.豊実.なつき.
爽やかやパラリンピックの皆笑顔 満天 3 はく子.みきお.なおこ.
山里の句碑は右城や桐一葉 素秀 2 たか子.もとこ.
階下より立ち昇り来る虫の声 せいじ 2 こすもす.やよい.
しばらくは池塘の秋を聞きゐたり やよい 2 あられ.はく子.
あの音頭そっと踊りぬ手振りする 宏虎 2 たかを.もとこ.
無花果のお尻割れ初む朝かな あひる 2 宏虎.千鶴.
初秋の香りの誘ふ五平餅 凡士 2 素秀.董雨.
絵日記に蚯蚓一匹鳴くと有り 智恵子 1 董雨.
秋暑し賓頭盧さんもしかめっ面 菜々 1 やよい.
パトカーの見張る踏切色づく田 こすもす 1 せいじ.
鬼の子や吾の頬撫ず並木道 智恵子 1 ぽんこ.
きのふけふ行きつ戻りつ残暑かな 明日香 1 満天.
小夜更けて鳴き盛りたるちちろかな せいじ 1 凡士.
秋暑し工事の足場が参道に 菜々 1 明日香.

8月25日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
軽トラに揺られ畦ゆく案山子かな 智恵子 9 あられ.はく子.たか子.もとこ.やよい.董雨.千鶴.あひる.なつき.
田の神へ祈る豊作稲の花 みきお 6 智恵子.満天.ぽんこ.素秀.こすもす.なおこ.
夾竹桃続く川土手爆心地 みきお 5 智恵子.せいじ.ぽんこ.董雨.なつき.
十五分のみの見舞ひや秋黴雨 なつき 3 あられ.菜々.凡士.
稲穂今起立も礼もさまざまや 明日香 3 はく子.こすもす.千鶴.
見学の卓球教室秋暑し こすもす 3 豊実.むべ.なおこ.
足爪の彩褪せにけり秋暑し もとこ 2 宏虎.凡士.
金風を胸いつぱいの岬かな 素秀 2 豊実.むべ.
そこ紅の紅巻き込みて散りにけり はく子 2 せいじ.あひる.
地の熱を洗ひ流して初嵐 董雨 2 もとこ.明日香.
一石のごと石亀や小滝壺 あひる 1 やよい.
調理法あれこれ試し秋の茄子 こすもす 1 明日香.
児ら謳歌残り少なき夏休み たか子 1 たかを.
カーテンの流れて机辺秋の色 凡士 1 たかを.
コロナ禍の事告げながら墓洗ふ 董雨 1 満天.
山影の闇に沈みぬ盆の月 宏虎 1 素秀.
秋の蝉鼠花火のごと回る 豊実 1 たか子.
菜園の茄子という茄子曲がりをり あひる 1 菜々.
秋雲をバックにブルーインパルス 智恵子 1 宏虎.

8月24日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
須磨寺に句碑を巡れば処暑の風 凡士 6 宏虎.そうけい.やよい.花茗荷.ぽんこ.千鶴.
雀より人を脅かす案山子かな 豊実 5 あられ.明日香.むべ.音吉.なおこ.
山羊親子花野を首の鈴鳴らし 素秀 5 たかを.豊実.智恵子.やよい.凡士.
ひまわりの地に着きさうなお辞儀かな やよい 4 あひる.素秀.こすもす.なおこ.
雲の瘤まだ隆々の残暑かな 凡士 4 せいじ.花茗荷.みきお.千鶴.
ささやきの広がるごとく秋桜 明日香 4 たかを.せいじ.素秀.たか子.
寒蝉の幽き声や宮の杜 あひる 3 明日香.音吉.ぽんこ.
よだれ掛けはアンパンマン柄地蔵盆 こすもす 2 はく子.なつき.
接種終えバス停並ぶ処暑の風 なつき 2 董雨.もとこ.
秋茄子の色よく浸かり 一人食ぶ はく子 2 宏虎.董雨.
路地入れば線香煙る地蔵盆 宏虎 2 満天.こすもす.
子供より老人多し地蔵盆 こすもす 2 満天.智恵子.
切通し見上ぐ天蓋薄紅葉 智恵子 2 たか子.みきお.
すいとんを食べる習わし終戦日 みきお 1 なつき.
閉店の物品移送秋時雨 満天 1 もとこ.
岩壁の古都艶めくや岩タバコ 智恵子 1 そうけい.
ベンチにはどんぐり駒の置き土産 たか子 1 凡士.
小流れの磊々洗はる苔の花 ぽんこ 1 むべ.
秋の雷夜明けとともに去りにけり せいじ 1 あひる.
縺れるを楽しんでをり秋の蝶 明日香 1 豊実.
玄関にコオロギ鳴いて異邦人 たかを 1 あられ.
骸骨の躍る夏の夜肝試し みきお 1 はく子.

8月23日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
むかご飯故郷同じ二人かな よう子 6 たかを.せいじ.なつき.素秀.もとこ.千鶴.
天空のリフトに望む大花野 智恵子 4 なつき.はく子.花茗荷.なおこ.
オルガンの音漏る秋の礼拝堂 むべ 4 みづき.ぽんこ.やよい.凡士.
新秋の室戸を洗ふ波しぶき 素秀 3 はく子.ぽんこ.凡士.
畳まれて浜茶屋消へし今朝の秋 凡士 3 智恵子.あられ.こすもす.
最終のバスを待つ間の夜食かな 素秀 3 そうけい.あられ.むべ.
新涼の奈良町に来てとんぼ玉 みづき 3 あひる.せいじ.明日香.
当番の清掃奉仕風は秋 こすもす 2 たかを.豊実.
ふと目覚め闇をちちろと分かちけり たか子 2 豊実.やよい.
露草にしずく貰ひてゆく湖岸 隆松 2 素秀.たか子.
虫除けにめだかを放つ畑の桶 そうけい 2 智恵子.満天.
秋蒔きの列成す赤き耕運機 そうけい 2 みづき.花茗荷.
つゆ草や花壇の外に咲きみだれ あひる 2 明日香.むべ.
強弱をつけるのもゐし鉦叩 明日香 1 宏虎.
席題と句座に持ち来る通草かな みづき 1 こすもす.
とんぼうの蓮の広葉をはしごして はく子 1 あひる.
秋じめり千手観音巻毛かな ぽんこ 1 みきお.
父見舞ふ会話のずれてをりし処暑 なつき 1 隆松.
接種後の熱に枕の合はぬ処暑 なつき 1 なおこ.
白靴の何処でも行ける白さかな 宏虎 1 そうけい.
暗がりのますます暗し蛍の火 明日香 1 たか子.
雨上がり庭華やぎて秋揚羽 満天 1 みきお.
露しとどコロナに友の逝きし朝 せいじ 1 満天.
真一も仁鶴も逝きぬ沙羅の花 みきお 1 もとこ.
コロナ禍の残暑見舞の長電話 満天 1 宏虎.
隅田川渡る車窓の望の月 智恵子 1 千鶴.

8月22日 (投句20名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
白龍となる山霧や生駒の嶺 あひる 8 せいじ.満天.音吉.花茗荷.千鶴.よう子.明日香.はく子.
秋霖や鯉の緋かすか濁り池 やよい 7 豊実.みづき.素秀.そうけい.花茗荷.こすもす.千鶴.
村祭り肩車され踊りの輪 智恵子 6 豊実.せいじ.隆松.あられ.みきお.明日香.
蜩の声ではじまる山の朝 みきお 4 智恵子.菜々.なおこ.はく子.
去年着た服が似合はぬ今朝の秋 もとこ 3 宏虎.なおこ.よう子.
新聞に山盛り椎茸郷みやげ あひる 3 菜々.やよい.むべ.
配送車次々戻り秋夕焼 素秀 3 あひる.たかを.そうけい.
軒下に紫煙漂ふ夜学の舍 素秀 3 たかを.なつき.みきお.
時間来て塾ゆく子ゐて地蔵盆 凡士 3 素秀.なつき.もとこ.
外つ国の友の消息桐一葉 むべ 2 たか子.智恵子.
秋茄子のひと筆で描き濃淡を 満天 2 音吉.ぽんこ.
涼新た条幅四枚仕上げたり せいじ 2 こすもす.凡士.
枝豆の殻入れ取りに厨まで 豊実 2 隆松.むべ.
とんぼうの蓮の広葉に憩ひけり はく子 2 あひる.あられ.
嫁取りの口上今も簾越し 音吉 1 凡士.
石段を上る足元盆提灯 みきお 1 たか子.
霧満ちて山のっぺりと一枚に たか子 1 みづき.
今日この頃探し物増へ秋暑し 満天 1 宏虎.
新蕎麦を待つ縁軋む大水車 智恵子 1 やよい.
猫の視線動くその先秋の蝿 こすもす 1 満天.
霧走り山上隠しぬ水墨画 宏虎 1 ぽんこ.
薬茶に氷うかべて暑に耐ふる なつき 1 もとこ.

8月21日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋晴れや地下足袋吊るす杣の家 みきお 8 むべ.たかを.そうけい.せいじ.やよい.もとこ.ぽんこ.千鶴.
風なくて風あるごとし秋桜 明日香 5 たかを.音吉.豊実.たか子.せいじ.
神鹿も木陰うごかぬ炎暑かな 凡士 4 たか子.智恵子.こすもす.はく子.
火口までなぞえ埋める猫じゃらし こすもす 4 明日香.素秀.なつき.あられ.
ふらここを蹴り上げ眺む日本海 みきお 4 そうけい.宏虎.もとこ.はく子.
廊下には猫の足跡秋じめり 素秀 3 むべ.みきお.凡士.
星月夜沖の漁火旅の宿 智恵子 3 ぽんこ.みきお.なつき.
身をかわし身をかわし生く秋の蝶 明日香 3 音吉.あひる.あられ.
稲妻をチラ見して猫食事中 たかを 2 豊実.満天.
軽トラに熊手立てかけ松手入れ 豊実 2 智恵子.やよい.
手花火や岬に足をぶらつかせ 智恵子 1 こすもす.
ブリッジの噛み合せよし秋さやか せいじ 1 凡士.
蜩や夕日影追ふ森のベンチ そうけい 1 満天.
雨戸開け草木の匂ひ今朝の秋 満天 1 明日香.
薙ぎ倒る畑のひまわり種溢れ そうけい 1 あひる.
秋暁の雨雲レーダー追ふ寝床 素秀 1 千鶴.
秋簾越しにうかがふ副反応 むべ 1 素秀.
生身魂冷たき水を一気飲み なつき 1 宏虎.

8月20日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
新涼や肌にしみこむ化粧水 満天 7 智恵子.明日香.たか子.みきお.こすもす.凡士.やよい.
流木は麒麟の形秋の浜 素秀 7 あひる.豊実.せいじ.たか子.みきお.こすもす.むべ.
見へゐても遠き駅舎や田水沸く 凡士 3 あられ.せいじ.はく子.
秋霖やビラの張りつく歩道橋 せいじ 3 そうけい.明日香.千鶴.
医者嫌い薬無縁の生身魂 宏虎 3 満天.はく子.なつき.
健啖に耳だけ遠しと生身魂 はく子 3 宏虎.千鶴.もとこ.
村下る野菊の丘の道祖神 智恵子 2 たかを.素秀.
海道の沖波白し稲光 素秀 2 なつき.やよい.
様々に異相の羅漢秋の寺 たか子 2 音吉.素秀.
明日香路や香り隠せず葛の花 明日香 2 音吉.あられ.
ゆっくりとシンバル鳴らす秋の蝶 明日香 1 豊実.
早秋の霖雨を零す軒の樋 せいじ 1 ぽんこ.
部活生にきびの子らの夏休み 智恵子 1 宏虎.
マンホール吸い込む雨の秋の声 ぽんこ 1 もとこ.
我が町の残る田一つ稲の花 満天 1 智恵子.
入院の父の髭伸ぶ秋暑し なつき 1 むべ.
傘に聞く秋霖の音やポストまで あひる 1 そうけい.
大銀杏秋の長雨受けて立ち はく子 1 満天.
病床のギターを持てば秋の歌 音吉 1 あひる.
秋霖や回数増やすスクワット もとこ 1 たかを.
たたら踏む青柿ひとつ又落ちて やよい 1 ぽんこ.
おはぐろをのらりくらりと追ふ河原 豊実 1 凡士.

8月19日 (投句20名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
クレーンの来て大鍋の芋煮会 みきお 8 満天.智恵子.なおこ.はく子.せいじ.あひる.たか子.なつき.
盆波や埠頭に船の軋む音 素秀 7 ぽんこ.はく子.音吉.明日香.なつき.よう子.そうけい.
お手水は龍の口より秋の声 たか子 5 たかを.素秀.満天.音吉.むべ.
秋霖や散歩に重き男傘 やよい 4 たかを.素秀.たか子.よう子.
かなかなと気づきしときは余韻のみ せいじ 3 宏虎.豊実.千鶴.
葉の揺れに雨のため息薄紅葉 明日香 3 智恵子.あられ.ぽんこ.
鳳仙花つい触れもして種飛ばし 智恵子 2 宏虎.あひる.
大葉摘む少しの穴は味のうち 凡士 2 むべ.千鶴.
秋霖や見舞ひ叶はぬ父思ふ なつき 2 あられ.せいじ.
取り敢えず朝の定番鮭を焼く ぽんこ 1 凡士.
秋出水アンダーパスの水飛沫 素秀 1 そうけい.
自転車のペダル重たし野分かな むべ 1 もとこ.
カンパネラ聴けば白雨の乱れ打つ あひる 1 やよい.
頼りにす雨雲レーダー秋の空 明日香 1 こすもす.
側溝をきらめき奔る秋の雨 あひる 1 明日香.
長雨の雨の隙間の秋の蝉 豊実 1 凡士.
勤怠の光るお座布の残暑かな そうけい 1 もとこ.
百日紅散りて道端華やげり こすもす 1 豊実.
秋黴雨県庁灯る知事の部屋 よう子 1 やよい.
蕭蕭と降る長雨やそぞろ寒 智恵子 1 こすもす.
うなだれる向日葵の首雨上り みきお 1 なおこ.

8月18日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一両車の踏切待ちや野路の秋 こすもす 6 むべ.ぽんこ.はく子.もとこ.よう子.明日香.
鈴虫の初音に憩ふ奥座敷 智恵子 4 ぽんこ.あられ.もとこ.なつき.
読経と木魚に和して蝉しぐれ 凡士 4 隆松.たかを.宏虎.音吉.
鬼灯の上手く鳴らせぬ苦みかな あひる 4 たかを.たか子.智恵子.こすもす.
草堂を風吹きぬけて秋の蝉 凡士 3 たか子.せいじ.やよい.
秋霖のまっすぐに降る竹林 よう子 3 豊実.あひる.やよい.
終活の遅々と進まぬ曝書かな もとこ 3 宏虎.むべ.凡士.
秋霖の泥試合なり甲子園 満天 2 凡士.千鶴.
静やかに夕かなかなや雨後の庭 せいじ 2 智恵子.あられ.
早朝のサーブ練習涼新た ぽんこ 2 豊実.こすもす.
秋の宮べんがら格子閉じしまま たか子 2 素秀.みきお.
警報の出でし秋霖パンを焼く やよい 2 そうけい.みきお.
秋霖のただ落ちつづく大玻璃戸 あひる 2 はく子.よう子.
山積みの書類をほぐす休暇明け 豊実 2 素秀.明日香.
秒読めばひたと雨やむ大文字 音吉 2 あひる.そうけい.
病みあがり薬湯浸かる終戦日 むべ 1 なつき.
数珠玉の育ちに育つ休耕田 こすもす 1 菜々.
秋霖や鷺ひと飛びに山帰る 素秀 1 満天.
入院の父へ新聞終戦日 なつき 1 菜々.
雨止むや山火事のごと霧立ちて 明日香 1 せいじ.
竹の春寺苑を包み明るうす たか子 1 満天.
物の影なべて柔らか秋めけり みきお 1 千鶴.
長雨の晴れて上弦耿耿と 智恵子 1 音吉.

8月17日 (投句23名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雨の日はただいんげんの筋取りぬ もとこ 7 音吉.隆松.たかを.豊実.よう子.凡士.千鶴.
京路地の町屋に古りし秋簾 みづき 6 音吉.ぽんこ.あられ.満天.素秀.みきお.
めまといや登校の列乱したる みきお 5 ぽんこ.やよい.そうけい.明日香.よう子.
マネキンの赤きドレスや秋暑し 満天 4 あひる.もとこ.なつき.凡士.
茄子漬の頃合いよきをコップ酒 凡士 4 智恵子.宏虎.はく子.もとこ.
山寺を下る背中に残る蝉 素秀 3 むべ.たか子.みきお.
五重の塔照らす炎の万灯会 ぽんこ 3 満天.こすもす.なつき.
秋雨に濡れそぼつなり鷺一羽 隆松 3 あられ.宏虎.むべ.
朝焼けに霊峰富士のシルエット 智恵子 2 やよい.こすもす.
青無花果数ふるたびに違う数 あひる 2 智恵子.豊実.
蜩や夕日はなさぬガラシャ像 凡士 2 そうけい.素秀.
おりんの音仏具置き換ふ子らの盆 そうけい 1 せいじ.
新築のユニットバスに菊湯かな 音吉 1 たかを.
一階の寝間には近き虫の声 むべ 1 隆松.
三日月やスカイツリーの上に吊られ 智恵子 1 はく子.
記念樹に桃ひと玉の結実す あひる 1 せいじ.
盆の雨降りみ降らずみおんな坂 たか子 1 千鶴.
子の電話遠くに聞くや秋の暴雨 そうけい 1 あひる.
コロナ禍を流してしまへ秋黴雨 豊実 1 たか子.
法師蝉急階段を励ましぬ たか子 1 みづき.
椿の実弾け笑顔やブローチに 満天 1 明日香.
酔芙蓉赤く身を染め閉じにけり はく子 1 みづき.

8月16日 (投句22名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
祖母直伝すいとん捏ねる終戦日 もとこ 4 豊実.智恵子.やよい.みきお.
雨止んで白雲流る敗戦日 満天 4 たかを.宏虎.明日香.素秀.
雨の中鬼灯ともる墓苑かな なつき 4 あられ.はく子.明日香.うつぎ.
新聞をきれいに畳む敗戦日 なつき 4 むべ.豊実.たか子.もとこ.
岸に依る流灯そつと童女つく 素秀 3 音吉.せいじ.そうけい.
自衛隊千人力の秋出水 音吉 2 たかを.宏虎.
鳥威しピンクのリボン風走る よう子 2 隆松.もとこ.
終戦忌あんたはよかと老いし母 せいじ 2 こすもす.ぽんこ.
遺されし硯を洗ふ夕ごころ 素秀 2 はく子.たか子.
鬼灯や海に落ち込む陽の色に あひる 2 あられ.素秀.
墓洗ふ手を急かせたる法師蝉 凡士 2 あひる.せいじ.
新涼や少しこの身も構わねば たか子 2 凡士.うつぎ.
蜩に目覚める郷の至福かな 智恵子 1 千鶴.
終戦日父の腕には弾の破片 こすもす 1 ぽんこ.
括られて揺れるコスモス五能線 みきお 1 智恵子.
身を屈め牧師落ち葉の掃除中 あひる 1 むべ.
球宴に雨降り続く終戦日 豊実 1 満天.
水澄むや底に動かぬ魚の影 やよい 1 みきお.
残暑去るほどにはならずつづく雨 満天 1 こすもす.
精霊舟泳ぎて沖の潮に乗す 凡士 1 千鶴.
リモートでご詠歌あげる子等の盆 明日香 1 やよい.
秋見舞明るきこえを思い切り 音吉 1 あひる.
人の世に戻る事無く走馬灯 宏虎 1 音吉.
コロナ禍に翻弄されて終戦日 はく子 1 満天.
鎮魂の記事で埋まる原爆忌 みきお 1 みづき.
かろうじて見ゆる中洲や秋出水 むべ 1 みづき.
浜茶屋のポツンポツンや浜は秋 こすもす 1 凡士.

8月15日 (投句24名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
門火たく倅の髪に白いもの 6 音吉.なつき.ぽんこ.もとこ.凡士.うつぎ.
絵日記に浮輪と海と太陽と 智恵子 4 こすもす.みきお.なおこ.やよい.
園庭の西瓜がおやつ保育園 やよい 4 たかを.明日香.はく子.こすもす.
盆僧の代替わりして大き声 明日香 4 音吉.せいじ.そうけい.素秀.
新涼の堂開け放しヨガの昼 はく子 4 満天.豊実.なおこ.やよい.
挨拶に返す駄洒落や生身魂 隆松 4 豊実.明日香.素秀.よう子.
亡き夫の机の塵や秋灯下 むべ 3 たか子.みきお.もとこ.
父母に夫を返しし墓洗ふ うつぎ 3 たかを.なつき.千鶴.
夫の筆跡残る手桶や墓参り こすもす 3 むべ.智恵子.はく子.
警報の止まぬスマホや夏出水 みきお 2 隆松.満天.
それぞれの思ひ出話雨の盆 せいじ 2 あひる.そうけい.
子と孫と女ばかりで墓洗ふ 素秀 1 あひる.
ちぎれ耳敗れて帰る猫の恋 みきお 1 むべ.
秋立つや改札出でて父の顔 凡士 1 あられ.
故郷へ道遠くする秋出水 あひる 1 せいじ.
独り来て独りごちつつ墓洗ふ うつぎ 1 千鶴.
新涼や瀬音の抜ける木立道 隆松 1 よう子.
蜩やランプの灯る露天の湯 凡士 1 智恵子.
近江路へ青春切符握る汗 よう子 1 あられ.
秋出水被害は無いか子等の上(え)に たか子 1 宏虎.
小声では届かぬ会話秋暑し たか子 1 うつぎ.
何もかも投げ打ち避難秋出水 ぽんこ 1 隆松.
銀シャリの白が眩しく敗戦日 宏虎 1 たか子.
跳ねる音も打ち叩く音も驟雨かな あひる 1 宏虎.
礼状の達筆滲む秋の雨 なつき 1 ぽんこ.
ひもすがら寝釈迦よろしく雨の盆 せいじ 1 凡士.

8月14日 (投句22名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
割箸の足しっかりと茄子の馬 うつぎ 7 たかを.隆松.やよい.ぽんこ.たか子.凡士.もとこ.
父見舞ふ一日早き盆の客 なつき 5 素秀.邑.あひる.よう子.むべ.
秋涼し切子グラスに花一輪 はく子 4 満天.やよい.むべ.なつき.
せせらぎの飛沫に光る草紅葉 智恵子 3 満天.はく子.みきお.
秋雨や煙糸引く登り窯 素秀 3 千鶴.せいじ.うつぎ.
逆光に此処ぞと震ふ蝉の腹 豊実 3 あられ.千鶴.たか子.
新涼や日除けの雨戸を開け放ち そうけい 3 智恵子.こすもす.よう子.
盆用意不要不急のふたりかな もとこ 2 邑.なつき.
恙なき日を終え閉じる芙蓉かな 満天 2 たかを.そうけい.
向日葵は児らの友達百の顔 うつぎ 2 ぽんこ.みきお.
落ちてなほ艶めく柿の青さかな やよい 2 音吉.明日香.
青柿のころがる二月堂の径 凡士 2 音吉.はく子.
懸命に仏具磨いて盆を待つ 明日香 2 智恵子.宏虎.
朝顔の倒れたままに延ばす蔓 素秀 2 あられ.豊実.
秋雨や野菜小脇に一走り たかを 2 豊実.素秀.
総菜のトレイは木舟夕焼け道 よう子 1 せいじ.
裏山に家立ち並ぶ墓参かな なつき 1 あひる.
庭隅をまさぐり三個茗荷の子 凡士 1 うつぎ.
大木の万の蝉声昼下がり みきお 1 そうけい.
テレビ今終戦ドラマ夏座敷 菜々 1 こすもす.
サイホンの粗挽き点てる秋黴雨 ぽんこ 1 もとこ.
粉まみればあちゃんの塗る天花粉 智恵子 1 隆松.
眉間皺ゆるむ親父{おやじ)や冷奴 みきお 1 凡士.
籠もりいて聴き入る音色驟雨かな あひる 1 宏虎.
雨音を虫の音が追ふ朝かな むべ 1 明日香.

8月13日 (投句23名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
語らひの途切れて小さき虫の声 あひる 7 かえる.あられ.素秀.なつき.千鶴.凡士.うつぎ.
旅一夜阿呆となりし阿波踊 宏虎 7 たかを.みきお.やよい.ぽんこ.はく子.こすもす.もとこ.
音高く香を広げゆく草刈機 やよい 5 たか子.豊実.せいじ.明日香.満天.
水田を見回る爺の半ズボン せいじ 4 たかを.豊実.そうけい.音吉.
プールから塾へと走る六年生 凡士 4 むべ.智恵子.みきお.菜々.
傘さして散歩また良し秋の雨 やよい 4 素秀.こすもす.菜々.なおこ.
萍や陣取りをする田の面 よう子 4 かえる.そうけい.明日香.うつぎ.
朝涼や憤怒やわらぐ不動尊 菜々 3 たか子.満天.よう子.
涼風に触れてミントの葉の香り あひる 2 せいじ.なおこ.
風鐸の初音聴くなり初嵐 智恵子 2 あられ.千鶴.
草の実の払ひ忘れて膝の裏 素秀 2 やよい.あひる.
皺伸ばし父の髭剃る今朝の秋 なつき 2 むべ.凡士.
賤ヶ岳ガイドの指呼す遠青嶺 うつぎ 2 宏虎.よう子.
遠山に雲遠く湧く晩夏かな 凡士 2 ぽんこ.なつき.
露踏んでおふどうさんまで朝散歩 菜々 1 はく子.
知らせたく山法師の実ポケットに 豊実 1 あひる.
病む父の夢見て起きる明易し なつき 1 智恵子.
墓洗う亡父は天駆け不在かな たかを 1 もとこ.
秋蟬や雨止まずとも鳴き続く 明日香 1 宏虎.
とんぼうに出会えば指をくるくると はく子 1 音吉.

8月12日 (投句18名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
足裏を砂崩れゆく晩夏かな 凡士 6 豊実.せいじ.むべ.邑.よう子.あひる.
寄す波の黄金に燃ゆる夕の秋 智恵子 5 宏虎.ぽんこ.音吉.うつぎ.なつき.
朝焼けの薔薇色となる刹那かな あひる 4 菜々.素秀.たか子.うつぎ.
という間の逆転ゲーム炎天下 こすもす 3 満天.ぽんこ.やよい.
盆用意長押の遺影と語りつつ 菜々 3 智恵子.もとこ.凡士.
颱風来折り畳まれしクレーン車 せいじ 3 はく子.こすもす.よう子.
文机に飼猫デンと夏座敷 たかを 3 邑.みきお.こすもす.
整列に背伸びの混じり向日葵田 うつぎ 3 たかを.素秀.あひる.
看取り人うたた寝尽きぬ短夜かな なつき 3 智恵子.もとこ.凡士.
秋風や讃岐平野のまろき山 素秀 3 満天.あられ.音吉.
爽やかや選手宣誓甲子園 満天 2 かかし.みきお.
顔知らぬ先祖の霊も墓掃除 宏虎 2 豊実.千鶴.
蜩の峠に続く杉木立 素秀 2 たかを.そうけい.
加茂野菜並ぶ御膳や夏座敷 もとこ 2 菜々.なおこ.
道極暑己が影さえちぢこまる 菜々 2 そうけい.はく子.
潮の香のカフェテラスや夏惜しむ 凡士 2 なおこ.なつき.
鰯雲老いる楽しみ見つけたり 明日香 2 むべ.かかし.
娘の白き部屋をピンクに朝焼くる あひる 1 せいじ.
朝戸繰る初めて涼し空見上ぐ 明日香 1 千鶴.
盆僧はあと何軒とあたふたと たか子 1 明日香.
庭の草あふれ差したる墓参かな なつき 1 明日香.
仏壇の位牌を拭う盆用意 ぽんこ 1 宏虎.
薄明かりの駐車場今虫の秋 こすもす 1 やよい.
撒水車大地の遊糸鎮めたり 智恵子 1 あられ.
水田の一枚は池軽鳧遊ぶ せいじ 1 たか子.

8月11日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鰺フライ匂ふ夕凪島の路地 凡士 9 たかを.せいじ.そうけい.むべ.素秀.もとこ.豊実.花茗荷.なおこ.
前足で踏ん張る蟇の面構え みきお 6 かかし.宏虎.もとこ.豊実.ぽんこ.千鶴.
持て余す椅子で昼寝の子らの足 そうけい 6 かかし.宏虎.凡士.ぽんこ.なつき.やよい.
わが影と遊ぶ池の面赤とんぼ やよい 4 素秀.明日香.菜々.なつき.
雲海の解けてパノラマ駿河湾 智恵子 4 たかを.そうけい.花茗荷.やよい.
咆哮は雲の奥から颱風来 せいじ 3 たか子.なおこ.うつぎ.
港湾の風にぞめきの遠音あり 素秀 3 あひる.たか子.千鶴.
草分けて地這いの胡瓜ここにあり たかを 2 凡士.こすもす.
キトラ古墳タイムトンネル抜けて秋 明日香 2 あられ.せいじ.
豚汁の何もかも入れ野分中 もとこ 2 あられ.むべ.
稲妻を捕らへて窓にタモの影 素秀 2 智恵子.音吉.
ポケットのスマホ重しや半ズボン よう子 1 うつぎ.
桑の実を山に一礼摘み帰る 智恵子 1 満天.
秋暑しQRコードのやうな柄 うつぎ 1 満天.
秋立つや緑湛える落羽松 豊実 1 音吉.
台風や掃き清めたる天真青 むべ 1 あひる.
芒原風を自由に操りぬ みきお 1 明日香.
海岸で花火揚がると二人ずれ 宏虎 1 菜々.
秋の草添へて名句を寿ぎぬ たか子 1 智恵子.
野分後ひとり庭掃く妻の留守 せいじ 1 こすもす.

8月10日 (投句22名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
突風に巻き上げられし秋簾 せいじ 7 宏虎.満天.たかを.ぽんこ.なおこ.凡士.うつぎ.
拝殿へ磴百段や蝉しぐれ やよい 6 隆松.満天.みきお.なおこ.凡士.もとこ.
磨崖仏超へて里へと赤とんぼ 智恵子 5 隆松.たかを.明日香.もとこ.そうけい.
大宇宙カタツムリほどの距離歩く みきお 4 花茗荷.やよい.あられ.そうけい.
颱風の風のなすまま鎖樋 せいじ 4 ぽんこ.こすもす.あられ.うつぎ.
押し合ひて葡萄の粒の歪みをり あひる 3 豊実.智恵子.よう子.
病める身の湯浴み蜩かすかなり むべ 3 素秀.花茗荷.千鶴.
くまぜみの骸を除けてたたら踏む たか子 3 せいじ.素秀.かえる.
髪洗ふ言はぬと決めし隠し事 なつき 3 たか子.せいじ.むべ.
星六つひとつ忘れて天道虫 凡士 3 むべ.音吉.なつき.
薄の穂風の形に靡きけり みきお 2 かえる.なつき.
病葉や蝶舞ふごとく落ちにけり なつき 2 智恵子.みきお.
木の葉舞う野分の雲に届くかに あひる 2 明日香.千鶴.
どの木より鳴くか六甲法師蝉 宏虎 1 音吉.
原爆忌マイクが拾ふ風の声 うつぎ 1 たか子.
涼風を残して俄雨あがる 菜々 1 あひる.
不要不急にあらず一泊の帰省 こすもす 1 やよい.
水遣りのホースの先に小さき虹 凡士 1 あひる.
台風の熱気と湿気置き去りに 満天 1 こすもす.
台風の近し重機の音止まず たかを 1 豊実.
夏果つやミッドフィルダー号泣す もとこ 1 よう子.
屋上のテントの唸り野分雲 ぽんこ 1 宏虎.

8月9日 (投句19名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蓮青葉大きく揺れて風の道 みきお 5 そうけい.菜々.明日香.むべ.あひる.
校庭に椿の実乾す島の子ら 智恵子 4 ぽんこ.凡士.はく子.やよい.
光と影交叉し五輪夏果てる たか子 4 宏虎.満天.千鶴.こすもす.
氷枕融けゆく音や秋立てり むべ 4 豊実.みきお.よう子.こすもす.
石仏の光背となす花桔梗 ぽんこ 4 あられ.菜々.満天.千鶴.
星見上ぐ出窓に侘し夜鳴き蝉 智恵子 3 かえる.あられ.なおこ.
向日葵の海を泳いで帰省の子 凡士 3 たかを.明日香.もとこ.
瞑想の脳裏に沁むる蝉の声 豊実 3 せいじ.智恵子.うつぎ.
糸取り女差し出す繭の軽きかな よう子 2 むべ.ぽんこ.
悲しみで埋まる紙面や原爆忌 みきお 2 なおこ.はく子.
落下する青柿一つ音一つ たかを 2 豊実.かえる.
暖簾揚げ水打ちてより法善寺 凡士 2 そうけい.たか子.
風の音水の音して秋来たる 宏虎 2 たか子.よう子.
妻の穿く絣の部屋着夜の秋 せいじ 2 智恵子.やよい.
入院を拒みて父の盆支度 なつき 2 凡士.うつぎ.
青鷺の子育て終えし宮の杉 明日香 2 なつき.素秀.
皇子の墓裾に彩る千草かな 明日香 1 あひる.
列島へ台風ふたつ大会終ゆ 満天 1 なつき.
残る蝉鳴きつぐ声の嗄れいる たか子 1 素秀.
切り取りは自由てふ札ひまわり田 こすもす 1 せいじ.
ディスタンスして電線の夏つばめ やよい 1 隆松.
ランナーを朝日の押して夏終わる 素秀 1 もとこ.
留守宅の前栽枯るる残暑かな 宏虎 1 みきお.
秋暑し短髪がなほ選択肢 せいじ 1 宏虎.
自撮りして顔だけ見える向日葵田 こすもす 1 隆松.
アイスコーヒーきっかり三時母の午後 あひる 1 たかを.

8月8日 (投句21名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋立つや露地を曲がれば余り風 たか子 7 素秀.たかを.やよい.音吉.かえる.花茗荷.凡士.
海鳴りの砂丘越へ来る晩夏かな 凡士 6 智恵子.あひる.なつき.音吉.はく子.ぽんこ.
ががんぼの頼りなき脚壁叩く みきお 5 むべ.豊実.明日香.たか子.よう子.
綺羅波や果ては秋立つ伊吹山 隆松 5 智恵子.あられ.宏虎.せいじ.もとこ.
式典の炎のゆらぎ原爆忌 豊実 4 むべ.明日香.千鶴.みきお.
吾が影の白壁に濃し今朝の秋 凡士 4 あられ.あひる.もとこ.花茗荷.
原爆忌言霊重し車椅子 智恵子 3 満天.ぽんこ.たか子.
看取り夜のカレーに煮込む夏野菜 なつき 3 隆松.よう子.凡士.
泉水の鯉の後追ふ蜻蛉かな ぽんこ 2 そうけい.たかを.
夕立や大音量で観る五輪 なつき 2 素秀.やよい.
体操の人口増えし今朝の秋 せいじ 2 宏虎.こすもす.
真青なる空に綿雲今朝の秋 満天 2 せいじ.菜々.
歩み止めしばし見つめる虹の橋 みきお 2 かえる.こすもす.
古寺の池泉に泳ぐ鯉さやか 智恵子 1 なおこ.
冷コーのストローつつき聞き流す もとこ 1 はく子.
描きあぐオリーブの実を艶々と あひる 1 千鶴.
からだ中悲鳴をあぐる夏の果 やよい 1 満天.
犬走に木漏れ日揺れる秋立つ日 こすもす 1 みきお.
雲の峰夕日に染まりて崩れけり はく子 1 そうけい.
図鑑見るみんみん蟬の顔 忘れ 明日香 1 菜々.
病院へぼつぼつ歩き桐一葉 宏虎 1 なおこ.
八月や予定もなくて暦白 宏虎 1 なつき.
採れたてのゴーヤ並べて品定め 素秀 1 豊実.

8月7日 (投句20名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
吊革の手に老いをみる晩夏かな 凡士 6 たかを.素秀.ぽんこ.もとこ.花茗荷.むべ.
言い過ぎた言葉戻らず遠花火 明日香 5 あられ.豊実.ぽんこ.みきお.むべ.
出払ひし看護詰所や夜の秋 むべ 5 豊実.千鶴.素秀.たか子.よう子.
聞き入りし平和宣言蝉時雨 こすもす 4 満天.みきお.なおこ.明日香.
手花火の消えぬまに火を手花火に 素秀 4 せいじ.あひる.花茗荷.凡士.
テニスベンチ火照る体に風は秋 ぽんこ 3 やよい.はく子.たか子.
語り部の若き女性や原爆忌 満天 3 宏虎.はく子.なつき.
石磴の手摺に残る暑さかな ぽんこ 3 かえる.明日香.そうけい.
手を繋ぐお揃い浴衣従兄妹どち もとこ 3 智恵子.あひる.そうけい.
夕風や汗と笑顔のメダリスト はく子 2 満天.なおこ.
夜店の灯透けるヨーヨー・レインボー 智恵子 2 あられ.隆松.
片陰のあれば饒舌朝散歩 あひる 2 よう子.凡士.
繭の糸引き尽くされし蛹かな よう子 2 やよい.千鶴.
嬌声や嫁とり合戦牛蛙 やよい 2 たかを.なつき.
開演は六時六分今朝の蝉 あひる 2 かえる.音吉.
海隔て島に満ちたる星月夜 宏虎 1 せいじ.
低空を本気で飛ぶか夏燕 たかを 1 宏虎.
パジャマ替ふ父と黙祷原爆忌 なつき 1 もとこ.
今日の雲白黒グレー秋近し 明日香 1 こすもす.
風と雲たしかに違う秋初め たか子 1 こすもす.
ガッツポーズ土星たどりて会ふ流星 そうけい 1 智恵子.
日盛りに影濃き飛機の離陸せり 素秀 1 音吉.

8月6日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
悼む日を連ねて重き八月来 たか子 6 素秀.満天.はく子.むべ.こすもす.よう子.
切っ先に朝露ひかる稲の青 やよい 5 豊実.せいじ.あられ.千鶴.かえる.
朝戸繰るわっと飛び込む蝉の声 やよい 5 明日香.よう子.たか子.凡士.かえる.
花火師の中洲引き上げ夏終わる 智恵子 4 はく子.もとこ.やよい.たか子.
見おろせば白滝小さし大吊橋 あひる 3 宏虎.素秀.なつき.
瀬の音に風鈴和して城下町 こすもす 2 隆松.そうけい.
稚(やや)を背に鎌研ひでをり草刈女 みきお 2 たかを.凡士.
パン食を熱き味噌汁今朝の秋 宏虎 2 ぽんこ.なつき.
軒並みに水遣り路地の夕凉し そうけい 2 満天.こすもす.
折鶴をひとつ捧げて広島忌 凡士 2 宏虎.智恵子.
山滴る古道に休む王子跡 凡士 2 あられ.千鶴.
三伏やスンドゥブチゲの喉を焼く もとこ 2 あひる.智恵子.
銀漢や等身大の暮らしあり みきお 2 豊実.やよい.
感染の噂身近に原爆忌 なつき 1 もとこ.
夕映えの茜褪せ行く夏惜しむ はく子 1 ぽんこ.
風鈴のいづ方よりか夜の静寂 はく子 1 せいじ.
じんべ着て手足の長き男の子かな なつき 1 あひる.
休憩の水分補給垂れる汗 豊実 1 そうけい.
草茂りゴール朽ちゐるサッカー場 素秀 1 明日香.
居並びて氷菓掲げて記念フォト あひる 1 たかを.
車椅子押す両腕の風は秋 せいじ 1 むべ.

8月5日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
満天の星屑うかべ夜のプール 凡士 7 あられ.たかを.せいじ.みきお.やよい.千鶴.なつき.
帰省子の恋持て帰る夕かな 素秀 6 たか子.はく子.むべ.やよい.あひる.よう子.
一病の夫の味方や冷奴 もとこ 4 隆松.豊実.よう子.素秀.
売地てふ看板越えて草茂る せいじ 4 豊実.明日香.なつき.素秀.
早朝の畑に蚊遣火煙らせて やよい 3 ぽんこ.明日香.こすもす.
松古木干からぶままの蛇の衣 素秀 3 たかを.みきお.こすもす.
怒るごと砂利踏む音や原爆忌 なつき 3 むべ.あひる.もとこ.
風に揺る青田の彩の様々に 明日香 3 宏虎.はく子.そうけい.
脳裏より離れぬ写真原爆忌 あひる 2 宏虎.満天.
草刈って匂ひたちたる休耕田 やよい 1 あられ.
百日紅に続く並木や百日白 あひる 1 千鶴.
葡萄の木慣れぬ手つきの袋かけ こすもす 1 凡士.
ピッチャーに氷たっぷり浜のカフェ 智恵子 1 せいじ.
所在なき一と日を終えし大西日 明日香 1 満天.
街角のおしろいばなや香のゆふべ あられ 1 もとこ.
札の辻北国街道炎暑かな よう子 1 たか子.
闇に咲く大輪の花夏の果て 智恵子 1 そうけい.
じり立ちて牧場の草を潤せり むべ 1 智恵子.
原爆忌語り部として老結ぶ 宏虎 1 智恵子.
休耕田たちまち占める泡立草 みきお 1 ぽんこ.
ビタミン剤多めに飲んで暑気払い たか子 1 凡士.

8月4日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手に図鑑小さき背中の捕虫網 豊実 8 ぽんこ.千鶴.はく子.みきお.こすもす.素秀.やよい.凡士.
甲板を袈裟斬りにして夏燕 素秀 5 千鶴.もとこ.なつき.かえる.よう子.
小玉西瓜はばきかせたる野菜室 あひる 4 宏虎.明日香.智恵子.せいじ.
父はさみ姉妹の会話団扇風 なつき 4 あられ.むべ.たか子.やよい.
中干しの田に浸み込みし夕立かな せいじ 4 豊実.隆松.あられ.素秀.
大夏野わけ入る先の地獄谷 素秀 4 ぽんこ.満天.あひる.たか子.
府境を跨ぎて天降る蝉しぐれ せいじ 3 明日香.もとこ.なつき.
もくもくと山峡走る夏の靄 明日香 2 あひる.みきお.
キッチンにハーブ匂ふや風涼し 満天 2 せいじ.凡士.
バックミラー万華鏡ごと遠花火 智恵子 2 隆松.かえる.
モール街歩き疲れて氷菓かな あひる 1 よう子.
花火果て川は滔々流れ闇 宏虎 1 たかを.
眉間皺深くなりけり旱星 みきお 1 豊実.
ディズニーシー子の夢叶ふ夏休み 智恵子 1 満天.
伸び上り外見る猫や網戸越し こすもす 1 宏虎.
日焼の子宿題日記まだ真白 凡士 1 はく子.
秋初め街の運河の水匂ふ たか子 1 むべ.
松風や窓ざわめきて秋近し 隆松 1 智恵子.
暑中見舞歌と映像スマホより 満天 1 こすもす.
賤ケ岳騎馬武者いづこ夏の霧 よう子 1 たかを.

8月3日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
巻貝の灼けたる殻に忘れ汐 素秀 8 たかを.たか子.せいじ.あられ.明日香.もとこ.むべ.よう子.
駆け回る三角ベースの夏野かな 凡士 5 豊実.なつき.はく子.あられ.みきお.
救急のサイレン止みて蝉時雨 むべ 4 隆松.豊実.素秀.もとこ.
早朝の揺らすカーテン秋近し 満天 3 はく子.みきお.千鶴.
賤ケ岳語り部の指呼の声涼し よう子 3 隆松.なつき.ぽんこ.
幹高し届けじいじの捕虫網 あひる 3 やよい.かえる.凡士.
鬼ごっこしているやうに赤とんぼ やよい 3 明日香.菜々.凡士.
放鳩が平和の願ひ原爆忌 みきお 2 智恵子.やよい.
天蓋を揺らし入り来る風は秋 智恵子 2 せいじ.あひる.
四方の蝉切り裂くゴルフショットかな せいじ 2 満天.あひる.
通り雨ほんのお湿り熱帯夜 智恵子 2 宏虎.こすもす.
川床の石に立つ波鮎に見え 明日香 1 千鶴.
もがく蝉起こすやいなやさっと逃ぐ こすもす 1 智恵子.
提灯の揺れて階段坂涼し 素秀 1 菜々.
打ち水の京の古町石畳 はく子 1 ぽんこ.
足早やに読経赴く紗の衣 ぽんこ 1 かえる.
父の爪切りて飛び散る今朝の秋 なつき 1 素秀.
蜻蛉の時には水輪書きもして やよい 1 よう子.
風死すやキャンセル多しカレンダー もとこ 1 宏虎.
炎天を白衣走ってドクターヘリ 凡士 1 こすもす.
凪止んで徐々に海の香匂ひけり みきお 1 たか子.
町猛暑家解体の掘削機 満天 1 たかを.
動乱を生き抜き昭和生身魂 宏虎 1 満天.
山国の闇に沈みぬ麦の秋 宏虎 1 むべ.

8月2日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風鈴の舌垂れてゐる午後六時 凡士 7 たかを.たか子.あられ.宏虎.そうけい.更紗.素秀.
勝ちし子の腕の太さよ宮相撲 宏虎 5 せいじ.もとこ.こすもす.ぽんこ.なつき.
おままごと摘まれて悲し茄子の花 智恵子 5 隆松.宏虎.そうけい.明日香.やよい.
病む父の声に張り出づ盆支度 なつき 5 たかを.たか子.あひる.凡士.やよい.
日照雨して蝉一斉の黙に入る たか子 5 せいじ.明日香.こすもす.千鶴.むべ.
脱げるもの脱いで炎暑を過ごしたり なつき 4 豊実.更紗.凡士.よう子.
父母祖母と逝きし古家の端居かな もとこ 4 智恵子.はく子.みきお.千鶴.
仮設住宅五年目の窓葭簀かな 凡士 2 智恵子.みきお.
奥蝦夷に願ふ間もなく星流る むべ 2 あられ.かえる.
泣き崩れたりしペテロや蝉しぐれ せいじ 2 なつき.むべ.
夏川の太き水脈曳く防災船 素秀 1 あひる.
打ち水の座敷へ風を誘へり はく子 1 豊実.
蓮の葉を雨つぶひとつ水輪生る 素秀 1 かえる.
二階まで届く向日葵見上げる子 みきお 1 満天.
雷鳴に猫や小走りそつと入る たかを 1 満天.
ペチュニアの門に風待つ昼さがり あひる 1 ぽんこ.
空蝉に土の匂ひの有りにけり 宏虎 1 隆松.
ペットボトル片手の僧の薄衣 こすもす 1 よう子.
夏座敷語り部は爺ホラー聴く 智恵子 1 もとこ.
朝風や湖ぬるま湯にして晩夏 隆松 1 素秀.
撥あげて祭りの準備園児たち たかを 1 はく子.

8月1日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
最果てに棄農の地あり夏の草 むべ 5 満天.たか子.かえる.なつき.もとこ.
法話聞く皆に首振る扇風機 なつき 5 たかを.豊実.あひる.はく子.もとこ.
水甕を宇宙としたるめだかの子 たか子 4 ぽんこ.満天.むべ.凡士.
草笛を吹いてかるがる一輪車 凡士 4 たかを.明日香.みきお.なつき.
分けつの葉先は剣青田風 あひる 4 せいじ.隆松.素秀.千鶴.
夏帯をきりりと女将帳場へと 凡士 4 ぽんこ.素秀.あられ.たか子.
走り根の周りポコポコ蝉の穴 せいじ 2 明日香.凡士.
久々の大夕立や地熱下げ 満天 2 智恵子.こすもす.
飛蝗今脱皮を終えて静かなり こすもす 2 豊実.むべ.
芋虫の大糞(おおまり)青し庭の畑 やよい 2 せいじ.はく子.
思ひ出に浸るひと時藤寝椅子 みきお 2 智恵子.宏虎.
落蟬や宙を掴みて合掌す 明日香 2 あられ.千鶴.
ペダル止め下る坂道夏木立 豊実 2 みきお.かえる.
打ち水に虹を作りて楽しめり はく子 1 隆松.
屋上に一席設け遠花火 智恵子 1 こすもす.
吊り橋や渓谷渡る風涼し 智恵子 1 宏虎.
噴水や天を突いたり崩れたり たか子 1 あひる.

7月31日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
泥鰌鍋上がり框の黒光り 凡士 8 あられ.たか子.やよい.みきお.花茗荷.こすもす.なつき.もとこ.
山鳩のこゑの涼しき生家かな 更紗 6 あひる.せいじ.素秀.みきお.むべ.なつき.
草いきれ平均寿命越えにけり 宏虎 3 豊実.やよい.かかし.
スクワット数える頭上百日紅 たか子 3 満天.ぽんこ.むべ.
熱帯夜窓全開の夜明け前 そうけい 3 智恵子.凡士.かえる.
炎昼や俥夫はただいま昼寝中 凡士 3 智恵子.はく子.千鶴.
出揃いし稲穂の揺るる車窓かな こすもす 2 かかし.かえる.
採れたての無人販売夏野菜 みきお 2 豊実.宏虎.
竹生島湖を消したる大夕立 宏虎 2 そうけい.満天.
籠り居を励ますメール日々草 あひる 2 そうけい.明日香.
トロッコを漕ぎて廃線若葉風 智恵子 2 たかを.花茗荷.
みそはぎに旅立つ朝の急雨かな そうけい 2 あひる.せいじ.
晩夏光うぐいす張りの方丈へ 明日香 2 たか子.ぽんこ.
街角に小さき祠桔梗咲く ぽんこ 2 たかを.こすもす.
諺を子と競い会う夏休み こすもす 1 素秀.
透きとほる積丹ブルー夏の潮 むべ 1 あられ.
家々の狭間に残る青田かな たかを 1 明日香.
駅流る祇園囃子も控えめや もとこ 1 千鶴.
刈って積む夏草匂ふ川沿ひに 満天 1 凡士.
日盛りに影の動かぬシルバーカー 素秀 1 もとこ.
マスクの顎上がり着きたる夏遍路 なつき 1 はく子.
鬼百合に元気もらふや真昼かな 満天 1 宏虎.

過去一覧

2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site