成績一覧

過去一覧

7月23日 (投句27名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
赤子の手握る兄ちゃん日焼けの手 康子 5 えいじ.かえる.はく子.ぽんこ.こすもす.
男衆の掛け声一気辻回し 山椒 5 智恵子.せいじ.たか子.千鶴.風民.
雨晴れて杜を震わす蟬しぐれ かえる 4 山椒.はく子.よし女.明日香.
一興に空蝉つけし草を活け なつき 3 むべ.澄子.千鶴.
まどろみし老母の一日や夏の月 あひる 3 きよえ.えいいち.みきお.
妻の呼ぶ鉢の西瓜の実の結び えいいち 2 きよえ.たかを.
真桑瓜さくさく食んで今日を終ふ あひる 2 澄子.風民.
水鉄砲子の合戦に溢る風呂場 そうけい 2 えいじ.よし女.
神苑はさながら蝉の晴舞台 せいじ 2 董雨.康子.
濁り池緋鯉の跳ねる水しぶき ぽんこ 2 みきお.みきえ.
落日を孕みしごとき雲の峰 せいじ 2 満天.たか子.
天井にねぶた金魚の泳ぎけり 澄子 2 ふさこ.あひる.
一口は下戸でも美味し生ビール こすもす 2 康子.明日香.
夏薊雨にも日にも凛と立つ 満天 2 愛正.むべ.
独り言多き職人大暑かな みきえ 2 えいいち.もとこ.
新オフィス青大将を跨ぎ入る むべ 1 あひる.
素振りするバットの音へ蝉時雨 康子 1 満天.
枕言ひ噺家脱ぐや夏羽織 千鶴 1 かえる.
五目飯顔出す人参赤涼し よし女 1 ふさこ.
幸せてふバナナを剥きて朝餉とす えいじ 1 たかを.
万緑にしづかに埋もる廃旅館 かえる 1 みきえ.
赤錆びの溶け出す線路酷暑かな みきお 1 ぽんこ.
玉の汗熱きベランダへ子の布団 そうけい 1 智恵子.
瑠璃越しに響く風鈴風の路 澄子 1 董雨.
大花火見上ぐる姉の首細き たか子 1 もとこ.
石仏涼しき風の通ひ来る 風民 1 せいじ.
打ち水の瞬くうちに蒸発す 千鶴 1 こすもす.
落日のひょろりと長き影涼し 風民 1 山椒.
帰宅の子麦茶終わりと大騒ぎ 智恵子 1 うつぎ.
銀の道後戻りせぬなめくじら 明日香 1 愛正.
風通ふ青蘆の洲に鷺一羽 むべ 1 うつぎ.

7月22日 (投句27名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
瀬戸内の海を焦がして大花火 たか子 8 きよえ.智恵子.みきえ.康子.そうけい.みきお.こすもす.千鶴.
軒深き蕎麦屋の縁台風涼し かえる 7 愛正.満天.ぽんこ.ふさこ.はく子.千鶴.澄子.
空蝉の又増え吾子の宝箱 ふさこ 6 かえる.明日香.ぽんこ.もとこ.風民.なつき.
四肢拡げ微睡む闇の風涼し えいじ 5 智恵子.みきえ.そうけい.うつぎ.たか子.
頂きし遺品の書より雲母虫 明日香 4 かえる.せいじ.あひる.たか子.
朝蝉や日を呼ぶやうに鳴きはじむ えいいち 3 満天.山椒.よし女.
反射炉の昔語りへ蝉時雨 かえる 3 えいじ.うつぎ.風民.
片蔭の広きに待ちてすれ違ふ 風民 2 せいじ.澄子.
トラックの下枝触れ行く夏木立 むべ 2 たかを.ふさこ.
松手入れ師弟ともども無口なり みきお 2 もとこ.はく子.
朝顔の蔓は競うて宙泳ぐ せいじ 2 愛正.むべ.
人形座京へと上る鱧道中 千鶴 2 きよえ.あひる.
聞き分けて左右の耳の蝉しぐれ うつぎ 2 えいいち.なつき.
朝涼や昨日はごめんの孫のメモ そうけい 2 むべ.みきお.
片陰の貼り付いている石畳 風民 1 山椒.
デュランタの秋待ち顔に柵越えて せいじ 1 えいいち.
ぷかぷかとビーチサンダルどこへ行く 智恵子 1 たかを.
庭草の葉を食べ尽くし群ばった 董雨 1 明日香.
熱中症なりし顛末友語る 千鶴 1 こすもす.
梅雨明けの空は白雲むくむくと 満天 1 よし女.
シャワー室爪先立ちて海の家 智恵子 1 えいじ.
ベランダに満艦飾やつゆの明 むべ 1 康子.

7月21日 (投句26名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
高々とセンターフライ雲の峰 みきお 8 たかを.みきえ.山椒.えいいち.せいじ.あられ.なつき.こすもす.
口縄を追ふ子叫ぶ子泥まみれ ふさこ 6 愛正.ぽんこ.よし女.きよえ.あられ.うつぎ.
空突いて玉蜀黍の花の剣 風民 5 かえる.山椒.康子.きよえ.ふさこ.
お囃子の響く四つ辻宵祭 山椒 4 董雨.ふさこ.みきお.千鶴.
こうのとり飛交う空や大青田 こすもす 4 はく子.あひる.なつき.うつぎ.
夜店寄るお好み焼きは広島風 むべ 4 董雨.智恵子.こすもす.明日香.
綿菅や湿原に湧く白き雲 愛正 3 はく子.ぽんこ.みきお.
高窓に百日紅の花穂さやぐ あひる 3 もとこ.風民.澄子.
夜濯ぎの空を見上げる星の数 うつぎ 3 愛正.そうけい.澄子.
闇に頬打たれた気する螢の火 明日香 2 智恵子.むべ.
道狭し日を返し合ふ暑さかな 澄子 2 たか子.風民.
吹き抜ける風の階段夏館 山椒 2 かえる.みきえ.
と見る間に雫まみれやビヤジョッキ かえる 2 えいじ.せいじ.
背なを押す杖の進むや蝉時雨 きよえ 2 満天.そうけい.
大木を揺らす声あり万の蝉 みきお 2 たか子.千鶴.
足音にパッと逃げ散る蝌蚪の群 千鶴 1 たかを.
ルターの紋彷彿せしむ花むくげ せいじ 1 むべ.
野萱草どうにもならぬ老自覚 明日香 1 よし女.
熱帯夜夢のつづきの途切れたり なつき 1 満天.
木道を歩めば綿菅風に揺れ 愛正 1 明日香.
日盛りの坂降りて押す二輪かな みきえ 1 えいいち.
あんみつや土産ともらふ旅話 なつき 1 もとこ.
玻璃窓の豹変したり西日照る 風民 1 康子.
蹲に紅を散ずる百日紅 かえる 1 あひる.
目覚ましは蝉の合唱時計より 満天 1 えいじ.

7月20日 (投句25名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
水底に砂煙立つ鮎の影 みきお 7 かえる.愛正.董雨.あひる.ぽんこ.ふさこ.よし女.
人形と見紛う稚児や鉾祭 山椒 6 せいじ.董雨.みきお.千鶴.なつき.澄子.
朝蝉に和してくるくる卵とく あひる 5 えいじ.みきえ.きよえ.よし女.むべ.
売地訪ふ若き家族やひめじょをん 風民 4 えいじ.山椒.もとこ.こすもす.
取説の理解不能や油照り もとこ 4 たかを.そうけい.うつぎ.はく子.
月見池絶ゆることなき苔清水 愛正 3 智恵子.康子.なつき.
打水のお湯のしばらく蛇口より 満天 3 えいいち.ふさこ.風民.
風死せり猫さへ姿見せぬ路地 かえる 3 みきえ.はく子.明日香.
横綱を扇ぎ一礼大団扇 みきえ 3 満天.明日香.たか子.
白シャツの溢る名古屋の大相撲 みきえ 2 もとこ.そうけい.
本堂に流れるお教蝉時雨 みきお 2 愛正.智恵子.
空はあを海もあをなり夏の果て ふさこ 2 山椒.千鶴.
枝豆の殻行儀よく並べ食む あひる 2 かえる.たかを.
梅雨の明機体きらりと飛行雲 風民 2 ぽんこ.むべ.
甘酒をまずはと供すおもてなし たか子 2 あひる.康子.
睡蓮や水面の雲を呑み込みぬ 康子 2 せいじ.きよえ.
大蓮田つぼみは真つ直ぐ天を指し 康子 1 満天.
山裾の池面に揺るる夏木立 きよえ 1 風民.
瓜漬と握り飯食む引越日 むべ 1 みきお.
狭庭とて一度で済まぬ草を引く 董雨 1 たか子.
力石笠となしたる今年竹 ぽんこ 1 澄子.
夕涼庭木の間より赤き月 智恵子 1 こすもす.
ウィンドウをま白に叩く暴れ梅雨 えいじ 1 うつぎ.
ミニとまと朝日の色を貰ひけり よし女 1 えいいち.

7月19日 (投句29名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
片蔭は満員御礼信号待ち 康子 6 えいじ.董雨.かえる.山椒.ふさこ.みきお.
電車いまビルの途切れて西日さす えいじ 5 かえる.みきえ.たかを.よし女.もとこ.
提灯に浮かぶ山鉾宵祭り 山椒 5 みきえ.きよえ.せいじ.澄子.みきお.
鯉の口ひげを掠めて鬼やんま せいじ 4 はく子.あられ.ぽんこ.なつき.
ぎこちなく斧振り上ぐる子蟷螂 千鶴 3 董雨.愛正.たか子.
散歩して水鉄砲を喰らひけり かえる 3 きよえ.たかを.むべ.
小夜更けて雲間に赤き梅雨の月 はく子 2 たか子.よし女.
遅れ待つホームに涼し夜風かな みきえ 2 えいじ.明日香.
夏茶会恩師遺品の盆点前 きよえ 2 千鶴.なつき.
冷房の茶室に膝を崩しけり なつき 2 康子.澄子.
尺取の突っ張り見事空青し 明日香 2 愛正.もとこ.
悟りの窓に座してながむる青紅葉 董雨 2 満天.むべ.
寿司桶を母もあおぎし古団扇 もとこ 2 風民.千鶴.
摩天楼呑み込みそうや雲の峰 智恵子 2 こすもす.明日香.
空調服浮くやうにして草を刈る えいじ 2 せいじ.ふさこ.
散る蓮を受けて蓮葉の震へをり なつき 2 あひる.こすもす.
横臥する牛舎差し込む旱星 愛正 1 智恵子.
日傘手に交通誘導通学路 みきお 1 あられ.
部活の子飲み干してなほ玉の汗 かえる 1 風民.
嵐にも沈むことなしあめんぼう せいじ 1 山椒.
万緑やパステルカラーの幼稚園 康子 1 はく子.
辻回し若者の夏京に恋 ふさこ 1 智恵子.
紫陽花の毬一つずつ切り落とす よし女 1 えいいち.
断捨離の残した服で更衣 うつぎ 1 康子.
滝垢離の「白衣あります」行者寺 うつぎ 1 ぽんこ.
乳牛やまわる大型扇風機 みきお 1 あひる.
鉄塔の総みの眩し梅雨の明 そうけい 1 えいいち.
梅雨明けや児ら打ち鳴らすタンバリン 澄子 1 満天.

7月18日 (投句27名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夏草を薙ぎ倒しゆく鬼ごつこ かえる 8 康子.むべ.せいじ.はく子.そうけい.よし女.風民.ふさこ.
尺取の尺取り終えて宙を搔く 明日香 7 康子.なつき.みきえ.せいじ.山椒.澄子.あひる.
金平糖ばら撒くごとき睡蓮花 康子 4 みきえ.智恵子.きよえ.あひる.
飴色の蝉の抜殻幹を噛み みきお 4 かえる.ぽんこ.ふさこ.もとこ.
包丁の切れ味悪し梅雨曇 よし女 3 明日香.えいいち.もとこ.
神官の祓ふ鎮魂山開き 愛正 3 ぽんこ.みきお.たか子.
瑠璃色の蝶舞う森の美術館 山椒 3 なつき.むべ.はく子.
山頂の雲の居座る山開き 愛正 3 董雨.満天.明日香.
送り火の煙雨の中へ往にけり えいいち 2 えいじ.風民.
田に隣る水路に犇と青みどろ せいじ 2 智恵子.きよえ.
熱中症夜半にたぢろぐ足の攣り えいじ 2 愛正.うつぎ.
袖とほし風をいちまい能登上布 澄子 2 えいじ.山椒.
甘酒を重き身体に流しやる たか子 1 こすもす.
古池に泡ぷくぷく源五郎 智恵子 1 みきお.
フレイルの予防講座や梅雨の明 千鶴 1 うつぎ.
空蝉のあちこち壁に留まりけり 満天 1 あられ.
小玉なる小人の国の大西瓜 あひる 1 千鶴.
雨上がり今朝鳴き出しぬ家の蝉 みきえ 1 あられ.
雨上がり黒雲割て梅雨の月 智恵子 1 こすもす.
蔓伸ばし独り居まもる藪からし むべ 1 たか子.
立ち話合い間合い間に蟻払う たかを 1 澄子.
背に夫と妻と書く白ペアのシャツ なつき 1 えいいち.
滝行の白衣干されて誰もゐず うつぎ 1 千鶴.
梅雨晴間合戦のごと雲沸くや きよえ 1 たかを.
捨て鉢に殿様蛙目をきょろり 明日香 1 かえる.
親子連れ園にぎはふや夏祭 満天 1 董雨.
奉納の神馬にかかる蔦かずら ぽんこ 1 愛正.
三爺の池塘にたむろ夕涼み せいじ 1 よし女.
白南風の潮の香乗せて朝の卓 きよえ 1 満天.
心地よき祭帰りのシャトルバス なつき 1 そうけい.
軍手人形はお目々パッチリ梅雨籠 こすもす 1 たかを.

7月17日 (投句26名 選句32名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
隣家より風鈴の音もらひけり 康子 10 かえる.山椒.はく子.うつぎ.風民.ふさこ.よし女.たかを.澄子.こすもす.
大橋を跨ぎ島へと梅雨の虹 智恵子 10 愛正.えいいち.董雨.満天.せいじ.ぽんこ.はく子.千鶴.澄子.こすもす.
瀬戸内の色を刺身に瀬付き鯵 よし女 4 智恵子.みきえ.うつぎ.千鶴.
麦茶煮る匂ひの満つる厨の夜 かえる 4 康子.あひる.えいじ.風民.
竹筒に水羊羹の光りたり むべ 3 山椒.ふさこ.明日香.
送り火を燃やし尽くせり夕の風 風民 3 かえる.えいじ.そうけい.
藍玉の土間いつぱいに匂ひたり むべ 3 康子.せいじ.みきお.
戴きしトマト噛れば陽の温み あひる 3 董雨.智恵子.ぽんこ.
端居して孫の手で掻く妻の留守 せいじ 3 えいいち.みきえ.もとこ.
既読未だつかぬメールや熱帯夜 こすもす 2 なつき.あられ.
トントンと不揃ひも良し胡瓜揉 うつぎ 2 もとこ.むべ.
さやさやと音聞こえさう青田波 明日香 2 たか子.むべ.
梅雨寒や軋むレールの鈍き音 みきお 2 明日香.たか子.
梅雨明けか山に湧くよな絹の雲 隆松 2 愛正.きよえ.
青柿の風吹くごとに落ちにけり 千鶴 2 あひる.よし女.
扇風機堂に茶席の椅子ならぶ なつき 2 きよえ.みきお.
昼寝覚め犯人すでに逮捕さる もとこ 1 たかを.
てんこ盛り中子の朝餉夏休み そうけい 1 隆松.
蓮の葉や掴めそうなる雨の珠 康子 1 そうけい.
組まれたる足場に止まる蜻蛉かな みきえ 1 なつき.
荒梅雨や騒ぐ川面に赤色灯 隆松 1 あられ.
蝉時雨狹庭に穴が今日も増え ふさこ 1 満天.

7月16日 (投句27名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
黙祷の背に吹く風や原爆忌 みきお 6 えいじ.きよえ.せいじ.山椒.あひる.風民.
漣のもぐり込みゆく未草 あひる 5 かえる.愛正.康子.あられ.風民.
ペダル踏むすらりと長き日焼け足 みきえ 5 せいじ.はく子.ぽんこ.ふさこ.こすもす.
大き葉を掻き分くる風蓮見舟 康子 5 千鶴.みきえ.董雨.明日香.みきお.
鯉跳ねてまた静まりぬ木下闇 風民 4 かえる.あひる.たか子.こすもす.
峰雲の袂へ伸びるハイウェイ 康子 3 えいじ.智恵子.よし女.
睡蓮の開花うながす鯉の口 よし女 3 そうけい.明日香.もとこ.
短冊を吊るしてみたき今年竹 こすもす 3 きよえ.董雨.ふさこ.
雨に濡れ筆鋒のごと合歓の花 むべ 2 みきえ.えいいち.
雨上がる鎮守の杜や蝉時雨 きよえ 2 満天.たか子.
旧道の隧道の口葛暖簾 うつぎ 2 愛正.智恵子.
白南風や膨れて波のしぶき飛ぶ 千鶴 2 そうけい.ぽんこ.
蓮田の葉雨粒天に捧ぐかに きよえ 2 康子.むべ.
空蝉をおちこち付けて栃大樹 あひる 2 隆松.よし女.
汗ばみて涼やかに振る茶筅かな 風民 2 満天.うつぎ.
止まらない振りして止まる揚羽蝶 明日香 2 山椒.えいいち.
老犬と老四阿で三尺寝 なつき 1 もとこ.
傘一つ祇園祭祭りや恋はじめ ふさこ 1 なつき.
とんぼうの目つき真似する妻をかし せいじ 1 むべ.
まず生える広き更地に猫じゃらし みきお 1 たかを.
糸蜻蛉草葉にじつと雨やどり えいいち 1 千鶴.
水晶の露まろばせし蓮かな 澄子 1 たかを.
噴水の穂先崩れてニンフ立つ よし女 1 うつぎ.
厨窓同じところにやもり来る 明日香 1 はく子.
園児載せ手押車に春の風 山椒 1 みきお.
松枯れて茶杓に残す夏点前 なつき 1 あられ.
まだ慣れぬショートカットや髪洗ふ かえる 1 なつき.

7月15日 (投句27名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
木の幹を複々線化蟻の道 せいじ 5 愛正.はく子.明日香.むべ.ぽんこ.
篝火の川面を焦がす鵜飼舟 山椒 5 みきえ.智恵子.董雨.みきお.千鶴.
送り梅雨大和三山烟らせて 明日香 4 きよえ.せいじ.山椒.ぽんこ.
連峰の流雲見ゆる夏座敷 愛正 4 康子.智恵子.よし女.澄子.
よべの雨振り払ひつつ藍刈りぬ むべ 4 あひる.なつき.澄子.風民.
片陰を選び我も忍者めく 智恵子 3 愛正.かえる.そうけい.
老鶯の雨の一声それつきり よし女 3 たか子.あひる.うつぎ.
うたた寝や山も取り込む夏座敷 愛正 3 あられ.たか子.たかを.
砂浜に見分けのつかぬ日焼けの子 みきお 3 董雨.ふさこ.千鶴.
朝涼しラジオはショパンのピアノ曲 はく子 3 満天.えいいち.こすもす.
宿浴衣心遊ばせやや派手に たか子 2 そうけい.こすもす.
ソプラノで鳴き合ふ鳥や明易し 満天 2 康子.えいいち.
梅雨深しアガパンサスは花火めく えいいち 2 えいじ.ふさこ.
中干しの稲の青さや梅の雨 えいじ 2 もとこ.むべ.
庭陰の小さき葡萄袋掛け 山椒 2 せいじ.明日香.
触れし途端仰向けの蝉翔び立てり こすもす 1 うつぎ.
磯遊び裸足の子らの身軽さよ きよえ 1 はく子.
風蘭の気根互ひの鉢侵す うつぎ 1 かえる.
吾を見むとぐるりと回る蜻蛉の目 あひる 1 よし女.
仏様措き孫らの夕餉盆の入り そうけい 1 えいじ.
合はせ来る父の命日娘の帰省 千鶴 1 もとこ.
提灯の灯に浸る子等盆仏間 そうけい 1 あられ.
梅雨出水音たて坂を滑り来る 智恵子 1 きよえ.
教会の出窓守るかにちび守宮 あひる 1 満天.
昃れば空にまぎれて桐の花 よし女 1 風民.
白南風やいざ潜らんと子房柄 せいじ 1 みきえ.
細き葉に翅とぢとまる糸蜻蛉 むべ 1 山椒.
万緑の山に湯煙噴きやまず かえる 1 みきお.
美しきひとより溢る扇子風 かえる 1 なつき.
網戸より漏れる泣き声子だくさん みきお 1 たかを.

7月14日 (投句27名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
男らの景気語りて冷素麺 なつき 7 えいじ.たか子.あられ.ぽんこ.そうけい.うつぎ.もとこ.
ソーダ水透かして眺む沖の船 智恵子 6 愛正.みきえ.たか子.はく子.山椒.うつぎ.
蛍待つ吾子は背なにて寝息なす 智恵子 6 愛正.たかを.せいじ.なつき.董雨.ぽんこ.
花も葉も密かに畳み合歓の花 たか子 5 満天.山椒.えいいち.もとこ.澄子.
大樹より初蝉の声こぼれけり みきお 5 せいじ.千鶴.明日香.こすもす.澄子.
百歳の手塩の西瓜赤く熟る きよえ 4 はく子.千鶴.よし女.風民.
蓮鉢に溢れさせたる山の水 あひる 4 智恵子.明日香.むべ.風民.
無人店曲がり胡瓜の暴れをり 康子 3 えいじ.かえる.あひる.
威勢良き声足場組む梅雨の庭 みきえ 3 かえる.そうけい.みきお.
雨しずく森は生き生き蝉時雨 ぽんこ 3 智恵子.きよえ.みきお.
目印となりし葵や道案内 康子 2 満天.きよえ.
鴨川の畔に独り夏の星 山椒 2 なつき.むべ.
声響く仲好し家族バーベキュー きよえ 2 董雨.こすもす.
同窓会逢ひたき人と喜雨の中 千鶴 2 康子.みきえ.
独り居の今日の三時は心太 こすもす 2 あひる.よし女.
入院を促す話し極暑かな 董雨 1 あられ.
よろめきぬ僅かな傾斜晩夏光 みきお 1 たかを.
アガパンパス覚へられぬ名恋の花 ふさこ 1 えいいち.
抜け道の暗渠カンナの緋の点てる 澄子 1 康子.

7月13日 (投句24名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
リヤカーに広げし野良着西日射す 愛正 7 かえる.みきえ.たかを.智恵子.せいじ.あひる.なつき.
マネキンの足大胆に夏衣 満天 7 えいじ.たか子.あひる.澄子.よし女.なつき.風民.
エプロンを広げ受け取る新キャベツ 千鶴 5 えいいち.たかを.はく子.あられ.みきお.
夏の夜遠く暗渠の水の音 風民 5 愛正.山椒.ぽんこ.澄子.むべ.
見学者迎へし句会笹飾り こすもす 3 えいじ.満天.きよえ.
軽トラの荷台に乗る子青田風 康子 3 山椒.ぽんこ.そうけい.
一粒の雨に始まる驟雨かな せいじ 3 愛正.みきお.風民.
小さき傘握る両手や梅雨散歩 風民 3 董雨.あられ.むべ.
喉鳴らし飲み干す麦茶もう一杯 千鶴 3 董雨.みきえ.こすもす.
向日葵の押しくらしたる保育園 康子 2 きよえ.せいじ.
最終は細くて長し祭笛 よし女 1 かえる.
景色より西日を避くる座席かな 愛正 1 ふさこ.
引越しのやうやく終わる梅雨晴間 もとこ 1 明日香.
猛々し片を反らせて零余子抱く かえる 1 智恵子.
どこまでもアナログ通す時計草 はく子 1 康子.
雨女雨男居て梅雨戻る 澄子 1 たか子.
二寸ほどの触ってみたき蜥蜴の子 明日香 1 ふさこ.
ゆくりなく半日過ごす梅雨のカフェ 澄子 1 明日香.
亀涼し少し泳いで鼻を出す あひる 1 千鶴.
梅雨晴間鳴るは複数電子音 よし女 1 もとこ.
園丁の黙々と水遣りめぐる あひる 1 よし女.
この酷暑外套着たる作之助像 ぽんこ 1 もとこ.
青芝は養生中の立看板 えいじ 1 こすもす.
朝風に畔道楽し草生きれ 智恵子 1 はく子.
夏空に誓ふ宣誓甲子園 みきお 1 満天.
初蝉の古木の葉合ひ声したり きよえ 1 千鶴.
行く春や沖に消え行く船の影 山椒 1 そうけい.
燕の子残され一羽尖る口 ふさこ 1 康子.

7月12日 (投句24名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
百歳の愚痴聞く生家石蕗の花 みきお 7 えいいち.智恵子.きよえ.あられ.そうけい.ぽんこ.風民.
参磴に藍の散りばむ蛍草 ぽんこ 6 かえる.みきえ.そうけい.山椒.澄子.むべ.
小骨取る箸のさばきや鮎一尾 千鶴 5 なつき.たかを.みきお.こすもす.もとこ.
山火事の傷跡覆ひ山滴る きよえ 4 康子.満天.みきえ.明日香.
昏きより瑠璃の尾きらり川とんぼ 明日香 3 せいじ.あひる.こすもす.
蟻の顎強し獲物を手放さず かえる 3 えいじ.ふさこ.千鶴.
叱られしその日の夕餉豆ご飯 みきお 3 あひる.たかを.ぽんこ.
夕闇に仄かに浮かぶ白桔梗 澄子 3 せいじ.山椒.むべ.
蚊遣火の煙流るる夕の庭 かえる 2 董雨.風民.
夕されば閉ず合歓の花静かなる たか子 2 愛正.あられ.
鉄砲百合五花を向き向き香を放つ はく子 2 愛正.満天.
一水の魚道にしぶく音涼し むべ 2 康子.はく子.
信号を過ぎて夕立の街となる 風民 2 なつき.たか子.
一陣の風に蓮の葉ひれ伏しぬ あひる 2 よし女.ふさこ.
子規出会ふ息吹く道後雲の峰 ふさこ 2 智恵子.きよえ.
梅雨茸の雨にも負けじ傘開く えいじ 1 千鶴.
露天の湯そぼ降る雨や梅雨の空 たかを 1 みきお.
菩提樹の花木を覆ひ空覆ひ 風民 1 えいじ.
朝顔の雨や風にも負けじ咲く きよえ 1 明日香.
雨あがり桔梗の白の際立ちぬ 澄子 1 董雨.
叡山に連ぬ山山夏霞 もとこ 1 たか子.
牧草のにほひ漂ふ朝曇 愛正 1 かえる.
南中の光と遊ぶ百日紅 むべ 1 澄子.
カンナ燃ゆ選挙ポスター撤去中 康子 1 もとこ.
トチノキの葉裏二つの蝉の殻 せいじ 1 よし女.
アガパンサス三浦の岬埋め尽くす 智恵子 1 はく子.

7月11日 (投句23名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
浜風の通る庭先釣り忍 千鶴 7 たか子.智恵子.みきえ.はく子.みきお.風民.澄子.
日盛りの格子の窓の昏さかな 澄子 7 康子.智恵子.あられ.むべ.せいじ.みきえ.明日香.
濡れしまま畑打つ夫婦青時雨 みきお 4 たか子.もとこ.せいじ.山椒.
一水の飛石覆ふ歯朶涼し 康子 4 愛正.むべ.ぽんこ.風民.
懐かしや祖母の墨字の古梅酒 愛正 4 えいじ.かえる.たかを.ぽんこ.
歳月を語る茶の間や古梅酒 愛正 3 康子.はく子.えいいち.
風鈴を声明と聴く山の寺 たか子 3 もとこ.よし女.あひる.
垂れこみし雲へすつくと蓮ひらく あひる 3 きよえ.たかを.よし女.
子は後ろ朝顔鉢は前かごに みきえ 3 董雨.山椒.ふさこ.
潤み帯ぶ膨れるやうな夏の月 かえる 2 千鶴.明日香.
神太鼓響く本殿花桔梗 ぽんこ 2 みきお.こすもす.
玻璃杯にアスター活くる卓涼し むべ 2 えいじ.澄子.
夏野菜焼いて別盛りカレー食む 智恵子 1 こすもす.
木香薔薇枝伸び早し空をつく 董雨 1 きよえ.
風興り風鈴の舌乱舞せり 澄子 1 かえる.
また同じところに生ふる草むしり かえる 1 えいいち.
雨ぽつり急ぎ飛び去る揚羽蝶 よし女 1 ふさこ.
軒下に朝顔咲ひて暖簾とす みきえ 1 満天.
異国語に日本語学ぶ夏の旅 明日香 1 あられ.
あめんぼの水面に空と鳥の影 あひる 1 千鶴.
マッサージ機にしばしまどろみ暑気に処す はく子 1 満天.
角出して車止めるや蝸牛 ふさこ 1 愛正.
牛小屋や出入り自由の燕の巣 みきお 1 董雨.
風煽つ羽音にも似て青芭蕉 むべ 1 あひる.

7月10日 (投句27名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
爪弾けば奏でそうなり干しそうめん はく子 8 董雨.ふさこ.えいいち.きよえ.千鶴.ぽんこ.あひる.明日香.
青すだれ古都の路地裏三味響く 智恵子 8 かえる.ふさこ.えいいち.みきえ.康子.風民.ぽんこ.みきお.
大雷雨土の匂ひの湧き立てり みきえ 7 かえる.山椒.きよえ.そうけい.明日香.たかを.澄子.
遠雷と見る間に雷雨地をたたく きよえ 5 満天.山椒.よし女.こすもす.たかを.
糠つきしままをひと口胡瓜漬 むべ 4 えいじ.千鶴.あひる.こすもす.
説教を盛り上げるかに風鈴千 たか子 3 みきえ.せいじ.もとこ.
ゆったりと風に頷く花擬宝珠 風民 2 よし女.むべ.
七夕の願ひあふるる子らの笹 なつき 2 満天.みきお.
七夕笹の一枝振りて下校の子 なつき 2 董雨.そうけい.
おのろけを聞いてる受話器梅雨ごもり あひる 2 たか子.なつき.
練乳の分水嶺よりかき氷 むべ 1 澄子.
祇園祭見ず帰郷せし若き日や 董雨 1 智恵子.
身ほとりにリモコン幾つ梅雨籠 うつぎ 1 あられ.
直売所得たり最後のとうもろこし 山椒 1 あられ.
行々子精一杯を言ふ子ゐて 明日香 1 えいじ.
うねり来る蝉の初声朝の薮 千鶴 1 愛正.
横這いと言う特技にて蟹走る よし女 1 智恵子.
ローカル線山また山の栗の花 愛正 1 なつき.
宅急便北の大地のメロン来る みきえ 1 はく子.
カタバミを引けば種子飛び顔を打つ 董雨 1 はく子.
夏菊を添へて給仕す茶房かな かえる 1 むべ.
天金の文語の聖書晒しけり みのる 1 せいじ.
深山の見る人あらじ栗の花 愛正 1 もとこ.
玉の汗拭わず作る夕餉かな 康子 1 たか子.
犬連れのそぞろ歩きや白夜めく かえる 1 愛正.
不覚にも午睡ドラマは最終章 あひる 1 康子.
里帰りせる朋友と星今宵 せいじ 1 風民.

7月9日 (投句25名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
お願ひの重みに撓む今年竹 かえる 5 愛正.きよえ.よし女.もとこ.澄子.
瀬付き鯵笊に大きな値札付け よし女 4 かえる.えいいち.あひる.うつぎ.
青天へ祝砲はなつ鉄砲百合 むべ 4 えいじ.山椒.ふさこ.明日香.
噴水の秀を掠める鳩の群 康子 4 智恵子.せいじ.たかを.ぽんこ.
猛暑日や人影の無き商店街 みきお 4 なつき.満天.みきえ.あられ.
炎帝に蝶のしづかに舞ひ上がる 澄子 3 満天.たかを.風民.
子蛙を持てた子の手の硬直す あひる 3 董雨.そうけい.はく子.
熊笹のなぞへを抜けて夏の空 澄子 3 愛正.せいじ.むべ.
教会の石壁夏の日を鎮め 風民 3 かえる.康子.千鶴.
山麓や垂る花穂の栗林 愛正 2 ぽんこ.風民.
向かひ合ひ食後の薬氷水 うつぎ 2 康子.もとこ.
ささげ持ち来る雨靴に蝌蚪泳ぐ あひる 2 千鶴.むべ.
イベントに合はせる娘らの帰省かな こすもす 2 董雨.明日香.
マジックで肌着に住所猛暑来る よし女 2 えいじ.えいいち.
ひと口で背ナに風来るかき氷 康子 2 智恵子.山椒.
父の忌にまた現われり庭の蟇 山椒 2 なつき.たか子.
悩み聞くアイスコーヒーぬるくなり なつき 2 きよえ.はく子.
冷素麺希釈忘れのつゆ辛し みきえ 1 よし女.
神庭に七夕の笹火をかけり ぽんこ 1 あひる.
厨より湯気立ち上がる豆ごはん みきお 1 あられ.
白シャツで拳振り上ぐ選挙カー かえる 1 みきえ.
イベントの陣笠暑し武将隊 えいじ 1 こすもす.
ちりちりと首痛むほど街炎暑 むべ 1 ふさこ.
花栗の香吹き抜くる切り通し 愛正 1 澄子.
ブローチに欲しき紅さや夏茜 もとこ 1 たか子.
暑気払ふ湾を見下ろすレストラン せいじ 1 こすもす.
炎昼やブブカの如き仮面女子 山椒 1 うつぎ.
夕茜西日に高層玻璃燃ゆる 智恵子 1 そうけい.

7月8日 (投句27名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鬼やんま通り抜けたる座敷かな あひる 9 みきえ.むべ.智恵子.よし女.はく子.みきお.もとこ.澄子.たか子.
お喋りに崩壊寸前かき氷 康子 9 董雨.愛正.満天.きよえ.えいじ.むべ.みきお.たか子.えいいち.
御写経の一筆入魂暑を払ふ うつぎ 6 康子.えいじ.そうけい.ぽんこ.こすもす.千鶴.
崩し方四人四様かき氷 澄子 5 せいじ.たかを.よし女.明日香.もとこ.
山頂に入り日とどまる炎暑かな たかを 5 かえる.康子.あひる.あられ.澄子.
切り紙のあまたに枝垂れ笹飾り あひる 4 きよえ.山椒.ふさこ.えいいち.
藁帽子被る西瓜の畑かな 山椒 4 みきえ.あられ.はく子.なつき.
杼のあれば織りてもみたきそうめん干し はく子 3 あひる.そうけい.うつぎ.
青田風荒れ田のまじる棚田かな 明日香 2 ぽんこ.風民.
焼茄子紺の衣を脱がしをり きよえ 2 ふさこ.千鶴.
先ず薫風入れてスーパー開店す よし女 2 たかを.山椒.
学童は朝顔の鉢持ち帰り ふさこ 2 愛正.満天.
牛舎脇花たちばなの漂ふ香 愛正 1 かえる.
ピクルスに止まらぬ箸や夏野菜 康子 1 明日香.
わさび漬けのせて水飯すする音 えいじ 1 うつぎ.
夕立や傘差し伸べてくれし女 山椒 1 せいじ.
緑濃し石仏埋もれ印結ぶ もとこ 1 なつき.
潺潺と堰落つ水の音涼し えいじ 1 風民.
翡翠来る檜皮の塔は修理中 よし女 1 智恵子.
雷一過閑かな露地の夕べかな 澄子 1 こすもす.
梅雨の雷追はれて急ぐ家路かな むべ 1 董雨.

7月7日 (投句26名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
不揃いの桃も優しく包まれて あひる 9 智恵子.康子.明日香.あられ.山椒.はく子.うつぎ.ふさこ.むべ.
お茶菓子に西瓜も添へる村のカフェ こすもす 6 たかを.明日香.なつき.よし女.きよえ.もとこ.
ビー玉の揺るる手水や寺涼し 康子 4 よし女.せいじ.そうけい.風民.
武蔵野の空縦横にはたた神 澄子 4 みきえ.えいいち.風民.たか子.
葉の先に落ちそうになり蝸牛 明日香 4 董雨.山椒.なつき.ふさこ.
汗を拭く合間合間の畑仕事 たかを 4 康子.千鶴.あひる.こすもす.
四阿の屋根覆ふやに合歓の花 みきえ 3 はく子.あひる.こすもす.
茶筅振る音軽やかに風炉点前 風民 3 みきえ.きよえ.澄子.
雷鳴やドクターイエロー走り去る 山椒 2 智恵子.もとこ.
句碑の前草刈り鎌の忘らるる なつき 2 えいじ.あられ.
万緑に埋もれる社寿老神 ぽんこ 2 愛正.みきお.
蜘蛛の囲に珠とぞまろぶ雨のつぶ えいじ 2 満天.たか子.
目つぶしの夏の日差しや高枝剪る うつぎ 2 えいいち.千鶴.
熊笹の覆ふ小径や避暑散歩 みきえ 2 愛正.せいじ.
山裾をかける黄金や麦の秋 智恵子 1 うつぎ.
梅雨の蝶道に迷ひしごと飛べり よし女 1 むべ.
田水沸き向ける冷たき沢の水 千鶴 1 澄子.
裏山の闇に轟く梅雨出水 澄子 1 みきお.
潮風の頬打つ瀬戸の夏の夕 きよえ 1 かえる.
目に滲みる滂沱の汗や急がねば うつぎ 1 ぽんこ.
夏雲を掻き分けて往く戦闘機 かえる 1 董雨.
柵されて夏野となりぬお土居跡 もとこ 1 かえる.
杉木立上枝にともる梅雨の星 愛正 1 えいじ.
本堂の説教へと鳴る風鈴千 たか子 1 ぽんこ.
静けさやほのかに光る瑠璃灯籠 山椒 1 そうけい.
初めての山登りらし彼彼女 せいじ 1 たかを.
螺旋巻き何処まで伸びる蔦若葉 董雨 1 満天.

7月6日 (投句25名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夜濯ぎす三兄弟のユニフォーム かえる 6 せいじ.よし女.みきお.うつぎ.たか子.なつき.
城壁の野面に翳る月涼し えいじ 5 愛正.千鶴.せいじ.みきお.風民.
万緑に包まれてゆく山路かな 澄子 4 山椒.たかを.あひる.みきえ.
夏草や寝そべり海を眺むべこ 山椒 4 たかを.あられ.ぽんこ.ふさこ.
床掃除こぼれし玉の汗も拭き あひる 4 愛正.山椒.ぽんこ.こすもす.
七色の千羽鶴かけ夏の宮 なつき 3 えいじ.あられ.たか子.
蓮ひらくポンと明るき音したり 澄子 3 千鶴.えいいち.あひる.
工事中扇風機付きの作業服 こすもす 2 智恵子.なつき.
幼な子のバケツに植へる余り苗 みきお 2 澄子.明日香.
夏霞影絵めきたる山の峰 かえる 2 満天.董雨.
夏雲やサファリーめきてクレーン立つ うつぎ 2 きよえ.そうけい.
こけら葺き片陰置きし石の庭 もとこ 2 ふさこ.風民.
娘にほどくははの好みし単衣物 よし女 2 えいじ.澄子.
冷奴氷ひとかけ添へてをり きよえ 2 康子.董雨.
父の日や歳を重ねて父に似る みきお 2 かえる.きよえ.
畑仕事汗のふきだす小顔かな たかを 1 みきえ.
下闇に胎も斯くやと深山道 せいじ 1 康子.
雨傘を日傘に変えて下校児ら 智恵子 1 満天.
野良猫の避暑地となりし庭の車庫 康子 1 こすもす.
千社札剥がれし手水梅雨暗し なつき 1 もとこ.
風鈴のお寺と呼ばれ秘仏持つ たか子 1 もとこ.
水無月の日照雨銀糸のごとく降り むべ 1 うつぎ.
行きずりの人とまた会ふ登山道 せいじ 1 明日香.
園丁の電動のこや吹き出る汗 ぽんこ 1 そうけい.
時の日の吾子のアルバム妻若き ふさこ 1 智恵子.
朝顔の咲ひた咲ひたとラッパ吹く きよえ 1 よし女.
早苗田の水や風呂の湯ほど熱き 千鶴 1 かえる.

7月5日 (投句25名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
青年の指良く撥ねる祭笛 よし女 14 えいじ.かえる.康子.たかを.せいじ.えいいち.千鶴.こすもす.みきえ.はく子.澄子.もとこ.風民.なつき.
湯ほてりの鎮まるをまつ藍浴衣 澄子 6 かえる.愛正.山椒.千鶴.よし女.みきえ.
禅寺に石の問ひあり縁涼し もとこ 5 せいじ.あられ.ぽんこ.なつき.むべ.
伸び代は有ると励ます夏期テスト みきえ 4 智恵子.うつぎ.よし女.明日香.
湯屋の破風うち重なりて雲の峰 澄子 3 康子.愛正.あひる.
バスタブをミントの香に梅雨深し 康子 2 えいいち.はく子.
じんわりと畳の凹む梅雨じめり みきお 2 山椒.ぽんこ.
口中に鯛さしに巻く大葉の香 あひる 2 ふさこ.むべ.
蛇みつけ追ふ子逃げる子夕日かな ふさこ 2 きよえ.たか子.
星まつり庭木に結び手を合わす 智恵子 2 えいじ.みきお.
時の日の何するでなく終わりけり 明日香 2 うつぎ.たか子.
青空と見る間に湧くや雲の峰 きよえ 2 満天.智恵子.
水無月の下校とりどり傘の花 かえる 2 満天.たかを.
万緑に囲まれガラシャ称えるる碑 ぽんこ 1 きよえ.
昔日の吾子のふみ読む梅雨ごもり あひる 1 あられ.
角刈りに揃ふ沿道草刈らる みきえ 1 こすもす.
紫陽花の切り戻しまた鞠のでき 明日香 1 ふさこ.
詐欺メール多くなりしや梅雨籠り 満天 1 明日香.
梅雨晴間回覧ついでとお八つ来る よし女 1 もとこ.
園丁の日覆ひ背まで隠しけり なつき 1 澄子.
ビル風を服に孕ます炎天下 康子 1 あひる.
湧水に礫の転がる登山道 せいじ 1 みきお.
雨垂れの膨らみ落ちて梅雨明ける みきお 1 風民.

7月4日 (投句25名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
引ききって沖も鈍色梅雨干潟 よし女 7 えいじ.智恵子.うつぎ.きよえ.なつき.もとこ.風民.
辞書繰れば頁はりつく梅雨湿り むべ 5 愛正.満天.ぽんこ.こすもす.もとこ.
子の傘に透かし窓あり梅雨深し はく子 5 かえる.愛正.みきえ.みきお.明日香.
青鷺の一叫弾く曇り空 えいじ 4 董雨.あられ.たか子.澄子.
リュックから杖を取り出す登山口 せいじ 4 董雨.千鶴.なつき.明日香.
双子には同じ夏帽砂遊び みきお 3 たかを.はく子.あひる.
梅雨の蝶浜の草々存問す よし女 3 そうけい.むべ.満天.
噴水のおこぼれ貰ふベンチかな 康子 3 むべ.せいじ.山椒.
池端の揺らぐ小舟や杜若 愛正 3 智恵子.ぽんこ.こすもす.
湾口に運河引き込む大南風 ふさこ 3 みきえ.澄子.山椒.
植ゑ継ぎの泥田に尻餅つきにけり 千鶴 2 かえる.あられ.
赫々と工事現場の夾竹桃 あひる 2 そうけい.はく子.
買出しのこれでおしまひ桃を買ふ あひる 2 えいじ.えいいち.
この天気お化け胡瓜がぶら下がり 明日香 2 康子.きよえ.
苑統べて匂へる丘の花楝 澄子 2 よし女.風民.
定年のご機嫌爺のアロハシャツ もとこ 2 よし女.えいいち.
尾瀬ヶ原湿地の群生かきつばた 愛正 2 千鶴.みきお.
伸び縮みせる蚯蚓へと黒だかり かえる 1 ふさこ.
破傘群れてお迎え里の野地 智恵子 1 あひる.
晩鐘の谷に木霊す麦の秋 風民 1 康子.
梅雨晴れ間千手観音お砂踏み ぽんこ 1 たか子.
名峰の滝の轟き襲ひ来る 風民 1 ふさこ.
汗拭ふ版元総出の本荷積み むべ 1 うつぎ.
端居して繕ふ古きベビー服 康子 1 せいじ.
焦げ落とし煮へ滾る鍋梅雨厨 みきえ 1 たかを.

7月3日 (投句28名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
畳紙に尺寸のメモ夏衣 よし女 8 董雨.愛正.えいじ.たか子.風民.こすもす.もとこ.澄子.
耳もとに藪蚊の唸り閻魔堂 なつき 6 康子.あひる.ぽんこ.そうけい.ふさこ.はく子.
麦刈りの起伏の丘の縞模様 風民 4 きよえ.千鶴.こすもす.智恵子.
噴水の止まると見せて立ち上がる みきお 4 たか子.山椒.せいじ.明日香.
湧水の押し寄す梅雨の深山道 せいじ 3 きよえ.ぽんこ.風民.
吊り橋を夏帽押さへ渡りけり みきお 3 董雨.愛正.康子.
独り居の門を訪ふ火取虫 むべ 3 かえる.せいじ.あひる.
ポケモンの水筒濡らす梅の雨 えいじ 2 あられ.隆松.
梅雨晴間かさを遊具に下校の子 きよえ 2 よし女.ふさこ.
杜若交通整理の里の池 愛正 2 そうけい.智恵子.
髪洗ふ片付かぬ事なさぬ事 たか子 2 えいいち.山椒.
ブルーベリー摘み取る朝の畑涼し あひる 2 むべ.はく子.
部屋干しをするりと抜けて梅雨長し ふさこ 2 もとこ.澄子.
がっぷりと歯形の残る西瓜かな 山椒 2 みきえ.千鶴.
一列に並び登校梅雨の傘 はく子 2 満天.みきお.
朝顔の塀より覗く大輪に 満天 1 明日香.
梅雨雲に梵鐘遥か響きけり えいじ 1 あられ.
佳き風に溢るるままに夏の萩 澄子 1 かえる.
雨続きどの紫陽花も喜々として こすもす 1 満天.
サンダルの爪は海より深き蒼 かえる 1 なつき.
神滝の一条となり光呼ぶ もとこ 1 なつき.
里外れのカーブミラーに合歓の花 隆松 1 むべ.
チラシでの箱作りする梅雨籠 明日香 1 えいじ.
磐座をからめとるかに草茂る せいじ 1 よし女.
街路樹の幹黒々と梅雨しとど 澄子 1 みきお.
プランターに得しピーマンは先ず四個 こすもす 1 えいいち.
隣人と手作り餃子梅雨ごもり 智恵子 1 みきえ.

7月2日 (投句28名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寝息立つ老母に優し扇風機 康子 8 えいいち.愛正.みきえ.董雨.たかを.みきお.なつき.澄子.
突と雨止みて夏越の大祓 うつぎ 6 満天.みきえ.あひる.せいじ.風民.こすもす.
葉先より銀の雨垂れ梅雨晴るる えいじ 5 満天.山椒.きよえ.みきお.むべ.
蟻の列登る地蔵のすまし顔 康子 4 えいじ.あられ.たか子.もとこ.
さざなみに揺れる早苗や雲流る みきお 4 かえる.康子.はく子.千鶴.
もぞもぞと彩動きけり梅雨の山 明日香 4 きよえ.たかを.智恵子.うつぎ.
旅の窓夏満月を収めをり 風民 4 愛正.よし女.なつき.澄子.
山の水集めて激つ梅雨の滝 せいじ 4 かえる.山椒.明日香.智恵子.
山岳展あずみ野渡る風涼し 愛正 3 明日香.よし女.うつぎ.
なにゆえの背の大瀑布黙となる ふさこ 2 あひる.せいじ.
緑道の枇杷たらふくに雀どち あひる 2 康子.ぽんこ.
雨垂れの別れを惜しむ梅雨晴間 えいいち 1 もとこ.
突風に蓮の葉踊る手水鉢 ぽんこ 1 たか子.
町ぐるみ健診終へて生ビール 千鶴 1 あられ.
早朝の緊急避難梅雨しとど 董雨 1 こすもす.
雨だれの途切れぬままに梅雨晴間 えいいち 1 風民.
不覚にもとげとげ胡瓜摘み落とす よし女 1 ふさこ.
雨止むとひらひら夏蝶軒下に きよえ 1 ふさこ.
熱き砂蹴散らし駆ける素足かな かえる 1 えいじ.
梅雨深し生駒はひねもす靄込めに はく子 1 千鶴.
峠茶屋水瓶に浮く心太 愛正 1 董雨.
夫も吾も傘置き忘れ梅雨晴間 あひる 1 むべ.
指先の塩の湿りや半夏生 澄子 1 えいいち.
蒼然と雨に錆びたる額の花 むべ 1 ぽんこ.
傘を打つ雨音たのし半夏生 なつき 1 はく子.
ねぢ花を見つむる切られ地蔵かな なつき 1 隆松.

7月1日 (投句27名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
手擦れせる父の歳時記晒したり 澄子 9 むべ.康子.よし女.せいじ.そうけい.はく子.なつき.千鶴.智恵子.
老木を螺旋に飾る梅雨茸 康子 6 愛正.みきえ.澄子.あられ.こすもす.あひる.
樹も家も傾き登山電車かな 風民 5 みきえ.たかを.みきお.えいいち.なつき.
荒れ梅雨や瀬音のたぎり止む間なし 千鶴 5 かえる.せいじ.澄子.こすもす.きよえ.
船連ね浪速の夏や幕開く ふさこ 4 明日香.たか子.きよえ.千鶴.
山小屋に人待ち顔の立葵 かえる 3 満天.山椒.もとこ.
風鈴の風に佇む坂半ば むべ 3 満天.風民.智恵子.
錆びし屋根青葉茂れる廃墟かな たかを 3 かえる.ぽんこ.もとこ.
その内に黙つてしまひ牛蛙 うつぎ 2 よし女.あひる.
万緑に吸い込まれたる遊歩道 康子 2 ふさこ.うつぎ.
磐を食み石と存問糸とんぼ 明日香 2 董雨.そうけい.
吾が為に造るはシンプル夏料理 たか子 2 康子.はく子.
荒梅雨や在宅知らす蓑と笠 もとこ 2 たかを.あられ.
鰻焼く煙とともに店に入る 満天 2 えいじ.たか子.
岩灼けて地獄広がる大涌谷 山椒 2 愛正.ぽんこ.
夏雲を背に山頂のシルエット あひる 1 風民.
常濡れの苔の滝道な滑りそ せいじ 1 むべ.
植ゑし苗見え隠れする青田波 千鶴 1 ふさこ.
洋菓子店七夕男女大玻璃に そうけい 1 えいいち.
雲覆う頂を指す登山杖 風民 1 えいじ.
追風にミットのごとく蓮大葉 ぽんこ 1 うつぎ.
梅雨晴れや現場振り向き一礼す えいじ 1 みきお.
青梅雨や五輪目指してアスリート みきえ 1 明日香.
な踏みそ道にひとつぶ青銀杏 こすもす 1 董雨.
鮎釣りのひと対を成す水鏡 かえる 1 山椒.

6月30日 (投句24名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
双龍を襖に放ち夏座敷 もとこ 8 澄子.あひる.康子.みきえ.あられ.たかを.千鶴.明日香.
空馳せる雲の白さや大夏野 澄子 4 山椒.ぽんこ.たか子.千鶴.
ミニトマトかんざしのごと鈴なりに みきえ 4 ふさこ.董雨.きよえ.こすもす.
梅雨空にハートをブルーインパルス 智恵子 3 せいじ.むべ.明日香.
男梅雨屋根を太鼓に乱れ打ち かえる 3 満天.ふさこ.うつぎ.
鉄線を活けし座敷や序破の風 よし女 3 愛正.そうけい.もとこ.
川風に風鈴響く宿場町 山椒 3 康子.みきえ.よし女.
古寺や一際青き今年竹 愛正 3 董雨.山椒.なつき.
胴長の干され煌々月涼し えいじ 2 かえる.あひる.
大風車水平線の雲の峰 智恵子 2 満天.そうけい.
学び舎の昼灯す窓梅雨最中 満天 2 えいじ.こすもす.
男梅雨葛葉したたか打ち据へぬ 澄子 2 むべ.風民.
夏菊の蕾ほぐれば仏花とす よし女 2 えいいち.もとこ.
初田うえ長靴の中足泳ぎ ふさこ 2 えいいち.かえる.
言い過ぎを引きずる吾に冷奴 明日香 2 あられ.ぽんこ.
深々と根を張る早苗恵み雨 みきお 2 たか子.きよえ.
日矢射して青苔に浮く仁王門 康子 2 愛正.せいじ.
外仕事ままならぬ梅雨断捨離に 明日香 1 うつぎ.
梅雨激し業者周り来タオル持て みきえ 1 えいじ.
塩蜻蛉水面触るるよ又触るる きよえ 1 たかを.
車止めより子等走る夜店かな 董雨 1 よし女.
久々に青空写す植田かな 千鶴 1 澄子.
渋滞の先にふわりと夏の雲 えいいち 1 なつき.
手に残る螢の匂ひ夕餉かな みきお 1 風民.

過去一覧

2024 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2023 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]