成績一覧

過去一覧

4月13日 (投句30名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
花屑を分けて大きな鯉の口 康子 4 えいじ.満天.ぽんこ.あひる.
祝福のごとく総身に花吹雪 むべ 4 みきえ.せいじ.はく子.わかば.
形良き流木拾ふ磯遊び なつき 4 愛正.そうけい.明日香.こすもす.
廃村の破れ社や飛花落花 隆松 4 かえる.山椒.満天.やよい.
惜春や甲羅干す亀向き揃へ やよい 3 たかを.もとこ.きよえ.
花屑に埋め尽くされし疎水かな せいじ 3 みきえ.みきお.千鶴.
叡山を背に花満ちて供花ならむ もとこ 3 たか子.智恵子.えいいち.
よどみなく疎水に早し花筏 むべ 3 澄子.はく子.わかば.
大池へ寄する漣桜まじ わかば 3 明日香.ぽんこ.澄子.
裏木戸の頭上明るき柿若葉 澄子 3 もとこ.こすもす.なつき.
あめんぼう小枝はひょいと交わしけり 康子 3 たかを.智恵子.あられ.
朝務め僧のあと追う花吹雪 愛正 2 えいいち.あられ.
春うらら自分で祝ふ誕生日 明日香 2 たか子.隆松.
木漏れ日とともに降りくる桜かな あひる 2 えいじ.千鶴.
ニ、三滴舌で転がし新茶汲む みきお 2 かえる.康子.
パトカーの馳す花屑を煽りたて みのる 2 せいじ.なつき.
銀輪のあとくつきりと落花道 かえる 2 愛正.やよい.
佇めるひとりひとりに落花かな 澄子 1 そうけい.
みたらしを溢るる花の芥かな みのる 1 あひる.
咲ききって妖しきさまに飛花落花 千鶴 1 きよえ.
花の下寄り来る鹿に触れもして はく子 1 むべ.
犬膝におしやべり止まぬ花の下 なつき 1 みきお.
春愁の空気の重さのしかかる 明日香 1 山椒.
枝垂れたる万朶の花を川面へと 満天 1 むべ.
露台舞ふ日の斑の如き桜片 かえる 1 康子.

4月12日 (投句27名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
馬の仔の立ちて夜明けの缶コーヒー 智恵子 7 愛正.そうけい.千鶴.みきお.きよえ.もとこ.やよい.
船頭の水棹分け入る花筏 せつ子 6 かえる.みきえ.たかを.満天.あひる.もとこ.
四肢伸ばし浮かぶ蛙や山の池 みきお 5 あられ.ぽんこ.こすもす.明日香.智恵子.
遡る汐入川の花筏 みのる 5 みきえ.せいじ.なつき.みきお.澄子.
遠山は花の曼荼羅鍬振るう うつぎ 3 えいじ.えいいち.千鶴.
花の帯臥竜の如き千鳥淵 山椒 3 せいじ.なつき.やよい.
玻璃窓を涙ばしりすリラの雨 みのる 3 康子.澄子.わかば.
春愁や遺されし絵と対峙して 澄子 2 康子.たか子.
湿り帯びいのちを留む花の屑 かえる 2 山椒.そうけい.
鳶は空よりらんまんの花見かな かえる 2 えいじ.はく子.
花下に笑む一会の人は車椅子 むべ 2 ぽんこ.あひる.
朧夜の河渡りゆく車窓の灯 澄子 2 えいいち.むべ.
夫命日落花に存問する墓前 そうけい 2 かえる.むべ.
落ち花を纏う軽トラ山下る 愛正 1 たかを.
花曇を従へ聳ゆ白鷺城 せつ子 1 満天.
幼な手と作るお山の砂温し 康子 1 明日香.
初対面泣く吾とひ孫うららけし そうけい 1 ふさこ.
舞い上がる桜に窓を開けて置く たか子 1 はく子.
水玉の揺蕩ふ影やしゃぼん玉 康子 1 愛正.
ふらここの吾子膝に乗せ手を翳す ふさこ 1 あられ.
浜ゑんどうペットと入るカフェテラス なつき 1 隆松.
花の塵大地を紅く染めにけり むべ 1 ふさこ.
花の雲垂れて騒げり雨の宴 えいじ 1 きよえ.
竹箒僧侶のはたく花の塵 愛正 1 智恵子.
吾も鹿も桜吹雪のただ中に あひる 1 たか子.
競ひ合ふごとくに芽吹く三輪の山 明日香 1 わかば.
母さんの身長抜いたと新学期 みきえ 1 こすもす.

4月11日 (投句25名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
花筏分けて水脈引く番鴨 やよい 8 千鶴.愛正.みきえ.たかを.智恵子.むべ.みきお.せつ子.
赤信号じっと見ている入学児 たかを 4 康子.あられ.そうけい.えいいち.
陣旗立つ古井戸に花散り込めり なつき 4 山椒.あひる.きよえ.うつぎ.
傘の花囲む読経の花御堂 あひる 4 千鶴.たか子.もとこ.えいじ.
春泥に獣のいのち残しけり 澄子 4 かえる.智恵子.あられ.せつ子.
堆肥より湯気立ち上がる春田かな みきお 4 かえる.せいじ.あひる.やよい.
講堂に歩む白足袋花の塵 愛正 3 えいじ.そうけい.ふさこ.
雨粒を溜めて仰向く落椿 康子 3 愛正.せいじ.明日香.
夕映をまとひ明るき柿若葉 むべ 3 満天.わかば.澄子.
焼け跡に息吹三笠の山笑ふ もとこ 3 なつき.ふさこ.わかば.
満開の花又花の車窓かな はく子 3 康子.なつき.澄子.
日向ぼこ同じ話しの繰り返し みきお 2 たか子.やよい.
どん尻のゴールの膝の春の泥 山椒 2 ぽんこ.きよえ.
雨に敷く歩道の落花畳かな 康子 2 山椒.明日香.
七三分けダブルピースの入学子 なつき 2 みきえ.もとこ.
お座船や波つくり去り花吹雪 ふさこ 1 たかを.
にわたずみ溢れ出発花筏 智恵子 1 隆松.
花の雨揺らぎのやまぬ潦 かえる 1 ぽんこ.
澄み渡る鶯声聞きつ屋根修理 千鶴 1 えいいち.
大きめの制服を着し入学の子 きよえ 1 みきお.
目の前を驚かしてはつばくらめ わかば 1 うつぎ.
嵐きて見る間に落花畳なる かえる 1 むべ.

4月10日 (投句28名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
引越しや運転席の金魚鉢 みきお 7 えいじ.ふさこ.そうけい.たかを.なつき.あられ.もとこ.
掘割へなだるる桜堤かな みのる 4 山椒.みきえ.せいじ.澄子.
花の下幼子眠る乳母車 満天 3 えいいち.なつき.みきお.
戦没碑何万枚の桜散る 山椒 3 康子.そうけい.ぽんこ.
桜東風荒ぶ海峡波高し わかば 3 かえる.千鶴.こすもす.
夏近し塗装新たなボート小屋 愛正 3 智恵子.山椒.やよい.
廃城の陣旗めくる花の風 なつき 2 えいじ.もとこ.
花の屑地蔵の赤きよだれ掛け やよい 2 智恵子.みきお.
山峡を清めるごとく霞立つ 明日香 2 むべ.たか子.
花の雨潜りて会ひに阿修羅像 あひる 2 千鶴.ぽんこ.
この苑に老ひ幾たびの花の宴 澄子 2 えいいち.はく子.
唐突に吾に向かひくる花吹雪 あひる 2 ふさこ.たか子.
「生きかた」てふ本読む少女春休み せいじ 2 こすもす.はく子.
雨ともに地に降り染むや桜散る えいいち 2 かえる.明日香.
歩道橋しばし楽しむ花吹雪 智恵子 2 明日香.澄子.
花の宴ふわり渡さる紙コップ 澄子 1 康子.
裏返りなびく牧草風光る 愛正 1 せいじ.
折れてなほらんまんと咲く桜の枝 かえる 1 きよえ.
遠くでも近く尚良し桜花 明日香 1 愛正.
母と肩ならべて覗く犬ふぐり 康子 1 みきえ.
春嵐電線唸り戸の乱打 そうけい 1 愛正.
パンジーの縁どる花壇みな笑ふ みきお 1 やよい.
曇天に飾り鮮やか花御堂 もとこ 1 あひる.
堀川は溢れる笑顔花の曇 きよえ 1 わかば.
影動き鳶かすめゆく花の雲 千鶴 1 たかを.
切株に並べられある落椿 むべ 1 あひる.
新しいランドセルへと桜舞ふ 満天 1 むべ.
触れもせでシャベルに幼虫土匂ふ そうけい 1 きよえ.
殴られし口の苦けり春の泥 山椒 1 あられ.
小雨降るおもちゃの様な花御堂 たか子 1 わかば.

4月9日 (投句28名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
曇天に読経くぐもる花御堂 もとこ 7 かえる.康子.智恵子.えいじ.みきお.こすもす.澄子.
花雲に飛び込むジェットコースター 智恵子 6 満天.山椒.せいじ.せつ子.みきえ.たかを.
湧水に渦巻いてをる花筏 康子 4 満天.せいじ.むべ.なつき.
背伸びする幼の指に花吹雪 せつ子 4 たかを.えいじ.みきお.ふさこ.
やはらかに組まれ大樹の鴉の巣 あひる 2 かえる.もとこ.
持ち寄りて和菓子洋菓子花の宴 澄子 2 やよい.たか子.
谷風に散りしきるなり山桜 隆松 2 千鶴.えいいち.
大池の水際縁取る花の影 せつ子 2 えいいち.明日香.
幼虫にさてそろり掻く春の土 そうけい 2 みきえ.あひる.
カーブして川に沿ひゆく菜花かな あひる 2 わかば.澄子.
靖国の神門潜り花の風 山椒 2 あられ.なつき.
停車中蟇横断の田舎道 みきお 2 愛正.そうけい.
五弁花もまじりて下る花筏 むべ 2 千鶴.たか子.
縁側の挟み将棋や春休み えいじ 2 やよい.こすもす.
茅葺きの屋根を睥睨山笑ふ たか子 2 せつ子.きよえ.
手を翳すマリアの像は著莪浄土 かえる 1 そうけい.
青空と白雲を背に花の雲 えいいち 1 きよえ.
風に鳴る戸袋に鳥巣のいびつ なつき 1 愛正.
切株をベンチにふたり白日傘 せいじ 1 山椒.
石除けて種植え拡ぐ春の土 そうけい 1 あひる.
雨風にそがれる如く椿落つ きよえ 1 ぽんこ.
水面へと枝垂る桜の影写す わかば 1 隆松.
風見鶏カラカラ唄う花吹雪 智恵子 1 明日香.
宇治十条結末語りて花散りて ふさこ 1 もとこ.
義母を乗せ桜の道を巡りたる えいいち 1 むべ.
葉桜の徐々に増したる先二寸 千鶴 1 ふさこ.
里山に小流のあり歯朶萌ゆる 隆松 1 智恵子.
ビオトープ水面を埋む落花かな 康子 1 わかば.
胴吹きの桜一房家花見 愛正 1 康子.
花の雨幹漆黒に濡れてをり 澄子 1 ぽんこ.
ひとひらの落花舞い込む出入り口 愛正 1 あられ.

4月8日 (投句26名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
試歩の母饒舌となる花の道 康子 5 満天.明日香.わかば.みきお.澄子.
咲きたるも散り始むかな今日桜 えいいち 5 愛正.千鶴.きよえ.ふさこ.もとこ.
春嵐馬の立髪逆立ちぬ みきお 5 ぽんこ.あひる.むべ.せつ子.みきえ.
露店前動かぬ駄々っ子花万朶 みきえ 4 えいじ.あられ.ぽんこ.ふさこ.
花疲れ温泉街の下駄の音 ふさこ 3 なつき.そうけい.澄子.
礼服のパパと手つなぐ入学児 せいじ 3 智恵子.満天.あられ.
三線のゆるり爪弾く春の月 もとこ 3 山椒.みきお.千鶴.
麗らかや幾つも並ぶ泥団子 澄子 3 たかを.なつき.えいいち.
思春期の子もほのと笑む花の下 あひる 3 かえる.きよえ.もとこ.
尻ひとつおもてに浮かせ残り鴨 かえる 3 康子.あひる.みきえ.
車窓今花花花や山陰路 こすもす 3 えいじ.やよい.山椒.
花筵気づけば我も円の中 智恵子 2 かえる.隆松.
葉隠れのひと啼き残し揚雲雀 かえる 2 康子.たか子.
一角の空の明るき花菜畑 康子 2 やよい.たか子.
フリマいま賑はふ花の城址かな みのる 2 わかば.せいじ.
ウエーブのごとくに風の花菜畑 澄子 2 せいじ.こすもす.
公園の腰掛埋まる花見かな 満天 1 むべ.
本堂に吹きいる落花無人寺 愛正 1 明日香.
土埋木苔竜胆の群れ可愛い 智恵子 1 愛正.
花筵異国の歌を合唱す なつき 1 たかを.
鳥の巣の髪を気にせり進級子 なつき 1 えいいち.
風光る日時計に友待ち合はす わかば 1 せつ子.
日に朱く実の熟すごと楠紅葉 えいいち 1 そうけい.
大川の水面染め上ぐ花万朶 せいじ 1 智恵子.
大木にまきつく蔓や木下闇 みきえ 1 こすもす.

4月7日 (投句29名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
あめんぼうジャンプの技を見せにけり みのる 4 あひる.たかを.きよえ.明日香.
ダム放流飛沫もろとも飛花落花 千鶴 4 ふさこ.みきえ.みきお.わかば.
公園の子供列車に花ふぶき みきえ 4 たかを.そうけい.こすもす.澄子.
狐面付けた花嫁春祭 山椒 3 満天.みきお.明日香.
補助輪を外す親子や花の下 智恵子 3 満天.やよい.なつき.
三代の女ばかりの花筵 なつき 3 たか子.せいじ.もとこ.
春風を纏ひ帰る子日の匂ひ みきお 2 智恵子.愛正.
青春に勝ち負けは無し春の泥 山椒 2 たか子.きよえ.
落ち椿画板に乗せて色試す 智恵子 2 ふさこ.こすもす.
池辺を辿る小径に初音聞く わかば 2 せいじ.ぽんこ.
望郷の丘包み込む花吹雪 康子 2 ぽんこ.もとこ.
風立ちて光の渦や春落葉 えいじ 2 やよい.山椒.
タワマンの花の雲より聳え立つ あひる 2 なつき.山椒.
双子たち花満開に産まれくる もとこ 2 えいじ.康子.
花の池スワンボートを散らしけり みのる 1 澄子.
夜桜の闇に浮き立ち華やげり 満天 1 智恵子.
花なずな畝をふはりと膨らませ かえる 1 あひる.
絶え間なき囀りたかき梢より 澄子 1 かえる.
頬よする桜の房のひんやりと あひる 1 千鶴.
街路樹の芽吹きまさをや今朝の雨 やよい 1 わかば.
学舎の址に菜の花浄土かな むべ 1 康子.
渚めく広場の落花畳かな 澄子 1 えいじ.
茣蓙敷いて桜の下の午餐かな 千鶴 1 みきえ.
咲き分けて大地彩なす落椿 むべ 1 えいいち.
出し抜けにチャリ横倒し春疾風 せいじ 1 愛正.
ビル街の階のおんじき糸桜 ぽんこ 1 そうけい.
鶯やおかず一品足す朝餉 そうけい 1 千鶴.
箱座りせる野良猫へ春日さす かえる 1 えいいち.
山門を覗く夜桜灯ともれり 康子 1 かえる.

4月6日 (投句26名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
潮騒に姉さん被り鹿尾菜干す 智恵子 8 山椒.そうけい.はく子.みきお.ふさこ.あられ.たか子.みきえ.
ホームいま特急通過花吹雪 みのる 6 智恵子.たかを.みきお.えいいち.もとこ.みきえ.
雀どち狼藉やまぬ飛花落花 康子 4 むべ.満天.たかを.明日香.
桜咲く妣いまさばと思ひけり わかば 4 せいじ.あひる.たか子.きよえ.
谷川の瀬音に初音沁みゆけり 千鶴 4 康子.山椒.こすもす.澄子.
一門の墓碑堵列せる木下闇 澄子 4 えいじ.やよい.隆松.明日香.
園庭に足跡のこし卒園児 なつき 3 智恵子.えいいち.やよい.
満を持す桜一気に満開に はく子 2 こすもす.わかば.
ひとひらの便りにはさむさくらかな 澄子 2 千鶴.もとこ.
春の野をよぎる万博列車かな せいじ 2 あられ.なつき.
鈴蘭の巻き葉につぼみ嬰のごと あひる 2 かえる.むべ.
山椒の芽嗅ぎ合ふ子らの賑やかさ 愛正 2 えいじ.千鶴.
くろぼこへ紅き円陣仏の座 かえる 2 せいじ.あひる.
天からの風に遊ばれ糸桜 もとこ 2 ぽんこ.わかば.
両岸の山膨らみて山桜 千鶴 2 愛正.満天.
丘の上の白き校舎に花の雲 はく子 1 なつき.
入学を待つはピンクのランドセル あひる 1 康子.
花豌豆いつか飛べるとつる伸ばす 明日香 1 きよえ.
目に怒り金剛力士春埃 ぽんこ 1 かえる.
長閑なり鳩に手招き幼子よ きよえ 1 はく子.
富士塚の花隠したる石鳥居 むべ 1 ふさこ.
木蓮のひしめく袋小路かな せいじ 1 ぽんこ.
弄ればあまた実のある春落葉 えいじ 1 そうけい.
屋根越しに見ゆる桜の大樹かな えいいち 1 澄子.
竹秋の間道床のごと柔し そうけい 1 愛正.
記念樹ただ咲かせたし初桜 ふさこ 1 せつ子.

4月5日 (投句28名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山門を入れば天蓋大桜 康子 6 満天.むべ.山椒.なつき.こすもす.はく子.
うち仰ぐ古刹の磴へ若葉影 むべ 5 かえる.智恵子.あられ.千鶴.澄子.
兄と手をつなぎ入学お下げ髪 なつき 5 あられ.山椒.たかを.ぽんこ.せつ子.
春塵にまみれし仁王阿形なる たか子 3 かえる.康子.ぽんこ.
お互ひに蔓絡めあふ豆の花 かえる 3 むべ.千鶴.明日香.
枝先にがんじがらみや朧月 えいじ 3 愛正.康子.せいじ.
落ち椿川の淀に渦なして 智恵子 2 あひる.そうけい.
春の夜の電話にとける蟠り あひる 2 智恵子.もとこ.
風捉へたんぽぽの絮四散せり かえる 2 きよえ.わかば.
春陰の瀬戸の海原波うねる きよえ 2 ふさこ.なつき.
見上ぐれば銀河のやうや夜の桜 えいいち 2 明日香.こすもす.
摩天楼百灯透かす大桜 康子 2 そうけい.わかば.
馬の背を越へてヒラヒラ初蝶来 みきお 2 愛正.あひる.
耳成の頬に紅さす桜かな あられ 2 えいいち.はく子.
おしゃべりの上手くなりし子初桜 はく子 2 えいじ.満天.
老舗まで万歩歩いて桜餅 もとこ 1 たか子.
藻屑つけ汐木ころがる干潟かな みのる 1 えいじ.
春疾風レジャーシートは難破船 せいじ 1 ふさこ.
緊張の子をつつむごと花万朶 なつき 1 もとこ.
飛び跳ねる娘の笑ひ声春日差し 山椒 1 たか子.
西の空明るきままに穀雨かな 澄子 1 えいいち.
清明の森より湧きて潦 むべ 1 澄子.
聳え立つ都会の墓標黄砂降る 山椒 1 せいじ.
花日和花見べんとう花ふぶき 千鶴 1 たかを.
雨上がる風鈴ちりと今朝の晴れ みきえ 1 きよえ.
大声の喧嘩囃子や猫の恋 えいじ 1 せつ子.

4月4日 (投句28名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
小流れの岩を縁取る落花かな 康子 6 愛正.みきえ.あひる.千鶴.こすもす.せつ子.
春暁や靄の内なる畝傍山 明日香 4 かえる.ぽんこ.澄子.わかば.
たんぽぽの点描光る丘の上 えいじ 4 康子.むべ.明日香.きよえ.
花筏雨の水輪に揺れはじむ 康子 3 えいじ.せいじ.あひる.
花の雨傘の連なる太鼓橋 なつき 3 みきえ.たか子.みきお.
発進も停止も優し春のバス 山椒 3 たかを.たか子.もとこ.
意に沿はぬ転任辞令鳥雲に みのる 3 山椒.わかば.はく子.
浦風に白帆膨れり公魚漁 山椒 3 やよい.明日香.千鶴.
春爛漫背に空っぽのランドセル ふさこ 3 智恵子.あられ.きよえ.
花柄の傘回しつつ花の雨 なつき 3 たかを.えいいち.はく子.
外つ国の人席巻す奈良の春 たか子 3 満天.ぽんこ.あられ.
中腹に羊群めきし山桜 せいじ 2 康子.むべ.
計量の裸の赤子花膨る そうけい 2 小袖.なつき.
ジーパンから背広に変へて新社員 満天 2 みきお.こすもす.
金物の光る大木鴉の巣 愛正 1 山椒.
雨上がりいよよ艶めく柿若葉 むべ 1 満天.
拝観は長蛇の列や桜まじ ぽんこ 1 なつき.
春嵐や犬の立ち耳忙しなく かえる 1 もとこ.
卯の花の花穂育てて雨一日 澄子 1 えいいち.
海女小屋に漏れくる笑い良か匂い 智恵子 1 愛正.
曇天へもくれん並木燭灯す やよい 1 えいじ.
菜種梅雨家居ならばと句と相撲 きよえ 1 ふさこ.
母衣衆の集う竹林熊谷草 愛正 1 澄子.
渦潮の間近漕ぎ出づかんこ舟 千鶴 1 かえる.
句座開く花人たちのダム湖畔 千鶴 1 やよい.
庭を染めて白木蓮の花弁かな こすもす 1 ふさこ.
やぐらへと辿る岨径落椿 澄子 1 せいじ.
春暁に黄金眩き波頭 智恵子 1 小袖.
木の芽和手に残りたるかぐはしさ むべ 1 せつ子.
蒼穹に清かこぶしのたなごころ かえる 1 智恵子.

4月3日 (投句25名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
羽拡ぐ孔雀に拍手花の客 なつき 6 隆松.えいじ.せつ子.明日香.もとこ.千鶴.
もの憂さな猫の欠伸も麗らけし 澄子 5 ぽんこ.ふさこ.えいいち.たかを.きよえ.
お日さまを七色にするしゃぼん玉 康子 5 山椒.やよい.せいじ.みきお.なつき.
吾子の背ナ見送る駅に桜まじ むべ 5 愛正.せいじ.康子.あひる.えいじ.
登場は電光石火燕来る えいじ 4 愛正.たか子.澄子.こすもす.
岩山をほんのり染める山桜 きよえ 3 みきお.むべ.みきえ.
新畝の乾く暇なし菜種梅雨 千鶴 3 智恵子.そうけい.こすもす.
おむすびの塩にこだわり四月馬鹿 なつき 3 やよい.ふさこ.たかを.
四姉妹ボックスシート春の旅 かえる 3 康子.澄子.なつき.
バトミントン打つ羽消ゆる花万朶 康子 3 かえる.満天.智恵子.
ぴくぴくと風にうぶなる桜花かな せいじ 2 千鶴.きよえ.
碧眼の人と眺める桜かな ぽんこ 2 たか子.みきえ.
古都うららひと日の旅を満喫す 澄子 2 ぽんこ.わかば.
久闊を叙す満開の花の元 たか子 2 そうけい.わかば.
春の野に続く少女のリフティング せいじ 2 あられ.もとこ.
新社員大東京の空に立つ 山椒 1 あられ.
キラキラと目に光る星新社員 智恵子 1 満天.
苜蓿尻餅あとに立ち直り みのる 1 えいいち.
湘南の白子干しとて家苞に かえる 1 明日香.
花の坂金管楽器持てくだる むべ 1 山椒.
草餅や妣懐かしく餡を炊く わかば 1 あひる.
春光に生れし一輪立金花 あひる 1 むべ.
豆桜ここは里への谷の道 隆松 1 かえる.
流離へば黄砂に浮かぶ摩天楼 山椒 1 せつ子.

4月2日 (投句27名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
老幹の洞に舞ひ込む落花かな 康子 6 かえる.愛正.満天.あひる.ぽんこ.むべ.
屈みては犬と語らふ春帽子 あひる 6 やよい.明日香.えいいち.みきお.もとこ.せつ子.
二階より見守る巣箱鳥来たる みきお 5 なつき.たかを.澄子.智恵子.わかば.
苔の碑に火を点じたる落椿 みのる 4 えいじ.康子.山椒.きよえ.
靴擦れの踵を撫でる新社員 山椒 4 えいじ.ぽんこ.なつき.みきお.
家苞にたんぽぽ摘みてゆく子かな えいじ 3 せいじ.むべ.もとこ.
試歩兼ねて晩学の道紫木蓮 わかば 3 そうけい.康子.たか子.
焙煎の香り届くや春の庭 智恵子 2 愛正.隆松.
新葉への命を繋ぐ春落葉 みきお 2 千鶴.わかば.
遊歩道色香増したり春の里 愛正 2 そうけい.こすもす.
居候丹波の春を満喫す やよい 2 あひる.みきえ.
御目閉づ子育て大師花の風 なつき 2 やよい.たか子.
染卵配る奉仕や園児どち むべ 1 せいじ.
純白のまま散るもあり白木蓮 こすもす 1 山椒.
花韮の侍る大樹の根方かな かえる 1 明日香.
若楓見上ぐ水音水路閣 智恵子 1 満天.
蒼空に透く木々の芽のきらきらし そうけい 1 千鶴.
真っ直ぐに広がる枝や若桜 あひる 1 智恵子.
山も野も駆け行き巡る春の風 きよえ 1 えいいち.
触れてみる湿り気帯びる芽吹きかな 明日香 1 かえる.
ころびたる猪口のごとくに椿落つ みのる 1 澄子.
思わずに触れもし見あぐ街路樹の芽 そうけい 1 たかを.
復活祭ズームの賛美合はねども せいじ 1 せつ子.
花滂沱嬉しき予想外れなる たか子 1 こすもす.
偕老のラジオ体操楽のどか えいじ 1 みきえ.
踏青やひと駅さきへ春山路 かえる 1 きよえ.

4月1日 (投句27名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
行き一分帰り三分の桜かな あられ 9 かえる.むべ.愛正.たかを.えいいち.千鶴.みきお.澄子.たか子.
機長いま翼下に雪の富士見ゆと みのる 5 せいじ.あひる.みきえ.澄子.せつ子.
一斉に百花の並び春の花舗 山椒 4 はく子.えいいち.こすもす.せつ子.
挨拶を終えてまた掃く落椿 あひる 3 えいじ.愛正.明日香.
ぺちやくちやとひと駅愉し踏青子 澄子 3 康子.たかを.わかば.
寺守の箒軽やか朝桜 なつき 3 えいじ.そうけい.もとこ.
泥つきのたかんな並ぶ無人市 みきお 3 やよい.あられ.なつき.
対岸の土堤を埋めて花菜畑 康子 3 満天.智恵子.みきえ.
雨粒の珠と輝く木の芽かな 康子 3 かえる.むべ.ぽんこ.
けりけりと番い騒げる春田かな えいじ 2 やよい.わかば.
野良仕事始まる集落畦青む みきお 2 智恵子.もとこ.
小さき手を閻魔に合はす花の下 なつき 2 そうけい.ぽんこ.
君もまた成長痛か土筆の子 あられ 1 山椒.
蝶舞ひてラジオ体操楽流る えいじ 1 千鶴.
十字架に薄絹掛かる復活祭 むべ 1 なつき.
焼杉の塀越しに見ゆ利休梅 かえる 1 せいじ.
礼拝の今日は司会やイースター せいじ 1 明日香.
思わざる友との出会ひイースター わかば 1 きよえ.
春の野に筏めきたる茣蓙の基地 せいじ 1 きよえ.
里山は墨絵めきをり春の霧 やよい 1 こすもす.
霖雨晴れ芽吹く垣根となりにけり 澄子 1 あひる.
雪やなぎ夜目に白無垢揺るごと えいいち 1 ふさこ.
旅疲れ癒やす車窓の春夕焼 むべ 1 満天.
青空へ千手差し伸べる如白木蓮 こすもす 1 ふさこ.
海風に色移り行く供花うらら そうけい 1 康子.
クルーズ船デッキに至福春の風 智恵子 1 はく子.
あたたかや見舞いの友の次々と もとこ 1 たか子.
桜鯛釣ってめでたしえびす舞 千鶴 1 みきお.
花見酒数えて笑ふ青き空 智恵子 1 あられ.

3月31日 (投句26名 選句31名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
初花や両手でつつむふるまひ茶 なつき 7 えいいち.えいじ.智恵子.小袖.むべ.たかを.もとこ.
焼杉塀つづく古町木の芽晴 むべ 5 みきえ.みきお.せいじ.愛正.ふさこ.
ホームラン雀隠しの球探す みきお 5 康子.やよい.山椒.小袖.たかを.
ただ目鼻描いて愛らし染卵 あひる 5 満天.あられ.きよえ.はく子.明日香.
うららかやホ句三昧に古都の旅 みのる 5 みきえ.澄子.ふさこ.はく子.わかば.
春憂ひ籠る家居に針を持つ わかば 3 かえる.隆松.たか子.
花を待つ手持ち無沙汰や賀茂の土手 もとこ 3 たか子.あられ.なつき.
春の波磯に異国の空容器 愛正 3 かえる.ぽんこ.もとこ.
句敵とライン開通山笑ふ せいじ 2 そうけい.わかば.
吾に来ては去りて又来る黃蝶かな やよい 2 えいじ.あひる.
ひこばえの蕾膨らむ古木かな ぽんこ 2 せいじ.こすもす.
エリカ映ゆ異人館めく白壁に かえる 2 康子.そうけい.
薄桃と白の花びら木瓜散華 山椒 2 むべ.なつき.
銀輪の夫の背を追ふ春陽かな あひる 2 山椒.みきお.
妣植ゑし桜の蕾ふくらみぬ わかば 2 えいいち.やよい.
来阪の曾孫としばし春うらら はく子 1 満天.
畑菜花競ふごとしに背を伸ぶや きよえ 1 千鶴.
菜の花の湯がけば口にほろ苦し むべ 1 こすもす.
日あたりて萌黄に透ける若楓 みのる 1 きよえ.
鼻水を止める術なし花粉症 智恵子 1 愛正.
中庭に花見椅子置く資料館 康子 1 智恵子.
白皙に深く被りし春帽子 かえる 1 澄子.
襞襟の女王の如畑キャベツ 山椒 1 あひる.
初花のまことに淡き彩なして たか子 1 千鶴.
蚕豆の花の紫見詰むごと きよえ 1 明日香.
逆光に揺らぐ人影春夕焼 みきお 1 ぽんこ.

過去一覧

2024 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2023 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2022 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2021 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2020 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]