最近の10作品を表示しています。

2019年6月7日

市ノ池公園


梅雨雲の千切れて尾根を急ぎけり

梅雨じめりしたる句帳に文字滲む

五月雨に砂躍りをるにはたづみ

梅雨の門錆びて開かぬと園閉鎖

梅雨の森傘がなくても歩けさう

梅雨の峡百鳥声をひそめけり

切株を車座に置くキャンプ場

梅雨合羽着て余念なき園丁ら

白無垢を広げしごとく山法師

6月落穂句会@市ノ池公園

2019年5月21日

尼崎大井戸公園


ジプシーのごとくに園の薔薇めぐる

苑の薔薇見てよ見てよとみな笑顔

白薔薇の百花あたりを払ひけり

朝日燦昨夜の緑雨のにはたづみ

ほむらめく真紅の薔薇の一屯

森涼し楓の葉擦れの音もまた

天辺に青空透けるバラアーチ

一婦人沈思黙考バラアーチ

夏木立塚は要をなせりけり

5月定例句会@大井戸公園(薔薇、古墳)

2019年5月10日

高砂神社・工楽邸


松天へ伸びて飛燕に触れなんと

注連古りて大緑陰をなせりけり

神馬像駈けだしさうや薫風裡

草引女宮司の内儀とは知らず

春潮の楽の満ちくる雁木かな

宮若葉改元で混む御朱印所

百代の松抽んでし宮若葉

老松の自由奔放夏空へ

両袖に松の緑や能舞台

5月落穂吟行句会@高砂神社・工楽邸

2019年4月26日

萬葉植物園


盤石に神と一と文字万緑裡

羽衣のごと藤纏ふ大樹かな

天つ藤あたりを払ふ樫大樹

ごところぶ風倒大樹苔の花

日の斑洩る森の一隅著莪浄土

棚の藤虻の頭突きに屑こぼす

万葉の歌碑へと天降る百千鳥

絵図になき禰宜の細道竹の秋

春昼の直哉旧居に句座ひらく

4月吟行句会@萬葉植物園・直哉旧居

2019年4月16日

北山緑化植物園


茶庭いま萌黄襖に芽吹きけり

山つつじ潜りくぐりて岨辿る

山湖へと残る桜を温ねつつ

草引女茶庭撫でつつ膝行す

甲山先兵として笑ひけり

紋白蝶黄花葎を好みけり

春光の苑の一水手に掬ひ

翠黛や群青湛ふ水源地

天網の如くに渓の若楓

4月定例句会@北山緑化植物園

2019年3月28日

太閤園・藤田邸跡公園


磊々の汀一擲黄鶺鴒

水陽炎映ゆ水亭の深庇

旧邸の甍へ挿頭す大桜

水亭は大正ロマン春灯

蜷の道なきやと屈む水辺かな

石人の金壺眼春憂ふ

花堤人へ絶叫選挙カー

芽木に透くレンガ造りの美術館

一と本の辛夷池塘に佇つごとし

3月吟行句会@太閤園.藤田邸跡公園

2019年3月19日

中山寺


啓蟄の大地穿ちて雨垂れす

啓蟄の汀やあぶく吐くは何

啓蟄を促す雨と思ひけり

点描のごと雨霧らふ梅の丘

薄紅に萌黄にと芽木芳しき

巡拝す七堂伽藍芽木の山

身に入むや水子地蔵の祈願絵馬

芽木秀枝指呼しつバードウオッチング

万蕾のふふむ夙川春の雨

3月定例句会@中山寺

Feedback | Top

2019年3月1日

曽根天満宮


啓蟄の大地踏んまえ樟大樹

うつ向くは何の憂ひぞ落椿

満開の梅侍らせて曽根の松

もつれあふ放物線や枝垂梅

白梅の極みと仰ぐ空ま青

枝絡む日の瑞々し梅真白

園児らの無垢の瞳に梅真白

園児らの電車繋ぎに梅の苑

園児らの唄に喝采梅の衆

3月落穂句会@高砂曽根天満宮の梅

Feedback | Top

2019年2月19日

門に吊る三輪の御札や寒造

桶の縁斯く摺り減りし寒造

利き酒の蔵を梯子す寒造

寒造剣のごとき蔵の屋根

売店も蔵屋根造り新走

辛口を宗とす蔵や寒造

温かや天地返しに樽造り

裸木や鞠のごとくに群雀

河口でて潮となりぬ春の水

2月定例句会@菊正宗酒造記念館

Feedback | Top

年度別一覧

2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010

感想・お問合せは気軽に

みのるへの感想やお問合せは、Feedback,Twitter からお気軽にお声掛けください。

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site