2022年の作品

2022年04月19日

道をしへ


瀬を曲がるたび春水の楽変ふる

若楓透けて日の洩る渓日和

眼福や渓空に透く若かえで

池鏡芽木は五彩を競ひけり

亀うらら五体投地に甲羅干

池塘人思ひ思ひに春惜しむ

ついてくる虻の羽音や苑うらら

道をしへカメラ覗けばゐずなんぬ

ゆくりなき吟行日和道をしへ

4月度定例句会吟行:北山緑化植物園

2022年03月28日

園田競馬


勝ち戻る騎手春天へ拳あげ

春塵に拾ひ確かむ捨て馬券

鞭一打なく勝馬となれりけり

鼻筋の白きは血筋春の駒

ギャロップの鬣なびく春光裡

うららかやパドック囲む競馬女子

騎手乗りてよりの気合や競べ馬

啓蟄の大地ゆるがせ草競馬

春愁や後塵拝す本命馬

3月度定例句会吟行

2022年2月20日

涅槃会


しろがねの月下に涅槃したまへり

沙羅双樹隠れは魑魅か涅槃変

大涅槃図渚のごとく余しけり

慟哭を聴かむと涅槃図の裏へ

大涅槃絵図の裏より吟行子

阿難陀ひとり蒼白涅槃変

猫舌にのせて涙す大根焚

耶蘇の吾もともにいただく大根焚

大福火浴びてコロナ禍祓ひけり

中山寺の涅槃会を詠む

2022年1月29日

初空


初空やマスクはずして深呼吸

初御空豊旗雲を刷きにけり

先師在す初御空へとまず御慶

孫二人バステノールと御慶のぶ

孫たちの笑顔はじけるお年玉

初凪や震源の島泰然と

黙祷に晨朝明くる阪神忌

夢希望絆と点る阪神忌

空き瓶の舟を漕ぎゐる春の汐

再び自粛を余儀なくされる

年度別一覧

2022 | 2021 | 2020 | 2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site