みのるの日記

日記一覧 ダイジェスト

あなたの道を主にゆだねよ。
主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。

(詩篇 37篇5節)

2017年10月19日

柘榴


家内のお友達の方が、観賞用にとお庭になった柘榴をもってきてくださいました。大きいです。

句材にと熟れし柘榴を惜しげなく みのる

2017年10月18日

北山緑化植物園


昨日は珍しく雨の定例句会となりました。北山山荘のお庭もまだ開放されておらず残念でしたが、思いがけず「きのこ展」が開催されていたので珍しい茸を沢山覚えることがでみました。

雨の吟行もまたよし…と言い聞かせながらも、集中力を保つのが難しく絶不調でした。今年は、すべての吟行句を近詠に載せると自分に課しているので、今朝は、句帳に残っているメモを頼みに懸命に推敲しました。

苦吟が見え隠れする作品ばかりですが、近詠にアップしましたのでご覧ください。

雨に伏す秋草叢も園の興 みのる

2017年10月5日

パソコンの壁紙


パソコンの壁紙が自由に変えられるのはご存知ですね。

メンバーの菜々さんは、みのるの日記で紹介した写真を壁紙として使ってくださっているそうです。

ぼくは、好きな絵画を使っています。今使っているのは、油絵、静物で検索したもの。


クリックで拡大

ぼくの場合、ノートパソコン(15インチ)+外部ディスプレイ(24インチ)という構成で使っているのですが、通常はノートのみで作業し、複数画面で作業するときだけ外部ディスプレイを併用します。毎日句会の投句控えをみながら、みのる選の作業をする…というようなケースです。

それ以外のときは、外部ディスプレイは、ただの額縁ですのでここに好きな絵を貼って癒やし効果が得られるようにしているのです。この場合、あまり明るい画像より少し暗めのほうが目に優しく落ち着きます。モニター保護の意味でもそのほうがいいのです。


ノートに使っている壁紙(猫+魚=骨)はこちらです(^o^)

Google検索でいろいろ探してみると愉しいですよ。日本語で検索しないで、キーワードに英語を使うと海外サイトもヒットするのでユニークな作品がたくさん見つかります。

2017年10月4日

吟行用スマホアプリ


いよいよ本格的な秋の到来ですね。吟行が一番楽しい季節です。

秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子

ところで、GHメンバーにもかなりスマホユーザーが増えてきたようですので、ぼくが使っている吟行用アプリを紹介したいと思います。高価なアプリは買わなくても無料アプリで十分です。

季語INDEX

季語INDEX 〜スマート歳時記・俳句に便利〜 
季語INDEX 〜スマート歳時記・俳句に便利〜 
開発元:MaroyakaSoft
無料

最近見つけたアプリですが、結構使えます。歳時記や句帳をもっていないときでもスマホで代用できますので、お薦めです。

Weblio国語辞典

辞書 Weblio無料辞書アプリ・漢字辞書・国語辞典百科事典
辞書 Weblio無料辞書アプリ・漢字辞書・国語辞典百科事典
開発元:Weblio

Yahoo!乗換案内

Yahoo!乗換案内 無料の時刻表、運行情報、乗り換え検索
Yahoo!乗換案内 無料の時刻表、運行情報、乗り換え検索
開発元:Yahoo Japan Corp.

マップ

マップ - ナビ、乗換案内
マップ - ナビ、乗換案内
開発元:Google LLC
無料

Googleストリートビュー

Googleストリートビュー
Googleストリートビュー
開発元:Google LLC
無料

Yahoo!天気

Yahoo!天気 - 雨雲の接近や台風の進路がわかる気象予報レーダー搭載アプリ
Yahoo!天気 - 雨雲の接近や台風の進路がわかる気象予報レーダー搭載アプリ
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料

無音カメラ

無音カメラ [高画質]
無音カメラ [高画質]
開発元:Peace
無料

Googleフォト

Google フォト
Google フォト
開発元:Google LLC
無料

他にも、

等々をインストールしてます。探せば愉しいアプリが沢山あるようですが、簡単な操作で使いやすいもの少ないです。

"わたしはこんなの使ってるよ!"

という情報があれば、教えてください。

2017年9月30日

能勢路吟行記


吟行のスタイルには二種類あると思います。

数人でお喋りしながらのほうがヒントが得やすいので句が授かりやすい…というタイプと、一人で静かに吟行するほうが集中できるというタイプです。どちらも一理あるので一方が良くてど他方が間違いということではありません。

皆と一緒に行動しつつ、ときには少し離れて一人になる…というような柔軟なスタイルが一番いいと思います。 同じコース、同じ場所を吟行していても感動する場所、感興を覚えるシーンは人それぞれです。見たもの全てを詠もうと欲張らず、本当に心が動いた場所で立ち止まることが大事です。

具体的に理解していただけるように、昨日のみのるの吟行記をまとめてみました。

最初の二句(能勢電車…、鷺の嘴…)は、妙見口へ移動する電車の窓から写生したものです。ぼくの場合、この移動中の観察をとても大切にしています。朝いちで感覚もさえていますし、集中しやすく、思いがけない句材に巡り会えるチャンスがあります。

次の二句(狗尾草、枯蟷螂)は、公民館うらの旧道を歩いたときに出会った句材です。猪垣に絡んだ零余子、畔川ほとりの露草、考鬮寺のお庭の大銀杏、寺畑の花野等々、道すがらの句材は沢山ありましたが、最も感動した狗尾草と枯蟷螂の観察に時間をさきました。

次の三句(千草の畦…、孤高の鳶…、雑木がくれ…)は、吉川神社へ向かう道中の感動を詠みました。ジグザグに辿った近道の畦道伝いがとても愉快だと感じましたし、同行の菜々さんが教えてくださった蒼天の鳶にとても感動したからです。短い参磴の奥に木隠れの吉川神社が見えたときも何とも言えない秋の風情を感じました。

最後の二句(豊頬の栗、虚栗)は、帰路の山道で思いがけず出会った落栗を観察して詠みました。吟行前から能勢の栗との出会いを密かに期待していたので、まさに天啓の一会でした(^o^)

畑や田んぼに電柵が張られていて猪や鹿の被害に困っておられるとの地元のおじさんのお話にも驚きました。そのほか点在する廃屋やたわわに実をつけた畑の中の柿の古木、道の辺の曼珠沙華、セピアの刈田、穭田などにも心が動きましたが、十分に時間をとることができず消化不良に終わりました。

大切なことは、団体行動であっても、「ここだ!」と感じたときは、しっかり立ち止まって時間をさき、集中して心を遊ばせることです。

小動物を見つける秘訣は、「何かいないかな…」と手近なところにも動体視力のアンテナを張っておくことです。漫然と遠目に眺めているだけでは彼らとの出会いを見過ごしてしまいます。

また、能勢だから能勢を詠む…というような先入観にとらわれることもマイナスで、かえって句作の妨げになるので注意しましょう。

まとまりのない吟行記ですが、みなさまのヒントになれば嬉しいです。

2017年9月29日

能勢吟行


一穢なき蒼天の秋晴に恵まれてほんとうに素敵な一日でしたね。能勢メンバーのみなさまが万端の準備と心尽くしのお世話をしてくださったお陰です。ほんとうにありがとうございました。ともえさんの栗まんじゅうも美味しくいただけて幸せでした。

今日の吟行での一番の一期一会は、小田一面の猫じゃらしと枯蟷螂との出会いでした。懐かしい吉川神社への畦道にはまだ彼岸花が残っていて嬉しかったです。

感動を句会までの短時間で十七文字にするのは、とても難しいことですが、あとからでも記憶と感動がホットのうちにできるだけたくさん句にまとめるようにしてください。そして出来れば添削に送ってください。一緒に吟行した句は添削しやすいので受ける方もするほうも勉強になるからです。


クリックで拡大

小田うずむ狗尾草の朝日影 みのる


クリックで拡大

枯蟷螂睨むまなこはエメラルド みのる

2017年9月28日

遊女塚


過日、五色塚古墳を吟行した帰りに垂水駅近くにある遊女塚に立ち寄りました。「垂水の沖で舟から落ち溺死した遊女の供養塔である」などの伝説があるようですが詳しくはわかりません。大きくてとても立派な供養塔でした。

http://blog.goo.ne.jp/chiku39/e/a2c67c676c9004ef5d0a5a4f9bf98dce

八千草を籬としたる遊女塚 みのる

Feedback

やまだみのるへのフィードバック

男性   女性

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。


日記一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site