あなたの道を主にゆだねよ。
主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。

(詩篇 37篇5節)

日記一覧 ダイジェスト

2018年10月19日

イメージバナーを変えました


TOPページのイメージバナーを変えました。

私がパン好きだということもあるのですが、もう一つ別の祈り心をもって貼りました。

人はパンのみにて生くるものに非ず
-- マタイによる福音書 四章 --

新約聖書にでてくる有名なみ言葉ですね。

人は物質的な満足だけを目的として生きるものではなく、精神的なよりどころが必要である。

という意味ですが、本当にそうだと思います。

家族はもちろんですが、価値観を共有できる仲間もまたしかりです。私たちには俳句をご縁にかけがえのない仲間がいます。そして、ともに野山を歩いてはおしゃべりし、互いに感動を共有することで多くの慰めと励ましを得ています。

私はこう考えます。

俳句は、暇つぶしのことば遊びではなく、生きぬくための大切なより処…なのだと。

だから、"生活や身辺の事情が変わったので辞めます、休みます…" というようなお話を聞くととても悲しい気持ちになります。 その人にとってゴスペル俳句での交わりが、その程度にしか影響していなかったのかと落ち込み、みのる自身の指導力の未熟さを痛感して塞ぐのです。

俳句は悩めるときの助け、そして仲間は悲しみも喜びも頒かちあえる大切な宝物です。

高齢化が進むにつれて、やもすると消極的になりがちですが励まし合って俳句を続けましょう。これがいまの私にとって一番の祈りの課題です。

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る 芭蕉

2018年10月18日

スマホで毎日句会に参加される方はFireFoxがお薦め


昨今のスマホの普及率には驚きます。

「スマホは毎日充電しないいけないし面倒、私はガラケーで十分!」 といってた機械音痴の家内までスマホに替えるといいだしました。

インターネットからご縁ができたGHメンバーは、抵抗なくスマホへ移行されているようで、ホームページをスマホ対応に改造した管理人としては嬉しい限りです。GHで俳句を楽しむのにもうパソコンは不要です。

ところで、Androidのスマホの場合は、プラウザはGoogle Chromeがインストールされています。iPhoneの場合は、Safariです。

Safariは試していないのでわかりませんが、Chromeで毎日句会の投句控えを見るときにスクロールダウンしていると固まってしまいます。

多分、Chromeの仕様との相性が悪いのでしょう。Chrome と FireFox は両方インストールして使い分けても差し支えないので一度お試しください。

Firefox ウェブブラウザー

Firefox ウェブブラウザー

Mozilla無料posted withアプリーチ

2018年10月17日

GH保管書庫


さまざまなデータが散乱していたので保管書庫を作って管理することにしました。 句集のデータその他のPDFデータを目的別に分類して保管しています。 青畝俳句合評のワードデーターや俳句レッスンのページその他役立つものも随時Book化(PDF)して保存していこうと考えています。

ホームページにはあえてリンクは貼りませんので必要な方はお気に入りとかに入れておいてください。 TOPページ・ナビゲーションバー > CatLink > 資料 と辿るとそこから開くこともできます。

保管書庫を見る

2018年10月13日

Let's Haiku ♡ 俳句入門


宣伝用に複数のブログを公開していましたが試行錯誤を重ねて標記のページに統合することにしました。 みのるの作品集のページからリンクしていたエッセイブログもこのページのコンテンツの一として配置しています。

Let's Haiku のページを見る

最近は、インターネットもスマホで見る人が増えて来たので、スマホで検索したときにヒットしやすいように工夫してGHの宣伝効果を狙いました。

新しいメンバーが増えてGHの活性化が図れるようにお祈りください。

2018年10月12日

Twitterアカウント


俳句関係とコンピューター関係のつぶやきとを分けるためにTwitterのアカウントをもう一つ作りました。

GHその他俳句関係のつぶやき:@gospelhaiku 見てみる

コンピューター関係のつぶやき:@minoruGH 見てみる

GHメンバーは、 @gospelhaikuの方をフォローしてくださるといいと思います。

スマホを使われる方が増えてきたので、またTwitterを活用しようと思います。Twitterアプリは多分標準でインストールされていると思います。今月の合評会のときにこちらも勉強しましょう。

LINEよりは、安全ですし便利と思います。

2018年10月10日

WEB句会


10月WEB句会の兼題を発表しました。

10月の兼題:紅葉・月 詳細を見る

WEB句会の開催は、月末日から数えて7日前から投句受付、4日前に投句締切です。その月によって日にちが変わりますのでご注意ください。 仕組み上、縛りは掛けていませんが、投句された方は選句もしていただくのがルールです。r

兼題句会に慣れるまでは、幅広く詠めるように配慮したお題を決めていますが、本来それでは兼題の意味がないのです。 兼題句を詠むためにはそれなりに季題と向き合う姿勢が必要です。

兼題句を詠む心がけ

要するに季語の本質を理解しなくてはよい兼題句を詠むことは難しいとも言えます。兼題句が上手に詠めるようになると季語の扱い方も上達するので吟行でも的確な季語を斡旋することができるようになります。兼題は、季語と真剣に向き合うよい学びのチャンスですので、ぜひ頑張ってみてください。

11月のWEB句会は吟行句会を検討しています。予め日時を決めて自由吟行し、後日WEB句会を行うという仕組みです。 ご希望の吟行地などについて定例句会のときに話し合いましょう。

2018年9月12日

季語講座(5)


季語と季感の違い

極論的な定義になりますが、季語というのは単なる単語、熟語であり、季感は作品から醸し出される季節感をいいます。 "俳句は季語の有無ではなく季感の有無" という真理はそこにあるわけです。 具体的な説明を進めるためにまず以下の例句を御覧ください。

植え終へし棚田に風の生まれけり  きみこ

老らくの手習を星御覧ぜよ  阿波野青畝

祇王寺の留守の扉(とぼそ)や推せば開く  高浜虚子

一読、三句とも無季だと感じられた方もおられるでしょうね。

植え終へし棚田に風の生まれけり  きみこ

この作品は、"田植えの終わった棚田に…" という句意なので、季語らしい単語は見当たりませんが、「植田」という季感が宿っています。

老らくの手習を星御覧ぜよ  阿波野青畝

鑑賞の難しい作品ですが、"七夕"、"星祭り" の句だと気づかれた方は合格です。 短冊や梶の葉に願い事を書いて、七夕の竹に吊るしますね。

基本季語を分割して新しさへを目指すという手法もあります。ことばの魔術師といわれた青畝先生の作品から学びましょう。

さて例句に揚げた三句目の虚子の句はどうでしょう。

祇王寺の留守の扉や推せば開く  高浜虚子

流石にこれは無季ですね。原句は、"祇王寺の草の扉や推せば開く" だったという説もあります。 もしそうならぎりぎり春の季感を宿しているとも言えます。 でも虚子は、当時祇王寺を庵としていた高岡智照老尼への存問の思いから、どうしても "留守の扉" にしたくてあえて無季にしたというエピソードをどこかで読みました。

20万を超えると言われる虚子の句の中には、揚句も含めて数句の無季の句があるそうですが、いずれも後年になって句集や全集からは削除され、別の句に差し替えられたりしているとのことです。

Feedback

やまだみのるへのフィードバック

男性   女性

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。


日記一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2010 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2009 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2008 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2007 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2006 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2005 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2004 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2003 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2002 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2001 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site