毎日句会成績一覧

- 2018年11月 -

過去一覧

11月17日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
酒蔵に湯けむり甘き寒仕込み 智恵子 8 愛正.敬和.あさこ.満天.宏虎.そうけい.なつき.うつぎ.
七五三草履を脱いで歩きだす さつき 5 智恵子.やよい.たか子.菜々.明日香.
小春日のごみ出し終へて立ち話 満天 4 宏虎.やよい.更紗.もとこ.
新米で作る奉納団子かな 明日香 3 三刀.治男.うつぎ.
園帰り土産は落葉の袋詰 こすもす 3 愛正.敬和.そうけい.
ベビーカーで主役の眠る七五三 なつき 3 さつき.あさこ.はく子.
雪隠と掲げ小窓の白障子 うつぎ 3 たか子.菜々.こすもす.
浮島の一本松の色変へず さつき 3 満天.なつき.ぽんこ.
走り根にかさ高となる散紅葉 宏虎 2 さつき.もとこ.
七五三羽織袴にスニーカー もとこ 2 三刀.治男.
方生池あやなす錦散紅葉 やよい 2 たかを.はく子.
鴨番ひ身を寄せ会ひて一つ岩 うつぎ 2 たかを.明日香.
防獣の網乗り越ゆる枯れ落葉 愛正 2 隆松.ぽんこ.
しぶきては堰音いくつ紅葉川 菜々 2 せいじ.小袖.
湖鏡にさざ波立ちて揺る紅葉 智恵子 1 こすもす.
夕陽射すどの冬柿も輝けり 治男 1 更紗.
団体客どっと来て去る紅葉寺 よう子 1 隆松.
垣根にも鉢にも積もる落葉かな 明日香 1 せいじ.
汚れ蝶ヒラヒラ舞いて畑小春 たかを 1 智恵子.
梵鐘や急磴に敷く散紅葉 やよい 1 小袖.

11月16日 (投句19名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝霜や車体に文字の書けるほど 明日香 7 愛正.隆松.せいじ.なおこ.こすもす.ぽんこ.菜々.
水底の色鮮やかな散紅葉 満天 4 あさこ.明日香.なおこ.たか子.
散りもみじ沈む川底綾なして 小袖 4 たかを.智恵子.はく子.治男.
窓拭くや小春の一日使ひきり 菜々 4 明日香.もとこ.こすもす.更紗.
長火鉢湯気一筋の四疊半 愛正 4 さつき.やよい.小袖.ぽんこ.
散紅葉からくれなゐに池染めて 菜々 3 せいじ.智恵子.宏虎.
蓮根の穴の煮汁も湯気立てて せいじ 3 そうけい.よう子.菜々.
白無垢の際立つ紅葉あかりかな さつき 3 小袖.そうけい.なつき.
松手入れ終へ庭園に風わたる さつき 2 満天.たか子.
遅々として進まぬ車列紅葉狩 こすもす 2 はく子.満天.
寒風やリップクリーム舐めにけり 隆松 2 敬和.よう子.
蔦紅葉がんじがらめの一軒家 ぽんこ 2 あさこ.三刀.
冬蝶の渡る千体の地蔵尊 三刀 2 やよい.更紗.
振り仰ぐ銀杏黄葉は万華鏡 せいじ 2 三刀.治男.
戸を繰れば遠目に秋色グラデーション こすもす 2 たかを.宏虎.
齢とれど気配りの有る木の葉髪 宏虎 1 うつぎ.
ひときわの赤をしほりに散り紅葉 たか子 1 なつき.
山寺の埋む紅葉や降る黄葉 よう子 1 うつぎ.
虫老いて洗濯物の中へ入り 明日香 1 敬和.
色変へぬ松にもれ日の鳥の影 ぽんこ 1 愛正.
耐えきれず道にはみ出る柿ひとつ たかを 1 もとこ.
手術待つ相部屋無言冬日さす なつき 1 隆松.
倒木の痛ましき中紅葉狩り たか子 1 さつき.

11月15日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ガイド本読みつつ足湯旅小春 さつき 8 満天.せいじ.智恵子.たかを.なつき.はく子.そうけい.やよい.
オリオンや笑い声過ぐ夜学生 智恵子 5 たかを.そうけい.たか子.やよい.よう子.
駅伝の落ち葉を蹴って疾走す さつき 4 満天.更紗.あさこ.はく子.
陸軍墓地一基違はず菊の供花 ぽんこ 4 あさこ.三刀.こすもす.たか子.
山茶花の討死にのごと花散らす 宏虎 3 敬和.ぽんこ.よう子.
ガラス戸に動かむとせず冬の蝿 愛正 3 敬和.さつき.宏虎.
さはし柿無人店舗を明かるうす せいじ 2 更紗.なつき.
賑ひて木の葉しぐれのカフェテラス はく子 2 愛正.宏虎.
外輪船泊めて大川もみづれる はく子 2 せいじ.菜々.
つがい鴨少し離れて寝てをりぬ よう子 2 隆松.小袖.
竹林を電飾めきし蔦黄葉 なつき 2 愛正.明日香.
小亭に手押し車の小春かな 愛正 2 小袖.治男.
落し物何と小さな冬帽子 たか子 2 智恵子.菜々.
冬日差しほどよき距離に白い月 たかを 1 ぽんこ.
公園のすべり台へと散紅葉 満天 1 さつき.
広縁の木肌に添ひし白障子 小袖 1 隆松.
大橋のたもとを行くや初時雨 やよい 1 明日香.
電飾に連なるバスや苅田跡 智恵子 1 三刀.
鷹を抱く城主の像や月冴ゆる 小袖 1 こすもす.
三文の得とピアノ練習冬の朝 こすもす 1 治男.

11月14日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
読み返す母の手紙や冬ぬくし 菜々 7 さつき.せいじ.やよい.小袖.三刀.治男.なつき.
揺りかごに赤子すやすや縁小春 菜々 6 更紗.あさこ.敬和.智恵子.やよい.はく子.
庭隅に猫の仰向く小春かな 愛正 4 隆松.たかを.よう子.宏虎.
水掛けの不動へ一杓冬はじめ 三刀 4 満天.ぽんこ.たか子.なつき.
玄関の一隅石蕗の明りかな やよい 3 更紗.さつき.明日香.
陽だまりに毛糸の帽子ほっこりと 智恵子 3 たかを.ぽんこ.こすもす.
電飾にアッと華やぐ冬木立 智恵子 3 三刀.宏虎.こすもす.
つたい立つ孫と初見え柿たわわ たかを 2 あさこ.せいじ.
猫かぶり今日は大人し七五三 宏虎 2 隆松.治男.
小春日や鯉ゆつたりと登り来る 満天 2 愛正.そうけい.
冬うらら錦絵のごと四囲の山 明日香 2 菜々.智恵子.
父といふ名を恥ぢもして木の葉髪 せいじ 2 たか子.小袖.
化粧してよそ行きの顔七五三 宏虎 1 はく子.
臥龍松張り出す枝に銀杏落葉 ぽんこ 1 満天.
乾杯のワイングラスの音澄める せいじ 1 敬和.
屋敷神真昼を灯す石蕗の花 よう子 1 そうけい.
森林の樹間彩る冬紅葉 治男 1 明日香.
秋深し池塘狭むる千島笹 愛正 1 菜々.
石蕗の葉にとどまる雫無かりけり たか子 1 よう子.

11月13日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ままごとのお皿は畑の柿落葉 菜々 6 あさこ.智恵子.更紗.やよい.はく子.たか子.
絵馬堂に銘酒並びし菊日和 さつき 5 愛正.三刀.こすもす.なつき.よう子.
山霧の消えて湯煙たちのぼる なつき 4 せいじ.やよい.はく子.そうけい.
年老いて年々低くし吊るし柿 愛正 4 敬和.菜々.智恵子.こすもす.
丘稜のうねりに沿いて夕紅葉 ぽんこ 3 せいじ.更紗.そうけい.
子に返る人も祝がれて小六月 はく子 2 たか子.小袖.
と見る間に袋の山や落葉掻 せいじ 2 ともえ.ぽんこ.
地蔵尊の前埋め尽くす菊の鉢 満天 2 たかを.明日香.
落葉掻く老人会が総出して せいじ 2 満天.治男.
祝ぎの間の庭のもみぢへ開け放ち はく子 2 たかを.満天.
撫で牛の耳こちょこちょと七五三 なつき 2 ぽんこ.明日香.
適塾の中庭占める花八つ手 宏虎 1 小袖.
老集い体育会や小春日和 治男 1 あさこ.
紅白のなます作れば冬めいて 明日香 1 菜々.
金色にイチョウ散りをり日を浴びて こすもす 1 敬和.
芒刈る音や帽子の見へ隠れ やよい 1 よう子.
今年まだ鴨の来ぬ池波たたむ やよい 1 ともえ.
喧騒を逃れて訪ひし紅葉寺 さつき 1 宏虎.
騎兵隊慰霊の読経紅葉散る 三刀 1 なつき.
行列の風船アート小春の日 こすもす 1 三刀.
小春日や高き青空授かりし ともえ 1 宏虎.
白壁の染め上げるごと櫨紅葉 ぽんこ 1 治男.
悲喜の空弱肉強食鷹舞へり 宏虎 1 愛正.

11月12日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
七五三ネクタイ締めて小紳士 宏虎 7 あさこ.智恵子.はく子.満天.治男.こすもす.なつき.
分水嶺眼下時雨るる村灯り 愛正 5 さつき.せいじ.智恵子.明日香.やよい.
紅葉谷上り下りも人の列 三刀 4 さつき.たかを.ともえ.そうけい.
残照の空の高みに匕首の月 せいじ 4 はく子.ぽんこ.やよい.なつき.
堂縁の人身じろがぬ紅葉寺 さつき 3 宏虎.三刀.たか子.
街路樹の早き電飾冬来たる 満天 2 ともえ.明日香.
尺八の童謡メドレー秋澄めり やよい 2 菜々.こすもす.
おすそ分けできる程なる冬野菜 明日香 2 更紗.そうけい.
小春日や上がり框に犬の顎 さつき 2 せいじ.治男.
ティンパニー低音冬を誘ひけり たか子 2 たかを.敬和.
祝ぎくれて手作りパーティー冬ぬくし はく子 2 敬和.満天.
時雨くる裾野の空の迷い雲 愛正 2 三刀.ぽんこ.
四阿の樋にびっしり落葉かな ぽんこ 1 宏虎.
駅前のミニコンサート冬うらら 満天 1 菜々.
尺八の音に誘はれし園小春 やよい 1 更紗.
ハイビーム仁王立ちする鹿勇姿 智恵子 1 隆松.
懸崖の菊は散華の形して なつき 1 たか子.
小春日や親等も遊ぶ遊園地 治男 1 あさこ.
七五三お供が多きカメラマン 宏虎 1 愛正.
雨音と聞きまごう如木の実落つ こすもす 1 愛正.

11月11日 (投句16名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
球児どっと小春日和の河川敷 菜々 5 満天.はく子.敬和.そうけい.治男.
歳時記をめくるベンチへ銀杏散る 更紗 4 宏虎.隆松.治男.ぽんこ.
ビルがビル映し映され街小春 せいじ 4 満天.明日香.こすもす.小袖.
冬うらら腰しなやかにフラダンス 満天 3 はく子.せいじ.小袖.
一族の墓守る本家柿すだれ なつき 3 愛正.たか子.やよい.
寺町の茶会案内菊日和 なつき 3 菜々.あさこ.三刀.
前垂れも冬仕度せり地蔵さま もとこ 2 あさこ.せいじ.
小六月四囲の山々襞を濃く 菜々 2 智恵子.ぽんこ.
小春日の仔犬の鼻の艶やかに 更紗 2 さつき.なつき.
咲き初むる畝色分けて菊出荷 智恵子 2 たかを.たか子.
但馬にも天平文化や秋うらら こすもす 2 菜々.敬和.
公園の猫を集めるちゃんちゃんこ 治男 2 さつき.やよい.
小春日の地域ふれあひコンサート 満天 2 三刀.こすもす.
北風に高舞う鳥の羽音かな たかを 2 宏虎.そうけい.
不順なる気候にもみじ色為さず たか子 1 更紗.
新任時の小一に会う木の葉髪 治男 1 愛正.
一輪の山茶花辺り明るくす ぽんこ 1 更紗.
秋雲のうたかたのごと消えにけり せいじ 1 智恵子.
むかご飯にぎり売られし民家カフェ 智恵子 1 たかを.
破れ蓮水面に己が影映す 三刀 1 明日香.
池の中苔むす岩に蔦紅葉 ぽんこ 1 隆松.
落葉掃く若き修行僧髭濃ゆし 宏虎 1 なつき.

11月10日 (投句19名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
毛糸編むふるさとの事たぐりつつ 菜々 3 たかを.たか子.はく子.
欠礼の葉書次つぎ身にぞしむ 満天 3 三刀.治男.そうけい.
初しぐれすぐ青空の覗きけり はく子 3 隆松.せいじ.こすもす.
南天の実にひとつづつ雨の玉 せいじ 3 智恵子.宏虎.たか子.
七五三三歳にして雨男 なつき 3 智恵子.もとこ.三刀.
自転車のサドルの錆や冬に入る 更紗 2 たかを.なつき.
茶の花や雨の街道道標 ぽんこ 2 愛正.満天.
懐メロのカラオケ三昧冬ぬくし やよい 2 宏虎.はく子.
冬の苑女性庭師のきびきびと たか子 2 ぽんこ.そうけい.
黄葉散る名残り尽きない粗大ごみ たかを 2 治男.こすもす.
色付く葉散る葉里山冬初め たか子 2 ともえ.やよい.
夕空に一羽はづれて渡り鳥 更紗 2 せいじ.なつき.
刈り終えた田んぼ一面平らなり 明日香 1 ともえ.
苦労して耐えて来し身や木の葉髪 宏虎 1 愛正.
不揃ひに傾ぐ電柱冬田道 せいじ 1 更紗.
冬草の根の強きなり妻の意地 治男 1 ぽんこ.
城跡の山こんもりと装いぬ こすもす 1 やよい.
色付きてこんなところに蜜柑の木 明日香 1 菜々.
木の葉雨色つく窓のサンルーム 愛正 1 満天.
畝成りし庭の畑へ初時雨 菜々 1 更紗.
冬ざるる猫もションボリ戻り来る たかを 1 もとこ.
煎餅を貰う鹿みなお辞儀して こすもす 1 菜々.

11月9日 (投句15名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
窓ガラス拭けば小春の空ま 菜々 8 宏虎.智恵子.三刀.たかを.ともえ.はく子.なつき.こすもす.
凍み豆腐カラカラ揺らす山颪 智恵子 7 愛正.せいじ.たか子.そうけい.やよい.こすもす.ぽんこ.
ひとり婆元気ですよと吊るし柿 たかを 7 愛正.せいじ.智恵子.もとこ.治男.小袖.ぽんこ.
フリーマーケット大盛況や紅葉晴れ こすもす 4 満天.なおこ.菜々.はく子.
冬立つや光まぶしき目の検査 なつき 3 更紗.三刀.たかを.
お揃ひのセーターが行くウオーキング 満天 2 あさこ.なおこ.
黄の目立つ古刹参道石蕗の花 宏虎 2 あさこ.治男.
豪邸の門扉を閉ざし柿たわわ 三刀 2 宏虎.たか子.
水涸れの池の八つ橋冬初め たか子 2 小袖.明日香.
落ち柿にぐるぐる回る団子虫 智恵子 1 菜々.
しぐるるや荷物の重き帰り道 更紗 1 やよい.
看護婦の背に冬茜夜勤明け 治男 1 そうけい.
訪ぬれば里山すでに冬模様 たか子 1 ともえ.
鏡台に真珠をはづし秋行けり 更紗 1 もとこ.
セーターを編みなほしては母は子に はく子 1 なつき.
電柱の左右に傾く冬田道 せいじ 1 更紗.
町小春媼らウインドーショッピング 菜々 1 満天.

11月8日 (投句18名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
百度石桜紅葉の吹き溜まる なつき 5 愛正.三刀.たか子.はく子.やよい.
祈祷所の若きパパママ七五三 こすもす 4 たかを.愛正.智恵子.治男.
風もなく晴れ渡りたる今朝の冬 満天 4 せいじ.更紗.宏虎.やよい.
背を押せば一歩あゆみし冬の虫 たかを 4 菜々.せいじ.たか子.そうけい.
紅葉して一直線の並木道 せいじ 3 あさこ.満天.なつき.
桜紅葉透かして空の青さかな 明日香 2 治男.なおこ.
生垣にほつほつ点る姫椿 せいじ 2 智恵子.はく子.
道祖神寄り添ふごとく石蕗の花 ぽんこ 2 三刀.なつき.
大カラス地面啄ばむ冬の畑 たかを 2 なおこ.ぽんこ.
いつからの供えし柿ぞ地蔵前 愛正 2 あさこ.更紗.
あまた届く友丹精の冬野菜 やよい 2 そうけい.ぽんこ.
勅使門右近の桜うす紅葉 よう子 1 宏虎.
色変えぬ松に住み古り半世紀 菜々 1 満天.
立冬の街電飾の試運転 たか子 1 こすもす.
外国人にカメラ向けらる七五三 こすもす 1 たかを.
3畳間は姉妹のサロン毛糸編む 菜々 1 こすもす.
湯豆腐や夫婦が似しはほめ言葉 なつき 1 菜々.

11月7日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
庭畑にいそしむ夫や冬ぬくし 菜々 6 更紗.たかを.せいじ.満天.小袖.もとこ.
列なして知恵の輪くぐり秋惜しむ こすもす 4 あさこ.たか子.明日香.なつき.
落暉いま銀杏黄葉を荘厳す せいじ 4 小袖.三刀.そうけい.はく子.
秋うららスタンプラリーの子ら駆ける なつき 4 更紗.菜々.そうけい.こすもす.
剥落の土塀彩る照り紅葉 三刀 3 たかを.たか子.ぽんこ.
深々と落葉に埋もる力石 そうけい 3 せいじ.智恵子.よう子.
白き肩出して大根日々太る 菜々 3 満天.ぽんこ.やよい.
だが墓碑ぞ折り重なりき草紅葉 愛正 2 よう子.明日香.
川下り紅葉に見とれ飛沫浴び 智恵子 2 愛正.あさこ.
遊船の手を振る客にゆりかもめ そうけい 1 治男.
老木は紅纏ひけり蔦紅葉 もとこ 1 智恵子.
浅漬のお茶漬け嬉し朝餉かな 宏虎 1 こすもす.
正倉院展七十回目に秋惜しむ こすもす 1 治男.
旅かばん薄手のウールしのばせて 明日香 1 宏虎.
門構粋な黒塀花八つ手 宏虎 1 三刀.
茸狩の心細くも声遠し 愛正 1 菜々.
琴坂の緋のトンネルにもみずれる ぽんこ 1 宏虎.
赤い実を沢に描きてや秋深し 満天 1 もとこ.
寺の門桜黄葉散る絵のごとし 治男 1 なつき.
ベランダに育てし小菊今日の供花 はく子 1 やよい.
石蕗の花仁王の憤怒を和ませる ぽんこ 1 はく子.
秋深し道の上にも織る錦 せいじ 1 愛正.

11月6日 (投句19名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ネクタイを外しランチや街小春 たか子 5 敬和.あさこ.宏虎.菜々.こすもす.
校名をみつけてうれし菊花展 せいじ 5 たかを.敬和.はく子.治男.なおこ.
放置車をがんじがらめに蔦紅葉 やよい 4 せいじ.そうけい.たか子.明日香.
枯葉道ポスト朽ちたる別荘地 愛正 4 やよい.こすもす.ぽんこ.智恵子.
紅葉茶屋のお福人形両ゑくぼ なつき 3 愛正.小袖.智恵子.
二人居に十個ばかりの吊るし柿 うつぎ 2 小袖.なつき.
秋天へクレーンアーム伸ばしきり やよい 2 三刀.菜々.
訪へば門扉の錆や石蕗の花 よう子 2 愛正.満天.
神庭に鳥も遊ばぬ神の留守 ぽんこ 2 たか子.三刀.
そと厠(かわや)薄暗がりの花八手 たか子 2 たかを.なおこ.
改札を出れば西郷どん菊薫る せいじ 2 やよい.はく子.
くちゅくちゅとふくら雀の庭談議 智恵子 1 ぽんこ.
冬の蝶低く飛び舞う良き日かな たかを 1 もとこ.
黄落や去り行く彼の振り向かず 智恵子 1 もとこ.
砂湯来てテトラポットの湾小春 明日香 1 宏虎.
菊の香や免許更新高齢者 たかを 1 治男.
老菊師手ずから育す小菊かな なつき 1 あさこ.
瀬戸の海眼下の丘や鵙猛る 三刀 1 そうけい.
色変えぬ松の分院千木光る ぽんこ 1 満天.
船虫の近づく足湯秋うらら 明日香 1 せいじ.
峡の日に片頬染めてむべ熟るる 菜々 1 なつき.

11月5日 (投句21名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋天や袂みやびに蹴鞠びと もとこ 7 満天.小袖.三刀.宏虎.明日香.ぽんこ.よう子.
柿たわわ昔のままのまがり道 たかを 5 あさこ.菜々.三刀.もとこ.明日香.
間引き菜の胡麻和え香る一握り よう子 4 智恵子.たかを.こすもす.はく子.
土石流残る山路に濃紅葉 さつき 3 こすもす.そうけい.なつき.
行厨を分かち華やぐ紅葉狩り 智恵子 3 愛正.宏虎.はく子.
惜しげもなく蕾摘みたる菊師かな さつき 3 そうけい.やよい.なつき.
身にぞ入む若き夢消ゆ知覧かな 宏虎 3 満天.小袖.治男.
朝寒の心もとなきハイヒール うつぎ 3 菜々.ぽんこ.よう子.
摩崖仏膝の辺りに秋の草 明日香 3 せいじ.たかを.やよい.
ピンセット使ひて菊師もどきかな なつき 3 せいじ.たか子.うつぎ.
田仕舞の煙二筋藁ぼこり ぽんこ 2 愛正.たか子.
休耕地畑の真中の秋桜 ぽんこ 1 あさこ.
冬めきてすれ違ふ人小走りに 満天 1 もとこ.
見下ろせば汽車見ゆるなり冬木立 愛正 1 うつぎ.
外灯のLEDの色冬近し 満天 1 敬和.
子ら帰るあと静かなり黄落期 愛正 1 敬和.
色変えぬ松見上ぐかに力石 こすもす 1 治男.
渋皮の色移りたる栗ごはん たか子 1 智恵子.

11月4日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
墨絵めく八重の山なみ夕時雨 智恵子 6 愛正.ぽんこ.そうけい.はく子.たかを.やよい.
女子高生どっと乗り来る駅小春 こすもす 6 小袖.そうけい.うつぎ.うつぎ.たか子.はく子.
文化の日古代米もて炊くおこわ 菜々 5 ぽんこ.治男.せいじ.なおこ.なつき.
マリア像小高き丘に小鳥来る ぽんこ 5 菜々.敬和.満天.たかを.なおこ.
国旗揚ぐ旧家一軒文化の日 たか子 4 智恵子.三刀.よう子.なつき.
秋寂ぶや固く閉じたるシヤッター店 ぽんこ 4 隆松.宏虎.小袖.もとこ.
久々に習ふおりがみ文化の日 はく子 4 菜々.明日香.敬和.やよい.
目が合ひて回り舞台の菊人形 なつき 3 満天.さつき.治男.
踊り手のミスも余興や文化祭 たか子 3 宏虎.よう子.せいじ.
ソリストの弓小刻みや文化の日 よう子 2 さつき.たか子.
青空にちらほら国旗文化の日 満天 2 明日香.あさこ.
菊花展開花揃へし苦心かな さつき 1 あさこ.
久々に日の出を拝む文化の日 三刀 1 こすもす.
うろこ雲焼けてひんがし明け初めし せいじ 1 智恵子.
神苑の老松枯れたり冬の空 愛正 1 もとこ.
和服姿多き車輌や文化の日 やよい 1 こすもす.
本殿へ箒跡踏み落葉踏む 宏虎 1 隆松.
鷹渡るロマンの似合ふ伊良湖岬 宏虎 1 三刀.
姫路城ビルに紛れて秋寂し 明日香 1 愛正.

11月3日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
走り蕎麦ホームですする旅の締め 智恵子 10 さつき.愛正.隆松.あさこ.たかを.もとこ.そうけい.こすもす.はく子.なつき.
一輪の石蕗に明るき書院床 小袖 5 せいじ.満天.ぽんこ.三刀.よう子.
夜気に香の強くなりたる菊人形 せいじ 4 智恵子.敬和.治男.よう子.
落ち葉掃く風の我がままいなしつつ たか子 4 隆松.菜々.宏虎.はく子.
秋うらら青春切符乗り継ぎす 宏虎 4 敬和.やよい.たか子.こすもす.
光る靴履く子が鬼よ秋桜 なつき 3 たかを.やよい.もとこ.
園児どち落葉けりけり列乱す よう子 3 明日香.満天.智恵子.
余白なき広報版や文化の日 うつぎ 2 さつき.なつき.
我が町のええとこ写す文化の日 満天 2 菜々.治男.
秋高しどこまで伸びる高層ビル 菜々 2 明日香.うつぎ.
秋天の半月纏う絹の雲 三刀 2 宏虎.そうけい.
秋日濃し昔ながらの鮮魚店 菜々 1 小袖.
スマホ手に車内沈黙文化の日 満天 1 あさこ.
秋桜動かないでと言うは無理 たか子 1 ぽんこ.
秋冷や葉もの野菜のぐんと伸び 明日香 1 うつぎ.
老夫婦主の茶屋に小鳥来る さつき 1 三刀.
菊褒めて苗を貰ひて帰りけり さつき 1 たか子.
天高し馬の嘶き牧親子 宏虎 1 小袖.
若狭湾まで見通せる浜小春 こすもす 1 せいじ.

11月2日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
水上バス夫を染めゐる秋夕焼 やよい 7 隆松.たかを.宏虎.明日香.治男.こすもす.なおこ.
菊薫る志士らゆかりの宿坊に さつき 7 満天.智恵子.やよい.明日香.はく子.なつき.うつぎ.
谷あひの闇の深さや銀河濃し 隆松 6 さつき.そうけい.やよい.三刀.なつき.小袖.
流れ星長き尾を引き山越ゆる 智恵子 4 さつき.敬和.たかを.治男.
薄煙たなびく里輪冬近し 菜々 3 せいじ.智恵子.はく子.
レインボーブリッジの間にすとんと秋入日 やよい 3 敬和.小袖.なおこ.
木枯らしやスケボの児はや遠くへと たかを 2 よう子.うつぎ.
絶景や富士借景に紅葉燃ゆ 智恵子 2 宏虎.そうけい.
結界のごとく置かれし木の実かな せいじ 2 菜々.満天.
青天にとろけそうなる昼の月 明日香 1 愛正.
投げ銭に謝々と笑ふ秋日和 なつき 1 三刀.
低く飛ぶ秋蝶枯葉色をして なつき 1 こすもす.
灯の親し吉本ばななを一気読み はく子 1 菜々.
拝殿の座に錦秋の夕日影 そうけい 1 よう子.
炬燵出す平成最後の感深く たか子 1 愛正.
手の届くとこまで柿を収穫す こすもす 1 せいじ.
目印は蔵の煙突秋うらら さつき 1 たか子.
繰り返すワイパーオンオフ秋時雨 こすもす 1 隆松.
参詣の足許照らす秋明菊 ぽんこ 1 たか子.

11月1日 (投句19名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
角隠し玉砂利踏みて菊日和 智恵子 6 満天.隆松.宏虎.はく子.こすもす.ぽんこ.
柔らかな菩薩の視線秋海棠 ぽんこ 5 菜々.明日香.たか子.やよい.智恵子.
園児らの宝どんぐり宮の杜 よう子 4 愛正.たかを.たか子.やよい.
出来映えを揉みて確かむ吊し柿 やよい 4 さつき.愛正.たかを.こすもす.
屋形船隅田を下る紅葉狩り 智恵子 3 満天.そうけい.なつき.
枯葎に野鳥撮る人隠れけり 愛正 2 治男.智恵子.
老菊師賞はいらぬと奉納す さつき 2 せいじ.三刀.
紅さすや城壁攻める蔦紅葉 もとこ 2 宏虎.はく子.
爽やかや喜寿の指揮者のしなやかさ 満天 1 治男.
柿色のケーキ並んでハロウィン たか子 1 明日香.
露しとど官幣社てふ刻印に せいじ 1 さつき.
コスモスや廃業ちかし畳店 たかを 1 せいじ.
秋闌けて敷く栗色のカーペット せいじ 1 菜々.
残る虫奏ず六六七拍子 やよい 1 なつき.
百歳も子らも卓球爽やかに はく子 1 敬和.
外出に決まらぬ服やそぞろ寒 たか子 1 隆松.
大鷹は舞いて冬田の上空へ たかを 1 ぽんこ.
平凡な暮らし最高文化の日 宏虎 1 三刀.
秋の声剥がれる樹皮の岳樺 愛正 1 そうけい.
高僧の法話おかしく石蕗の花 宏虎 1 敬和.

10月31日 (投句19名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
錦秋の茶事にくつろぐ古都の庭 智恵子 8 あさこ.愛正.さつき.満天.たかを.三刀.治男.菜々.
媼らは笑ひ上戸や冬桜 なつき 6 たか子.はく子.もとこ.やよい.菜々.よう子.
まほろばの里に先発鶴来る 三刀 4 さつき.なつき.智恵子.よう子.
冬の蠅持て遊ばるる猫の掌に たかを 3 宏虎.もとこ.そうけい.
手水鉢ダリアの花を浮かす寺 ぽんこ 2 愛正.こすもす.
忘れらるボールに長き秋入り日 たか子 2 あさこ.隆松.
街路樹のりんご色づき林檎村 菜々 2 せいじ.はく子.
幼らは男女対抗宮相撲 さつき 2 なおこ.こすもす.
身に入むやブルーシートの未だ取れず せいじ 2 満天.明日香.
田仕舞の田畑に見ゆる寂寥感 明日香 2 智恵子.三刀.
黒雲を押し上げ秋日昇りけり はく子 2 隆松.明日香.
紅葉場へちょっと高見の人力車 智恵子 2 せいじ.たか子.
残る月入港合図汽笛鳴る 宏虎 1 なおこ.
秋の天秀吉の城つきぬけり もとこ 1 ぽんこ.
秋思ふと川面に流る雲にさへ 菜々 1 ぽんこ.
母に似る義妹の背中大豆打ち こすもす 1 やよい.
見上げれば葉脈までも照紅葉 たか子 1 なつき.
赤べこの首で秋知る時つ風 愛正 1 そうけい.
コンバイン跡形もなき稲田かな たかを 1 敬和.
今年から子の名に継がす菊花展 さつき 1 治男.
孫の手に見ゆる宝物正倉院展 明日香 1 たかを.
此処もまた彼の台風禍秋思憑く せいじ 1 宏虎.
デイサ−ビスみな運動す十月尽 治男 1 敬和.

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]