毎日句会成績一覧

- 2018年7月 -

過去一覧

7月22日 (投句16名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
干し物の暑さもろとも畳みけり 満天 12 みどり.ぽんこ.たかを.せいじ.智恵子.泰山.敬和.やよい.小袖.たか子.もとこ.よう子.
塀越しに煙匂ふや庭花火 智恵子 6 さつき.せいじ.愛正.泰山.もとこ.こすもす.
黒揚羽帝の歌碑のそびらより 菜々 5 愛正.満天.敬和.小袖.なつき.
海の色いよいよ青く夏休み 三刀 4 みどり.さつき.菜々.明日香.
夏休み文楽人形握手攻め よう子 3 宏虎.はく子.うつぎ.
電柱のほそき片影赤信号 なつき 3 ぽんこ.たかを.よう子.
青空に夏の夕月確かなり 治男 3 宏虎.明日香.こすもす.
紫陽花の一輪清しかもめーる 満天 2 三刀.有香.
住み古りて誰も友達納涼会 うつぎ 2 あさこ.はく子.
夏祭り鉢巻浴衣おむつの子 もとこ 2 智恵子.やよい.
表門大きく開けて夏館 せいじ 2 菜々.三刀.
憤怒する不動明の眼日の盛 ぽんこ 1 満天.
早起きの真先目高の子を数ふ うつぎ 1 なつき.
夏休みスタンプカード首に揺れ たか子 1 うつぎ.
わづかでも動けば汗のしたたりぬ 明日香 1 あさこ.
老鶯や夏来る今も鳴き ともえ 1 有香.
峡空へ変幻自在夏の雲 菜々 1 たか子.

7月21日 (投句17名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
煙浴び土用うなぎの列に待つ なつき 8 さつき.あさこ.せいじ.敬和.愛正.たか子.菜々.よう子.
山の端に立ち上がりたる大銀河 せいじ 6 さつき.みどり.三刀.治男.たかを.よう子.
ミシン踏む速度を上げる蝉時雨 さつき 6 満天.治男.たかを.明日香.なつき.なおこ.
宅配の人へ感謝の氷水 智恵子 4 あさこ.せいじ.はく子.明日香.
駅広場ミストのベンチ涼しけり 満天 4 宏虎.やよい.三刀.なおこ.
しゃーしゃーと家事急かせたる蝉暑し やよい 3 満天.泰山.そうけい.
今生の命の限り蝉しぐれ ぽんこ 3 みどり.宏虎.ともえ.
下校子の両手の荷物夏休み 満天 3 ぽんこ.やよい.有香.
寄る辺なき風の意のまま夏の萩 ぽんこ 2 愛正.たか子.
汗に来てミストにしばし駅ベンチ 菜々 2 はく子.うつぎ.
我が頬も真つ赤に火照り梅を干す うつぎ 2 智恵子.菜々.
手を繋ぎ男の照れる夏の路地 治男 2 もとこ.そうけい.
蝉落ちて土に帰れぬアスファルト もとこ 2 泰山.ぽんこ.
鉾曲がり東山舞ふとんちきちん 宏虎 2 智恵子.有香.
汗まみれの指を折りては吟行子 菜々 2 隆松.こすもす.
酷暑でも句材求めて外に出る 明日香 1 こすもす.
風鐸の無音を偲ぶ古刹かな 智恵子 1 もとこ.
ビーチパラソルひろげ交通量調査 こすもす 1 うつぎ.
機嫌良く目覚め朝顔数えけり こすもす 1 ともえ.
高気圧二重奏とて西瓜食ぶ よう子 1 なつき.
祇園祭四条通リを狭くせり 宏虎 1 敬和.

7月20日 (投句20名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
旅疲れするりとほぐれ冷奴 菜々 8 みどり.愛正.さつき.なおこ.たか子.そうけい.もとこ.よう子.
炎天にスクラムを組む力石 有香 6 せいじ.智恵子.菜々.やよい.治男.よう子.
車座になりて休憩草刈女 さつき 5 あさこ.せいじ.やよい.明日香.たか子.
日常と言う幸せや冷奴 たか子 4 敬和.三刀.たかを.ぽんこ.
筆運び優し濃淡暑中見舞 満天 4 たかを.こすもす.ぽんこ.はく子.
すれ違ふ浴衣の乙女シャボンの香 智恵子 3 あさこ.宏虎.そうけい.
裏返る蝉に容赦のなき日射し うつぎ 3 三刀.はく子.なつき.
椰子の葉の翼を広ぐ盛夏かな 更紗 2 さつき.小袖.
胸板をゆっくり下る汗の玉 三刀 2 智恵子.こすもす.
花びらの池面に散らす蓮浄土 ぽんこ 2 満天.明日香.
原発のパネル並べて暑き風 なつき 2 満天.小袖.
人声の途絶へ切ったる町酷暑 やよい 2 隆松.更紗.
灼くる道這ふはジゴクノカマノフタ せいじ 2 なおこ.うつぎ.
胡瓜揉み母のまな板黒ずみて もとこ 2 愛正.なつき.
背の高き人の日傘の内に入る よう子 1 もとこ.
太陽のぬくみ杏のジャム煮詰む やよい 1 菜々.
蝉骸左右対称極めたる うつぎ 1 更紗.
向日葵や童心となり絵を描きぬ 治男 1 隆松.
ペチュニアの赤極まりぬ炎天下 せいじ 1 敬和.
歳忘れ派手な夏帽風を切る 宏虎 1 治男.
土の道失せていよいよ町灼くる 菜々 1 うつぎ.
打水に待つていたかと庭の木々 満天 1 宏虎.

7月19日 (投句16名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
友の訃を聞きし夜更けの遠蛙 やよい 6 敬和.三刀.みどり.更紗.もとこ.治男.
石仏に瓔珞のごと蔦青葉 ぽんこ 5 敬和.愛正.菜々.よう子.明日香.
右往左往万葉歌碑に遊ぶ蟻 ぽんこ 5 あさこ.宏虎.菜々.満天.やよい.
水筒の氷カラカラらっぱ飲み よう子 4 泰山.うつぎ.こすもす.そうけい.
夏萩の枝垂るる径の古刹かな 宏虎 4 あさこ.智恵子.たか子.明日香.
緑陰に万葉歌碑読む吟行子 満天 4 宏虎.更紗.有香.なつき.
菅笠にアイス忍ばせ人力車 智恵子 4 たかを.せいじ.満天.やよい.
万葉の庭一面の蝉の穴 やよい 3 泰山.せいじ.さつき.
風通ふメタセコイアの夏木立 せいじ 3 たか子.さつき.ぽんこ.
ハンカチを落としましたよ背より声 明日香 2 なおこ.うつぎ.
予定詰む手帳をめくる鼻の汗 なつき 2 智恵子.こすもす.
さざ波が枕元行く夏の夢 治男 2 愛正.たかを.
誕生日のお祝い帰りや天の川 こすもす 2 なつき.そうけい.
万葉歌碑に薄紫の四葩添ふ 満天 2 はく子.ぽんこ.
ひまわりのまだ丈足らぬ花の丘 たか子 2 なおこ.よう子.
秋草に歌垣のごと歌碑並ぶ 菜々 2 みどり.小袖.
空蝉や万葉歌碑へ道とれば 菜々 2 はく子.有香.
向日葵も入れて祝いの花束を こすもす 1 もとこ.
はたた神驟雨を連れてご登場 たか子 1 治男.
姦しき蝉も家族や朝の卓 せいじ 1 三刀.

7月18日 (投句16名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
氷屋の旗に誘われ男坂 なつき 6 たかを.愛正.菜々.三刀.なおこ.やよい.
せせらぎの楽の漏れ来る青葉闇 せいじ 5 智恵子.はく子.三刀.こすもす.なおこ.
夏料理島の訛りをまぶしけり 宏虎 4 敬和.満天.もとこ.よう子.
溽暑なりギブスの足の重きこと やよい 4 そうけい.はく子.ぽんこ.よう子.
住職は俳句好きなり卓涼し よう子 4 敬和.せいじ.たか子.なつき.
様々な季語に遊びて句座涼し たか子 4 みどり.智恵子.小袖.治男.
山蟻と共に詣でむ奥の院 はく子 4 宏虎.菜々.もとこ.明日香.
黄昏の縁に一献暑気払い 智恵子 3 愛正.ぽんこ.なつき.
夏うぐひす万葉公園森深く 菜々 2 満天.明日香.
青柿のたわわに実る薬草園 ぽんこ 2 あさこ.たか子.
公園の出口に老鶯しきりなる 満天 2 せいじ.こすもす.
遠雷と思うや否やゲリラ雨 智恵子 2 そうけい.治男.
日の斑洩る竹林渡る風涼し はく子 2 泰山.宏虎.
熊蝉の声かき回す血潮かな 三刀 1 泰山.
入院の娘に見せる夏満月 治男 1 小袖.
ソーダ水脳裏に浮かぶ貨物船 隆松 1 たかを.
鳩の脚赤々として炎暑かな たか子 1 みどり.
すれ違ふ老いも若きも半ズボン せいじ 1 あさこ.
下校児に麦笛教ぶ農夫かな 愛正 1 やよい.

7月17日 (投句14名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
糊パリツ夏座布団の写経かな よう子 6 泰山.愛正.あさこ.宏虎.こすもす.ぽんこ.
香水の残り香ありぬグリーン席 宏虎 6 愛正.みどり.智恵子.やよい.こすもす.はく子.
打ち水に下校途中の子らはしゃぐ 智恵子 4 隆松.せいじ.かかし.満天.
滝壺の踊りづめなる水の精 宏虎 4 泰山.三刀.菜々.なつき.
夕涼や風さはさはと鏡池 やよい 3 せいじ.満天.ぽんこ.
シャンプーの犬追ひかける日向水 智恵子 3 たか子.よう子.菜々.
風涼し橋をくぐるも滝の道 なつき 2 智恵子.はく子.
裏山の闇を突き抜け鵺の声 三刀 2 やよい.そうけい.
空蝉の朽葉に紛れ横たはる せいじ 2 隆松.かかし.
夕蝉や長坂くだる足萎えて やよい 2 みどり.なつき.
合い鍵の店に双子や百合の花 治男 1 そうけい.
紅白の揺れる駅前夾竹桃 満天 1 あさこ.
一杯の麦茶に奈良漬け一切れも こすもす 1 よう子.
碧天の田んぼの青波凪いでいる 明日香 1 治男.
風涼し天神下の交差点 なつき 1 三刀.
夏鴨の一羽も見えず池広し たか子 1 宏虎.
ひまわり畑ゆるりと回る風車かな ぽんこ 1 たか子.
薫風や墓所入口のクルス墓 有香 1 治男.

7月16日 (投句16名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
山の茶屋緑映して心太 たか子 10 泰山.せいじ.敬和.満天.やよい.こすもす.よう子.そうけい.なつき.なおこ.
明日と言ふ期待のありし髪洗ふ 宏虎 5 さつき.小袖.もとこ.治男.なつき.
炎昼の町溶けんとす無音界 よう子 5 愛正.泰山.満天.三刀.そうけい.
冷房車座れば睡魔襲ひ来る 智恵子 4 三刀.やよい.こすもす.なおこ.
売地看板覆ひ隠して草いきれ やよい 3 あさこ.敬和.治男.
走り根の先に三つ四つ蝉の穴 三刀 3 智恵子.菜々.明日香.
仕舞屋の庇に草の茂りかな やよい 3 たかを.小袖.たか子.
鞘堂に鎮守の社夏日影 小袖 2 せいじ.智恵子.
狐穴のぞく一陣風涼し なつき 2 みどり.有香.
食細く喉通るのはお素麺 明日香 2 宏虎.あさこ.
寝返りを何度も打つて明早し 明日香 2 宏虎.もとこ.
神主の達筆踊る夏まつり 智恵子 2 愛正.有香.
狭庭とて今朝の数多の蝉の穴 満天 2 さつき.明日香.
道灼くる地団駄の犬掬ひ上げ うつぎ 1 よう子.
花の名をひとつ覚えて夏盛ん たか子 1 ぽんこ.
歴史館涼し私の歴史見るごとし はく子 1 菜々.
スマホ地図ぐるぐる回る炎暑かな なつき 1 たかを.
直立す托鉢僧の薄衣 こすもす 1 たか子.
朝六時待つてましたと蝉の鳴く せいじ 1 ぽんこ.

7月15日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雑談の輪に入り来る夏の蝶 たか子 7 泰山.はく子.ぽんこ.明日香.せいじ.よう子.やよい.
干瓢の簾のごとく干されをり 明日香 5 みどり.あさこ.宏虎.智恵子.菜々.
登り来てパノラマ涼し方位盤 花茗荷 5 たかを.小袖.せいじ.うつぎ.こすもす.
射る如く滝壺へ水突き刺さる 宏虎 4 泰山.たか子.そうけい.さつき.
噴水の伸び縮みして子の燥ぐ 宏虎 4 敬和.なつき.ぽんこ.明日香.
万緑の峠を越えて白男波 治男 3 小袖.三刀.うつぎ.
回覧板両隣とも打水を こすもす 2 たかを.宏虎.
花供ふ暑いですねと語りかけ 菜々 2 はく子.もとこ.
舘涼し展示のレトロ扇風機 はく子 2 満天.花茗荷.
開け放つ箪笥押し入れ梅雨の明 やよい 2 愛正.智恵子.
ひとしきり鳶の笛降る朝涼し やよい 2 たか子.花茗荷.
来し方を指さす尾根や雲の峰 花茗荷 2 さつき.こすもす.
蜩や奉納神楽巫女ふたり 小袖 1 愛正.
館涼し昔なつかし家電並め はく子 1 満天.
白シャツの袖触れ合へり冷房車 なつき 1 みどり.
ひと息に上り汗拭く夫婦坂 なつき 1 あさこ.
干瓢干す老いの背中へ朝日燦 明日香 1 三刀.
渋滞中七里ヶ浜に蝉しぐれ 智恵子 1 そうけい.
雨蛙だけは平気で手の上に こすもす 1 敬和.
濯ぎ物干す間も流れ落つる汗 せいじ 1 菜々.
渾身の力に尻もち草を引く うつぎ 1 やよい.
水中に潜る子の上黒揚羽 治男 1 もとこ.
夏草の畑よりわっと群れ雀 三刀 1 なつき.
鳶の輪の次第に高し梅雨明くる 有香 1 よう子.

7月14日 (投句17名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鳶の輪の次第に高し梅雨明くる 有香 7 なつき.もとこ.宏虎.小袖.治男.菜々.明日香.
片影のつづく天神女坂 なつき 5 たか子.よし女.菜々.ぽんこ.有香.
井戸水にまくわ瓜など三つ四つ はく子 5 敬和.泰山.せいじ.よし女.こすもす.
鳴き止みて蝉一匹の声と知る せいじ 5 泰山.もとこ.たか子.智恵子.よう子.
神の井に戸惑うて落つ夏落葉 たか子 4 三刀.そうけい.花茗荷.よう子.
パソコンの機嫌なおりし冷素麺 ぽんこ 4 みどり.愛正.花茗荷.うつぎ.
雀らも木陰に遊ぶ極暑かな 三刀 4 敬和.智恵子.はく子.満天.
河川敷に名残ありあり梅雨出水 こすもす 3 治男.やよい.うつぎ.
神門に深き辞儀せり汗の人 なつき 3 みどり.たかを.明日香.
碧天へ大手広げて楠茂る 菜々 3 あさこ.宏虎.満天.
成すをなし天寿全う合歓の花 宏虎 2 あさこ.三刀.
登校に異国の声も夏の朝 もとこ 2 愛正.やよい.
夏帽子脱ぎて飛び込む木陰かな 智恵子 2 たかを.そうけい.
得意気に猫持ち帰る蝉の空 智恵子 2 なつき.ぽんこ.
水遣るも暑さに負けし鉢五つ 明日香 1 有香.
初蝉や脱皮直後か濡れており 宏虎 1 こすもす.
十四度と言ふ水温に咲く花藻 たか子 1 小袖.
つがい鳥青葉の奥に潜りたり たかを 1 せいじ.
猛暑来て集ふ仲間と歌三昧 満天 1 はく子.

7月13日 (投句16名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
京の夏女人法度の鉾を組む 小袖 6 たか子.満天.宏虎.三刀.愛正.なつき.
足元の靴裏返り三尺寝 たか子 5 泰山.せいじ.三刀.菜々.明日香.
テニスコート汗の吹きだすラリーかな ぽんこ 4 たか子.宏虎.はく子.治男.
舟虫の瞬時散らばり姿なし 宏虎 4 みどり.敬和.たかを.こすもす.
早朝のレッスンなれど日焼け止め ぽんこ 3 治男.こすもす.なおこ.
なだらかな青き稜線雲の峰 三刀 3 敬和.たかを.なつき.
断水や温泉憩う扇風機 あさこ 3 智恵子.ぽんこ.そうけい.
向日葵の高きを背筋伸ばしけり 満天 3 小袖.明日香.もとこ.
大観の霊峰十趣館涼し 小袖 2 愛正.なおこ.
カーテンを蹴って熱風襲ひ来る 智恵子 2 菜々.もとこ.
漂着のがれき積み上げ海開き たか子 2 満天.有香.
ランドセルほふり出してや蟻の道 もとこ 2 ぽんこ.そうけい.
売り切れの食パンの棚梅雨出水 よう子 2 泰山.あさこ.
墓碑囲む寺の甍や夏日影 治男 2 よう子.有香.
初蝉や街をつらぬく街路樹に はく子 2 あさこ.せいじ.
穴蝉の横転重ね壁のぼる せいじ 1 智恵子.
日の永し家電の変遷館に観て 菜々 1 はく子.
転職し赤き浴衣を買ふ子かな なつき 1 小袖.
腹筋を鍛えだす子や梅雨明くる なつき 1 みどり.
定食のおまけの如き冷奴 うつぎ 1 よう子.

7月12日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
園児らの声の空飛ぶプールかな 宏虎 7 敬和.満天.明日香.治男.よう子.はく子.うつぎ.
太柱しかと爪たて蝉の殻 ぽんこ 7 愛正.泰山.たか子.宏虎.こすもす.なつき.あさこ.
腰伸ばし又屈みては草引けり こすもす 5 満天.たか子.たかを.菜々.あさこ.
工事場に小さき日除けの喫煙所 なつき 4 せいじ.明日香.菜々.はく子.
西瓜切るたちまち真中ひび走る ぽんこ 3 小袖.もとこ.うつぎ.
冷奴絹だ木綿だまず一献 よう子 2 小袖.三刀.
鴨家族畦をよちよち夏盛り たかを 2 なおこ.智恵子.
端居して洩れる本音を聞いてをり 小袖 2 治男.もとこ.
バリバリにシーツの乾く梅雨の明 せいじ 2 なつき.そうけい.
アスファルト溶けてタイヤに絡みつく 智恵子 1 泰山.
聞くまでも無く昼餉には冷素麺 たか子 1 智恵子.
梅雨明けの川沿ひすつきりチェーンソー 満天 1 そうけい.
夕暮や遠音に蝉の声を聞く せいじ 1 たかを.
扇風機唸り仲裁してくれず うつぎ 1 宏虎.
虫干会不断桜をゆらす風 なつき 1 愛正.
夏芝に足あとつけて風の道 たか子 1 ぽんこ.
ひたひたと梅雨の晴間の泥の川 たかを 1 こすもす.
つまみ食ひしたき夏雲空の旅 明日香 1 せいじ.
梅雨明けの川に白雲流れゆく 満天 1 敬和.
昼食後手から本落ち三尺寝 治男 1 ぽんこ.
あたまツンお喋り止まるかき氷 もとこ 1 よう子.
濯ぎもの急ぎ取り込む入道雲 こすもす 1 なおこ.
成せばなる大志抱けと雲の峰 宏虎 1 三刀.

7月11日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ジャンプして脚長きこと雨蛙 たか子 8 宏虎.たかを.せいじ.泰山.智恵子.こすもす.うつぎ.よう子.
蝉の声神馬の耳のそばだてり ぽんこ 6 みどり.宏虎.敬和.三刀.明日香.花茗荷.
まん丸のお腹にフリル水着の児 智恵子 5 愛正.小袖.なおこ.よう子.なつき.
道の駅ゴーヤカーテン青青と こすもす 4 満天.治男.智恵子.なおこ.
茹で上がる白玉団子突と浮く たか子 3 小袖.泰山.うつぎ.
道庁のポプラの絮の髪に背に 明日香 3 せいじ.たか子.はく子.
大西日鮓桶の箍外れたり よう子 3 たかを.菜々.花茗荷.
山蔭のお不動の手に苔の花 治男 2 もとこ.こすもす.
梅雨出水暮らしと命奪ひけり 花茗荷 2 満天.三刀.
美人の滝細き流れを手に受くる なつき 2 あさこ.明日香.
短夜の通り過ぎるや救急車 満天 1 もとこ.
雨止みて青葉眼に沁む笛の音 治男 1 ぽんこ.
六法踏み汗ほとばしる襲名や もとこ 1 なつき.
梅雨明けの風吹き抜ける家の中 三刀 1 はく子.
朝焼に染まりもせずに夏の月 せいじ 1 愛正.
朝焼の嶺に離れて夏の月 せいじ 1 みどり.
雨傘を日傘にかえて子等下校 たかを 1 敬和.
バナナ持て歩き初む子の足早し なつき 1 ぽんこ.
短夜や被災のニュースつぎつぎに 満天 1 治男.
納涼船桟橋を埋む異邦人 智恵子 1 あさこ.
若竹の風さはさはと祖師廟へ 菜々 1 たか子.

7月10日 (投句16名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ドロップが終点となる蟻の道 たか子 6 敬和.菜々.泰山.三刀.よう子.花茗荷.
雨晴れて初蝉を聞く朝の卓 せいじ 5 菜々.智恵子.あさこ.三刀.明日香.
渦が渦生みて土色出水川 菜々 4 愛正.明日香.そうけい.有香.
切通し過ぎて展けし青田かな 愛正 4 せいじ.宏虎.たか子.はく子.
雲の峰救助のヘリの飛びゆけり 有香 3 満天.ぽんこ.こすもす.
襲名の旗ひるがへり梅雨明ける もとこ 3 あさこ.なつき.なおこ.
街角のひまわりすくと道標 ぽんこ 3 せいじ.たかを.花茗荷.
梅雨明けて雄々しく青嶺起ち上がる たか子 3 宏虎.はく子.そうけい.
交差点信号無視の赤とんぼ 三刀 2 智恵子.有香.
蛍の火目で追ふ先の梅雨の星 なつき 2 愛正.泰山.
颯爽と白靴走る駅階段 宏虎 2 敬和.もとこ.
神殿の大屋根越しに梅雨の明け ぽんこ 2 たか子.よう子.
祝ひ事あれば鱧ずし押す慣ひ はく子 2 治男.なつき.
山の端に白雲ひろげ梅雨上がる 菜々 2 満天.治男.
麦わら帽リボンを付けて顎紐に 智恵子 1 こすもす.
夏草の広場をサッカー少年等 こすもす 1 ぽんこ.
子の墓で言い足らぬ事朴の花 治男 1 みどり.
梅雨明けてぎらつく道のアスファルト せいじ 1 なおこ.
梅雨の月明るすぎたる螢の夜 なつき 1 もとこ.
ビアガーデン宵の屋上誘ふ灯や 智恵子 1 たかを.

7月9日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
木彫の盆の輪染みや冷麦茶 よう子 6 みどり.たかを.泰山.もとこ.治男.ぽんこ.
七難を隠しおおせぬサングラス 宏虎 5 明日香.三刀.ぽんこ.よう子.なつき.
平穏の願ひを記し星祭 更紗 4 あさこ.こすもす.よう子.有香.
夏木立一本道の先は湖 智恵子 4 せいじ.よし女.菜々.はく子.
古代衣装涼し展示の絵巻物 こすもす 3 菜々.たか子.愛正.
法要の膳に焼かれし香魚かな 三刀 3 みどり.満天.よし女.
鈴なりの青きトマトに声をかけ よし女 3 明日香.はく子.こすもす.
ベランダの風が大好き麦わら帽 智恵子 2 たかを.三刀.
梅雨断水亡き子の買ひし水使ふ あさこ 2 智恵子.そうけい.
傘干すやすぐに驟雨のやって来て 明日香 2 隆松.泰山.
荒梅雨の上がり夫の忌無事修す はく子 2 満天.たか子.
子猿来て獣の匂ひ梅雨晴れ間 なつき 2 もとこ.治男.
アルプスの風に遅咲き半夏生 なつき 2 せいじ.有香.
鎮守の森吹き抜けて行く青葉風 菜々 1 あさこ.
雨上がり茄子の水滴アメジスト 菜々 1 宏虎.
揚羽二羽もつれつつ飛ぶ老の前 治男 1 愛正.
餌を乞う鯉と見劣りせぬ金魚 ぽんこ 1 智恵子.
梅雨晴や互ひ安否のメールする 満天 1 なつき.
蝉なくや空澄みわたす声響き もとこ 1 そうけい.
長雨に花びら乱るる桔梗かな ぽんこ 1 隆松.
熱心な解説や資料館涼し こすもす 1 宏虎.

7月8日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
遠き日の園児も父や星祭る やよい 6 みどり.せいじ.うつぎ.治男.たか子.なつき.
交叉する旧街道や夏燕 うつぎ 5 みどり.更紗.隆松.よう子.明日香.
梅雨前線居座る列島水浸し はく子 4 あさこ.宏虎.菜々.満天.
亡き君へ好きな紅茶を星今宵 やよい 4 たか子.はく子.ぽんこ.なつき.
潮入川揃って上る水母かな 治男 3 智恵子.うつぎ.よう子.
憔悴の町長の面梅雨出水 うつぎ 3 宏虎.三刀.こすもす.
何もかも秘密知ってる熱帯魚 宏虎 3 泰山.よし女.はく子.
台所椅子の軋みや梅雨湿り ぽんこ 2 愛正.もとこ.
釈迦堂を抜けて翠蔭力石 智恵子 2 愛正.明日香.
期待大の孫の名刺や雲の峰 宏虎 2 智恵子.治男.
河骨の同じ角度に傾ぎけり たか子 2 せいじ.もとこ.
ふる里も彼の地この地も梅雨出水 せいじ 2 満天.三刀.
夫の手も借りてピューレに庭トマト 菜々 1 敬和.
予定日通り出産の姪星祭 こすもす 1 あさこ.
父の部屋のいびき止まりし梅雨の雷 なつき 1 敬和.
保育所の迎えの母等半ズボン 治男 1 泰山.
荒梅雨や子猫泣く声耳につき もとこ 1 ぽんこ.
夏木立さらにその上燕舞う たかを 1 こすもす.
いつの間に白粉花が一面に 明日香 1 菜々.
星型の薄焼き卵冷素麺 こすもす 1 更紗.
七夕や海白銀のごと光る 三刀 1 よし女.

7月7日 (投句20名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
香久山の裾引くごとく青田かな 明日香 9 満天.みどり.やよい.もとこ.三刀.なつき.よう子.そうけい.ぽんこ.
七夕や異な横文字も短冊に せいじ 6 智恵子.愛正.よし女.宏虎.よう子.菜々.
駆け下る大蛇のごとき梅雨出水 三刀 5 たかを.隆松.明日香.こすもす.うつぎ.
梅雨しとど大和三山薄墨に 明日香 5 たかを.花茗荷.そうけい.小袖.はく子.
水馬と小雨の水輪交錯す そうけい 4 せいじ.泰山.治男.こすもす.
藍浴衣肩を揺すって力士行く 宏虎 3 治男.菜々.うつぎ.
海を向く家持の歌碑夏つばめ 花茗荷 3 敬和.泰山.たか子.
水玉のまろびし梅雨の石畳 なおこ 3 愛正.たか子.明日香.
列島を龍神駆けて梅雨出水 たか子 3 満天.智恵子.三刀.
夏嵐婆の凝視す兵士像 治男 2 隆松.なおこ.
荒れ梅雨や警報解除の安堵かな たか子 2 あさこ.はく子.
土砂崩れ通行止めの梅雨籠り よう子 2 宏虎.ぽんこ.
埋め立てて基地となる町雲の峰 なつき 2 よし女.花茗荷.
山頂に蓋するごとく梅雨の雲 さつき 2 もとこ.なつき.
山小屋の天の川見ゆ星涼し 智恵子 2 敬和.あさこ.
避難場所へ変はる会場梅雨はげし 満天 1 せいじ.
荒梅雨に案ずる馴染みの地名かな こすもす 1 ともえ.
街道に重ぬる古地図夏燕 うつぎ 1 みどり.
梅雨寒し待てども待てどもバスのこず 菜々 1 なおこ.
お風入れ太子像より出でし袈裟 なつき 1 やよい.
白蓮や息ひそめじっと音を待つ もとこ 1 ともえ.
欄間涼し螺旋階段も木造 こすもす 1 小袖.

7月6日 (投句15名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
園長がプール開きのカッパ役 さつき 10 みどり.明日香.せいじ.菜々.治男.そうけい.はく子.花茗荷.なおこ.なつき.
ぐい飲みを切子に変へて冷酒汲む 宏虎 10 泰山.さつき.智恵子.更紗.はく子.やよい.こすもす.隆松.隆松.うつぎ.
噴水の肩の力のふいに抜け たか子 8 みどり.さつき.もとこ.やよい.なつき.よう子.ぽんこ.うつぎ.
泣き相撲茅の輪くぐりて進みけり なつき 6 あさこ.敬和.明日香.たか子.せいじ.小袖.
ソーダ水大事な話何もなし 宏虎 5 たかを.満天.菜々.三刀.よう子.
白南風やYシャツ眩し昼下がり 智恵子 3 愛正.小袖.ぽんこ.
ソーダ水会話煮詰まり泡ひとつ たか子 3 泰山.もとこ.なおこ.
雨音とテロップしきりの梅雨籠 満天 3 宏虎.三刀.こすもす.
向日葵や曇る心に明日の見ゆ 治男 2 智恵子.満天.
風の見ゆ窓に簾を掛けしより せいじ 2 たか子.そうけい.
掌に五つ六つほど茗荷の子 三刀 1 敬和.
ワイパーを止めると直ぐに驟雨かな 明日香 1 更紗.
子燕の三羽巣に寄り親を待つ ともえ 1 あさこ.
泣き相撲兄は気楽に蟻追へり なつき 1 たかを.
音もなく糸の如降る梅雨じめり ともえ 1 花茗荷.
園丁が剪る紫陽花の毬すべて せいじ 1 治男.
荒梅雨や避難勧告スマホ鳴る よう子 1 宏虎.
青嵐蔵に織りなす影法師 智恵子 1 愛正.

7月5日 (投句20名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
合歓咲くや駅舎に通ふ山の風 うつぎ 8 さつき.せいじ.たか子.敬和.やよい.たかを.ぽんこ.なおこ.
園児らが列なしかつぐ星の竹 さつき 8 あさこ.ともえ.明日香.こすもす.たかを.もとこ.なつき.なおこ.
噴水のしぶきに躍る子らの声 智恵子 5 満天.更紗.敬和.治男.花茗荷.
弁慶の泉と伝へ椅子一つ うつぎ 4 菜々.よし女.よう子.有香.
花五彩活けて飛ばさん梅雨の鬱 菜々 4 智恵子.宏虎.花茗荷.こすもす.
側溝の草起ち上がる梅雨晴間 せいじ 3 更紗.ぽんこ.もとこ.
チェンソーの音に負けじと蝉の声 さつき 3 泰山.満天.なつき.
土用波テトラポットを打ち鳴らし 更紗 3 宏虎.菜々.治男.
窓掠め又掠め飛ぶ濡れつばめ 小袖 2 ともえ.たか子.
笹飾り平和や平癒恋の字も たか子 2 三刀.小袖.
青葉風お袈裟ゆるりと日蓮像 菜々 2 小袖.よう子.
鬼百合のキリンの首のやうに伸ぶ せいじ 2 さつき.よし女.
一揆寺夾竹桃の紅の濃し なつき 2 せいじ.やよい.
焼け残る銀杏青葉や一揆寺 なつき 2 愛正.三刀.
石投げる子に逃げもせず水海月 智恵子 2 泰山.明日香.
夏風に貝殻動く潮入川 治男 1 みどり.
茄子の花陰日向なく生きぬかむ 宏虎 1 みどり.
一陣の風に蒲の穂お辞儀せし ぽんこ 1 智恵子.
白少しのぞくや明日咲く睡蓮 こすもす 1 有香.
惜敗のサッカー談義庭涼し よう子 1 あさこ.
荒梅雨や何するでなくけふひと日 やよい 1 愛正.

7月4日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一匹に大袈裟に焚く蚊遣り香 たか子 8 さつき.あさこ.智恵子.せいじ.小袖.菜々.よう子.有香.
空蝉の飴色に透く朝日かな 更紗 7 満天.せいじ.敬和.なつき.花茗荷.こすもす.ぽんこ.
三間続き開けて仏へ青葉風 菜々 6 智恵子.小袖.なつき.治男.花茗荷.やよい.
遠雷となりて日差しの戻りけり せいじ 6 更紗.たか子.三刀.はく子.治男.明日香.
ティンパニを連打せるごと夕立来る せいじ 3 はく子.こすもす.うつぎ.
聖堂に白百合多に静かなり はく子 3 泰山.満天.そうけい.
城下町まつり提灯並ぶ軒 智恵子 3 愛正.更紗.たかを.
一喜一憂未明のサッカー手に汗す やよい 2 あさこ.有香.
荒れ狂う木々の声聞く台風裡 三刀 2 泰山.宏虎.
ところてん突きだす憂さももろともに やよい 2 宏虎.たかを.
空蝉の命の湿りほのぬくし 宏虎 2 さつき.やよい.
お風入れ堂より僧の講話洩る なつき 1 たか子.
梅雨寒や訃報回覧次つぎと 満天 1 三刀.
鳩雀どこへ逃げたる台風来 さつき 1 ぽんこ.
手を翳し一人楽しむ遠花火 智恵子 1 愛正.
素振りする靴底やわき白つめ草 ぽんこ 1 菜々.
手作りの団扇も添へてコーヒー来 こすもす 1 うつぎ.
閉ざされし防空壕や夏の蝶 よう子 1 そうけい.
防空壕今に斎庭の木下闇 うつぎ 1 よう子.
小流れに沢ガニ右往左往かな こすもす 1 敬和.

7月3日 (投句17名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
と見る間に道が早瀬に男梅雨 せいじ 6 菜々.更紗.満天.花茗荷.なおこ.ぽんこ.
浜っ子ら目指すは小島海開き 智恵子 5 小袖.たか子.なつき.うつぎ.はく子.
断捨離や百科辞典の梅雨湿り よう子 5 泰山.宏虎.明日香.こすもす.花茗荷.
大粒の雨さきがけて梅雨の雷 せいじ 5 智恵子.愛正.小袖.たかを.なつき.
鉄塔はみな影絵めく夕焼かな 愛正 5 せいじ.治男.よう子.うつぎ.はく子.
夏衣声よく透る新発意 菜々 3 せいじ.やよい.更紗.
もふもふの産毛残して巣立ちけり 智恵子 2 泰山.やよい.
夕闇に河鹿鳴く声露天風呂 宏虎 2 さつき.ぽんこ.
銀漢やはやぶさ宙の竜宮へ はく子 2 そうけい.たか子.
手作り市寺庭占めたる梅雨晴間 ぽんこ 2 あさこ.明日香.
梅雨晴の川床料理賑はひて 満天 2 あさこ.宏虎.
裏口に古き杉玉半夏生 こすもす 2 菜々.三刀.
梅雨最中南座修復遅遅として 満天 2 智恵子.さつき.
七月の空へと延びる昇降機 たか子 2 敬和.なおこ.
達筆な川床品書きは女将筆 宏虎 2 愛正.治男.
温泉の湯槽に光るはたた神 治男 2 満天.こすもす.
引つ詰め髪に白きうなじや夏衣 菜々 2 たかを.よう子.
バス待つやバス停標識片影に やよい 1 そうけい.
入道雲力瘤みせ老の意気 治男 1 みどり.
透けている五ミリに満たぬ蝸牛 明日香 1 敬和.
三菜を夫婦分け合ふ半夏生 なつき 1 三刀.
早わき芽剪定始む四葩かな 明日香 1 みどり.

7月2日 (投句17名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
くぐり戸や旧家の土間の涼しかり こすもす 6 みどり.宏虎.愛正.治男.よう子.花茗荷.
水車小屋朽ちて久しや半夏生 たか子 6 せいじ.愛正.ぽんこ.こすもす.なつき.小袖.
子燕の戻る事無し巣のしじま 小袖 5 あさこ.せいじ.智恵子.そうけい.よう子.
擦りへし墨匂立つ星祭 やよい 5 泰山.菜々.花茗荷.なつき.小袖.
夏服の二の腕まぶし女学生 菜々 3 三刀.そうけい.治男.
草矢打つさみしい時は吾が影へ 菜々 3 三刀.敬和.たか子.
ペディキュアに無縁の素足布草履 うつぎ 2 ぽんこ.やよい.
泣き相撲声なくすまで泣く力士 なつき 2 たかを.明日香.
どくだみへ朝の給水匂い立つ ぽんこ 2 たか子.やよい.
白南風や豪華客船停泊中 宏虎 2 泰山.菜々.
身に入むやブルーシートの屋根あまた せいじ 2 満天.はく子.
掬ひ来し金魚今宵はどんぶりへ 智恵子 2 明日香.敬和.
夜店の灯ブリキのおもちゃ一つ買ふ 智恵子 2 みどり.こすもす.
ペデキュアのサンダル目立つ夏衣 宏虎 1 たかを.
茄子胡瓜捥いで始まる一日かな 三刀 1 満天.
左側へと座席移動す大西日 こすもす 1 智恵子.
夕暮れの浴衣点在川沿ひに 満天 1 宏虎.
暑いねがメールの出だし昼下り たか子 1 はく子.
思考練る競馬新聞夏帽子 ぽんこ 1 あさこ.

7月1日 (投句18名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夏霧の解けて牧場の牛近し 智恵子 8 小袖.はく子.そうけい.明日香.うつぎ.やよい.せいじ.なつき.
己が影連れて夏蝶みぎひだり たか子 5 たかを.愛正.泰山.治男.せいじ.
ごみ拾ひ終へて始まる海開き やよい 4 さつき.あさこ.菜々.うつぎ.
風もない夕暮れ淡く合歓の花 小袖 4 満天.菜々.ぽんこ.有香.
せせらぎや橋の袂の恋蛍 智恵子 3 あさこ.宏虎.ぽんこ.
紺碧の海7月のカレンダー 菜々 3 宏虎.智恵子.三刀.
短夜を憩ふ船内ミニライブ やよい 3 満天.愛正.はく子.
切手貼る郵便局の笹飾 うつぎ 3 やよい.なつき.よう子.
子燕の巣立ちのまずは電線へ 小袖 3 さつき.治男.よう子.
梅花藻をすすむ体験カヌーかな なつき 3 明日香.たか子.花茗荷.
せせらぎに良き影落とす合歓の花 せいじ 2 小袖.花茗荷.
浜木綿や風紋出来る神の技 宏虎 2 たか子.有香.
面構鋭き魚や夏料理 こすもす 2 みどり.泰山.
未央柳延命地蔵黄に染めし ぽんこ 1 たかを.
青蔦のすつぽり覆ふブロック塀 明日香 1 こすもす.
二つ三つ花ありゴーヤカーテンに 明日香 1 こすもす.
胸躍る明日白山の山開き 花茗荷 1 三刀.
街中の青田にしばし立ち止まり 満天 1 隆松.
緊急の避難命令梅雨出水 三刀 1 そうけい.
自転車の補助輪鳴らし梅雨夕焼 なつき 1 智恵子.

6月30日 (投句18名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
醤油屋の重き暖簾や梅雨しとど さつき 9 みどり.愛正.そうけい.智恵子.泰山.菜々.たかを.ぽんこ.うつぎ.
ふり注ぐ火の粉に潜る鵜飼かな 智恵子 8 敬和.満天.せいじ.三刀.さつき.明日香.治男.なつき.
畦消えて大海原の青田かな 明日香 6 満天.宏虎.そうけい.小袖.ぽんこ.うつぎ.
七夕や大き願ひに逆さ文字 うつぎ 5 たか子.小袖.こすもす.なつき.なおこ.
頂きを離れておぼろ梅雨の望 はく子 5 三刀.智恵子.泰山.たかを.花茗荷.
初ものの南瓜厨に座りをり 三刀 3 敬和.菜々.やよい.
浮世絵のやうに走りてゆだちかな たか子 3 みどり.せいじ.花茗荷.
校正も楽しからずや梅雨籠 せいじ 2 たか子.やよい.
五分ごと雨風強し荒梅雨に 満天 2 宏虎.こすもす.
子燕の巣に寄りあいて親を待つ ともえ 2 あさこ.治男.
大物ににやり笑顔の夜釣かな 宏虎 1 愛正.
義経像白旗なびく青葉山 治男 1 なおこ.
雨の間に一声もらす杜鵑 三刀 1 さつき.
雨上がる梅雨雲空へ帰しつつ たか子 1 明日香.
百合園の賑はふ観光バスの客 よう子 1 あさこ.

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]