毎日句会成績一覧

- 2018年1月 -

過去一覧

1月22日 (投句21名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
風の道選び裏庭大根干す 三刀 8 さつき.あさこ.隆松.せいじ.明日香.よし女.はるよ.有香.
雪道を登る僧侶の草鞋かな 智恵子 7 あさこ.隆松.やよい.よし女.治男.なつき.みどり.
父祖の地の何年ぶりや梅探る うつぎ 6 三刀.たか子.菜々.よう子.はく子.治男.
末の子の進路も決まり春隣 はく子 5 満天.三刀.智恵子.菜々.うつぎ.
薄目閉づ十六羅漢山眠る なつき 5 さつき.たかを.ぽんこ.有香.みどり.
ビル底の宮はひだまり梅蕾む 菜々 5 泰山.満天.やよい.せいじ.智恵子.
しなやかに的を射抜きし寒三日月 更紗 3 ぽんこ.なつき.はるよ.
寒晴や輝く白の斜張橋 満天 3 宏虎.明日香.うつぎ.
大寒や気合いを入れて窓全開 よう子 2 泰山.こすもす.
水替へて更に匂ふや供華の梅 やよい 2 更紗.宏虎.
寒最中阿弥陀の顔に皺のなし 宏虎 2 そうけい.もとこ.
骨酒や囲炉裏に乾ぶ鮎入れて なつき 2 そうけい.はく子.
蝋梅よ来年こそは花つけよ せいじ 1 こすもす.
シテらしくゆっくり語る謡初 宏虎 1 よう子.
大寒の家事さくさくと寒ゆるぶ やよい 1 たかを.
ジョギングの人増へてきし寒日和 満天 1 更紗.
冬青空いろとりどりの貨車過ぎて 更紗 1 もとこ.
明日ひらく蕾に触るる探梅行 さつき 1 たか子.

1月21日 (投句19名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
雪積るのっぺらぼうの野の仏 宏虎 7 たかを.智恵子.三刀.はく子.よし女.さつき.なつき.
門四方へ開けて千年梅の宮 菜々 7 満天.うつぎ.やよい.せいじ.明日香.なつき.みどり.
ひれさえも微動だにせぬ寒の鯉 たか子 6 泰山.そうけい.宏虎.もとこ.三刀.ともえ.
土混じり曼荼羅模様雪だるま 宏虎 5 智恵子.たか子.明日香.ぽんこ.こすもす.
瓔珞の一粒こぼれ竜の玉 うつぎ 3 よし女.よう子.ぽんこ.
襲名の太夫不惑や千代の春 よう子 3 菜々.はく子.せいじ.
冬夕焼東の山も茜色 明日香 2 菜々.ともえ.
平然と猫の横切る庭四温 せいじ 2 更紗.みどり.
電線をせっせと雪掻く野リスかな 智恵子 2 そうけい.あさこ.
真直ぐな背筋の漢寒肥撒く 三刀 2 満天.こすもす.
前のめりなりて藁苞寒牡丹 さつき 2 もとこ.よう子.
通り過ぎてより気づかされ寒桜 こすもす 2 うつぎ.さつき.
ボロ市や腕組み解かぬ根比べ なつき 2 泰山.たかを.
向かい風猫の疾走冬田かな たかを 1 治男.
踊り好きの媼の通夜や冬銀河 こすもす 1 治男.
大寒を身構ふ夫の寝坊かな なつき 1 更紗.
老いの春天神参りへ花の靴 菜々 1 やよい.
山茶花の垣を視界に男坂 ぽんこ 1 たか子.
安産祈願の夫婦粛々春近し やよい 1 あさこ.
大寒の今日の外出覚悟して 満天 1 宏虎.
勤務後に子遊ばす父冬の園 治男 1 隆松.

1月20日 (投句23名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
竹はぜる度に歓声どんど焼き なおこ 6 たかを.あさこ.満天.治男.菜々.よう子.
車椅子降りて一二歩春隣 さつき 5 三刀.せいじ.よし女.やよい.みどり.
花のごと樹氷咲かせし大欅 なおこ 4 小袖.うつぎ.ぽんこ.こすもす.
日射しては此処にいるよと龍の玉 うつぎ 3 智恵子.小袖.よう子.
寒月や高きに細き爪のごと たか子 3 もとこ.せいじ.宏虎.
青竹に柄杓整然寒の宮 満天 3 隆松.たか子.さつき.
断崖に傾ぐ老松色変へず みどり 3 泰山.明日香.ぽんこ.
まなかいに幼遊ばせ日向ぼこ ぽんこ 2 なつき.さつき.
初写経大曼陀羅の掛けられて うつぎ 2 治男.菜々.
まだ温き皮一枚に楮剥ぐ なつき 2 明日香.やよい.
残り潮過ぎる孤高の千鳥かな 三刀 2 よし女.そうけい.
男一人ゆく大寒の大干潟 よし女 2 更紗.三刀.
俯瞰する大河耀く春隣 やよい 2 宏虎.なつき.
無音なる雪原つらなる電波塔 智恵子 2 泰山.隆松.
泥車どろ野菜連れ初荷来る 智恵子 2 たかを.そうけい.
子ら揃ひ鍋を囲める夕べかな みどり 1 更紗.
城塁の裾に侍りて水仙花 やよい 1 満天.
エレクトーンの練習佳境春隣 こすもす 1 あさこ.
二度嬉し切手シートのお年玉 せいじ 1 智恵子.
甘き香に鼻つける子や楮剥ぐ なつき 1 たか子.
ベランダの蕾ほつほつ桜草 はく子 1 なおこ.
母と子の自転車軽し寒ゆるむ せいじ 1 うつぎ.
宮の猫堂々屋根に日向ぼこ 満天 1 みどり.
ビーフシチュウことこと煮込み冬籠る 菜々 1 なおこ.
住職に大根もらい句会果つ よう子 1 こすもす.
猫飲むや取り替えし水の冷たさ たかを 1 もとこ.

1月19日 (投句19名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寒釣りや岩に成りきる影法師 智恵子 11 隆松.そうけい.せいじ.明日香.さつき.三刀.ぽんこ.よう子.よし女.うつぎ.なつき.
四温晴れ肩の力の抜けてゆく 明日香 6 泰山.もとこ.智恵子.たか子.うつぎ.はく子.
乗り遅れ駅のベンチの日向ぼこ ぽんこ 5 あさこ.はるよ.まゆ.よう子.やよい.
夕映えの生駒連山春近し せいじ 4 ともえ.みどり.治男.こすもす.
父と母にぶらさがり行く宮小春 やよい 3 泰山.あさこ.ともえ.
句座真中机上の清し水仙花 満天 3 さつき.菜々.ぽんこ.
足早の友の手招く探梅行 さつき 3 三刀.小袖.更紗.
容赦なく北風は音立て高階へ はく子 2 満天.菜々.
納め札の山を選り分く宮守女 やよい 2 更紗.こすもす.
凍てし夜の灯の煌々と稲荷神 うつぎ 2 みどり.なおこ.
一穢なき空ほんのりと冬木の芽 宏虎 2 よし女.小袖.
太棹のもれくる扉餅花ゆ よう子 2 そうけい.せいじ.
冬うららツインタワーの屋根光る せいじ 2 なおこ.なつき.
冬晴や化粧崩れの山見ゆる 隆松 2 たかを.まゆ.
初観音枝満開にみくじ結ふ なつき 2 はるよ.満天.
山茶花のくれない新た散りてなほ ぽんこ 2 もとこ.智恵子.
老犬のガニ股歩き北風楽し たかを 1 はく子.
おふるまひ鏡開の餅焦がし なつき 1 たか子.
寒うらら入り口数多の天神さん 満天 1 やよい.
冬霧の川半分を占めてをり 明日香 1 隆松.
みちのくの冬菜の土やひだの奥 たか子 1 たかを.
風花の浜ランニング生徒どち こすもす 1 治男.

1月18日 (投句21名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
頬つぺたに灰の貼りつくとんどかな なおこ 6 満天.泰山.せいじ.よう子.さつき.明日香.
ゆつたりと仔牛藁食む息白し なつき 5 あさこ.智恵子.三刀.たか子.こすもす.
神様の火とはやす児らとんど燃ゆ たか子 3 菜々.智恵子.小袖.
寒月や子に忍ばせし勝守 更紗 3 治男.やよい.明日香.
一句選に抱負など述べ初句会 うつぎ 3 菜々.ともえ.はく子.
雨音の止みて外灯雪しまく 智恵子 3 宏虎.うつぎ.隆松.
丹精の干柿つつくのはだあれ 明日香 3 まゆ.ぽんこ.こすもす.
寒の雨この震災禍忘れまじ せいじ 3 なおこ.満天.うつぎ.
錠剤を喉にするりと寒の水 満天 2 まゆ.なつき.
通院の薬袋に片時雨 よし女 2 なおこ.三刀.
恙なき笑顔の揃ふ初句会 やよい 2 更紗.せいじ.
裸木を揺らして鳥の羽ばたけり 更紗 2 泰山.なつき.
火に当たる掌の裏表凍てし夜 宏虎 2 たかを.ともえ.
冬萌ゆる宮の起こりの碑に 菜々 2 たか子.よし女.
寒の雨静かに阪神震災忌 はく子 2 もとこ.やよい.
小正月鯛のあら煮の旨しかな たか子 2 更紗.ぽんこ.
冬落暉その先見んと舞う鴉 たかを 2 もとこ.そうけい.
飛び込むや掛湯冷たし露天風呂 たかを 1 治男.
枯れ菊に夕陽の当たり老いも美し 治男 1 小袖.
庭木々に静かに揺らす寒の雨 満天 1 宏虎.
満潮の河口を選び鴨の陣 三刀 1 よし女.
残業や窓下にしんしん積もる雪 智恵子 1 そうけい.
駅員の荷物介助や冬ぬくし やよい 1 はく子.
灰神楽肩に背中にどんど焼き なおこ 1 よう子.
大木を映す涸れ川砂の紋 ぽんこ 1 たかを.
托鉢の僧落ち葉踏む音かすか ともえ 1 あさこ.
背ナの児と祈る息災どんど焼き よう子 1 さつき.

1月17日 (投句18名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
万蕾の梅に祈願の絵馬多く ぽんこ 6 みどり.満天.宏虎.ともえ.治男.やよい.
冬晴れへ積み木のごとくのっぽビル 菜々 6 満天.せいじ.更紗.なおこ.よう子.はく子.
炭焼夫リズムよく薪積み上ぐる なつき 6 あさこ.せいじ.たか子.菜々.こすもす.はく子.
初市や駅構内に地の野菜 うつぎ 5 そうけい.たかを.明日香.たか子.更紗.
夕仕度包丁片手に冬菜畑 三刀 5 たかを.菜々.なつき.みどり.はるよ.
一句メモ手袋脱ぐを惜しみけり よし女 3 泰山.よう子.こすもす.
初市や天守をのぞむ西の丸 やよい 3 明日香.三刀.うつぎ.
その中に赤き実一つ千草枯る やよい 3 泰山.まゆ.うつぎ.
喧騒に絵馬のあふれる寒の宮 満天 3 智恵子.ぽんこ.よし女.
左義長へ善男善女行き違ふ せいじ 3 宏虎.なおこ.やよい.
花梨の実一つ残れり成木責め なつき 2 智恵子.ぽんこ.
余念なく鴨ひたすらに羽手入れ ぽんこ 2 ともえ.小袖.
紙風船渚に弾む小春かな 智恵子 2 よし女.小袖.
極暖のシャツ身にまとい初句座へ はく子 1 はるよ.
ワイパーの音たて滑る霜の朝 智恵子 1 あさこ.
風音の狭庭華やぐ真弓の実 よし女 1 三刀.
獣害や白菜畑の乱れ足 よう子 1 まゆ.
淡いユキそっととどけた北の風 たかを 1 そうけい.
永久に手をつなぎて温し道行き像 菜々 1 治男.
名物のコロッケに列小正月 たか子 1 なつき.

1月16日 (投句18名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
老梅へそつと鉈当つ成木責め なつき 5 智恵子.そうけい.明日香.三刀.やよい.
春を待つ漢自慢の釣り談義 三刀 5 よし女.ともえ.はく子.うつぎ.こすもす.
万を超す水仙揺らす千の風 宏虎 4 泰山.治男.はく子.ぽんこ.
飲み干せる紙コップ焼べとんど果つ うつぎ 4 たかを.せいじ.なおこ.よう子.
楼門の古色蒼然寒晴るる はく子 3 ぽんこ.よう子.小袖.
肥料袋カラフルに積み冬田道 こすもす 3 菜々.よし女.明日香.
新年会勝ち残りたる腕相撲 やよい 3 せいじ.治男.なつき.
街騒の難波の宮は冬枯るる ぽんこ 2 たか子.小袖.
氷中花つくばい点す紅ひとつ 智恵子 2 なつき.こすもす.
目の覚めて一瞬何処かと暖房車 こすもす 2 なおこ.うつぎ.
寺四温並びて筆塚茶筅塚 菜々 2 たか子.満天.
しぐるるや昼の花街ひっそりと 菜々 2 満天.やよい.
息ひそめ猫のうかがう獅子の舞 たかを 2 泰山.智恵子.
北風強し夜来の雨を吹き払ひ ぽんこ 1 宏虎.
鉈と椀持つて夫婦で成木責め なつき 1 菜々.
姉様の忌明け法要小正月 よし女 1 三刀.
神官の正面燃えるドンドの火 治男 1 たかを.
雪しまく城周回す部活ランナー やよい 1 そうけい.
寒ゆるむ信号の保守怠らず せいじ 1 宏虎.
はね返るしなりの強さ枝垂れ梅 たか子 1 隆松.
この辺り昔大きな牡蠣が採れ よし女 1 ともえ.

1月15日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
里ひとつ丸み帯びたる雪景色 たか子 7 智恵子.せいじ.うつぎ.更紗.こすもす.隆松.やよい.
軸替えて常の座敷や松納め 菜々 6 泰山.宏虎.はるよ.満天.はく子.たか子.
どんど火や母の背ナより手かざす児 よう子 5 うつぎ.明日香.治男.たか子.ぽんこ.
七福神巡る鎌倉初歩き 智恵子 4 あさこ.はく子.ぽんこ.やよい.
松取れてクレーンは空へ首伸ばす 菜々 3 たかを.満天.よし女.
ぜんざいの甘き香りや女正月 なつき 2 泰山.更紗.
寒九郎久しく踏まぬミシン踏む はく子 2 三刀.よし女.
梅園の香り薄しも風に乗り ともえ 2 せいじ.よう子.
スーパーの和太鼓響く初売りショー 満天 2 菜々.こすもす.
露天湯に顎まで沈め女正月 やよい 2 明日香.三刀.
札納む篝火の粉の舞ふ宮居 やよい 1 治男.
松過ぎて駅の普請のにわかなる たか子 1 菜々.
登坂車線あへぐトレラー山眠る ぽんこ 1 隆松.
とんど火の月を焦がさむばかりかな うつぎ 1 よう子.
ゆったりと硝子戸鳴らす隙間風 たかを 1 あさこ.
もの云わず時を待ち待つ冬木の芽 三刀 1 宏虎.
色なくす草の根元に仏の座 明日香 1 智恵子.
一日を炬燵守して女正月 よし女 1 なつき.
戌の絵と交通標語雪の原 こすもす 1 たかを.

1月14日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
応援の声持ち去りぬ空っ風 たか子 7 菜々.満天.はく子.そうけい.よし女.ぽんこ.よう子.
福笹をかざし電動車椅子 やよい 4 あさこ.更紗.三刀.明日香.
容赦なくセンター試験へ寒波来る 満天 4 あさこ.宏虎.ともえ.やよい.
一日が飛ぶように過ぎ小正月 よし女 3 隆松.なおこ.うつぎ.
初みくじ詠む幸せの頬寄せて 菜々 3 はく子.たか子.うつぎ.
ふくろうの呼応してをり朝の闇 よし女 3 せいじ.三刀.みどり.
川陰の飛沫に光る氷柱かな 智恵子 3 せいじ.ぽんこ.よう子.
旅みやげ話持ちよる女正月 なつき 3 更紗.ともえ.そうけい.
小豆粥昭和平成生き抜きぬ 宏虎 2 満天.たか子.
万蕾の蝋梅咲き初む禅寺に はく子 2 みどり.なつき.
冬枯の畑を黄金の夕陽射す ぽんこ 2 やよい.よし女.
初手水ひたす指先すきとほる 更紗 2 菜々.なつき.
手をひかれぽっくり弾む初詣 菜々 2 智恵子.こすもす.
厚冰見せる幼の真っ赤な手 なつき 2 智恵子.たかを.
帰り花手編みに精出す老女かな 治男 1 たかを.
深々とまづ一礼す初詣 更紗 1 泰山.
風邪引くや子等近づけず近寄らず 治男 1 こすもす.
遅がけの家族揃ふや松の内 満天 1 明日香.
丹波道入れば冬のモノトーン 明日香 1 隆松.
粕汁に酔うて上戸の夫笑ふ たか子 1 なおこ.
しんしんと降る雪融けて碧き海 三刀 1 宏虎.
父が子に読み聞かせゐる初みくじ やよい 1 泰山.

1月13日 (投句21名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
着膨れてシートベルトのままならず うつぎ 6 せいじ.智恵子.明日香.よし女.まゆ.はく子.
箸添へて新沢庵の回る句座 うつぎ 5 たかを.たか子.三刀.まゆ.みどり.
霜柱さくさく踏んで傘寿たり 菜々 4 治男.うつぎ.やよい.なおこ.
初えびす竜笛ゆかし巫女の舞 はく子 4 泰山.あさこ.菜々.なつき.
白法被氏子ら囲む焚火かな やよい 4 みどり.たかを.更紗.こすもす.
ケーキセットあれば充分女正月 たか子 3 やよい.こすもす.なおこ.
寒晴や水底ゆっくり鯉動く 満天 2 そうけい.菜々.
葉隠れに紅覗かせる寒椿 満天 2 宏虎.治男.
冬木の芽ひしと溜めいる力あり たか子 2 満天.宏虎.
薄氷のたちまち揺らぐ朝日かな ぽんこ 2 たか子.はく子.
ぽっくりの音冴返る石畳 菜々 2 せいじ.あさこ.
ひび割れの石仏寒き風の中 ぽんこ 2 満天.明日香.
大絵馬の犬の親子へ冬日照る なつき 1 よし女.
畦道に揉み手して待つ初日の出 そうけい 1 泰山.
雪降れりヘッドライトの照らす帰路 よし女 1 三刀.
まあ綺麗妻のひとこと雪の朝 三刀 1 智恵子.
校庭の夕焼にぽつり雪だるま 智恵子 1 なつき.
新春や猫の居座る我の椅子 たかを 1 更紗.
山陰の空とは見えぬ冬日燦 明日香 1 ぽんこ.
豊作の白菜巻ける古新聞 有香 1 ぽんこ.

1月12日 (投句19名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
寒禽の声突き刺さる雑木山 三刀 8 やよい.満天.せいじ.たか子.みどり.菜々.よし女.有香.
一羽きて一羽こぼるる寒雀 うつぎ 8 さつき.泰山.せいじ.そうけい.智恵子.たか子.三刀.こすもす.
新春の駅頭にはや献血車 せいじ 6 さつき.やよい.明日香.うつぎ.なつき.よう子.
雲水の草鞋が踏み行く霜柱 菜々 5 あさこ.そうけい.はく子.なつき.隆松.
初投句記念切手に願い込め たか子 5 宏虎.智恵子.はく子.菜々.治男.
雲水の草鞋に今朝の霜深し 菜々 4 三刀.こすもす.よう子.有香.
雪うさぎリフトの下をすり抜ける 智恵子 3 たかを.泰山.よし女.
人恋し幾度目覚めぬ虎落笛 よう子 1 宏虎.
日だまりの坂を転ぶや団子虫 たかを 1 みどり.
駅までの五分足らずや風花す こすもす 1 あさこ.
寒最中水刺さるごと厨事 満天 1 更紗.
つくばいの草閉じ込めし薄氷 ぽんこ 1 たかを.
水仙卿岬の風は硬きまま 宏虎 1 満天.
はらはらと薄き雪雲陽の透けて 明日香 1 ぽんこ.
ロープウェイ樹氷畑を一望す 智恵子 1 ぽんこ.
お雑煮の我が家自慢のあれやこれ たか子 1 うつぎ.
蟹鍋を囲みて寡黙外吹雪く 宏虎 1 治男.
陽の当たる処選びて日向ぼこ ともえ 1 更紗.
残り福狛犬の目に五円玉 やよい 1 明日香.

1月11日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
笑顔良き巫女より買ふてえびす笹 菜々 8 泰山.あさこ.満天.せいじ.やよい.みどり.よう子.はく子.
ローカル線曲がれば雨はしぶく雪 よう子 5 たかを.そうけい.せいじ.ぽんこ.菜々.
黒潮の洗ふ絶壁水仙卿 宏虎 4 あさこ.満天.そうけい.はく子.
福笹のけばけばしくて目出度けれ たか子 3 泰山.うつぎ.よう子.
寒の駅通過列車が風となり なつき 3 明日香.ぽんこ.なおこ.
行き交わす車窓より述ぶ御慶かな やよい 3 宏虎.よし女.ともえ.
幼子が爪先立ちて破魔矢受く せいじ 3 たか子.三刀.ともえ.
野の香り七彩足りぬ七日粥 宏虎 2 智恵子.三刀.
出初式宙高く消ゆ飛沫かな 智恵子 2 たかを.たか子.
鴨の群姿勢正しく行進す 治男 2 よし女.うつぎ.
西国の五重の塔も雪化粧 よし女 2 智恵子.なつき.
寒林や没日大きく燃え尽きぬ うつぎ 2 やよい.なつき.
誰も鈴を振ってみて買ふゑびす笹 菜々 2 なおこ.こすもす.
鏡餅凸凹なりて汁粉鍋 智恵子 1 みどり.
初日記旅のチケットなども貼り たか子 1 こすもす.
裃に凛と青年弓始め はく子 1 菜々.
福笹の大判小判まぶしけり 満天 1 宏虎.
突風に水玉散らす実南天 三刀 1 明日香.

1月10日 (投句17名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
日溜りに出て読み返す初みくじ なつき 9 あさこ.そうけい.宏虎.せいじ.明日香.たか子.治男.よう子.うつぎ.
リリーフは屈強の婿餅を搗く うつぎ 6 三刀.菜々.こすもす.よう子.はく子.なおこ.
恙なく傘寿となりて薺粥 菜々 4 宏虎.まゆ.なつき.治男.
切れ目なく太鼓轟く初戎 菜々 4 満天.たかを.明日香.みどり.
寒疾風並ぶ自転車なぎ倒す 満天 4 あさこ.やよい.よし女.はく子.
川沿ひに小さき薄紅寒桜 満天 3 まゆ.ともえ.たか子.
西の京ひなびた町の松飾 ぽんこ 3 智恵子.三刀.なおこ.
峰々の残雪を背に湖広し たか子 3 せいじ.ぽんこ.隆松.
ラガーらの勝どき湿布だらけなる たか子 2 そうけい.うつぎ.
恙なく生かされ感謝去年今年 宏虎 2 ともえ.みどり.
穏やかに主治医と交はす年賀かな 三刀 2 更紗.よし女.
電線に雲の絡まる冬の窓 たかを 2 やよい.ぽんこ.
赤き旗はためく磴や初詣 やよい 1 更紗.
落葉舞う太極拳を教えおり 治男 1 泰山.
かわらけ投ぐ初春の湖耀へり やよい 1 菜々.
猫舌や熱き碗抱く悴む手 智恵子 1 なつき.
桐枯葉小枝に掛かり天仰ぐ 治男 1 泰山.
巫女の舞見守る輪入る初詣 智恵子 1 たかを.
吊るされて一億円札福笹に はく子 1 こすもす.
兄弟会終え注連はずす八日かな たかを 1 智恵子.
名刹の彩なき寺園万両の実 ぽんこ 1 満天.

1月9日 (投句20名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
野球帽一斉に脱ぎ初詣 たか子 9 泰山.あさこ.智恵子.たかを.やよい.うつぎ.なおこ.はく子.更紗.
ふうふうと湯気踊らせて七日粥 うつぎ 4 泰山.なおこ.明日香.なつき.
ひそやかに庭の客土へ寒の雨 菜々 4 みどり.満天.そうけい.たか子.
騒めきの去りし神木寒に入る よう子 4 智恵子.やよい.うつぎ.更紗.
笑顔して席譲られし初電車 満天 3 せいじ.宏虎.治男.
的を背に記念撮影弓始め はく子 3 満天.あさこ.三刀.
一年を託すに軽き破魔矢受く たか子 3 たかを.治男.なつき.
黙礼し次いで絶叫寒稽古 宏虎 3 よし女.ぽんこ.こすもす.
風の音雨音聴きて寒籠り 満天 3 三刀.菜々.明日香.
松明けの狭庭を叩く石叩 三刀 2 よし女.ぽんこ.
大阪の七福神へ初詣 明日香 1 宏虎.
音楽の効能議論卵酒 治男 1 菜々.
一万歩コースを取りて初詣 せいじ 1 こすもす.
初社弁天だるま堆く やよい 1 せいじ.
うたた寝の背な至福なる炬燵かな 智恵子 1 はく子.
鑑真の御廟の磴に淑気満つ ぽんこ 1 たか子.
離陸する飛機を煙らすどんとかな さつき 1 そうけい.

1月8日 (投句16名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
どんど果て闇に戻りぬ神の庭 宏虎 9 そうけい.満天.更紗.三刀.はるよ.なつき.隆松.よう子.みどり.
厄除けへ上がる急磴冬桜 なつき 6 そうけい.ともえ.たか子.明日香.治男.こすもす.
命中の片腕凛凛し弓始 満天 5 よし女.あさこ.まゆ.はく子.うつぎ.
天空の星を研ぎゆく寒の入り 宏虎 4 さつき.まゆ.泰山.よう子.
梯子乗乙女も妙技出初め式 さつき 4 宏虎.智恵子.はるよ.はく子.
朝凪の薄紫や初汽笛 智恵子 3 よし女.泰山.ともえ.
塩加減にみどり程よき七日粥 満天 3 宏虎.あさこ.なつき.
初詣鳥居をくぐる傘の花 ぽんこ 2 たかを.菜々.
伊吹颪乗換駅を吹き抜くる やよい 2 せいじ.智恵子.
清掃日箒動かし御慶かな たか子 2 ぽんこ.こすもす.
老い二人元の暮らしや薺粥 ぽんこ 2 さつき.やよい.
薺打つ妣の歌声よみがえる やよい 2 たかを.菜々.
冬晴へ三射的中お弓式 はく子 2 満天.治男.
初東風や箱根の走者一礼す 更紗 2 たか子.明日香.
人日や巡回警官来宅す よし女 2 三刀.うつぎ.
ドクターフイッシュ指に集まる冬愉し こすもす 1 更紗.
若菜摘む手早き夫の傍らで よし女 1 せいじ.
湖北の空キャンバスにして冬の虹 たか子 1 ぽんこ.
息白く箱根の山を登りけり 更紗 1 やよい.

1月7日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
朝刊のはみ出すポスト霜の花 うつぎ 8 更紗.明日香.三刀.なおこ.やよい.泰山.なつき.よし女.
太箸や我が家に馴染む嫁の筆 たか子 6 たかを.菜々.智恵子.はく子.小袖.よう子.
連凧の空の奥まで駈け上り はく子 5 せいじ.たか子.小袖.三刀.やよい.
革ジャンのライダー続く初詣 よし女 3 はく子.たか子.みどり.
連凧の一番先は豆粒に はく子 3 智恵子.泰山.こすもす.
母に似た顔になるこのニット帽 よう子 3 たかを.菜々.こすもす.
煌めける神馬の像や初御空 三刀 3 満天.なつき.よし女.
蝋梅の花から花へ雨伝ふ せいじ 2 さつき.みどり.
初景色茜雲おく竹生島 やよい 2 満天.ぽんこ.
マフラ−のなびき疾走オ−プンカ− 治男 2 宏虎.なおこ.
歪む字のこれで最後と年賀来る 満天 2 さつき.明日香.
端正な薬師三尊初灯明 ぽんこ 1 よう子.
初日差し込む入院のカーテンに 更紗 1 せいじ.
雪散らし枝から枝へリス跳ねる 智恵子 1 宏虎.
山気裂き神鼓の響き淑気満つ 宏虎 1 ぽんこ.
大絵馬の前でポーズや年女 こすもす 1 あさこ.
初詣お神酒賜り少し酔ふ やよい 1 更紗.
玉砂利や車椅子にて初詣 よし女 1 あさこ.

1月6日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
御朱印の筆跡あらた初参り ぽんこ 5 よう子.たか子.宏虎.うつぎ.やよい.
もてなしは琴の連弾淑気満つ やよい 5 泰山.たか子.治男.三刀.こすもす.
周航の唄にハミング初航路 たか子 4 せいじ.満天.隆松.こすもす.
霜の朝光輝く山河かな 三刀 4 あさこ.はく子.まゆ.よし女.
左義長の火照りの漢茶碗酒 宏虎 3 たかを.よう子.三刀.
冠雪の比叡に残る夕日影 せいじ 3 小袖.やよい.明日香.
海風の通えば香る蝋梅花 智恵子 3 菜々.まゆ.明日香.
かわらけを飛ばすかなたの初美空 たか子 2 満天.なつき.
初雪や四囲の山々点描画 明日香 2 ぽんこ.智恵子.
フロントの振袖姿千代の春 やよい 2 泰山.智恵子.
新玉の宮に土鈴の犬選ぶ 智恵子 2 よし女.小袖.
薄氷西に残りし白き月 たかを 2 せいじ.更紗.
晴れ渡る淀にたゆたふ浮寝鴨 はく子 2 そうけい.宏虎.
悴む手缶コーヒーを握り締む せいじ 2 あさこ.うつぎ.
フェリーの銅鑼搔き消しぬ寒怒涛 宏虎 2 ぽんこ.なつき.
枯芝へ恵みの雨のこまやかに 菜々 1 そうけい.
黒雲や大和三山雪化粧 こすもす 1 はく子.
寒風にも集ふシルバーグランドに 満天 1 治男.
塾の子の出入り忙しき五日かな よし女 1 菜々.
寒あやめ雨粒模様を花びらに よし女 1 たかを.
厨事忘れ歌ふや女正月 満天 1 隆松.
境内の休憩所にも淑気満つ こすもす 1 更紗.

1月5日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
日常の煮炊きに戻る四日かな よし女 7 やよい.更紗.満天.智恵子.明日香.小袖.こすもす.
子ら去にて俄に広し冬座敷 菜々 5 あさこ.宏虎.たか子.ぽんこ.たかを.
純白の霜に明けたる四日かな よし女 5 菜々.宏虎.そうけい.はく子.ぽんこ.
渋滞を抜け家路へと雪明かり 智恵子 4 せいじ.明日香.たかを.こすもす.
御降りや神南備青く竹生島 やよい 3 せいじ.そうけい.なつき.
公開の淡き壁画の初灯り 満天 2 たか子.なつき.
再建の薬師寺食堂初灯り 満天 2 更紗.はく子.
普段見ぬ表情みせるお年玉 宏虎 2 智恵子.治男.
床の花に水足すことも松の内 菜々 2 満天.みどり.
犬と猫跳ねてる賀状孫娘 たかを 2 よし女.治男.
京洛を統ぶるがごとく初比叡 せいじ 2 はるよ.三刀.
ガレージの天井覆ふ吊し柿 さつき 2 あさこ.なおこ.
数の子や来し人生を噛みしめる 宏虎 1 菜々.
遠くより布団打つ音空っ風 たかを 1 なおこ.
四日はやグランドゴルフの音響く うつぎ 1 みどり.
軒に揺る寂しくなりし吊るし柿 智恵子 1 よし女.
底冷えを覚えつ踏みし舟廊下 たか子 1 三刀.
恙なく三が日終え洗濯す 明日香 1 小袖.
初旅やきつね日和と連れ立ちて たか子 1 やよい.

1月4日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
旋回の鳶に届けと凧上げる さつき 7 泰山.あさこ.せいじ.智恵子.たか子.治男.菜々.
片足を琵琶湖にかけて冬の虹 やよい 6 そうけい.あさこ.はるよ.せいじ.たか子.ぽんこ.
堂出でて皆笑顔なり初法話 満天 5 三刀.よし女.うつぎ.なおこ.こすもす.
初茜影法師なる富士青し 智恵子 5 泰山.満天.明日香.はく子.小袖.
正月や孫の彼女の話など よし女 5 たかを.はるよ.やよい.はく子.なおこ.
宇治川の激つ瀬音や淑気満つ せいじ 4 宏虎.三刀.明日香.なつき.
大琵琶の白波にある淑気かな たか子 3 さつき.やよい.まゆ.
穏やかな三日の海や鳶の舞 三刀 3 満天.なつき.みどり.
筆始め喜寿を寿ぐ色紙かな たか子 3 さつき.治男.みどり.
鳰潜る不意にでんぐり返しして せいじ 2 智恵子.よし女.
淑気満つ鎮守の杜の神鼓なり 宏虎 2 小袖.ぽんこ.
美容院鏡の前に柚子の山 そうけい 1 こすもす.
湖北しぐれ晴れて天使の梯子かな やよい 1 そうけい.
撫で牛に長蛇の列や初詣 さつき 1 菜々.
エレベーター先客深紅のセーター こすもす 1 たかを.
初神楽心に響き巫女の舞 治男 1 宏虎.
マスクして目で物を言うもどかしさ 有香 1 まゆ.
関東育ちの孫にも白みそ雑煮餅 菜々 1 うつぎ.

1月3日 (投句19名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
楽しげに日射しの中の初雀 満天 7 さつき.泰山.なおこ.はく子.せいじ.たか子.こすもす.
のっぽの子屈んで受くるお年玉 なつき 5 あさこ.治男.うつぎ.ぽんこ.そうけい.
メガホンに誘導されし初詣 さつき 4 たかを.あさこ.明日香.たか子.
凍てし夜や思わず合掌スーパームーン 明日香 4 満天.宏虎.そうけい.隆松.
うたた寝に置いてきぼりの初詣 よし女 4 さつき.なつき.三刀.みどり.
新年を寿ぐごとくスーパームーン 明日香 3 せいじ.三刀.こすもす.
夢覚めて続きが見たし福寿草 宏虎 3 智恵子.なつき.菜々.
大旦国旗掲げて古格子 やよい 3 満天.うつぎ.菜々.
泥かぶる路肩の雪や峠道 みどり 3 たかを.智恵子.ぽんこ.
お降りや湖の色へと溶けたまふ たか子 2 やよい.有香.
初もうで琵琶湖におわす弁財天 たか子 2 隆松.有香.
初夢やエイジーシュート達成す 宏虎 2 はく子.治男.
学友のてがたき賀状五十年 たかを 1 宏虎.
石段の賽銭踏むか初詣 治男 1 泰山.
鐘を撞く列の長さや初詣 こすもす 1 よし女.
仏間まで届きて燦と二日の日 はく子 1 よし女.
宇治川の淀みに憩ふ鴨の群 せいじ 1 なおこ.
二日はやおもちゃは元の場所になき なつき 1 やよい.

1月2日 (投句16名 選句24名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
変はりなき友のくせ字の年賀状 なつき 6 さつき.智恵子.なおこ.はく子.明日香.よし女.
淑気満つ明けてしろがね海の色 よし女 5 三刀.うつぎ.ぽんこ.みどり.たか子.
注連飾りくぐり一礼無人駅 智恵子 4 そうけい.満天.なつき.やよい.
石垣のなぞへに群れる水仙花 ぽんこ 4 宏虎.三刀.治男.みどり.
寒菊や里を見下ろす父祖の墓 みどり 3 まゆ.よし女.やよい.
門松も昭和と共に遠くなり ぽんこ 3 智恵子.なおこ.なつき.
元日やウィーンフィルに足拍子 うつぎ 2 たかを.こすもす.
冬の望寺の銀杏の枝先に はく子 2 泰山.せいじ.
元旦のどの道も塵なかりけり せいじ 2 さつき.まゆ.
初日の出帰路影法師十メ−トル 治男 2 たかを.泰山.
歳とれど今もときめく初みくじ 宏虎 2 あさこ.治男.
大琵琶は波も立たずに初時雨 たか子 2 隆松.せいじ.
初日の出雲一つ無く風も無く 智恵子 1 たか子.
神殿より長蛇の列や初詣 治男 1 あさこ.
再会を余白に記す年賀状 満天 1 明日香.
除夜の鐘月へ届けと力込め はく子 1 満天.
松籟の中産土へ初詣 三刀 1 ぽんこ.
蝋梅の坂の途中にほころびぬ せいじ 1 こすもす.
元旦の厨レンジの電子音 こすもす 1 はく子.
晴れの日や長蛇の列の初詣 満天 1 宏虎.
雲よけて満月浮かぶお元日 よし女 1 うつぎ.
年移る父母らも聞いた花火かな たかを 1 そうけい.

1月1日 (投句15名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
屠蘇祝ふダイヤ婚過ぐ共白髪 宏虎 5 智恵子.三刀.隆松.はく子.なつき.
駅二つ過ぎてもう無き雪景色 こすもす 5 たかを.隆松.そうけい.うつぎ.たか子.
全員が揃はぬ中の晦日蕎麦 ぽんこ 4 たかを.明日香.よし女.こすもす.
背丈超ゆ社会人にもお年玉 宏虎 4 あさこ.よし女.こすもす.たか子.
キッチンへ覚悟のひと日大晦日 満天 4 宏虎.智恵子.せいじ.ぽんこ.
半世紀の重箱彩る大晦日 満天 3 宏虎.はく子.うつぎ.
煤払して湯上りに月仰ぐ せいじ 3 満天.更紗.みどり.
生かされて一人に過ぐる去年今年 はく子 3 明日香.せいじ.なつき.
身の程に合うてささやか注連飾り たか子 3 満天.更紗.ぽんこ.
遠山の中腹走る冬の霧 明日香 2 治男.みどり.
大年の露店準備の箱かさぬ なつき 2 泰山.そうけい.
言の葉を紡ぐ苦楽や去年今年 やよい 1 三刀.
年迫る道路工事や午後の月 たかを 1 あさこ.
デパ地下の匂ひに噎せて大晦日 やよい 1 泰山.
大年の朝の目覚めのすつきりと なつき 1 治男.

12月31日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
糶終えて榾火を囲む魚市場 三刀 9 そうけい.やよい.せいじ.満天.はく子.明日香.たか子.なつき.うつぎ.
ありたけの鍋に煮炊きや年用意 うつぎ 4 智恵子.三刀.更紗.みどり.
歳晩や自転車溢る学習塾 やよい 4 そうけい.たかを.治男.なつき.
猫トイレ最後に洗い年用意 たかを 3 はく子.なおこ.みどり.
父母の遺影と共に年暮るる たか子 3 やよい.隆松.宏虎.
茶の花の香る垣根の老舗茶屋 智恵子 3 あさこ.三刀.ぽんこ.
散髪に走りはじまる小晦日 なつき 2 更紗.うつぎ.
みそか蕎麦恙の無きをすすりをり たか子 2 宏虎.なおこ.
庭枯れてしろがねの鯉よぎりけり せいじ 2 満天.治男.
数へ日や術後おかゆを口にせる なつき 2 たかを.こすもす.
父の杖主失い春の土間 たかを 2 隆松.泰山.
賑やかな夜回りの声門をゆく やよい 1 あさこ.
終天神搗き立て餅の振舞も はく子 1 せいじ.
而して無事にひととせ暮れんとす はく子 1 たか子.
餅作り何時もはパンを焼く機械 こすもす 1 泰山.
銀色に染めるトンネル枯芒 ぽんこ 1 明日香.
暖房車眼鏡くもってしまいけり こすもす 1 ぽんこ.
恙なき今年も終える年用意 満天 1 智恵子.
神仏に代々続く雑煮供ふ 宏虎 1 こすもす.

過去一覧

2018ス01ス02ス03ス04ス05ス06ス07ス08ス09ス10ス11ス12ス
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]