2014年の作品

2014年11月7日

蓮根掘泥の曼荼羅踏み分けて

蓮根掘媼は泥の顔で笑む

蓮根掘り尽くされ池は泥鏡

エアホースもんどりうつは蓮根掘

真青なる空秋嶺を抱擁す

秋天を支ふポプラの大樹かな

車駐む桜紅葉の天蓋下

鏡池縁どる桜紅葉かな

さざなみて小春日を揉む汀かな

11月落穂句会@市ノ池公園

2014年10月23日

露の珠おく天鵞絨の苔の上

蹲の苔秋水を溢れしむ

苔庭の瑞々しさよ菊日和

五指そつと触る苔庭の露けさに

苔庭に洩る鉾杉の秋日影

星屑に似し杉苔の露けさよ

金風や極楽院の三尊に

錦繍の樹間に往生極楽院

屈み見るわらべ地蔵に秋思あり

露けしや苔に埋もれし稚児仏


人面の鯉と目の合ふ秋思かな

錦鯉散らして水の澄めりけり

色鳥の一擲したる池泉かな

振る舞ひの野点に古寺の秋惜しむ

朱の欄に聴く律川の秋の声

源は律川といふ池澄める

浄土模す院の奥処に秋惜しむ

森ここだ露けき石はみな菩薩

カメラ女子身をくねらせて紅葉撮る

梢洩る色葉明かりに朱雀門


露けしや洩れ日とどかぬ深山道

石垣をキャンバスとして蔦紅葉

呂に律にさざめく古都の紅葉川

絹晒し落つ堰堤の秋の水

しば漬の店を梯子や秋遍路

袖合はす山懐に秋意あり

遙拝の比叡遙かに鳥渡る

大原女の径と標や草紅葉

吾妹子の後れつきくる野路の秋

秋興や地場の野菜を家苞に

吟行句会@大原三千院

2014年5月28日

下闇の碑文に縷々と落城史

夏草や城址といへど土塁のみ

島嶼模す枯山水の石涼し

石庭の箒目に涼もらひけり

蔵屋敷出入り自由や土間涼し

一部屋はクラフト展や夏館

煤びかりせる太梁や夏館

鬼貫碑訪ふも俳諧遍路かな

仮名涼し達筆すぎて句碑読めず

5月吟行句会@有岡城址・伊丹郷、墨染寺ほか

2014年4月30日

昨夜雨の狼藉憎む牡丹守

朱唇触るるごと屈み見る白牡丹

曇天の暗さを払ふ白牡丹

斯く粋美なりし汝は白牡丹

ひしめくは牡丹にひらく傘の花

ぼうたんにさす傘天地人なせる

散華せしぼうたんの傘畳まるる

牡丹百寺領狭しと艶競ふ

今日明日の命と思ふ牡丹あり

4月吟行句会@長岡京市乙訓寺

2014年3月26日

雨もまたよしと池塘の春惜しむ

水面うつ雨音もまた早春譜

唄ふごと雨の水輪や池の春

芽木の雨本降りとなる亭午かな

春雨に濡れて忿怒の仁王石

珠と落つ芽木の瑞枝の雨しずく

春落葉託つ園丁話し好き

簷深き迎賓館の春ともし

集めたる奇石珍石庭の春

3月吟行句会@旧藤田邸太閤園

2014年3月11日

大聖樹ポインセチアを籬とす

コロンボのコートに似たるルンペン氏

日向ぼこ小犬はじっとしてをれず

思惟深き磨崖弥勒や冬紅葉

工事場の轍は深く凍てにけり

左義長に燻る片目達磨かな

海跨ぐ橋は朧に浮きにけり

強東風につくばひの水落ち着かず

梅寒し甘酒茶屋へエスケープ

春季雑詠

年度別一覧

2019 | 2018 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010


 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site