みのるの近詠

やまだみのる

2018年2月20日

魚崎郷酒蔵めぐり

下萌   やまだみのる

堰落つる町川春を唄ひけり

春光のとどく川底砂をどる

亀甲の石床あらふ春の川

下萌に膝つき祈る震災碑

黒汐の風に南高梅香る

早春の空指す竿やはねつるべ

舌頭にまろばせて利く新走

下戸の吾にあふ甘口の新走

春霞指呼の六甲まだ覚めず

1月定例句会吟行

2018年2月3日

市ノ池公園

薄氷   やまだみのる

庭師いふ松に聞きつつ手入れすと

鴨進む連理の水尾を重ねつつ

ほらそこと指されし方に鳰をらず

鳰潜る連鎖反応見て飽かず

水走りして鳰突進何事ぞ

水遁の術を見よやと鳰潜く

イエス在さば歩かむ池の薄氷

日溜まりの薄氷岸を離れけり

萌ゆるかと手で分けて見る枯葎

2月落穂句会

2018年1月17日

明石浦漁港

浜焚火   やまだみのる

流木をあつめて足りる浜焚火

浜焚火命拾ひし話など

朝散歩ちよつとより道浜焚火

酒気帯びの呂律怪しき浜焚火

煙草に火つけて戻しぬ焚火屑

裏表なく身を焦がす焚火かな

時化の沖指してため息浜焚火

浜焚火漁師志願といふ子らも

トロ箱も腰掛けとなる浜焚火

2018年1月定例句会(明石浦漁港吟行句)

2018年1月5日

市ノ池公園

初詣   やまだみのる

水鳥のしやくる嘴より玉 しずく

榾の火に翳さしたる手で顔擦る

榾の火の坩堝覗けば舌あそぶ

凸凹の薬缶湯気立つ番所かな

山眠る大火の傷のなほ癒えず

末広に立つ工場の初煙

広池に満つ御降の水輪かな

部活女子菓子頬ばりつ初詣

部活女子急磴一気初詣

2018年1月落穂句会

2017年12月2日

市ノ池公園

大枯木   やまだみのる

参道へ湯気遊ばせておでん売る

もみぢ茶屋守り偕老を言ひにけり

蓮田枯れ浮かぶ細根の切れつ端

冬陽失せたちまち鬱や池の面

冬ざれてゐても園丁余念なく

天降る日に千手を翳す大枯木

公園を俯瞰してをる大枯木

空谷の風の序破急木の葉雨

石切の絶壁見せて山粧ふ

12月落穂句会@市ノ池公園

2017年11月25日

大和八木今井町

太梁   やまだみのる

戦国の屋敷跡てふ枯野かな

筒抜けの店誰もゐぬ寒さかな

着膨れて迷ひし路地は行き止まり

旧家には似つかぬ外車うそ寒し

寒さうな旧家の三和土罅走る

絵屏風に連理の鶴や奥座敷

床の間に家宝の秘刀冬座敷

太梁に震禍の亀裂身にぞ入む

冬ともし煤びかりせる太梁に

11月度吟行句会@今井町

2017年11月22日

宝塚黙想の家・売布神社

木の葉雨   やまだみのる

二タ三筋トラピスチヌの冬菜畑

瞑想のベンチにやまぬ木の葉雨

風狂の心地に浴びる木の葉雨

イエス手を広げて招く紅葉影

日矢燦と祈りの道の枯木影

冬木立祈りの道としるべ立つ

一穢なき十字架の空鳥渡る

手を翳すパワースポット宮小春

小祠もついで詣でや神の留守

11月度定例句会@黙想の家・売布神社

2017年11月13日

広島緑化植物園(広島市東区福田)

紅葉燃ゆ   やまだみのる

イベントの木の葉プールに子らはしやぐ

おしゃべりをしつつ地団駄紅葉冷

ハイカーも牛歩となりぬ紅葉坂

紅葉坂数珠つながりの駐車かな

元気出せ勇気出せよと紅葉燃ゆ

洩れ日さす紅葉時雨の小径かな

珠玉の日洩らす天蓋紅葉かな

ぎんなんを家苞に買ふ留守詣

焼芋を頬ばりながら姦しき

俳友のHさんを訪ねて@広島緑化植物園

2017年10月17日

北山緑化植物園

秋草   やまだみのる

秋さぶや小蘭亭の藪騒も

石庭に秋思然たる老画伯

雨に伏す秋草叢も園の興

雨晴れて園の八千草起ち直る

苑至福曲水の斯く澄めりけり

王羲之の書なる一碑に時雨傘

はく息のため息に似て時雨冷

ハイカーの休み処にきのこ展

極彩が自己主張せるきのこ展

10月度定例句会@北山緑化植物園

Feedback

ぜひご感想をお寄せ下さい。どんなことでもお気軽に

男性   女性

※上の情報は、いずれも未記入でかまいません。


 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site