お気軽にどうぞ。

新規記事を書く 

検索 | 過去記事 | 管理

 潤道 削除キー

2021/01/14(Thu) 12:12 No.8486

寝正月ならぬ俳句のお正月となりました♪。
皆様の俳句を拝読出来まして楽しかったです。みのる様、皆様有難うございます。
 みのる 削除キー

2021/01/14(Thu) 12:08 No.8485

宏虎さん、西村家も猫家族でしたか。ミイコは幸せでしたね。
 みのる 削除キー

2021/01/14(Thu) 12:05 No.8484

もとこさん、年度作品の感想ありがとうございます。みなさんの負担になるかと案じましたがやってよかったです。

他の人とは比べないでください。聖書に「後の者が先になる」と書かれています。大事なのは、マイペースを守って決して休まないこと。ひたすら多作です。努力は必ず報われます。
 宏虎 削除キー

2021/01/14(Thu) 11:45 No.8483

みのるさんの四時随順を読ませていただき、昔の吾に戻りました。と申しますのは戦時中から、我が家では猫(ミイコ)を飼っていました。何代も三毛でした。今のように猫用の食事が有るわけでなく、夕べの残り物か、炒子か鰹節を混ぜたご飯をおいしそうに食べていました。時代が移り娘が大学へ合格したときに、竹輪を丸ごと1本やったときは好物ながら、猫がきょとんとして何かの間違いと、食べなかったが食べて良いと言って食べたことが有りました。日本語が理解でき言うことが通じました。ブラッシングガ好きで専門のブラシを持つと、玄関の定位置まで跳んで居りました。子供を年に2回ぐらい産みましたので、新聞広告をだして貰って戴いたこともあります。家の長を心得ているのか良くなつき、寝るときは一緒でした。最後のミイコはご臨終の時、家内がそれぞれに電話して帰宅を急かし、夜お通夜の真似をして、戒名を付けてやりました。写真も時々見ては懐かしんで居ります。
 もとこ 削除キー

2021/01/14(Thu) 11:16 No.8482

みのるさん、年度作品集有難うございました。自分の選と他の方々の選を比べてみて、勉強不足で季語の捉え方ができていないなと思いました。自分で句作する時もそうですが、つい言葉の面白さにとらわれてしまいます。季語を捉えることはなかなか難しく、ほとんど知識の無かった三年前の初参加の時に、みのるさんに三年ぐらい経てば季語が身に付くと言われましたが、勉強不足ですね。今年は季語を注意深く捉えていこうと思います。
 みのる 削除キー

2021/01/13(Wed) 19:47 No.8481

凡士さん、せいじさん、年度作品への感想をありがとうございます。

コロナ禍での俳句ライフがつづきます。思うように吟行できないので、やもすれば「詠む」を忘れて「作る」になりがちですが、作法の基本を見失ってはいけません。そこで、私自身への戒めも兼ねて青畝俳話のページを刷新し、「俳句作法」のページを追加しました。ぜひお読みください。> みなさま

https://gospel-haiku.com/sh/haiwa.htm
 せいじ 削除キー

2021/01/13(Wed) 17:55 No.8479

年度作品の感想(凡士さんの感想と似てますが):精選された句なので当然と言えば当然かもしれませんが、参加者全員において10句すべてに点が入っていることに妙に納得しました。それにもかかわらず、10句に満遍なく点が入っているのではなく、トップの句が14〜22点(32点が満点)と高得点であることや、皆さんの投票によって句に順番が付くことが面白く、あらためてこれが句会の醍醐味であると感じることができました。みのる選とも相まって、自分の句、自分の選を客観視することもできたように思います。句会が早くできるようになるといいですね。
 凡士 削除キー

2021/01/13(Wed) 13:50 No.8478

“天平の仏の笑みや菊日和”はもともと百済観音を詠みたかったのです。昔東京の博物館で観た百済観音に衝撃をうけました、八頭身、不思議な笑み・・・、寺で拝観すると仏像として見てしまうが博物館では芸術品として鑑賞するのでこれだけの差がでるのでしょう、阿修羅も同じです。しかし俳句にすることは歯が立ちませんでした。昨秋何かの本で飛鳥、天平の仏像はアイカコックスマイルだということを知り、モナリザの笑みと同じか世界の宝は共通する美があるのだとわかりました。これらを踏まえて“天平の仏の笑み”をつくり、正倉院展の時期だったので
菊日和の季語を添えました。
皆さんからもご披講いただけると勉強になります。
 凡士 削除キー

2021/01/13(Wed) 12:16 No.8477

みのるさんお疲れさまでした。
年度選集互選結果ざっと拝見しました。第一印象で驚いたのは、みなさんの10句ほぼすべてが選に入っていたことでした。いずれも甲乙つけがたい精鋭10句だったという証ですね。またみなさん各人の1位選がおおむね平均15〜16票でしたが、これは半分の人がその句を選んだということになります、互選基準は各人各様だったのに、おおむねみなさん同じような選分布になっていることにも驚きでした。
わたしの1位句は“天平の仏の笑みや菊日和”で15票でした、ありがとうございました。お礼もかねて作句過程などを別葉でご報告します。
 菜々 削除キー

2021/01/13(Wed) 10:53 No.8476

みのるさん
小鳥の写真楽しいですね。そっぽむく鳥、寄り添う小鳥、おしゃべり中か?コーラスか?いやいや、日向ぼっこ・・・
 

- SunBoard - Modified by Minoru Yamada.