毎日句会成績一覧

- 2017年11月 -

過去一覧

11月23日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
冬凪を割って寄港のい漁り舟 三刀 5 野菊.智恵子.菜々.あさこ.せいじ.
年木積む神の山より切り出して うつぎ 4 みどり.よし女.たか子.やよい.
冬ぬくし畳の部屋に聖歌本 満天 3 まゆ.ぽんこ.うつぎ.
柿落葉一枚毎の貌と色 宏虎 3 さつき.そうけい.明日香.
段々の蜜柑山背に道の駅 ぽんこ 3 せいじ.宏虎.こすもす.
師の句碑に久の存問冬帽子 はく子 3 三刀.治男.こすもす.
大銀杏そびえる空を鳥猛る たか子 3 智恵子.まゆ.よう子.
冬日ざし池畔の聖母のおん裾へ 菜々 3 たかを.さつき.満天.
修道院は鳥のオアシス小春風 菜々 3 宏虎.満天.やよい.
走り根をすっぽり覆ひ銀杏散る 宏虎 3 菜々.うつぎ.明日香.
霊山の断層のぼる蔦紅葉 なつき 2 たかを.愛正.
フレームに入り切らざる冬木立 たか子 2 そうけい.はく子.
野良鳴くや味噌汁煮立つ寒き夜 たかを 2 みどり.なつき.
庭畑芋掘る孫の笑い声 野菊 2 あさこ.ぽんこ.
妻病みて家事皆伝と友の春 たかを 1 なつき.
生き生きと白菊挿され志士の墓所 よし女 1 三刀.
修道院の果樹の隙間の冬菜畑 うつぎ 1 よし女.
釜飯の上にふつふつたらば蟹 あさこ 1 野菊.
冬日さす修道院の果樹園に せいじ 1 よう子.
枯れ芝やゴルフボ−ルの速きかな 治男 1 はく子.
朝窓を開けるや否や百舌高音 愛正 1 治男.
吉報の予感や千鳥旋回す よし女 1 たか子.
道三の墓に馬酔木の冬芽濃し なつき 1 はるよ.
同窓会ちゃん付けで呼ぶ紅葉宿 智恵子 1 愛正.
天の河裂きて疾走火球かな 智恵子 1 はるよ.

11月22日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
翻る度に白銀群れ千鳥 三刀 6 たかを.菜々.うつぎ.よし女.小袖.なつき.
小六月鳥語あふるる神の庭 菜々 5 満天.たか子.はく子.よし女.小袖.
竹ぼうき束ねてありし落ち葉道 たか子 4 愛正.更紗.あさこ.やよい.
百磴の手摺しっかと神の留守 ぽんこ 4 満天.たか子.明日香.こすもす.
常緑の木々とコラボや照紅葉 こすもす 3 宏虎.よう子.ぽんこ.
日溜まりを求めて集う冬雀 野菊 3 愛正.宏虎.隆松.
もみぢ散る茅葺屋根の苔むして はく子 3 野菊.せいじ.あさこ.
鈴の緒を新しくして神迎ふ 明日香 3 更紗.さつき.こすもす.
青空を見ている猫や冬の窓 たかを 2 せいじ.よう子.
回り縁玻璃戸いっぱい照紅葉 よう子 2 うつぎ.治男.
一湾の潮しづもり千鳥飛ぶ よし女 2 三刀.やよい.
介護士の片方えくぼ冬日射し 治男 2 たかを.なつき.
出し抜けに子より届きし松葉蟹 せいじ 2 菜々.智恵子.
弁天へ冷え切る鎖伝ひかな なつき 2 治男.さつき.
修道院へ小春の坂のゆるゆると 菜々 2 はく子.ぽんこ.
錦繍の一日の至福古都巡り こすもす 1 智恵子.
谷戸の里静寂香る雪中花 智恵子 1 野菊.
ダイヤ婚まさしく勤労感謝の日 宏虎 1 三刀.
どんぐりの踏む音聞こゆトラピスト ぽんこ 1 明日香.

11月21日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
つる引けば藪の底へと烏瓜 そうけい 6 せいじ.愛正.あさこ.さつき.たか子.明日香.
柿一つ手向けられたる石仏 愛正 6 あさこ.三刀.明日香.こすもす.ぽんこ.はく子.
朝霜の鉄路煌めく始発駅 智恵子 4 野菊.そうけい.よう子.ぽんこ.
大根炊く今日はやさしくなれそうな はるよ 4 たかを.よし女.菜々.はく子.
冬紅葉艶良き赤を栞とす 満天 3 智恵子.よし女.こすもす.
冬の星教員室の煌煌と 治男 3 はるよ.そうけい.有香.
通学路見送る人も息白し こすもす 3 野菊.さつき.治男.
ことことと雨戸を叩き寒波来る 菜々 2 更紗.みどり.
大鷲の羽根拡ぐごと冬の雲 よし女 2 よう子.なつき.
結末を少し読む癖暮はやし たか子 2 せいじ.なつき.
片しぐれ詩仙堂庭もとほれば はく子 2 宏虎.有香.
山茶花の同じ木咲くも散るもあり 宏虎 2 愛正.治男.
枯草に埋もる富士の裾野かな そうけい 1 満天.
子等歌う猿蟹合戦吊し柿 治男 1 たかを.
見はるかす冬枯れの田や野鳥来る 明日香 1 みどり.
木枯しやジャングルジムへ迷走す たか子 1 菜々.
どんよりと泣き出しそうな冬の空 野菊 1 三刀.
あほなこと言える娘のいて小春かな はるよ 1 智恵子.
即けば直ぐ離るる二羽の寒雀 せいじ 1 たか子.
時雨るるや門前店にうどん食ぶ やよい 1 満天.
車窓より見える星空冴え渡り 野菊 1 更紗.
カレーうどんナフキン白し冬日差し たかを 1 宏虎.
鍋焼きや過ぎたることを笑ひつつ なつき 1 はるよ.

11月20日 (投句24名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
逆上がりできて冬日の眩しくて 更紗 8 野菊.さつき.智恵子.よし女.治男.はるよ.なつき.はく子.
諍ひつ息あわせつつ障子貼る やよい 6 さつき.あさこ.そうけい.たか子.はるよ.こすもす.
白き画架立ち並びたる秋堤 さつき 3 愛正.こすもす.みどり.
里時雨六地蔵をば降り残す 有香 3 よう子.そうけい.たか子.
峠から島鮮やかやP戸の冬 治男 3 野菊.満天.たかを.
禅寺の裏に広ごる冬菜畑 せいじ 3 三刀.やよい.治男.
蜘蛛の糸尼の像より繰り出され よし女 3 あさこ.菜々.やよい.
トンネルを超えれば紅葉真っ盛り 野菊 2 宏虎.菜々.
街路の花覆ひ隠して銀杏黄葉 やよい 2 宏虎.ぽんこ.
大胆に大名剥きや蕪むく たか子 2 せいじ.よう子.
蔦もみぢ城石垣をキャンバスに はく子 1 明日香.
冬凪の岩にぽつんと海鵜かな よし女 1 三刀.
夫と子の帰りを待ちて毛糸編む 更紗 1 ぽんこ.
短日や練塀長き屋敷町 たか子 1 愛正.
朝刊のビニール袋やみぞれゆき こすもす 1 隆松.
折り返す電車の座席紅葉旅 なつき 1 みどり.
冬ざれや廃屋続く破れ舗道 たかを 1 満天.
ゆりかもめ松亭亭の須磨の浜 宏虎 1 なつき.
秋夕陽小さき古墳の脇に入る たかを 1 せいじ.
根深汁夜はぴゅうぴゅうと山の音 うつぎ 1 智恵子.
悴む手洗濯物の皺伸ばす 智恵子 1 たかを.
打楽器のリズムに開く秋祭 三刀 1 よし女.
ペチュニアに代わり葉牡丹ハンギング 明日香 1 はく子.
冬に入るメタセコイアも錆び初めて 菜々 1 隆松.

11月19日 (投句21名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
縄のれん分けし背中に冬の月 宏虎 9 愛正.三刀.そうけい.せいじ.たか子.なつき.菜々.やよい.みどり.
どの畝も大根の首せり上がる せいじ 9 たかを.あさこ.満天.隆松.はく子.ぽんこ.よう子.こすもす.有香.
満潮の渚に鴨の一直線 三刀 7 さつき.よし女.小袖.そうけい.治男.よう子.みどり.
隠沼の水面へ傾ぐ山紅葉 隆松 5 宏虎.野菊.更紗.小袖.せいじ.
濡れ歩道五彩落葉に染まりけり ぽんこ 4 宏虎.智恵子.よし女.なおこ.
空展けたる冬枯の造成地 せいじ 4 たかを.明日香.治男.やよい.
夕時雨枯山水に音もなく うつぎ 3 明日香.智恵子.野菊.
紅葉畳の小径連れ往く己が影 よし女 2 ぽんこ.なつき.
雨上がり庭の黄灯り冬の菊 満天 2 こすもす.有香.
城濠に迫り出す松の色変へず さつき 2 たか子.はく子.
大根の透けてとろりと煮上がりぬ 満天 2 更紗.うつぎ.
布くわえ犬移動なす日向ぼこ 智恵子 1 なおこ.
波さやか栴檀の実のよく熟れて よし女 1 三刀.
丹沢湖ブルーの水に白き富士 野菊 1 あさこ.
若き日の想い出ありし石蕗の花 宏虎 1 愛正.
まめ破る足を湯船に霜の夜 なつき 1 隆松.
冬の滝読経の声が響く山 野菊 1 うつぎ.
園の道いまバージンロード冬暖か 菜々 1 満天.
夕暮れのベンチに並ぶ木の実たち 智恵子 1 菜々.
裏畑の一所燃ゆ柿照葉 あさこ 1 さつき.

11月18日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
短日や煮物の匂ふ帰路の路地 やよい 5 更紗.さつき.ぽんこ.なつき.うつぎ.
天守閣そびらに競ふ菊花展 さつき 4 宏虎.小袖.こすもす.うつぎ.
鈴の音にはづむ袂や七五三 菜々 4 たかを.隆松.小袖.みどり.
写真館待てずに眠る七五三 智恵子 4 野菊.あさこ.よう子.明日香.
腰掛けて眺める翁冬菜畑 こすもす 4 愛正.宏虎.治男.はく子.
枯れてなほ直立不動の蓮かな よし女 4 あさこ.菜々.三刀.はく子.
霜溶けて朝刊の端濡れにけり 明日香 4 更紗.愛正.ぽんこ.よう子.
残照の恋人岬鰡飛べり なつき 4 たかを.菜々.よし女.治男.
雨粒をそっと抱きてななかまど ぽんこ 2 智恵子.なつき.
まだ息の白くはならぬ寒さかな たか子 2 そうけい.三刀.
セーターにもぐる母無し子猿かな なつき 2 智恵子.なおこ.
冬の空カピバラ入る露天風呂 野菊 2 みどり.こすもす.
みそっ歯や笑み満面の七五三 智恵子 2 せいじ.満天.
紋章と見紛ふ柿の輪切りかな せいじ 1 隆松.
晋作の墓に日当たる冬紅葉 三刀 1 さつき.
朝露に宅配の瓶きらめきて 明日香 1 せいじ.
たむろする鹿へと伸びし冬木の根 たか子 1 よし女.
ビル街の極彩色の冬の宮 満天 1 そうけい.
山茶花やほつほつピンク花載せて 宏虎 1 なおこ.
白雲は借景紅葉の木々仰ぐ たかを 1 野菊.
七五三ポーズ取らされべそかく子 はく子 1 満天.

11月17日 (投句19名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
池小春鯉は友禅流しめく よし女 7 満天.なおこ.よう子.なつき.隆松.こすもす.うつぎ.
鈍色の空に朱を注す木守柿 せいじ 7 さつき.更紗.智恵子.よう子.ぽんこ.そうけい.明日香.
山麓の集落隠す蕎麦の花 愛正 5 野菊.たか子.ぽんこ.やよい.有香.
縞柄のセーター揃ひ兄妹 なつき 5 あさこ.宏虎.なおこ.治男.こすもす.
七輪の残るテントや紅葉谷 三刀 4 愛正.さつき.よし女.そうけい.
稲荷社の旗はためかせ時雨来る うつぎ 3 更紗.たか子.やよい.
葉牡丹の品定めする立ち話 こすもす 2 治男.有香.
ブロンズを辿りて落葉の御堂筋 菜々 2 満天.はく子.
姦しきモンペの婆ら案山子かな よし女 2 たかを.三刀.
手裏剣の速さに紅葉散りにけり さつき 2 たかを.せいじ.
大都市の真中に出会ふ案山子かな ぽんこ 2 せいじ.よし女.
ベランダに百の干柿簾なす はく子 2 あさこ.隆松.
喧騒の一歩にまぶし石蕗群れて 満天 2 宏虎.明日香.
二腑の無き夫冬帝がこたえしと たか子 2 なつき.はく子.
筑波山キャンパス襲ふ北颪 智恵子 1 野菊.
ひとかどの顔のお澄まし七五三 宏虎 1 三刀.
お茶の花雨にぬれつつほころびぬ ぽんこ 1 菜々.
朔風に背を突かれて足早に 智恵子 1 うつぎ.
ピーラーにすいすい剥かれ干柿に はく子 1 菜々.
おでん鍋囲みて弾む会話かな 野菊 1 智恵子.
縁側の笊に乾きし新小豆 こすもす 1 愛正.

11月16日 (投句20名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
錦秋の茶事にくつろぐ古都の庭 智恵子 8 更紗.たかを.よし女.うつぎ.三刀.みどり.こすもす.有香.
紅葉山港町へと裾広ぐ なつき 6 さつき.せいじ.よし女.智恵子.たか子.菜々.
山門の仁王もみぢの被衣かな よう子 4 たかを.さつき.みどり.なつき.
葉牡丹の紅白の畝真つ直ぐに こすもす 3 あさこ.うつぎ.小袖.
石蕗ほめて挨拶かはす試歩の母 せいじ 3 智恵子.菜々.やよい.
人家脇なぜか温しや散歩道 たかを 3 愛正.そうけい.治男.
枝枝にみかん刺し置き小鳥待つ やよい 3 野菊.はく子.こすもす.
渡し板数多につなぐ池普請 さつき 2 ぽんこ.なつき.
懐かしき故郷全て秋の色 こすもす 2 更紗.隆松.
Vサインのポーズとる子や七五三 満天 2 三刀.はく子.
十重二十重古き社の冬紅葉 明日香 2 宏虎.やよい.
林立のビル冬ざれて鉄の色 たか子 2 野菊.なおこ.
朗々の祝詞流れて神の留守 はく子 2 満天.たか子.
雨侘し行き場無き猫冬隣 ぽんこ 2 愛正.そうけい.
四阿へ行く道なりにお茶の花 たか子 2 あさこ.せいじ.
寒雀来て戸袋に雨宿り せいじ 1 なおこ.
耳遠き婆に年聞く島小春 なつき 1 小袖.
小春日や花嫁さんのバラ園に はく子 1 治男.
科学館の赤き鉄塔冬天へ 菜々 1 満天.
粒揃い列する尻や寒雀 たかを 1 ぽんこ.
山茶花の径己の影を踏み 三刀 1 宏虎.
公園の奥へ奥へと石蕗あかり 菜々 1 有香.
七五三子より親御の着飾りて 宏虎 1 隆松.

11月15日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
ふる里便無口な父の冬野菜 智恵子 8 野菊.菜々.あさこ.ぽんこ.たか子.みどり.はく子.はるよ.
頬の飴ごろりと動くマスクの子 更紗 6 さつき.菜々.せいじ.ぽんこ.そうけい.こすもす.
木像に残る朱の色冬ぬくし 明日香 4 やよい.せいじ.よう子.治男.
裏庭を駆ける鶏冬日向 こすもす 4 やよい.なおこ.三刀.なつき.
冬晴のビルより低く昼の月 せいじ 4 野菊.満天.更紗.なつき.
日向ぼこ声援飛び交ふ草野球 智恵子 4 満天.あさこ.治男.はるよ.
熊手売れ三本締めが道ふさぐ なつき 3 さつき.智恵子.泰山.
たちこめる泥のにほひや池普請 さつき 3 宏虎.更紗.三刀.
女教師の角のとれたる黄のセーター 恵三 2 たかを.そうけい.
枯れ菊の残る香りを惜しみけり 恵三 2 よう子.明日香.
冬ざれや街ゆく人も急ぎ足 野菊 1 みどり.
学友も社友も老いし神無月 宏虎 1 はく子.
寒雀列する尻や粒揃い たかを 1 智恵子.
街の灯も山影も失せ夜の霧 はく子 1 宏虎.
道なりに光を返す枯芒 三刀 1 たか子.
小春日や同窓会の誘ひ来る 菜々 1 明日香.
ふらここの泥付き靴は蒼天に ぽんこ 1 泰山.
大川の両岸綴る夕紅葉 せいじ 1 こすもす.
ほつれたる父愛用の毛布かな なつき 1 たかを.
ジンジャーティーたっぷり注ぎ風邪心地 更紗 1 なおこ.

11月14日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
冬山河送電線に弛みなし 恵三 5 野菊.満天.みどり.そうけい.更紗.
市民マラソン小春の城下駆けぬけて 菜々 4 たかを.あさこ.やよい.はく子.
冬晴の朝の靴音響きけり 満天 4 恵三.さつき.菜々.よう子.
新海苔の香り広がる朝の膳 野菊 3 三刀.なつき.はく子.
再会の喜寿の乙女ら冬暖か はく子 3 満天.小袖.なつき.
歳訊かれ干支で返事の木の葉髪 宏虎 3 泰山.さつき.治男.
残されし案山子冬陽を独り占め 智恵子 3 ともえ.ぽんこ.明日香.
かわらけの斜に切る空もみぢ渓 よう子 3 宏虎.明日香.こすもす.
音立てて木枯らしの去り残る星 宏虎 3 恵三.野菊.せいじ.
圏外となりて踏み入る紅葉山 なつき 3 泰山.こすもす.よう子.
雨の中飛火野跳ねる若き鹿 ぽんこ 2 せいじ.小袖.
庭枯れて千両だけが鮮やかに 野菊 2 宏虎.更紗.
救急車に付き添ひて乗る夜の寒し やよい 2 たか子.ともえ.
足弱に差し出されたる登山杖 せいじ 2 菜々.三刀.
肩車の子がふり仰ぐ大熊手 なつき 2 たかを.あさこ.
冬館文豪遺筆ゆるき文字 たか子 2 智恵子.ぽんこ.
立ち枯れの湖の無音なる陽の寒し 智恵子 1 そうけい.
置き炬燵つまづく事の多くなり たか子 1 治男.
破蓮の水面の影をカメラマン 三刀 1 智恵子.
にちにちのリハビリ効果春を待つ ぽんこ 1 やよい.
テトラポッドも越して弾ける冬の波 こすもす 1 たか子.

11月13日 (投句17名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
着ぶくれて辻占ひのパイプ椅子 なつき 9 野菊.さつき.泰山.智恵子.まゆ.三刀.小袖.よう子.有香.
ネクタイに得意顔する七五三 ぽんこ 6 たかを.更紗.あさこ.宏虎.満天.隆松.
風もなく肩に落葉の遊歩道 満天 5 野菊.恵三.さつき.あさこ.ともえ.
大時計廊下に刻む宿冴ゆる 智恵子 5 はく子.たか子.そうけい.明日香.有香.
楠公の首塚ひそと秋暮るる やよい 4 三刀.たか子.みどり.なつき.
大寺の屋根黄葉に浮かびをり 三刀 4 たかを.せいじ.満天.治男.
七五三草履のすずのちりちりと はく子 4 ともえ.せいじ.菜々.まゆ.
幽径の開けて冬の海光る 智恵子 4 小袖.やよい.そうけい.なつき.
借景はしぐれて白き三笠山 たか子 4 恵三.智恵子.ぽんこ.やよい.
どの川も五彩きらめく散紅葉 満天 2 宏虎.よう子.
人知れずもみづる山のキャンプ場 せいじ 1 はく子.
青空と残りし柿の二つ三つ 野菊 1 更紗.
盛上るふるさとまつり小六月 こすもす 1 菜々.
寺の門桜黄葉散る笑うごと 治男 1 こすもす.
日溜まりで両目を閉じてみせる野良 たかを 1 泰山.
陽を求め背伸びする如冬の菊 野菊 1 明日香.
参道は黄葉日和の並木道 恵三 1 隆松.
腹切つてきたてふ香具師や冬はじめ なつき 1 みどり.
山登る初心者コースとは名のみ せいじ 1 こすもす.
電動の落葉吸引作務の僧 やよい 1 治男.
柿みのる赤錆トタンの破屋かな たかを 1 ぽんこ.

11月12日 (投句20名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
冬耕の畝整然と黒光り 治男 5 ぽんこ.隆松.そうけい.さつき.はるよ.
どこまでも煙まとわる野焼きかな たかを 4 たか子.三刀.よう子.なつき.
冬ぬくし奈良にあふれて人と鹿 はく子 4 菜々.満天.治男.こすもす.
木枯らしに肩を竦めて歩道橋 野菊 4 智恵子.恵三.隆松.有香.
光さす母校の銀杏並木かな 更紗 4 うつぎ.恵三.小袖.なおこ.
トンネルを出れば県境照紅葉 やよい 4 菜々.智恵子.宏虎.なつき.
ひととせの持ち手の褪せし熊手かな なつき 3 たかを.野菊.そうけい.
熊よけの鈴軽やかやきのこ狩り 智恵子 3 あさこ.泰山.はるよ.
冬はじめ朝の味噌汁具沢山 満天 3 泰山.やよい.なおこ.
冬紅葉背割堤を席巻す 菜々 3 満天.やよい.はく子.
貝塚のほの暗き穴石蕗の花 治男 2 さつき.よう子.
新そばの幟はためく城下町 こすもす 2 あさこ.三刀.
閑静な直哉旧居に柿ひとつ ぽんこ 2 たか子.こすもす.
駅前の一献に締む紅葉狩 せいじ 2 たかを.うつぎ.
金堂の縁に舞ひ込む紅葉かな やよい 2 せいじ.明日香.
集ひ来て囲む校歌や小六月 更紗 2 せいじ.小袖.
住宅街に鹿現るるショーのごと うつぎ 1 有香.
昭和帝ゆかりの書院冬日濃し 菜々 1 はく子.
山茶花の散りこぼれをる垣根かな 恵三 1 宏虎.
秋風の通ひて止まず杉美林 せいじ 1 明日香.
鴨の陣浮御堂なる小暗がり たか子 1 治男.
木枯しやさざ波光る隠れ沼 三刀 1 野菊.
端正な直哉偲びて冬館 たか子 1 ぽんこ.

11月11日 (投句19名 選句28名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蹲踞の水飲む小鳥庭小春 菜々 6 満天.恵三.ぽんこ.明日香.なつき.有香.
神主の祝詞粛々木の葉降る やよい 6 宏虎.あさこ.たか子.泰山.三刀.こすもす.
天空へ大手広げて柿熟るる 菜々 4 あさこ.せいじ.そうけい.隆松.
小春日のゆるりと鯉の水路ゆく 満天 3 たかを.泰山.みどり.
あおによし奈良の茶粥や冬めきぬ 宏虎 3 三刀.うつぎ.なつき.
冬凪や遠くに見える外国船 野菊 3 菜々.治男.こすもす.
草蝨払ふバス停日に三本 よう子 3 はく子.やよい.さつき.
冬銀河煌々として明けがたし 恵三 2 うつぎ.更紗.
神の留守光り輝く大銀杏 満天 2 恵三.よう子.
天高し杉みな狂ひなく真直ぐ せいじ 2 更紗.さつき.
尾長立つ一枝揺れて散る紅葉 たかを 2 そうけい.みどり.
聞こえさふナンキンハゼのはぜる音 明日香 2 智恵子.よう子.
花八ツ手活けて始まる句会かな こすもす 2 明日香.有香.
小紋模様なすや水面の散もみぢ やよい 2 智恵子.たかを.
秋澄みて山果てしなく畳なづく せいじ 2 はく子.小袖.
黄落やパワー秘めたる力石 智恵子 1 たか子.
小春日やドロンに向かいポーズとり 野菊 1 治男.
暮れ早し畦道急ぐ人の影 三刀 1 せいじ.
ひつじ田の続く車窓に雲流る こすもす 1 野菊.
八方へ向けて活けたる句座の石蕗 なつき 1 小袖.
飛火野の芝に紛れる石たたき ぽんこ 1 満天.
寝たきりの叔母の笑顔や冬薔薇 治男 1 菜々.
目を覆ふ出窓に猫の日向ぼこ 智恵子 1 宏虎.
もみぢ山前に後ろに川三筋 はく子 1 野菊.
葦の花深き水路の泥溜まり たかを 1 やよい.
時雨急客足四散する大道芸 さつき 1 ぽんこ.

11月10日 (投句24名 選句27名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
茫茫の淀は鈍色冬はじめ 菜々 6 やよい.ぽんこ.三刀.そうけい.はく子.なつき.
飛火野を過ぎて初冬の屋敷町 たか子 5 野菊.明日香.ぽんこ.三刀.みどり.
末枯れの広野吹き分け風渡る みどり 4 泰山.宏虎.恵三.隆松.
稲架の骨田んぼに残す日暮れかな 三刀 3 野菊.まゆ.隆松.
九重にもみづる渓は万華鏡 せいじ 3 満天.やよい.なつき.
古着屋の灯の煌煌と冬真昼 治男 3 智恵子.まゆ.なおこ.
神殿に柏手響く神の留守 宏虎 3 泰山.治男.よう子.
堵列する墓に天蓋散紅葉 ぽんこ 2 さつき.たか子.
桜紅葉空き家となりし友の家 うつぎ 2 はく子.なおこ.
せんべいをねだる鹿ゐて奈良小春 はく子 2 更紗.せいじ.
閉ざされし茶室に翳す冬紅葉 満天 2 たか子.宏虎.
養生の夫爪を切る冬立つ日 なつき 2 たかを.みどり.
行く秋や終の棲家に友移住 野菊 2 菜々.あさこ.
人力車断わりし歩や冬隣 たか子 2 そうけい.こすもす.
熊笹を下草にして紅葉照る せいじ 2 満天.こすもす.
うなじふと冷たき気配初時雨 ともえ 2 せいじ.よう子.
古都小春八幡宮の人出かな 恵三 2 智恵子.治男.
塀越しに落葉掃かるる音聞こゆ さつき 1 明日香.
列成して横切る鹿の堂々と 有香 1 さつき.
冬日差思い出話きりもなく 明日香 1 更紗.
蒼天に万朶の蕾姫椿 ぽんこ 1 恵三.
稲刈られすこし寂しき散歩道 たかを 1 あさこ.
銀杏の実今食卓に母の味 野菊 1 菜々.
掛け声と手さばき見せて餅を搗く 満天 1 たかを.

11月9日 (投句20名 選句30名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
角きりの痕白々と鹿たむろ たか子 8 野菊.満天.泰山.せいじ.智恵子.ぽんこ.明日香.うつぎ.
枯れ蓮寺苑の静寂深めをり よう子 4 恵三.ともえ.はく子.なつき.
「探してます」猫の貼り紙初時雨 やよい 4 菜々.なつき.こすもす.うつぎ.
地に落ちて二度咲く如しお茶の花 三刀 4 更紗.そうけい.まゆ.よう子.
冬耕の二人揃って耳遠し 宏虎 4 せいじ.三刀.やよい.有香.
稲刈られすこし寂しき散歩道 たかを 3 あさこ.三刀.ともえ.
月明かり浜に寄り添ふ影法師 智恵子 3 野菊.たかを.恵三.
山はいまパッチワークのごと粧ふ みどり 3 智恵子.宏虎.なおこ.
冬暖か仏の耳の皆長し はく子 3 やよい.みどり.よう子.
芝枯れてこんなところに子の毬が 菜々 2 さつき.有香.
冬に入る女滝は音をひそやかに 菜々 2 はるよ.たか子.
河口堰解けて枯葉は大海へ 智恵子 2 はるよ.たか子.
足弱を励まし下る紅葉谷 せいじ 2 あさこ.宏虎.
灯台の明りやわらか冬の雨 野菊 2 明日香.なおこ.
散もみぢ色様々をにわたずみ はく子 2 ぽんこ.さつき.
風車回い怒濤逆巻くP戸の冬 治男 2 たかを.みどり.
グレンミラー流す歯科医や冬日和 宏虎 1 こすもす.
立冬の今朝もいつものパン作り こすもす 1 菜々.
鴨潜く四ツの尻向け浮見堂 ぽんこ 1 泰山.
冬の雨静かに庭を濡らしをり 明日香 1 まゆ.
地蔵尊へ色とりどりの冬菊を 満天 1 更紗.
寒靄の暮るる茜にやや染まり 明日香 1 治男.
喘ぎつつ峠越えれば紅葉照る せいじ 1 治男.
せんべい欲るおじぎ深々神の鹿 やよい 1 満天.
つややかな島のみかんのお接待 なつき 1 はく子.
三脚脚立池に踏み込み松手入 うつぎ 1 そうけい.

11月8日 (投句21名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
渓流の底に煌めく散紅葉 宏虎 6 恵三.野菊.やよい.よう子.隆松.ぽんこ.
人あまた鹿も数多に奈良小春 はく子 4 更紗.満天.明日香.こすもす.
ポニーテール跳ねたる保母や小六月 なつき 4 智恵子.そうけい.はく子.ぽんこ.
教会の十字架覆う冬茜 野菊 3 たかを.うつぎ.たか子.
大社には日の丸高く神の旅 たか子 3 泰山.満天.なつき.
ユニフォーム真白く洗ひ冬来る 更紗 3 そうけい.菜々.なつき.
杣道を五色の落葉踏みて行く せいじ 3 たかを.宏虎.たか子.
カーテンを透く日の光冬に入る 有香 2 まゆ.せいじ.
まだまだと老いの運転紅葉坂 たかを 2 宏虎.治男.
松かさを袋いっぱい森小春 なつき 2 明日香.まゆ.
地下足袋に法被姿や松手入れ 智恵子 2 やよい.こすもす.
見はるかす二上山へ冬日落つ 明日香 2 恵三.せいじ.
今朝の冬庭に雀のきて縺れ やよい 2 更紗.うつぎ.
蟷螂の枯れて電柱下り切らず うつぎ 1 よう子.
古の観音像に秋惜しむ はく子 1 三刀.
捨てかがし雀の馴れて上に乗る 宏虎 1 智恵子.
神庭の掃きて限無し神の留守 ぽんこ 1 みどり.
試運転のデイーゼル車輌除雪用 こすもす 1 菜々.
正倉院展出でて紅葉野点席 満天 1 はく子.
立冬や塾へ駆け込む女学生 治男 1 三刀.
顔半分陽を受く釣人秋夕焼け こすもす 1 隆松.
カフェテラス眼下に漁船秋高し やよい 1 泰山.
住職の引き寄す枝の柿たわわ よう子 1 あさこ.
立冬や道路工事の重機音 三刀 1 みどり.
立冬晴正倉院展長蛇の列 満天 1 あさこ.
冬雲の放射線状夕茜 治男 1 野菊.
留守の宮居開けて氏子ら大掃除 菜々 1 治男.

11月7日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
神杉を駆け上るごと蔦紅葉 せいじ 4 恵三.菜々.そうけい.こすもす.
猪除けの鈴の音澄める深山道 せいじ 4 やよい.ぽんこ.三刀.たか子.
5歳児の力を出して大根引く 有香 3 せいじ.治男.なつき.
林檎風呂一夜の宿のおもてなし 野菊 3 あさこ.うつぎ.たか子.
水色の空を残して秋落暉 はく子 3 満天.明日香.有香.
秋夕焼コンビナートのタンク染め やよい 3 満天.うつぎ.有香.
秋夕日落ちてより増す茜空 はく子 3 たかを.よう子.明日香.
物置に母との思い出陶火鉢 野菊 2 あさこ.宏虎.
つくばいに揺るる月見もまた一興 智恵子 2 治男.はく子.
一木に五彩の紅葉大かえで 明日香 2 そうけい.はく子.
晩秋の湾の釣り人皆寡黙 こすもす 2 更紗.三刀.
山茶花の垣根越しなる会話かな たか子 2 更紗.なおこ.
庭先の陽だまりに来て寝る狸 三刀 2 智恵子.ぽんこ.
ひつじだをいちりょう電車曲がり行く 有香 2 智恵子.隆松.
朝市の葉付大根のゆさゆさと うつぎ 2 野菊.菜々.
紐かけて高きに吊るす大熊手 なつき 1 恵三.
木の葉髪持ち上げられぬ力石 宏虎 1 やよい.
豆すでに実も葉も枯れた色になり 明日香 1 なおこ.
冬小花触れれば跳ねる小虫かな たかを 1 野菊.
葉付き大根収まり悪きレジ袋 うつぎ 1 せいじ.
パンジー棚一輪づつの顔を見せ よう子 1 たかを.
遊園地を囲む桜木紅葉初む 治男 1 宏虎.
童謡の灯油売り来る冬支度 満天 1 隆松.
秋天へ紙飛行機の彼方へと 智恵子 1 なつき.
立ち話たわいなき事姫ツバキ たか子 1 よう子.
大熊手持ち手の竹の青さかな なつき 1 こすもす.

11月6日 (投句18名 選句29名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
波音を聴きて一献宿の月 智恵子 8 泰山.野菊.みどり.ぽんこ.小袖.明日香.うつぎ.やよい.
毛糸編む一両電車にゆられつつ やよい 5 なおこ.菜々.恵三.はるよ.なつき.
四囲の山置き去りにして秋落暉 せいじ 5 満天.たかを.よう子.たか子.なつき.
イベントの古代衣装に秋惜しむ こすもす 4 菜々.満天.三刀.治男.
軽トラや大根補給道の駅 よう子 4 たかを.隆松.明日香.せいじ.
宝物展今昔の秋楽しみぬ こすもす 4 あさこ.智恵子.宏虎.小袖.
黄落や御籤を引けば小吉と 恵三 3 みどり.はるよ.更紗.
駅の椅子折り鶴一羽暮れの秋 野菊 3 三刀.そうけい.やよい.
黄葉の隙間に覗く空の青 野菊 3 なおこ.ぽんこ.治男.
目つぶしの夕日よければ照る尾花 せいじ 2 隆松.そうけい.
下山急く釣瓶落としや膝笑ふ 智恵子 2 はく子.有香.
紅葉渓シャッター音の吸ひこまれ なつき 2 智恵子.せいじ.
対岸の紅葉愛でる川明かり ぽんこ 2 宏虎.たか子.
落ち葉道地球の色に還り行く たか子 2 よう子.有香.
はばからぬ秋日の中の恋の猿 なつき 1 野菊.
秋晴のバザーの人出溢れけり 満天 1 あさこ.
姉妹晴れ着の似合ふ七五三 恵三 1 はく子.
日の当たる壁板のぼるいぼむしり 三刀 1 こすもす.
秋惜しむ寺に倉あり灯り点く 治男 1 更紗.
久々に借りて小説夜の長し はく子 1 うつぎ.
中天に月欠け初めて秋の行く 菜々 1 泰山.
芋虫の育ちし跡や葉の無残 たかを 1 恵三.
山登り谷音さやか秋薊 治男 1 こすもす.

11月5日 (投句17名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
謡曲師碧眼もゐて文化の日 やよい 6 あさこ.宏虎.恵三.治男.たか子.うつぎ.
後ろ手に煎餅持つ人秋の奈良 こすもす 4 野菊.泰山.明日香.よう子.
秋惜しむ宝物展の列長し こすもす 4 ぽんこ.三刀.更紗.やよい.
鴨川の中州になびく枯芒 ぽんこ 4 恵三.なおこ.はく子.なつき.
行く秋や日毎に庭の色失せて 菜々 4 野菊.智恵子.宏虎.やよい.
我が町のええとこ写す文化の日 満天 3 智恵子.菜々.はく子.
とりどりの紅葉乗り継ぐ車窓かな なつき 3 たかを.よう子.隆松.
旅終わるいつもの駅のそぞろ寒 たか子 2 泰山.こすもす.
ミュージックフェア準備整ひ後の月 はく子 2 満天.なおこ.
後の世へ家訓もなしや文化の日 宏虎 2 たか子.なつき.
朝寒し全容見せて浅間山 たか子 2 更紗.明日香.
行く秋や夜も白雲の駆け止まず 菜々 2 せいじ.うつぎ.
行く秋や雲の流れの早きこと 満天 1 ぽんこ.
柳散る川の流れはとくとくと ぽんこ 1 菜々.
満面の笑み句座を占む文化の日 智恵子 1 せいじ.
初採りの庭の大根煮とろけたり やよい 1 こすもす.
ひかえめな姿優しき野紺菊 野菊 1 治男.
天高し想ふルターの五百年 せいじ 1 みどり.
千歳飴参道掃きて離さぬ子 智恵子 1 あさこ.
庭に凝る独居老人大菊咲く 治男 1 満天.
ひかえめやビックイシュー売る冬帽子 よう子 1 たかを.
神還る出雲空港最終便 恵三 1 三刀.

11月4日 (投句23名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
島を出る最終フェリー十三夜 なつき 10 恵三.宏虎.満天.智恵子.菜々.三刀.まゆ.はく子.ぽんこ.はるよ.
箸づかひ孫に教へて文化の日 菜々 5 やよい.更紗.三刀.たか子.なつき.
散策の山路に摘みてむかご飯 智恵子 4 恵三.ぽんこ.隆松.こすもす.
燈親し文机ひとつ吾の城 みどり 3 やよい.こすもす.はるよ.
永らへて日々の幸せ菊日和 恵三 2 野菊.せいじ.
秋深しまなこを閉じてバッハ聴く せいじ 2 宏虎.みどり.
落ち葉踏み犬も一役パトロール 野菊 2 菜々.よう子.
全天のうろこ雲映え夕日落つ 明日香 2 たかを.隆松.
文化の日句作を軸とする暮らし たか子 2 満天.はく子.
古の宝物展に秋惜しむ こすもす 2 まゆ.よう子.
書棚よりまづ整理して文化の日 やよい 2 更紗.なつき.
紅葉燃ゆ吾歳重ね米寿来る 宏虎 1 みどり.
それぞれの趣味へと出向く文化の日 満天 1 治男.
すっきりと刈田の先の赤城山 たかを 1 せいじ.
冬ぬくし日干しの座布に猫昼寝 野菊 1 たかを.
綿虫を思はず払ふ夕間暮れ 明日香 1 智恵子.
大銀杏赤きサイロの屋根に散る さつき 1 たか子.
山寺に座して借景庭紅葉 智恵子 1 野菊.
白い雲競つて描く秋の子等 たかを 1 治男.

11月3日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
隠沼の日だまり鴨の陣を解く やよい 8 恵三.さつき.せいじ.更紗.みどり.たか子.こすもす.ぽんこ.
一島の蜜柑日和となりにけり 恵三 5 さつき.せいじ.やよい.よう子.なつき.
ついてくる電車の窓の後の月 こすもす 4 恵三.宏虎.更紗.治男.
黄菊みなしろがね色となる月夜 せいじ 3 たかを.よう子.明日香.
長き夜を十七文字に遊びをり みどり 3 満天.智恵子.はく子.
猛る鵙こずえに一つ贄刺しぬ 智恵子 2 こすもす.有香.
キャタピラの轍刈田に深々と せいじ 2 宏虎.隆松.
各鉢の愛の深さや菊花展 野菊 2 あさこ.智恵子.
鶴の舞ふ飽かず飽かれずダイヤ婚 宏虎 2 泰山.みどり.
木漏れ日の揺るる参磴色鳥来 やよい 2 たか子.明日香.
夕暮れの教会閑か秋の風 野菊 2 やよい.ぽんこ.
満天に星はまたたき神旅へ 菜々 2 泰山.野菊.
配られて句座に焼き栗くり饅頭 はく子 1 満天.
母となり毛糸の産着編みにけり 恵三 1 あさこ.
身に入むや割れて放置の無縁墓 ぽんこ 1 三刀.
赤や黄の絵の具たっぷり紅葉晴 さつき 1 三刀.
泥纏ひ青虫動く冬野菜 智恵子 1 有香.
東照宮桜大樹の落葉雨 なつき 1 治男.
紅葉散る紅い通りを迷い猫 たかを 1 隆松.
秋出水声をかき消す瀬音かな 明日香 1 野菊.
大通りは紅葉のトンネルニュータウン 菜々 1 たかを.
子供らと刈田に遊ぶ群雀 満天 1 はく子.
小春日や刻を止めたき気分かな 宏虎 1 菜々.
柿食えば祖父想い出す里の夜 治男 1 菜々.
蜘蛛の囲や横糸だけの暮の秋 たかを 1 なつき.

11月2日 (投句20名 選句26名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
満ち潮の波音やさし十三夜 三刀 9 恵三.更紗.満天.野菊.さつき.宏虎.なつき.みどり.小袖.
惜しみつつカーテン閉じる窓の月 たかを 5 泰山.なおこ.さつき.あさこ.智恵子.
鉄工所の階も錆色秋深し 治男 4 なおこ.はく子.よう子.小袖.
霊岩に梵字めきたる蔦紅葉 なつき 4 ぽんこ.治男.はるよ.たか子.
恋人にもどる父母ダリア園 なおこ 3 智恵子.治男.菜々.
猫抱き心音触るる夜寒かな 宏虎 3 なつき.こすもす.やよい.
腰おろす畦に一服秋おさめ 智恵子 3 更紗.せいじ.ぽんこ.
十三夜島の夜空の底深し なつき 3 せいじ.よう子.やよい.
秋うららパンダの車移動図書 やよい 2 はるよ.こすもす.
小夜更けてさらに耀く十三夜 明日香 2 三刀.はく子.
墨磨りて匂ひの満ちし後の月 更紗 2 たかを.三刀.
耳澄ます色鳥の声神の杜 やよい 1 明日香.
紅葉狩り北鎌倉で降りにけり 恵三 1 菜々.
石蕗の葉やとどまる雨のなかりけり たか子 1 泰山.
お茶室へ洩れ日の小道石蕗の花 菜々 1 あさこ.
行く秋や水面に白き雲流れ 満天 1 みどり.
祓川の水の濁りも神の留守 菜々 1 たか子.
寺までの大練塀や蔦紅葉 たか子 1 恵三.
夕映えのかくも美し十三夜 はく子 1 宏虎.
渋柿の日ごと艶めく散歩道 治男 1 野菊.
牛放つ籾殻烟る牧場かな さつき 1 たかを.

11月1日 (投句21名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
走り根に掃き寄せられし銀杏の実 ぽんこ 6 恵三.泰山.みどり.宏虎.たか子.なつき.
笛太鼓神楽止まずや秋惜しむ たかを 5 更紗.泰山.そうけい.治男.有香.
秋落暉凪たる湾の暮れのこる なつき 4 たかを.みどり.なおこ.小袖.
神木の橡の実一つ御守りに うつぎ 3 さつき.明日香.ぽんこ.
ゆるぎなき背を見せ僧の落ち葉掻き たか子 3 更紗.せいじ.三刀.
行く秋や閉店セールの旗なびく 満天 3 あさこ.菜々.ぽんこ.
児童の部高齢者の部菊花展 菜々 2 智恵子.有香.
紳士服売場ここにも南瓜あり せいじ 2 こすもす.やよい.
小話に大笑いする敬老日 こすもす 2 せいじ.智恵子.
蒼天を透かして紅葉耀けり 明日香 2 三刀.小袖.
釣瓶落し雲一つなき山の端へ はく子 2 恵三.治男.
この町が子らのふる里菊薫る 菜々 2 満天.やよい.
ハロウィンの帽子を被り園ガイド さつき 1 明日香.
見渡せば紅葉の錦古都の夕 智恵子 1 宏虎.
無花果や母乳の嬰の良く眠る 宏虎 1 あさこ.
絵画展おしゃべり自由里の秋 たかを 1 そうけい.
寺銀杏漬け物樽に山盛りに なつき 1 こすもす.
屋根の猫巡回に出る十三夜 有香 1 満天.
秋高し真一文字に飛行雲 隆松 1 さつき.
ステージの落語に喝采敬老日 こすもす 1 はく子.
カップルの式場下見神の旅 たか子 1 なおこ.
名刹の茶室に綴る野菊かな 智恵子 1 はく子.
行く雲と共に十月送りけり 三刀 1 なつき.
雨の名のいろいろありて時雨かな 恵三 1 たか子.
歯の疼き耐へゐる夜の長さかな やよい 1 菜々.
くり抜きしかぼちゃおばけの闇深き 更紗 1 たかを.

10月31日 (投句20名 選句25名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
落ち葉蹴りマラソン人の快走す 智恵子 5 せいじ.宏虎.満天.菜々.よう子.
生命線気にせぬ歳や神無月 宏虎 5 なおこ.三刀.たか子.治男.はるよ.
朗読の昔話や冬隣 こすもす 4 菜々.たか子.ぽんこ.なつき.
公園を思いのままに舞ふ落葉 満天 4 更紗.なつき.こすもす.明日香.
木の葉舞ふ姿を見せしつむじ風 せいじ 4 智恵子.うつぎ.隆松.明日香.
キッチンの玻璃結露して冬隣る せいじ 4 うつぎ.よう子.やよい.有香.
木枯しやロングヘヤーの奔放に よう子 3 たかを.満天.こすもす.
栗飯や注射に泣きし子が笑ふ なつき 3 あさこ.宏虎.はく子.
神無月賽銭箱の欠伸せり 宏虎 3 三刀.はるよ.有香.
広池に水輪広げて鳰潜る さつき 3 恵三.智恵子.やよい.
フルートとピアノの夕べ秋惜しむ こすもす 2 はく子.ぽんこ.
池の面に東寺の紅葉映えにけり 恵三 2 たかを.治男.
雨樋の行方を探す颱風禍 うつぎ 2 さつき.隆松.
衿立てて木枯らし一号立ち向かふ 満天 2 さつき.あさこ.
唐松の落ち葉の香り軽井沢 たか子 1 恵三.
生駒嶺を捨てるが如く霧上がる たか子 1 せいじ.
秋耕の跡忙しく鴉二羽 治男 1 なおこ.
秋寒しアンバランスな外出着 明日香 1 更紗.

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]