毎日句会成績一覧

- 2015年10月 -

過去一覧

10月30日 (投句18名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
秋澄むや棟上げ近き桧の香 ひかり 7 菜々.あさこ.三刀.花茗荷.なつき.うつぎ.こすもす.
大輪の菊を育てて兄米寿 はく子 6 満天.せいじ.智恵子.かず.さつき.ぽんこ.
奥嵯峨の竹の葉擦れや初時雨 宏虎 5 あさこ.さつき.ぽんこ.うつぎ.はく子.
菊花展巡り一服緋毛氈 有香 5 泰山.菜々.智恵子.宏虎.花茗荷.
べんがらの町屋の軒に菊の鉢 なつき 3 泰山.ひかり.よし女.
豆腐屋のラッパに釣瓶落しの日 うつぎ 2 満天.なつき.
城濠のなぞへ埋めし石蕗の花 さつき 2 ひかり.こすもす.
参詣の途次にてひょんの実を拾ふ よし女 2 明日香.三刀.
古びたる駅の天窓秋日濃し せいじ 2 かず.はく子.
色変へぬ松をくぐりて園周路 さつき 1 治男.
美術館の地下へ地下へと秋思かな 満天 1 明日香.
体重に一喜一憂秋渇き 三刀 1 よし女.
日の射して人影の無き刈田かな 三刀 1 せいじ.
菊薫る土間に釣り竿並べをり なつき 1 治男.
石蕗の花鄙びた寺の一隅に ぽんこ 1 宏虎.

10月29日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
正門は明治の遺構菊香る 菜々 7 満天.ひかり.うつぎ.花茗荷.ぽんこ.なつき.こすもす.
相討ちの様に交差し蓮枯るる さつき 6 うつぎ.宏虎.菜々.よし女.はく子.こすもす.
鎖されし茶室に翳す薄紅葉 満天 4 宏虎.よう子.かず.明日香.
日当りて花石蕗いよよ黄なりけり よし女 4 せいじ.あさこ.花茗荷.三刀.
夕日落つ海鵜の休む烏帽子岩 智恵子 4 なつき.さつき.明日香.有香.
旋回の機影に釣瓶落しの日 うつぎ 3 泰山.せいじ.ぽんこ.
冬木立そびらに隆隆大蘇鉄 菜々 3 泰山.智恵子.有香.
古民家に大輪の菊立ち並ぶ 智恵子 2 三刀.治男.
筋雲のめざすは比叡天高し せいじ 2 治男.さつき.
野仏へ手向く一枝の初紅葉 豆狸 2 あさこ.かず.
風吹けば右往左往す落葉かな よし女 1 よう子.
秋惜しむ和紙人形の作品展 三刀 1 よし女.
秋うらら米寿記念の絵画展 はく子 1 菜々.
菊日和下着の香具師の太鼓腹 なつき 1 はく子.
夕陽映ゆ彩雲浮かび秋惜しむ 宏虎 1 智恵子.
白松てふ色変えぬ松睥睨す 明日香 1 満天.
五番街にマリ−は居らず落葉散る 宏虎 1 ひかり.

10月28日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
パンパンにリスのほっぺは冬支度 智恵子 4 ひかり.よし女.豆狸.こすもす.
枝と枝つなぎて光る蜘蛛の糸 せいじ 3 あさこ.なつき.豆狸.
一湾の鏡凪なる秋天下 泰山 3 花茗荷.明日香.ぽんこ.
茸採る湿りし指の匂ひかな なつき 3 治男.さつき.こすもす.
外人の和服下駄ばき菊花展 宏虎 3 三刀.治男.うつぎ.
口押さへ稲扱き埃より逃ぐる なつき 2 ひかり.うつぎ.
木犀の香り途切れぬ裏通り ひかり 2 さつき.はく子.
ベランダに一家総出の良夜かな こすもす 2 せいじ.花茗荷.
秋ともし近松人形よよと泣く 菜々 2 宏虎.満天.
塵ひとつ無き式内社秋澄める はく子 2 満天.明日香.
紅葉して湖畔を囲むななかまど 智恵子 2 せいじ.あさこ.
師の句集また読みかへす夜長かな かず 2 なつき.はく子.
寺の門今日は開けられ松手入れ はく子 2 菜々.泰山.
波に乗り岸辺彩る黄櫨紅葉 三刀 1 よし女.
枝払ひ園の秋空広々と ひかり 1 智恵子.
秋陰にひそと近松めおと墓 菜々 1 宏虎.
身にぞしむ京終といふ駅の名に 明日香 1 智恵子.
みずうみに色変えぬ松影落とす よし女 1 泰山.
冬近し予防接種に医混みて 満天 1 菜々.
水涸るる沼地ひび割れ世界地図 治男 1 ぽんこ.
まなかひに鴨の湖見ゆ彫刻展 よし女 1 三刀.

10月27日 (投句15名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
路地裏も隅々照らし十三夜 有香 6 さつき.満天.あさこ.宏虎.なつき.明日香.
ボート漕ぐ湖面の夕日横切りて さつき 5 智恵子.せいじ.菜々.治男.こすもす.
冬波の海へ展けし千枚田 智恵子 4 さつき.ひかり.よう子.なつき.
団栗を供えてありし地蔵かな さつき 4 泰山.はく子.豆狸.こすもす.
秋晴れや湖水を汲んで舟洗ふ よし女 3 せいじ.泰山.三刀.
医院出で心晴れ晴れななかまど 治男 2 智恵子.菜々.
爽やかな風吹き抜ける橋の央 三刀 2 よし女.かず.
小石敷く池の汀や秋日濃し ひかり 2 治男.ぽんこ.
正倉院展ヴィトンの柄の琵琶ありて 明日香 2 よし女.よう子.
高梯子横跳びに老稲架を解く なつき 2 かず.ぽんこ.
そぞろ寒毛並み艶やか猫丸む 宏虎 1 豆狸.
飛行雲五本くっきり秋の空 こすもす 1 あさこ.
秋日濃し湖を見てiゐる少女像 よし女 1 ひかり.
色変へぬ松の参道宮参り ぽんこ 1 満天.
色変へぬ松を天蓋大鳥居 菜々 1 三刀.
尼崎に文楽公演秋うらら 菜々 1 はく子.
瓦屋根波打つ漁村鵯帰る なつき 1 明日香.
ハルカスを望むスポット天高し ひかり 1 宏虎.

10月26日 (投句15名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
投函の文懐に十三夜 うつぎ 6 ひかり.よう子.三刀.かず.有香.こすもす.
阿蘇五岳見え隠れする芒原 さつき 5 明日香.宏虎.満天.菜々.かず.
秋寂ぶや前掛け古し六地蔵 宏虎 4 あさこ.明日香.ぽんこ.満天.
渚辺に湖の楽聴く秋意かな よし女 4 宏虎.ぽんこ.三刀.治男.
色変へぬ松を天蓋大鳥居 菜々 4 泰山.智恵子.よう子.さつき.
石蕗明かり寧々終焉の寺庭に はく子 3 ひかり.なつき.さつき.
団栗の何するでなくポケツトへ ともえ 3 よし女.治男.こすもす.
渚打つ波音やさし十三夜 三刀 3 よし女.菜々.はく子.
三猿のごとくに並ぶ案山子かな 豆狸 2 せいじ.なつき.
橡もみぢ一本まるで黄金の木 菜々 1 はく子.
俳諧の祖の句碑照らす秋日和 満天 1 智恵子.
彩重ぬ水木紅葉の陽にぞ映ゆ かず 1 泰山.
足早に吐く息白き出勤時 智恵子 1 有香.
くぐり門ぬけて楽しや梨畑 智恵子 1 せいじ.
緋毛氈に行厨広げ秋日和 満天 1 あさこ.

10月25日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
噴煙をよぎる機影や秋高し さつき 7 菜々.智恵子.ひかり.治男.豆狸.ぽんこ.明日香.
母在さぬ里へ夜寒の駅降りる 菜々 7 さつき.泰山.ともえ.よし女.かず.なつき.花茗荷.
木道の尽きる限りの花野かな さつき 6 満天.ともえ.智恵子.かず.こすもす.うつぎ.
遠来の友待つ玄関石蕗明かり かず 4 治男.なつき.豆狸.うつぎ.
尺ほどの去来の墓や嵯峨時雨 智恵子 3 あさこ.ひかり.明日香.
漁火の沖を照らせり十三夜 宏虎 3 せいじ.三刀.こすもす.
緑子のあくびのうつる菊日和 豆狸 3 あさこ.はく子.宏虎.
吊り橋に桜紅葉の色重ね 有香 3 満天.菜々.はく子.
手入れせし庭に出て観る後の月 三刀 2 さつき.よし女.
十一時指すサルビアの花時計 よし女 1 三刀.
秋風や波に揺られるもやい舟 智恵子 1 ぽんこ.
一枚の紙となりたり秋の蝶 明日香 1 泰山.
石蕗咲きて目のまん丸き陶狸 うつぎ 1 せいじ.
待たすより待つ方がよし十三夜 宏虎 1 花茗荷.

10月24日 (投句14名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
行く川の底は五彩の落葉かな ぽんこ 8 宏虎.智恵子.泰山.三刀.よし女.花茗荷.なつき.こすもす.
なみなみの猪口に映して十三夜 宏虎 5 さつき.智恵子.ぽんこ.なつき.こすもす.
遠干潟ときに千鳥の光りけり よし女 5 せいじ.ひかり.三刀.うつぎ.有香.
竜胆の蕾ほぐるる日差しかな さつき 5 菜々.あさこ.花茗荷.うつぎ.豆狸.
深秋の太古の森に大磐座 菜々 3 満天.ひかり.宏虎.
藪の中灯りとなりし烏瓜 治男 3 さつき.せいじ.よし女.
白波のをりをり高し神の旅 よし女 2 菜々.明日香.
隔てなく衆生を照らす十三夜 宏虎 2 豆狸.有香.
廃院の残る菊叢そぞろ寒 明日香 2 かず.治男.
箱の柿艶の良きより売れてゆき なつき 1 あさこ.
露草や空の碧にも負けじ咲く 智恵子 1 明日香.
行く秋や月も育ちて早や十日 菜々 1 満天.
秋旱ひと雨欲しと声交す 三刀 1 ぽんこ.
飛び跳ねるバッタに合わせて子らも跳ぶ 智恵子 1 泰山.
見はるかす四囲の山々秋澄める さつき 1 かず.
リコーダーの学び舎よりの秋の風 満天 1 治男.

10月23日 (投句16名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
磐座の注連縄ゆるび神旅へ 菜々 7 泰山.あさこ.はく子.満天.ぽんこ.なつき.かず.
朱の鳥居潜りて宮の秋を聞く 宏虎 6 泰山.智恵子.さつき.花茗荷.かず.こすもす.
点滴の犬を見守る夜長かな よう子 4 はく子.明日香.治男.こすもす.
身に沁むや廃校残る金次郎 花茗荷 3 三刀.さつき.ぽんこ.
朝霧に眼下の街の異国めく 菜々 3 智恵子.せいじ.宏虎.
秋の彩百を数ふる山路かな かず 3 ひかり.三刀.なつき.
真っ青や指輪にしたき臭木の実 明日香 2 菜々.満天.
屋上の一叢の木々小鳥来る ひかり 2 明日香.花茗荷.
祇王寺の燃ゆる紅葉に亡夫悼む 智恵子 2 せいじ.宏虎.
会釈して人行き違ふ紅葉狩 宏虎 1 あさこ.
運動会招待メールは動画つき こすもす 1 ひかり.
午後の陽に蟷螂太き腹を曳く 三刀 1 よし女.
樹下の裾石蕗の黄明り続きをり ひかり 1 よし女.
遥拝所の木々しげる中小鳥来る 満天 1 治男.
秋の空絵を描く如く鳶の舞い 治男 1 菜々.

10月22日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
さざれ透く神のせせらぎ小鳥来る 菜々 6 満天.よう子.ぽんこ.花茗荷.明日香.はく子.
花石蕗の寺に着物のリフォーム展 なつき 5 菜々.三刀.治男.豆狸.うつぎ.
行場への鎖ながなが照紅葉 治男 4 せいじ.菜々.よし女.うつぎ.
叢林は立ち入り禁止小鳥来る ひかり 4 満天.かず.明日香.はく子.
秋日濃し百面相の吾子飽きず 有香 4 三刀.花茗荷.なつき.宏虎.
鳥語降る森のベンチを一人占め 智恵子 3 あさこ.こすもす.有香.
黒豆の枝豆届く丹波産 三刀 2 智恵子.よし女.
竹やぶを抜けて城址秋高し はく子 2 せいじ.豆狸.
峠越え急ぎて釣瓶落としの日 さつき 2 泰山.智恵子.
みづはのめ麓に鎮め山粧ふ 菜々 2 ひかり.有香.
夕焼けに染まりしススキ赤子の手 智恵子 2 泰山.治男.
歳時記に知らぬ季語あり秋灯下 宏虎 2 ひかり.なつき.
虫しぐれ坪庭夜のコンサート 花茗荷 1 ぽんこ.
宮小春句友と囲む昼餉かな 明日香 1 かず.
黄泉の国へ現世と続く天高し 治男 1 宏虎.
力石と刻印ありて木の実落つ 満天 1 あさこ.
宣教師漂着の地に残る虫 さつき 1 よう子.
秋天や山小屋風の家二軒 明日香 1 こすもす.

10月21日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
鳥渡る火の見櫓の遺る村 うつぎ 7 泰山.宏虎.はく子.三刀.治男.花茗荷.有香.
どんぐりの杜にまろびて力石 菜々 6 せいじ.はく子.よし女.さつき.ぽんこ.明日香.
野葡萄の実の七色を見て飽きず さつき 4 智恵子.よし女.明日香.こすもす.
読み耽る育児日記や秋深し 有香 3 せいじ.ぽんこ.かず.
灯台の螺旋階段空高し 宏虎 2 泰山.さつき.
結界の綱のしで揺る秋の風 明日香 2 ひかり.こすもす.
秋夕焼塒へ急ぐ群れ鴉 三刀 2 宏虎.豆狸.
力石ぬくし恐竜のたまごめく 菜々 2 かかし.なつき.
バスを待つリュックの列や秋うらら 明日香 2 あさこ.菜々.
陋屋を飾りたてたる蔦紅葉 かず 2 満天.菜々.
枯蓮に傾く夕陽セピア色 智恵子 2 三刀.かず.
背高のコスモスもつれ迷路なす 豆狸 2 かかし.あさこ.
桜紅葉天蓋なせる捕虜の墓 ぽんこ 2 なつき.有香.
柳川は白秋の郷秋惜しむ 宏虎 1 ひかり.
草の花たまはり弾む花談話 かず 1 満天.
長寿森出て陽光の満つ花野 なつき 1 智恵子.
静寂なる島に一つの池涸るる さつき 1 治男.
夕日落つ満月赤き冬木立 智恵子 1 花茗荷.
日除け傘に憩ひてをれば赤とんぼ あさこ 1 豆狸.

10月20日 (投句17名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
磯千鳥テトラポットを遊び場に かず 5 さつき.せいじ.宏虎.明日香.菜々.
秋澄める遥かに望む神の島 さつき 4 泰山.あさこ.三刀.はく子.
刈り込みの庭の一隅ほととぎす 三刀 4 満天.よし女.明日香.こすもす.
落葉踏む片屋根のこる石祠 なつき 4 せいじ.泰山.かず.三刀.
鎮座なすわらべ地蔵に木の実降る 智恵子 4 あさこ.かず.宏虎.花茗荷.
飼葉桶何時も空なり馬肥ゆる 宏虎 4 治男.よし女.ぽんこ.有香.
梵鐘に暮れ行く空や秋惜しむ 宏虎 3 うつぎ.花茗荷.智恵子.
水うまき筑後自慢の荒走り 豆狸 3 ひかり.菜々.はく子.
改札を出でて華やぐ菊人形 満天 2 治男.ぽんこ.
灯台のそびえる崖に達磨菊 さつき 2 なつき.智恵子.
土つけて鳴門みやげの藷もらふ 菜々 2 さつき.ともえ.
十月ぬくし納めし服をまた出して 満天 1 豆狸.
漁師町小路を行けば木犀香 なつき 1 ともえ.
木犀の香に誘はれ車椅子 うつぎ 1 満天.
口中にのど飴解くるそぞろ寒 よし女 1 有香.
柿もぎに出会ひて笑顔のおすそ分け 智恵子 1 ひかり.
おしゃべりの途絶へし刻を草ひばり はく子 1 こすもす.
産土の鳥居に触れし柿たわわ ぽんこ 1 なつき.
左頬後れ蚊の跡くっきりと 明日香 1 豆狸.
磯菊の開花待つかに舞ふ黄蝶 かず 1 うつぎ.

10月19日 (投句17名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
窓という窓くれないに秋日落つ 明日香 5 花茗荷.よし女.さつき.こすもす.豆狸.
曇天を裂く如森に鵙高音 智恵子 4 泰山.満天.よし女.ぽんこ.
公開の白鳳秘仏に秋惜しむ こすもす 4 はく子.菜々.三刀.明日香.
秋の空骨丸見えの干し鰈 宏虎 4 泰山.せいじ.明日香.なつき.
揺れやまぬ芒の穂波河川敷 泰山 4 ひかり.宏虎.智恵子.さつき.
身に入むやブログに覗く闘病記 うつぎ 3 ひかり.かず.あさこ.
摘みきたる野菊飾りてティータイム 智恵子 3 あさこ.ぽんこ.なつき.
禅寺の其方此方猫の日向ぼこ さつき 3 うつぎ.菜々.治男.
重さうに漁船の戻る紅葉晴 なつき 2 満天.こすもす.
秋高し庭師二代目愛想よし 宏虎 2 はく子.うつぎ.
美容院出て秋晴れの道闊歩 菜々 2 花茗荷.治男.
水彩画の山川澄みて秋の展 満天 2 宏虎.かず.
育てたる椎茸まるまる太りけり よし女 1 三刀.
紅葉絵の暖簾を潜り蕎麦の店 あさこ 1 智恵子.
旅人となり朝市に秋惜しむ こすもす 1 豆狸.
湖の満々として草紅葉 三刀 1 せいじ.

10月18日 (投句16名 選句20名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
木に凭れ憩ふてゐたり捨案山子 うつぎ 8 さつき.満天.泰山.あさこ.三刀.ともえ.花茗荷.かず.
噴煙のいよよ真白き秋澄める さつき 6 せいじ.うつぎ.菜々.かず.なつき.こすもす.
城跡に見放く苅田の広々と はく子 3 満天.宏虎.明日香.
病む友もほほ少し染む菊の酒 豆狸 3 三刀.治男.なつき.
椎茸を肴に一献夜の更ける 三刀 3 智恵子.ぽんこ.よし女.
夕焼けに燃え上がるごと枯木立 智恵子 3 うつぎ.よし女.ともえ.
キリシタン里へ道閉づ山紅葉 なつき 2 さつき.ぽんこ.
新米の旗ひらめくや道の駅 ぽんこ 2 菜々.こすもす.
薄紅葉見慣れし道の華やぎて 明日香 2 智恵子.花茗荷.
稜線の日の出向かひて鳥渡る さつき 2 宏虎.明日香.
どんぐりを踏みて城址へ坂登る 満天 1 あさこ.
古民家の広き縁座し草雲雀 満天 1 泰山.
草の花由来語りつ手折る友 かず 1 ひかり.
露天湯に二三枚浮く紅葉かな こすもす 1 せいじ.
楢枯れの止まざる森や身にぞ入む はく子 1 ひかり.
黄落やライト浮立つ御堂筋 宏虎 1 治男.

10月17日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
沢またぎ倒木またぎ茸採り なつき 6 智恵子.泰山.菜々.花茗荷.さつき.こすもす.
千仞の溪に彩なす照紅葉 宏虎 5 あさこ.三刀.花茗荷.治男.明日香.
田の畔に集められたる稲架の骨 三刀 4 せいじ.うつぎ.よし女.豆狸.
風除けの中に釣宿日本海 なつき 4 泰山.うつぎ.よし女.さつき.
くぬぎの実古墳の回り埋め尽くし 明日香 3 なつき.宏虎.はく子.
秋祭斎庭に湯釜の神事待つ はく子 3 智恵子.満天.ひかり.
饒舌の森の館長秋うらら 満天 2 菜々.ぽんこ.
よく通るガイドの声やコスモス寺 こすもす 2 宏虎.治男.
髪切って紅の色かえ秋の服 豆狸 2 ぽんこ.はく子.
雨少し欲しきと思ひ落葉掃く よし女 2 ひかり.三刀.
秋灯下古墳時代の展示品 満天 2 なつき.よう子.
人形の髪飾りめく実むらさき よし女 1 かず.
コスモスのカラフルに揺る遊歩道 智恵子 1 あさこ.
穭田の彩なす空き地ボール投げ 宏虎 1 満天.
鯛焼きに列なす生徒天高し 治男 1 豆狸.
門口の醜女に似たる花梨の実 ぽんこ 1 かず.
深深と丹波日ぐせの朝霧に 菜々 1 せいじ.
秋祭巫女は神事をてきぱきと はく子 1 こすもす.
濡れ縁をハイハイする児秋うらら こすもす 1 よう子.
しだれ萩古都鎌倉を荘厳す 智恵子 1 明日香.

10月16日 (投句18名 選句19名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
戦国の武者勢揃ひ菊人形 宏虎 5 あさこ.智恵子.菜々.治男.豆狸.
大方は猫の破りし障子貼る 豆狸 4 泰山.菜々.花茗荷.はく子.
渡り蝶羽根はさながら彩ガラス よし女 4 花茗荷.明日香.三刀.こすもす.
陵へ木の実の二三踏みつぶし なつき 3 宏虎.三刀.よし女.
風除けの松に寄り添ふ秋明菊 ぽんこ 2 ともえ.豆狸.
秋雲を透かして蜘蛛の囲の高き 明日香 2 よし女.こすもす.
秋の燈に仔馬の埴輪目のつぶら 菜々 2 ぽんこ.はく子.
老親の背中さすりて日向ぼこ さつき 2 あさこ.なつき.
博多塀沿ひて茶の花日和かな さつき 2 なつき.明日香.
畦川に激ち高鳴る落し水 泰山 2 智恵子.ぽんこ.
夕霧や出船入船すべるかに かず 1 満天.
あちこちの塀より枝垂れ柿たわわ 満天 1 ともえ.
秋冷ゆる出土の石棺身の丈に 菜々 1 かず.
小松菜の日に日に太る日和かな よし女 1 せいじ.
黒汐の沖をはるかに雁渡る 智恵子 1 せいじ.
鳴き声の澄みて広ごる草雲雀 満天 1 かず.
奈良の鹿人に車に溶け込みて 明日香 1 治男.
コスモスの迷路辿れば力石 こすもす 1 宏虎.
奥山の野菊の径を湯治場へ 智恵子 1 満天.
コスモスの迷路や童女ケンケンパー こすもす 1 泰山.

10月15日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
橋いくつ渡りなにわの秋惜しむ 菜々 6 ひかり.明日香.治男..豆狸.満天.
能登瓦光る軒先吊し柿 なつき 4 泰山.さつき.あさこ.ぽんこ.
しもた屋の暖簾かき分け栗の飯 ぽんこ 4 泰山.ひかり.よし女.よう子.
ダム湖いま汀を埋むしだれ萩 智恵子 4 よし女..はく子.こすもす.
累々と折れ重なりし枯蓮 さつき 3 菜々.あさこ.宏虎.
遺言を書かせる講座秋深し 治男 2 かず.はく子.
黄落の近づきがたし大銀杏 智恵子 2 明日香.三刀.
烏瓜採りに行きたし藪深し 明日香 2 さつき.智恵子.
早世の皇子悼む灯や柿たわわ 明日香 2 せいじ.なつき.
秋日濃しひときわ高き寺の屋根 三刀 2 せいじ.よう子.
目で追えば旅したくなり赤トンボ こすもす 2 菜々.宏虎.
紺碧の空のキャンバス鵯渡る よし女 2 三刀.なつき.
三階の窓開け放ち柿を干す こすもす 1 豆狸.
集会の準備整ふ花桔梗 かず 1 ぽんこ.
初鴨や広き湖面に一屯 さつき 1 満天.
獅子舞を犬の見ている秋祭 治男 1 こすもす.
木犀の約されたごと香る庭 満天 1 智恵子.
断崖に落つこちさうや新松子 泰山 1 かず.
霧晴れるや阿蘇の黒牛浮かびけり ともえ 1 治男.

10月14日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
神にます山に一礼きのこ狩り 智恵子 5 ひかり.花茗荷.明日香.よう子.はく子.
秋灯下切り絵に心通はせて 泰山 5 智恵子.菜々.ひかり.花茗荷.かず.
渓流のほとりを染める草紅葉 智恵子 5 せいじ.宏虎.ぽんこ.治男.ともえ.
菊香る神輿の通る城下町 ともえ 4 泰山.三刀.なつき.こすもす.
谷戸の村合せ柿売る特売店 三刀 3 智恵子.あさこ.よし女.
追葬の玄室の中木の実落つ 明日香 3 さつき.ぽんこ.なつき.
繋がれし小舟に散るや薄紅葉 こすもす 3 さつき.満天.あさこ.
鈴なりの銀杏枝が折れるほど よし女 3 三刀.豆狸.こすもす.
身に入むや目鼻の欠けし石仏 宏虎 2 菜々.かず.
つり橋の手すりの低くそぞろ寒 なつき 2 明日香.よう子.
秋のばら教会堂はひっそりと 菜々 2 宏虎.豆狸.
秋冷や柄杓置く音響きけり 豆狸 2 せいじ.満天.
脱穀の箕を立てかけて昼休み なつき 1 よし女.
父の掛く稲架にブランコ幼き日 かず 1 はく子.
砂遊び秋風に舞い砂煙 治男 1 ともえ.
秋澄みて自販機の音響きけり 満天 1 泰山.
身にしむや供花の置かれし母娘墓 明日香 1 治男.

10月13日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
一穢なき蒼天焦がす照紅葉 宏虎 7 智恵子.ぽんこ.よし女.三刀.なつき.かず.花茗荷.
独り身のほ句に親しむ夜長かな 智恵子 4 さつき.花茗荷.ともえ.こすもす.
河鹿なく古き商家の佇まい 智恵子 3 満天.泰山.治男.
栗の毬踏まねば行けぬ山路かな 豆狸 3 ぽんこ.明日香.菜々.
夕霧に沈むかに見ゆ停泊船 かず 3 さつき.明日香.こすもす.
次年もと化粧直しす案山子かな かず 3 あさこ.よう子.ともえ.
今年より弟の名や新米来 うつぎ 3 せいじ.治男.豆狸.
ひょいと抜く稲架棒担ぐ足軽し なつき 3 満天.泰山.豆狸.
滑走路青く暮れたる寒露かな なつき 2 智恵子.かず.
稲刈や子らの体験賑やかに よし女 2 ひかり.あさこ.
弥生人遺跡の原に木の実降る さつき 2 ひかり.せいじ.
赤ん坊も叫んでいたり運動会 治男 2 三刀.よう子.
校庭は家族総出の体育の日 満天 1 宏虎.
紅葉狩幾度来ても飽かぬ径 宏虎 1 菜々.
溶鉱炉憤怨のごと秋没日 よう子 1 なつき.
TPP少し気になる今年米 三刀 1 よし女.
蚯蚓鳴く更地となりし大屋敷 菜々 1 宏虎.

10月12日 (投句18名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
入船の水脈輝くや秋入日 よう子 6 菜々.満天.明日香.花茗荷.こすもす.ぽんこ.
はく製の熊立ちあがる紅葉宿 なつき 5 菜々.せいじ.よし女.明日香.うつぎ.
露草を惜み一叢刈り残し かず 4 智恵子.さつき.ひかり.よう子.
幼子の口に余りし葡萄かな 智恵子 4 せいじ.こすもす.治男.うつぎ.
松手入れ空広々と開けたり ともえ 3 花茗荷.泰山.豆狸.
潮騒や村人総出の秋祭り こすもす 3 あさこ.三刀.治男.
父母老いていよよ早まる冬仕度 豆狸 2 かず.なつき.
ふるさとの兄より届く今年米 菜々 2 あさこ.なつき.
山栗は虫食ひばかり観音堂 なつき 2 よう子.ぽんこ.
尾根越えて灘るるごとく逆さ霧 智恵子 1 さつき.
木道に友と佇み秋惜しむ さつき 1 智恵子.
隣り合ふ一社一寺や紅葉狩 宏虎 1 三刀.
黄落や黄色真直ぐ御堂筋 宏虎 1 満天.
かさと音立てて尾を引き穴惑 うつぎ 1 豆狸.
コンサート終へ木犀の香の何処から 満天 1 宏虎.
さきがけは目抜き通りの枯落葉 ぽんこ 1 宏虎.
爽やかに音軽やかな花鋏 満天 1 泰山.
古書肆市並ぶ背表紙紅葉散る 明日香 1 よし女.
秋うららお宮参りの続きをり 明日香 1 ひかり.
山粧ふ明治の荘をふところに 菜々 1 かず.

10月11日 (投句17名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
柴栗の弾けてトタン屋根の音 よし女 5 せいじ.あさこ.ぽんこ.豆狸.かず.
投句箱置かるる古寺や柿みのる 宏虎 5 智恵子.満天.菜々.よう子.明日香.
角ひとつ曲がりて釣瓶落としかな 満天 4 なつき.ともえ.豆狸.かず.
一日を働き通し秋刀魚焼く うつぎ 4 ともえ.花茗荷.ぽんこ.治男.
裏山の夕べはまこと虫浄土 三刀 4 智恵子.菜々.はく子.宏虎.
りんどうを生けて卆寿の母祝ふ 智恵子 4 さつき.なつき.あさこ.こすもす.
喉飴を買ひ置くことも冬用意 よし女 3 泰山.こすもす.三刀.
切通し抜けて山荘小鳥来る 菜々 3 満天.はく子.明日香.
稲架棒の抜けたる穴へ足はまる なつき 3 さつき.よし女.三刀.
熊汁の野菜ごろりと椀に盛る なつき 2 せいじ.よし女.
鵙猛るメタセコイヤの天辺に さつき 2 花茗荷.よう子.
深秋や奏でて古式オルゴール はく子 2 泰山.うつぎ.
高架線に街を分断秋暑し 菜々 1 治男.
仕事場の窓の秋晴れ一服す さつき 1 うつぎ.
友くれし菊仏前に香りけり こすもす 1 宏虎.

10月10日 (投句15名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
夫の捥ぐ柿を漁網で受けにけり よし女 7 せいじ.あさこ.明日香.はく子.三刀.治男.なつき.
登高へいざなう如く鳶の笛 治男 6 さつき.よし女.ぽんこ.よう子.三刀.うつぎ.
校庭を紅白二分運動会 宏虎 4 ひかり.菜々.治男.こすもす.
秋刀魚焼く音もいっしょに皿に盛り 満天 4 せいじ.智恵子.明日香.よう子.
電柵に触れてはならじ栗拾ふ うつぎ 3 ひかり.さつき.豆狸.
茸狩熊に出会いし武勇伝 なつき 2 こすもす.うつぎ.
電線は満員御礼秋つばめ こすもす 2 よし女.花茗荷.
銀色の輝き魅かれ秋刀魚買ふ 満天 2 泰山.あさこ.
秋高し池面跨ぐ臥龍松 ぽんこ 2 宏虎.なつき.
再会のモネの睡蓮秋灯し はく子 1 満天.
絵ガラスの聖女へ庭の紅葉照る 菜々 1 はく子.
照紅葉枯山水に目立ちけり 宏虎 1 智恵子.
イノコヅチ取り合ひ昔話し合ひ かず 1 菜々.
辻地蔵今日は蜜柑を山と盛り よし女 1 花茗荷.
秋日射し水面にいでし魚の群 治男 1 宏虎.
帰路のこと打ち合わすかに帰燕かな こすもす 1 豆狸.
紅葉も散るも早しや桜の木 ともえ 1 泰山.
短冊のホ句はここよと萩揺るる ひかり 1 ぽんこ.
カフェテラス紅葉の渓へ張り出して 菜々 1 満天.

10月9日 (投句17名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
人住まぬ壁を画布とし蔦紅葉 満天 5 智恵子.治男.花茗荷.ともえ.ぽんこ.
夕日浴ぶしかめっ面の案山子かな さつき 4 泰山.なつき.かず.うつぎ.
水鏡の朱き吊り橋秋澄める さつき 4 泰山.宏虎.こすもす.かず.
接岸のフェリーにしぶく秋の潮 よう子 4 せいじ.花茗荷.ともえ.よし女.
秋うらら自転車籠で眠る犬 よし女 3 あさこ.せいじ.ぽんこ.
木犀の香に誘はれて庭に立つ あさこ 3 ひかり.菜々.明日香.
美術館もみづる木々に囲まれて はく子 3 あさこ.菜々.明日香.
秋晴れや弁当持ちて畑仕事 明日香 3 ひかり.三刀.はく子.
全身に受ける秋風橋渡る こすもす 2 さつき.はく子.
鹿威し四ツ目垣越え草庵へ 宏虎 2 満天.なつき.
富家の塀越す金柑の落つるまま ひかり 1 智恵子.
晴天や盆栽棚へ鵙来る  明日香 1 治男.
点字表示確かめて買ふ缶ビール よし女 1 三刀.
山荘のテラスの奈落紅葉濃し 菜々 1 こすもす.
家族分掛け声かけて布団干す ひかり 1 さつき.
日溜まりに寄り添い咲きし野菊かな 智恵子 1 宏虎.
産直の農夫自慢の梨を買ふ 三刀 1 よし女.
枯蓮面影失せる二つ折れ ぽんこ 1 うつぎ.
山荘の広きテラスや小鳥来る 菜々 1 満天.

10月8日 (投句17名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
蒼穹や切り立つ嶺を鳥渡る 宏虎 6 泰山.ひかり.三刀.よう子.花茗荷.さつき.
富士山の見ゆる軒端し柿吊るす 智恵子 5 あさこ.治男.菜々.ともえ.さつき.
日向ぼこ影絵にじゃれる子猫かな 智恵子 4 あさこ.かず.花茗荷.こすもす.
石庭の箒目乱す野分かな 豆狸 4 ぽんこ.三刀.明日香.ともえ.
むかご炒る少し焦げ目をつけながら はく子 4 ひかり.なつき.かず.菜々.
こほろぎや猫聴き耳をたててをり 有香 3 せいじ.宏虎.はく子.
ウォーキングの影は脚長秋入日 こすもす 3 よし女.治男.よう子.
連日のノーベル受賞天高し 満天 3 智恵子.ぽんこ.宏虎.
教会の庭の日だまり秋薔薇 菜々 2 せいじ.なつき.
里花の持ち活けられて句座さやか かず 2 満天.こすもす.
湿原の木道下に残る虫 さつき 2 よし女.はく子.
山紅葉鐘突き棒のささくれし なつき 2 智恵子.泰山.
小港に船の整列秋の暮 よし女 1 満天.
恋の絵馬の絡みほぐせり暮の秋 なつき 1 明日香.

10月7日 (投句15名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
投句箱中覗くかに小鳥来る 宏虎 7 なつき.ぽんこ.よし女.さつき.かず.はく子.有香.
紫蘇の実をしごけば畑の匂ひ立つ よし女 6 智恵子.せいじ.菜々.ひかり.三刀.豆狸.
大灘の真澄の空を鳥帰る よし女 4 泰山.明日香.三刀.花茗荷.
東雲の空一面のうろこ雲 智恵子 3 宏虎.明日香.花茗荷.
禅寺の枯山水に色鳥来 豆狸 3 満天.さつき.こすもす.
秋夕焼自転車降りて遠回り 満天 2 ともえ.豆狸.
秋ともし壁の絵皿にセーヌ川 菜々 2 なつき.有香.
コスモスは投げ入れが佳し大甕へ 明日香 2 菜々.こすもす.
新蕎麦に舌鼓打つ峠茶屋 こすもす 2 智恵子.あさこ.
街路樹の水木紅葉や萌へいたる あさこ 2 泰山.満天.
受診待つ人みな後の更衣 三刀 2 よし女.かず.
ひつじ田の出揃い広く青々と ともえ 1 治男.
秋ひなた芝に寝転び夢を見る  治男 1 宏虎.
洗濯物頬で確かむ秋湿り 明日香 1 はく子.
椅子の背に凭れて私秋の人 菜々 1 ともえ.
球場の照明灯に鵙猛る さつき 1 せいじ.
小鳥来る仔牛眠りし小屋の屋根 さつき 1 治男.
散る柳ざりがに捕りの子ら居らず なつき 1 ぽんこ.
秋夕焼立ち並ぶビル影絵めく 満天 1 あさこ.
ひたひたと寄せ来る波に秋惜しむ こすもす 1 ひかり.

10月6日 (投句16名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
零点の句会帰りの秋夕焼 なつき 6 せいじ.よし女.治男.ともえ.豆狸.はく子.
秋天へ切っ先立てし奇岩かな かず 5 宏虎.ぽんこ.菜々.さつき.三刀.
明王の手水ですすぐ木の実かな なつき 4 智恵子.ぽんこ.花茗荷.かず.
水枯れし城跡の濠枯蓮 ともえ 3 ひかり.なつき.こすもす.
立ち話する境内に降る銀杏 こすもす 3 あさこ.せいじ.宏虎.
天高し園児揃いの体操帽 豆狸 3 ひかり.花茗荷.さつき.
暮れ残る秋日の屋根を猫歩く よし女 2 泰山.明日香.
蟷螂の産卵午後の日射す幹 三刀 2 よし女.豆狸.
雲の階あかねに染めて秋夕焼 菜々 2 なつき.明日香.
田仕舞の煙たなびく和の世界 宏虎 2 智恵子.満天.
子供好きあそび広場の赤とんぼ 明日香 2 かず.はく子.
朝顔のおちょぼ口なす日暮れ時 智恵子 2 菜々.ともえ.
秋の夜のノーベル受賞の報ながる 満天 1 治男.
秋祭り果て盛り上る慰労会 こすもす 1 あさこ.
暮れなずむ坂登り来る新豆腐 よし女 1 三刀.
公園のチェーンソー音冬支度 ひかり 1 こすもす.
秋灯し夫婦茶碗に湯気の飯 菜々 1 泰山.
磯菊の左右に灘るる切通し 智恵子 1 満天.

10月5日 (投句15名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
図書館の窓辺に釣瓶落としの日 さつき 5 智恵子.宏虎.ひかり.かず.豆狸.
潮騒も瀬音も消へる秋祭り こすもす 5 三刀.はく子.治男.花茗荷.よし女.
山盛りに収穫なりし蓮根舟 かず 4 満天.ひかり.あさこ.さつき.
結界のロープに止まる赤とんぼ 明日香 4 泰山.なつき.さつき.こすもす.
爽やかや靴ことごとく磨きあげ 菜々 3 せいじ.三刀.なつき.
鶏頭の溝の割れより朱を放つ 満天 2 豆狸.花茗荷.
石段をグリコで降りる紅葉寺 なつき 2 泰山.せいじ.
走り根にぽとりぽとりと銀杏の実 ぽんこ 2 治男.よし女.
小鳥くるスマホのメール読みをれば よし女 2 ぽんこ.菜々.
園児より父兄数倍運動会 治男 2 智恵子.ともえ.
秋高し乗って見たいな熱気球 はく子 2 菜々.こすもす.
ひんがしの雲焼き残し秋日落つ はく子 2 満天.明日香.
山路往く野菊なだれしなぞへかな かず 1 宏虎.
赤のまま団員募集呼びかける 有香 1 かず.
秋の山着がえはじめる頃になり 明日香 1 ともえ.
通過する電車にゆるる野菊かな 豆狸 1 ぽんこ.
秋晴れや生駒稜線きはやかに 菜々 1 明日香.
豊の秋ここが絶景展望台 宏虎 1 あさこ.
秋あかね群るる日だまり釈迦の前 なつき 1 はく子.

10月4日 (投句16名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
愛犬と肩並べ見る良夜かな さつき 6 宏虎.菜々.三刀.治男.花茗荷.なつき.
酢橘捥ぐ指刺す棘にひるみつつ 菜々 5 あさこ.ひかり.よし女.豆狸.はく子.
太極拳ゆるりと動き天高し 有香 5 さつき.泰山.あさこ.よし女.かず.
銀山町に住む人見えず鶏頭花 うつぎ 4 せいじ.満天.明日香.有香.
隠れ家のやうなカフェや小鳥来る よし女 3 ひかり.三刀.ぽんこ.
蒲の絮飛べり川辺のあひる小屋 なつき 3 泰山.うつぎ.有香.
秋澄みて石山の石なほ白し かず 3 さつき.せいじ.満天.
金の箔降るごと欅落ち葉かな よし女 3 かず.なつき.はく子.
秋日和何するでなくベンチ占む 明日香 2 うつぎ.豆狸.
秋風にホルンの音色流れ来る 宏虎 2 智恵子.こすもす.
日の香りふんわり柔し干布団 あさこ 2 菜々.ぽんこ.
路地裏の垣根飛び越えカンナ燃ゆ 智恵子 1 治男.
秋澄みて下校のチャイム響きけり 満天 1 明日香.
鉄塔に秋雲なびく山頂に 治男 1 智恵子.
つやつやと日の香まとひの酢橘捥ぐ 菜々 1 宏虎.
晴天やそよとも揺れぬすすきの穂 明日香 1 こすもす.
とりどりの草の実数ふ山路かな かず 1 花茗荷.

10月3日 (投句17名 選句21名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
満天の星へ合唱庭の虫 菜々 5 満天.ともえ.うつぎ.治男.有香.
曲り家の縁に渋柿山と積む 智恵子 4 ひかり.よし女.なつき.こすもす.
白粉花の屑のせ小さき道標 なつき 4 せいじ.花茗荷.かず.有香.
野良猫がぬっと顔出す萩葎 豆狸 3 せいじ.宏虎.ひかり.
庭景色がらっと変わる松手入 あさこ 3 三刀.治男.さつき.
首塚のそびらの山に鵙猛る 宏虎 3 花茗荷.さつき.なつき.
嫁入りの列につきゆく祭の子 なつき 3 ともえ.ぽんこ.明日香.
大師堂四方にあやなす秋桜 よし女 2 智恵子.明日香.
ひと気無き宮の秋の蚊容赦なし 明日香 2 あさこ.うつぎ.
爽やかや手話の会話の笑みもまた 宏虎 2 ぽんこ.かず.
向日葵の畑に子らの隠れんぼ 智恵子 2 あさこ.こすもす.
舞殿は立ち入るべからず鰯雲 よう子 1 智恵子.
黄落や弁天池は透き通り よし女 1 三刀.
信号機赤で止まるや蕎麦の花 三刀 1 満天.
牛膝ウォーキングの手高く振り うつぎ 1 菜々.
白萩を散らして水面澄めりけり かず 1 菜々.
朱の橋のたもとに群れる乱れ萩 ぽんこ 1 泰山.
十五夜の芒を肩に戻りけり さつき 1 泰山.
秋の日を背に老農と立ち話 三刀 1 よし女.
体育館に爽やかな風四肢伸ばす 満天 1 宏虎.

10月2日 (投句18名 選句22名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
神木の高きをさして蔦紅葉 豆狸 6 智恵子.菜々.明日香.はく子.かず.よう子.
竹箒白砂に禰宜の裾さやか よう子 5 泰山.せいじ.満天.かず.こすもす.
先陣の鴨つややかに羽繕ひ なつき 4 さつき.豆狸.はく子.うつぎ.
苔庭の風さはやかに式部邸 菜々 3 あさこ.満天.ぽんこ.
秋日濃しはっきり見ゆる畳みの目 三刀 3 泰山.明日香.よう子.
参道の両側燃ゆる曼珠沙華 よし女 3 あさこ.三刀.なつき.
山門に転がる柿の色づきて ぽんこ 2 治男.なつき.
コンバイン跡のあやなす刈田かな 宏虎 2 よし女.治男.
臥待月空見る平和尊かり 宏虎 2 せいじ.花茗荷.
野分して空鉢庭に大暴れ 有香 2 智恵子.ひかり.
新装の店の籬に紅芙蓉 かず 2 宏虎.菜々.
どの間歩に入らうべしや穴惑 うつぎ 2 ひかり.よし女.
身に入むや緑青噴きし磨崖仏 うつぎ 2 宏虎.花茗荷.
皆勤の笑顔見ぬ句座秋思かな ひかり 1 こすもす.
無縁墓に各名彫られし秋日射し 治男 1 ぽんこ.
又夏の暑さに戻り葉鶏頭 菜々 1 豆狸.
小まめなるをみなの栗の渋皮煮 満天 1 うつぎ.
三叉路の一角紫苑風に立つ 有香 1 三刀.
里山の竹垣に見し鵙の贄 智恵子 1 さつき.

10月1日 (投句18名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
爽涼やふふみて甘し神の水 菜々 8 満天.ひかり.あさこ.明日香.うつぎ.なつき.花茗荷.ぽんこ.
石庭の日当たるところ薄紅葉 さつき 4 満天.せいじ.智恵子.よう子.
ぼんやりと雲ににじみて寝待月 はく子 3 智恵子.こすもす.有香.
行儀よく並び峡田の藁ぼっち うつぎ 3 よし女.菜々.よう子.
秋桜波音近き地蔵堂 三刀 3 よし女.菜々.治男.
波音をBGMに今日の月 よし女 3 はく子.なつき.豆狸.
街道に背丈越す萩風集む なつき 3 宏虎.さつき.こすもす.
出会いより別れの多き曼珠沙華 宏虎 2 ひかり.有香.
満潮の渚を叩く九月尽 三刀 2 うつぎ.かず.
名月を追ひてひと夜をたもとほり かず 2 花茗荷.さつき.
どんぐりの踏まねば行けぬ坂の道 ともえ 2 泰山.せいじ.
秋澄むや有明の月透き通る 満天 2 明日香.豆狸.
花嫁の配りし彼岸団子かな なつき 1 三刀.
小春日やいずれの祖父にかややの顏 有香 1 宏虎.
本籍は北国に置き雁の竿 宏虎 1 はく子.
大橋を渡る賀茂川夕芒 ひかり 1 ぽんこ.
秋思ふ源氏の庭の風にさへ 菜々 1 かず.
大芙蓉友の玄関見えぬほど 明日香 1 治男.
鶏頭は石の隙間や供華となす ぽんこ 1 泰山.
外国の孫と話して九月果つ よし女 1 三刀.
落栗の大き一粒ポケットに さつき 1 あさこ.

9月30日 (投句19名 選句23名)

作品 作者 点数  この句を選んだ人
霊石にこぼるる萩の白さかな なつき 6 宏虎.菜々.かず.ひかり.さつき.有香.
十六夜の月は隣家の松の肩 三刀 4 ともえ.ぽんこ.豆狸.さつき.
推敲の縁に桔梗の風通ふ ひかり 4 宏虎.花茗荷.ぽんこ.有香.
孫の名を叫び応援運動会 満天 3 あさこ.治男.はく子.
色なき風配置は唐風枯山水 ぽんこ 3 智恵子.ひかり.こすもす.
水澄める淵に切り立つ屏風岩 うつぎ 3 せいじ.明日香.三刀.
身に入むや慰霊碑に侍す力石 明日香 3 満天.かず.うつぎ.
山頂の空を旋回秋つばめ さつき 3 せいじ.よし女.うつぎ.
秋草をつまみし母の丸き背な 智恵子 3 泰山.治男.なつき.
力石三つ並んでひなたぼこ 菜々 2 豆狸.なつき.
十六夜や信濃の峩々をくっきりと 宏虎 2 よし女.花茗荷.
名月や早寝の父の大いびき なつき 2 泰山.こすもす.
引っ張りし蔓の長さや烏瓜 さつき 2 あさこ.はく子.
雲から出る十六夜大き子の歓声 治男 1 ともえ.
白砂の源氏の庭に秋日燦 菜々 1 満天.
秋天下転んで割れし生たまご よし女 1 三刀.
二上山の裾に高鳴る落し水 ひかり 1 菜々.
薄野に際立つ一両電車かな こすもす 1 明日香.
満月に雲ひとひらのかかりしも かず 1 智恵子.

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]