みのる選

2021年1月1日(参加者 24名)

俳句作者
刃物売り話巧みに大根切る小袖
煮えたかとつつく大根穴だらけたか子
コロナ禍で悴む心句に晴らす明日香
大根の肩がはみ出すレジ袋豊実
悴む手振る空港の別れかな小袖
悴みて心に憂ひ募りけりわかば
悴む手もて閼伽桶を洗ひけり明日香
悴みて釣り銭落とす朝市場よし子
尼寺の大根匂へる厨口みづき
悴みて珈琲カップ双手持ち満天
葉は菜飯皮はきんぴら庭大根うつぎ
濯ぎ物悴む指をなだめつつたか子
自転車に振り分け大根父帰るよう子
闘病の夫煮大根旨してふやよい
悴む手生命線に息を吹くかかし
沙弥総出襷掛けして大根干すせいじ
煮大根煮れば煮るほど飴色に明日香
悴みて明日の二合の米を研ぐよう子
悴む手ホットレモンにほぐれけり満天
悴みてテニスラケット手につかずぽんこ
悴む手ぐうちよきぱあと指体操かかし
スーパーの切売り大根逆立ちすよう子
抜くまでは長さわからぬ大根かな明日香
悴む手息吹きかけて励ましぬこすもす
紙漉女水操りて悴まず宏虎
大原の家並み軒々大根干すみづき
余りたる煮大根カレーに変身すなつき
大根のリヤカー引いて農学生素秀
悴みて弁解しどろもどろかなうつぎ
悴みて山頂に待つ御来迎はく子
悴みてポッケの句帳出たがらずぽんこ
悴む手小さき両手がつつみ呉るもとこ
悴みて解けぬ結び目鋏入る満天
立ち往生めく大木や大根干すせいじ

年度別一覧

2021 | 2020 | 2019 | 2018

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site