2019年7月の日記

2019年7月17日

布引吟行


来週(7月23日)の布引吟行は、今のところ参加者は10名です。蒸し暑いこの時期の吟行は、俳諧夏行とも言えますが、布引渓流の道は比較的涼しいですから気軽に避暑気分で楽しみましょう。

深い緑を湛えた布引ダムと水量たっぷりの梅雨の滝はとても迫力があって豪快です。「滝を詠む」ことだけに執着せずに幅広く心を遊ばせて一期一会を探しましょう。吟行で大切なのは、まず季語を見つけることです。そして季語を見つけたら具体的に想が湧いてくるまでそこで立ち止まりましょう。当日使えそうな季語を羅列してみます。

登山(登山道)、避暑(避暑散歩)、滝(滝茶屋、梅雨の滝、滝の道)、万緑(緑陰、下闇、木下闇)、梅雨(梅天、梅雨雲、梅雨曇)、夏草(夏花、花畑) 等々、たくさん見つかります。人数も少ないので吟行中に気づいたらまたアドバイスします。

そして困ったときの一番の季語は「涼し」です。

沢涼し、渓涼し、川涼し、径涼し、磴涼し、橋涼し、池涼し、滝涼し、茶屋涼し、森涼し、山涼し、門涼し、卓涼し、窓涼し、樹下涼し、木々涼し、岩涼し、羊歯涼し、草涼し、等々

いかがですか、探せば無限にあるでしょう。ただ、これらを言葉として頭で覚えていても役には立たないのです。あなたは吟行中に自分の知識の中から季語を探す…というスタイルになっていませんか? 大切なのは眼前の対象から涼しさ(季感)を見出す俳句眼なのです。そしてそれを養うのが吟行の真の目的なのです。

吟行中は知識や理屈をはなれて自由に心を遊ばせること、幼い頃の遠足や道草で経験した好奇心を思い出しながら愉しむのです。句ができてもできなくてもいいのです。仲間と楽しく吟行できる幸せを感じられれば十分もとは取れると思います(^o^)

2019年7月9日

高砂向島公園


7月度の落穂句会で吟行した、向島公園をご紹介します。5月に高砂神社を吟行しましたが、そのときに時間切れで行けなくなったので、今回改めて赴きました。

高砂向島公園・高砂神社

海浜公園として整備された入江の西側は昔ながらの堤になっていて白砂青松100選に選ばれているそうで老松の林が美しいシルエットを落としていました。その先端の岬に文久3年(1863)、姫路藩が設置したという砲台の跡があり記念碑が建てられていました。

高砂港の築港には、地元の名士苦楽松右衛門も関わったと記されていて、堤防の石積みなどに古き時代のよき名残を見ることができました。

過去の日記一覧

 日記一覧  日記ダイジェスト

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site