GH毎日句会 > 成績一覧・2013年1月
GOSPEL HAIKU
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

毎日句会成績一覧

[2013年7月]

2013年7月30日 (投句者16名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
かなかなや峠の道は暮れ初めし よし子 6 美咲.ぽんこ.さつき.きづな.雅流.なつき.
農園の一隅明るき大向日葵 はく子 5 宏虎.ひかり.花茗荷.ともえ.こすもす.
玻璃窓に触れて旋回蝉つぶて せいじ 4 ぽんこ.満天.さつき.有香.
朝礼の声をかき消す蝉時雨 さつき 4 菜々.百合.きづな.雅流.
蝉時雨全身に浴び峡過ぐる 有香 4 あさこ.はく子.治男.なつき.
きびきびと犬の訓練青芝に はく子 3 あさこ.満天.菜々.
水撒きのホースどくどく脈打てり なつき 3 せいじ.ともえ.こすもす.
渡御列の催太鼓先づ発てり 雅流 3 花茗荷.はく子.有香.
鉄条網出で入り自由に鬼やんま きづな 2 美咲.よし子.
独り居の苦瓜黄ばみぶら下がる あさこ 2 ひかり.百合.
裏山の夕ひぐらしや一波余波 雅流 1 つくし.
葉隠れの苦瓜の面表にす なつき 1 宏虎.
青すすき草もろともに刈り取られ ともえ 1 せいじ.
夏燕かすめ上れり逆さ川 よし子 1 つくし.
世の中は出会いと別れ青林檎 宏虎 1 治男.
茄子胡瓜供へられしや地蔵尊 満天 1 よし子.

2013年7月29日 (投句者14名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
腰の鈴鳴らして歩く祭り衆 なつき 6 満天.あさこ.ひかり.花茗荷.百合.こすもす.
めざす宿なほ谷沿ひをねむの花 きづな 4 満天.よし子.さつき.有香.
夏柳触れんばかりの人力車 満天 4 せいじ.ともえ.花茗荷.なつき.
醜草も名のある草も喜雨の中 百合 4 宏虎.よし子.治男.雅流.
戸を打ちて独り居おどす黄金虫 あさこ 3 ひかり.さつき.有香.
国道の歩行者天国夏祭り こすもす 2 宏虎.きづな.
月光に揺るる水輪やあめんぼう さつき 2 あさこ.せいじ.
どんどこ舟大阪締めに行き交ふる 雅流 2 きづな.はく子.
雲海や赤き表紙のパスポート 宏虎 2 ぽんこ.治男.
空梅雨の畑に運ぶ水タンク 有香 1 こすもす.
長き棹時に振り上げ鮎釣り人 ともえ 1 なつき.
茄子好む煮て焼き揚げて漬けにけり 宏虎 1 ともえ.
鴨川のS字大きく夏柳 満天 1 ぽんこ.
土用蜆薬と食べて老い二人 はく子 1 百合.
新聞で友の逝きしと朝の蝉 治男 1 はく子.
大窓のカーテンゆらし土用あい はく子 1 雅流.

2013年7月28日 (投句者14名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
水に生れ水に眠りし睡連花 宏虎 5 さつき.なつき.ぽんこ.ともえ.有香.
十丁目筋の賑わひギャル神輿 雅流 3 はく子.花茗荷.きづな.
おしゃべりと手作り菓子の暑気払い はく子 3 百合.治男.ひかり.
キャンセルの北欧への旅夏の夢 はく子 3 満天.宏虎.ともえ.
錦鯉彩の跳ねあふ撒き餌かな ぽんこ 3 あさこ.百合.こすもす.
老僧の嗄れし読経の声涼し 百合 3 治男.花茗荷.雅流.
早鉦の昼をどんどこ舟速し 雅流 3 ぽんこ.はく子.きづな.
瀬しぶきに濡れて煌めく羊歯涼し さつき 2 満天.雅流.
出窓には花瓶に造花西日射す 治男 1 有香.
乾きたる土の匂ひや雷雨来て こすもす 1 あさこ.
まだ青き風船かづら風を待つ 満天 1 なつき.
蓮池の上に立つ館句会場 きづな 1 こすもす.
虫干しの軸の箱書き読みゐたり なつき 1 ひかり.
莢隠元花紫に空ま青 きづな 1 さつき.
水に浮く紫清しホテイ草 あさこ 1 宏虎.

2013年7月27日 (投句者18名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
母の声大きくなりぬ夏休 宏虎 6 ぽんこ.菜々.治男.さつき.きづな.はく子.
大川に色を重ねて花火果つ 雅流 4 さつき.なつき.はく子.こすもす.
夏木立抜けて展けし海真青 こすもす 3 満天.宏虎.菜々.
門前に揉みて神輿の宮入りす 雅流 3 花茗荷.きづな.こすもす.
日参は時に裏より白木槿 きづな 3 ひかり.満天.雅流.
絶やすまじ遺愛の鷺草咲き初むる きづな 2 あさこ.雅流.
宇治川をそびらに人麻呂歌碑涼し 菜々 2 宏虎.百合.
採れたてのするりと皮の焼茄子 満天 1 百合.
靴ずれの無言の妻と蓮見たり なつき 1 ぽんこ.
鵜飼待つ魚かげ走る宇治支流 はく子 1 花茗荷.
一休像ねずみを肩に青葉陰 ぽんこ 1 なつき.
わが庭に鳴く蝉なれば応援す せいじ 1 治男.
夕づつを見上げ川辺を避暑散歩 さつき 1 あさこ.
虎の絵の団扇片手に赤のれん かかし 1 よし子.
京野菜山ほど供へ土用入 なつき 1 ひかり.
母猫が子猫を運ぶ裏通り ひかり 1 よし子.

2013年7月26日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
鵜飼待つ茶屋提灯に灯の入りて 菜々 6 満天.あさこ.百合.花茗荷.雅流.きづな.
茶屋提灯揺るる川面を鵜飼舟 菜々 5 あさこ.はく子.こすもす.よし子.有香.
鮎到来やれ金串よ炭火よと きづな 5 ひかり.菜々.雅流.よし子.有香.
大西日避ける術なし駅ホーム はく子 3 菜々.ぽんこ.きづな.
帯揺らし舞子路地消ゆ夏の月 なつき 2 宏虎.さつき.
女鵜匠腰蓑烏帽子に身を固め はく子 2 宏虎.かかし.
沢蟹の出ては引っ込む岩の陰 あさこ 2 ともえ.せいじ.
夕刊の濡れて届きし戻り梅雨 よし子 2 花茗荷.なつき.
ムンク絵の叫びの如きこの酷暑 かかし 2 満天.ぽんこ.
玉神輿大阪締めに門を出づ 雅流 1 はく子.
初生りのキャペツの重し叩きみる あさこ 1 なつき.
見つめ合ふ血走りし目や祭果つ なつき 1 さつき.
滲みては熱帯夜の月傘広ぐ 有香 1 こすもす.
猛暑日のやうやく暮れて厨事 満天 1 ひかり.
昼顔を咲かせ真昼の駐車場 きづな 1 百合.
水打ってきらめく庭園夕日指す よし子 1 せいじ.
夏休み三日坊主の予定表 宏虎 1 ともえ.
空蝉や本籍残し飛び立ちぬ 宏虎 1 かかし.

2013年7月25日 (投句者11名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
兄一人住みて生家の柿青む はく子 7 満天.花茗荷.よし子.雅流.せいじ.きづな.有香.
夏帽子進まず回るたらい舟 宏虎 5 小袖.ひかり.花茗荷.百合.せいじ.
躍動ある筆の運びの夏の展 満天 4 宏虎.ぽんこ.あさこ.よし子.
石仏と石仏の間の桔梗かな こすもす 3 治男.なつき.きづな.
ふる里は山のあなたや大夕焼け 菜々 2 ぽんこ.ひかり.
逸る鵜をなだめ捌きて女鵜匠 はく子 2 治男.雅流.
柿や父母と暮らせし日も遠く 菜々 2 かかし.はく子.
青楓急流下りの白き波 有香 2 宏虎.小袖.
砂浜に寝転ぶ父子夏夕べ こすもす 2 菜々.はく子.
船渡御の笑顔はじけて橋潜る 宏虎 2 満天.菜々.
暑き墓に饅頭二つ供えあり 治男 2 百合.なつき.
ピストル鳴りスタ−ト習う半ズボン 治男 1 あさこ.
男貌みせて六甲梅雨の明け よし子 1 有香.
打水や立読みに時過ごしすぎ きづな 1 こすもす.
汗ひくや大作ばかりの絵画展 満天 1 こすもす.
空蝉の生ある如し悲しかり ともえ 1 かかし.

2013年7月24日 (投句者13名 選句者15名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
一声を合図に八方蝉しぐれ ぽんこ 4 美咲.宏虎.ともえ.さつき.
ほうほうと女鵜匠の鵜を囃す はく子 4 満天.あさこ.菜々.きづな.
鵜飼果てて戻る宇治橋月まどか 菜々 3 満天.きづな.はく子.
道標をがんじがらめに蔦茂る さつき 3 よし子.菜々.有香.
水指しのベネチアングラス夏点前 満天 2 ともえ.はく子.
ふるさとの匂ひなつかし渋団扇 よし子 2 ひかり.美咲.
滝茶屋の窓に石瀬の音涼し 雅流 2 ひかり.あさこ.
四阿に明けより待ちて蓮の花 なつき 2 さつき.こすもす.
老いけらし己が鼾に昼寝覚め きづな 2 よし子.治男.
咲き初めし白百日紅寺を訪ふ きづな 1 宏虎.
献血車テントの椅子の大暑かな つくし 1 ぽんこ.
ワキ役に徹するパセリ色香よし 宏虎 1 こすもす.
田の闇にものの気配や夜の秋 雅流 1 治男.
もてなしの茶菓に長居や酷暑なり つくし 1 ぽんこ.
水を打つ石段上り絵筆塚 なつき 1 有香.

2013年7月23日 (投句者15名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
想ひ出を知る片減りの登山靴 宏虎 4 あさこ.花茗荷.ぽんこ.よし子.
子の浴衣今年も丈をのばしけり よし子 4 菜々.なつき.さつき.ぽんこ.
教会の壁に空蝉二つ三つ ひかり 4 せいじ.なつき.つくし.きづな.
一本の鬼百合薮をぬきんでし せいじ 3 花茗荷.治男.きづな.
宇治橋の擬宝珠を洗ふ夏の雨 菜々 3 せいじ.さつき.雅流.
水上の茶屋岸に寄せ鵜飼果つ なつき 2 満天.つくし.
風涼し提灯揺るる河畔茶屋 菜々 2 満天.雅流.
雨上がりつばめ二番子田を翔くる 雅流 2 菜々.はく子.
隣人と久々話す端居かな こすもす 1 よし子.
水盤のモダンアートや生花展 宏虎 1 はく子.
我も又願いの糸に託すなり ぽんこ 1 ひかり.
朝顔のすだれをなしてみだれ咲く あさこ 1 宏虎.
谷戸に買ふ夫のリュックに茄子胡瓜 なつき 1 あさこ.
瀬の楽とハーモニーなす蝉時雨 さつき 1 宏虎.
道問へば答えも凌霄垣根越し よし子 1 ひかり.
材料はすべて畑物胡瓜揉み 有香 1 治男.
池涼し若き母と子鯉に餌 ひかり 1 こすもす.
夕立の過ぎし夜の庭月清し きづな 1 こすもす.

2013年7月22日 (投句者18名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
向日葵のうなだれてゐる運動場 あさこ 6 満天.なつき.菜々.よし子.治男.きづな.
登りきる胸突き八丁汗しとど きづな 4 宏虎.さつき.こすもす.はく子.
天心に一穢なき月涼しかり はく子 4 せいじ.こすもす.雅流.有香.
猛暑への一歩の気合入れなほす はく子 3 なつき.菜々.うつぎ.
グランドの子供サッカー百日紅 ぽんこ 3 ひかり.満天.はく子.
草刈りし森の入り口獣塚 なつき 2 つくし.有香.
夏休みスーツケースを引く親子 つくし 2 ひかり.あさこ.
蝉の声鳴かねば寂し鳴けば憂し 宏虎 2 うつぎ.雅流.
選挙へと素足で突っ掛け二人づれ 満天 2 美咲.宏虎.
朝顔の支へを高く組み上げる 有香 2 せいじ.治男.
夜の秋眠りし峡の月まどか 雅流 2 ぽんこ.きづな.
風なびく豊葦原の青田かな 宏虎 2 美咲.ぽんこ.
お向ひもお隣も留守夏の月 菜々 1 よし子.
辻曲がる夫の靴音月涼し 菜々 1 さつき.
菖蒲絵の六曲屏風清清し 満天 1 つくし.
地を這ひしのうぜんかづら隅照らす せいじ 1 あさこ.

2013年7月21日 (投句者16名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
梅干して二人の暮し恙なく 菜々 7 さつき.美咲.ぽんこ.宏虎.はく子.雅流.有香.
奈落より瀬音のひびく夏料理 さつき 6 ひかり.美咲.あさこ.こすもす.うつぎ.雅流.
髭あとの青き若僧毛虫焼く 宏虎 6 ぽんこ.あさこ.つくし.ともえ.なつき.有香.
星空の高きに航路夜の秋 雅流 4 さつき.せいじ.つくし.うつぎ.
月天心風に乗り来る踊り唄 はく子 3 満天.宏虎.菜々.
天瓜粉喃語に喃語応ふ母 宏虎 3 ひかり.治男.きづな.
丸ビルの蔦這う窓や楽聞こゆ つくし 2 満天.治男.
風誘ふ苑の正面造り滝 つくし 2 こすもす.なつき.
盆踊り市長のあいさつ長々と 満天 2 菜々.はく子.
公園に青き香散らす芝刈り機 こすもす 1 ともえ.
夏休み夜更けてバイク音はげし 満天 1 きづな.
染まりたるあけぼの色の梅を干す はく子 1 せいじ.

2013年7月20日 (投句者14名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
雲払ひ土用太郎の月赤し 菜々 4 はく子.治男.雅流.きづな.
湯上りを月にひととき夜の秋 雅流 4 ひかり.せいじ.こすもす.うつぎ.
油照り乾ききったる象の鼻 宏虎 4 はく子.菜々.雅流.こすもす.
明け易や峡の底ひの電車音 ひかり 3 ぽんこ.かかし.つくし.
梅筵夫にゆだねて稽古事 きづな 2 満天.さつき.
大岩を打つ滝光撒き散らし うつぎ 2 さつき.なつき.
雨蛙雨も降らせず夜毎鳴く 有香 2 治男.かかし.
草いきれ通り過ぐ貨車えんえんと きづな 2 宏虎.菜々.
晩酌の微醺を惜しむ夜の秋 雅流 2 ひかり.きづな.
候補者の白き歯を見せ日焼け顔 満天 2 宏虎.なつき.
鵜飼船鵜匠のりこみ動きだす ともえ 1 せいじ.
夏祭の夜店に歓喜子等集う 治男 1 つくし.
目隠しの若竹揺るるカフェの席 ひかり 1 ぽんこ.
梅干してこれより三日家に籠る 菜々 1 うつぎ.
天眼の光る仏に汗引いて なつき 1 満天.

2013年7月19日 (投句者13名 選句者21名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
夏つばめ宇治の早瀬を袈裟掛けに 菜々 6 せいじ.つくし.ぽんこ.うつぎ.雅流.有香.
藤椅子やいよいよ夫はものぐさに きづな 6 ひかり.はく子.菜々.さつき.かかし.ぽんこ.
手を取りて日傘一本母にさす なつき 5 あさこ.さつき.花茗荷.ともえ.こすもす.
バンダナをきりりと巻いて暑に耐ふる きづな 5 ひかり.はく子.せいじ.なつき.小袖.
目交ひの山をかき消し夕立かな ひかり 3 きづな.小袖.雅流.
女文字なる石文や樹下涼し せいじ 3 花茗荷.なつき.有香.
大川の揺るるネオンや風涼し 満天 2 きづな.うつぎ.
喜雨ありて水車の回転リズミカル 宏虎 2 あさこ.こすもす.
居眠りの手休み休み団扇ふる なつき 2 満天.宏虎.
茄子漬や歯切れの言葉宿女将 宏虎 2 菜々.かかし.
夏の鴨鳴けば応へて牛蛙 はく子 1 つくし.
木漏れ日の里山涼し瀬音して こすもす 1 ともえ.
凌霄の庭隅を占む花明かり 雅流 1 治男.
吾子の耳聡し初蝉声密か 有香 1 治男.
夏の月庭下駄履いてポストまで 菜々 1 満天.
凌霄や門扉閉ざせり谷戸の家 雅流 1 宏虎.

2013年7月18日 (投句者12名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
背凭れを倒し緑蔭欲しいまま うつぎ 7 あさこ.ともえ.さつき.こすもす.宏虎.きづな.雅流.
夙川の堰の水音や新松子 ひかり 3 菜々.せいじ.はく子.
藍深む六甲連山夏深し きづな 3 満天.雅流.はく子.
滝壺の渦抜けし水安らげり 宏虎 3 ともえ.治男.うつぎ.
堰かさね海へ真直ぐ夏の川 菜々 3 満天.治男.きづな.
短夜や眠りの浅き子の傍に 有香 2 ひかり.ぽんこ.
たもとほる夙川づつみ松涼し 菜々 2 ひかり.せいじ.
合掌のごと白とぢる蓮の花 満天 2 あさこ.さつき.
抜きんづる蓮華に葉畳池うづむ はく子 2 ぽんこ.つくし.
頂きしチョコを土用の養ひに きづな 2 つくし.なつき.
蒲の池はざまに鯉も亀もゐて はく子 1 宏虎.
白玉や黒雲伸びる午後三時 つくし 1 なつき.
川底の見ゆる遊歩道の風涼し 満天 1 こすもす.
懐かしの小道具展や竹涼し つくし 1 うつぎ.
句会後のコ−ヒ−苦しはたた神 治男 1 有香.
白百合のをちみこちみす山の駅 せいじ 1 菜々.
蝉しぐれ麓の駅の遠ざかる せいじ 1 有香.

2013年7月17日 (投句者13名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
夙川の風に玉解く大芭蕉 菜々 6 せいじ.ぽんこ.さつき.つくし.小袖.有香.
句座涼しハワイみやげのチョコ机上 菜々 5 せいじ.宏虎.はく子.花茗荷.治男.
白き帆の金波をすべるヨットかな 宏虎 4 あさこ.菜々.治男.うつぎ.
草茂る轟音立てて貨車の過ぐ きづな 3 満天.はく子.さつき.
夙川の流れゆるやか通し鴨 満天 3 宏虎.ぽんこ.きづな.
献灯の満艦飾や宵祭 せいじ 2 あさこ.こすもす.
夏の瀬戸遠くの島より闇に消え ともえ 2 ひかり.つくし.
紙魚と染み年季隠せぬ稽古本 宏虎 2 ひかり.うつぎ.
野萱草墓所へ分け入る草のみち 雅流 1 菜々.
三尺寝携帯電話鳴ってをり うつぎ 1 小袖.
京都行き電車のホーム浴衣の娘 こすもす 1 きづな.
蓮の咲く池の上白亜の公民館 はく子 1 満天.
暮れそむる薄日を溜めて合歓咲けり 雅流 1 有香.
トラックの積荷の影に三尺寝 うつぎ 1 花茗荷.
子のように犬抱きし人木下闇 治男 1 こすもす.

2013年7月16日 (投句者12名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
住み慣れし鉢で新居にゆく金魚 なつき 6 美咲.治男.さつき.菜々.雅流.はく子.
潮入川岸に小蟹の群れなして 治男 4 なつき.うつぎ.つくし.きづな.
羅やバイクの僧の裾乱れ 宏虎 4 満天.あさこ.花茗荷.治男.
金剛杖突きし若者日焼け顔 こすもす 4 宏虎.あさこ.せいじ.つくし.
竹生島借景にせし夏座敷 宏虎 3 花茗荷.ともえ.はく子.
青柿やひとり暮らしの増ゆる村 雅流 3 ひかり.美咲.菜々.
海の日や海遠き町に住み古りぬ はく子 3 ひかり.なつき.さつき.
バス停に潮の香濃ゆし梅雨明くる なつき 2 せいじ.うつぎ.
夕立後光る三日月暗き空 ともえ 2 宏虎.こすもす.
理髪師の四方山話蝉時雨 せいじ 1 満天.
枝先に光る眼の空蝉を 満天 1 ともえ.
町溽暑ねんねこ厚き子守像 菜々 1 こすもす.
風蘭の一鉢吊るす格子窓 あさこ 1 雅流.
昼顔の堤に弁当女子社員 菜々 1 きづな.

2013年7月15日 (投句者13名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
一輌は風鈴の鳴るローカル線 うつぎ 8 さつき.満天.あさこ.せいじ.菜々.はく子.雅流.こすもす.
蝉も来て野球の試合始まれり せいじ 4 満天.菜々.ぽんこ.こすもす.
喜雨来たり畑の鼓動の動き初む 宏虎 4 美咲.ともえ.なつき.有香.
ふるさとの不揃ひの桃届きけり せいじ 3 なつき.雅流.よし子.
きのふけふ谷戸に降りぐせ戻り梅雨 雅流 3 宏虎.ひかり.有香.
尼寺の畑一枚秋なすび よし子 3 美咲.せいじ.ぽんこ.
草笛の太き音出す大男 なつき 2 治男.よし子.
これよりは入れぬ山路草茂る こすもす 2 ひかり.うつぎ.
ダムに添ふ迂回路合歓の花盛り 有香 2 あさこ.うつぎ.
科学館へ弾む父子の夏休み 菜々 2 宏虎.はく子.
日曜の自転車一杯プ−ル前 治男 1 ともえ.
一本で森なす若葉大欅 ともえ 1 さつき.
夕立雲一気に押し寄せ街失せる はく子 1 治男.

2013年7月14日 (投句者13名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
大雨の過ぎて夜景の涼しかり はく子 6 小袖.うつぎ.あさこ.治男.ぽんこ.こすもす.
油照りひねもす回る理容灯 宏虎 4 はく子.小袖.菜々.雅流.
炎帝へ拳突き上げ勇者の像 菜々 4 うつぎ.宏虎.せいじ.なつき.
雨足の高くあがりし男梅雨 よし子 3 さつき.ぽんこ.有香.
滝飛沫ときにベンチのカップルへ 雅流 3 満天.菜々.こすもす.
服に染みつけて山桃もぎにけり うつぎ 3 せいじ.よし子.雅流.
大夕立過ぎて我が町洗らはるる 満天 2 花茗荷.よし子.
決め事を先延ばしして暑に耐ふる なつき 2 花茗荷.ともえ.
夏空へ神話の像は羽根つけて 菜々 2 宏虎.なつき.
おはぐろの風に遊びて竿の先 ぽんこ 1 さつき.
千枚の青田見晴し心満つ 宏虎 1 ともえ.
大夕立過ぎて今宵の星光る 満天 1 はく子.
山桃の一触れにして数多落つ うつぎ 1 有香.
夕焼けて我が影前に長く伸び ともえ 1 治男.
宅急便開けば匂う夏の桃 治男 1 あさこ.
木洩れ日の神の庭なる蝉生る 雅流 1 満天.

2013年7月13日 (投句者13名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
草いきれ誰とも合はぬ郷の道 うつぎ 4 宏虎.ひかり.菜々.こすもす.
芸能の宮にことさら蝉の声 菜々 4 満天.よし子.雅流.はく子.
瀬音してますます涼し奥の院 こすもす 4 宏虎.あさこ.さつき.花茗荷.
田水沸く白鷺の頭の見え隠れ 雅流 3 あさこ.せいじ.こすもす.
滝涼し飛沫を散らす風あれば 雅流 3 さつき.ともえ.ぽんこ.
結界の上に光りし蜘蛛の糸 なつき 3 花茗荷.ぽんこ.うつぎ.
初蝉や西鶴ゆかりの坊の址 菜々 2 治男.はく子.
をみならはゴキブリ出たと館長呼ぶ 満天 2 よし子.治男.
蜘蛛の囲をくぐり賽する末社へと きづな 2 満天.うつぎ.
天満橋渡る川風夕涼し はく子 2 菜々.せいじ.
滝口の小石にすべて苔生ゆる きづな 2 ともえ.なつき.
ハルカスと五重の塔の競う夏 ぽんこ 1 ひかり.
高札の掟は厳し木下闇 かかし 1 雅流.
眠れぬ夜風鈴さえもうとましく 宏虎 1 なつき.

2013年7月12日 (投句者15名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
皺多き鵜匠の顔や火の粉舞ふ なつき 6 ひかり.あさこ.治男.花茗荷.さつき.雅流.
水音のして水見えず宮涼し きづな 4 満天.宏虎.花茗荷.雅流.
田水沸く早稲あをあをと育ちけり 雅流 3 治男.よし子.うつぎ.
笑み涼しホ句吟ずかに西鶴像 菜々 2 はく子.かかし.
隣り家は今日も留守なり枇杷熟るる よし子 2 あさこ.なつき.
涼風に笑みをうかべし西鶴像 菜々 2 満天.きづな.
日の盛り子守の像はねんねこに はく子 2 ぽんこ.菜々.
気兼ねなく大の字つくる昼寝かな 宏虎 2 こすもす.よし子.
難読の灼ける道標ひび割れて ぽんこ 2 ひかり.かかし.
庭の木を上りつめたる花南瓜 なつき 2 菜々.きづな.
地下街を出でて「うめきた」晩夏光 雅流 1 うつぎ.
竹林の中に癒しの七夕祭 満天 1 なつき.
炎昼に雨戸閉ざせり仕事部屋 せいじ 1 ぽんこ.
吹き抜けは若竹一色清々し 満天 1 こすもす.
戸を繰れば網戸にのぞく蝉の腹 せいじ 1 さつき.
明け方にして深眠り熱帯夜 うつぎ 1 宏虎.
夏祭り向う鉢巻尻からげ きづな 1 はく子.

2013年7月11日 (投句者13名 選句者19名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
どこまでも続く木道雲の峰 はく子 8 せいじ.菜々.ともえ.小袖.宏虎.きづな.よし子.うつぎ.
ナイターの余韻持ち寄る縄暖簾 宏虎 7 満天.花茗荷.さつき.きづな.はく子.雅流.うつぎ.
風さそふ南部風鈴旅みやげ よし子 5 あさこ.ひかり.花茗荷.宏虎.雅流.
緑陰やリュック枕の昼下り かかし 3 ひかり.小袖.なつき.
先頭の蛇出づ声に列乱る なつき 3 あさこ.さつき.こすもす.
暑気ばらひ自家製ピユーレにイタリアン 菜々 2 はく子.なつき.
信号の向かう男の日傘かな せいじ 2 満天.よし子.
冷奴十字十字と箸に切り 菜々 1 かかし.
雪渓の残る急峻ホルンの音 宏虎 1 せいじ.
薬味にはかつおも入れて冷奴 こすもす 1 かかし.
七夕や参道ミストに息をつく ひかり 1 ぽんこ.
生駒嶺の向かうは奈良よ雲の峰 はく子 1 こすもす.
向日葵を生けて採血室の卓 うつぎ 1 菜々.
初蝉や無精ひげ生ゆ朝稽古 なつき 1 ぽんこ.
緑陰に憩ひ時間を忘れをり ひかり 1 ともえ.

2013年7月10日 (投句者13名 選句者15名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
つやつやと賀茂茄子紫紺の大いしき 菜々 3 はく子.うつぎ.雅流.
カリヨンの正午を告ぐる梅雨の明 雅流 3 満天.宏虎.ともえ.
栴檀の池へ千手の影涼し ひかり 3 満天.ぽんこ.よし子.
作業着の牧師と並び草を刈る せいじ 3 あさこ.なつき.こすもす.
舟形にメロンを掬ふ銀の匙 うつぎ 2 宏虎.はく子.
ラムネ飲む上手に玉の音立てて ともえ 2 ひかり.菜々.
適塾の医学の志士やソーダ水 かかし 2 せいじ.よし子.
孑子の宴のありし溜まり水 よし子 2 かかし.ぽんこ.
緑陰を占めてトラック大あくび 有香 2 ともえ.かかし.
ベランダに育つブルベリー十余り はく子 2 なつき.こすもす.
梅雨空へコンビナートの炎燃ゆ こすもす 2 せいじ.雅流.
庭に得し賀茂なす今宵は田楽に 菜々 1 あさこ.
水やうかん青笹を敷く藍皿に 雅流 1 うつぎ.
猛暑中選挙演説声かすれ 満天 1 菜々.
玉の汗光るチャペルの大掃除 せいじ 1 ひかり.

2013年7月9日 (投句者14名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
水鉄砲出会い頭に打たれけり 宏虎 7 さつき.満天.はく子.せいじ.菜々.雅流.うつぎ.
無住寺の句碑の湿りや黒揚羽 よし子 4 さつき.宏虎.かかし.花茗荷.
曇天をいっきに払ひ梅雨明ける 満天 4 よし子.はく子.小袖.ともえ.
端居してあすさく花を数えけり よし子 3 満天.小袖.菜々.
街中に残る田一枚かはづ鳴く はく子 3 あさこ.こすもす.有香.
緑陰のことさら涼し切通し きづな 3 ともえ.かかし.花茗荷.
ご朱印の墨かぐわしき女人寺 なつき 2 せいじ.有香.
水無月の谷戸を洗へる明けの雨 雅流 2 よし子.あさこ.
ぬめりある葉菜を食べ暑に耐ふる せいじ 1 ひかり.
梅雨明けて生駒山巓際やかに 菜々 1 雅流.
老いけらし明日咲く朝顔数へをり きづな 1 ひかり.
デザートの蒲萄お箸で摘む人 こすもす 1 うつぎ.
鉢植えの蓮が囲める九輪塔 なつき 1 こすもす.
初蝉のぢぢつと鳴いて飛び立ちぬ せいじ 1 宏虎.

2013年7月8日 (投句者16名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
船頭の訛と下る舟遊び 宏虎 5 ひかり.ぽんこ.よし子.花茗荷.有香.
七夕の願い叶ひし逆上がり 有香 5 さつき.満天.あさこ.はく子.花茗荷.
鴨川の老いも若きも夕涼み 満天 4 ひかり.宏虎.ともえ.菜々.
席譲られ心揺るるや半夏生 宏虎 3 満天.ぽんこ.雅流.
青竹をつるりと出でし水羊羹 雅流 3 せいじ.はく子.なつき.
生駒嶺に鉄塔あまた雲の峰 はく子 2 宏虎.有香.
まだ残る茅の輪くぐれば萱匂ふ きづな 2 よし子.こすもす.
山蔭のお不動の手に苔の花 治男 2 せいじ.こすもす.
老眼鏡かけたるままに昼寝覚 さつき 2 雅流.きづな.
路地奥のひるの風鈴鳴りにけり よし子 1 ともえ.
湯上りの香を恋ふ猫と夕端居 ひかり 1 菜々.
肩借りて下る山路や青嵐 なつき 1 さつき.
夕風に満席となる川床料理 満天 1 あさこ.
水羊羹冷やし呉れたる妻外出 雅流 1 きづな.
まなびやへ上り下りの青葉道 菜々 1 なつき.

2013年7月7日 (投句者12名 選句者18名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
梅雨深し山と積まれし願い石 菜々 5 美咲.せいじ.ひかり.宏虎.きづな.
舟虫の散るは一瞬忍者めく 宏虎 5 せいじ.あさこ.はく子.こすもす.菜々.
トンネルを抜ければ県境青田風 きづな 4 あさこ.さつき.ともえ.なつき.
無農薬旗ひるがへる植田かな さつき 3 ひかり.こすもす.きづな.
風鈴の音に目覚めて句の浮かぶ 宏虎 3 治男.ともえ.有香.
マネキンの眼差し虚ろ梅雨の街 満天 3 ぽんこ.宏虎.雅流.
洞窟は地質百選滴りぬ こすもす 2 満天.菜々.
こんもりと一番札所の夏木立 こすもす 2 よし子.なつき.
梅雨ぐもり夕勤行のこゑ洩れ来 雅流 2 ぽんこ.有香.
ペチュニアの三層にあり子供像 治男 1 美咲.
信号を待つ間電柱片影に きづな 1 治男.
俳画展すがすがしとも涼しとも はく子 1 満天.
常夜燈と背くらべしをる立葵 菜々 1 よし子.
境内の閑けさを守る夏木立 ひかり 1 雅流.
緑陰を出でて蒼天眩しかり よし子 1 はく子.
湾曲の淀水無月の日の中に ひかり 1 さつき.

2013年7月6日 (投句者13名 選句者14名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
書院涼し軸に墨絵の鯉跳ねて 菜々 7 ぽんこ.ひかり.宏虎.はく子.あさこ.こすもす.雅流.
扁額の墨痕薄る梅雨の堂 菜々 4 満天.せいじ.きづな.雅流.
草刈りの男ホースで顔洗ひ なつき 3 はく子.きづな.よし子.
風鈴の澄める音鳴る朝かな あさこ 2 満天.宏虎.
堂の灯にうかぶ江口の君涼し ひかり 2 ぽんこ.さつき.
玻璃窓に四肢五指しかと夜の守宮 雅流 2 せいじ.さつき.
いつ来ても老鴬の声貸し農園 有香 2 菜々.よし子.
百選の棚田のてっぺん涼しかり はく子 1 治男.
蓮の葉に水玉残し昨夜の雨 はく子 1 こすもす.
蛍袋百夜通ひの道すがら なつき 1 ひかり.
はにかみて帯強く締む紺浴衣 宏虎 1 あさこ.
黒南風に向ひて鷺の塒へと 雅流 1 菜々.
桐一葉今日で終了聴講生 きづな 1 治男.

2013年7月5日 (投句者13名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
三尺寝ライトバンより足出して きづな 7 満天.ぽんこ.ひかり.はく子.菜々.さつき.なつき.
朝刊のどさりと重き梅雨湿り 満天 5 ぽんこ.ひかり.宏虎.よし子.さつき.
ラベンダー咲く丘の上にログハウス 宏虎 3 あさこ.菜々.きづな.
黒南風や鳴門の潮目鮮明に こすもす 3 宏虎.はく子.雅流.
足元を鯉の抜けゆく涼しさよ なつき 2 雅流.有香.
葭切や淀川水位もどりたる はく子 2 わかば.有香.
太陽の塔をはるかに半夏咲く 菜々 2 せいじ.よし子.
ふるまひの麦茶ほど良くぬるきかな なつき 2 きづな.こすもす.
茶会日に一度に咲きて沙羅の花 あさこ 2 満天.こすもす.
長堤にのぞむ遠嶺や梅雨晴間 ひかり 1 わかば.
三尺寝草履きちんと揃へあり きづな 1 なつき.
ハンカチをぎゅっと握りて歯の治療 満天 1 治男.
バスの中メダカの話題盛り上がり こすもす 1 治男.
雨蛙せはしく鳴ける畔を行く 有香 1 あさこ.
魚動く潮入川の潮満ち来 治男 1 せいじ.

2013年7月4日 (投句者14名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
葭切や少年野球の声遠く 満天 5 さつき.ぽんこ.はく子.よし子.有香.
繰り返す日々に幸あり胡瓜もみ 宏虎 4 美咲.はく子.わかば.有香.
町川の濁流となる梅雨出水 わかば 3 あさこ.菜々.治男.
夜歩きのおでこに触れし夏柳 せいじ 3 ぽんこ.治男.なつき.
山桃を採らんとすれば鴉鳴く 治男 2 せいじ.わかば.
万緑の中に廃校眠るかに よし子 2 さつき.なつき.
時差ぼけを悟られまじとサングラス 宏虎 2 美咲.よし子.
七月や淀の流れの蕩々と はく子 2 宏虎.満天.
行々子釣師ら黙し動かざる きづな 2 満天.こすもす.
宇治川に尖る白波梅雨出水 菜々 2 宏虎.こすもす.
梅雨深し今は使はぬ外厠 雅流 2 ひかり.きづな.
草いきれ淀川堤の延々と はく子 2 ひかり.きづな.
対岸は集中豪雨梅雨荒るる せいじ 1 菜々.
半夏生腕に増えたる虫さされ なつき 1 あさこ.
行行子わんどへ葦の影揺らす 菜々 1 せいじ.

2013年7月3日 (投句者14名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
肩寄せて覗き入る子ら夜店市 あさこ 6 さつき.美咲.せいじ.ひかり.きづな.わかば.
万緑や川一条の大吊り橋 よし子 4 美咲.満天.はく子.宏虎.
葉柳に触れもし帰る夜道かな せいじ 3 ひかり.雅流.きづな.
楽鳴りて噴水ダンスさながらに はく子 3 なつき.こすもす.菜々.
恙なき二人の三時水羊羹 菜々 3 はく子.こすもす.雅流.
磐座の注連のゆるびも夏祓 雅流 3 せいじ.ぽんこ.よし子.
青葭の匂う茅の輪をくぐり抜け ぽんこ 2 あさこ.よし子.
夏帽を被せ羅漢の友に似し なつき 2 さつき.わかば.
高舞いて星になるかも恋蛍 よし子 2 満天.ぽんこ.
タイガースの写真柩に館涼し はく子 1 治男.
百足出づ羅漢参道行き止まり なつき 1 治男.
百選の棚田の夜更け蛍舞ふ こすもす 1 宏虎.
サングラスかけて満更でもない娘 有香 1 菜々.
神殿の床下深し蟻地獄 あさこ 1 なつき.
坂の上の塀のり出してのうぜん花 菜々 1 あさこ.

2013年7月2日 (投句者11名 選句者16名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
一村を貫く紫陽花ロードかな こすもす 5 さつき.美咲.満天.菜々.はく子.
梅雨晴や見守り隊へ感謝状 満天 3 ひかり.菜々.きづな.
石だたみ緑陰ふかき一の宮 よし子 3 ひかり.治男.こすもす.
夏の萩観音さまへは女坂 菜々 3 満天.こすもす.有香.
万緑へ嵌めたるごとく朱塗り門 菜々 3 あさこ.なつき.せいじ.
蘆の香や御禊の果てし夕まぐれ 雅流 3 ぽんこ.よし子.有香.
土手下りる日傘の人の大荷物 ひかり 2 ぽんこ.なつき.
一叢の竹林揺する青嵐 せいじ 2 はく子.よし子.
あおばずく昼を高枝に身じろがず はく子 2 雅流.せいじ.
葬り終へ無口に帰る西日中 はく子 2 治男.雅流.
蛍合戦廃納屋の闇逃げ込みぬ なつき 1 あさこ.
墓文字に一夫多妻あり青嵐 治男 1 美咲.
梅雨空をかきまはすヘリ地にパトカー 満天 1 きづな.
すぐ先に次の駅見え夾竹桃 きづな 1 さつき.

2013年7月1日 (投句者14名 選句者15名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
太梁は地場の杉材夏館 菜々 4 ひかり.治男.雅流.はく子.
むらさきに暮れゆく空や織女星 よし子 4 美咲.ぽんこ.菜々.こすもす.
奔流の宇治川足下夏座敷 はく子 3 満天.菜々.雅流.
登りきて棚田に通ふ風涼し 有香 3 せいじ.治男.なつき.
滝音に励まされ行く登り道 きづな 2 あさこ.よし子.
青蔦の庇をなせる農具小屋 さつき 2 せいじ.なつき.
参道に絵燈籠並ぶあぢさゐ寺 菜々 2 あさこ.よし子.
禰宜に蹤き茅の輪を潜る8の字に 雅流 2 ぽんこ.こすもす.
ハワイアン流るるスーパー涼しかり こすもす 2 はく子.きづな.
滝正面譲り合ひてはしぶき浴ぶ きづな 2 ひかり.満天.
陶芸の個性あふるる夏の展 満天 1 美咲.
登坂の背なを押したる南風 せいじ 1 さつき.
草茂る河川敷なるゴルフ場 せいじ 1 きづな.
山に日の沈みてよりの遠蛙 よし子 1 さつき.

2013年6月30日 (投句者15名 選句者17名)

結果 作者 点数 この句を選んだ人
万緑の底ひに谷戸の一軒家 さつき 5 美咲.せいじ.よし子.あさこ.なつき.
物忘れあっけらかんとソーダ水 きづな 5 はく子.ぽんこ.ひかり.よし子.なつき.
まず父がお手本示す捕虫網 ぽんこ 4 ひかり.治男.きづな.有香.
万緑の山の吊り橋わたりけり よし子 3 せいじ.雅流.わかば.
うどん屋が氷屋になるご縁日 なつき 3 満天.こすもす.菜々.
一渓を埋めあぢさゐ色重ね はく子 3 さつき.有香.わかば.
あす開かむ蓮の一花のうすみどり はく子 2 ぽんこ.あさこ.
蓮の葉に玉ともまろぶ雨しずく 菜々 2 満天.美咲.
音もなき太極拳の館涼し 満天 2 こすもす.雅流.
胸張りて老悠悠と朴の花 治男 1 きづな.
雨の寺紫陽花とりどり傘も又 こすもす 1 治男.
白南風や傾ぐ音満つ船溜まり ひかり 1 さつき.
小判草夕日に映えて金極む きづな 1 菜々.
白服に動き緩やか太極拳 満天 1 はく子.