毎日句会みのる選

最新の6週分を表示しています。

過去一覧縦書PDF

2017年7月23日(Sun)

7月15日~7月21日

2017年07月21日
サングラス外せば意外好好爺さつき
2017年07月20日
欄干に神戸の市章登山口うつぎ
夏帽子とりて仰ぎぬ大欅なおこ
夏蝶来ジャングルめきし大欅なおこ
遠ざかる電車に灼けし鉄路かなよう子
駐在所ペットボトルに草の花恵三
2017年07月19日
露天商団扇を腹にうたた寝すなつき
片陰のベンチ占むるは句ともがら菜々
不揃ひの椅子卓並べ滝見茶屋うつぎ
赤と黄のカンナの燃ゆる通学路恵三
湖上なる鳥居を過るヨットの帆せいじ
胡瓜とるくの字への字も隔て無くよう子
谷底を白蛇這ふごと岩清水うつぎ
2017年07月18日
滝風に窓全開す茶店かなたか子
雪渓を一糸乱れず隊すすむ恵三
大甕の水満満と蓮開くこすもす
2017年07月17日
母が持つ金魚掬ひ子のたもとなつき
木漏れ日の綺羅まき散らす山清水隆松
海の日の迷子を告ぐるスピーカー恵三
2017年07月16日
水やりを休めと夕立来てくれし明日香
浴衣着て性格違ふ姉妹なつき
空蝉の背中に乾く土の色三刀
2017年07月15日
朝凪に白帆散らばる湖涼しせいじ
海人夫婦金婚式を迎へけり恵三
近づけば数多の蛙力石なおこ

page_top

2017年7月16日(Sun)

7月8日~7月14日

2017年07月14日
戸を繰ればどつと飛び込む蝉時雨菜々
蝉時雨村に一軒何でも屋宏虎
テーブルの並ぶごとくに蓮大葉たか子
空蝉を木陰の枝に移しけり満天
奈落の瀬見えざるも音涼しかりはく子
2017年07月13日
旅鞄居間に置くまま梅雨明くるなつき
苗筋の歪み消え失せ大青田明日香
夕焼けて金波銀波の琵琶湖かな宏虎
川風が煽る茶店の日除かな菜々
2017年07月12日
あめんぼう雲居を駈くるごときなりはく子
夕暮れて中洲は鷺のハレムかなさつき
青田風越後平野を渡りけり恵三
大甕に風のさゆらぐ蓮の花ぽんこ
神木に縋るあまたの蝉の殻やよい
逗子沖の海霧より現れしヨットかな恵三
2017年07月11日
足裏にフローリングの梅雨じめりはく子
昼寝児の口三角に大あくびなつき
夕涼の浜辺に恋の影法師恵三
2017年07月10日
蹲踞に溢れむばかり布袋草せいじ
ネオン涼し運河の波にゆらゆらすなおこ
石仏を打ちてやまざる禊滝ぽんこ
噴水の天を突いたりしやがんだりたか子
機窓より首都の夜景の灯の涼し恵三
お待たせと云ひつ畳みし白日傘恵三
路地涼しけんけんぱーのまる四角はく子
一水に巡る神苑緑濃し菜々
2017年07月09日
草いきれ土手に添ひゆく札所道菜々
水鉄砲爺の笑顔に命中す宏虎
行儀よく並んでとまる川蜻蛉明日香
白南風が大草原を駆けてくるさつき
風涼し山気漂ふ切通し恵三
暗雲と見るや雷鳴とどろきぬせいじ
立ち並ぶサーフボードの片かげりなつき
2017年07月08日
水車いま涼しき音を奏でけり恵三
草笛を施設の母に吹き聞かす恵三
中天の雲居に滲む梅雨の月菜々
黒子めく人の気配や花火待つなつき

page_top

2017年7月9日(Sun)

7月1日~7月7日

2017年07月07日
唄ふ輪の膨れてゆきぬキャンプ村恵三
木下闇福耳揃ふ六地蔵宏虎
水玉をまろばせあそぶ蓮の風満天
一枚を古代米とす植田ありたか子
園児バス窓に手を振る夏帽子せいじ
2017年07月06日
このあたり昔渚や月見草恵三
瓜刻む音に炊事の主判りともえ
通学の自転車連ね青田道さつき
2017年07月05日
峰雲を出でし機窓に夕日差す恵三
軽鴨の子の列につき行く朝散歩さつき
潮風や風車の回る青岬恵三
石塔に一条の日矢夏木立隆松
椰子の木をまたぎてひらく揚花火なつき
2017年07月04日
雨意の空気にしつ日がな梅仕事たか子
郭公の声に目覚めし旅の朝智恵子
雲出でて大きな暈の梅雨の月菜々
今年竹はや高々と空履きぬぽんこ
2017年07月03日
埋立ての沖広陵と大西日やよい
妻機嫌厨に胡瓜刻む音菜々
2017年07月02日
つま先にコスモス触るるリフトかななおこ
水着干す宿の手すりに隙間なく智恵子
逃げ場なきフロントガラス大西日ぽんこ
2017年07月01日
汗止めのねじり鉢巻溝掃除せいじ
水平線まで紺碧や海開き宏虎
僧どちもヨガの仲間に堂涼しはく子

page_top

2017年7月2日(Sun)

6月24日~6月30日

2017年06月30日
百磴の真中に潜る茅の輪かなやよい
車座に若者集ふ夏季講習ぽんこ
2017年06月29日
晩鐘の後ひとしきり遠蛙有香
無人駅吹き抜けて行く青田風菜々
大夕焼親子の長き影法師なおこ
2017年06月28日
涼風にカーテン機嫌よく揺るるやよい
談笑を途切らせ過る青蜥蜴たか子
2017年06月27日
紫蘇揉んで皺といふ皺染まりけりやよい
草引きに始まるグランドゴルフかなうつぎ
悲しみを知られたくなくサングラス智恵子
2017年06月26日
斑紋と見しは瀬石の赤蛙うつぎ
抜くる風涼し酒屋の通し土間やよい
2017年06月25日
傘さしてゐても避け得ぬ梅雨じめり明日香
写経の間静か間遠にほととぎすうつぎ
桟橋の波鎮まれば海月かな宏虎
夏の雲もろともビルの窓磨くたか子
大口を開けて犇めく鯉暑しぽんこ
雨に濡れいよよ深まる茄子の紺満天
2017年06月24日
モダンジャズ地下から洩るる梅雨の街智恵子
雨脚の少し遠のき時鳥三刀
岬鼻に展けし海や雲の峰こすもす
万緑を抜きん出てをる飛簷かな満天
映画館出でて目眩む日の盛りたか子
鎮守社の四方より通ふ青田風菜々

page_top

2017年6月25日(Sun)

6月17日~6月23日

2017年06月23日
あめんぼの脚四本にしか見えずせいじ
八つ橋の陰から出でず蝌蚪群るるたか子
ビル街の夕立避くる軒の無くともえ
往年のモダンガールや黒日傘治男
西日射す校舎吹奏楽漏るるなおこ
2017年06月22日
山襞にのこる雲あり梅雨晴間はく子
うち騒ぐ池塘の真菰雨もよひなつき
2017年06月21日
飛び石に遊ぶがごとく夏の蝶こすもす
きらきらと水陽炎や沢涼しうつぎ
2017年06月20日
白南風に胸を反らせて風見鶏菜々
地図になき路地に迷ひぬ街薄暑なつき
ハイカーに赤き目印夏木立たか子
一の谷奈落を埋む茂かななつき
渓水の高鳴るところ蝶遊ぶ菜々
2017年06月19日
高舞ひて星に紛るる蛍ありうつぎ
空襲を知りたる樟に蔦青しなつき
一と缶を夫と分け合ひビール干すよし女
陋巷に巣立つ燕の声高し智恵子
陽の落ちてより収穫す夏野菜明日香
朝顔の咲いたよと吾子起こしけりこすもす
葬送を終へて片陰戻りけりはく子
2017年06月18日
舞妓らのうなじ撫ぜゆく若葉風菜々
海霧深きより寄港せる異国船宏虎
バス走り走り走れど虹前にともえ
回覧のまたも訃報や梅雨寒し満天
夏帽子散らばり遺跡掘り進むやよい
2017年06月17日
紫陽花の毬分け入りて検針す満天
必着と朱書父の日プレゼントせいじ
哲学の道は紫紺の濃紫陽花ぽんこ

page_top

2017年6月18日(Sun)

6月10日~6月16日

2017年06月16日
目瞑ればまなうらになほ蛍の火たか子
白南風がカーテンめくりしてをりぬせいじ
積みあぐる祈願の小石青葉闇なつき
ほうたるや待ち人を待つ橋の上うつぎ
更くる夜の玻璃戸ノックす火取虫宏虎
ミニ講座受けて蛍の観賞会こすもす
2017年06月15日
築山のみどり映して池鏡菜々
国宝の社寺秘して山滴れるせいじ
2017年06月14日
夏草やサーカスの象出番待ちぽんこ
首塚の灼けて小銭の散らばりぬなつき
でで虫や一人のたつきにも慣れてはく子
2017年06月13日
国生みの島模糊としてさみだるる菜々
羊群の高牧にたつ雲の峰やよい
2017年06月12日
民宿の土間近道と磯の蟹智恵子
もつれ落ちては高舞へる夏の蝶やよい
2017年06月11日
ぴかぴかにキッチン磨き梅雨籠菜々
小倉山目指してくぐる茅の輪かななつき
と見る間に売り切れ産直夏野菜満天
白服の水兵がゆく煉瓦街やよい
2017年06月10日
おちょぼ口して吐き出せる枇杷の種三刀
滑るごと石の隙間へ瑠璃蜥蜴こすもす
遣り水のしぶきやまざる庭涼し菜々
苔清水小さき水車を回しをり隆松
姿見に斜め立ちもす更衣たか子
ラムネ抜く音に飛び跳ね猫覚むる智恵子
六地蔵尊みそなはす蝌蚪の国ぽんこ

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site