最新6週分を表示しています。

過去一覧縦書PDF

2018年9月23日

9月15日~9月21日

2018年09月21日
画架立つる人を映して池澄める菜々
丘陵の墓地を縁取る曼珠沙華愛正
2018年09月20日
手話の子ら弾ける笑顔鳳仙花智恵子
薄墨の絶筆三句身にぞ入むうつぎ
鳥の声失せて里山秋しぐれ菜々
注連古りし神の大樹に小鳥来るこすもす
秋霖に旅情ひとしほ天城越えたか子
2018年09月19日
秋めきて息吹き返す鉢のもの明日香
暦日の連理の句碑へ萩の風菜々
子規祭る糸瓜に献句したためてうつぎ
2018年09月18日
萩の庭箒立て掛け四つ目垣うつぎ
喬木にもたれて杜の秋を聞くそうけい
四阿に座せば四方より萩の風菜々
片膝をつきし地蔵や野路の秋こすもす
門入るや否やあふるるしだれ萩満天
2018年09月17日
侍者のごと不即不離なる秋の蝶ぽんこ
秋霖や枕木匂ふ無人駅智恵子
吹き上げる風に見えたる葛の花三刀
秋澄みて外輪船の水尾真白こすもす
敬老日夫は真つ赤なシャツを着て明日香
2018年09月16日
ちちろ鳴く市に民話の紙芝居なつき
上段の構へのままに枯蟷螂たかを
高虚子の句碑は盤石秋の声はく子
跳びはねて山気を払ふ里神楽さつき
境内に響く鐘の音薄紅葉こすもす
2018年09月15日
団旗持つポニーテールや運動会なつき
恙なき卒寿を謝しつ敬老日あさこ

page_top

2018年9月16日

9月8日~9月14日

2018年09月14日
童謡の歌詞カード手に敬老日こすもす
磨崖仏徐々に浮き出づ月明り愛正
2018年09月13日
秋の雲掴むかに伸ぶクレーンかなたか子
子規句碑の袂へ枝垂れ萩真白菜々
2018年09月12日
無花果をもぎて一服畑仕事三刀
息詰めてとる新米の釜の蓋たか子
秋霖や素足いとしき子守像菜々
神杉の根方より出づ蟻の列なつき
2018年09月11日
畑仕事侍者のごとくに赤とんぼ三刀
園庭に大集合す赤蜻蛉こすもす
落つる日に影絵となりし芒原そうけい
2018年09月10日
それぞれに過ごす二人の夜長かなやよい
こぼれ萩な踏みそと行く車椅子智恵子
虫の音に箸の進みし夕餉かなせいじ
門前をまず整へん台風禍たか子
2018年09月09日
停電もまたよしとせん夜の秋もとこ
台風過安堵のごとく虫すだくぽんこ
つくつくしリズムに乗りて夕支度さつき
孫病むと記すメールに秋思憑くせいじ
洗面所今夜も来てるやもりの子明日香
菊の日や九十二歳背筋美したか子
2018年09月08日
一人居や難解パズル解く夜長はく子
上向いて歩けと大き秋の虹やよい
同学と半世紀ぶり菊の酒せいじ
客席に鬼舞ひ降りし里神楽さつき

page_top

2018年9月9日

9月1日~9月7日

2018年09月07日
漁火のくつきり見えて瀬戸良夜宏虎
鈴虫や郵便局のカウンターよし女
苑訪へば閉鎖と札や台風禍たか子
2018年09月06日
憤怒せる仁王の背より秋の声ぽんこ
独り居の祈るほかなき台風裡はく子
過疎の里案山子総出の峡田かなうつぎ
2018年09月05日
爽やかや検診結果異常なし菜々
夫の忌を修し安堵や虫の夜そうけい
2018年09月04日
裏山の木々修羅場めく台風裡三刀
一湾に犇めく船や天高しこすもす
野分過ぎまこと大きな夕日かなやよい
台風一過青空映すにはたづみ菜々
台風裡テレビを見たり窓見たり明日香
台風裡部屋から部屋へうろうろすうつぎ
新聞を配る音せり台風裡せいじ
虫すだく昼間の嵐の嘘のごとうつぎ
2018年09月03日
孫からの肩叩き券敬老日宏虎
露天湯に母の背流す月明り智恵子
2018年09月02日
立直る秋草に老い励まされ明日香
風掬ひ闇裏返す風の盆宏虎
稔り田や鎮守の森を要としよう子
浜広く人影を見ぬ秋の海あさこ
古民家の土間に一筋蚊遣香愛正
摩尼車廻す山門萩しだるこすもす
2018年09月01日
工事場に指差喚呼飛ぶ防災日なつき
柿たわわ瀬音高鳴る吉野道菜々

page_top

2018年9月2日

8月25日~8月31日

2018年08月31日
台風の余波か干し物踊り出すはく子
農道の一直線や豊の秋こすもす
合掌す苔むす陸墓秋の声ぽんこ
鉦叩きリズム正しく夜の更くる宏虎
2018年08月30日
児の引きし当たりくじなる大西瓜治男
トロ箱に秋刀魚右向き左向きよう子
初秋刀魚食べ甲斐のある太さかなあさこ
降り立てば虫浄土なる終電車智恵子
2018年08月29日
葛の蔓迫る過疎地の廃線路よし女
やうやくに取れしギブスや秋高しやよい
解体てふ湯屋の煙突秋の空はく子
食卓に散歩に摘みし草の花はく子
立ち話佳境なれども夕立雲こすもす
2018年08月28日
初秋刀魚骨のみ残す喰いつぷりもとこ
豊の秋軽トラ集ふ道の駅よう子
ふるさとに今も味噌部屋昼の虫菜々
奥入瀬の水が水切る飛瀑かな愛正
夏枯の鉢物矢尽き刀折れ明日香
髪型を変へて新涼覚えけりこすもす
伊吹嶺に立てば四方より秋の声せいじ
2018年08月27日
牛小屋のありしあたりや蓼の花はく子
ゆりかごや稲の穂先の赤とんぼぽんこ
風鈴の思ひ出したるごと鳴りぬせいじ
八千草を備前の壺に老舗宿たか子
2018年08月26日
処暑の風土間吹き抜くる其中庵三刀
月光に甍の波の濡れにけりもとこ
枕辺に手花火置いて昼寝の子なつき
2018年08月25日
旋風に負けず稲穂の立直る明日香
終ひ湯の窓を開ければ秋の声満天
秋草の名を聞き合うて万葉園たか子

page_top

2018年8月26日

8月18日~8月24日

2018年08月24日
子等去にて辻の地蔵へ月まどか菜々
お地蔵の提灯揺らす風は秋こすもす
2018年08月23日
強風に肢を踏ん張る飛蝗かなせいじ
総玻璃のビルめつぶしの西日かなぽんこ
人波に音聞くばかり揚花火なつき
水底に躍る魚影や川さやか明日香
2018年08月22日
落つる日に伸びる案山子の影法師智恵子
外出の一歩に纏ひつく残暑やよい
川とんぼ瀬石存問するごとく明日香
2018年08月21日
筆洗池を埋めて蓮真白菜々
秋声は木立を映す山湖よりはく子
2018年08月20日
潮騒の耳に涼しき松林愛正
暮れそめてより裏山の虫浄土三刀
継ぎつがれきたる父祖の田稲は穂に菜々
2018年08月19日
作り手の面影に似し案山子かなさつき
送り火を済ませ故郷後にする智恵子
向日葵と顔寄せあひてツーショット満天
2018年08月18日
秋晴に祝詞高々地鎮祭菜々
岳宮へまずは一礼登山口さつき

page_top

2018年8月19日

8月11日~8月17日

2018年08月17日
牛乳ののどごし涼し高牧場そうけい
雷鳴の近づくほどに身の縮むあさこ
風孕みては窓を打つ秋簾せいじ
夕端居枯山水に時忘れぽんこ
照り返す地に影落とす黒揚羽三刀
2018年08月16日
盂蘭盆会よちよち歩きできし子もなつき
語り部の言霊重き終戦日智恵子
万灯回闇に五重の塔浮かぶぽんこ
帰省子の話尽きざる夕餉かな満天
帰省して足湯に疲れ癒しけりせいじ
2018年08月14日
次の代の夫婦に任せ盆用意あさこ
阿波踊り地を這ふやうに進みけりたか子
園児らも手足巧みに阿波踊治男
盆僧の横に鎮座す幼かななつき
2018年08月13日
パノラマの水平線に雲の峰ぽんこ
蚊柱を走り抜けたる鎮守杜愛正
鏡なす川面を進むうろこ雲明日香
2018年08月12日
供花手向け碑に額づけば秋茜智恵子
2018年08月11日
帰省の子直ぐに戻りぬ大阪弁たか子
奥琵琶の嶺々滴りて湖碧しせいじ

page_top

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site