毎日句会みのる選

最新の6週分を表示しています。

過去一覧縦書PDF

2017年9月17日(Sun)

9月9日~9月15日

2017年09月15日
藁葺き家沈む棚田の彼岸花よう子
蟋蟀の輪唱やまず夜は更くるあさこ
霧襖より現る始発電車かなさつき
黒潮の風に育ちし蜜柑山恵三
ビルあひの小さき草むら鉦叩はく子
2017年09月14日
海峡の空真つ青や秋燕やよい
新米や先ずは離れて暮らす子へともえ
曲り屋の縁に並べて菊手入れ智恵子
一渓を覆ひ尽くして真葛原せいじ
2017年09月13日
鎖されし法の裏門葛の花満天
登り来し六甲山頂霧の海やよい
堆く新藁積まれ納屋匂ふ智恵子
萩葎より錆猫の顔現るるなつき
夫の忌を修して安堵鉦叩はく子
参磴の歩みがたしや乱れ萩ぽんこ
漣に揺るる白雲秋の池こすもす
2017年09月12日
高鳴れる水の匂ひに稲実る宏虎
青空を貫かんとす秋燕有香
峰涼し眼下に蒼き茅渟の海菜々
2017年09月11日
起伏野の続く限りに蕎麦の花宏虎
慰霊碑にぬかづきをれば秋蝶来やよい
橋桁に記す目盛りや水澄めりこすもす
五感研ぎ澄まして里の秋を聞くたか子
きちきちを先立たせをる試歩の杖うつぎ
思い人待つやに月の出を待ちぬともえ
2017年09月10日
秋日射す畳に動く木々の影三刀
碧天に一刷け白き秋の雲満天
2017年09月09日
澄む水の日だまりに群る稚魚の影ぽんこ
朝日浴び稲穂輝く明日香道明日香
名を呼べば応え鳴く猫秋の夜治男

page_top

2017年9月10日(Sun)

9月2日~9月8日

2017年09月08日
水打てば手品のやうに蝶現るる明日香
分校の児は幾人ぞカンナ燃ゆうつぎ
2017年09月07日
図鑑手に巡る麓の大花野はく子
墨をする音のかそけき白露かなはく子
2017年09月06日
ロープウエイ花野の上をひと跨ぎ菜々
流灯の不即不離なる二つかなさつき
昼の月更地にのこる辻地蔵なつき
花野道辿る山上レストラン菜々
2017年09月05日
あるなしの風に大袈裟稲穂波満天
闇深き九十九里浜銀河濃し恵三
精霊舟にわかに炎あげて燃ゆ治男
鉄塔が退避所らしき稲雀さつき
秋茄子の小振りがよろし箸すすむたか子
と見る間に霧境内を覆ひけりこすもす
2017年09月04日
機嫌よく廻る水車にカンナ燃ゆさつき
高牧を縦横無尽つばくらめせいじ
合唱のごと朝顔の咲き揃ふうつぎ
里のカフェの芒隠れに案内板よう子
百日紅透かして仰ぐ空碧しせいじ
ふと目覚め高階に月独り占めたか子
朝市に並ぶ露けき野菜かな宏虎
2017年09月03日
釣り舟に寄せては返す月の波恵三
売店はサイロの形牧うらら菜々
牧さやか若き乙女が牛の世話せいじ
岸離れ難き流灯そっと押すさつき
2017年09月02日
うち仰ぐ大樹の秀枝鵙たける明日香
鯖雲に手が届きさう展望台せいじ

page_top

2017年9月3日(Sun)

8月26日~9月1日

2017年09月01日
爽籟に誘はれ出でて庭手入れ明日香
句碑訪へば秋七草に隠れをりぽんこ
夏草や本丸跡と一碑立つこすもす
2017年08月31日
飼葉遣る牧場乙女の笑み爽やか菜々
満面の笑み手の平にカブト虫智恵子
参磴のここだ散り敷く百日紅ぽんこ
2017年08月30日
と見る間に翠黛失せて霧襖ぽんこ
霧流る摩耶の主峰を袈裟懸けに菜々
ゴンドラの涼し空中散歩めくこすもす
展望台涼し一湾パノラマにこすもす
2017年08月29日
萩の影夕日に揺るる花頭窓智恵子
高原の白樺林霧流れ恵三
淀川の水の豊かに秋立ちぬはく子
と見る間に夏霧包む天上寺うつぎ
空真澄機影一点秋高しよう子
爽やかに句碑を巡拝天上寺うつぎ
2017年08月28日
子羊とスキンシップす牧凉しぽんこ
参磴は百日紅の屑畳せいじ
竹春の嵯峨野を駈けて人力車宏虎
2017年08月27日
展望台奈落の谷に合歓の花ぽんこ
磴のぼる一歩一歩に蝉時雨こすもす
噛みますと馬柵に張り紙馬肥ゆるぽんこ
2017年08月26日
星月夜里山まるくうづくまる菜々
立ち上がるときが難儀や草を引くあさこ
香り立つ島のレモンは濃き緑ともえ

page_top

2017年8月28日(Mon)

8月19日~8月25日

2017年08月25日
山襞の深きより霧たちのぼるよう子
自家製といふ牧場の氷菓食ぶ菜々
秋日影水面にゆらぐ金閣寺ともえ
大施餓鬼禿頭青き僧集ふなつき
幾橋をくぐり流灯進みけりさつき
峰寺へ雲と見紛ふ霧走る明日香
2017年08月24日
峰寺の秘仏に見ゆ堂涼し小袖
山頂の紫陽花未だ色褪せずこすもす
名水の新豆腐とて家苞にやよい
苔乾ききつたる処暑の百度石なつき
阿波踊り地を這ふ如く進みけりたか子
2017年08月23日
山泊まり闇の深さに銀河濃し宏虎
驟雨きて早瀬高鳴る峡の宿やよい
かなかなや摩耶天上寺下山道よう子
画架たつる豆画伯らに牧は秋菜々
蝉しぐれケーブルカーは山頂へはく子
2017年08月22日
牧涼し羊に道をゆずりけり小袖
万緑を貫きケーブルカーのぼるはく子
展望の一湾囲む雲の峰明日香
ひたすらに草食む羊秋高しよう子
2017年08月21日
南座の屋根よりクレーン秋暑し満天
道問えばイヤホン外し爽やかにたか子
新涼や御朱印帳の墨の濃さぽんこ
2017年08月20日
フロントのお国訛りや避暑ホテルこすもす
宿下駄で外湯巡りす星月夜宏虎
2017年08月19日
受話器越しなるふるさとの法師蝉やよい
喉元へまろぶ真清水涼新た菜々
と見る間に峡空占むる羊雲菜々

page_top

2017年8月20日(Sun)

8月12日~8月18日

2017年08月18日
問安す水禍の里の梨実るさつき
カンナ燃ゆ男にもある嫉妬心宏虎
宿膳は山菜尽し河鹿なくやよい
漁火の散りゆく安房の星月夜恵三
天幕の裂けたるごとく雷鳴すよう子
秋暑し軒突き合はす漁師町三刀
落款は柳の根方幽霊画なつき
2017年08月17日
過疎の里休耕田を花野とす恵三
クレーン二基入道雲へ直立すうつぎ
2017年08月16日
霧纏ふ湖上の景はモノトーンたか子
一皿の氷菓を分つ老夫婦なおこ
山風へ堂全開す盂蘭盆会菜々
2017年08月15日
花火待つなぞへに足を投げ出してさつき
終戦日静かな雨の降りにけり菜々
新涼の水音を奏づ水車かな恵三
里山の田毎の案山子個性あり小袖
島の宿降り注ぐごと天の川宏虎
2017年08月14日
塗下駄の音揃ひたる阿波踊ともえ
道北の直線道路秋澄めるたか子
帰省子の干しもの竿のカラフルによう子
揚花火息つく隙もなく連打さつき
2017年08月13日
帰省子の元気な顔が土産なりぽんこ
肩車されて加はる躍りの輪さつき
一雨を欲る軒先の吊忍満天
帰省子の靴が占領上がり口せいじ
2017年08月12日
用水路満々として早生稔る三刀
万緑のまつ只中に妻籠宿有香
村祭屋台は婦人部総出てふよう子
盂蘭盆会自家製野菜山盛りに明日香
病棟の軒より巣立つつばくらめさつき

page_top

2017年8月13日(Sun)

8月5日~8月11日

2017年08月11日
夕焼に一人降りたつ島のバスうつぎ
櫂止めて合図を待てる流燈会なつき
2017年08月10日
亡き母のメモが頼みや盆用意明日香
鳳仙花弾けし音に犬の耳智恵子
ドクターヘリ雲の峰へと飛びたちぬこすもす
と見る間に百面相や雲の峰なおこ
2017年08月09日
波しぶき涼しクルーズ疾走すやよい
山暮れて遠蜩となりにけり恵三
2017年08月08日
漁火の沖に散らばる夜涼かな恵三
炎昼や乗る人もなき観覧車やよい
2017年08月07日
弧を描いて青田を跨ぐ送電線恵三
懸崖に座して常濡れ滝不動ぽんこ
大欅数へきれざる蝉の穴なおこ
2017年08月06日
身をそらし水面をつつく川蜻蛉ともえ
幾橋を潜りくぐりて船涼しやよい
2017年08月05日
車椅子押して輪に入る盆踊り小袖
座布団に赤子すやすや夏座敷菜々

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site