最新6週分を表示しています。

過去一覧縦書PDF

2018年12月9日

12月1日~12月7日

2018年12月07日
店先に溢るるポインセチアかな満天
三輪車漕ぐ子のあとに着膨れてなつき
牡蠣料理広島弁の同窓会宏虎
電飾にがんじがらめとなる冬木満天
2018年12月06日
同窓会老いまたよしと菊の酒宏虎
山峡の十戸に木の葉時雨かなうつぎ
2018年12月05日
トーマス号蒸気吐きつつ紅葉峡智恵子
茅葺の庭の一隅冬紅葉やよい
2018年12月04日
大鷺の飛びて同化す冬の雲愛正
連山のシルエットなす冬夕焼ぽんこ
冬ぬくし上着を肩にサラリーマン菜々
画展見て帰るさの道夕時雨たか子
2018年12月03日
烏どち何か諍ふ枯野かなこすもす
作務僧ら襷掛けして障子貼る菜々
枯蓮矢刀折れに沈みけりたか子
ざくざくと子らに踏まるる霜柱智恵子
コンサート果てし余韻や街師走よう子
うら枯れの野を打つ雨の音寂し三刀
2018年12月02日
道を塞く風倒木に冬芽ありせいじ
饒舌な炎なだめつ落葉焚くなつき
青空へ産毛の透ける冬芽かなこすもす
2018年12月01日
オカリナのめをと合奏冬ぬくし明日香

page_top

2018年12月2日

11月24日~11月30日

2018年11月30日
川涸れてあらはになりし巌かな隆松
落葉して明るくなりし街路かな満天
猿回し芸二つだけ冬うららなつき
岩肌に縋るがごとき散紅葉明日香
2018年11月29日
白雲のひっかかりたる枯木かなそうけい
すっぴんを忘れ試食にマスク取る智恵子
冬うらら知恵の輪石を潜らばやうつぎ
灯凍つる終電あとの無人駅愛正
箸の穴いくつ飴色煮大根やよい
2018年11月28日
落語めく法話に和む報恩講こすもす
ロープウエイいま錦繍のトンネルへ満天
大琵琶の眼下に展け比良小春はく子
昔馬車駈けし道とや紅葉溪よう子
2018年11月27日
人の列自づと蛇行紅葉坂せいじ
寒夜覚めへこみ直せり羽根枕なつき
夫の家事なかなか上手風邪ごもりぽんこ
廃屋の窓だけ残り蔦紅葉うつぎ
句の道に終点はなし翁の忌宏虎
2018年11月26日
しざるごと冬靄晴るる琵琶湖かな満天
大文字火床縁どる草紅葉せいじ
外苑は銀杏散り敷く黄の世界智恵子
2018年11月25日
拭き上げし窓に小春の空いつぱいやよい
靄かけて眠り初めたる畝傍山菜々
2018年11月24日
お茶室の屋根に散り積む銀杏かなさつき
一と本の冬の紅葉に歌ごころ菜々
金婚の旅を寿ぐやに冬満月やよい
煌めける波に浮沈す鴨の陣三刀

page_top

2018年11月25日

11月17日~11月23日

2018年11月23日
池めぐり樹形たしかめ松手入さつき
野地蔵へ蓑笠つけて冬支度智恵子
一斗缶並べ煎餅屋冬温しうつぎ
ふかし藷吹いて勤労感謝の日三刀
2018年11月22日
山深き荒神さんへ留守詣たか子
まづ落ち葉掃いてグランドゴルフかなさつき
幽閉の勘兵衛思ひ落葉踏むよう子
2018年11月21日
漁り火に銀波ひろごる冬の沖やよい
山と積む納め火箸に冬日燦満天
岩床もあらはに涸るる御祓川宏虎
2018年11月20日
女子寮の有刺鉄線鵙の贄さつき
結界の内外隔てず銀杏散る菜々
抽んでし皇帝ダリア庭小春こすもす
一句得て句帳に栞る散紅葉満天
2018年11月19日
石庭の箒目しるき神の留守ぽんこ
鎖場を過ぎて見下ろす紅葉渓さつき
園丁に草の名問うて小春かなたか子
2018年11月18日
暮急ぐ峡の岨道すがれ虫はく子
天蓋の紅葉影さす切り通し智恵子
文添へて卒寿の父へ新走うつぎ
眼帯の取れてこれほど石蕗黄なりなつき
2018年11月17日
鬼の面夕日に染まる里神楽さつき
厚き雲切れて一条冬日射す明日香
倒木の折り重なりて川涸るるたか子
夕照の京の疎水に鴨の影せいじ
ほかほかの焼き芋母と半分こ智恵子

page_top

2018年11月18日

11月10日~11月16日

2018年11月16日
路地小春ごみ出しに出て立ち話満天
新米で作る奉納団子かな明日香
路地に洩る湯けむり甘き寒造智恵子
七五三草履脱ぎすて歩きだすさつき
岩陰に身を寄せ会ひて番鴨うつぎ
池の面に錦あやなす散紅葉やよい
2018年11月15日
白無垢を寿ぐ紅葉あかりかなさつき
手入れ終へたる松の秀に風わたるさつき
朝霜の車体に指で落書きす明日香
2018年11月14日
賑ひて木の葉しぐれのカフェテラスはく子
目瞑りて木の葉しぐれに佇みぬたか子
ガイド本読みつつ足湯旅小春さつき
2018年11月13日
石蕗の黄が一隅照らす屋敷神よう子
我が影へ鯉の寄りくる小春かな満天
錦絵のごと展けたる紅葉山明日香
読み返す母からの文冬ぬくし菜々
2018年11月12日
撫で牛の耳こちょこちょと七五三なつき
絵馬堂に銘酒並びし菊日和さつき
山霧の消えて湯煙たちのぼるなつき
玉のごとき小春日和を授かりしともえ
2018年11月11日
嶺に佇てば眼下時雨るる村灯り愛正
残照の空の高みに匕首の月せいじ
七五三侍者のごとくにカメラマン宏虎
2018年11月10日
開きたる句帳に触れて銀杏散る更紗
球児らの鋭声小春の河川敷菜々

page_top

2018年11月11日

11月3日~11月9日

2018年11月09日
と見る間に青空覗く里時雨はく子
写し絵の母の笑顔に石蕗明りやよい
欠礼の葉書相次ぎ身にぞしむ満天
2018年11月08日
窓ガラス拭けば小春の空ま靑菜々
凍み豆腐からから鳴らす山颪智恵子
豪邸の門扉を閉ざし柿たわわ三刀
2018年11月07日
百度石桜紅葉の吹き溜まるなつき
勅使門右近桜のもみづりぬよう子
2018年11月06日
翳したるこの指とまれ赤とんぼやよい
深々と落葉に埋もる力石そうけい
庭畑にいそしむ夫や冬ぬくし菜々
落暉いま銀杏黄葉を荘厳すせいじ
2018年11月05日
二人居に十列ほどの吊るし柿うつぎ
船虫の近づく足湯秋うらら明日香
ネクタイを緩めランチや街小春たか子
2018年11月04日
秋草が膝撫でをる摩崖仏明日香
秋天や袂みやびに蹴鞠びともとこ
土石流痕生々し渓紅葉さつき
間引き菜の小鉢彩添ふ夕餉かなよう子
菊レンジャーとは子らの作菊花展なつき
通過する汽車透けて見ゆ冬木立愛正
力石撫でるやに散る紅葉かなこすもす
2018年11月03日
女子高生どつと乗り来る駅小春こすもす
墨絵めく八重の遠山夕時雨智恵子
丘の上に佇つマリア像小鳥来るぽんこ

page_top

2018年11月4日

10月27日~11月2日

2018年11月02日
広報版余地なく埋まる文化の日うつぎ
小鳥来る峠茶屋守る老夫婦さつき
一茎の石蕗に明るき書院かな小袖
旅愉しホームですする走り蕎麦智恵子
意地悪な風いなしつつ落葉掃くたか子
2018年11月01日
秋夕焼水上バスを染めにけりやよい
里山の闇の深さや銀河濃し隆松
菊薫る志士らゆかりの宿坊にさつき
2018年10月31日
婚の列玉砂利踏みて菊日和智恵子
城壁を攻めのぼるごと蔦紅葉もとこ
百歳と子らが卓球文化の日はく子
紅葉狩ウエストポーチに朱印帳なつき
2018年10月30日
幼らの男女対抗宮相撲さつき
錦秋の茶事にくつろぐ古都の庭智恵子
媼らは笑ひ上戸や温め酒なつき
2018年10月29日
推敲す無花果ジャムを煮詰めつつやよい
疎に密にもみづり始む杜の樹々たか子
拝殿にひびく泣き声七五三三刀
2018年10月28日
到来のカステラも添へ月の膳菜々
花薄分けゆく里の通学路愛正
世話係てふ名誉職敬老会こすもす
秋惜しめとぞ風に舞ふ木つ葉かな明日香
2018年10月27日
坐禅堂沈黙破り鵙高音智恵子
活き活きとデパ地下めぐり木の葉髪菜々
秋思の吾医師の所見は異常無しせいじ
小田の藁塚チェスの如くに散らばりぬぽんこ

page_top

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site