最新6週分を表示しています。

過去一覧縦書PDF

2018年10月14日

10月6日~10月12日

2018年10月12日
混み合うて箸急かさるる走りそばたか子
秋風や更地になりし風呂屋跡はく子
月光をまとひ到着終電車智恵子
一つ灯に偕老願ひ栗を剥くうつぎ
2018年10月11日
秋高し修復なりし吊橋にやよい
乳歯二本抜けし笑顔の七五三こすもす
大池に沿うては離れ野路の秋菜々
隠沼の面に蒼穹秋高し隆松
喜寿卒寿集ふ兄妹菊日和はく子
朝寒やスリッパ探す足の裏たか子
2018年10月10日
唐風の邸を映して池涼し菜々
気乗りせぬ夜なべの針に刺されもすうつぎ
木の実落つ梢のリスと目の合ひぬ智恵子
血ばしりし眼見開き牛合せなつき
秋の声臥せる風禍の大樹よりはく子
深秋や小さくなりし我が背丈やよい
2018年10月09日
掛け終えて稲架芳しき夕まぐれ明日香
直線にセコイア並木秋高し菜々
な踏みそ磴に散らばる銀杏の実こすもす
免許証ついに返納秋高し宏虎
明日の晴れ約束してる秋夕焼明日香
秋澄むや旅の小道に芭蕉句碑ぽんこ
2018年10月08日
島バスのアップダウンや蜜柑山宏虎
秋霖に街灯けぶる浜通りそうけい
スクランブル交差点混み秋暑し満天
紅葉山震禍の疵の生々しなつき
秋天を一太刀に斬る飛行雲たか子
2018年10月07日
窓越しの秋日を返す畳の目三刀
黄金の稲田の波間夕日落つたかを
高牧の裳裾に展け大花野智恵子
雲龍の水墨画めく野分雲せいじ
2018年10月06日
コスモスの風に帽子を取られけり治男

page_top

2018年10月7日

9月29日~10月5日

2018年10月05日
錆色の和紙の綴じ糸古書の秋ぽんこ
何処なく金木犀の風ほのと満天
鉢に水待つてましたと秋蝶来明日香
ポケットにラジオ孤高の松手入やよい
2018年10月04日
疎に咲いて十月桜空に透くやよい
栗ごはん美味しお米も丹波産菜々
防人の島の小径に落し文さつき
被写体は雨粒光る彼岸花明日香
草虱だらけのままに山路行くたか子
急磴に一息つけば薄紅葉さつき
紅葉宿異国語ひびく露天風呂もとこ
2018年10月03日
秋思憑く医師の所見は要検査せいじ
山峡の岨に水禍の名残かなこすもす
2018年10月02日
階調の変はる水音下り簗愛正
力石撫でて旅立つ草の絮うつぎ
松手入纏ふ法被は屋号入りさつき
2018年10月01日
ネクタイを締めし案山子が一等賞宏虎
ジョギングの吾に併走赤とんぼさつき
新涼や雑事あれこれ目白押したか子
一羽きて二羽きてどつと稲雀やよい
五つ六つ団栗拾ひ奥津城へ三刀
2018年09月30日
萩の寺和気藹々と大茶盛こすもす
対岸の土手を席巻葛畳はく子
2018年09月29日
起き抜けの六腑に沁みる秋の水菜々
災害のニュースばかりに秋思憑くたか子

page_top

2018年9月30日

9月22日~9月28日

2018年09月28日
俯瞰せる大和盆地は豊の秋せいじ
哲学の道席巻す盗人萩明日香
大ホールタクトが紡ぐ秋の音たか子
籾の殻ほどく野良着のポケットにやよい
汽車を待つカメラ小僧や秋桜智恵子
2018年09月27日
ご祝儀を鬼に握らせ里神楽さつき
落葉掃く巫女は大きな箒もち智恵子
ツアーバス巡る棚田の案山子展こすもす
影絵めく富士の全容秋夕焼なつき
屋根修理中なのにまた台風来満天
芋の葉のあち見こち見し露こぼす明日香
2018年09月26日
魚信まつ釣り人の默秋の風ぽんこ
鳶職のみるみる屋根へ秋日和さつき
2018年09月25日
四つ目垣ほころぶままに萩の寺さつき
特急の窓に併走鰯雲せいじ
子規句碑を要としたる萩の寺菜々
句碑の文字なぞる指先秋の冷え明日香
2018年09月24日
風連れて駈けくる吾子や曼珠沙華なつき
朝靄のベールを脱ぎし花畑宏虎
2018年09月23日
あした行く机上の旅や長き夜愛正
畑仕事終へて家路へ秋夕焼こすもす
野地蔵の背ナのなぞへの彼岸花ぽんこ
2018年09月22日
軒先に古りし杉玉ちちろ鳴くこすもす
赤とんぼ腰に纏はるごと乱舞明日香
赤とんぼ行き交ふ古墳コンサートやよい
杖を手に至福の一と日大花野三刀

page_top

2018年9月23日

9月15日~9月21日

2018年09月21日
画架立つる人を映して池澄める菜々
丘陵の墓地を縁取る曼珠沙華愛正
2018年09月20日
手話の子ら弾ける笑顔鳳仙花智恵子
薄墨の絶筆三句身にぞ入むうつぎ
鳥の声失せて里山秋しぐれ菜々
注連古りし神の大樹に小鳥来るこすもす
秋霖に旅情ひとしほ天城越えたか子
2018年09月19日
秋めきて息吹き返す鉢のもの明日香
暦日の連理の句碑へ萩の風菜々
子規祭る糸瓜に献句したためてうつぎ
2018年09月18日
萩の庭箒立て掛け四つ目垣うつぎ
喬木にもたれて杜の秋を聞くそうけい
四阿に座せば四方より萩の風菜々
片膝をつきし地蔵や野路の秋こすもす
門入るや否やあふるるしだれ萩満天
2018年09月17日
侍者のごと不即不離なる秋の蝶ぽんこ
秋霖や枕木匂ふ無人駅智恵子
吹き上げる風に見えたる葛の花三刀
秋澄みて外輪船の水尾真白こすもす
敬老日夫は真つ赤なシャツを着て明日香
2018年09月16日
ちちろ鳴く市に民話の紙芝居なつき
上段の構へのままに枯蟷螂たかを
高虚子の句碑は盤石秋の声はく子
跳びはねて山気を払ふ里神楽さつき
境内に響く鐘の音薄紅葉こすもす
2018年09月15日
団旗持つポニーテールや運動会なつき
恙なき卒寿を謝しつ敬老日あさこ

page_top

2018年9月16日

9月8日~9月14日

2018年09月14日
童謡の歌詞カード手に敬老日こすもす
磨崖仏徐々に浮き出づ月明り愛正
2018年09月13日
秋の雲掴むかに伸ぶクレーンかなたか子
子規句碑の袂へ枝垂れ萩真白菜々
2018年09月12日
無花果をもぎて一服畑仕事三刀
息詰めてとる新米の釜の蓋たか子
秋霖や素足いとしき子守像菜々
神杉の根方より出づ蟻の列なつき
2018年09月11日
畑仕事侍者のごとくに赤とんぼ三刀
園庭に大集合す赤蜻蛉こすもす
落つる日に影絵となりし芒原そうけい
2018年09月10日
それぞれに過ごす二人の夜長かなやよい
こぼれ萩な踏みそと行く車椅子智恵子
虫の音に箸の進みし夕餉かなせいじ
門前をまず整へん台風禍たか子
2018年09月09日
停電もまたよしとせん夜の秋もとこ
台風過安堵のごとく虫すだくぽんこ
つくつくしリズムに乗りて夕支度さつき
孫病むと記すメールに秋思憑くせいじ
洗面所今夜も来てるやもりの子明日香
菊の日や九十二歳背筋美したか子
2018年09月08日
一人居や難解パズル解く夜長はく子
上向いて歩けと大き秋の虹やよい
同学と半世紀ぶり菊の酒せいじ
客席に鬼舞ひ降りし里神楽さつき

page_top

2018年9月9日

9月1日~9月7日

2018年09月07日
漁火のくつきり見えて瀬戸良夜宏虎
鈴虫や郵便局のカウンターよし女
苑訪へば閉鎖と札や台風禍たか子
2018年09月06日
憤怒せる仁王の背より秋の声ぽんこ
独り居の祈るほかなき台風裡はく子
過疎の里案山子総出の峡田かなうつぎ
2018年09月05日
爽やかや検診結果異常なし菜々
夫の忌を修し安堵や虫の夜そうけい
2018年09月04日
裏山の木々修羅場めく台風裡三刀
一湾に犇めく船や天高しこすもす
野分過ぎまこと大きな夕日かなやよい
台風一過青空映すにはたづみ菜々
台風裡テレビを見たり窓見たり明日香
台風裡部屋から部屋へうろうろすうつぎ
新聞を配る音せり台風裡せいじ
虫すだく昼間の嵐の嘘のごとうつぎ
2018年09月03日
孫からの肩叩き券敬老日宏虎
露天湯に母の背流す月明り智恵子
2018年09月02日
立直る秋草に老い励まされ明日香
風掬ひ闇裏返す風の盆宏虎
稔り田や鎮守の森を要としよう子
浜広く人影を見ぬ秋の海あさこ
古民家の土間に一筋蚊遣香愛正
摩尼車廻す山門萩しだるこすもす
2018年09月01日
工事場に指差喚呼飛ぶ防災日なつき
柿たわわ瀬音高鳴る吉野道菜々

page_top

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site