みのる選:2020年9月度

最新へ戻る 過去一覧 縦書PDF

2020年9月27日

9月19日~9月25日

2020年9月26日
林泉の風のさざなみ秋の声わかば
柿太る不作不作と言はれつつはく子
渡船場の貸し傘借りる秋時雨なつき
身にしむや遠き昭和の捨て火箸小袖
秋風が筒抜けてゆく通し土間せいじ
落人の開墾地てふ蕎麦の花かかし
とんぼうと秋つばめとの空は別うつぎ
軒の巣に残る羽毛や燕去ぬよう子
鵙猛るここら能勢氏の城の跡小袖
藍深く潮の目著き秋の海わかば
投句箱溢れんばかり獺祭忌かかし

page_top

2020年9月20日

9月12日~9月18日

2020年9月19日
満月のわが吾影を踏む散歩かな宏虎
畦道の散歩稲穂に触れもしてはく子
能勢路いま刈田稔田農繁期よう子
潜り戸にやんちや坊主萩括るかかし
蜘蛛の囲の潮風孕む札所かななつき
神木の洞深きより秋の声はく子
秋暑しあらぬへを向く道路橋せいじ
爽やかに百四歳の笑顔かなわかば
山祇に落とす賽銭つくつくしうつぎ
磴走る宮司の裾の爽気かなそうけい
旅立の近しと並ぶ秋つばめこすもす

page_top

2020年9月13日

9月7日~9月12日

2020年09月12日
虫の音を野辺に拾ひつ車椅子せいじ
コーヒーの水にこだはる生身魂よう子
青栗のたわわやトンネル出た途端こすもす
大甕に溢る秋草道の駅わかば
ふと我に返れば庭の虫しげしうつぎ
とんぼうが先客なりしベンチかなかかし
せせらぎに秋の声きく初音川よし子

page_top

2020年9月8日

8月8日~9月5日

2020年09月05日
見回りの神官腰に蚊遣り香よう子
新涼の朝一番の熱きお茶はく子
神鏡の中まで灯り万燈会うつぎ
蟷螂の振り向きざまの殺気かな素秀
夏バテやイケメン医師に脈とられよし子
2020年08月29日
短冊に五歳の願ひ星祭よし子
開くたびに熱風どつと自動ドアせいじ
立話してゐるだけで汗滂沱菜々
木漏れ日に現れては消ゆる蜘蛛の糸うつぎ
日盛りや自動運転モノレール更紗
2020年08月22日
梅花藻の花屑掬ふ茶屋主よう子
自転車の吾と併走す赤とんぼせいじ
朝窓の枝移りする鳥涼しそうけい
朝の間に用事を済ます残暑かな小袖
稗一本早稲の穂波を抜きん出てうつぎ
2020年08月15日
廃校の低き蛇口や日輪草かかし
長兄の一人生家に生身魂はく子
瓦斯燈の灯る街角夜の秋わかば
竹落葉褥に力石二つうつぎ
ローマ字の表札の家秋簾うつぎ
2020年08月08日
雨乞ひの宮に数多の蝉の穴なつき
栞して漱石横に大昼寝うつぎ
駅ホーム茶畑見えて宇治涼しはく子
雨晴れてより梢降る蝉時雨ぽんこ
妙見山の水は豊かや青田波よし子

page_top
 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site