みのる選:月間秀句を再選

過去一覧 縦書PDF 検索

2020年7月14日

7月4日~7月10日

2020年06月26日
定年のなき身と答へ海女潜る宏虎
大正の玻璃戸に揺らぐ庭若葉よう子
継目なき松の柾目の廊涼しうつぎ
煙草屋の軒の燕と雨宿りよう子
電笠はオールドノリタケ梅雨の燭うつぎ
2020年06月20日
夏草や大坂越えの関所跡素秀
万緑の山迫りくる切通ぽんこ
蜘蛛の糸曳きて行脚の大師像うつぎ
ロレンソの通りし道や山卯木よう子
傘寿刀自夏でも熱き茶を所望はく子
2020年06月11日
向う岸は蛍の舞台杉襖うつぎ
田の神に泥跳ね上げて代田掻きうつぎ
せせらぎの他に音なし蛍狩よう子
雪渓を映して青き運河かなひのと
泳ぎきて岩に取りつく輩かな素秀
2020年06月06日
夜涼みの汐風もらふ岬かな素秀
熱の子の寝息に安堵明易しなつき
琉金のじつとしてゐて華やげるはく子
車椅子目線の介護花菖蒲かかし
花栗のにほひに咽せる能勢路かな小袖

page_top

2020年6月9日

5月8日~5月30日

2020年05月30日
ほととぎすけふは高音に真昼時小袖
日傘ごと反りて大仏仰ぎけりなつき
2020年05月21日
迷ひ込みナビに無き道朴の花うつぎ
花丸を暦に印す田植時かかし
2020年05月16日
草笛の鳴るも鳴らずもみな真顔小袖
ハンカチをたたみ直して待つデートなつき
下闇の影を湛ふる河童淵ひのと
けんかの子背中合はせに氷菓食ぶなつき
田蛙に帰路急かさるる棚田道うつぎ
2020年05月08日
風呂炊きの煙潜りて夕燕うつぎ

page_top