初心者を対象とした無料添削制度です。気軽にご応募下さい。

はじめに

数回の添削で上達は望めないのである程度継続して学んでくださることが基本条件です。基礎が身につくのに最低でも半年は継続して学んでください。

メールでの添削はお受けできません。この制度の約束をお読みいただき納得された上でお申し込み下さい。

この制度のお約束

添削指導で学ぶ姿勢

  • 理屈の句や心象句など頭で考えて作られた作品は添削対象外です。
  • 実際に見て感動した情景をそのまま写生して下さい。
  • 平明な言葉で具体的に表現する訓練をします。

評価基準について

  • 評価は、みのるの理念に基づくものですから普遍的なものではありません。
  • 指導内容は作者の個性によって変わります。決して他の人と比べないで下さい。

添削された句は誰の作品

作品は原作者に著作権があるので、添削を受けたものもあなたの作品です。

なるべく作者の感動を尊重して添削していますが感じ方が間違っているときには、その方向を180度修正する場合もあります。

添削された作品が意に沿わないときは、その句は捨ててください。

添削された作品を自分の作品とするか否かは作者の自由です。

添削内容についての質問

添削内容についての質問は原則として受け付けません。

説明を聞いて納得しても実作に役立つことは少なく、知識を詰め込み過ぎると句を詠む段階であれこれと覚えたことが脳裏をよぎるため感性の働きを阻害するからです。

俳句は理論や知識を詰め込んで上達するものではなく直感的で正しい感性を養うことでごく自然に個性が滲み出るのです。

指導方針に疑念を感じられた時

ごくまれにですが添削内容や指導方法等について不満の声がとどくことがあります。指導者を信じて修練に励むことが学びの基本ですので不満や疑念をいだきつつ学びを継続しても上達は望めません。

あなたには指導者を選ぶ権利があります。GHでの学びを継続されるか否かもあなたの自由です。

添削指導の仕組み

添削を受けられる方は、以下の内容に沿って投稿してください。

作品について

  • 写生訓練のお手伝いなので心象句や虚構の句は添削できません。
  • どこそこで詠んだ…などの説明は一切不要です。
  • 没になった作品は潔く捨てること。練り直して再投稿することは原則として禁止します。

添削を受ける手順

  • 無料添削は郵送に限ります。
  • 指定の用紙に手書きしてみのる宛に郵送してください。
  • 一回につき添削用紙2枚以上を満たしてください。枚数、送付回数に制限はありません。
  • 返信用封筒を同封すること。宛名+切手+封筒裏面にはみのるの差出人住所氏名もお書き下さい。
  • 返信用封筒は糊付け不要なものを使って下さい。宛名は「◯◯様」と書いてください。
  • 添削用紙は下記よりダウンロードしてください。
    添削用紙ダウンロード(PDF)
  • ダウンロードできない方は返信用封筒を同封してみのる宛に請求してくださればお送りします。

投稿句へのご返事

  • 午前中に届いたら午後に、午後に届いたものは翌日に返信します。
  • 不在時には遅れることもありますのでご了承ください。
  • 全てを添削するのではなく下記のように分類してご返事します。
    1. よいと思う作品には印をつけ必要なら添削します。
    2. それ以外の作品には印をつけています(没)。

無料添削を申込む

下のボタンをクリックすると申込みメールフォームが開きます。

無料添削を申し込む

  1. 俳句歴やゴスペル俳句で学びたいと思われた理由等を簡単に書き添えてくださると感謝です。
  2. 送信ボタンを押す前にもう一度ご自分のメールアドレスに記入ミスがないか確認してください。
  3. 送信後に自動確認メールが届かない場合は、メールアドレスが間違っている可能性があります。

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site