みのる選:2019年5月度

最新へ戻る 過去一覧 縦書PDF

2019年5月26日

5月18日~5月24日

2019年05月24日
初生りの胡瓜根性曲りをり董雨
夏空へ切妻屋根の連なりぬせいじ
波飛沫浴びて遊覧船涼し智恵子
2019年05月23日
源流の森に群生著莪の花愛正
十薬の群落廃坑隠すほど智恵子
持て余すかちんかちんの氷菓かななつき
迷ひなく鋏を入るる雨後の薔薇さつき
亡き夫の恋文ならめ落し文はく子
2019年05月22日
新茶揉む老婆の皺の手窪かな愛正
摺り足で闇に踏み入る蛍狩素秀
渓流の楽に和すごと遠河鹿隆松
代田いま入江のごとく広ごりぬせいじ
膝ついて傅くごとく薔薇手入れ菜々
2019年05月21日
谷戸広し代田に青天井展けせいじ
雨晴れてさ緑深きお茶畑やよい
雨粒の珠を宿して薔薇真紅満天
ジョギングの影が縫ひゆく夏木立さつき
2019年05月20日
野辺草の風の波間に石仏たかを
緑風や真白き馬柵に凭るればこすもす
和太鼓の打ち揃ひたる五月晴満天
2019年05月19日
堂涼し阿弥陀の前に朱印受くなつき
渓谷の茶屋に一服河鹿鳴く智恵子
2019年05月18日
一村に水匂ひ立つ植田風うつぎ
五月雨のオランダ坂をたもとほりやよい
百磴の緑さす途に石仏ぽんこ

page_top

2019年5月19日

5月11日~5月17日

2019年05月17日
玻璃皿の透明感や夏料理宏虎
緑陰に集合したるベビーカー満天
麦の穂の整列乱し風渡る明日香
池ほとりの涼し靴づれ休めけりなつき
長屋門大鉈振るふごと飛燕たか子
耳鳴りにあらず間遠の蝉の声素秀
衣更へてお洒落楽しむ米寿翁宏虎
2019年05月16日
田水張り終えて連邦パノラマにもとこ
浜駈けてゆく白帯の裸足かな智恵子
庭いぢりしたる手なれば蚊も打てずせいじ
2019年05月15日
川底に銀翻し鮎遡上智恵子
里山に摘みきしといふ蓬餅うつぎ
噴水の弧を駈け抜けて児ら遊ぶぽんこ
2019年05月14日
次々に干潟呑み込む五月潮三刀
高木の森を砦に薔薇の園菜々
塗香して仏にまみゆ安居寺はく子
耕運機土くれこぼす青田道小袖
降り始む雨に田蛙騒がしきうつぎ
竹秋の脊山を戸々に棚田村うつぎ
2019年05月13日
母の日や子の来て弛む夫の顔よし女
百畳の棚に滝なす藤の花やよい
2019年05月12日
山藤の彩を失ふ暮色かなうつぎ
ハーブティー試飲コーナー園薄暑さつき
2019年05月11日
青蔦や象のはな子を偲ぶ檻さつき
山路いま森林浴となる奈落せいじ
若楓磴はたたみにたたみたるやよい
えごの花散って星屑撒き散らすよし女
靴跡のハの字ヘの字や田水張るよう子

page_top

2019年5月12日

5月4日~5月10日

2019年05月10日
新樹光見守り隊のかんばせに明日香
早朝の夏の山気を深呼吸たか子
スナックの看板に添ふ薔薇の鉢ぽんこ
2019年05月09日
今年竹さざめく中にエジソン碑菜々
小手毬の組んづ解れつす風いなすせいじ
風の丘見渡す限りラベンダーぽんこ
魚河岸に飛ぶだみ声や初鰹宏虎
若葉風大きく逸れるフリスビーなつき
河鹿鳴く早瀬に摩崖弥勒仏もとこ
夏落葉分水嶺はこのあたりたか子
2019年05月08日
沖つ島見え隠れする卯波かな智恵子
天指して鬩ぎ合ふやに松の芯素秀
首塚の主寧かれとれんげ畑もとこ
百蝶のとまりたるかに花水木れいこ
2019年05月07日
夏燕沖ゆく船のゆつくりとうつぎ
坂がちの歌劇の道の花水木宏虎
実の数を当てつこしつつ豌豆剥くこすもす
下闇に苔むす墓の累々とはく子
水底に届く日差しや水草生ふれいこ
吟行は始発電車や明易しさつき
2019年05月06日
窓繰れば卯の花匂ふ雨上がりせいじ
吊橋は丸太造りや渓若葉さつき
出港の弧を曳く水脈に風光るやよい
薔薇香るグリンチャペルの広庭にさつき
夕牡丹耐えきれずして崩れけりうつぎ
2019年05月05日
道渡り終えし毛虫に安堵しぬたか子
麦の秋地平線から飛行雲たかを
普賢岳まなかひにして潮干狩りさつき
2019年05月04日
母の唄上機嫌なる菖蒲の湯智恵子

page_top

2019年5月5日

4月27日~5月3日

2019年05月03日
種を蒔く背中合わせに老夫婦愛正
潮干狩り母の背中を探しをり素秀
御手洗の掬ふ柄杓に藤の屑ぽんこ
2019年05月02日
鬼瓦なづる楓の若葉影ぽんこ
笊を手に一芯ニ葉新茶摘む三刀
梵鐘を撞いて近江の春惜しむ宏虎
豆腐屋の来る頃と待つ遅日かなよう子
2019年05月01日
嶮磴に苔の花咲く行者道やよい
川堤歩けば蝶のつききたりそうけい
2019年04月30日
遠足の列を呑みこむ大仏殿宏虎
山車を組む若衆にとぶ老の檄なつき
漁師町鹿尾菜干さるる防波堤やよい
雑木山斑模様に若葉萌ゆ明日香
時なしの鐘の間遠や奈良暮春はく子
新しき御世の朝や聖五月やよい
2019年04月29日
藤の香や万葉人は恋多きうつぎ
石庭の白砂の波へ新樹光せいじ
沖の船動くともなく春霞よし女
2019年04月28日
宮参り嬰薄目あく新樹陰なつき
万葉の歌碑に触れもす棚の藤たか子
社家町や筍見ゆる破れ築地うつぎ
2019年04月27日
藤の苑相聞歌碑のをちこちにせいじ
無人家の賑ひ立てる松の芯そうけい

page_top
 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site