みのる選:2019年2月度

最新へ戻る 過去一覧 縦書PDF

2019年2月10日

2月2日~2月8日

2019年02月08日
春めきて花壇の土のふつくらと菜々
大の字に寝そべつてみる浜四温せいじ
早春の気を廻しをる大風車たか子
さざ波のと行き斯くゆき湖は春せいじ
雪を敷くごとき大樹の落椿三刀
旅の朝氷柱雫の音に覚む智恵子
2019年02月07日
ものの芽に昨夜の雨粒ひかりをりぽんこ
下萌や更地となりし風呂屋址はく子
蔵開き一升瓶で手酌かななつき
恙なきひと日を感謝蜆汁満天
2019年02月06日
色褪せし売地の幟春寒し満天
朝靄の中より現れし蜆舟菜々
こうのとり降り立つ川辺水温むこすもす
マニュキュアの十指をかざす大火鉢なつき
2019年02月05日
啓蟄や嬉々として夫畑へと明日香
たる酒に金箔浮かべ蔵開きなつき
単線の通過待ちなる余寒かなたか子
春の海達磨のごとき夕日落つせいじ
2019年02月04日
遊覧船あがるしぶきに風光るぽんこ
ブルドーザート野仏かすめ川普請なつき
高枝の虜となりし凧の糸やよい
春寒し絵踏の島の入り江かなたか子
2019年02月03日
托鉢の仄と寒紅差しゐたりうつぎ
春光ののつぽの影と漫歩せりやよい
鐘一打撞く早暁の余寒かな宏虎
年取らぬ夫の遺影へ年の豆はく子
力石にも小ぶりなる注連飾そうけい
2019年02月02日
梅が香に万葉歌碑をたもとほりさつき
三輪車らしき轍や露地四温菜々
始発来る雪野の果てに前照灯隆松
暖かや棺の妻に感謝多々はく子

page_top

2019年2月3日

1月26日~2月1日

2019年02月01日
春雨の傘をはみだすランドセルせいじ
素足なる托鉢僧に風花すよう子
オリオンや底冷えつのる通夜帰りはく子
荒縄の井の字井の字に大根干すこすもす
2019年01月31日
初詣願掛け撫づる力石そうけい
海の風集めて猛る浜とんどなつき
乱れなき砂紋にしるき梅の影よう子
剪定を終へて日当たる一山家さつき
2019年01月30日
牧の朝ジャージー牛の息白しさつき
つんと出て土の匂ひの蕗の薹宏虎
残り火の舌ちよろちよろと浜とんどなつき
2019年01月29日
かばかりの梅園なれど香に満るたか子
命綱結ぶ庭師に雪しまくさつき
亡き夫の遺影と福茶ことほげりそうけい
2019年01月28日
淡雪の楚々とふりつむ八つ手の葉たかを
寒晴れや切れ味見せて刃物売る菜々
引き絞る矢羽根を頬に弓始よう子
若布干す島銀座てふ商店街宏虎
2019年01月27日
七谷へとどろく法鼓初不動菜々
海猫に綺羅なす冬日船溜りなつき
日脚伸ぶ仕事帰りの美術館さつき
2019年01月26日
替へに替へ最後は禰宜と鷽替ふるうつぎ
ストーブ燃ゆ娘が児にうたう子守唄なつき
みりん干し焼けば起き出すかじけ猫素秀
鈍色の景白変す今朝の雪明日香
仕事なし終へ待春の髪を切るせいじ

page_top

過去一覧

2019 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site