みのる選:2019年1月度

最新へ戻る 過去一覧 縦書PDF

2019年1月27日

1月19日~1月25日

2019年01月25日
早梅の忌明けの朝に匂ひけり素秀
風邪の吾に夫の手作りおじやかな明日香
訪へば仄と梅が香尼の寺よう子
古びたる扁額ゆかし冬座敷菜々
2019年01月24日
大吉を句帳にしをる初みくじそうけい
鰤かまをせせりては杯重ねけりやよい
着膨れてリュックの紐に縛らるるうつぎ
寒晴や禅苑砂紋みだれなし菜々
しぐるるや石庭砂紋ゆるぎなくはく子
缶蹴りの鬼で終わりし寒夕焼なつき
2019年01月23日
山荘へ一筋道や冬木立愛正
寒柝と和す子等の声街巡るたか子
石畳ゆるゆる歩み京四温菜々
2019年01月22日
日当たれば消えいりさうや冬桜はく子
鰤起し闇に轟く旅枕宏虎
ショーウインドウ見て着膨れの背を伸ばす満天
小春日のテラスに母の髪染める智恵子
冬凪すまさな空に鳶放ちやよい
2019年01月21日
急ぎ足寒夜の路地に音響く満天
2019年01月20日
白雲を脱ぎて雪嶺現れにけりたかを
雨晴れてより春宵の街あかりせいじ
着膨れてボロ市覗き巡りけりなつき
海上に模糊と島影寒満月三刀
2019年01月19日
庭手入れ四温の日ざし摘むごとく菜々
身の箍のゆるむごとくに初笑宏虎
ここだけの話に倦みし新年会もとこ
受験子の横ではばかる咳一つなつき

page_top

2019年1月20日

1月12日~1月18日

2019年01月18日
青畝師の句碑存問す初詣三刀
左義長の灰の裾野に残る注連せいじ
今日はしも父の命日冬日燦たか子
寒禽の声透き通る神の森菜々
宿り木の杉玉めける冬木立せいじ
其処此処に手締め賑はふ逹磨市智恵子
2019年01月17日
灯籠につなぐ心や阪神忌やよい
老どちら紅顔となるどんどかな宏虎
雲一朶無き高空に冬の鳶素秀
声嗄るるまでおしやべりし女正月なつき
松過ぎてもとの退屈老い二人菜々
2019年01月16日
推敲すどんどの灰を被りつつ満天
歳かさね俳句三昧女正月もとこ
五百基の陸墓見渡す冬椿ぽんこ
新妻と見し人小さき飾焚く菜々
白壁に綾なす蔦の枯れ極むはく子
炎ごし人垣揺らぐどんどかなよう子
2019年01月15日
とんど灰句帖に降るも吉とせむうつぎ
邪の的に一矢命中弓始め三刀
山茶花の飴玉のごと蕾みけりそうけい
大とんど臥龍となりてなほ猛るうつぎ
2019年01月14日
風邪の子に添寝して本読み聞かすなつき
鼻筋の目立つは鷭の陣ならむ明日香
あつあつのカレーに落とす寒卵満天
成人式祝ふ列島日本晴智恵子
波しぶき被る岬の落椿さつき
2019年01月13日
帰宅時告ぐるチャイムや寒夕焼せいじ
寒昴月の光に負けまじとうつぎ
しもやけの薬指揉む仕舞ひ風呂なつき
2019年01月12日
初鏡老いてもお洒落忘れじと宏虎
どさと来る旅行のチラシ春隣満天
電線におしくらのごと寒雀こすもす
大どんど全校生徒車座にさつき
咳するは吾を呼ぶサイン床の夫なつき

page_top

2019年1月13日

1月5日~1月11日

2019年01月11日
御降の雪へと変はる湖鏡隆松
曙光さす日本海の初景色こすもす
雪かづく山巓に日矢射しにけり明日香
人波に身を委ねたる初参りたか子
餅花の揺れて賑はふ繁盛亭菜々
このあたり御狩野あとや若菜摘む菜々
2019年01月10日
参道の店を梯子や初戎ぽんこ
実千両気づかぬ盗人鴉かな董雨
狛犬の疵そのままに震災忌ぽんこ
2019年01月09日
歳時記の一頁より読始もとこ
玉の日に蕩けさうなる臘梅花せいじ
本宮の千木に日の射す淑気かなたか子
播磨灘綺羅を敷き延べ初凪すうつぎ
風花や友の訃報を疑ひぬよう子
新調のテニスシューズで初打すぽんこ
2019年01月08日
次々と万両増えて家古りぬうつぎ
乳母車福笹挿して戻りけりさつき
寒昴妣のウインクかも知れず宏虎
初恵比須赤子が引きし大当たりさつき
2019年01月07日
屠蘇の酔ひ大きな夢を語りけりなつき
人日やあまたの敷布洗ひけりやよい
いそいそと七草取りの夫と外へ明日香
初湯殿たつぷりと湯を溢れしめ宏虎
ごみ出して普段着で述ぶ御慶かなやよい
2019年01月06日
無意識に両手は拳霜の朝三刀
寒の水喉をするりと常備薬満天
悴む手息吹きかけて励ましぬ菜々
朝厨先ず一杯の寒の水よう子
2019年01月05日
四日はや園丁苑にちらほらさつき
襖絵の虎の眼光淑気満つ宏虎
元朝の水を静かに使ひけりうつぎ

page_top

2019年1月6日

12月29日~1月4日

2019年01月04日
紋付の父の発声屠蘇祝ふ菜々
薄氷の虜となりしあぶくかなさつき
高らかに一本締めや初相場宏虎
舞ふ巫女の払ふ剣に淑気ありぽんこ
初東風にあひ打ち合へる祈願絵馬たか子
寒晴にグランドゴルフ音高し満天
2019年01月03日
初春や庭に鳩来て雀来て菜々
幸あれと眼を射るほどの初日かな明日香
お辞儀して鸚鵡返しの御慶かなぽんこ
鍋底の焦げを磨きぬ初厨なつき
2019年01月02日
初座敷磨き上げたる床柱菜々
屠蘇一献妻に感謝のダイヤ婚宏虎
遠近に打つ音たがへ除夜の鐘はく子
健康と大書し祈る初日記かかし
2019年01月01日
病む夫の好みに合はせ節料理うつぎ
平凡がいちばんよろし去年今年たか子
初空や眉山に残る一つ星素秀
墨香る長寿二文字の筆始め愛正
去年今年千転すなる一句ありうつぎ
2018年12月31日
年送る干支の色紙を入れ替へてやよい
刃物研ぎ終へて完了年用意三刀
家中にお節の匂ふ大晦日満天
身に入むや昨夜見舞ひしに天国へはく子
2018年12月30日
鰐口の紐も取り替へ年用意ぽんこ
大晦日退院かなはぬ人見舞ふはく子
2018年12月29日
ベランダの冬日は杜へ移りけりそうけい
寒オリオン仰ぎぬ旅の機窓より智恵子
来る子等にひと臼多く餅をつく明日香
年暮るるブルーシートの屋根のまませいじ

page_top
 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site