みのる選:2018年12月度

最新へ戻る 過去一覧 縦書PDF

2018年12月30日

12月22日~12月28日

2018年12月28日
湖冴ゆる対岸の灯のまたたきて隆松
股火鉢して一服す香具師かななつき
飛行雲寒の天空真二つ隆松
ダミ声の手締め響くや酉の市智恵子
2018年12月27日
一村の眠りに落ちて星冴ゆる宏虎
夫と肩並べて啜るのつぺい汁もとこ
駅裏はシャッター街や冬ざるるやよい
道連れのあれば楽しき枯野道たか子
2018年12月26日
トロ箱にふくれつ面の河豚糶らる宏虎
落柿舎の主も斯くやと日向ぼこ菜々
歳晩の町に高鳴る救急車満天
2018年12月25日
嘴を背に挿し眠る浮寝鳥素秀
煤逃げの主婦らと見たるラドンの湯なつき
乗り遅れ次のバスまで日向ぼこはく子
看板の骨だけ残る枯野かなこすもす
2018年12月24日
恙なき便りに安堵実南天よう子
霜柱畝に残りし獣跡智恵子
能舞台鳴らす踵の音寒し明日香
2018年12月23日
朝霜の虜となりし路駐かなせいじ
あやす子のくしやみ浴びたる炬燵かななつき
蓋とれば忽ち香る柚子湯かなやよい
シテ方の身じろぎもせず声冴ゆる明日香
一句得て千転しをる柚子湯かなうつぎ
2018年12月22日
豊作のカボス代用冬至風呂三刀
月冴えて一朶の雲も寄せつけず菜々
数え日のおもちゃ病院混み合へりなつき
診察を待ちゐる窓に風花す素秀
摩天楼ビルの天辺霧纏ふぽんこ

page_top

2018年12月23日

12月15日~12月21日

2018年12月21日
音もなく一村霧に包まるる菜々
大聖樹外人墓地の丘の上に智恵子
細雪露天の湯気に消えにけり素秀
古民家の梁の風格納句座やよい
メサイアの流るる宴枯木宿せいじ
2018年12月20日
古民家の庭に楚々たり梅蕾むこすもす
籾を焼く煙に日矢のをどりけりよう子
ゆきずりの人も寄りくる焚火かなうつぎ
と見る間に川霧橋を呑み込みぬ素秀
一条の煙は谷戸の枯木宿うつぎ
冬雲に届くかと見ゆ大欅たか子
まなかひに妙見山や冬田道満天
2018年12月19日
うんちくの長き女将やペチカ燃ゆたか子
ヘアピンの径登り来て枯木宿うつぎ
2018年12月18日
冬うらら谷戸に傾く一輌車菜々
真ん中に焼き跡残る冬田かなやよい
枯山の裾縫ふ谷戸の一両車ぽんこ
カルストの枯野を馳せる風の音三刀
蕪剥くまあるくまるくまたまるく更紗
落葉焚取り囲みたる吟行子こすもす
2018年12月17日
年用意寺男らはみな素足たか子
湯気たてて参道の客呼び込みぬさつき
枯野ゆく犬に首輪の無かりけり素秀
袖垣のゆるび直すも年用意菜々
炉話に相づちうつも合点せずなつき
トンネルを抜けるにつれて枯れ深し明日香
競輪紙に赤丸つけて毛糸帽やよい
黒雲の裂けるや否や冬日射すはく子
鈴鳴らし猫の媚び来る寺小春やよい
2018年12月16日
薄ら日に透く古民家の白障子せいじ
オーラスに名乗りて安堵終ひ句座なつき
送電塔踏んまえ立ちて山眠る満天
訪ね来て嬉しき知らせ息白したか子
2018年12月15日
亡き母に届く訃報や年の暮もとこ
留守番の吾にメモ添へおでん鍋宏虎
ボロ市に着物着崩す女かななつき
霜夜更け片割れ月の中天に菜々
凍て空へ離陸機機首を立てにけり三刀
句座中断窓辺に全き時雨虹うつぎ

page_top

2018年12月16日

12月8日~12月14日

2018年12月14日
活断層深く宿して山眠る宏虎
堆く落葉なだるるなぞへかなぽんこ
メモ書を消してまた足す年用意三刀
鴨の引く水脈の三角川幅に明日香
夫の背に祈る年末賞与の朝なつき
2018年12月13日
白息の長さを競ふ登校子智恵子
星のごと煌めく霜や朝の畑そうけい
冴返る夕空高く匕首の月はく子
杉美林ちらほら点る実南天やよい
初氷柄杓で叩く手水鉢愛正
2018年12月12日
二三行息災問うて年賀状満天
診察券ポインセチアの横に出すうつぎ
境内に広ごる落葉煙かな明日香
2018年12月11日
音もなく庭石濡らす夕時雨菜々
老い二人小さき聖樹に星飾るたか子
目つぶれば故郷の山河日向ぼこうつぎ
椎の樹に一句碑の添ふ庵小春せいじ
2018年12月10日
百五十段を一気や息白しせいじ
畳蹴る否やに気合寒稽古たか子
雀どち遊ぶ小春の精米所小袖
菊畑の香にそふ畦をたもとほりそうけい
渋滞は覚悟の上や町師走なつき
2018年12月09日
せせらぎの小石に渋滞する木の葉ぽんこ
風花へ散歩の夫を見送りぬよう子
2018年12月08日
梟の声近くして露天の湯智恵子
やはらかな峡の日差しに子守柿菜々

page_top

2018年12月9日

12月1日~12月7日

2018年12月07日
店先に溢るるポインセチアかな満天
三輪車漕ぐ子のあとに着膨れてなつき
牡蠣料理広島弁の同窓会宏虎
電飾にがんじがらめとなる冬木満天
2018年12月06日
同窓会老いまたよしと菊の酒宏虎
山峡の十戸に木の葉時雨かなうつぎ
2018年12月05日
トーマス号蒸気吐きつつ紅葉峡智恵子
茅葺の庭の一隅冬紅葉やよい
2018年12月04日
大鷺の飛びて同化す冬の雲愛正
連山のシルエットなす冬夕焼ぽんこ
冬ぬくし上着を肩にサラリーマン菜々
画展見て帰るさの道夕時雨たか子
2018年12月03日
烏どち何か諍ふ枯野かなこすもす
作務僧ら襷掛けして障子貼る菜々
枯蓮矢刀折れに沈みけりたか子
ざくざくと子らに踏まるる霜柱智恵子
コンサート果てし余韻や街師走よう子
うら枯れの野を打つ雨の音寂し三刀
2018年12月02日
道を塞く風倒木に冬芽ありせいじ
饒舌な炎なだめつ落葉焚くなつき
青空へ産毛の透ける冬芽かなこすもす
2018年12月01日
オカリナのめをと合奏冬ぬくし明日香

page_top

2018年12月2日

11月24日~11月30日

2018年11月30日
川涸れてあらはになりし巌かな隆松
落葉して明るくなりし街路かな満天
猿回し芸二つだけ冬うららなつき
岩肌に縋るがごとき散紅葉明日香
2018年11月29日
白雲のひっかかりたる枯木かなそうけい
すっぴんを忘れ試食にマスク取る智恵子
冬うらら知恵の輪石を潜らばやうつぎ
灯凍つる終電あとの無人駅愛正
箸の穴いくつ飴色煮大根やよい
2018年11月28日
落語めく法話に和む報恩講こすもす
ロープウエイいま錦繍のトンネルへ満天
大琵琶の眼下に展け比良小春はく子
昔馬車駈けし道とや紅葉溪よう子
2018年11月27日
人の列自づと蛇行紅葉坂せいじ
寒夜覚めへこみ直せり羽根枕なつき
夫の家事なかなか上手風邪ごもりぽんこ
廃屋の窓だけ残り蔦紅葉うつぎ
句の道に終点はなし翁の忌宏虎
2018年11月26日
しざるごと冬靄晴るる琵琶湖かな満天
大文字火床縁どる草紅葉せいじ
外苑は銀杏散り敷く黄の世界智恵子
2018年11月25日
拭き上げし窓に小春の空いつぱいやよい
靄かけて眠り初めたる畝傍山菜々
2018年11月24日
お茶室の屋根に散り積む銀杏かなさつき
一と本の冬の紅葉に歌ごころ菜々
金婚の旅を寿ぐやに冬満月やよい
煌めける波に浮沈す鴨の陣三刀

page_top
 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site