2018年11月

最新へ戻る 過去一覧 縦書PDF

2018年11月11日

11月3日~11月9日

2018年11月09日
と見る間に青空覗く里時雨はく子
写し絵の母の笑顔に石蕗明りやよい
欠礼の葉書相次ぎ身にぞしむ満天
2018年11月08日
窓ガラス拭けば小春の空ま靑菜々
凍み豆腐からから鳴らす山颪智恵子
豪邸の門扉を閉ざし柿たわわ三刀
2018年11月07日
百度石桜紅葉の吹き溜まるなつき
勅使門右近桜のもみづりぬよう子
2018年11月06日
翳したるこの指とまれ赤とんぼやよい
深々と落葉に埋もる力石そうけい
庭畑にいそしむ夫や冬ぬくし菜々
落暉いま銀杏黄葉を荘厳すせいじ
2018年11月05日
二人居に十列ほどの吊るし柿うつぎ
船虫の近づく足湯秋うらら明日香
ネクタイを緩めランチや街小春たか子
2018年11月04日
秋草が膝撫でをる摩崖仏明日香
秋天や袂みやびに蹴鞠びともとこ
土石流痕生々し渓紅葉さつき
間引き菜の小鉢彩添ふ夕餉かなよう子
菊レンジャーとは子らの作菊花展なつき
通過する汽車透けて見ゆ冬木立愛正
力石撫でるやに散る紅葉かなこすもす
2018年11月03日
女子高生どつと乗り来る駅小春こすもす
墨絵めく八重の遠山夕時雨智恵子
丘の上に佇つマリア像小鳥来るぽんこ

page_top

2018年11月4日

10月27日~11月2日

2018年11月02日
広報版余地なく埋まる文化の日うつぎ
小鳥来る峠茶屋守る老夫婦さつき
一茎の石蕗に明るき書院かな小袖
旅愉しホームですする走り蕎麦智恵子
意地悪な風いなしつつ落葉掃くたか子
2018年11月01日
秋夕焼水上バスを染めにけりやよい
里山の闇の深さや銀河濃し隆松
菊薫る志士らゆかりの宿坊にさつき
2018年10月31日
婚の列玉砂利踏みて菊日和智恵子
城壁を攻めのぼるごと蔦紅葉もとこ
百歳と子らが卓球文化の日はく子
紅葉狩ウエストポーチに朱印帳なつき
2018年10月30日
幼らの男女対抗宮相撲さつき
錦秋の茶事にくつろぐ古都の庭智恵子
媼らは笑ひ上戸や温め酒なつき
2018年10月29日
推敲す無花果ジャムを煮詰めつつやよい
疎に密にもみづり始む杜の樹々たか子
拝殿にひびく泣き声七五三三刀
2018年10月28日
到来のカステラも添へ月の膳菜々
花薄分けゆく里の通学路愛正
世話係てふ名誉職敬老会こすもす
秋惜しめとぞ風に舞ふ木つ葉かな明日香
2018年10月27日
坐禅堂沈黙破り鵙高音智恵子
活き活きとデパ地下めぐり木の葉髪菜々
秋思の吾医師の所見は異常無しせいじ
小田の藁塚チェスの如くに散らばりぬぽんこ

page_top

2018年10月28日

10月20日~10月26日

2018年10月26日
焼き藷がご褒美となる庭仕事三刀
落柿舎へ辿る畦道草もみぢ菜々
山容の現れては失せる早霧かなはく子
2018年10月25日
朝練の声はソプラノ森の秋もとこ
光背のやうな秋日や高野山なつき
目鼻なき羅漢の顔へ秋日影隆松
門ごとに名入り提灯秋祭やよい
2018年10月24日
秋夕焼ジャングルジムの児ら包むたか子
どんぐりに顔描き並ぶ無人駅智恵子
豊年を謝して獅子舞ふ高梯子やよい
川下り左見右見して紅葉狩せいじ
2018年10月23日
勝運の社はここと鵙高音さつき
磊磊のせせらぎ覆ふ渓紅葉宏虎
豊の田の一画に立つ売地札たかを
暮れてなほ金波耀く稲田かな明日香
野仏に秋思の膝を折りにけり菜々
観覧車いま天辺や鳥渡るたか子
2018年10月22日
澄む秋や投げ銭箱に鳴る小銭なつき
ひたひたと潮さす渚十三夜三刀
アルバムに子育ての日々秋灯下菜々
2018年10月21日
尖塔のクルスにかかる明けの月せいじ
2018年10月20日
草庵の相聞歌碑に小鳥来るなつき
園丁の姉さん被り菊日和せいじ
すり鉢は夫が押さえてとろろ汁菜々

page_top

2018年10月21日

10月13日~10月19日

2018年10月19日
一水に沿ふて藩邸新松子菜々
稜線のくつきりとして天高しせいじ
いつになく夫は饒舌新酒酌むさつき
2018年10月18日
吾亦紅道にはみでて自己主張なおこ
ハイカーの声よく通る秋山路せいじ
黒真珠めける草の実薬草園明日香
2018年10月17日
小鳥来る日曜画家のアトリエにさつき
コスモスの風に合唱するごとしなおこ
能舞台へと黄落す神の杜満天
水鏡して蹲踞の澄めりけりなおこ
2018年10月16日
本殿へ紅葉舞ひ散る渡り廊菜々
薄紅葉して神苑を明るうすたか子
2018年10月15日
朝露の水晶散らす草葎そうけい
参磴に散り敷く紅葉な踏みそあさこ
チェーンソー響く里山冬隣智恵子
襤褸なびくごとに風の枯蓮やよい
福音を妻と語らふ夜長かなせいじ
2018年10月14日
目薬を一滴二滴夜なべ措くうつぎ
五合庵訪ひて拾ひし落し文なつき
敗蓮風に平身低頭す宏虎
秋天へ双手を翳す少女像満天
橋半ば遥か遠嶺のさはやかにやよい
山車降りてくればパパ顔秋祭たか子
蓋とれば湯気も良き香やきのこめし菜々
2018年10月13日
背後から命の水や菊人形宏虎
魁の一枝池畔の櫨紅葉やよい

page_top

2018年10月14日

10月6日~10月12日

2018年10月12日
混み合うて箸急かさるる走りそばたか子
秋風や更地になりし風呂屋跡はく子
月光をまとひ到着終電車智恵子
一つ灯に偕老願ひ栗を剥くうつぎ
2018年10月11日
秋高し修復なりし吊橋にやよい
乳歯二本抜けし笑顔の七五三こすもす
大池に沿うては離れ野路の秋菜々
隠沼の面に蒼穹秋高し隆松
喜寿卒寿集ふ兄妹菊日和はく子
朝寒やスリッパ探す足の裏たか子
2018年10月10日
唐風の邸を映して池涼し菜々
気乗りせぬ夜なべの針に刺されもすうつぎ
木の実落つ梢のリスと目の合ひぬ智恵子
血ばしりし眼見開き牛合せなつき
秋の声臥せる風禍の大樹よりはく子
深秋や小さくなりし我が背丈やよい
2018年10月09日
掛け終えて稲架芳しき夕まぐれ明日香
直線にセコイア並木秋高し菜々
な踏みそ磴に散らばる銀杏の実こすもす
免許証ついに返納秋高し宏虎
明日の晴れ約束してる秋夕焼明日香
秋澄むや旅の小道に芭蕉句碑ぽんこ
2018年10月08日
島バスのアップダウンや蜜柑山宏虎
秋霖に街灯けぶる浜通りそうけい
スクランブル交差点混み秋暑し満天
紅葉山震禍の疵の生々しなつき
秋天を一太刀に斬る飛行雲たか子
2018年10月07日
窓越しの秋日を返す畳の目三刀
黄金の稲田の波間夕日落つたかを
高牧の裳裾に展け大花野智恵子
雲龍の水墨画めく野分雲せいじ
2018年10月06日
コスモスの風に帽子を取られけり治男

page_top

2018年10月7日

9月29日~10月5日

2018年10月05日
錆色の和紙の綴じ糸古書の秋ぽんこ
何処なく金木犀の風ほのと満天
鉢に水待つてましたと秋蝶来明日香
ポケットにラジオ孤高の松手入やよい
2018年10月04日
疎に咲いて十月桜空に透くやよい
栗ごはん美味しお米も丹波産菜々
防人の島の小径に落し文さつき
被写体は雨粒光る彼岸花明日香
草虱だらけのままに山路行くたか子
急磴に一息つけば薄紅葉さつき
紅葉宿異国語ひびく露天風呂もとこ
2018年10月03日
秋思憑く医師の所見は要検査せいじ
山峡の岨に水禍の名残かなこすもす
2018年10月02日
階調の変はる水音下り簗愛正
力石撫でて旅立つ草の絮うつぎ
松手入纏ふ法被は屋号入りさつき
2018年10月01日
ネクタイを締めし案山子が一等賞宏虎
ジョギングの吾に併走赤とんぼさつき
新涼や雑事あれこれ目白押したか子
一羽きて二羽きてどつと稲雀やよい
五つ六つ団栗拾ひ奥津城へ三刀
2018年09月30日
萩の寺和気藹々と大茶盛こすもす
対岸の土手を席巻葛畳はく子
2018年09月29日
起き抜けの六腑に沁みる秋の水菜々
災害のニュースばかりに秋思憑くたか子

page_top

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 

 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site