毎日句会みのる選・2018年3月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2018年3月25日

3月17日~3月23日

2018年03月23日
小流れに切つ先立てし菖蒲の芽ともえ
屹立し芽吹く裏山大伽藍せいじ
コサージュの胸ふくらませ卒業す更紗
山門をくぐる我らに芽木の風せいじ
島繋ぐ送電線や鳥帰る宏虎
国境なる嶺をさして鳥帰る菜々
ゆくりなく初花にあふ朝散歩はく子
2018年03月22日
芽柳に風の生まるる川堤ぽんこ
くつくつと新玉ねぎを煮込む音みどり
貝寄風や潮目が分かつ青と藍やよい
玄海の潮に育ちし若布刈るさつき
2018年03月21日
梅林の小径数珠なす傘のれつこすもす
眼福と見し満開の丘の梅せいじ
遥かなる銀嶺日矢に煌めける隆松
春疾風悲鳴をあぐる森の木々明日香
陽光の丘埋めたる花ミモザみどり
2018年03月20日
梅の丘指呼にまどかな甲山たか子
鼻先と梅の花との出会ひかなこすもす
母さんとおててつないで卒園すもとこ
畑仕事終へて家路へ春の夕みどり
目覚ましをかけずともよき朝寝かなさつき
身まかりし妹悼む桜かなあさこ
舞殿へ伸びし一枝の初桜やよい
2018年03月19日
野に遊ぶ師弟関係和が一番明日香
つばめ来て古巣繕ふ無人駅智恵子
老木の幹黒々と花の雨三刀
ゆくりなくお茶の接待遍路寺なつき
うららかや検診票の良多し愛正
春日燦砂紋に濃ゆき松の影ぽんこ
磴半ば一息つけば山笑ふぽんこ
2018年03月18日
産土の杜の息吹や百千鳥菜々
ホスピスへ辿る桜の並木道よし女
春光や天守より見ゆ古戦場なつき
2018年03月17日
子らのどか砂場に数多土だんごたか子
土手草に見えつ隠れつ初蝶来菜々
ジョギングすペアールックに風光る満天

page_top

2018年3月18日

3月10日~3月16日

2018年03月16日
しとしとと芽吹き促す今朝の雨明日香
蜆舟吃水深く戻りけり宏虎
春寒し買うて忘れし荷を取りによし女
芽吹山貫き進むハイウエー菜々
棄て榾を返せばあまた春子噴くうつぎ
芽起しの雨降り注ぐ生駒山たか子
久闊の共の手土産さくら餅はるよ
春泥も心得てをる盲導犬たか子
2018年03月15日
襞影の薄れて嶺々は芽吹きどき菜々
城日永大道芸に人だかりせいじ
夫に付き花菜明りの庭畑へよし女
ベランダを埋め尽くして桜草はく子
潮騒をBGMに初音聞くさつき
ジョギングの人も寄り道梅盛るたか子
2018年03月14日
日を弾く川面の眩し猫柳うつぎ
青空へ傘ひろげたる枝垂れ梅あさこ
石庭の要の松に風光るぽんこ
酒造蔵大うつばりに春灯やよい
蜑の家物干し竿に若布干すさつき
釣宿は柄まちまちの布団干すさつき
2018年03月13日
反り屋根の甍が弾く春日かな明日香
よく揺るる鈍行列車春眠しみどり
梅宮の名水をもて漱ぐやよい
ひとり居の姉を誘ひて春日傘たか子
古書肆街軒を連ねて春燈よう子
呑み屋街点りそめたる春の宵みどり
手庇に遠き人影大干潟三刀
2018年03月12日
細波す角組む蘆の隙間かな宏虎
囀や母の墓前に額づけばやよい
春を待つ登山道具の手入れして愛正
裾余る大涅槃絵を吊るしたりなつき
春灯し丘のマンションお城めく菜々
連綿と但馬全山笑ひけりこすもす
2018年03月11日
大幹を潤し落つる春の雨智恵子
湖に残る一羽の鴨遠しともえ
掬はんとする匙逃ぐる蕨餅あさこ
2018年03月10日
梅林の迷路に遊ぶ子供たち隆松
杣道の石持ち上ぐる霜柱さつき
風光る甍越しなる瀬戸の海三刀
雨晴れて雫も匂ふ梅の丘満天
綺羅星のごと日をはじく雪解川隆松

page_top

2018年3月11日

3月3日~3月9日

2018年03月09日
雛壇の眼鏡は客の忘れ物うつぎ
馬鈴薯植う触りし土の温かし三刀
春泥の乾かんとする象の尻宏虎
陽春や旅のさそひに気もそぞろみどり
高枝より春光もるる木立かなみどり
揚雲雀神の御山を越えんとす明日香
渡し舟行き交ふ土手の花菜風智恵子
2018年03月08日
墓の母へと報告す卒業子治男
貝寄風や坂の神戸に住み古りてたか子
一人居の気まま春眠はばからずはく子
ハングルも英語も混じる受験絵馬さつき
春寒や回覧版の雨に濡れ満天
2018年03月07日
せせらぎを聞くやに出でし蕗の薹さつき
ぴかぴかにトイレを磨き卒業すよし女
繕はぬ古びが値打ち雛調度うつぎ
捻れたる老幹なれど梅香るさつき
登校子見守る黄旗風光る智恵子
五感もて旬を楽しも木の芽和宏虎
助手席はゆりかご春眠避け難しはく子
2018年03月06日
トンネルを抜けるや否や山笑ふさつき
雛の間行儀良き子となりにけりよう子
曲水の宴模したる庭の雛なつき
雨晴れて膨るるごとき春の山満天
2018年03月05日
馬酔木咲く万葉歌碑の並ぶ丘やよい
歪みたる玻璃戸に梅の花滲むぽんこ
風花のスクランブルす交差点愛正
海峡を見下ろす宮の山椿うつぎ
笏なくて手持ち無沙汰や古雛明日香
合格の祈願の絵馬に風光る菜々
楼門の奥処を埋む梅白しよう子
早朝の眠り断ち切る春の雷三刀
2018年03月04日
人見知りせる子を泣かす雛の客なつき
一句欲る淀の堤の春風裡菜々
顔寄せて盆梅の香を確かむるよう子
古墳へと走り根の道踏青すやよい
2018年03月03日
糶果てし余韻埠頭の春風裡せいじ
楼門の篇額仰ぐ梅の寺よう子
庭池の反り橋に立つ内裏雛うつぎ

page_top

2018年3月4日

2月24日~3月2日

2018年03月02日
御点前の所作のごと掬む春の水せいじ
花がらを摘めばパンジー唄ひだす明日香
春一番放牧場に牛居らずなつき
沖遠く失せる巨船や春霞せいじ
糶負けて紫煙くゆらせ春愁ふさつき
2018年03月01日
子午線はどのへんかしら海おぼろうつぎ
宍道湖で穫れし蜆と幟立つ智恵子
盆梅展琴のしらべに巡りけりはく子
春一番合格電報届きたる菜々
子午線と記すホームや駅うららたか子
水仙の香にうち仰ぐなぞへかなみどり
春愁や即絞めらるる糶の魚せいじ
竹林のいまし修羅場や春疾風三刀
2018年02月28日
春潮にたゆたふごとし淡路島たか子
雛の間和服姿の碧眼もよし女
潮騒を背に磴のぼる遍路かななつき
時々はスイツチ入るる春炬燵こすもす
春光に反る白銀は大架橋せいじ
人垣は初いかなごや魚の棚うつぎ
風鐸の揺れ落ちつかず涅槃西風宏虎
目高鉢時化さながらや春疾風よし女
子午線のトンボ標柱風光るはるよ
2018年02月27日
湯煙の立ち登りたる冬木立愛正
刀傷のこる茶室に雛御殿なつき
子午線の空に輪を描く春の鳶ぽんこ
春水をざぶざぶ使ひ糶果つるたか子
亡き母の所作思ひつつ雛飾るもとこ
2018年02月26日
おらが山今朝は霞に隠れけり三刀
目瞑りて聞くせせらぎの春の唄みどり
堂ぬくし碧眼の徒も写経せるせいじ
ゆつくりと向き変ふ鯉や水温むみどり
春耕の畝黒と縞なせる明日香
2018年02月25日
肚割られ透きとほりたる干鰈宏虎
ほつほつと漁火点る春の宵はく子
豆の咲く岬に展け海まさをやよい
春耕といふも一畝庭畑菜々
風光る大願塔の水煙にたか子
2018年02月24日
風花の磴百段に高舞へるみどり
春泥を蹴つて仔牛を見に走るなつき
オルガンの響き聖堂冴返るはく子
春昼やふつふつケーキ焼ける音みどり
丘の上の聖十字架に風光る満天
早立ちの渡船に並ぶ島遍路なつき

page_top

過去一覧

2018 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site