毎日句会みのる選・2018年1月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2018年1月28日(Sun)

1月20日~1月26日

2018年01月26日
湧水の噴く辺に群るる寒の鯉やよい
雪合戦団地に子らの声ひびく智恵子
ゴルフ場広く見えたり雪の原治男
庭の雪掻くとりあえず道路までこすもす
雪高く積むは北国トラック便やよい
日溜りに消ゆ風花の命かなせいじ
2018年01月25日
新築の太梁軋む寒さかなやよい
遊ぶごと畝間氷を割る鴉明日香
籾殻に埋むは農の寒玉子うつぎ
せせらぎを辿り近道初観音よし女
大寒波ポタリともせぬ蛇口かなよう子
木枯しや夜半の雨戸を叩きづめやよい
2018年01月24日
大寒の靴音の急くオフィス街菜々
見覚えのありし癖字の年賀状そうけい
飲み干せし薬包かさね春を待つ更紗
奥宮の神鈴鳴らす寒九かなぽんこ
降り積もる雪に家路の遠きかな智恵子
廃校のグランド駈けて虎落笛うつぎ
庭景色風の形に雪積もるよし女
氏神の御神酒に酔ひし若い衆そうけい
引越しの置土産なる雪だるませいじ
2018年01月23日
ベランダの手摺に小さき雪だるませいじ
波照間の黒糖ふふみ寒に耐ふうつぎ
満開の蝋梅に気を貰ひけりあさこ
まほろばの色の失せたる枯野かな明日香
水仙や冲の小舟の見ゆる岬さつき
軒下の洗濯物へ風花すあさこ
離乳食もりもり食ぶ子春隣なつき
とろろ汁母郷恋しとすすりけり菜々
綻びし丹前なれどお気に入りよう子
2018年01月22日
着膨れて旗振る路地のガードマン三刀
狼藉のごとき轍や雪の道こすもす
竹林に洩るる笹鳴き露天の湯やよい
無人駅守るがごとく雪だるま智恵子
2018年01月21日
風の道なれば裏庭大根干す三刀
父祖の地の何年ぶりや梅探るうつぎ
ビルあひの宮のひだまり梅蕾む菜々
ジョギングの人らも笑顔寒日和満天
末の子の進路も決まり春隣はく子
薄目閉づ十六羅漢山眠るなつき
日脚伸ぶだけ長くなる畑仕事明日香
雪道を登る草鞋の僧侶かな智恵子
2018年01月20日
藁苞の傾ぎしままに寒牡丹さつき
尾も鰭も微動だにせぬ寒の鯉たか子
瓔珞の一粒ならめ竜の玉うつぎ
目鼻なき野仏深く雪被く宏虎
四方の門開けて千年梅の宮菜々

page_top

2018年1月21日(Sun)

1月13日~1月19日

2018年01月19日
風花の乱舞やまざる朱塗橋菜々
車椅子降りて一二歩春隣さつき
城塁の裾を縁どる水仙花やよい
牡蠣焼けば殻の中にて身のをどるともえ
碧眼も器用に手水寒の水たか子
花のごと樹氷咲かせし大欅なおこ
日射し燦此処にいるよと龍の玉うつぎ
峠道右手に左手に雪襖隆松
竹はぜる度に歓声どんど焼きなおこ
子ら揃ひ鍋を囲める夕べかなみどり
断崖に傾ぐ老松色変へずみどり
2018年01月18日
手招きに友先導す探梅行さつき
乗り遅れ駅のベンチに日向ぼこぽんこ
同化して岩に貼り付く寒釣師智恵子
2018年01月17日
初句会抱負も添えて一句評うつぎ
荷物もちくれし駅員冬ぬくしやよい
宮縁起記す一碑や冬萌ゆる菜々
竹林を流離ふ焚火煙かなせいじ
大どんど肩へ背中へ灰神楽なおこ
古都四温路地へ消えたる二人連れ菜々
寧かれと寒の雨降る阪神忌はく子
ひたすらに藁食む仔牛息白しなつき
背ナに嬰負ひてどんどの火に祈るよう子
頬つぺたに灰の貼りつくとんどかななおこ
ありがたし夫の手塩の冬野菜明日香
2018年01月16日
犇めける祈願の絵馬に梅固しぽんこ
リズムよく薪積み上ぐる炭焼夫なつき
添書きに辛苦見えたる年賀状宏虎
厨から包丁を手に冬菜畑三刀
冬晴れへ積み木のごとくビル銀座菜々
地の野菜めあてに里の初市へうつぎ
2018年01月15日
寺四温めぐる筆塚茶筅塚菜々
肥料袋山と積まるる冬田道こすもす
釣り自慢して春を待つ漢かな三刀
老梅へ祈りごころに成木責めなつき
2018年01月14日
連鎖せる不満の愚痴や女正月宏虎
七福神巡り鎌倉初歩き智恵子
ごみ出しを物見す屋根の寒鴉満天
枯葎わけてのぞけば仏の座明日香
城門を守る老松の色変へずみどり
万象の丸み帯びたる雪景色たか子
女正月なりし一日も炬燵守よし女
鉄骨のむきだしに立つ空寒しみどり
母の背ナから児の手伸ぶどんどかなよう子
大とんど月を焦がさむばかりかなうつぎ
2018年01月13日
福笹を担ぎて電動車椅子やよい
雪見酒して至福なる露天風呂宏虎
応援の声を攫ひし空つ風たか子
粕汁に酔ひたる吾を夫笑ふたか子
頬寄せて初みくじ見る彼彼女菜々
モノクロの景の広がる丹波道明日香
黄金の夕陽ひろがる枯野かなぽんこ

page_top

2018年1月14日(Sun)

1月6日~1月12日

2018年01月12日
窓の雪眺めつ啜る番茶かな明日香
谷戸晴れて畝間畝間に薄氷こすもす
着膨れてシートベルトのままならずうつぎ
風花のヘッドライトに乱舞せるよし女
霜柱さくさく踏んで吾傘寿菜々
2018年01月11日
雲水の草鞋に今朝の霜深し菜々
初投句記念切手が目当てかなたか子
悪しき夢幾度目覚めぬ虎落笛よう子
陽のあたる此処極楽と日向ぼこともえ
ロープウェイ樹氷の梢足下とす智恵子
一羽きて梢ぼるる寒雀うつぎ
凝りたる道なころびそ医者通ひあさこ
新春の駅頭にはや献血車せいじ
雲水の草鞋踏みゆく霜の道菜々
寒禽の鋭声矢のごと雑木山三刀
2018年01月10日
雪しまく谷戸へ傾く電車かなよう子
火の玉となり寒林へ夕日落つうつぎ
笑顔よき巫女より買はむえびす笹菜々
黒潮へ絶壁なせる水仙卿宏虎
初日記旅のチケットなども貼りたか子
2018年01月09日
日溜りへ出て読み返す初みくじなつき
初詣混む五円玉両替所明日香
リリーフは屈強の婿餅を搗くうつぎ
2018年01月08日
一万歩コースを選び初詣せいじ
騒めきの去りし神苑寒に入るよう子
やや不満席譲られし初電車満天
離陸機の過りしどんど煙かなさつき
一斉に野球帽脱ぎ初詣たか子
ま新し庭の客土へ寒の雨菜々
ふうふうと湯気踊らせて七日粥うつぎ
2018年01月07日
命中の片腕翳す弓始満天
息白く箱根の山を一気駈け更紗
子ら去にてまた老二人薺粥ぽんこ
厄除けの磴に存問冬桜なつき
振舞の甘酒もろて包みかなはく子
どんどの火果てて小暗き神の庭宏虎
2018年01月06日
太箸にやさしさ滲む嫁の筆たか子
竹生島茜雲おく初景色やよい
連凧の駈け上りゆく虚空かなはく子
朝刊のポストはみ出す霜の花うつぎ

page_top

2018年1月7日(Sun)

12月30日~1月5日

2018年01月05日
風花に点描画めく四囲の山明日香
もてなしは琴の連弾初座敷やよい
海風にのりて蝋梅香りくる智恵子
周航の唄ハミングす初航路たか子
御朱印の筆跡あらた初参りぽんこ
冬日燦梢に昨夜の雨しずくみどり
山河いま光に満つる霜の朝三刀
2018年01月04日
日常の煮炊きに戻る四日かなよし女
四日はやグランドゴルフ音響くうつぎ
純白の霜に明けたる窓景色よし女
2018年01月03日
誕生日ワインで祝ふ蟹料理あさこ
斯く激つ宇治の瀬波の淑気かなせいじ
御降の道々駅へ子ら送るぽんこ
美容院鏡の前に柚子の山そうけい
堂出でて皆笑顔なり初法話満天
旋回す鳶に届けと凧上げるさつき
正月や孫に彼女が出来たとかよし女
ゆくりなく冬の虹立つ琵琶泊やよい
江戸つ子の孫にも白みそ雑煮餅菜々
白波を延ぶ大琵琶の淑気かなたか子
2018年01月02日
のつぽの子屈んで受くるお年玉なつき
泥かぶる路肩の雪や峠道みどり
楽しさう日射しの庭へ初雀満天
2018年01月01日
たまゆらの日射し差し込む初座敷明日香
寒菊や里を見下ろす父祖の墓みどり
しろがねの日を揉む浦の淑気かなよし女
老いらくの恋など期待初みくじ宏虎
天国の夫へ届けと除夜の鐘はく子
変はりなき知己のくせ字の年賀状なつき
改札に注連飾られし無人駅智恵子
2017年12月31日
屠蘇祝ふダイヤ婚なる共白髪宏虎
駅一つ過ぎて一面雪景色こすもす
夫の分まで生きなんと去年今年はく子
2017年12月30日
父母の遺影に語り年祝ふたか子
ありたけの鍋勢揃ひ年用意うつぎ
糶果てて榾火を囲む魚市場三刀

page_top

過去一覧

2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site