毎日句会みのる選・2017年7月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2017年7月30日(Sun)

7月22日~7月28日

2017年07月28日
花火師の印半纏躍如たりともえ
風鈴の協奏曲や路地親し智恵子
隠沼に葉洩れ日躍る涼しさよよう子
風通る千畳敷の堂涼しせいじ
2017年07月27日
水引の花のもつるる風の谷戸恵三
喬木の森に鶯老いをなくはく子
一瞬の黙ありてまた蝉しぐれせいじ
まん丸に頬紅さして浴衣の子なつき
吉野路の翠黛隠す霧ふすまぽんこ
炎天下貨車はレールを軋ませて菜々
遠雷や小さき臍ある力石うつぎ
慈雨なれば宿る軒下みな笑顔たか子
2017年07月26日
舞殿を借りて句会や風涼しよう子
髪留めの涼し煤竹細工てふなおこ
七つ星割りて飛び翔つ天と虫三刀
舞殿の下に犇めく蟻地獄 小袖
2017年07月25日
浜木綿の海へ誘ふ遊歩道恵三
夏木立天降るがごとき鳥語かなさつき
葛餅を施設の母の口元へ恵三
青時雨刻印のなき力石小袖
2017年07月24日
真白なる前掛け涼し地蔵かなこすもす
隠沼に一茎立てし蓮の花隆松
鹿の子の木陰に四肢を畳みをりこすもす
湘南の海霧に消えゆくクルーザー恵三
夕端居今日の介護を恙無くうつぎ
2017年07月23日
軽鴨一家無事と安堵や出水跡さつき
このあたり昔渚や月見草恵三
子に返る人の笑顔や西瓜食ぶはく子
夕涼の浜辺に恋の影法師恵三
2017年07月22日
樹下涼し世間話の尽きるなしなおこ
広々と青田を跨ぐ送電線恵三
神木の古りし注連縄蝉の殼さつき
盆踊り当地音頭に輪の膨るうつぎ

page_top

2017年7月23日(Sun)

7月15日~7月21日

2017年07月21日
サングラス外せば意外好好爺さつき
2017年07月20日
欄干に神戸の市章登山口うつぎ
夏帽子とりて仰ぎぬ大欅なおこ
夏蝶来ジャングルめきし大欅なおこ
遠ざかる電車に灼けし鉄路かなよう子
駐在所ペットボトルに草の花恵三
2017年07月19日
露天商団扇を腹にうたた寝すなつき
片陰のベンチ占むるは句ともがら菜々
不揃ひの椅子卓並べ滝見茶屋うつぎ
赤と黄のカンナの燃ゆる通学路恵三
湖上なる鳥居を過るヨットの帆せいじ
胡瓜とるくの字への字も隔て無くよう子
谷底を白蛇這ふごと岩清水うつぎ
2017年07月18日
滝風に窓全開す茶店かなたか子
雪渓を一糸乱れず隊すすむ恵三
大甕の水満満と蓮開くこすもす
2017年07月17日
母が持つ金魚掬ひ子のたもとなつき
木漏れ日の綺羅まき散らす山清水隆松
海の日の迷子を告ぐるスピーカー恵三
2017年07月16日
水やりを休めと夕立来てくれし明日香
浴衣着て性格違ふ姉妹なつき
空蝉の背中に乾く土の色三刀
2017年07月15日
朝凪に白帆散らばる湖涼しせいじ
海人夫婦金婚式を迎へけり恵三
近づけば数多の蛙力石なおこ

page_top

2017年7月16日(Sun)

7月8日~7月14日

2017年07月14日
戸を繰ればどつと飛び込む蝉時雨菜々
蝉時雨村に一軒何でも屋宏虎
テーブルの並ぶごとくに蓮大葉たか子
空蝉を木陰の枝に移しけり満天
奈落の瀬見えざるも音涼しかりはく子
2017年07月13日
旅鞄居間に置くまま梅雨明くるなつき
苗筋の歪み消え失せ大青田明日香
夕焼けて金波銀波の琵琶湖かな宏虎
川風が煽る茶店の日除かな菜々
2017年07月12日
あめんぼう雲居を駈くるごときなりはく子
夕暮れて中洲は鷺のハレムかなさつき
青田風越後平野を渡りけり恵三
大甕に風のさゆらぐ蓮の花ぽんこ
神木に縋るあまたの蝉の殻やよい
逗子沖の海霧より現れしヨットかな恵三
2017年07月11日
足裏にフローリングの梅雨じめりはく子
昼寝児の口三角に大あくびなつき
夕涼の浜辺に恋の影法師恵三
2017年07月10日
蹲踞に溢れむばかり布袋草せいじ
ネオン涼し運河の波にゆらゆらすなおこ
石仏を打ちてやまざる禊滝ぽんこ
噴水の天を突いたりしやがんだりたか子
機窓より首都の夜景の灯の涼し恵三
お待たせと云ひつ畳みし白日傘恵三
路地涼しけんけんぱーのまる四角はく子
一水に巡る神苑緑濃し菜々
2017年07月09日
草いきれ土手に添ひゆく札所道菜々
水鉄砲爺の笑顔に命中す宏虎
行儀よく並んでとまる川蜻蛉明日香
白南風が大草原を駆けてくるさつき
風涼し山気漂ふ切通し恵三
暗雲と見るや雷鳴とどろきぬせいじ
立ち並ぶサーフボードの片かげりなつき
2017年07月08日
水車いま涼しき音を奏でけり恵三
草笛を施設の母に吹き聞かす恵三
中天の雲居に滲む梅雨の月菜々
黒子めく人の気配や花火待つなつき

page_top

2017年7月9日(Sun)

7月1日~7月7日

2017年07月07日
唄ふ輪の膨れてゆきぬキャンプ村恵三
木下闇福耳揃ふ六地蔵宏虎
水玉をまろばせあそぶ蓮の風満天
一枚を古代米とす植田ありたか子
園児バス窓に手を振る夏帽子せいじ
2017年07月06日
このあたり昔渚や月見草恵三
瓜刻む音に炊事の主判りともえ
通学の自転車連ね青田道さつき
2017年07月05日
峰雲を出でし機窓に夕日差す恵三
軽鴨の子の列につき行く朝散歩さつき
潮風や風車の回る青岬恵三
石塔に一条の日矢夏木立隆松
椰子の木をまたぎてひらく揚花火なつき
2017年07月04日
雨意の空気にしつ日がな梅仕事たか子
郭公の声に目覚めし旅の朝智恵子
雲出でて大きな暈の梅雨の月菜々
今年竹はや高々と空履きぬぽんこ
2017年07月03日
埋立ての沖広陵と大西日やよい
妻機嫌厨に胡瓜刻む音菜々
2017年07月02日
つま先にコスモス触るるリフトかななおこ
水着干す宿の手すりに隙間なく智恵子
逃げ場なきフロントガラス大西日ぽんこ
2017年07月01日
汗止めのねじり鉢巻溝掃除せいじ
水平線まで紺碧や海開き宏虎
僧どちもヨガの仲間に堂涼しはく子

page_top

2017年7月2日(Sun)

6月24日~6月30日

2017年06月30日
百磴の真中に潜る茅の輪かなやよい
車座に若者集ふ夏季講習ぽんこ
2017年06月29日
晩鐘の後ひとしきり遠蛙有香
無人駅吹き抜けて行く青田風菜々
大夕焼親子の長き影法師なおこ
2017年06月28日
涼風にカーテン機嫌よく揺るるやよい
談笑を途切らせ過る青蜥蜴たか子
2017年06月27日
紫蘇揉んで皺といふ皺染まりけりやよい
草引きに始まるグランドゴルフかなうつぎ
悲しみを知られたくなくサングラス智恵子
2017年06月26日
斑紋と見しは瀬石の赤蛙うつぎ
抜くる風涼し酒屋の通し土間やよい
2017年06月25日
傘さしてゐても避け得ぬ梅雨じめり明日香
写経の間静か間遠にほととぎすうつぎ
桟橋の波鎮まれば海月かな宏虎
夏の雲もろともビルの窓磨くたか子
大口を開けて犇めく鯉暑しぽんこ
雨に濡れいよよ深まる茄子の紺満天
2017年06月24日
モダンジャズ地下から洩るる梅雨の街智恵子
雨脚の少し遠のき時鳥三刀
岬鼻に展けし海や雲の峰こすもす
万緑を抜きん出てをる飛簷かな満天
映画館出でて目眩む日の盛りたか子
鎮守社の四方より通ふ青田風菜々

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site