毎日句会みのる選・2017年6月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2017年6月25日(Sun)

6月17日~6月23日

2017年06月23日
あめんぼの脚四本にしか見えずせいじ
八つ橋の陰から出でず蝌蚪群るるたか子
ビル街の夕立避くる軒の無くともえ
往年のモダンガールや黒日傘治男
西日射す校舎吹奏楽漏るるなおこ
2017年06月22日
山襞にのこる雲あり梅雨晴間はく子
うち騒ぐ池塘の真菰雨もよひなつき
2017年06月21日
飛び石に遊ぶがごとく夏の蝶こすもす
きらきらと水陽炎や沢涼しうつぎ
2017年06月20日
白南風に胸を反らせて風見鶏菜々
地図になき路地に迷ひぬ街薄暑なつき
ハイカーに赤き目印夏木立たか子
一の谷奈落を埋む茂かななつき
渓水の高鳴るところ蝶遊ぶ菜々
2017年06月19日
高舞ひて星に紛るる蛍ありうつぎ
空襲を知りたる樟に蔦青しなつき
一と缶を夫と分け合ひビール干すよし女
陋巷に巣立つ燕の声高し智恵子
陽の落ちてより収穫す夏野菜明日香
朝顔の咲いたよと吾子起こしけりこすもす
葬送を終へて片陰戻りけりはく子
2017年06月18日
舞妓らのうなじ撫ぜゆく若葉風菜々
海霧深きより寄港せる異国船宏虎
バス走り走り走れど虹前にともえ
回覧のまたも訃報や梅雨寒し満天
夏帽子散らばり遺跡掘り進むやよい
2017年06月17日
紫陽花の毬分け入りて検針す満天
必着と朱書父の日プレゼントせいじ
哲学の道は紫紺の濃紫陽花ぽんこ

page_top

2017年6月18日(Sun)

6月10日~6月16日

2017年06月16日
目瞑ればまなうらになほ蛍の火たか子
白南風がカーテンめくりしてをりぬせいじ
積みあぐる祈願の小石青葉闇なつき
ほうたるや待ち人を待つ橋の上うつぎ
更くる夜の玻璃戸ノックす火取虫宏虎
ミニ講座受けて蛍の観賞会こすもす
2017年06月15日
築山のみどり映して池鏡菜々
国宝の社寺秘して山滴れるせいじ
2017年06月14日
夏草やサーカスの象出番待ちぽんこ
首塚の灼けて小銭の散らばりぬなつき
でで虫や一人のたつきにも慣れてはく子
2017年06月13日
国生みの島模糊としてさみだるる菜々
羊群の高牧にたつ雲の峰やよい
2017年06月12日
民宿の土間近道と磯の蟹智恵子
もつれ落ちては高舞へる夏の蝶やよい
2017年06月11日
ぴかぴかにキッチン磨き梅雨籠菜々
小倉山目指してくぐる茅の輪かななつき
と見る間に売り切れ産直夏野菜満天
白服の水兵がゆく煉瓦街やよい
2017年06月10日
おちょぼ口して吐き出せる枇杷の種三刀
滑るごと石の隙間へ瑠璃蜥蜴こすもす
遣り水のしぶきやまざる庭涼し菜々
苔清水小さき水車を回しをり隆松
姿見に斜め立ちもす更衣たか子
ラムネ抜く音に飛び跳ね猫覚むる智恵子
六地蔵尊みそなはす蝌蚪の国ぽんこ

page_top

2017年6月11日(Sun)

6月3日~6月9日

2017年06月09日
麦焼の煙拡がる矢戸の空隆松
朝市の人出少き茶摘み時なつき
山襞の深きよりたつ夏のもや明日香
四万十のゆるき蛇行や夏山路たか子
袋かけしないのかしら青葡萄こすもす
いなしつつ風に耐へゐる早苗かな明日香
2017年06月08日
ほうたるの闇に描ける点と線たか子
堂涼し弥勒菩薩の御身細きなつき
狛犬の阿の口塞ぐ蜘蛛の糸うつぎ
朝涼し渚に残る素足跡智恵子
派出所の巡回訪問昼寝覚めよし女
2017年06月07日
葛まんじゅう包む笹の葉瑞々しはく子
金箋の錐揉むごとく竹落葉うつぎ
曝書して付箋の頁拾ひ読むなつき
もてなしの新茶サービス宇治の旅菜々
2017年06月06日
電車いま谷戸に傾く栗の花うつぎ
穴子飯車窓に瀬戸の多島海たか子
太鼓の音天をつんざく山開きやよい
2017年06月05日
霊水に唇濡らす日の盛りなつき
空耳にあらず遠音の杜鵑三刀
青き空白き雲へと早苗植うはく子
土間涼し野口英世の生家訪ふ明日香
夕涼や流れ藻ゆらぐ船溜まり菜々
2017年06月04日
吾子の汗拭ひつつ読む絵本かななつき
せせらぎに乱舞す蛍星座めく宏虎
わら焼きの体験ツアー初鰹たか子
日暮れ時大合唱となる蛙ともえ
2017年06月03日
日陰なる庭の一隅京鹿子あさこ
青葉潮水平線は目の高さこすもす
漆黒の闇へ漕ぎ出す蛍舟たか子
昨夜雨にしとど濡れたる濃紫陽花満天
玉ねぎの不揃ひも良し庭の幸菜々

page_top

2017年6月4日(Sun)

5月27日~6月2日

2017年06月02日
山清水山菜笊に泳がせてうつぎ
野良なれど毛艶良き猫浜薄暑なつき
2017年06月01日
田植機を降りきし顏は若き母宏虎
ががんぼは玻璃戸の己が身にすがるうつぎ
石蹴りのごと日の斑跳ぬ雀の子なつき
川の字の乱れて父子の昼寝かななつき
恙なく老いを重ねて更衣三刀
2017年05月31日
ダム湖いま万緑湛へ鏡なすやよい
子の家に一夜の泊まり明け易し菜々
老鶯の声のつまづく亭午かなよし女
亀の子の落ちては上る石舞台ぽんこ
切り通し左右は苔の磐襖智恵子
2017年05月30日
麦秋に一引く銀は新幹線よし女
青葉洩れくる一条の日矢まばし隆松
水草を浮き沈みさせ鯉進む明日香
八ッ橋に谺すごとく蟇の声はく子
先生の草笛に児ら集まり来たか子
道標隠るるほどの茂りかな有香
白南風の海へ坂なす離宮道菜々
2017年05月29日
園うらら紙継ぎ足してキリン描く宏虎
湯上がりの足もとと見し半簾治男
老の手の届くとこまで袋掛けなつき
万緑に発電風車立ち並ぶやよい
青葉洩る日の斑の道に揺れやまず隆松
2017年05月28日
祭笛ネイルの指が躍動すやよい
新緑に翳る火焔や不動尊なつき
夕暮れて代田駈けだすネオンかな満天
豆ご飯美味しいけれど毎日は明日香
あなどりて虫に刺されし草刈女明日香
万緑のテラス女子会族が占む満天
浮見堂見えては隠れ万緑裡菜々
朝摘みの苺よと夫見舞ひけりうつぎ
草の絮舞ふや風花さながらにはく子
ガリラヤの丘も斯くやと春風裡せいじ
2017年05月27日
痺れたる足励ましつ草を引くあさこ
さざなみの楽に和すごと行々子菜々
森の道涼し鳥語の降りやまずせいじ
白装束駆くる百磴荒神輿やよい
紅を引く順を待ちゐる祭稚児やよい

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site