毎日句会みのる選・2017年5月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2017年5月28日(Sun)

5月20日~5月26日

2017年05月26日
大レンズ据えて何撮る木下闇ぽんこ
たどり着き山頂に撞く鐘涼しなつき
褪せ絣なるも気に入り更衣うつぎ
樹下涼し行脚姿の大師像なつき
尖塔の切つ先雲の峰を射るたか子
2017年05月25日
海へ向け戸を全開す夏館なつき
噴水をバックに子等のはいチーズあさこ
万緑の谷戸を見下ろす一詩人隆松
緑陰の車夫四股踏んで客を待つこすもす
きりなしと言ひつつ庭の草を引くうつぎ
風鈴のよく鳴つてをる空家かな宏虎
2017年05月24日
水のみ場訪へば先客夏の蝶あさこ
苺食ぶ薬の後の楽しみにうつぎ
吟行子らが遠巻きに糶涼し明日香
群青の空が眩しきしゃぼん玉有香
ご自慢の手びねりに注ぐ新茶かな満天
庭涼し椅子持ち出してティタイムあさこ
真つ新の簾を抜けて風通ふせいじ
2017年05月23日
浜薄暑あひきしみあふ舫ひ船菜々
遺句集をひもときながら春惜しむたか子
夏来たるパレットに溶く海の青宏虎
草笛に寄り来る牛と目の合ひぬ治男
須磨涼し蕪村の句碑に海展けなつき
ケアホーム棟から棟へ鯉のぼりこすもす
噴水の飛沫あびつつ推敲すあさこ
2017年05月22日
日盛りを自転車で来て船手入れ菜々
突堤は釣り人銀座五月晴せいじ
万緑や沖の巨船の身じろがずあさこ
2017年05月21日
白南風に貝殻光る魚網干すやよい
大樹下のベンチに座せば風涼しあさこ
手八丁口八丁や糶涼したか子
夏霧に明石架橋の脚見えず満天
香に酔ひつ薔薇のアーチを杖ついてあさこ
久闊の友と隣りし句座涼しせいじ
灯台の下が穴場とめばる釣るなつき
2017年05月20日
片影に猫と目の合ふ漁師町なつき
田植機の機嫌や煙草噴かしつつうつぎ
遠路来て師の碑に見ゆ五月晴あさこ
氷水赤く染まりて糶果つる明日香
船町の一膳めし屋西日濃しなつき
符牒みな解読不能糶涼しはく子

page_top

2017年5月21日(Sun)

5月13日~5月19日

2017年05月19日
ご神水受く緑陰の薬井戸やよい
鯉幟ぎしぎし竿をきしませて豆狸
青蔦のがんじがらみや一の谷なつき
木々渡る風のさやぎのいと涼し宏虎
リュック背にシルバー軍団山若葉満天
薔薇アーチ雲ひとひらの無きみ空はく子
マリア像組む手に手向くクローバーなつき
そら豆のお裾分け置く勝手口明日香
2017年05月18日
流木の浮沈してをる卯波かな宏虎
おしゃべりの途切れる間なし氷菓子なつき
万緑を抽んでてをる避雷針やよい
2017年05月17日
若竹ののけぞる風の通り道なつき
渓流の楽に和すごと河鹿鳴く智恵子
ぎしぎしがなぞへを埋む猪名堤はく子
草を引くシルバー園丁みな笑顔せいじ
尖塔のクルス輝く聖五月宏虎
2017年05月16日
広芝の絨毯に座す日傘かな満天
夏草や川面を埋めつくすほどせいじ
ヤドカリの岩に紛るる潮溜智恵子
薫風の通ひて機嫌大欅なおこ
大輪の薔薇の色香に気圧さるるうつぎ
2017年05月15日
神社カフェよく繁盛す夏祭せいじ
母の日のパン屋に並ぶ笑顔パン隆松
ダイヤモンド婚妻に感謝の新茶汲む宏虎
玉の日を吸つて膨らむ大手鞠なおこ
2017年05月14日
朴咲いて百鳥声をひそめけりうつぎ
生垣の木香薔薇の香に虜有香
大楠の根方に著莪の花あかり満天
2017年05月13日
陽光をはね返しをる麦の秋宏虎
老鶯のしばなく窓を全開す三刀
嬰児の侍者とつきゆく花の径まゆ
起伏野を埋めつくして芝桜隆松
人混みを避けし裏道余花に逢ふまゆ

page_top

2017年5月14日(Sun)

5月6日~5月12日

2017年05月12日
術後てふリハビリの友夏帽子せいじ
豪快にしぶく水車や風光るやよい
夕闇に浮立つ白は山法師満天
節くれの指真黒や蕗を煮るうつぎ
山裾に窯元しずめ若葉雨菜々
奔流にもまれて逸る花筏まゆ
切岸に衝突せずやつばくらめ三刀
車椅子押して母との花堤まゆ
2017年05月11日
道曲がる度新緑の色変はる隆松
湯ほてりをさます間仰ぐ月涼しこすもす
桐の花鴟尾の高さを凌ぎけり三刀
摩天楼ビル屋上の庭涼しせいじ
2017年05月10日
自家製の黒文字添えて柏餅満天
海山も失せて神戸の霾曇うつぎ
老鶯のしばなく峡の静寂かな明日香
迂回また迂回工事の道暑し有香
2017年05月09日
牡丹の百花を愛づる古刹かなはく子
青芝を駈けて赤白園児帽満天
宿り木をまず芽吹かせて大欅うつぎ
須磨寺のあまたの句碑に緑さすぽんこ
更衣マネキン裸身はばからず宏虎
2017年05月08日
牡丹の蕊に溺るる虫は何うつぎ
飛鳥野のサイクルロード風薫る菜々
竹落葉避けるすべなし風の道ともえ
こんなにも気持ちいい日に黄砂とは明日香
老鶯や開山堂はなほ奥に菜々
椎若葉貫きて日矢さしにけり明日香
つばくらの出入り忙しき長屋門うつぎ
2017年05月07日
珈琲のおかはり所望目借時うつぎ
堂涼し朱唇ほのかに観世音菜々
大岩を取り囲みたる遠足子さつき
木漏れ日の樹下にたたみし春日傘はく子
切り株の年輪を這ふ毛虫かななつき
あるなしの風にさゆらぐ小判草ぽんこ
山裾のワイナリーいま竹の秋せいじ
2017年05月06日
蒼天を突くセコイアの芽吹きかな隆松
飛行雲よぎる高みに朴の花さつき
食卓に帰省子の椅子ひとつ足しなつき
一面の花菜明りに道の駅うつぎ

page_top

2017年5月7日(Sun)

4月29日~5月5日

2017年05月05日
轆轤蹴る窓に射し込む新樹光菜々
2017年05月04日
山若葉天蓋なせる露天の湯智恵子
開け放つ茶室へ庭の緑立つ満天
潮騒のごとくに風の麦畑隆松
潜り戸の一歩に若葉風匂ふ満天
聖堂の高窓に見ゆ懸かり藤ぽんこ
2017年05月03日
天鵞絨の苔褥とす沙羅の花ともえ
行く春や川波白く昏れなんとはく子
2017年05月02日
洗濯が楽しと思ふ五月晴明日香
初蝶来オープンガーデンさながらにせいじ
数日を夫と討ち死春の風邪よし女
水攻めのごとく拡がる代田かな治男
山頂の風に機嫌や鯉幟三刀
2017年05月01日
あたたかや女性車掌のアナウンスなおこ
聖五月イエスのごとく両手挙げ三刀
カーテンも深呼吸する窓の春なおこ
椎若葉鎮守の杜の膨れけり菜々
波立てる湖面に似たる代田かな隆松
2017年04月30日
人力車若葉の樹下に客待ちす智恵子

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site