毎日句会みのる選・2016年11月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2016年11月27日(Sun)

11月19日~11月25日

2016年11月25日
朝日射す墓地の一隅返り花まゆ
抽んでし銀杏黄葉や雑木山明日香
バギーカー存問せんと秋の蝶豆狸
2016年11月24日
かずら橋渡る奈落の川涸れてたか子
ありがたき小春の日差し庭手入れよし女
塔見ゆる楓もみぢの葉隠れになおこ
久闊の友と露天湯夕紅葉せいじ
ででむしの転がり出でし落葉掻きこすもす
猫好きに寄りくる野良や紅葉寺なつき
2016年11月23日
綿菓子のごとくに呆け枯芒明日香
だみ声の手締め轟く酉の市智恵子
みちのく旅楽しめと山粧ふせいじ
飛行雲茜に染めて秋日落つ豆狸
蓋取れば上機嫌なるおでん種たか子
雲切れて光芒しるく冬陽さす泰山
2016年11月22日
錦繍の遠嶺引き寄す望遠鏡やよい
一渓へなぞへを埋む朴落葉さつき
姦しき鵯の鋭声や紅葉谷三刀
布にして纏ふてみたき照紅葉よし女
切通風にかけだす落葉かな泰山
2016年11月21日
しぐるるや山また山の陶の里菜々
日当たらぬ古き社の露の磴ぽんこ
瀬音聞く峡の奈落へ紅葉散るひかり
藁庇すだれのごとく柿吊るす泰山
蜘蛛の囲の虜となりし紅葉あり豆狸
ゆくほどに色重ねゆく紅葉谷さつき
時雨去り山に日差しの戻りけり隆松
新走り夫は試飲に余念なくたか子
走り根を隠すばかりに落葉積むせいじ
神様を賛美するごと小鳥来るなおこ
2016年11月20日
隠沼を砦としたる浮寝鳥せいじ
野良猫の吾に媚びくる枯田道豆狸
散紅葉絨毯模様なせりけりともえ
城門に手斧の傷や身にぞ入む菜々
2016年11月19日
昨夜雨にいよよ哀れや破れ芭蕉よし女
色変へぬ磯馴の松や古戦場さつき
梢洩る日に映ゆ峡の散紅葉さつき
翻るとき白銀となる千鳥三刀
みかづきへ千手拡げし大枯木宏虎
黙祷すマリアの像へ黄落すたか子
錦秋が荘厳したる古墳かなこすもす

page_top

2016年11月20日(Sun)

11月12日~11月18日

2016年11月18日
お下がりのスーツだぶだぶ七五三なつき
屋敷門潜るや否や菊薫るせいじ
主まつ老犬の背に紅葉散るせいじ
池囲む有刺鉄線鵙の贄豆狸
池小春メタボの鯉の大吐息満天
2016年11月17日
大半を失せ物探し日短明日香
裾分けのお菜一品あたたかしはく子
冬支度了へて安堵のティータイムまゆ
錦繍の山懐に修道院はく子
2016年11月16日
修道院祈りの道の石蕗明かりこすもす
鵙日和信長塀を婚の列なつき
2016年11月15日
神迎え氏子ら総出斎庭掃く菜々
カリヨンの楽に舞ふごと紅葉散る満天
深秋の里のをちこち畠煙まゆ
2016年11月14日
風呂吹や昭和一桁好々爺三刀
大岩の襷がけなる蔦もみじよし女
山頭火偲べと句碑に時雨けりともえ
露天湯に浸りて愛づる渓紅葉やよい
千歳飴振る子に鯉の集まれりなつき
2016年11月13日
参道に嵩なすいてふ落葉かな隆松
門前に懸崖菊立つ老舗宿たか子
風意地悪掻きし落葉をまた散らすたか子
玉砂利に足な取られそ千歳飴明日香
立枯れの直立したる冬の湖智恵子
田仕舞の煙隠れに一両車有香
わが肩にとどまらずして紅葉散るあさこ
庭小春長寿体操教はりぬやよい
2016年11月12日
たたづめば瀬音高鳴る紅葉谿あさこ
一樹にしてグラデーションなす紅葉かななおこ
冬ぬくし震災復興アーケードなつき
腰かける石温かき小春かな豆狸
水の面を駈くるごとくに鴨翔ちぬさつき
青々と大根太る干拓地よし女

page_top

2016年11月13日(Sun)

11月5日~11月11日

2016年11月11日
短日や呼ぶまでもなく猫帰る有香
仏塔へ散りやまざりし紅葉かな隆松
カルストの見わたす限り芒原さつき
一末社要の松の色変へず豆狸
身に入むや供花おく横断歩道脇ぽんこ
2016年11月10日
底抜けに蒼き空あり小守柿やよい
踏み鳴らしゆく歌碑までの枯葉径明日香
川音を貫くごとく鵙高音明日香
草庵を覆ふもみぢに遅速ありはく子
大岩を袈裟懸けに蔦紅葉燃ゆさつき
落暉いま炎のごとき冬紅葉満天
寺の鐘聞きつ夕餉の葱を引く三刀
2016年11月09日
鰯雲貫いてゆく飛行雲隆松
風に揺れ心もとなき木守柿なおこ
茅葺きの屋根抽んでて柿たわわ智恵子
冬波を蹴立てて帰船湾に入るよし女
2016年11月08日
暮早し湿りの残る洗濯物明日香
熊注意札貼る旅のホテルかなやよい
留守宮の舞殿に舞ふ木つ葉かなはく子
膝掛けの上が至福と猫眠る智恵子
2016年11月07日
塩田へ波の花飛ぶ能登路かなやよい
須臾翳る峡の温泉の宿紅葉冷えなつき
海坂へ一本道や秋澄めるなおこ
干し野菜ほどよく乾く冬日和はく子
コスモス園囲いの綱に忘れ傘ぽんこ
剪定を終へて冬空広かりぬ三刀
2016年11月06日
古民家の小春の縁に古ミシンやよい
ふる里の味噌がきめてや蕪汁菜々
青々と盛り上がるごと冬菜畑はく子
2016年11月05日
母川の激つは鮭の遡上てふ智恵子
廃校と決まりし校舎黄落す豆狸

page_top

2016年11月6日(Sun)

10月29日~11月4日

2016年11月04日
師の句碑を訪ね寺苑の秋を聞く有香
団栗を拾ひては馳す母の元やよい
ぬくぬくの焼栗頒けて句座なごむはく子
2016年11月03日
峠いま野菊の路となりにけり智恵子
錦して朝日に燃ゆる信濃富士なつき
朝刊にチラシどつさり文化の日三刀
2016年11月02日
飛鳥路や秋寂ぶ謎の石めぐる宏虎
斧入らぬ原生林の秋を聞くやよい
2016年11月01日
翼下いまパズルのやふな刈田かななおこ
石室の明王の灯のうそ寒しなつき
火山灰(よな)畑に太りし大根もらひけりこすもす
青鷺のかたまつてをる寒さかな三刀
のど飴を舐めつつ耐へる紅葉冷こすもす
2016年10月31日
鴨潜り浮寝の陣に加はらず菜々
里山の裾野を埋む泡立ち草三刀
島山の全山染めて青蜜柑宏虎
抽んでし宮の神杉秋高しさつき
2016年10月30日
桶ひとつ抱かゑ渡り湯もみじ宿智恵子
島バスと併走するは赤とんぼなおこ
紅葉燃ゆ守り継がれし武家屋敷やよい
秋雲に見えつ隠れつ飛機の影なおこ
工場の庭の一隅秋桜さつき
2016年10月29日
地団駄を踏んで確かむみなし栗ともえ
校庭に大鍋囲み芋煮会智恵子
夕日落つまでの束の間秋惜しむ満天
月の出を待ちつつ歩く川堤まゆ
行く雲に心あそべば小鳥来るよし女
秋惜しむ旅の翁の碑をなぞり明日香
朝まだき神杉霧に抽ん出しさつき

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site