毎日句会みのる選・2016年8月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2016年8月28日(Sun)

8月20日~8月26日

2016年08月26日
炎暑来てミスト広場にひとやすみはく子
クリオネの羽うちふるふ涼しさよたか子
のけぞりて雨乞いの法螺吹き鳴らすなつき
ドライブの窓に伴走秋の雲ぽんこ
日盛りの揚羽入りくる深庇有香
あひ揺れてネオンの影と流灯とさつき
こころして水やりたれど庭枯るる明日香
酸欠の金魚のごとく暑に耐ふるよし女
酔芙蓉白無垢なりしあしたかなあさこ
おしくらのごと鈴なりの葡萄かなともえ
林立すクレーンの首やいわし雲たか子
隣より鼻歌漏れて秋涼し豆狸
2016年08月25日
庭木刈る師匠の背へ秋日濃強し明日香
閉店のほたるのひかり館涼し満天
貰はれて厨に鎮座大南瓜泰山
着るあてのなき江戸褄を虫払豆狸
2016年08月24日
爽やかや賀茂の河原の潺潺と菜々
松浜に憩へば処暑の風通ふよう子
露天の湯かなかな聞きつ足伸ばす隆松
蒼天の雲居遥かに鳥帰る明日香
大玻璃に秋の雲ゆくレストラン満天
窓の外にあきつ群舞すレストランはく子
2016年08月23日
裏木戸に通ふ風あり凌霄花まゆ
ビル街の細き辻裏地蔵盆宏虎
青空に薄き半月処暑の朝三刀
人影に急げ急げと蟹もぐるなおこ
朝市女処暑をいひけりさう思ふなつき
2016年08月22日
度を越して慈雨とはならず秋出水たか子
言ひ足りぬらし夕庭の法師蝉うつぎ
推敲のベランダにくる風は秋こすもす
指染めてブルーベリーを摘みにけりなおこ
赤とんぼ乱舞す谷戸の中空に宏虎
忌に集ふ兄姉老いけり秋灯下はく子
2016年08月21日
秋晴れて掃除ロボット機嫌よしうつぎ
一片の雲を台座に望の月菜々
施餓鬼会に迷ひし蝿を窓の外になつき
2016年08月20日
いないいないばあくり返す大団扇なつき
コンビニを出るに覚悟の猛暑かなひかり

page_top

2016年8月21日(Sun)

8月13日~8月19日

2016年08月19日
反論をする気も失せし大暑かなたか子
おいとます月下美人の香に酔ひてなつき
路地涼し猫の屯す漁師町まゆ
梅花藻の花星屑のごと揺るるなおこ
蜩や奈落へつづら折る山路うつぎ
豊秋を二タ分したる大河かな治男
2016年08月18日
白無垢の蓮の宝珠や神の池はく子
真白な築地塀越え黒揚羽菜々
朝散歩犬の鼻先露の玉克子
新涼や魚板を打てば音澄める宏虎
愛猫の露まみれなる朝帰りまゆ
龍の目のごと暗雲の望の月智恵子
2016年08月17日
闇に映ゆ五重の塔や万灯会ぽんこ
暗闇にどよめく声や大文字宏虎
離陸機の尾灯瞬く涼しさよひかり
作業着のままに飛び入り踊りの輪さつき
奥宮へ昼も小暗き露の磴菜々
2016年08月16日
湯上がりの宿下駄鳴らし庭涼しよう子
稜線のシルエット浮く揚花火智恵子
茅葺の屋根匂ひ立つ夕立かなうつぎ
影絵めく浜の人垣花火待つさつき
惜しみなき拍手の湧きて花火果つさつき
2016年08月15日
旱田の亀甲にひび走りけりまゆ
とんぼうのへの字に休む竿の先たか子
大輪の十重に二十重に揚花火さつき
遠ざかる子らの尾灯や盆の月菜々
庭涼し水面に木々の水彩画満天
2016年08月14日
高階のテラスに小さき門火焚くたか子
夕立の予報空振り庭に水明日香
土手草を刈れば空き缶ごろごろとまゆ
池の面の樹影を縫ひてとんぼ飛ぶぽんこ
引き取り手なき豊作の胡瓜かな豆狸
2016年08月13日
青嶺また青嶺を縫ひてハイウェイなおこ
厨事急かせるつるべ落としの日たか子

page_top

2016年8月14日(Sun)

8月6日~8月12日

2016年08月12日
盆用意老いの手抜きをな咎めそ明日香
葉隠れに片頬染めし柘榴の実菜々
子ら帰りたる校庭に赤とんぼ豆狸
せせらぎの梅花藻の花掬ひけりなおこ
2016年08月11日
亡き母に似てきし姉と盆用意たか子
モノレール曲りて西日避けられず菜々
2016年08月10日
常濡れや光背欠けし滝不動なつき
打ち水に艶めく古都の石畳智恵子
手びねりの風鈴殊に機嫌よし満天
訪ひくれば店は休業秋暑しこすもす
秋の雲近江盆地を被ひけりなおこ
翡翠を待ち身じろがぬカメラマンひかり
2016年08月09日
湯ほてりを冷ますベンチや天の川うつぎ
存問のごと朝窓をつつく蝶よし女
気休めと知りつつ庭に水を打つ三刀
2016年08月08日
遠花火スローモーション見る如くともえ
電車みな片側に座す大西日よう子
浴衣着て路上ライブのギタリストなつき
爆竹のごとくに連打揚げ花火菜々
旅の宿涼し琵琶湖をパノラマになおこ
2016年08月07日
桃を剥く赤きネイルの指曲げて豆狸
牛の眼に映る風車や牧の秋治男
うたた寝のまぶたを射抜く稲光さつき
説法は幽霊の悲話盆の寺菜々
山鳩の弾みし声や今朝の秋三刀
2016年08月06日
惚けたるゴーヤさながらカメレオンよう子
梅花藻の流れに浸す大やかんうつぎ
空蝉やわらべ地蔵の肩の上に智恵子
草茂り獣道めく切通豆狸

page_top

2016年8月7日(Sun)

7月30日~8月5日

2016年08月05日
戦争のなき世となれと祈る盆たか子
月下美人帰宅の夫に開きけりうつぎ
2016年08月04日
松籟に和する波音いと涼しひかり
母と娘の心置きなき避暑散歩なおこ
潮遠く引きたる沖に土用波よし女
遠泳の波間に見ゆる島遠し智恵子
2016年08月03日
夜濯ぎのゴルフズボンに塩の飴なつき
朝蝉の鳴き出す迄の庭仕事うつぎ
外つ国の言葉もまじる納涼船豆狸
裏側へ回る道あり滝涼しともえ
かなかなの山に谺す里帰りまゆ
竹林の一隅にあふ女郎花ぽんこ
2016年08月02日
畑の幸抱かえて戻る麦藁帽よし女
夏野菜見目よきものはよそ様へ明日香
遠雷や風雲急を告ぐる雲まゆ
夏落葉訪ふ人もなき行宮址菜々
2016年08月01日
暑に耐ふる水分補給怠らず三刀
デパ地下の試食めぐりし暑に耐ふるなおこ
新涼の信濃の旅の空まさおたか子
蝉しぐれ耳朶豊かなる布袋尊菜々
2016年07月31日
野に佇てば蜻蛉に包囲されてをりまゆ
大夕立町モノクロに一変す菜々
万緑を貫く千本鳥居かなひかり
2016年07月30日
魚の香の漂ふ港揚花火まゆ
一太刀に背なの裂けたる蝉の殻ぽんこ

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site