毎日句会みのる選・2016年7月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2016年7月31日(Sun)

7月23日~7月29日

2016年07月29日
ご神水なる湧水に鱒太るよし女
空瓶に名水満たす音涼しうつぎ
だみ声で土用餅売る朝市女なつき
行厨は展望閣や風涼しぽんこ
水鉄砲猫はひらりと塀の上へ豆狸
2016年07月28日
鼻眼鏡ずり落ちさうや玉の汗うつぎ
朝凪の浦を囲みて船屋群たか子
炎天に路面電車の軋む音たか子
と見る間に甲山失す大夕立宏虎
鳰潜る度にひろがる水輪かな菜々
2016年07月27日
屋形船散らして涼し隅田川智恵子
愛犬の舌入る間なき溽暑かな豆狸
炎天下動くともなき観覧車菜々
本堂へ磴の片陰ひろひつつよう子
烏賊船の灯の煌々と明易しともえ
冷房の店でて眼鏡やくたたず三刀
真四角に校庭広し夏休みたか子
2016年07月26日
白球の放物線や雲の峰三刀
朝凪の浜に流木あまたなる豆狸
盆の月へと反り返す踊りの手たか子
山辺より駈け降りてくる稲穂波有香
観音の小祠の立つ蓮の池ぽんこ
太陽の塔白南風に翼ひろぐ菜々
本殿を象嵌したる茅の輪かなさつき
モノレール遊泳のごと万緑理満天
水打ちて今日を了へたる魚糶場よし女
2016年07月25日
朝の日を集むごとくにトマト摘むよし女
端居して母の帰りを待つ子かなまゆ
白き歯をみせて挨拶プールの子満天
朝まだき鳥語に勝る蝉の声なおこ
我が思考回路を乱す猛暑かなたか子
深山寺鈴の緒振れば音涼し有香
2016年07月24日
夏料理直筆といふお品書豆狸
蝉時雨受話器の声の向かふからたか子
目指す駅見えゐて遠し炎天下ひかり
花火師ら黒子めきたる中洲かなともえ
噴水と一緒にをどる子供たちぽんこ
車庫空けばビニールプールが占領す菜々
2016年07月23日
草刈機唸りをあぐる明日香道明日香
一門の墓所なる蝉しぐれさつき
肩ぐるまシルエットなす揚花火智恵子
庭野菜満載カレー暑に耐ふる菜々

page_top

2016年7月24日(Sun)

7月16日~7月22日

2016年07月22日
夏祭り売り子らもみな顔馴染み満天
はばからず大昼寝せむ夫の留守菜々
2016年07月21日
自動ドア開けばどつと蝉時雨こすもす
急磴をのぼりて茅の輪くぐりけりさつき
平安な暮らしを謝して梅を干すうつぎ
梅を干す恙なき日々感謝して菜々
幼らは足をぶらぶら氷菓食ぶさつき
髪結へば紅もねだらる夏祭まゆ
紫陽花が棚田の畦をつづりけりなおこ
2016年07月20日
まなかひに青嶺眼下に千枚田なおこ
ネクタイと無縁となりて夕端居たか子
通夜帰り赤く滲みし夏の月菜々
引ききって広き干潟や雲の峰よし女
通ひ路のごと渓過ぎる夏の蝶まゆ
2016年07月19日
山巓に被づく白雲梅雨あくる菜々
展望閣涼しと屯吟行子ひかり
堰落つる水の白さよ川涼しまゆ
2016年07月18日
蜘蛛の囲のがんじがらみやけもの道智恵子
ベランダの風心地よし梅雨明くるこすもす
2016年07月17日
蝉しぐれ激つ瀬音をつつみけりさつき
若き日の母のこと聞く夕端居よし女
夏帽子余生といへど予定多々宏虎
蝉しぐれ小休止せる亭午かなせいじ
難しい曲に渋滞踊りの輪明日香
チェーンソーの音に負けじと蝉しぐれ満天
2016年07月16日
大岩を踏んまへてふる鮎の竿明日香
浜焼きに先ずは乾杯ビール乾す智恵子
愛犬のいびきかきゐる端居かな豆狸
カフェ混む夕立宿りの客とみしたか子
片言の会話する子と夕端居なつき
風鈴の舌巻き上がる暑さかなともえ

page_top

2016年7月17日(Sun)

7月9日~7月15日

2016年07月15日
峰雲へコンビナートは煙上ぐ菜々
蟇の声千年杉の隠り沼に治男
のけぞりし姿のままに蝉の殻せいじ
本堂の高き飛簷や朴の花豆狸
2016年07月14日
浜木綿や沖へま向きし遭難碑宏虎
雨晴れて唸りはじめし草刈機三刀
湘南の風切りヨット上機嫌智恵子
2016年07月13日
廃線の隧道ふかき五月闇明日香
岩に彫る田の神さあへ青田風なつき
ベランダに空仰ぎては梅雨籠満天
梅花藻のつぼみは星のごと揺るるなつき
巣作りに精だす蜘蛛をみて飽かずひかり
2016年07月12日
嘴の疵のこる完熟トマトかなよう子
陋巷の家並みに傾ぐ夏日影まゆ
欄干に横並びせるとんぼかなぽんこ
雨やんだぞと老鶯の朗々とせいじ
高塀を越して万朶の百日紅ひかり
2016年07月11日
高枝に眼見開く青葉梟なおこ
喬木を見上ぐる杜の風涼しまゆ
一幅は一筆富士や夏座敷よし女
時鳥嶺々に谺す古刹かな隆松
蟻の道まさか我家の砂糖壺菜々
吊橋の奈落より風汗ひきぬなつき
朝顔の鉢抱き下校一年生ひかり
2016年07月10日
汗引きぬ氷室めきたる玄室にうつぎ
たたみもつ日傘に籠る熱気かなたか子
ベランダに水打つて風呼びにけりこすもす
老鶯やグリーンチャペルの外の四方にせいじ
2016年07月09日
威勢よく鰻を焼くは三代目さつき
蜻蛉生れ水草に脱ぎし皮ひかるなつき
大鳥居茅の輪と潜り本殿へなおこ
しもたやの文字の褪せたる麻のれん豆狸

page_top

2016年7月10日(Sun)

7月2日~7月8日

2016年07月08日
好き嫌ひ似てきし夫婦冷奴宏虎
水蜜桃赤子を洗ふごと洗ふたか子
顔見られたくなく日傘傾けぬなおこ
呼ばないで今素麺の茹であがるたか子
階なせる岩は常濡れ滝の道さつき
地蔵堂手を合はせれば蝉時雨こすもす
2016年07月07日
寺涼し風の間遠に鐘ひびくこすもす
経誦する声の間遠に蓮開く豆狸
閼伽桶に溺るる蜂を如何にせむ明日香
万緑に映ゆる国宝社殿の朱菜々
激つ瀬のしぶきに紛れ夏の蝶さつき
2016年07月06日
通り雨スカイツリーに虹かかる智恵子
素振りする野球少年雲の峰満天
夏痩せて看取りの愚痴はこぼすまじたか子
工事場の梅天支ふクレーン車ぽんこ
ジョギングを終へてから噴く玉の汗なおこ
2016年07月05日
葉柳の風を双手に太極拳満天
間違えて暖房にして汗滂沱明日香
本当の色はと外すサングラスたか子
風を呼ぶ路地の打水先斗町満天
御手洗におぼれし蟻に助け指ぽんこ
2016年07月04日
ジェット機の機首を立てたる夏の空ひかり
トンネルを出て展けたる青田かなまゆ
2016年07月03日
泥つけしまま空蝉となりにけりこすもす
白南風に嬰の干し物泳ぐ竿有香
赤子抱く力士の胸に玉の汗なつき
夏霧の牧場に動く影法師智恵子
梅雨湿りしたる積ん読な咎めそまゆ
大らかに風をいなして蓮浄土さつき
目つぶしの西日に覚むる車窓かなぽんこ
月光にくさぐさ濡るる里路かなともえ
立錐の余地なく濠を埋む蓮さつき
2016年07月02日
梅雨吟行おしやれ長靴褒めあひぬなおこ
野良猫の数尾先客樹下涼しさつき
鏡なす代田に映る藁家かなまゆ
顔の上にヘルメットのせ三尺寝たか子
祭触れ貼る社家町の辻辻に豆狸
城濠の蓮の百態見て飽かずさつき

page_top

2016年7月3日(Sun)

6月25日~7月1日

2016年07月01日
青葉風おしやべり弾むカフェテラス菜々
青嵐天誅組の墓ここに菜々
2016年06月30日
切り株のうろに鎮座す青蛙豆狸
木道にうづくまり見る花菖蒲なおこ
マンションのベランダ越し凌霄花明日香
2016年06月29日
うち屈み働く蟻を観察すぽんこ
図書室の日覆捲けば咎められせいじ
梅雨の檻抜け羽ひきずる孔雀かなさつき
あるだけの湯桶を並べ日向水まゆ
野仏の侍者然と座す青蛙豆狸
2016年06月28日
西日さす体育館の高窓に智恵子
梅雨憂しやダイヤ無茶苦茶ローカル線まゆ
2016年06月27日
うち仰ぐ塀へ挿頭して凌霄花菜々
新じゃがのつるりと皮のむけにけり明日香
2016年06月26日
マッサージ機を頼みとす梅雨籠あさこ
緑陰の人垣南京玉すだれよし女
緑陰に車座となりストレッチさつき
2016年06月25日
大草原滑空のごと夏燕三刀

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site