毎日句会みのる選・2016年6月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2016年6月26日(Sun)

6月18日~6月24日

2016年06月24日
鳥語降る緑陰広場太極拳ぽんこ
あひ互ひ日傘傾げて路地親したか子
柿の実の落ちて凹みしトタン屋根よし女
水鉄砲爺の笑顔に命中す宏虎
雨蛙歩板にたたら踏みにけりせいじ
2016年06月23日
葦叢を薙ぎ倒しゆく出水川まゆ
さみだるる南無と彫られし切崖になつき
古惚けた昭和の扇子愛用す三刀
2016年06月22日
百年の学舎泰山木真白菜々
仏壇へ供ふま白の四葩かな明日香
青葦の葎を縫ひて川蛇行うつぎ
佇めば頬撫ず野辺の青田風宏虎
砂浜に響く槌音海開き智恵子
2016年06月21日
刻を告ぐ魚版の音も梅雨じめり宏虎
さみだるる旧街道の石畳菜々
倒れ臥す四葩を起こし杖を添ふ明日香
雨粒に打たれ頷く梅雨茸さつき
花栗の香にむせる能勢電車うつぎ
2016年06月20日
一陣の旋風菖蒲田一大事あさこ
雨靴を履きし後悔梅雨晴るるたか子
鍔広を被り一病隠しけりあさこ
下闇におはす羅漢の顔に苔豆狸
梅雨の憂さ祓ふ調べや宮雅楽ひかり
散る沙羅にしののめあかりさしにけり菜々
2016年06月19日
草刈りの鎌研ぐ明日は晴予報豆狸
ストローでまわす氷の音涼しさつき
夕立の止むを待てずに軒出づるまゆ
さなぶりや顔に泥つけ夫帰る明日香
2016年06月18日
無農薬胡瓜驚くほど太し満天
老い母に寄りそひ仰ぐ月涼しまゆ
一斉に起き上がる豚はたた神治男
カルストの起伏野歩む白日傘さつき
旱魃のダム底に罅走りけり智恵子
薫風裡卒寿の夢の続きみる三刀

page_top

2016年6月19日(Sun)

6月11日~6月17日

2016年06月17日
あご紐ののびきってゐる麦わら帽豆狸
蛍火をまとひて聖樹さながらにまゆ
口開けて吾に媚びくる鯉涼しあさこ
浜つ子の白き歯見せて帆立焼く智恵子
花栗の湧き立つ里や芭蕉道なつき
翅畳み広葉にすがる梅雨の蝶明日香
紫陽花の左右になだるる切り通しあさこ
2016年06月16日
四阿の砦となせる濃紫陽花満天
せせらぎの高鳴るあたり蛍群るうつぎ
梅仕事厨に満つる香りかなたか子
網棚に忘れものなる夏帽子豆狸
なだれ咲くホタルブクロへ滝しぶく明日香
恙なき日々の幸せ梅漬ける菜々
2016年06月15日
梅雨しげし猫の居座る勝手口菜々
万緑の激流分けてカヌーゆく智恵子
湯上がりのテラスの風に足すうちわたか子
桐の花廃工場の一隅に治男
六地蔵祀る御手洗蝌蚪の国ぽんこ
月見草かつてぼた山ありし辺に豆狸
2016年06月14日
木隠れに彼と彼女や蛍狩りひかり
さわさわと薫風生る大欅なおこ
ビール干し介護疲れを癒やしけりうつぎ
雨に伏し将棋倒しの小判草ぽんこ
2016年06月13日
木漏れ日の綺羅まき散らす山清水隆松
あるなしの風に頷く手毬花よし女
青時雨森のごとくに大欅うつぎ
水打ってのれん一枚めくりけりなつき
これよりは獣道なり夏薊まゆ
嶮磴の左右になだるる濃紫陽花智恵子
対岸の闇の深さや蛍飛ぶさつき
蜻蛉の翔ちては戻る池の岩三刀
うち仰ぐ木の葉隠れに青葉梟なおこ
2016年06月12日
魚市の高天井に燕の巣さつき
踏切を待つ吾に隣る立葵さつき
一筆箋添へて実梅の宅急便三刀
せせらぎの闇より蛍生まれけり豆狸
フラダンスしなやかに伸ぶ指涼し満天
吊り橋に立ち往生や青嵐うつぎ
勧進瓦積む床下に蟻地獄よし女
岩走る水凸凹と音涼し隆松
紫陽花に傾ぐ標や宿場道ひかり
万緑の峪の深さやかつら橋宏虎
2016年06月11日
青田波二タ分けにして道ますぐこすもす
冷麦や小皿にふたつさくらんぼ豆狸
碧天へ背くらべなす立葵宏虎
まくなぎに術なし両の手に荷物たか子
子燕の貌より大き口開く宏虎
酒蔵の土間すみずみに水を打つさつき
梅雨湿りせし朝刊の重さかなたか子

page_top

2016年6月12日(Sun)

6月4日~6月10日

2016年06月10日
窓繰れば雨が止んだと時鳥豆狸
点滅の蛍火滲む川面かなさつき
グーの手の開けば青き梅ひとつこすもす
路線バス満員通過青葉寒なおこ
2016年06月09日
今朝のこと忘るる父と蛍見る豆狸
露草の瑠璃散らしたる陸墓かなぽんこ
米どころ近江は今し麦の秋ひかり
噴水いま水上バスを弧の中に菜々
2016年06月08日
城濠へ枝のなだるる若楓ぽんこ
紫陽花の白きを飾る厠かななおこ
おばさんは三代目てふ蓬餅さつき
と見る間に青田となりて風渡る有香
駈けまはる吾子を見守る日傘かなよう子
万緑の森の向かふに湖と空隆松
2016年06月07日
トンネルを出て目つぶしの新樹光さつき
合戦のごと向かひ立つ幟かなまゆ
2016年06月06日
簾越し三味の音洩るる祇園かな宏虎
万緑や腰掛け石に似し礎石うつぎ
田植機の泥の轍や里の道さつき
万緑に尖りし屋根はパン工房宏虎
たんぽぽや母を座らせ庭床屋まゆ
2016年06月05日
幼稚園うさぎ小屋にも簾かけなおこ
樽舟にじゅんさい採るは未だ少女智恵子
2016年06月04日
下闇の延命水に行列す宏虎
夕立あと一人二人と軒離るともえ

page_top

2016年6月5日(Sun)

5月28日~6月3日

2016年06月03日
溺れゐるかなぶんぶんを救出すよし女
満天の星へ紛れし恋蛍宏虎
手花火の終の玉とぞ惜しみけりあさこ
ほんのりと片頬染めて梅熟るる菜々
夏帽子風に飛びさう展望台宏虎
園丁ら蚊とり線香ぶら下げてなおこ
東天に赤き火星や涼み台有香
夏汐の海へ傾く電車かな豆狸
2016年06月02日
さくらんぼおちょぼ口して種を吐く宏虎
小気味よく胡瓜を刻むリズムかなうつぎ
町中が白くなりたる更衣三刀
バラアーチ潜りて異人館を訪ふ豆狸
国宝の池の水面のいと涼しなおこ
2016年06月01日
一灯に火蛾狂ほしき無人駅宏虎
ウェルカムボード掲げし薔薇アーチ泰山
池渡る風に睡蓮覚めにけりよし女
集ひたる道真贔屓夏期講座うつぎ
長生きの金魚自慢す翁かなさつき
藁屋根と玉垣結び蜘蛛の糸よし女
SLの駆け抜けてゆく麦の秋隆松
2016年05月31日
丸き背を鏡に正し更衣うつぎ
万緑の谷戸を見下ろす一詩人隆松
朗々と吟ずテノール声涼しよう子
有り無しの風にこぼるる夏の萩泰山
睡蓮や衛兵のごと鯉屯まゆ
ミサの鐘四方にこだます万緑裡宏虎
シテとワキ鳴き交はすごと蟇宏虎
2016年05月30日
群落の羊歯狂ほしき青嵐まゆ
ラムネ飲むカランコロンと玉鳴らしともえ
万緑の山の胎内鍾乳洞菜々
下闇の龕に鎮もる力石豆狸
緑風に髪なびかせて騎馬乙女菜々
2016年05月29日
老幹の洞の中なる若葉かなまゆ
祝福のライスシャワーや薔薇アーチこすもす
学舎より合唱聞こゆ薫風裡なおこ
2016年05月28日
雨意兆す紫陽花の毬落ち着かず満天
下闇に片寄せられし無縁墓菜々
夕立を避ける軒なくビルばかりともえ
石一つケルンに積みて山開きたか子
若楓揺れて水面に触れんとすなおこ
襞々に夏霧残る深山晴明日香
波涼し漁船行き交ふ瀬戸の海豆狸

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site