毎日句会みのる選・2015年10月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2015年10月25日(Sun)

10月17日~10月23日

2015年10月23日
せせらぎの底に五彩の散紅葉ぽんこ
竜胆の蕾ほぐるる日差しかなさつき
なみなみとつがれし猪口に十三夜宏虎
遠干潟綺羅と見えしは千鳥かなよし女
2015年10月22日
点滴の犬を見守る夜長かなよう子
磐座の注連縄ゆるび神の留守菜々
朱の鳥居潜りて宮の秋を聞く宏虎
祇王寺の燃ゆる紅葉に夫偲ぶ智恵子
身に沁むや廃校跡に金次郎花茗荷
2015年10月21日
鳥語洩る森のベンチを一人占め智恵子
歳時記を座右としたる秋灯下宏虎
石蕗日和寺にリフォーム着物展なつき
殉教の地に降り立てば残る虫さつき
叢林は立ち入り禁止小鳥来るひかり
日向ぼこ百面相の吾子飽きず有香
水神の清きせせらぎ小鳥来る菜々
修験場の鎖どころや照紅葉治男
人気無き陸軍墓地や小鳥来るぽんこ
2015年10月20日
どんぐりの杜にまろびて力石菜々
野葡萄のグラデーションに色づきぬさつき
陋屋に火を放たんと蔦紅葉かず
鳥渡る火の見櫓の遺る村うつぎ
2015年10月19日
磯千鳥テトラポットに遊びをりかず
土つきの鳴門みやげの藷もらふ菜々
鎮座なすわらべ地蔵に木の実降る智恵子
左頬なれば秋蚊に食はれもす明日香
蜑の路地ここも木犀匂ひけりなつき
改札を出し駅頭に菊人形満天
梵鐘に暮れ行く空や秋惜しむ宏虎
秋澄める灘や遥かに神の島さつき
水うまき筑後自慢の荒走り豆狸
2015年10月18日
朝市をうろうろ旅の秋惜しむこすもす
秋日落つ窓という窓くれないに明日香
碧潭の湖を縁どる草紅葉三刀
2015年10月17日
病む友もすこし頬そむ菊の酒豆狸
新米の旗林立す道の駅ぽんこ
木に凭れ憩ふがごとき捨案山子うつぎ
噴煙のいよいよ高く秋澄めるさつき

page_top

2015年10月18日(Sun)

10月10日~10月16日

2015年10月16日
千仞の溪の奈落に紅葉燃ゆ宏虎
沢またぎ倒木またぎ茸採りなつき
2015年10月15日
コスモスの迷路辿れば力石こすもす
畦川に激ち高鳴る落し水泰山
戦国の武者勢揃ひ菊人形宏虎
黒汐の沖をはるかに雁渡る智恵子
老母の背中さすりて日向ぼこさつき
奥山の野菊の径を湯治場へ智恵子
大方は猫の破りし障子貼る豆狸
2015年10月14日
能登瓦光る軒先柿すだれなつき
橋いくつ渡りなにわの秋惜しむ菜々
断崖に落つこちさうや新松子泰山
累々と折れ重なりて蓮枯るるさつき
2015年10月13日
身に入むや目鼻の欠けし石仏宏虎
渓流のほとりを綴る草紅葉智恵子
神にます山に一礼きのこ狩り智恵子
秋灯下切り絵に心通ひけり泰山
2015年10月12日
独り身のほ句に親しむ夜長かな智恵子
毬栗にたたらを踏みし山路かな豆狸
2015年10月11日
松手入れして蒼天の開けたりともえ
幼子の口に余りし葡萄かな智恵子
露天湯へしぐるる径を下りけりはく子
露草の一叢だけを刈り残すかず
はく製の熊仁王立つ紅葉宿なつき
入船の水脈煌めける秋の晴よう子
2015年10月10日
柴栗の弾ける音やトタン屋根よし女
鵙猛るメタセコイヤの天辺にさつき
りんどうを生けて卆寿の母祝ふ智恵子
路地曲がり釣瓶落としの日をまとも満天
秋を聞く千年杉をうち仰ぎ宏虎
裏山の夕べはまこと虫浄土三刀
熟柿食む盗つと鳥憎みけり豆狸

page_top

2015年10月11日(Sun)

10月3日~10月9日

2015年10月9日
紅葉渓へと迫り出せるカフェテラス菜々
電柵に触れてはならじ栗拾ふうつぎ
夫のもぐ柿をタモ網伸ばし受くよし女
登高のわれを誘ふ鳶の笛治男
彩窓の聖母子像へ紅葉照る菜々
短冊のホ句諾ひつ萩愛でるひかり
2015年10月08日
木犀の香に誘はれて庭に立つあさこ
句座和む沢に摘みきし草の花満天
うららかや自転車籠に犬眠るよし女
炉辺に酌む熊の毛皮に胡座かきなつき
鯛焼きを食ぶ私らは尻尾からともえ
接岸のフェリーにしぶく秋の潮よう子
玉の陽の紅葉明かりや夢舞台智恵子
水鏡の朱き吊り橋秋澄めるさつき
山荘のテラスの足下紅葉濃し菜々
落暉いましかめつ面の案山子翁さつき
2015年10月07日
蒼天へ切り立つ嶺を鳥渡る宏虎
秋風に絡みどほしや恋の絵馬なつき
日向ぼこ影絵にじやるる子猫かな智恵子
ウォーキングの影は脚長秋入日こすもす
石庭の箒目乱す野分かな豆狸
まなかひに富士見ゆ軒端柿吊るす智恵子
草の花もちよりて活く里の句座かず
2015年10月06日
大甕へ婆娑と投げ入れ秋桜明日香
東雲の空一面にうろこ雲智恵子
紫蘇の実をしごけば畑の匂ひ立つよし女
禅寺の枯山水に色鳥来豆狸
投句箱溢るるほどや小鳥来る宏虎
椅子の背に凭れわたしは秋の人菜々
2015年10月05日
秋天へ切っ先立てし奇岩かなかず
磯菊の左右に雪崩るる切通し智恵子
城濠に相打ち倒れ枯蓮ともえ
朝顔のおちよぼにすぼむ日暮れ時智恵子
零点の句会帰りの秋思かななつき
2015年10月04日
図書館の窓辺に釣瓶落としの日さつき
通過する電車にゆるる秋桜豆狸
爽やかや靴といふ靴磨きあげ菜々
走り根に跳ねあらぬ辺へ木の実落つぽんこ
結界のロープに止まる赤とんぼ明日香
沈みさうなる山盛りの蓮根舟かず
2015年10月03日
愛犬と肩並べ見る良夜かなさつき
酢橘もぐ指刺す棘にひるみつつ菜々
太極拳スローモーション秋天下有香
秋澄みて石山の石なほ白しかず
秋晴れや杖を供とす足軽しあさこ
花頭窓打ちては萩の揺れやまず智恵子

page_top

2015年10月5日(Mon)

9月26日~10月2日

2015年10月02日
庭景色一変したる松手入あさこ
首塚のそびらの山に鵙猛る宏虎
曲り家の縁に渋柿山と積む智恵子
十五夜の芒を肩に戻りけりさつき
嫁入りの列につきゆく祭の子なつき
向日葵の畑に子らの隠れんぼ智恵子
野良猫がぬっと顔出す萩葎豆狸
満天の星へ合唱庭の虫菜々
爽やかや手話の会話の笑みもまた宏虎
2015年10月01日
神木の高きをさして蔦紅葉豆狸
白砂掃く禰宜の箒の爽やかによう子
狛犬の吽と咥へし枯葉かな明日香
2015年09月30日
爽涼やふふみて甘し神の水菜々
石庭の日当たるところ薄紅葉さつき
二上山の裾に高鳴る落し水ひかり
身に入むや慰霊碑に侍す力石明日香
畦川の堤を埋む曼珠沙華泰山
霊石にこぼるる萩の白さかななつき
力石三つ並んでひなたぼこ菜々
2015年09月28日
写経場の静けさ破り鵙高音宏虎
秋の蚊を払ひつつ撫づ力石明日香
コスモスに園児らの列渋滞すさつき
ほろ酔いの足を止めたる良夜かなぽんこ
漁り火に躍る鵜匠の影法師智恵子
堰にさしかかりし瀞の水澄めるうつぎ
石庭の鶴亀石に風さやかひかり
2015年09月27日
石燈籠無月の庭に点りけり菜々
大漁旗はためく島の運動会さつき
新米の香りを放つむすびかな宏虎
神鏡も斯くやと仰ぐ今日の月うつぎ
新米の幟にぎはふ道の駅智恵子
波皺のたたみにたたむ良夜かな三刀
2015年09月26日
禅寺の白壁に沿ふ曼珠沙華ひかり
曼珠沙華棚田の畦の条理かなうつぎ
秋愁の人差し指で弾くピアノ豆狸
剃り上げて天辺むすぶ祭り髪なつき

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site