GH毎日句会みのる選 > 2014年12月
GOSPEL HAIKU
2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

2014年12月

GH毎日句会みのる選

目次

2014年12月28日(Sun)

2014年12月20日~12月26日

2014年12月26日
  高舞ひて木の葉は宙にホバリングせいじ
  退院の夫を聖菓でお祝すはく子
 
2014年12月25日
  病室の友と祈りし聖夜かなせいじ
  賀状書く師にほめられし一句添えかず
  参道に湯気を広げておでん売る菜々
 
2014年12月24日
  幼子と柚子を数へし冬至風呂せいじ
  駅広の巨大聖樹を仰ぎ見るせいじ
  おほかたは鹿に荒さる大根引く雅流
 
2014年12月23日
  黒豆を選りつつ縁に日向ぼこ明日香
  ほろ酔ひて家路を急ぐ手に聖菓菜々
  満ち潮に影重ね合ふ夕千鳥よし女
  大冬木運動場に長き影さつき
  菜箸を新しくして年迎ふ明日香
 
2014年12月22日
  掌に柚子転ばせる終い風呂ぽんこ
  凩や固まってゐるドアボーイうつぎ
  寒星や余命を生きる夫とゐるみちほ
  三年経つ子の命日や風花すあさこ
  亡き母のメモが頼みや年用意明日香
 
2014年12月21日
  白鳥の一羽飛びゆく空青しみちほ
  炭窯の火伏せの護符の新たなり雅流
  工事場の塀も電飾クリスマスさつき
  ちゃんちゃんこ鯣を炙り一人酌む雅流
 
2014年12月20日
  一駅で景色一変雪野原こすもす
  寒禽の鋭声真田の古戦場ひかり
  雪を掻く使い込まれし竹箒よう子
  ジャンボ籤買ふ吾を笑ふ寒鴉治男

feedback | page_top#top

2014年12月21日(Sun)

2014年12月13日~12月19日

2014年12月19日
  水仙の一番咲きを仏前にうつぎ
  靴跡を頼みに歩く雪の道みちほ
  蓮の骨抱きてゐねむる泥田かなかず
  五山みな火床抱へて眠りけりはく子
  冬ざるる寺の一隅翁の碑ぽんこ
  焼牡蠣の食べ頃と泡ふきにけりともえ
  箸袋手作りもして年用意つくし
  地ふぶきの高舞ふ音に目覚めけりみちほ
 
2014年12月18日
  冬空へ万の玉振る金鈴子菜々
  しぐるるや肩寄せ合へる無縁墓はく子
 
2014年12月17日
  雪まんじゅう両手包に登校児よし女
  着ぶくれてゐてもお洒落をな忘れそ明日香
  凍空を睨みし鋭目や義士の像有香
  纏ひたる雪振り落とす実南天三刀
  救世菩薩お在す御堂の温かしつくし
 
2014年12月16日
  炬燵部屋乱帙なるをな咎めそ宏虎
  雨寒し芭蕉の墓に供花もなく菜々
  足場組み極楽門も煤払ひはく子
 
2014年12月15日
  隠沼の水際に立ちて冬木凛雅流
  冬日燦障子を過ぎる鳥の影宏虎
  古墳へと先の細りし落葉道なつき
  懐手押さねば開かぬ自動ドア満天
 
2014年12月14日
  長靴に泥付けしまま大根売るよう子
  病む夫に小さき聖樹を灯しけりはく子
 
2014年12月13日
  火おこしの煙にむせぶ雪の朝みちほ
  井戸水のぬくしと大根洗ひけり雅流
  華やぐや愛染坂へ時雨傘菜々

feedback | page_top#top

2014年12月14日(Sun)

2014年12月6日~12月12日

2014年12月12日
  花柄の好みを選りて日記買ふ満天
  冬帽を叩き香煙しみこますなつき
  煤払ふ巫女は緋袴青袴三刀
  息災の余生を感謝冬銀河宏虎
  おでん屋の鍋蓋とればわっと湯気ともえ
 
2014年12月11日
  冬籠郵便受けを覗くだけあさこ
  名匠の目視確かや紙を漉くかかし
  着膨れてシートベルトに押さへられつくし
  ありがたきご講話聴くも隙間風宏虎
  しぐるるや翁反古塚訪へば菜々
 
2014年12月10日
  冬帽子おしゃれに被る好々爺よう子
  吾が庭は猫の通ひ路漱石忌治男
  ゆりかもめ音符にとまる斜張橋菜々
  跡継ぎの覚悟の鋭目や紙を漉くかかし
 
2014年12月09日
  キッチンに居間にメモ書き師走妻菜々
  沢庵漬石に重さの書かれありなつき
  喋りたくなき人と会ふマスクかなうつぎ
  温めて看取り戻りの一人鍋はく子
  冬かもめ一湾花のごとく舞ふよし女
  海風を受けて細りし雪ダルマこすもす
 
2014年12月08日
  梵僧の師走行脚の列長しあさこ
  全容を池に映して紅葉山せいじ
  冬野菜あれこれ詰めて娘に送る三刀
  母の手を引きて紅葉の嵐山せいじ
  群千鳥沖の潮目にまぎれけりよし女
 
2014年12月07日
  短日の足より暮るる立ち話なつき
  白桃のごとき日輪雪もよいひさ野
  船頭の舟唄もよし炬燵舟宏虎
 
2014年12月06日
  フレームの戸を開けしより香にむせるかず
  母縫ひしねんねこ躾糸のままよし女
  うず高く雪積む里は無音界ひさ野
  電飾におとぎの国よ冬木立菜々

feedback | page_top#top

2014年12月07日(Sun)

2014年11月29日~12月5日

2014年12月05日
  着ぶくれて街頭に立つ見守隊有香
  フレームのカトレアよりもエビネ好きかず
  救急車遠のく音のうそ寒し雅流
  川涸るる水禍の痕をむき出しに雅流
  降りしきる雪に旗降るガードマンみちほ
  ちゃんちゃんこ快癒の夫へプレゼントよし女
 
2014年12月04日
  銭湯の帰り路照らす冬の月はく子
  ぶり大根あらと謂へども氷見の鰤うつぎ
  酒蔵の杉玉匂ふ冬の雨雅流
  降りしきる雪に見送る尾灯かなみちほ
 
2014年12月03日
  毘沙門へ紅葉散り敷く女坂はく子
  吹き飛ばす眠気車窓の紅葉山こすもす
  マスクしてスッピンの顔隠しけりよし女
  干し物と隣りて並ぶ吊し柿さつき
  ここだけの話に倦みし日向ぼこ宏虎
 
2014年12月02日
  寒波急地団駄踏みつ砂利の道なつき
  着ぶくれて巻き尾の犬に急かれおりよう子
  くさめして血圧計の小躍りすよし女
  大根煮て豆煮て主婦のひと日果つ菜々
  返り花指差す車椅子の人うつぎ
 
2014年12月01日
  散紅葉池に友禅描きけりはく子
  黄落を降りかぶり舞ふ太極拳なつき
  都府楼の礎石に座して日向ぼこさつき
  テキストを頼みに毛糸編みにけりこすもす
  海光のあまねくわたる蜜柑狩あさこ
 
2014年11月30日
  剥製の猪が出迎え狩りの宿うつぎ
  田じまいの煙に埋る谷戸盆地さつき
  泳ぎ来る白鳥の水脈乱れざるともえ
 
2014年11月29日
  幼帝を祀るお宮へ七五三せいじ
  大根焚き椀を半分出る厚さなつき
  黄落の真っ只中に殉教碑さつき
  釣り舟のひしめく冬の壇ノ浦せいじ
  ダム湖とり囲み全山紅葉すうつぎ

feedback | page_top#top

2014年12月01日(Mon)

2014年10月22日~12月28日

2014年11月28日
  砂利道に万華鏡めく散紅葉せいじ
  黄落の並木の道をポストまでよう子
  小春日の岩場に競ふ釣り師どちせいじ
  大き蓋湯気が持ち上ぐ大根焚きなつき
 
2014年11月27日
  飛び交ひてひよ騒がしき甑岩有香
  売場はや赤が氾濫クリスマスよし女
  きりなしと愚痴こぼしつつ落葉掃くはく子
  いくたびも落葉蹴り上げ逆上がりなつき
  白壁を斜めに走る蔦紅葉よし女
 
2014年11月26日
  錦繍や花嫁を撮る浮見堂せいじ
  商店街ポインセチアが溢れけり三刀
  小鳥来る千手をかざす神木になつき
  大き尻見せて逆立つ鴨をかし満天
  コンビニのパン頬張りて日向ぼこぽんこ
 
2014年11月25日
  末広に水脈引き進む鴨の陣満天
  残り火の舌がちょろちょろ焚火跡みちほ
  漁師小屋物干し竿に柿すだれなつき
  黄落の散敷く道の夕明かりはく子
  アイライン引き立たせゐるマスクかなうつぎ
 
2014年11月24日
  よす波に打ち上げられし枯葉嵩ともえ
  夕しぐれ路地小走りす下駄の音菜々
  櫨紅葉石の宝殿荘厳すかず
  縁側で新聞開く小六月うつぎ
  白銀の湖に水脈曳く夕鴨三刀
  魚市場土間は常濡れ冬ぬくし宏虎
 
2014年11月23日
  櫨紅葉ひときは燃ゆる砦跡なつき
  家寒し母逝きてより鎖ししままよし女
 
2014年11月22日
  木枯らしやコトコト煮込むタンシチューかず
  実南天たわわに揺るる厨窓あさこ
  熱燗やあらぬ本音を聞く羽目に宏虎
  駆けやまぬ子らに広場の冬日燦こすもす
  里人は明智贔屓や冬ぬくし菜々

feedback | page_top#top

Feedback

どんなことでもお気軽に

お名前: Eメール:
(上の情報は、いずれも未記入でかまいません)
  

うまく送れない場合にはメール あてにお願いします。