毎日句会みのる選・2014年6月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2014年06月29日(Sun)

2014年6月21日~27日

2014年06月27日
草引きてマッサージ機に居眠りすあさこ
今朝植えし泥の匂ひの田んぼかなさつき
蛍舞ふ木立の闇の無音界よし子
2014年06月26日
杉美林掠め掠めて夏燕三刀
クレーン車の首を上下す雲の峰ひさ野
暮れてなほ明るき合歓の花明かりみちほ
青梅雨や能勢路も奥の村散居雅流
みずかげろふ飛簷に揺るる亭涼し菜々
2014年06月25日
赤き腹ゆすつてゐたり女郎蜘蛛なつき
浮世絵の美女の眼差し涼しけれ三刀
異空間なせる玄室いと涼しはく子
2014年06月24日
手入れよきお庭も馳走夏料理こすもす
明易し術後の痛み遠のきて菜々
蒼天へプール開きの声弾む満天
音ほどに降ってくれずや梅雨の雷満天
浮世絵展へと列なせる日傘かなよし女
まとまらぬ髪もて余す梅雨湿りかず
マジシャンの手元あやしき梅雨じめりなつき
草刈ってグランドゴルフ始まりぬ雅流
2014年06月23日
男梅雨蓮の葉畳打ち止まず菜々
谷渡る風に機嫌や合歓の花有香
暮るるまで少し間のあり合歓の花有香
2014年06月22日
広げ干す漁網に透ける夏の海こすもす
星座よりこぼれ尾をひく蛍かななつき
2014年06月21日
手抜きとはもってのほかや冷奴はく子
白南風や組み立て進む浜の茶屋こすもす
麦の風入れて電車は離合まちなつき
風通ふ窓辺の卓の涼しさよせいじ
恋蛍縺れつつ消ゆ樹間かなともえ
山ホテル軒は燕の巣の銀座ひかり
梅雨冷えや機嫌の悪き膝撫づるかず
朝取りの茄子の雨滴はアメジスト菜々

page_top

2014年06月22日(Sun)

2014年6月14日~20日

2014年06月20日
誰もみな小声で話す蛍狩よし子
東雲の山深きよりホトトギスひかり
水鏡して蛍火の縺れけりうつぎ
日盛りへ水一杓す六地蔵ぽんこ
2014年06月19日
館暑し文楽人形乱れ髪こすもす
空谷の奈落へ落つる蛍ありうつぎ
茄子とまと熟れて賑はふ農日誌菜々
馥郁といふことばあり琵琶熟るるかず
2014年06月18日
離陸機を呑み込む梅雨の雲厚し三刀
な踏みそ蛍火一つ足下にひかり
草笛を吹けば寄り来る牧の牛治男
蛍の夜昔がたりに更けにけりうつぎ
2014年06月17日
駅長の趣味といふ池鯉涼しはく子
雨を得て紫陽花威儀を正しけり三刀
泊月の碑に佇めば樹下涼し雅流
梅漬ける母の秘伝の塩加減菜々
2014年06月16日
抱くほどの百合の花束職引く日なつき
ぽつぽつと縁濡れそぼつ青時雨みちほ
学舎の終鐘ひびく夕涼しよし女
天蓋の梢洩る日や滝の径雅流
2014年06月15日
玉雫とどめて揺るる蜘蛛の糸みちほ
サーブ打つ球の重さや梅雨湿りぽんこ
白シャツの卒寿がタクト振りにけりさつき
白杖に径譲りもす菖蒲園よし女
厚き雲払ふすべなし梅雨の富士せいじ
木の橋の欄に憩ひて風涼しあさこ
本に飽きパソコンに倦む梅雨籠うつぎ
2014年06月14日
絵手紙の涼し胡瓜のはみ出して満天
格子戸に覗く夏衣は黄八丈かず
葉と同化して身じろがぬ梅雨の蝶さつき
雪の下埋めつくせしなぞへかなあさこ
畦道を明るふしたり花菖蒲ひさ野

page_top

2014年06月15日(Sun)

2014年6月7日~13日

2014年06月13日
絶えま無き早瀬の音や夕蛍三刀
ジョギングの堤の茅花流しかなさつき
庭花の白が主役や風涼しみちほ
どこまでも栗の花咲くローカル線うつぎ
2014年06月12日
アトリエの涼し鉛筆よく走るさつき
梅雨の月厚き雲間を縫ひにけりはく子
一幅の涼し大きな鯉はねてよし子
2014年06月11日
梅雨晴間唸りを上げる草刈り機うつぎ
捨て甕を伏せし染屋の木下闇なつき
車椅子の先へ先へと夏の蝶菜々
2014年06月10日
夏空へ槌音高く棟上がる菜々
花栗の香や筒抜けの裏戸より雅流
のど仏上へ下へとビールほす三刀
若竹にひかり散りばめ雨あがる満天
雨音に和して合唱雨蛙よし子
2014年06月09日
白無垢のごと清楚なる花菖蒲ひかり
白雲の過ぎりゆく空花楝うつぎ
からからの喉にラムネの泡弾けなつき
昏れてなほひときわ白き藻花かなともえ
2014年06月08日
大津絵の鬼の泣き顔梅雨じめりよし子
薫風や大縄跳びの息そろふ はく子
2014年06月07日
雨晴れてより紫陽花の艶ましぬ満天
空豆のスープに浮かすパンの耳よし女

page_top

2014年06月08日(Sun)

2014年5月31日~6月6日

2014年06月06日
雨降って紫陽花姿勢正しけり満天
女子アナは和服で取材菖蒲園よし女
色褪せしサッカーボール梅雨に蹴る三刀
草矢うつ小さくなりし夫の背へ菜々
通勤のたびに確かむ燕の子なつき
茄子の花水やり日課おこたらず宏虎
比翼塚濡らす卯の花腐しかな菜々
毛虫見てよりむず痒き後ろ頸うつぎ
2014年06月05日
侵入のどぜうに騒ぐ蝌蚪の国なつき
ゆきわたる棚田の水に風あそぶ雅流
梅雨の雲天蓋なせる京盆地せいじ
老鶯や嶮磴に息整へむはく子
2014年06月04日
睡蓮の花の躍るは鯉ならむせいじ
雑魚寝なる船室の窓明易しはく子
搾乳の音の涼しき牛舎かなひさ野
2014年06月03日
八分の一の西瓜がよく売るる満天
引戸また機嫌斜めや梅雨に入るうつぎ
2014年06月02日
青嵐萍畳落ち着かずせいじ
薔薇意地悪撮らんとすればそっぽ向きぽんこ
石庭の主峰を好む夏の蝶よし子
片陰に尽きることなき立ち話満天
肩車されて実梅をもぐ子かなよし女
2014年06月01日
礁におく昼餉気にしつ潮干狩なつき
茄子胡瓜育てて余生恙なし満天
2014年05月31日
庭に得し初なり胡瓜仏前へ菜々

page_top

2014年06月01日(Sun)

2014年5月24日~30日

2014年05月30日
野良猫の居眠る蔵の片陰によし子
偕老の二人が潜る薔薇アーチぽんこ
緑陰に昼餉どきなる郵便夫よし女
絵図を手に女郎塚訪ふ街薄暑満天
2014年05月29日
青葉木莵育む神の大けやき雅流
無縁墓灼けて片寄せられにけり菜々
城跡に残る土塁や草葎よし子
石庭の岩から岩へ蝶あそぶ満天
余花に逢ふ信濃めぐりのバスの旅ぽんこ
2014年05月28日
白壁が囲む石庭柿若葉満天
時鳥ないて家路へ急かせけり有香
緑蔭に半跏趺坐なる石仏うつぎ
薔薇園に薔薇のかほりの氷菓食ぶなつき
バクダンに非ずポン菓子祭路地あさこ
2014年05月27日
手におどる土つきらつきょ洗ひけり満天
青梅雨のきらめき落つる鎖樋うつぎ
2014年05月26日
頼る木のありて山藤高きかなひさ野
青葉木莵名の大槻へ今年また雅流
昼網の大漁に立つ活気かな宏虎
万緑を二分ケしたるロープウエイさつき
畑仕事今日はやすめと雨蛙よし女
野良仕事励め励めと時鳥三刀
呪文聴くごとき祝詞や薫風裡菜々
2014年05月25日
春昼の仮設住宅人を見ずせいじ
新しき鈴の緒成りて宮若葉はく子
八つ橋を杖つく母に日傘さすなつき
ゴーヤはや張りしネットに蔓のばすうつぎ
菜園にはや人影や明易きさつき
万緑にひびく神鼓や楠公祭菜々
初生りのトマトを贅に朝の卓よし女
2014年05月24日
長汀の白砂踏みゆく夏帽子三刀
早苗田の正しきすじめ風そよぐひさ野
佇つ吾に舞ひ寄る蝶は亡き子かもあさこ
鉄線花蔓ぐちゃぐちゃに縺れけりよし子
子ら駈ける渚よ蟹も走りけりよし女
老鶯や四阿借りてミニ句会きづな
工場のとんがり屋根や麦の秋なつき

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site