毎日句会みのる選・2013年9月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2013年09月30日(Mon)

2013年9月21日~27日

2013年09月27日
枯蟷螂合掌のごと身じろがずともえ
ガイドらは天平衣装古都の秋こすもす
石塊と見たるは仏草紅葉宏虎
2013年09月26日
部屋めぐり直哉旧居の秋惜しむ満天
力石ひびに触れもす愁思かななつき
奈良なれや鹿優先で走るバスつくし
崩れ簗千切れし旗の傾きぬともえ
曼珠沙華枯山水の一隅にぽんこ
天高し杉の美林の直線美はく子
2013年09月25日
一塚を要としたる豊の秋せいじ
飛火野の樹下に寄り添ふ親子鹿つくし
古都の秋若草山に一望す菜々
2013年09月24日
旅立ちの鞄に庭の青みかんともえ
夫はただ待っているだけ栗をむくなつき
かなかなの鳴くに目覚めし峡の宿きづな
逃げ足は疾風のごとし稲雀有香
宵闇の野小屋に点る秋灯雅流
夏休み果ててキャンパス姦しきせいじ
2013年09月23日
もう括る他なし萩の乱れやううつぎ
俎に銀一文字初秋刀魚よし子
わが背より高きに靡く芒原さつき
カリオンの音谺して秋澄める満天
2013年09月22日
農協の帽子被りて案山子立つさつき
堂縁に思ひ思ひや秋の人さつき
秋の雲亡き愛犬にふと似たり三刀
定置網一湾覆ふ良夜かなともえ
2013年09月21日
名水で入るるコーヒー秋うららさつき
崩れ伏し歩道を塞ぐしだれ萩あさこ
穂薄の生ける高さを迷ひけりよし子
門鎖しに出でて立待月仰ぐ菜々
抱き起こしては倒伏の稲を刈るなつき
あそんでと吾をとりまく赤とんぼうつぎ

page_top

2013年09月23日(Mon)

2013年9月14日~20日

2013年09月20日
尺八の音色聴きませお月さま三刀
竹棒に帽子を載せて案山子とすさつき
夕づつを魁として今日の月はく子
中天となりて真澄や今日の月なつき
今日の月機窓に仰ぐ旅の果て菜々
2013年09月19日
キッチンの窓に名月皿洗ふ満天
うち仰ぐ満月のほか無一物こすもす
広芝の四方八方秋あかねひかり
老い二人芋名月に肩ならべうつぎ
茶室へと小径を綴る実紫はく子
澄みわたる峡の中天望の月雅流
父母の遺影も並べ月愛でる有香
2013年09月18日
客席はざぶとん持参村芝居よし子
飛機の影いま名月を過ぎりけりせいじ
2013年09月17日
歳時記を座右としたる夜長かな宏虎
とんぼうの目玉に映る空蒼しよし子
琅かんの林抜け来る風さやかひかり
松浜の木の間を縫ひて秋茜こすもす
2013年09月16日
また届く宅配便や敬老日きづな
台風一過中天の月円かなり有香
2013年09月15日
藷の飯炊いて傘寿の祝膳三刀
吠え立てる犬を一瞥穴まどひうつぎ
嫁ぐ子に贈る句を練る長き夜なつき
二百年つづく素語り村祭り雅流
2013年09月14日
敬老会園児の歌に励まされつくし
嫁ぐ子に芋の味噌汁婚の朝なつき
曼珠沙華燃ゆ石庭の一隅にあさこ
色変えぬ松天に伸ぶ冠木門はく子
鉾杉の嶮競ひをる秋の空ぽんこ
出囃子の杜に響くは村芝居うつぎ

page_top

2013年09月15日(Sun)

2013年9月7日~13日

2013年09月13日
畦道の朝露蹴つてジョギングすさつき
裏門は閉ざされしまま露むぐらきづな
故郷の島の高きに登りけりうつぎ
2013年09月12日
月光に濡れたる路地を通夜帰り宏虎
陵の山の高きに登りけり雅流
地団駄を踏みて毬より栗を出すあさこ
露草へしぶきを飛ばす水車かなさつき
月光が抱擁したる夫婦岩宏虎
2013年09月11日
早稲晩稲パッチワークとなる棚田うつぎ
赤とんぼ赤いポストを好みけりよし子
2013年09月10日
入院も避暑と思えば苦にならず三刀
腕まくりして細腕の案山子かななつき
一渓の岩の大小水澄める雅流
虫の音にこころ安らぐ仕舞風呂満天
2013年09月09日
ホームまで葛押し寄せる山の駅うつぎ
2013年09月08日
秋の夜のスカイツリーは五輪色つくし
爽やかに存問交はす垣根越し菜々
露天湯に手足のばせば虫浄土よし子
2013年09月07日
秋天へセコイア鉾を競ひけり菜々
背高の秋草丁目石隠す雅流

page_top

2013年09月09日(Mon)

2013年8月31日~9月6日

2013年09月06日
天高く響く部活の子らの声満天
雨脚のカーテンとなる梅雨の窓三刀
嵐去り軽鳧の一家に大事なしさつき
病床に俳句三昧暑に耐ふる三刀
2013年09月05日
新涼やスキップ踏みて朝散歩さつき
これからも二人三脚老の春三刀
秋天を二タ分けしたる飛行雲はく子
みそなはす磨崖地蔵に早稲香る雅流
赤れんが倉庫真青き秋天下なつき
2013年09月04日
あるなしの風に騒ぎて竹の春宏虎
コスモスの広野に通ふ風のありよし子
背比べするごと紫苑立ち並ぶきづな
2013年09月03日
爽やかにお礼を述ぶる喪主若し満天
神の杜広し間遠に法師蝉ぽんこ
電線を搦めて宙へ葛の蔓せいじ
鰯雲校舎の空を埋めけり菜々
新米と大書され着く宅急便あさこ
草の花降りつぐ雨に伏しにけりつくし
2013年09月02日
長き夜の愉し明日は休業日こすもす
通夜終へて帰るさの道虫しぐれ満天
虫すだく工事現場の駐車場せいじ
2013年09月01日
銀ぶらの慣れぬヒールや秋暑しなつき
微笑める千手観音初紅葉ぽんこ
八朔祭祝ひ南京玉すだれうつぎ
栗供ふ亡き子に声をかけもしてあさこ
2013年08月31日
爽やかやカーテンコール鳴り止まずさつき
愁思憑くアントワネット展を出て菜々
野路の秋山辺の道一人旅せいじ
球探しせる野球子に猫じやらし治男

page_top

2013年09月02日(Mon)

2013年8月25日~30日

2013年08月30日
星月夜光年の距離思ひけり宏虎
慈雨に濡れ庭の秋草起ち直る雅流
地獄絵をちらと見る子や地蔵盆なつき
2013年08月29日
海凪ぎて秋日に金紙揉むごとし有香
片腕の痺れてゐたり昼寝覚あさこ
生徒らの農園葡萄朝市にうつぎ
蟻の列渋滞すれど秩序ありうつぎ
あきつ群る古墳を望む大池にせいじ
2013年08月28日
雲の峰より直立す飛行雲よし子
蝿叩き空打ちをして満を持すうつぎ
少女らのかかとは着けず阿波踊りなつき
2013年08月27日
ぶだう狩り袋の隙間覗いてはなつき
御手洗をあふれ出づ水涼新た満天
たもとほる湖畔の道の風は秋百合
渦潮に揉まるる釣瓶落としの日宏虎
閻魔堂広前ここだ蝉の穴なつき
2013年08月26日
天井の音は電車や地蔵盆菜々
名水に喉をうるほす残暑かなはく子
バネ競ふごとくに跳ねる田のばったさつき
大剪定されて秋空ひらけけり有香
2013年08月25日
見るだけと金魚すくひを離れぬ子なつき
刈り時を知りて躍如す稻雀こすもす
峡の宿涼し見下ろす街の灯もさつき
絶景の嶺々と見る間に霧の海ともえ
水仕終へ耳に至福や虫浄土菜々
2013年08月24日
炎天に掲げる校旗はためかずさつき
芒野に見え隠れする園児帽宏虎

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site