毎日句会みのる選・2013年8月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2013年08月25日(Sun)

2013年8月17日~23日

2013年08月23日
生身魂昭和を熱く語りけり宏虎
烏賊舟の不夜城なせる魚港かなともえ
雷激し地響きのごとゲリラ雨つくし
雷火一閃待望の雨来たりけり有香
背ナ押され吾も踊りの輪の中へさつき
ひぐらしの輪唱やまぬ貴船川雅流
鉾杉を遙かに凌ぐ雲の峰三刀
2013年08月22日
ひぐらしや道は間歩へと山がかる雅流
捕虫網と箒と並ぶなんでも屋うつぎ
秋暑し重なり合ひて池の亀満天
実り田の畦に傾く石仏有香
髪切ってより新涼を覚えけりこすもす
2013年08月21日
大西日動くともなき観覧車雅流
人気なき朝の浜辺に花火屑ひかり
水煙にとどまらざりし秋の雲満天
秋の蚊に好かれて一人酔ひにけりうつぎ
2013年08月20日
望の月甍の波を濡らしけり有香
通ひくる松籟もまた秋の声ひかり
里帰りせし娘と仰ぐ盆の月せいじ
身に入むや少年兵の遺言書はく子
2013年08月19日
干し物を取込む竿に赤とんぼあさこ
2013年08月18日
蜩を背に菩提寺の門を辞す雅流
行き違ふロープウェーへ晩夏光せいじ
路地に洩る煮炊きのにほひ秋の暮菜々
2013年08月17日
老夫婦もの言ふでなし西瓜食ぶ菜々
鉢合せしても怪我なし蟻の道ぽんこ
秋蝉かはた松籟か日本海せいじ
朝戸繰る吾に新涼の風通ふあさこ
旅枕とどく瀬音の楽涼しさつき

page_top

2013年08月19日(Mon)

2013年8月10日~16日

2013年08月16日
帰省子の話は尽きず夜の更くる満天
盆波の寄せては返す礁かなせいじ
帰省子にたわいなき愚痴洩らしけりなつき
眼鏡橋くぐりて峡の赤とんぼさつき
2013年08月15日
介護士に盆休みなどなかりけりこすもす
正座して須臾に読経や盆の僧宏虎
2013年08月14日
丹波路に広ごる早稲の穂波かなせいじ
蜘蛛の囲の破れ放題や晩夏光あさこ
生身魂なに問われても笑むばかり菜々
2013年08月13日
写経会の耳に間遠の牛蛙有香
秋立つと青春十八切符買ふせいじ
回廊の連子窓より秋の風満天
雨しづく風船かづら弾きをりぽんこ
争ひし日を詫び父の墓洗ふ菜々
2013年08月12日
写真撮る夫へ団扇の風送るさつき
2013年08月11日
雷神の過ぎて慈みの雨降らすせいじ
ただ無為に堂縁に坐す端居かなさつき
入籍をすませしと告ぐ墓参かななつき
勤行の間に開きゐし蓮の花うつぎ
2013年08月10日
里山に鉦谺して盆踊うつぎ
バス降りし吾に怒涛の蝉しぐれさつき
しなやかに額へ翳して踊の手菜々

page_top

2013年08月11日(Sun)

2013年8月3日~9日

2013年08月09日
活けられし秋草愛でて句座和む雅流
あい和する読経の声と蝉時雨こすもす
白桃のどこから刃物いれやうかうつぎ
2013年08月08日
秋暑し地震速報誤報なり満天
古民家の涼し一歩に通し土間はく子
豆ほどの蛙尻尾の残りをりひかり
紛争の果てぬ地球よ星月夜かかし
炎昼の辻を曲がりてバス来たるさつき
2013年08月07日
脳天が鐘打つごとき盛夏かななつき
山襖現る遠花火揚がるたびはく子
夕風に波打つ青き稲穂かなこすもす
手花火を買ふて帰省の孫を待つうつぎ
2013年08月06日
水音も風も馳走や川床料理百合
露天湯の四囲山襖星月夜うつぎ
われも誦す平和の誓いヒロシマ忌つくし
スズカケのよき陰落とす路涼しせいじ
彩窓の青の涼しき大聖堂ひかり
東雲の空一面に鰯雲さつき
2013年08月05日
凌霄や石垣縷縷と武家屋敷菜々
嘘のごと大雨晴れて風涼し満天
ポリバケツ置かれし頭上燕の巣さつき
鬼の顔見よとおこぜの姿盛りあさこ
涼み台あり先客の猫眠るつくし
千本の七夕竿に路地埋まるなつき
2013年08月04日
家中を走って閉める夕立急有香
里山の夕日かきまぜ赤とんぼ宏虎
夏草に埋もれポンコツ積まれけりさつき
身じろがぬ沖のタンカー雲の峰うつぎ
2013年08月03日
雲海を抽ん出て富士高きかな宏虎
星月夜十基の太鼓揃ひ打ちなつき
一と匙に山傾きぬかき氷さつき

page_top

2013年08月05日(Mon)

2013年7月27日~8月2日

2013年08月02日
夕焼に頬を染めたる辻地蔵つくし
大夕立玻璃窓洗車中のごとせいじ
ケーブルカー山上駅の涼しさよ雅流
汗滂沱男言葉となってゐしうつぎ
土用波洗濯岩を駆け上る菜々
新刊の紙の匂ひや書肆涼しさつき
うそ寒しくわえ煙草のお嬢さんぽんこ
道標の上に拾ひし落し文なつき
2013年08月01日
蚊遣香焚きて朝市賑へるさつき
赤き屋根多きこの町カンナ燃ゆ宏虎
骨切りの音心地よき鱧料理雅流
花道の衣擦れ涼し仁左衛門うつぎ
雲の峰ジャングルジムに立ちにけり有香
2013年07月31日
踏みどころなく夏草や主留守はく子
愛猫が吾に添ひ寄る夕端居百合
雷鳴に包丁とまる厨かな満天
蝉しぐれ間遠となりし亭午かなぽんこ
夜半の雨晴れて朝の風は秋あさこ
超高層ビルも消えよと大夕立雅流
2013年07月30日
部屋の灯に玉砕せんと金亀子宏虎
木立縫ひゆく名水の音涼し菜々
2013年07月29日
鉄条網出で入り自由鬼やんまきづな
朝礼の声をかき消す蝉時雨さつき
峠道夕かなかなのしぐれけりよし子
蝉時雨浴びゆく峡の奈落径有香
2013年07月28日
月光に揺るる水輪やあめんぼうさつき
長き竿燕返しに鮎を釣るともえ
屹立す鉾杉襖狭涼しぽんこ
腰の鈴鳴らして歩く祭り衆なつき
2013年07月27日
大夕立やみたるあとの土匂ふこすもす
ふうせんかづら躍らせてゐる掌満天
瀬しぶきに濡れて煌めく羊歯涼しさつき

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site