毎日句会みのる選・2013年4月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2013年04月28日(Sun)

2013年4月20日~26日

2013年04月26日
航跡の一直線に風光るたえこ
若葉風緇衣ひるがへし帰山僧菜々
桜鯛みごと包丁さばきまた満天
春惜しむ観音堂の広縁にきづな
投句箱みな素通りす花は葉につくし
ジャズ流れゐて酒蔵の春灯さつき
2013年04月25日
苔むして翁の句碑は下闇によし子
ハイキングコースも寺領山若葉つくし
富士を背に茶摘女の笠並びけりかかし
風の道知つてをるやに柳絮飛ぶさつき
緋毛氈床几に古寺の春惜しむせいじ
若楓日の斑を落とす石畳ぽんこ
余花にあふ塞の神坐す棚田道雅流
2013年04月24日
木下闇お染久松塚此所に満天
若葉雨慈母観音の御衣に菜々
たんぽぽや大盤石の忠魂碑ぽんこ
藤房に手の届きけり車椅子宏虎
2013年04月23日
囀れる磨崖仏の寧かれと宏虎
田の神さあ在す里道たんぽぽ黄よし子
リュックの背伸ばして仰ぐかかり藤きづな
老鶯やヨガ教室の窓の外によし女
2013年04月22日
石仏の里の軒々燕来るうつぎ
大仰な釣り師の談義桜鯛三刀
雨晴れて襞きはやかな青嶺かなはく子
2013年04月21日
百千鳥課外授業の墳丘に雅流
2013年04月20日
湖の風通ひ棚藤揺れやまずよし女
春の川縮緬波をたたみけりさつき

[選評]

高点句の多くを添削しました。月並みな措辞は使わず写生の力によって鑑賞する側の連想に委ねます。 「一枚の絵が連想できるように具体的に写生しなさい」というのが青畝先生の教えです。

 藤揺るる湖の夕風巻き込んで → 湖の風通ひ棚藤揺れやまず

「藤」だけで棚を連想させるのは無理。夕風である必然性なし。巻き込んでは大げさ。

 墳丘に課外授業や百千鳥 → 百千鳥課外授業の墳丘に

この句の場合はやで切ってはいけない。切ってしまうと季語が動きます。

 燕来る石仏の村知り尽くし → 石仏の里の軒々燕来る

「村知り尽くし」は理屈。たくさんの軒に巣作りしている様子を写生した方が良い。

 たんぽぽや能勢の石仏田に御座す → 田の神さあ在す里道蒲公英黄

能勢という固有名詞に必然性がない。田ほとりに祀られている石仏は「田の神(かん)さあ」という。

 慈母観音の御衣をすすぐ若葉雨 → 若葉雨慈母観音の御衣に

「すすぐ」は大げさ。正調に整えるのだという強い意志を持って推敲して欲しい。

 毛氈の床几にひとり春惜しむ → 緋毛氈床几に古寺の春惜しむ

「ひとり春惜しむ」のフレーズは月並み。緋の字は入れたいし場所も具象化して欲しい。

page_top

2013年04月21日(Sun)

2013年4月13日~19日

2013年04月19日
車座に犬も加はる花筵さつき
風光る大吊り橋の揺れに揺れ菜々
門川の涼し比叡の水なればうつぎ
囀れる苑のベンチに憩ふ吾にわかば
参道の八百屋の芋に花の塵ぽんこ
綿菓子のごと蒼天の春の雲宏虎
小旋毛に藤房の虻ゐずなんぬよし女
2013年04月18日
石畳割れ目に立ちし花すみれともえ
赤提灯屋台は花の客で混む満天
大粒の涙で拒む入園児ぽんこ
春惜しむベンチに一人づつ座りせいじ
花吹雪造幣局の鉄格子雅流
2013年04月17日
大津絵の鬼が出迎え春灯うつぎ
こうのとり宝と守る里の春こすもす
兵士墓桜吹雪のその中にぽんこ
2013年04月16日
内海は波の子もなし春うららたえこ
行厨のわれらに落花また落花きづな
2013年04月15日
塚なせる無縁仏や花は葉にぽんこ
街灯の涙目となる朧かな宏虎
一末社参道埋む春落葉きづな
放たれし風船風に乗らんとす三刀
2013年04月14日
園児らの声に包まれ花御堂なつき
補助輪のとれたる吾子に山笑ふさつき
八十路吾もちょっとお洒落の春帽子宏虎
2013年04月13日
行列の稚児の武者ぶり花の道雅流
移り気の風力計や街うららぽんこ

page_top

2013年04月15日(Mon)

2013年4月6日~12日

2013年04月12日
畔立つる春の日差しを鋤きこんでたえこ
奥院へ残花の径を辿りけり雅流
省エネの自転車通勤山笑ふうつぎ
老鶯の一声に覚む宿の朝こすもす
花屑を吐き出す鯉の大吐息なつき
春愁やルオーの描きしイエスの顔せいじ
禅寺の畳に庭の緑さすさつき
2013年04月11日
謎秘めし蝦夷の塚や鳥曇り菜々
入学式親子で歌ふ校歌かななつき
桜東風お礼の絵馬の響きあふかかし
一塔の風鐸高し風光るたえこ
2013年04月10日
美容師に髪をゆだねて春眠しはく子
風通ふ畦春耕の土匂ふよし女
竹筒に百円落とし春菜買ふ有香
たもとほる琵琶の湖畔や花吹雪雅流
2013年04月09日
投函すポストの口に花吹雪菜々
橋向ふ陽炎ふ大社遙拝すたえこ
野遊びやボールを子らに蹴り返すはく子
子ら去にてより春愁の憑きにけりあさこ
花吹雪納骨堂を出でてよりよし女
芽柳の揺れて鴨川艶めける満天
堀川の花屑わけて屋形船たえこ
2013年04月08日
薄墨に烟る湖北や花の雨ひかり
挨拶の出来る子となり山笑ふ満天
甘茶仏一滴宿す指の先なつき
2013年04月07日
和太鼓のひびき広場の落花急はく子
うららかや参道に買ふ焼きおかき菜々
深山道そよ吹く風も早春賦百合
募金箱もて花下にたつサリーの子なつき
剥落の仁王の脚や春寒しつくし
聖堂へ風の誘ふ落花かなせいじ
2013年04月06日
うぐひすの四方にしば啼く廃校舎よし子
花屑の帯の綾なす疎水かな満天
離陸せし機影呑み込む霾ぐもりさつき

page_top

2013年04月07日(Sun)

2013年3月30日~4月5日

2013年04月05日
花烏賊の墨の狼藉糶の土間よし女
万歩計記録更新花疲れよし子
ビル風に落花逆巻く交差点うつぎ
出勤の廻り道して花堤さつき
春昼や振子時計の刻む音ひかり
2013年04月04日
おぼろ夜の話尽きざる老姉妹きづな
観潮や渦に呑まるる木の葉見よはく子
間延びせる出船の汽笛春の昼せいじ
爛漫の花のダム湖の水鏡雅流
老い母の苞にと畦の土筆摘む有香
大いなる弧を描き曲がる花堤ひかり
迷子告ぐ桜吹雪の動物園なつき
2013年04月03日
湖風にタクト振りゐる花ポピーよし女
峡おぼろバスの尾灯の左右に揺れ雅流
新しき青竹組まれ上り簗ともえ
空谷の桜隠れに一山家うつぎ
2013年04月02日
咲き揃ふムスカリの葉を散髪すあさこ
検診終え帰るさの道花吹雪よし女
二度三度露天湯に春惜しみけりはく子
遊山舟眺めの茶屋や花堤ひかり
谷戸の駅沈む万朶の花の中うつぎ
楓芽吹く樹下に石臼ごところぶわかば
陽を吸ひて炎とならむ牡丹の芽たえこ
浄瑠璃のさらふ声洩るおぼろかな雅流
2013年04月01日
廃校と決まりし花の母校訪ふつくし
冗談にしらけたる座や四月馬鹿宏虎
花万朶華燭に点るレストランはく子
帰り鴨陣組むほどに揃はざるたえこ
2013年03月31日
花筵守る社員証首に提げなつき
途中下車して存問す花の須磨わかば
囀りに元気をもらふ朝かなよし子
検査また検査の日々に春愁ふあさこ
生かされて白寿を祝ふイースターわかば
学舎いま祈りの時間白椿菜々
2013年03月30日
花堤行き交ふ人のみな笑顔菜々
女生徒の開ける茶室の春障子よし子
天守閣見下ろす四囲の花の雲百合

page_top

2013年04月01日(Mon)

2013年3月24日~29日

2013年03月29日
沖うらら浮灯台のたゆたへりはく子
母の歩に合せて愛づる花の道百合
2013年03月28日
花の門我に来たれとイエス像よし子
真白なる聖母子像や風光るわかば
谷戸の田の一隅蝌蚪の水となるよし女
屋台まだ柱組みなる花の昼なつき
2013年03月27日
鳥帰る千手を翳す楠の空よし女
シスターと会釈を交はす春の道満天
2013年03月26日
献茶祭宮居はいまし花万朶わかば
踏青子陸軍墓地を訪ねけりぽんこ
尼寺の庫裡にいかなご煮る匂ひよし子
2013年03月25日
風光る湖へ開きし浮御堂雅流
春昼のベンチ座れば鳩寄り来満天
2013年03月24日
宵闇にひろがる花の白さかな宏虎
鶯のもう一声を待ちにけりさつき

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site