毎日句会みのる選・2013年3月

最新へ戻る過去一覧縦書PDF

2013年03月26日(Tue)

2013年3月17日~23日

2013年03月23日
開きたる本そのままに春愁ふ満天
模糊として夕日呑みこむ春の海せいじ
林立の帆柱の空鳥帰る菜々
2013年03月22日
春惜しむ千年楠の幹撫でてはく子
朝凪の湾掠めしは初燕なつき
語り継ぐ民話の里や花馬酔木有香
駅名を告ぐ声間遠春眠しよし子
2013年03月21日
海風の恋人岬たんぽぽ黄菜々
傘立てに杖二三本彼岸寺宏虎
走り根にな躓きそ春山路百合
大鳥居額縁として春の海満天
藁屋根の春日たっぷり吸ひ込めるなつき
春暁に残る灯のあり露天風呂雅流
春昼の路地に焼きたてパンを売るきづな
2013年03月20日
若布屑浮かぶ漁港の生け簀かなこすもす
艶めくや春の岬の鳶の笛ひかり
沖うらら行き交ふ船を見て飽きずはく子
過疎の村なれど今年も初燕三刀
池の面に遊ぶ雲あり葦の角宏虎
2013年03月19日
いかなごの不漁糶人らは無聊きづな
ビオトープ覆ふ梢に初音聴くわかば
瑠璃色の池を巡りて青き踏むうつぎ
白波の一つ一つに春日燦菜々
2013年03月18日
手を浸す御手洗川へ春日燦ひかり
玉の日に山茱萸は黄を弾きをり満天
2013年03月17日
校庭の大楠仰ぎ卒業す菜々
和太鼓のばち打ち揃ひ卒業すはく子
温かき日差しに伸びる万歩計わかば

page_top

2013年03月18日(Mon)

2013年3月11日~16日

2013年03月16日
下萌に紙飛行機の着陸すさつき
糶声の一人は女桜鯛よし女
2013年03月15日
カーナビは旧道が好き山笑ふうつぎ
山頂の巨大風車に風光るせいじ
卒業子見守隊へ感謝のぶ満天
2013年03月14日
陽炎ひて白線歪む野球場宏虎
蜷の道思案の如くうろうろすよし子
里の山トンネル抜けるたび笑ふうつぎ
銀嶺を左手に右手に青き踏む菜々
2013年03月13日
波白く尖る海峡霾ぐもりわかば
菜箸の焦げるは宜と目刺し焼く有香
さへずりの他に音無し布留の宮なつき
園うらら楽譜の碑より曲洩るるよし女
2013年03月12日
綾なして風の意にそふ糸柳よし女
復興を祈り続けて春を待つぽんこ
吾が庭に来て存問の初音かなうつぎ
初花へ寄せたる母の車椅子わかば
桜草咲かせベランダ明るうすはく子
2013年03月11日
蕗味噌の出来は上々一人酌むうつぎ
手に汲めば袖口つたふ春の水よし子
2013年03月10日
春疾風ダム湖は尖る波の原よう子
ひと茹でにさみどりと化すめかぶかな満天
大荒れの春北風バイクなぎ倒す有香
神杉の参道つづる花馬酔木ひかり
碧天の風に乗りたる揚雲雀宏虎

page_top

2013年03月11日(Mon)

2013年3月3日~9日

2013年03月09日
コンサート出て春宵の街帰る満天
つちぐもり海の青色失せにけりこすもす
賞の札つけし洋蘭よく香るよし女
群鳩の翻るとき風光るさつき
コンサートホールへますぐ木の芽道きづな
洞深き老幹の梅健気なりわかば
古城址をめぐる一日や梅日和百合
春空に水脈曳きゆくは飛行雲さつき
まんまるに滲む夕日や黄砂降るうつぎ
苑うらら八人乗りの乳母車よし女
2013年03月08日
摘草の袋見せ合ふ親子かなさつき
大甕の口いっぱいに桃生けるこすもす
どことなく母似と思ふ雛の顏有香
相互ひ歩調をそろへ青き踏む雅流
雪嶺にアイゼン立てて日の出待つよう子
陣離れゆくは恋路の鴨ならむさつき
園児らの色帽跳ねる木の芽道なつき
2013年03月07日
豆雛マッチの箱を高御座うつぎ
会釈して遠足に道譲りけりよし女
首伸ばし芽柳つつく鴨をかしさつき
いぶし銀なる宝冠や古ひひな菜々
辛口の酒を好みて目刺焼くよう子
石庭の箒目著き梅の寺わかば
踏青や煌めくダム湖眼下とす雅流
2013年03月06日
春耕の一と鍬土竜塚崩す雅流
我先に駆けだす子らや山笑ふさつき
都府楼も霾るなかに沈みけりせいじ
藤蔓に帽子取られし踏青子よし女
2013年03月05日
おほどかに袖ひろげたる古代雛うつぎ
まろびては駈ける子犬や土手のどかともえ
小港の糶湧き立てり桜鯛よし女
車窓今近江平野や麦青むはく子
禅寺の廊下春日をはじきをりさつき
目じるしのスカイツリーも春霞せいじ
家宝なる三百年の雛飾る菜々
2013年03月04日
湧き水の躍り春光まきちらすさつき
瓔珞のこころもとなき古雛はく子
啓蟄や試し履きせるスニーカーよし女
手入れよき苔庭に満つ春日かなさつき
2013年03月03日
春光のあふるる電車客疎らさつき
黄水仙灯台の立つ岬鼻宏虎
窮屈やパック詰めなる蕗の薹よし女
急坂に喘ぐダンプや山笑ふぽんこ
芽柳の数珠とつながる雨雫さつき
修二会辞し南大門に星仰ぐきづな

page_top

2013年03月04日(Mon)

2013年2月24日~3月2日

2013年03月02日
ふりかかる修二会の火の粉背に肩にきづな
青空を切りて数多のつばくらめさつき
前夜祭などと言ひもし雛の酒三刀
母の手に眠れる嬰や春の園百合
枝垂れ梅吾が肩に触る茶屋床机さつき
めくり癖つきし暖簾や雛の宿なつき
手びねりに点茶ふるまふ雛あるじ菜々
手に受ける木彫雛の重さかなよし女
2013年03月01日
山焼きの合図四方より火が走るよし女
村道にたち並びたる紙雛小袖
ぼんぼりに灯点りてより雛の宴英子
時代ものなる表札や雛の宿きづな
御手洗に膨れ溢るる春の水ぽんこ
盆の上にまめつぶほどの雛飾るはく子
存問に似し啓蟄の庭手入れ有香
雛飾り少女のこころ戻りけりこすもす
庭池に浮かぶは雛の遊び舟菜々
2013年02月28日
雀どち上を下へや芽木の枝ぽんこ
山火果て大石小石現れにけりよし女
よべ雨にほぐれし畑を耕せる雅流
木道の普請されゐる春山路英子
雛飾る酒量り売る店先になつき
2013年02月27日
ようやくに鳴りて喝采瓢の笛はく子
春眠し理髪鏡にテレビ逆宏虎
鴨浮寝昆陽のさざなみ揺りかごに菜々
春寒く覚めたる寝床出で難しあさこ
春の山駱駝のこぶに似たりけり宏虎
春禽の嘴にくはへし小枝かなせいじ
消防車勢揃ひさせ山を焼くよし女
2013年02月26日
天を突くスカイツリーに風光るはく子
大の字に寝ころべば草芳しき宏虎
山火燃ゆ古代は海の底といふよし女
いかなごの相場如何にと魚の棚わかば
池渡る風の序破急糸柳菜々
迫る火に放つ迎へ火野を焼ける三刀
春愁や明日の天気は雨予報満天
2013年02月25日
杉山のヴェールとなりしまだら雪ともえ
逆巻きて火が風を呼ぶ野焼きかな三刀
全開す礼拝堂に芽木の風菜々
薔薇の園素足に立てるマリア像菜々
鳥の影芽柳に透くダム湖かな雅流
まぎれなき春子と見れば榾の瘤なつき
2013年02月24日
広畑の中に一と本梅白しさつき
春の雪落ち行く谿の奈落かなよう子
カメラマン体くねらす臥竜梅つくし
手びねりの個性揃ひや立雛満天
露天湯にわれ一人なる朧かなはく子
花のごと神籤結はれて梅蕾む満天
斯く老いて苔むす幹の芽吹きけり宏虎
冠雪の富士象嵌す館の窓はく子

page_top

過去一覧

2017 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2016 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2015 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2014 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2013 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2012 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]
2011 [ 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 ]

 
 Search  Feedback  Twitter About Me About This Site